金融

野村證券への転職はおすすめ?年収や難易度について解説

圧倒的な営業力を武器に証券業界で国内トップを走る「野村証券」。証券会社で勤務されている方であれば、知らないと言った方はいないくらいの超有名企業です。野村證券は、平均年収も日本企業の中では高く、1,000万円の大台に届く方も多くいらっしゃる企業です。

この記事でわかること

  • 野村證券の企業概要
  • 野村證券の転職ポイント
  • 野村證券の社風や企業文化

野村證券に転職するポイント

野村證券の特徴

POINT

・野村ホールディングスの子会社。圧倒的な営業力で証券業界のトップを走っている。
・平均年収1,000万円以上と業界トップクラス。リフレッシュ休暇や会員制保養所などもあり福利厚生も充実している。
・ネット証券の需要の増加で売上が徐々に減少していることもあり、今後長く勤めるのは少々危険。

野村證券へ転職するポイント

POINT

・専門職は3~5年の実務経験が必要
・職種によっては流暢な英語が話せることを求められる

野村證券の企業概要

会社名 野村証券株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋一丁目9番1号
社長 森田 敏夫
設立 2001年5月7日
株式 非上場
株主構成 野村ホールディングス株式会社(100%)

野村證券の売上

野村證券は非上場のため、親会社である野村ホールディングスの売上を記載しておきます。

野村ホールディングスの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 1,715,516百万円 1,972,158百万円 1,835,118百万円
経常利益 322,795百万円 328,158百万円 -37,701百万円

野村證券の最新ニュース

野村證券の事業内容

投資事業

野村證券は、国内外の株式やFX、債権などさまざまな金融商品を取り扱っています。主に、クライアントのニーズにあった金融商品を提供しています。また、野村證券には資産運用や資産設計などをコンサルティングする事業もあり、野村證券で取り扱っている金融商品を軸に、お客様の資産形成のサポートをしています。

ローン事業

持っている株式や国債などの金融商品を元手にローンが借りられる事業です。最大で一億まで借り入れをすることができます。こちらは主に、toC向けのサービスとなっています。

保険事業

こちらも野村證券が取り扱っている金融商品の1部で将来の年金対策や相続の対策として保険商品を使ったコンサルティングなどを行なっています。さまざまな保険会社の商品を取り扱っており、資産形成の1部をサポートしていく事業です。

マーチャント・バンキング事業

マーチャント・バンキング部門では、2018年に設立された「野村キャピタル・パートナーズ(NCAP)」を中核に、事業や財務・組織面を全面的に支援し、投資先の企業価値向上に取り組んでいます。

野村證券の転職の募集要項

ファイナンシャル アドバイザー

野村證券のお客様のライフプランに合わせた資産運用のアドバイスなどを行うポジションです。野村證券が取り扱っている金融商品を用いながらお客様の資産形成のサポートをしていきます。

必須な経験・スキル

大卒以上

ウェルス・マネジメント

会社の社長や富裕層の顧客向けに資産運用やその他サービスを提供する業務です。クライアントのニーズを汲み取る力と金融業界や資産運用などについて幅広い知識などが求められるポジションです。

必須な経験・スキル

大卒以上

野村證券の転職難易度

野村証券の転職難易度は「高」です。詳細な数字は不明ですが、新卒採用の倍率が100倍を超えることを考慮すると、キャリア採用も相当な倍率であると考えられます。また、野村證券は国内でも有数の年収が高い企業です。そのため、求められているパフォーマンスも非常に高いと考えられます。

野村證券は、

野村證券が転職者に求める人物像

野村証券では、プロフェッショナルとしての自覚を持ち、お客様の課題を解決することに対して徹底的に向き合える人物を求めています。

野村證券の転職までの流れ

野村證券の選考フロー

書類選考(オンラインエントリー)

部門面接(複数回)

