コラム

イードアの評判は?実際の口コミから評判を徹底検証します!


スムーズな転職活動を行うためには、転職エージェントの利用がマストといえるでしょう。業界に精通しているコンサルタントがさまざまなサポートを行っているため、一人で転職活動を行うよりもスムーズに進みます。

しかし、数多くの転職エージェントが存在するため、「どのエージェントが良いのか」「どんなサービスを受けられるのか」と疑問に思うこともあるでしょう。

そこで今回は、転職エージェント「イードア」の特徴やメリットを実際の口コミを参考に解説します。転職エージェントの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

転職エージェント「イードア」とは


引用:https://edoa.co.jp/
イードアは、2010年3月に設立された会社です。スタートアップ企業から大手企業まで幅広い規模・業界への転職支援を行っています。顧客の経営課題を解決する経営コンサルティング会社としても事業を行っており、様々な選択肢の中から最適なプランを提案しています。

また、DX支援も行なっているため、会社全体がITに強い体制となっていると言えるでしょう。

イードアの特徴

上記ではイードアの基本情報を解説しました。ここでは、具体的にどのような特徴があるのか解説します。

  • ・IT業界に特化している
  • ・スタートアップ企業が得意

下記にて、上記の特徴を詳しく解説します。

特徴①IT業界に特化している

イードアは、IT領域を中心にしたエンジニアの転職・キャリア支援を得意としています。主に以下のような職種を取り扱っています。

  • ・DBエンジニア
  • ・アプリ開発エンジニア
  • ・UX職
  • ・保守運用
  • ・Webデザイナー・Webディレクター
  • ・SE、PM
  • ・PMO

これらの業界への転職だけでなく、管理職や経営層、リーダー層といったミドル・ハイクラスの転職支援も行なっています。

特徴②スタートアップ企業が得意


引用:https://edoa.co.jp/lp/eng/?cidsid=cZz0mDH5Dq4KyyonO-HPcg..&APID=27893&affID=0005713&STID=&userID=&click_only=

イードアはスタートアップ企業から大手企業まで幅広い規模・業界への転職支援を行っていますが、中でもスタートアップ企業の転職支援が得意です。1000社以上の企業と取引実績があるため、スタートアップ企業への転職を考えている方は利用価値が高いといえるでしょう。

イードアの良い評判・メリット

ここまで、イードアの基本情報や特徴をお伝えしました。具体的なメリットや評判はどのような点があるのか、実際の口コミを合わせて詳しく解説していきます。

イードアのメリットは以下の2点です。

  • ・手厚いサポートではじめての転職でも安心
  • ・コンサルタントが業界の内部事情を良く把握している

それぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット①:手厚いサポートではじめての転職でも安心

30代・男性
面談から紹介の企業との面接までスムーズに進んで行き、想定していた転職時期よりもかなり早く転職することができた。また面接にも同席していただけたので一人で面接に挑むより緊張や不安が少なくてとても良かったです。

40代・男性
応募や面接時のフォローを非常に手厚くして頂いた。連絡も頻繁に頂けたので安心して転職活動が行えました。

面接時のサポートや素早い対応が良かったという意見もありました。面接にはコンサルタントが同席するため、初めて転職する方でも、安心できるでしょう。また、選考中もこまめな連絡があると、不安を感じることなく転職活動を行うことができます。

メリット②:コンサルタントが業界の内部事情を良く把握している

40代・男性
未経験業種への転職のことで面談させていただいたところ、まず、業界について非常に詳しく説明していただき勉強になりました。
40代・男性
紹介先の内部事情をよく把握されており、長所だけではなく短所もきちんと説明頂けた。

キャリアアドバイスをするコンサルタントが、業界の内部事情をよく把握しているとの意見がありました。転職活動を行う上で、応募する企業がどのような会社なのか気になる方が多いでしょう。転職エージェントを利用すると、個人では調べきれない情報を得られるメリットが大きいと言えます。

イードアの良い評判は本当?口コミを徹底検証

上記でイードアの良い評判やメリットを実際の口コミとあわせて紹介しました。口コミの多くは「コンサルタントのサービスの質」について良い評価をしています。

しかし、果たして本当にその評判が当てはまっているのか、気になる方も多いのではないでしょうか。 ここでは、前述したイードアの評判・メリットを実際に検証していきます。

