コラム

コンコードエグゼクティブの評判は良い?悪い?口コミを徹底検証

「コンコードエグゼクティブの口コミを知りたい」
「ハイクラス向けの求人を確認したい」
という方は多いのではないでしょうか。
コンコードエグゼクティブは、IT・金融・コンサル業界に特化した、ハイクラス向け転職エージェントです。
ハイクラスの転職を目指すうえでは、希望する職種に特化した転職サイトや転職エージェントのサポートが必要不可欠です。
しかし、転職サイトや転職エージェントは多数あるため、どれを選べば良いのか迷うことも少なくありません。
そんな方に向けて、この記事では主にエグゼクティブ・若手リーダー転職支援を主軸に、キャリア教育やソーシャルスタートアップ支援などを展開している「コンコードエグゼクティブ」のメリットやデメリットの検証や実際の口コミなどを詳しく解説します。

転職サイト「コンコードエグゼクティブ」とは


引用:https://www.concord-group.co.jp/

コンコードエグゼクティブは、IT系や金融系のコンサルタントの求人に特化したハイクラス向けの転職エージェントです。
コンコードエグゼクティブが手掛ける事業は大きく3つあり、「人材紹介事業」「キャリア教育事業」「スタートアップ支援事業」であり、それぞれの分野でビジネスを成長させ、多くのキャリアの支援をしています。
有名なコンサルティングファームや大手企業と密接なつながりを持っているため、ほかの転職エージェントでは紹介してもらえない限定の求人も多数保有しています。
また、コンコードエグゼクティブは転職エージェントのなかでも、高年収のハイクラス人材やエグゼクティブ人材の転職に特化しているため、年収アップにもつなげることができるでしょう。

コンコードエグゼクティブの特徴

コンコードエグゼクティブの基本情報を紹介しましたが、具体的にはどのような特徴があるのか気になる方も少なくないでしょう。
コンコードエグゼクティブの主な特徴は以下の3つです。

  • ・コンサルやポストコンサル転職に特化
  • ・キャリアの設計に注力
  • ・専門性の高いセミナーを数多く開催

下記にて、上記の特徴を詳しく解説します。

特徴① キャリア戦略を個別設計


引用:https://www.concord-group.co.jp/for_leader/feature
コンコードエグゼクティブでは、個人のキャリア設計を支援する活動に注力している転職エージェントです。
具体的には、「キャリア戦略」という制度があり、着実にゴールにたどり着く道筋を設計する支援を行います。
長年にわたってキャリアコンサルティングとしての経験があるため、キャリア設計に関する知識がやノウハウが豊富に蓄積されています。
また、キャリア設計に富んだキャリアコンサルタントが在籍しているため、一人一人に合った学歴や職歴、経験などを考慮した将来設計をサポートしてもらえるでしょう。

特徴② 内定を勝ち取る選考対策


引用:https://www.concord-group.co.jp/for_leader/feature

コンコードエグゼクティブは、有名ファームや人気企業の選考ポイントを完全把握している転職エージェントです。
履歴書や職務経歴書、志望理由書など、それらには「合格する書類」と「落ちる書類」があり、筆記試験や面接試験には応募先毎で異なる「合格のコツ」があります。
そのため、対策本には載っていない選考対策のノウハウが、応募の合否を分けるポイントといっても過言ではないでしょう。
コンコードエグゼクティブは、コンサル転職やポストコンサル転職で多数の内定者を輩出しており、有名ファームや人気企業の選考ポイントを網羅しています。
その結果、応募先に応じた選考対策を徹底的にサポートでき、内定を勝ち取ることが可能です。

特徴③ 特別案件や特急選考などを積極的に展開


引用:https://www.concord-group.co.jp/for_leader/feature

コンサル転職やポストコンサル転職では、誰が紹介するのかによって募集案件や選考プロセスなどが大きく異なります。
コンコードエグゼクティブは、コンサルティングファームの人事責任者や採用担当者から、日本ヘッドハンター大賞初代MVPに選出を受けたプロフェッショナル集団です。
有名コンサルティングファームや人気企業の経営幹部との関係を構築し、特別案件や特急選考など、コンコードエグゼクティブ限定の紹介も多数展開しています。