想定選考管:人事、現場社員、部門長

人事面接(複数回)・適性検査

想定選考管:人事、役員

内定

野村證券の面接形式

面接は、部門面接と人事面接が複数回ずつあり、選考期間は2週間~1ヵ月となっています。

野村證券の面接内容

応募職種によって異なりますが、証券会社である以上最低限経済に関する知識が必要です。面接でも業界的なことも質問されます。また、一般的な価値観を聞くような内容も面接で聞かれるようです。

野村證券で働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3~5年、男性
実力主義で固定給よりもボーナスの方が年収に占める割合が多い人もいる。実力がある、一握りの人達であれば20台半ばから後半にかけて年収1000万円は超えて来るだろう。悪目立ちせず、上から数えた方が早いソコソコの実力者で20台半ばから後半にかけて年収700-900万円は超えて来る。
企画、在籍5~7年、女性
営業力は本当に凄まじくある。みなさんトレーニングしているし、営業マンの電話の話を横で聞いているだけで引きずりこまれるような話ぶり。ノルマが大変でも、ある程度メンタル強い方なら、この会社に2年もいれば相当な営業トークは身につくのではないでしょうか。

いろいろな企業で就業していますが、営業トークはこの会社が飛び抜けて優秀です。ただし、世界経済の影響、ネット証券台頭の影響を少なからず受けていますので、安定しているとはいえないかと。

営業、在籍15年以上、男性
毎年、人間ドックやインフルエンザ予防接種の費用負担、家賃補助、単身赴任手当、転勤旅費、どれをとっても抜群の手厚さです。家賃補助は約8割を負担して自己負担は僅か2割程度です。単身赴任者に対しては5,000円の自己負担のみで上限約10万円までの物件が選べます。

転勤旅費は実費支給ではなく、役職や移動人数などで決まり、大抵は家財道具まで買い揃えても余るぐらいです。保養所も日本各地に保有し、ハワイにもあります。また、契約フィットネスジムもあり、格安で利用することができます。その他、金銭に関する補助などは申請により様々なケースで利用できます。

野村證券の年収・給与

年収 約1,193万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り(54時間/月を超えた分が支払われる)
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り(8割)
福利厚生 従業員持株会、職場積立NISA
家賃補助など

野村證券での転職者の出世難易度

出世難易度は「中」です。野村証券では、新卒・中途関係なく結果さえ出せれば出世することが可能です。全員平等にチャンスが与えられていますが、日本トップクラスの人材が多数揃っている中で突出した成果を出すのは簡単ではありません。

野村證券はどんな人が働いている?

野村證券の従業員数

13,093人(2018年3月時点)

野村證券の平均年齢

40歳

野村證券の平均勤続年数

13年9ヵ月

野村證券の社風

野村証券は「完全実力主義」の会社であり、“野村証券で働けばどこでもやっていける”レベルの厳しさがあります。成果を出すことができなければ収入もほとんど上がりませんが、逆に一流の営業力をつけてバリバリ働きたい!という人にはおすすめです。

また、男女関係なく成果を出せば出世できるため、女性がキャリアを築く上では最適な企業です。

野村證券のワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 8:40~17:10
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 リフレッシュ休暇、人間ドック休暇、年末年始
平均残業時間 20時間以内
フレックス制度 無し
リモートワーク 記載無し
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り※条件付き

野村證券の社長

森田 敏夫

野村証券の代表取締役社長である森田敏夫(もりた・としお)は、1985年に同志社大学商学部を卒業後、野村證券に入社。2017年から代表取締役社長を務め、営業力の強化にあたっています。

野村證券現職OB/OGの有名人

菅野 陽平

日本最大級の金融WEBメディア「ZUU online」の副編集長。経営者向けメディア「THE OWNER」の編集長。学習院大学卒業後、新卒で野村證券に入社。リテール営業で活躍後、ZUU株式会社に入社。有価証券や不動産を所有する個人投資家でもある。

野村證券の転職に関わるQ&A


A. 自らの成長を追い求め、バリバリ成果を出したい人に向いています。また、産休や育休制度などの福利厚生が驚くほど充実しているため、結婚・出産を経験しながらキャリアを築いていきたい!という方にも向いています。


IT系などは3~5年の実務経験が必要ですが、営業職であれば必須のスキルは特にありません。ただし、グローバルにビジネスを展開しているため、最低限の英語力は身に付けておいた方がいいでしょう。