メリットの検証①:手厚いサポートではじめての転職でも安心


引用:https://edoa.co.jp/lp/eng/?cidsid=cZz0mDH5Dq4KyyonO-HPcg..&APID=27893&affID=0005713&STID=&userID=&click_only=

気になる企業が見つかれば、イードアのコンサルタントが書類添削や面接対策などの選考サポートを行います。面接の日時調整はもちろん、個人では行いづらい条件交渉なども行っているため、はじめての転職やキャリアアップを目指した転職を希望している方に利用価値が高いといえるでしょう。

また、入社後も更なる活躍のためにコンサルタントのサポートを受けることも可能です。単なる転職サポートに留まらない支援を行っています。

メリットの検証②:コンサルタントが業界の内部事情を良く把握している


引用:https://edoa.co.jp/lp/eng/?cidsid=cZz0mDH5Dq4KyyonO-HPcg..&APID=27893&affID=0005713&STID=&userID=&click_only=

イードアには、スタートアップ企業出身やITコンサルティングファーム出身のコンサルタントが在籍しています。業界の内情に精通しているため、リアルなアドバイスを受けられることが魅力のひとつです。

これからキャリアアップを考えている方は、内定に至らずとも相談だけでも価値のある時間を過ごせるといえるでしょう。

イードアの悪い評判・デメリット

ここまでは、イードアの良い評判とその検証を行いました。しかし、良い評価だけでなく、悪い評価と合わせて利用を検討したい方も多いのではないでしょうか。

イードアのデメリットは以下の2点です。

  • ・一部のサービスに物足りなさを感じることも
  • ・連絡が遅いと感じることがある

それでは見ていきましょう。

デメリット①:一部のサービスに物足りなさを感じることも

30代・男性
迅速で良かったが、企業側との条件交渉をしていただけなかったので、できれば改善して欲しい。

30代・男性
面談までのスピード・面談時間が非常に短く端的に行えた。電話面談でも良かったかもしれません。

素早い対応は良かったものの、素早いが故に物足りないと感じる意見がありました。じっくり時間を取って行う面談や、スピード感を求めていない方にとっては、不安になる要素かもしれません。また、個人で行う転職では難しい条件交渉がなかったという声もありました。エージェントを利用する上で期待するサービスなだけに、改善が求められる点といえるでしょう。

デメリット②:コンサルタントによって連絡が遅いと感じることがある

30代・男性
案件内容をまとめて連絡頂けるとのことでしたが約束の期日までにレスポンスがありませんでした。途中経過だけでもよいので連絡を頂ければ安心できます。

30代・女性
書類選考について1週間後の木曜日に何らかの連絡をすると言っていたが、指定の日から1週間が過ぎているが何も連絡がない。

良い評判ではスピーディーな対応が評価されましたが、中には連絡がなかったり遅いと感じる方もいるようです。コンサルタントによって対応に差があるのかもしれません。

イードアの悪い評判は本当?検証して分かった実情

上記にて、イードアの悪い評判と口コミを合わせて紹介しました。しかし、良い評判と同様に、口コミの内容は本当なのか気になるのではないでしょうか。

ここでは、前述したデメリットを実際に検証します。

デメリットの検証①:一部のサービスに物足りなさを感じることも

イードアでは、全体的にコンサルタントが提供するサービスの質に高評を得ていますが、一部のサービスでは物足りなさを感じることもあるでしょう。また、企業によっては条件交渉などが行えない可能性もあるので、コンサルタントと良くコミュニケーションを取りながら進めていくことも大切です。

転職エージェントを利用することで、転職に関わるすべての業務を代行してくれるわけではありません。利用の前にどこまでサポートを受けられるのか確認する必要があるでしょう。

デメリットの検証②:特別なスキルを有していない方

基本的には迅速な対応を行っていると高評のイードアですが、案件やコンサルタントによっては連絡が遅いと感じることがあるようです。コンサルタントが多数の求職者を担当している場合は、メールなどを見落としている可能性があるため、返信が欲しい期日などを念押しして伝えておく必要がありそうです。
また、コンサルタントが合わないと感じた場合には、担当の変更を依頼してみるのも1つの手です。

