金融

GMOフィナンシャルゲートへの転職。転職難易度やビジネスモデルをわかりやすく解説

決済端末の販売や決済情報処理センター接続サービスといったキャッシュレス決済サービスを提供しているGMOフィナンシャルゲート。
キャッシュレス決済業界における各種サービスを幅広く提供している企業です。
小売や飲食、交通、医療など、幅広いカード会社や加盟店をクライアントに持ちます。
そんなGMOフィナンシャルゲートでは、法人営業や管理本部、エンジニアなど、非常に幅広い職種で中途採用を募集しています。
ビジネス職や専門職を問わず、多様なバックグラウンドを持つ人材に中途採用の門を開いているのが特徴です。
この記事では、GMOフィナンシャルゲートへの転職を目指す方に向けて、事業内容や転職難易度などを解説します。

GMOフィナンシャルゲートへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・GMOフィナンシャルゲートの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、GMOフィナンシャルゲートの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • GMOフィナンシャルゲートの企業概要
  • GMOフィナンシャルゲートの転職ポイント
  • GMOフィナンシャルゲートの社風や企業文化

GMOフィナンシャルゲートに転職するポイント

GMOフィナンシャルゲートの特徴

POINT

  • ・キャッシュレス決済サービスを提供している企業
  • ・決済端末の販売や決済情報の管理センター運営など、幅広い事業をカバー
  • ・風通しの良い社風が特徴的で、ワークライフバランスも良好

GMOフィナンシャルゲートへ転職するポイント

POINT

  • ・法人営業や管理本部、カスタマーサポートなど、幅広い職種で求人募集
  • ・エンジニアなど専門職での採用にも積極的
  • ・面接では、転職の軸といったオーソドックスな内容が目立つ

GMOフィナンシャルゲートの企業概要

会社名 GMOフィナンシャルゲート株式会社
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1-14-6 ヒューマックス渋谷ビル
社長 杉山 憲太郎
設立 1999年9月7日
株式 上場(東証グロース)
株主構成 GMOペイメントゲートウェイ(57.06%)
JPモルガン・チェース・バンク(3.13%)
豊山慶輔(3.12%)

GMOフィナンシャルゲートの売上

GMOフィナンシャルゲートの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 2,379百万円 3,691百万円 7,089百万円
経常利益 226百万円 428百万円 619百万円

GMOフィナンシャルゲートの最新ニュース

GMOフィナンシャルゲートの事業内容

GMOフィナンシャルゲートの主力事業は、キャッシュレス決済サービスの提供です。
一言でキャッシュレス決済サービスといってもその種類は多種多様で、決済に用いる端末の販売やメンテナンス、決済情報センターの接続サービスなど、GMOフィナンシャルゲートは多様な事業領域をカバーしています。
決済アプリケーションの開発やモバイル決済端末の通信サービスも自社で提供しており、一気通貫したサービス体制が強みです。
小売や飲食、交通、医療や福祉など、幅広い業界の加盟店を持っています。
また、決済金額に応じて発生するスプレッド型の売上に加え、加盟店やカード会社から継続的に発生する固定の売上があるため、安定した収益モデルを確立しているのが特徴です。
売上高はここ2年で上昇傾向にあり、今後もさらに発展していくことが期待されています。

GMOフィナンシャルゲートの募集要項

法人営業

銀行やカード会社をはじめとした決済事業者とのアライアンスを担当します。
また、ポイント系の事業者に向け、戦略的に自社の製品の導入提案を行います。
情報収集から始まり、顧客の分析や提案までをワンストップで対応するのがGMOフィナンシャルゲートの営業の特色です。

必須な経験・スキル

  • ・法人営業の実務経験

法務

法務課のスタッフとして、商事に関する法務を幅広く担当します。
具体的には、株主総会の運営や取締役会の運営、株式に関連する実務全般などが職務内容です。
さらに、電子広告や定款、規定の管理なども担当します。