野村證券へ転職する方法

野村證券の採用ページから申し込む

野村證券の採用ページから応募する方法です。下記URLから野村證券の公式サイトへアクセスし「キャリア採用」を選択してください。

転職エージェント経由で申し込む

転職を初めてするという方は、転職エージェント経由で申し込むことをおすすめします。転職エージェントは、面接対策やエントリーシートの添削などをしてくれるほか、キャリア相談などにも乗ってくれるため、転職を初めてするという方にはおすすめです。

関連記事

明治安田生命への転職はおすすめ?評判が悪いのかを調べてみた

明治安田生命は、生命保険や年金などの金融商品を販売する保険会社です。お客さまに最適な保険を提案し、安心して保険を利用できる仕組みを整えます。本社は東京都千代田区丸の内に構え、従業員数は約600万人。誰もが知っている大企業です。 ...

HSBCへの転職はおすすめ?年収や業績について調査

HSBCは世界有数の金融グループです。グローバル・マーケッツ事業、グローバル・バンキング事業を行っています。外資系の中でもワークライフバランスに優れているのが特徴。従業員数はグループ含め30,0000人以上です。イギリスやロ...

三菱UFJ銀行への転職は可能?年収や評判などをまるっと紹介

日本3大メガバンクの一角を担う「三菱UFJ銀行」。日常生活で欠かせない“銀行”というサービスなだけに、普段使いしている方も多いのではないでしょうか。三菱東京UFJ銀行は、国内だけではなく、ヨーロッパ、アジアをはじめとする数十箇所...

ソニー生命の転職情報。年収や評判を調査してみた

ソニー生命は、生命保険や年金などの金融商品を販売する保険会社です。ライフプランナーの教育に力を入れ、1人1人に合わせた生命保険商品を提供できるのが強みです。本社は東京都千代田区大手町に構え、従業員数は8000人以上です。 ...

住友生命への転職はおすすめ?年収や転職難易度について解説

大阪府を拠点に日本を代表する生命保険会社として事業を展開しているのが住友生命の特徴です。住友グループに所属しており、長年にわたって保険引受業務を軸として会社の基盤を固めています。グローバル展開も積極的に行っており、アメリカや中国...

日興コーディアル証券の転職事情とは?社風や転職難易度などを調査!

三井住友フィナンシャルグループの傘下にある総合証券会社として高い知名度を誇っているのが、日興コーディアル証券の特徴です。日本3大証券の1つとも言われており、顧客数もトップクラスの企業です。 「銀証融合」を掲げた独自のビジネスモ...

アフラックの転職はおすすめ?評判や学歴、年収について解説

アメリカに本社を持つ保険会社で、日本法人としても存在感が高いのがアフラックの特徴です。がん保険のパイオニア的企業とも言われており、その知名度は抜群のものがあります。外資系企業でありながら、日本的な文化や風土を大切にしているところも特...

三井住友海上の転職事情とは?社風や転職難易度などを調査!

日本を代表する保険会社として君臨するのが三井住友海上であり、1918年の創業以来、100年以上の歴史を誇る伝統的な会社でもあります。損害保険業務をメインに資産の運用や債務保証といった事業も展開しています。 長年の歴史を持ってい...

大和証券への転職は可能?年収や評判などを紹介

日本の5大証券会社の一角を担う「大和証券」。不祥事が目立った時期もありましたが、やはり大手企業としてのブランドを保っている企業だと思います。では、そんな大和証券に転職するためには、どのような強みやスキルが必要なのでしょうか?この...

第一生命への転職はおすすめ?年収や難易度について調査

第一生命は、生命保険や年金などの金融商品を販売する保険会社です。これまでリーディングカンパニーとして業界を引っ張ってきました。グローバル展開にも積極的で、海外でも金融業務を行っています。 本社は東京都千代田区有楽町に構え、...

TOP