コンコードエグゼクティブの良い評判・メリット

上記では、コンコードエグゼクティブに関する基本情報や特徴を紹介しました。
実際にどのような良い評判やメリットがあるのか気になる方もいるでしょう。
そこでここでは実際の口コミを元に、コンコードエグゼクティブの良い評判・メリットを解説します。
コンコードエグゼクティブのメリットは、主に以下の3点です。

  • ・主に金融やコンサル、IT業界に強みがある
  • ・キャリアコンサルタントの質が高い
  • ・限定的な求人が多い

それでは見ていきましょう。

メリット①:主に金融やコンサル、IT業界に強みがある

30代前半・男性
転職するうえで、今よりも良い企業で働きたいと思ったので、コンコードエグゼクティブに登録しました。扱っている求人は、金融やコンサルなどのハイクラス求人を豊富に扱っていて、年収アップも臨めました。

30代前半・男性
元々金融業界で勤務していましたが、キャリアアップを目指した転職をしたいと思い、コンコードエグゼクティブに登録しました。扱っている求人はハイクラスなものが多いため、自分に合った求人を見つけることができます。

コンコードエグゼクティブは、ハイクラス求人に特化している転職エージェントであり、特に金融やコンサルなどに強みを持っています。
そのため、金融業界やコンサル業界などに対して、比較的転職しやすいというメリットがあります。

メリット②:キャリアコンサルタントの質が高い

20代後半・女性
キャリアアップしたくコンコードエグゼクティブに登録しました。担当してくれたキャリアコンサルタントは親切であり、専門的な知識が豊富な方だったため、安心して転職活動を行うことができました。
20代前半・男性
転職を考えてコンコードエグゼクティブに登録しましたが、担当してくれた方が非常に知識豊富な方で、さまざまなことを教えてくれました。そのおかげで、順調に転職活動することができ、非常に感謝しています。

コンコードエグゼクティブには、専門性に富んだキャリアコンサルタントが多数在籍しています。
そのため、金融業界やコンサル業界に関する質問や相談などがしやすく、より転職できる可能性が高まるでしょう。

メリット③:限定的な求人が多い

30代前半・男性
転職をしようと思い、複数の転職サイトや転職エージェントに登録しましたが、コンコードエグゼクティブが持っている求人はほかのところではないような求人がありました。そのため、普段見かけないような求人が多いと感じました。
20代後半・女性
さまざまな転職サイトや転職エージェントを活用していますが、コンコードエグゼクティブは珍しい求人が多いなと感じました。ほかのところでは見られないような求人を見ることができ、より自分に合った求人を見つけられると思います。

コンコードエグゼクティブは、企業の経営陣と強い信頼関係を築いています。
そのため、ほかの転職サイトや転職エージェントでは扱っていないような限定的な求人を多数保有しているといえるでしょう。

コンコードエグゼクティブの良い評判は本当?口コミを徹底検証

上記にて、コンコードエグゼクティブの良い評判やメリットを口コミと合わせて紹介しましたが、果たしてその評判やメリットは事実なのか気になることろでしょう。
ここでは、前述した良い評判やメリットを実際に検証していきます。

メリットの検証①:主に金融やコンサル、IT業界に強みがある


引用元:https://www.concord-group.co.jp/

コンコードエグゼクティブは、コンサル転職やポストコンサル転職などにおけるケース面接といったハイレベルな選考課題の対策に高い評価を得ています。
また、ハイクラス転職における豊富な実績を保有していることが有名な転職エージェントです。
コンサル転職やポストコンサル転職以外にも、ITやWeb系のマネジメント、法人に向けた投資銀行など、金融やIT業界へのキャリアアップにも定評があり、高い実績を誇っています。

メリットの検証②:キャリアコンサルタントの質が高い


引用元:https://www.concord-career.com/company/consultant/

コンコードエグゼクティブに在籍しているキャリアコンサルタントは、大手事業会社や一流のコンサルティングファーム出身の方が多く、さまざまな業界に精通しています。
そのキャリアコンサルタントが転職者一人一人に合ったキャリア設計の構築を提案してくれるため、転職活動を有利に進めることができるでしょう。
また、コンコードエグゼクティブは、日本No.1のキャリアコンサルトを決める「日本ヘッドハンター大賞」で初代MVP賞を受賞したため、信頼できる転職エージェントといえます。