必須な経験・スキル

  • ・商事法務の実務経験

GMOフィナンシャルゲートの転職難易度

GMOフィナンシャルゲートの転職難易度は中程度です。
GMOフィナンシャルゲートでは、法人営業や管理本部など、非常に幅広い職種で中途採用を募集しています。
経理や法務などでの募集があることに加え、Webエンジニアや社内エンジニア、セキュリティエンジニアなど専門職での募集があるのもポイントです。
多彩なバックグラウンドを持つ社員が入社できる一方で、1次面接の競争倍率が高い点がややネックとなります。
実際、面接対策をしたはずなのに1次面接で落とされてしまったという社員も少なくありません。
しっかりとGMOフィナンシャルゲートの経営戦略や風土、求める人物像を理解したうえで効果的な面接対策を行うことが重要です。

GMOフィナンシャルゲートが転職者に求める人物像

GMOフィナンシャルゲートは転職者に対し、「主体的に行動し、挑戦することができる」ことを求めています。
GMOフィナンシャルゲートは、近年売上高が上昇している急成長中の企業です。
今後も競争が激しくなるキャッシュレス業界に立ち遅れてしまわないよう、今後も挑戦を重ねていく必要があります。
自ら仕事を見つけ、チャレンジしていけるような人材が活躍できる環境です。
さらに、「決済が変わると世界が変わる」というGMOフィナンシャルゲートのモットーに共感しているかどうかも面接ではチェックされます。
企業が掲げるモットーに共感し、それを体現することができる人材であることが重要です。

GMOフィナンシャルゲートの転職までの流れ

GMOフィナンシャルゲートの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:書類に沿った基本的な内容の確認がメインで、志望動機や自己紹介を中心に深掘りされます。場合によっては1次面接と前後して筆記試験が行われることもあります。

最終面接

想定選考官:社長・役員
想定内容:1次面接や筆記試験の内容も踏まえながら、GMOフィナンシャルゲートに転職した後のビジョンなどについてさらに深掘りされます。

内定

GMOフィナンシャルゲートの面接形式

GMOフィナンシャルゲートの面接回数は1〜3回です。
回数に幅がありますが、多くの場合は2回で終了します。
面接形式は、1次面接は応募者が2〜3名程度の複数人形式、最終面接が1対1形式です。
1次面接と前後して筆記試験が行われます。
面接1回あたりの所要時間は30分〜1時間程度で、標準的な長さといえるでしょう。

GMOフィナンシャルゲートの面接内容

GMOフィナンシャルゲートの中途採用面接でよく聞かれる質問に、「あなたの転職活動の軸は何か?」という質問があります。
GMOフィナンシャルゲートでは、全体的に主体性を重視する風土があるのが特徴です。
社員それぞれが自分なりの確固たる軸を持っていることが大切にされるため、このような質問には自信を持ってはっきりと答えることが重要です。
根拠も示しつつ、事前に答えを考えておくと良いでしょう。
さらに、「周囲の同僚や友人からどのような人といわれるか」という質問をされた方も多くいます。
一般的な自己分析の対策をすることはもちろん、「どうしてそれがGMOフィナンシャルゲートとマッチするのか」という観点も付け加えられるとさらに好印象です。

GMOフィナンシャルゲートの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は比較的多い
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・人物面を確認するような質問もされる

企画、30代前半、男性
「転職活動を進めるなかで、どのようなことを大切にしているか」と聞かれました。全体的に、応募者の価値観や軸を見定めようとする質問が多かったため、対策を進めておくと良いと思います。
PM、40代前半、男性
「これまでのマネジメント経験について詳しく教えてください」といわれました。また、その後、「それは何人ぐらいのチームをまとめたのか」や「どのような困難があり、どのように対処したのか」といったように詳しく深掘りされました。
SE、20代後半、男性
1次面接では、「これまでどのようなプロダクトに携わりましたか」など、技術的な質問が多かったです。最終面接では、「周りからどのような人といわれますか」といった人物面に関する質問もありました。
営業、30代前半、女性
「営業をするうえで気を付けていることはあるか」「こだわりは強い方か」といった人物面に関する質問が目立ちました。雰囲気は全体的に和やかで、和気あいあいとした雰囲気での面接でした。
経理、30代前半、女性
「何を軸にして転職活動をしているのか」と聞かれたことが印象に残っています。また、単刀直入に「希望年収はいくらですか」と質問されるため、あらかじめ考えておくと良いでしょう。

