金融

大和証券への転職は可能?年収や評判などを紹介

日本の5大証券会社の一角を担う「大和証券」。不祥事が目立った時期もありましたが、やはり大手企業としてのブランドを保っている企業だと思います。では、そんな大和証券に転職するためには、どのような強みやスキルが必要なのでしょうか?このページでは、大和証券への転職について、年収や評判なども含めながらまるっとご紹介していきたいと思います。ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

大和証券に転職するポイント

大和証券の特徴

POINT

・日本で2番目の証券会社(1位は野村証券)
・ワークライフバランスや福利厚生が充実しており、社員が働きやすい環境となっている。
・徹底した成果主義。成果を出せば20代で年収1,000万円に到達することも可能。

大和証券へ転職するポイント

POINT

・現在(2020年1月時点)キャリア採用の一般募集は行っていない。
・転職エージェント等に登録して非公開求人から応募する。

大和証券の企業概要

会社名 大和証券株式会社 (Daiwa Securities Co. Ltd.)
日本所在地 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号グラントウキョウノースタワー
代表取締役社長 中田 誠司
設立 1999年4月26日
株式 非上場
株主構成 大和証券グループ本社(100%出資)

大和証券の売上

大和証券は非上場のため、大和証券グループの売上を掲載いたします。

大和証券の売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 616,497百万円 712,601百万円 720,586百万円
経常利益 135,623百万円 155,676百万円 83,159百万円

大和証券の最新ニュース

大和証券の最新ニュースについては、下記URLからご参照ください。

大和証券の事業内容

リテール事業

リテール事業では、「貯蓄から投資へ」をモットーに掲げ、個人・法人の幅広いお客様に対しそれぞれのニーズに合った金融商品の提案を行っています。「積立NISA」は皆さんご存知かと思いますが、大和証券では積立NISAだけで19種類ものラインナップがあります。

ホールセール事業

ホールセール事業は、グローバル・マーケッツとグローバル・インベストメント・バンキングの2つの部門で構成されています。グローバル・マーケッツでは、主に機関投資家を対象とした有価証券のセールスやトレーディング業務、グローバル・インベストメント・バンキングでは、事業法人や金融法人に対して株式や債券の引き受けや株式の新規公開(IPO)などを行っています。

大和証券の転職の募集要項

現在一般募集はありません。

大和証券が転職者に求める人物像

POINT

大和証券では、「今できること」ではなく、「これから何をやりたいか?」にフォーカスを合わせ、常に新しいフィールドに飛び込んでいけるような好奇心はもちろん、お客様の課題に徹底的に向き合う忍耐力や高いコミュニケーション能力を持つ人材を求めています。

大和証券の転職までの流れ

大和証券の選考フローは下記のとおりとなっています。

転職エージェントからのエントリー

一次面接

想定選考官:リクルーター

二次面接

想定選考官:リクルーター

三次面接

想定選考官:管理職クラス

最終選考

想定選考官:役員クラス

内定

大和証券の面接形式

基本的に二次面接までは社員クラスで対応しており、三次面接から支店長などの管理職クラス、そして役員クラス(数名)との面談に続くようです。面接の雰囲気は和やかなため、自分らしく話すことが大事です。

大和証券の面接内容

実際に面接を受けた方の口コミによると、印象に残った質問として以下のようなものが挙げられています。

・「大和証券に改善点があれば教えて下さい。」
・「資格の勉強など大変なことが多いですが、ついていけますか。」
・「挫折したことはありますか。」
・「ストレス解消法は何ですか。」
・「業界トップになるためにはどうしたらいいですか。」