メリットの検証③:限定的な求人が多い


引用元:https://www.concord-career.com/service/feature/#brand

コンコードエグゼクティブは、企業の経営陣と強い信頼関係を築いています。
そのために、「○○ポジション」や「年収○○万円以上」などといった一般求人に挙がらない非公開求人を多数保有しています。
ほかの転職サイトや転職エージェントと比べると求人数は劣ってしまうかもしれませんが、金融業界やコンサル業界など、専門的な業界への転職を目指すならおすすめです。

コンコードエグゼクティブの悪い評判・デメリット

良い評判やメリットがある反面、どうしても悪い評判やデメリットというものは存在します。
ここでは、実際の口コミを元にコンコードエグゼクティブの悪い評判やデメリットを解説します。

コンコードエグゼクティブのデメリットは、主に以下の2点です。

  • ・求人はそれほど多くない
  • ・求められるスキルや経験が高い

それでは見ていきましょう。

デメリット①:求人はそれほど多くない

30代前半・女性
ハイクラス求人は非常に多く、魅力的なものが多くありますが、求人数自体はそれほど多くはありません。そのため、どのポジションでも倍率は高くなる傾向にあり、しっかりとした面接対策は必要だと感じます。

30代前半・男性
金融業界やコンサル業界などの求人は豊富にあると感じます。しかし、全体的な求人数はそれほど多くないです。そのため、幅広い業界のさまざまなポジションを見てみたいという方には向いていないかもしれません。

コンコードエグゼクティブは、金融業界やコンサル業界などのハイクラスに特化している転職エージェントです。
そのため、求人を幅広く扱っているというわけではなく、求人数自体は比較的少ないといえます。

デメリット②:求められるスキルや経験が高い

30代前半・女性
ハイクラス求人なので仕方ないのかもしれませんが、求められるスキルや経験は高いように感じます。そのため、非常に優秀なスキルや経験を保有していなければ、採用してもらうのは難しいかもしれません。

20代後半・男性
キャリアアップをしたいと考え、コンコードエグゼクティブに登録しました。しかし、求人を見てみると、どの求人も高いレベルの経験やスキルが必要であり、私には難しいかもしれないと思いました。

コンコードエグゼクティブは、ハイクラス求人を多く扱っているため、どのポジションでも高いレベルの経験やスキルが必要とされる傾向があります。
そのため、人によっては難易度が高いと感じてしまうかもしれません。

コンコードエグゼクティブの悪い評判は本当?検証して分かった実情

ここまでコンコードエグゼクティブの悪い評判やデメリットを解説しました。
ここでは、上記で紹介した2つのデメリットを具体的に解説していきます。

デメリットの検証①:求人はそれほど多くない

コンコードエグゼクティブは、ハイクラス求人に特化しているため、扱っている求人もハイクラス求人がメインとなっている転職エージェントです。
コンサル&ポストコンサル転職の求人数は1000件弱と、他転職エージェントサイトに比べると少ないことが分かります。もともとハイクラスの転職に特化しているエージェントですので、母数が少なく、多くの企業を比較したい方には向いていません。
また、金融業界やコンサル業界の倍率は比較的高く、簡単ではないということが想定できます。
より多くの業界やポジションから転職先を選びたいと考える方は、ほかの転職サイトや転職エージェントの併用がおすすめです。

デメリットの検証②:求められるスキルや経験が高い

コンコードエグゼクティブが扱っている求人はハイクラスなため、ほかのポジション以上のスキルや経験が必要とされます。
そのため、ほかの転職者に負けないような高いスキルや経験を保有していることが前提であり、ハードルが高いため、学歴やスキル・経験によってはマッチしない可能性も低くありません。
ハイクラス求人に応募する場合は、経験・スキルを積んでから登録すると良いでしょう。

コンコードエグゼクティブの総評

コンコードエグゼクティブは、他転職エージェントに比べても求人数が少なく、求められるスキル・経験値は高いのがデメリットです。
ですが、そもそも母数の少ないエグゼクティブ向けの求人に特化しているため、求人数よりもキャリアコンサルタントの質を重視している方や金融やコンサル、IT業界での転職を考えている方におすすめの転職エージェントといえるでしょう。

ただ、現在転職を考えていて、多くの求人情報を見比べたい、という方は、ビズリーチなどの他転職エージェントや転職サイトを併用することもおすすめします。
以下の記事も参考にしてみてください。
関連記事:https://careerand.jp/9960/