GMOフィナンシャルゲートで働いている方の評判・口コミ

企画、在籍3~5年、女性
FXやCFD、暗号資産といったトレンドのワードに敏感に反応する企業です。証券企業というよりもIT企業というイメージに近く、先進的な雰囲気があります。ワークライフバランスは良く、有給休暇も取りやすいです。男女関係なく働きやすい企業を作ろうという動きがあり、時短勤務など女性に対するサポートも手厚いと思います。
法務、在籍5~7年、男性
他社と比べると平均的な給与が高く、魅力的な企業です。手を挙げれば何でもやらせてもらえる風土もあり、チャレンジを後押しする風潮があります。定期的に360度評価を実施しており、社員を公正に評価しようという意識も強いです。顧客とのコミュニケーションをさらに充実させればより成長できると思います。
SE、在籍10年以上、女性
ワークライフバランスは良いですが、システムに関連する社員だと休日出勤が発生してしまうことがあります。積極性さえあれば入社年次や年齢に関係なくやりたいことをやらせてもらえるため、能動的に行動できる方にはぴったりな環境です。反対に、受け身な方はキャリア開発が見込めないかもしれません。
口コミの要約

ワークライフバランスが良く、働きやすい企業だという口コミが目立っていました。積極性が重視される社風があり、主体性のある人材はキャリア開発をしやすい企業となっているようです。平均年収が高いため魅力的だという声もありましたが、維持管理するのみのプロダクトが多くなってしまっていることを指摘する口コミもありました。

GMOフィナンシャルゲートの年収・給与

年収 856万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 従業員持株会制度、企業型確定拠出年金制度、社員食堂、社員宅自助、社内マッサージ施設など

GMOフィナンシャルゲートでの転職者の出世難易度

GMOフィナンシャルゲートの出世難易度は中程度です。
GMOフィナンシャルゲートは実力主義の色が濃く、成果を出した人材を積極的に出世させようという雰囲気があります。
出世にあたっても年齢は考慮されておらず、360度評価が主に参考とされます。

企業として、全体的に社員それぞれの主体性を重んじる雰囲気があるため、自ら進んで仕事を見つけていくことができるような主体性に富んだ人材が出世しやすいです。
また、マネージャーの場合は割り当てられたプロジェクトのみならず、そのほかのプロジェクトとも連携しながら仕事を進めていけるような周囲を巻き込める人材が重宝されるという情報があります。

GMOフィナンシャルゲートはどんな人が働いている?

GMOフィナンシャルゲートの従業員数

63名(単独)
81名(連結)

GMOフィナンシャルゲートの平均年齢

39.9歳

GMOフィナンシャルゲートの平均勤続年数

3.7年

GMOフィナンシャルゲートの社風

GMOフィナンシャルゲートの社風の特徴として、社員それぞれの主体性を重んじる文化が挙げられます。
手を挙げればなんでもやらせてもらえる風土があり、社員それぞれの挑戦をサポートしようという雰囲気が強いのが特徴です。
しかし一方で、受け身の社員はいつまでもキャリア開発ができないという面もあります。
周りを巻き込んでいけるような主体性のある人材に向いている社風があります。
また、決済手段を取り扱っている企業ではありますが、どちらかというとIT企業のような雰囲気があるという意見もありました。
24時間利用可能なコミュニケーションスペースが用意されているなど、社員間の会話を重視しています。
一部にベンチャー気質が残っている和気あいあいとした風土がGMOフィナンシャルゲートの特徴です。

GMOフィナンシャルゲートのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00〜18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月26.2時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

GMOフィナンシャルゲートの社長

杉山 憲太郎

1979年生まれ。
2001年にニイウス株式会社へ入社。
2007年に日本IBM株式会社へ入社し、2013年に第一金融インダストリー銀行第一サービス部長に就任。
翌年、GMOペイメントゲートウェイ株式会社へ入社。
2017年に上席執行役員事業企画開発部部長を務め、同年にGMOフィナンシャルゲート株式会社の代表取締役社長に就任。

GMOフィナンシャルゲート現職、OB/OGの有名人

髙野 明

1951年生まれ。
1975年にカシオ計算機株式会社へ入社。
1984年に日本IBM株式会社へ入社し、2001年に理事金融システム事業部長に就任。
2006年に株式会社フィナンシャルブレイズの代表取締役に就任。
2010年にGMOフィナンシャルゲート株式会社の代表取締役社長業務開発部管掌に就任。
2017年より取締役会長を務めている。