業界についての知識はもちろん、やはりどうしてもストレスが溜まる業界ですから、ストレスのはけ口があることが求められているようです。

大和証券で働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3~5年、女性
リテールの営業なら、数字を出せればやり方は問われません。そのため、自分の好きなスタイルで仕事ができます。でも、どうしても自分の努力ではどうしようもできないことがある。(相場に影響されてしまう。) お客様目線で営業しても営利企業なので、売りたくないものも売らなくてはいけない時がある。
リテール営業、在籍1~3年、女性
基本的には8:40~17:10と前後の残業である。土日祝日は完全に休みである点が評価できると思う。でも、退社が早くなっても、生活が充実する訳ではない。仕事と関係ない趣味を持つ、家族、子供と一緒にいる時間を増やすなど、結局は個人の問題。ベテランになると、やることがないため、結果的にワーク重視になりがち。日本人らしい。
営業、在籍5~7年、男性
頻繁な飲み会、お客様への粗品、影響のストレスで発症した病気のための医療費が給料以上にかかりむしろマイナス。よく給料が高いと言われるが、全くそんな事はなく、むしろ仕事の内容に対してかなり低いと思う。
口コミの要約・まとめ

高い給与が魅力の大和証券ですが、その裏には顧客との頻繁な付き合いや差し入れ代なども含まれているという口コミが見られました。また、証券会社では当然のことですが、ノルマに追われることでやりがいを感じにくいという口コミがある反面、トップレベルの営業力を学べることでやりがいを感じているという口コミも見られました。

大和証券の年収・給与

年収 約1,050万円
ボーナスの有無 年2回(6月・12月)
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 なし(残業代全額支給のため)
通勤手当 全額支給
住宅手当 有り※条件付き
福利厚生 保養所(グアム/浦安/軽井沢/蓼科など)・各種法人契約(レジャー/スポーツクラブ/映画などの割引利用)
社内イベント支援制度、クラブ活動支援制度、企業年金、健康増進(定期健診/人間ドックなど)
奨学金返済サポート制度、資格取得支援制度、育児休職制度など

大和証券での転職者の出世難易度

大和証券での出世難易度は「中」です。成果主義ではありますが、日本の大企業ならではの年功序列の風潮が残っているのが現状です。しっかり成果を出し、社内で良好な人間関係を築くことができれば、出世はそこまで難しくありません。

大和証券はどんな人が働いている?

大和証券の従業員数

16,306人(連結2019年9月30日時点)

大和証券の平均年齢

41歳

大和証券の平均勤続年数

14年

大和証券の社風

大和証券に限らずどの証券会社でもそうですが、徹底した「成果主義」の企業です。大半が営業職のため、数字を残せる人にとっては心地良い環境と言えるでしょう。一方、“証券会社の割には大人しい人が多い”という口コミもあり、部署によって少しずつ雰囲気が異なるようです。

大和証券のワークライフバランス

副業可否 不明
勤務時間 8:40~17:10(休憩60分)
休日 完全週休2日(土・日)
その他の休日・休暇 年末年始、夏季休暇(最長連続10日間)、リフレッシュ休暇(最長連続5日間)
結婚準備休暇、ファミリーデイ休暇、キッズセレモニー休暇
親の長寿祝い休暇、育児サポート休暇、勤続感謝休暇、
エル休暇、通院休暇(最大年24日)、ボランティア休暇
平均残業時間 約10時間
フレックス制度 部署による
リモートワーク なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 不明

大和証券の社長

中田 誠司(なかた せいじ)

大和証券の代表取締役社長である中田誠司氏(なかた・せいじ)は、1983年に早稲田大学政治経済学部卒業後、大和証券へ入社。多くの役職を経て2017年4月より大和証券の代表取締役社長に就任しています。

大和証券現職・OB/OGの有名人

鈴木茂晴(すずき・しげはる)

大和証券代表取締役会長。慶應義塾評議員。

鈴木凛(すずき・りん)

鈴木茂晴氏の娘。タレント。歌手。産経新聞社の情報サイトである「イザ!(iza!)」の初代イメージガールのコンテストでグランプリに輝き、初代イザンヌとして活動。

大和証券の転職に関わるQ&A


若いうちから成果を出してがっつり稼ぎたい人に向いています。また、結婚・出産などのライフイベントを経験しながらキャリアを築いていきたい女性の方も向いているでしょう。