イードアの総評

イードアは、全体的にコンサルタントの評価が高く、面談の丁寧さや求人に対する理解の深さが高評を得ています。はじめての転職や、じっくりと転職先を検討したい方に利用のメリットが大きいといえるでしょう。

スタートアップ企業やIT業界への転職を得意としているので、転職先の業界が決まっている方にも向いているでしょう。

ただし、一部のコンサルタントでは、サービスの質が低いという面も見られます。コンサルタントと相性が合わないと感じた場合は、すぐに変更願いを出し、転職活動に影響がでないようにするとよいでしょう。

イードアに向いている人と向いていない人の特徴

ここまでは、イードアのメリット・デメリットについて解説しました。では、これまでの点を踏まえて、どのような方がイードアの利用に向いていて、どのような方が利用に向いていないのでしょうか。

ここでは、イードアの利用に向いている人・向いていない人の特徴について解説します。

イードアに向いている人

イードアの利用に向いているのは、以下のような特徴の方です。

  • ・スタートアップ企業への転職がしたい方
  • ・最新テクノロジーを駆使した職業への転職を考えている方
  • ・キャリア・年収アップを目指している

イードアは、スタートアップ企業を中心とした求人案件を多数保有しています。常に新しいことへ挑戦しながら仕事に取り組みたい方、最先端のテクノロジー領域へ関心が高い方に、有益なエージェントをといえるでしょう。

また、ミドル・ハイクラスの転職支援も行っているため、これまでの経験を活かしながらキャリアアップ・年収アップを目指している方にもおすすめの転職エージェントです。

イードアに向いていない人

一方で、イードアの利用に向いていないのは、以下のような特徴の方です。

  • ・未経験の業界への転職や第二新卒の転職
  • ・地方で勤務を考えている

イードアでは、未経験の求人をほとんど取り扱っていません。中には応募できる企業があるかもしれませんが、あまり期待しないほうが良いでしょう。また、保有している求人は首都圏に集中しているため、地方での勤務を希望されている方には、イードアの利用は向いていません。

【主要エリア】イードアの求人数

イードアでは、公式ホームページから取り扱っている求人案件の確認ができません。イードアで取り扱っている求人案件を知りたい場合は、公式ホームページから問い合わせを行い、コンサルタントと面談を通して提供してもらう必要があります。

東京のイードアの求人数

イードアで取り扱っている求人案件のうち、最も求人数が多いのは首都圏と予想されます。

大阪のイードアの求人数

首都圏の次に求人数が多いのは、関西地方の大阪と予想されます。

愛知のイードアの求人数

愛知県を含む中部地方では、首都圏や関西地方に比べて求人数が少ないでしょう。在宅ワークに対応している企業を探してみるといいかもしれません。

イードアの登録~面談の流れ


引用:https://edoa.co.jp/lp/eng/?cidsid=cZz0mDH5Dq4F3ln6t3tprw..&APID=27893&affID=0005713&STID=&userID=&click_only=

ここでは、イードアの登録から面談までの流れを解説します。

公式サイトの「転職サポートに申込み」を選択 必須項目になっている入力事項を全て記載て送信します。
コンサルタントから面談に関する連絡が届きます。

面談はオンライン、電話、オフィスへ来社の中から選べます。都合に合うものを伝え、サポートを受けましょう。また、事前にレジュメやポートフォリオなどを準備しておくと、スムーズな面談が可能になります。

イードアに関するQ&A

紹介された求人は必ず応募しなくてはならない?

いいえ。イードアで紹介された求人が希望に沿わない場合、応募を見送ることも可能です。すべての求人に応募する必要はないので、じっくり自分に合う転職先を探すことが可能です。

すぐに転職は考えていませんが、相談だけできますか?

可能です。転職を検討している段階でも、イードアの利用が可能です。面談でのキャリアアップアドバイスや得意・強みの洗い出しを行い、転職市場価値があるのかどうかの相談も行っています。状況によっては、転職を思い留まらせるアドバイスをすることもあります。

東京本社まで来社できませんが、面談は可能ですか?