コンコードエグゼクティブに向いている人と向いていない人の特徴

コンコードエグゼクティブはエグゼクティブ向けの転職サイトのため、向いている人と向いていない人の特徴が、他の転職サイトよりもはっきりと分かれています。
自分に合った転職サイトを使わないと、転職活動も長引いてしまいます。スムーズに転職活動を行うために、しっかり確認しておきましょう。

コンコードエグゼクティブに向いている人

下記のような人に向いているといえます。

  • ・質の高いアドバイザーからサポートを受けたい人
  • ・ハイクラスの転職を目指す人
  • ・年収800万円以上を目指す人
  • ・金融やコンサル、IT業界での転職を考えている人

コンコードエグゼクティブは、ハイクラスの求人をあつかう、エグゼクティブ層特化型転職エージェントです。年収1000万円以上の求人も多数あるため、年収をもっと上げたい、今の年収よりも落としたくない、という方は一度利用しても損はないエージェントサービスです。
また、アドバイザーの質も高いため、きめ細やかなサポートを受けたいという方にもおすすめです。

コンコードエグゼクティブに向いていない人

  • ・まだキャリアが浅い方
  • ・現職での年収が400万円以下の方
  • ・特別なスキルを有していない方
  • ・金融やコンサル、IT業界以外での転職を目指している方

コンコードエグゼクティブは、ハイキャリア向けの転職エージェントのため、キャリアがまだ浅く、スキルや経験が乏しい場合には、紹介できる求人がなく、利用が難しい場合があります。
また、金融・コンサル・IT業界の転職に強いエージェントですので、そのほかの業界で活躍したいという方は、他の転職エージェントを利用したほうが早く転職活動を終えられる可能性が高いです。

【主要エリア】コンコードエグゼクティブの求人数

コンコードエグゼクティブは、「コンサル&ポストコンサル転職」「投資銀行&ファンド転職」「IT&Web転職」「ワークライフバランス転職」「メディカル&ヘルスケア転職」の5つのジャンルから求人を探すことができます。
今回は、その中でも「コンサル&ポストコンサル転職」の求人数をご紹介いたします。

東京のコンコードエグゼクティブの求人数

2022年1月現在、東京での求人数は1017件となっています。
ほとんどの求人が東京での募集になっています。

大阪のコンコードエグゼクティブの求人数

2021年10月現在、大阪での求人数は16件となっています。
大阪の求人数は東京に比べぐっと下がっています。エグゼクティブ向けの転職サイトであるため、求人数の母数も少なく、大阪でも都市部以外での勤務は難しいといえるでしょう。

愛知のコンコードエグゼクティブの求人数

2021年10月現在、愛知での求人数は5件となっています。
やはり地方になるにつれ、求人数は少なくなっています。

コンコードエグゼクティブの登録~面談の流れ

・登録

コンコードエグゼクティブで転職するには、まずは会員登録を行いましょう。公式サイトにアクセスし、簡単に会員登録ができます。なお、登録・利用は全て無料です。

・キャリア面談
登録後は、担当のコンサルタントと最終的なゴールに向けたキャリア設計をサポートするためのヒアリングと面談を行います。基本的にはコンコードエグゼクティブのオフィス、またはオンラインでの面談となります。

コンコードエグゼクティブに関するQ&A

20代は登録できませんか?

コンコードエグゼクティブの利用に年齢制限はありませんが、学歴や職歴によっては紹介できる求人がない場合があります。

未経験でも転職できる求人はありますか?

未経験者でも転職できる求人はあります。ですが、ある程度の知識や経験・スキルが求められることが多いので、未経験でもそれに順ずる知識や経験がなければ転職のハードルは上がってしまうでしょう。

離職してから登録した方がいいですか?

離職してから転職活動を行っても問題ありません。ですが、採用担当者によっては離職者に良いイメージを持たない方もいるため、在職中に登録をして、内定が決定してから離職する方がスムーズに転職活動を行えるでしょう。

非対面での面談は可能ですか?