部署にもよりますが、お客様の将来に関わるという仕事上、共通して”忍耐力があるかどうか“が求められます。ノルマはつきもの、その中で創意工夫しながら仕事を楽しむことが大事です。

大和証券へ転職する方法

方法①|大和証券の採用ページから申し込む

募集がある際に企業のホームページの採用ページから応募することができます。

方法②|転職エージェント経由で申し込む

大和証券へ転職するためには、現時点では転職エージェント経由で応募する方法しかありません。転職エージェントでは、一般募集では掲載されていない非公開求人がある他、公式サイトからは分からない会社の雰囲気や実情を知ることができます。

特にこだわりがなければ以下の転職エージェントを利用するのがおすすめです。

関連記事

ソニー生命の転職情報。年収や評判を調査してみた

ソニー生命は、生命保険や年金などの金融商品を販売する保険会社です。ライフプランナーの教育に力を入れ、1人1人に合わせた生命保険商品を提供できるのが強みです。本社は東京都千代田区大手町に構え、従業員数は8000人以上です。 ...

HSBCへの転職はおすすめ?年収や業績について調査

HSBCは世界有数の金融グループです。グローバル・マーケッツ事業、グローバル・バンキング事業を行っています。外資系の中でもワークライフバランスに優れているのが特徴。従業員数はグループ含め30,0000人以上です。イギリスやロ...

第一生命への転職はおすすめ?年収や難易度について調査

第一生命は、生命保険や年金などの金融商品を販売する保険会社です。これまでリーディングカンパニーとして業界を引っ張ってきました。グローバル展開にも積極的で、海外でも金融業務を行っています。 本社は東京都千代田区有楽町に構え、...

アフラックへの転職はおすすめ?評判や難易度、年収を解説

アフラック生命保険株式会社は、アメリカのジョージア州に本社を持つ保険会社「アフラック・インコーポテッド(Aflac Incorporated)」の日本法人です。 がん保険のパイオニア的企業とも言われていて、日本では1974年より事...

三井住友海上の転職で採用されるには?年収は低い?口コミ評価も徹底調査

日本を代表する保険会社である三井住友海上。1918年の創業以来、100年以上の歴史を誇る伝統的な企業でもあります。 MS&ADインシュアランスグループ傘下の完全子会社で、損害保険業務をメインに、資産の運用や債務保証といった...

明治安田生命への転職はおすすめ?評判が悪いのかを調べてみた

明治安田生命は、生命保険や年金などの金融商品を販売する保険会社です。お客さまに最適な保険を提案し、安心して保険を利用できる仕組みを整えます。本社は東京都千代田区丸の内に構え、従業員数は約600万人。誰もが知っている大企業です。 ...

住友生命への転職はおすすめ?年収から社員の口コミ評判まで徹底解説

大阪府を拠点に日本を代表する生命保険会社として事業を展開している住友生命。 住友グループに所属しており、1907年に設立後、長年にわたって保険引受業務を軸として会社の基盤を固めています。 現在、グローバル展開も積極的に行っており...

ゴールドマンサックスへの転職はおすすめ?仕事内容や年収について解説

ゴールドマンサックスは、投資銀行業務や証券業務を行っている会社です。金融機関や機関投資家にアドバイスや情報を提供し、成長を支援します。全世界の金融と中心となるグローバル企業です。日本法人もあり、本社は東京都港区六本木に構え、従業員数...

野村證券への転職難易度は?給料や口コミ評判も紹介

野村證券は野村グループの中核企業として証券業務を行っており、その圧倒的な営業力を武器に証券業界で日本の三大証券の1ついわれている証券企業です。 証券会社で勤務されている方であれば、知らないという方はいないくらいのとても有名な企業で...

大和証券への転職は可能?年収や評判などを紹介

日本の5大証券会社の一角を担う「大和証券」。不祥事が目立った時期もありましたが、やはり大手企業としてのブランドを保っている企業だと思います。では、そんな大和証券に転職するためには、どのような強みやスキルが必要なのでしょうか?この...

TOP