GMOフィナンシャルゲートの転職に関わるQ&A


実際にGMOフィナンシャルゲートで働いている社員からの口コミによると、同社の月平均残業時間は26.2時間となっています。
これは上場企業としては平均的かやや短い水準で、社員の間にはワークライフバランスが良い企業だという口コミが多く見られました。
また、有給休暇を取得しやすい風土もあり、柔軟に対応してもらえると感じている社員も多いです。

GMOフィナンシャルゲートでは、産休や育休といった基本的な制度がしっかりと整備されています。
子供が中学へ就学するまで利用可能な時短勤務制度も用意されており、これまでも時短勤務を利用して職場へ復帰した女性社員も数多くいます。
総じて女性の働きやすさについても非常に良好であるといえるでしょう。

GMOフィナンシャルゲートへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

GMOフィナンシャルゲートの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、「求める人物像」や「社員知る」などが掲載されているため、応募する前に一度読んでおくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合は、時間がかかってしまう傾向があります。
できるだけ時間をかけず素早く転職したいと考える場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、GMOフィナンシャルゲートの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを利用してGMOフィナンシャルゲートへの転職を考えている方には、ハイクラス求人が豊富な「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つです。

  • ・非公開求人が比較的多い
  • ・求人案件が豊富
  • ・案件の確認から応募までスピーディー

転職サイトは、比較的非公開求人を多く持っている傾向があります。
また、非公開求人も含め、非常に多くの求人案件があるため、希望するポジションを見つけ出すことができるでしょう。
さらには、案件確認から応募までが素早く行えるので、できるだけ時間をかけずに転職したい方には、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集要項もまとめて比較したいなら「iX転職」

iX転職には豊富な求人が取り揃えらえており、競合他社の募集要項も確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職はさまざまなハイクラス求人を取り揃えており、ほかの転職サイトでは扱っていないような非公開求人も持っている可能性があります。
そのため、iX転職では競合他社と比べながら検討することも可能です。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
ほかの競合他社の募集要項も含め、さまざまな情報が知りたいという方は、iX転職に登録し、届いたスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

インヴァスト証券の転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

インヴァスト証券は、FXやETFといった自動売買サービスを提供している証券会社です。 オンラインに特化しているという特長を持ち、「トライオートEX」や「マイメイト」といったさまざまなサービスを提供しています。 また、日本国内...

明治安田生命への転職のポイントは?離職率や社員評判も徹底解説!

明治安田生命転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員中心 明治安田生命保険相互会社に転職 次の転職先 WEB系事業会社 生命保険会社 ...

ゴールドマンサックスへの転職はおすすめ?仕事内容や年収について解説

ゴールドマンサックス転職者の主なキャリアステップ 前職 国内・海外証券会社 ゴールドマンサックス証券株式会社に転職 次の転職先 外資系大手証券会社 外資...

おきなわフィナンシャルグループの転職は可能?事業内容や面接の口コミを紹介

おきなわフィナンシャルグループ転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員がほとんどである。 株式会社おきなわフィナンシャルグループに転職 次の転職先 ...

モルガン・スタンレーの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

モルガン・スタンレー転職者の主なキャリアステップ 前職 銀行 証券会社 コンサルティング会社 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社に転職 次の転職...

北國フィナンシャルホールディングスへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

北國フィナンシャルホールディングス転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 株式会社北國フィナンシャルホールディングスに転職 次の転職先 地場メー...

みずほ銀行への転職について。年収や難易度などを解説

みずほ銀行転職者の主なキャリアステップ 前職 みずほ総研 銀行、証券、クレジットなどの金融機関 株式会社みずほ銀行に転職 次の転職先 大手証券会社 コ...

ROBOT PAYMENTへの転職。面接の口コミや年収・社風などをご紹介

ROBOT PAYMENT転職者の主なキャリアステップ 前職 ソフトウェアメーカー ROBOT PAYMENTに転職 次の転職先 ゲーム開発などのエンター...

十六フィナンシャルグループの転職難易度は高い?年収や口コミなどを解説

十六フィナンシャルグループ転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 株式会社十六フィナンシャルグループに転職 次の転職先 みずほ銀行、ソニー生命な...

PayPayの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

PayPay転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天グループ、三井住友、住信SBIネットなどの銀行 PayPay株式会社に転職 次の転職先 決済代行会社 ...

TOP