コンコードエグゼクティブでは、オンラインでの面談も行っています。

コンコードエグゼクティブの運営会社「株式会社コンコードエグゼクティブグループ」

転職サイトコンコードエグゼクティブについて解説しましたが、コンコードエグゼクティブを運営している株式会社コンコードエグゼクティブグループはどのような会社なのか、ご紹介いたします。

会社概要

コンコードエグゼクティブを運営している株式会社コンコードエグゼクティブグループの会社概要を掲載します。

社名 株式会社コンコードエグゼクティブグループ
本社所在地 東京都千代田区大手町1-9-2
大手町フィナンシャルシティグランキューブ18階
資本金 1,300万円
設立 2008年
従業員数 35人
事業内容 キャリア教育事業
人材紹介事業(許可番号:13-ユ‐303354)
スタートアップ支援事業

拠点 東京

株式会社コンコードエグゼクティブは、キャリア支援を通じて豊かな社会づくりに取り組むキャリアデザインファーム。コンサル・金融などのハイキャリアや、外資系企業・ベンチャー企業の幹部・起業家への転身を支援している企業です。
また、東京大学のキャリアデザイン授業のコースディレクターに専任されるなど、人材業界のみならず、教育界でも高い評価を受けている企業です。

ハイクラス転職なら「iX転職」もおすすめ

そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
そんな方に最もおすすめしたいのが、人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
・厳選された企業からのヘッドハンディング
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

関連記事

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の評判は悪い?他転職サイトとの比較や口コミの徹底検証

転職サイト「リクルートダイレクトスカウト」とは リクルートダイレクトスカウトは、人材系大手のリクルートが運営する転職サイトです。 「ハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向け転職サービス」をうたっており、特にミドル層以上に多く利用さ...

コトラの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

転職をしようと考えたとき、転職サイトや転職エージェントを活用しようと考える方も多いのではないでしょうか。 しかし、転職するために活用できるのは転職サイトや転職エージェントだけでなく、派遣や人材紹介など、転職方法は幅広くあります。 ...

typeの評判は良い?悪い?使い方や口コミを徹底検証!

転職活動をする際に利用する転職エージェントや転職サイト。“転職”というキーワードで検索すると多くの転職エージェントが表示されます。 しかし、実際にエントリーして転職を決めるとなると、どこのエージェントを利用すれば良いのか悩むのも事...

ホールハートの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較

転職サイトやエージェントには、得意とする業界・業種があるものから、多種多様な求人を有する総合的なものまで様々です。できるだけ自分の転職活動のスタイルに合っている、又は利用したいサービスがある転職サイト・エージェントを利用したいと考える転...

アイムファクトリーの評判は?実際の口コミから徹底検証!

転職活動を行う上で、転職サイトや転職エージェントを利用して少しでも良い求人を探したいと考える方が多いのではないでしょうか。さまざまな転職活動を支援するサービスが増えている中で、アイムファクトリーの利用を検討している方もいらっしゃるで...

ミドルの転職の評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

現在、転職を希望する人のほとんどがエージェントの在籍する転職サイトを活用して転職活動を行っています。「せっかく転職サイトに登録したのに求人がなかった」「エージェントが自分に合わなかった」そういった思いをしないためにも、まずは自分にぴった...

dodaの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

転職サイト「doda」とは 転職サイト「doda」は、パーソルキャリア株式会社が運営している転職サイトです。転職者満足度No.1を誇っており、求人件数は約10万件と業界トップクラスの求人を保有しているという特徴があります。 その...

アクシスコンサルティングの評判は?良い口コミ・悪い口コミを徹底検証

現在、転職を希望する人のほとんどがエージェントの在籍する転職サイトを活用して転職活動を行っています。「満足のいくキャリア支援を受けることができなかった」「エージェントが自分に合わなかった」そういった思いをしないためにも、まずは自分にぴっ...

spring転職エージェントの評判は?実際の口コミから評判を徹底検証!

転職活動をする上で、転職エージェントの利用を検討している方も多いのではないでしょうか。業界に精通しているコンサルタントからサポートを受けられるため、一人で転職活動を行うよりもスムーズに進みます。 しかし、転職エージェントや転職...

気をつけて!ビズリーチの登録で注意すべき3つのポイント

テレビCMや広告などで見かけることも多くなったビズリーチ。 いわゆる「ハイクラス向け」の転職サイトであり、高年収の求人も多く掲載されているのが特徴です。 今回は、ビズリーチにこれから登録しようとしている人のために、気をつ...

TOP