可能です。面談形式は、アプリ不要のWEB面談や電話でも行っております。在籍中の方や地方在中の方でも面談を受けられるよう配慮しています。

イードアの運営会社「株式会社イードア」

イードアは株式会社イードアが運営しています。ここからは、イードアを運営している株式会社イードアについて解説します。

会社概要

株式会社イードアの会社概要を掲載します。

社名 株式会社イードア
本社所在地 〒107-0052
東京都港区赤坂4-8-20 ASOビルディング6階
資本金 10,000,000円
設立 2010年3月25日
従業員数 18名
事業内容 経営コンサルティング事業
組織・人事コンサルティング事業
ファイナンス支援
M&A支援事業
営業支援事業

拠点 東京

イードアは2010年に設立されてから、数多くの求職者を支援してきました。経営層との取引が多く、企業のトップから直接依頼を受けている点がイードアの魅力でしょう。経営コンサルティングとIT転職支援を行っている転職エージェントは珍しいため、今後の成長に期待できます。

ハイクラス転職なら「iX転職」もおすすめ

・自分にマッチした大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントと言えるでしょう!
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開できるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

関連記事

アルファテックの評判は?特徴や利用するメリット・デメリットを徹底解説!

今の会社を辞めたい、新しい職場でスキルアップを目指したいなどと考えている方は、転職サイトや転職エージェントで求人広告をチェックする機会が多いのではないでしょうか。中でも、転職を支援するエージェントを利用して「スムーズに転職できたらな...

RSG Construction Agentの評判は?口コミから実情を徹底解説!

転職活動を行う上で、転職サイトや転職エージェントを利用しようと考える人が多いのではないでしょうか。転職サイトなどを利用すると、求人サイトの中から自分で探すよりも良い求人や自分に合った求人に出会える可能性が高くなります。 しかし...

リクルートエグゼクティブエージェントの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較

国内最大手の人材派遣事業を展開するリクルートエージェントのグループ企業である、リクルートエグゼクティブエージェント。エグゼクティブ層など一定以上のポジションへ転職を希望する求職者・現職から支持を集めているようです。この記事ではそんな...

BNGパートナーズ(BNGエグゼクティブサーチ)の評判は?メリットや評判を口コミから徹底検証!

転職や就職活動を行う上で、転職サイトやエージェントを通してよい求人を探したいと考える方も多いでのはないでしょうか。様々な転職サイトが存在する中で、BNGパートナーズを活用しようと考えている方も多いでしょう。 しかし、様々な転...

転職にはベストな時期がある?おすすめのタイミングとは

年収アップやスキルアップなど、さまざまな理由で転職を考える人が多くいます。 しかし、いざ転職しようと考えてもちょうど良いタイミングはいつなのか、転職するならベストなタイミングでしたいなど、思う方も少なくないのではないでしょうか...

イードアの評判は?実際の口コミから評判を徹底検証します!

スムーズな転職活動を行うためには、転職エージェントの利用がマストといえるでしょう。業界に精通しているコンサルタントがさまざまなサポートを行っているため、一人で転職活動を行うよりもスムーズに進みます。 しかし、数多くの転職エージェン...

40代で転職するときに知るべき注意点3つと、成功を勝ち取る6ステップ

「40代で転職したいけど、失敗したくない。」と思っていませんか? 40代の方は、今までのキャリアを生かした転職がしやすいので、年収アップに大きく期待を持つことができます。 ただ、40代の求職者に企業が求めていることを理解...

goorilla(グーリラ)の評判は?メリットや口コミを徹底検証します!

転職活動をするときに転職サイトや転職エージェントを利用する方も多いのではないでしょうか。はじめての転職活動をする人にとっては、強い味方になりますよね。 しかし、数ある転職サイトの中から自分に合ったサイトを探しだすのは大変です。...

キャリトレの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

転職サイト「キャリトレ」とは 転職サイト「キャリトレ」は、株式会社ビズリーチが運営している「本気で転職したい20代向け」の転職サイトです。 ベンチャーから大手までの求人を幅広く保有しています。 レコメンドされる求人のなかから「興味...

転職時に源泉徴収票が必要ってほんと?年末調整で困らないためのポイントを解説

転職活動を行う上で、「前職の源泉徴収票がないと年末決算が行えない」と聞いたことはありませんか? 後ほど解説しますが、この年末調整は転職先の会社で行う必要があります。 そのため、前職の会社から源泉徴収票を前もってもらってお...

TOP