金融

野村證券への転職難易度は?給料や口コミ評判も紹介

野村證券は野村グループの中核企業として証券業務を行っており、その圧倒的な営業力を武器に証券業界で日本の三大証券の1ついわれている証券企業です。
証券会社で勤務されている方であれば、知らないという方はいないくらいのとても有名な企業でしょう。
証券企業への転職を考えている人は必ず転職先の候補として野村證券を考えるのではないでしょうか。
野村證券は平均年収も日本企業のなかではとても高く、1,000万円を超える方も多くいます。

この記事でわかること

  • 野村證券の企業概要
  • 野村證券の転職ポイント
  • 野村證券の社風や企業文化

野村證券に転職するポイント

野村證券の特徴

POINT

  • ・野村ホールディングスの子会社で、圧倒的な営業力で証券業界のトップを走っている
  • ・平均年収1,000万円以上と業界トップクラス、リフレッシュ休暇や会員制保養所などもあり福利厚生も充実している
  • ・お客さんのスタイルに合わせて投資や資産形成、資産管理をサポートできるさまざまなサービスを提供

野村證券へ転職するポイント

POINT

  • ・専門職は3~5年の実務経験が必要
  • ・職種によっては高い英語スキルが求められる
  • ・売上を作れる営業力が高い人材が求められる

野村證券の企業概要

会社名 野村証券株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋一丁目9番1号
社長 森田 敏夫
設立 2001年5月7日
株式 非上場
株主構成 野村ホールディングス株式会社(100%)

野村證券の売上

野村証券 売上推移

野村證券は非上場のため、親会社である野村ホールディングスの売上を記載しておきます。

野村ホールディングスの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 1,715,516百万円 1,972,158百万円 1,835,118百万円
経常利益 322,795百万円 328,158百万円 -37,701百万円

野村證券の最新ニュース

野村證券の事業内容

金融事業

本支店や営業所、インターネット、コールセンターなどを通じて国内の個人や法人のクライアントに対して、株式やファンドラップ、保険などの紹介のほかにお客さんのライフステージに合った資産運用のご提案、相続・事業承継に関するサービスなどのコンサルティングを行います。
顧客資産残高は122.3兆円、NISA開設口座数は累計173万口座と日本でNo.1の実績を誇っています。
お客さんにとって信頼される金融機関となることを目指し、積極的にビジネスモデルの変革に取り組んでいるので、この先も成長し続ける事業といえます。

アセット・マネジメント事業

野村アセットマネジメントを中核に、日本を含めた世界12か国において各国の個人投資家、機関投資家などの幅広い投資家層に対して高品質な運用戦略や最適な商品、サービスの提供をしています。
お客さんの資産を預かる責任のある立場として、資産運用ニーズを的確に捉えてそれに合った商品開発、顧客基盤のグローバル化に積極的に取り組み、日本を代表する資産運用会社として実績を築いてきています。
投資リターンの向上のみならず、投資先企業との対話を含むスチュワード湿布活動を通じて、資本市場の成長と発展に貢献していくことを目指しています。
現在、運用資産残高が55.6兆円、300人以上の運用プロフェッショナルがグローバル化を展開しています。
今後もお客さんに満足してもらい、信頼される運用会社を目指しています。

ホールセール事業

金融商品の仕組み、販売やリサーチ、トレーディング業務を行うグローバル・マーケッツを提供しています。
世界のマーケット市場に24時間体制でサービスを提供している組織で、国内のみならず国外の機関投資家をはじめとするクライアントのニーズに対して最適な商品の紹介、それらを活用したソリューションを提供しています。
また、資金調達のアレンジやM&Aアドバイザリー業務などを行うインベストメント・バンキングがあります。
こちらも国内外の事業会社や政府機関、金融機関などに債券や株式の引き受け、金利や為替等にかかる各種ソリューションなど、お客さんのさまざまなニーズに応える投資銀行サービスも展開しています。
セカンダリー・ビジネスといった新しいビジネス戦略も掲げ、これからもまだまだ成長するでしょう。

マーチャント・バンキング事業

2018年に設立された「野村キャピタル・パートナーズ(NCAP)」を中核に、事業や財務、組織面を全面的に支援し、投資先の企業価値向上に取り組んでいます。
NCAPは「企業価値向上支援」と「エクイティ等のリスクマネーの提供」を通じてお客さんの課題解決と企業の更なる成長、多種多様のクライアントのさまざまな課題に対し、エクイティ等の資金提供や人的な支援を含むソリューションを提供し、事業成長と課題解決の実現を目指しています。
最大1000億円規模のファンドを立ち上げ、事業承継に悩む中堅企業のオーナーの相談が増えていて、ニーズに応えるソリューションとして提案しています。

野村證券の転職の募集要項

グローバル・マーケッツ部門マーケティング担当

国内外の機関投資家を対象とし、24時間体制で顧客の運用にまつわるソリューションを提供するグローバル・マーケッツ部門で、マーケティング業務全般を行います。
クレジット・エマージングマーケット・株式・為替・金利など、幅広い知識が求められる一方で、簡単には携わることはできない大規模な取引を担当することもあるため、非常にやりがいを感じ、スキルアップも望める職種となっています。

必須な経験・スキル

  • ・金融機関での勤務経験
  • ・一種外務員資格

ウェルス・マネジメント

企業の社長や金融資産5億円以上の富裕層の顧客向けに資産運用やそのほかサービスを提供します。
主に金融資産の運用や保全、事業拡大や継承・相続など、事業オーナー特有の悩みを抱えているので、広範囲にわたる専門知識が必要になり、お客さんの悩みに対して最善を尽くし的確なソリューションを提供する力が求められます。
そのほかに商品の販売以外にfeeビジネスを展開する構想力が求められ、同社のリソースを利用しながら買い手商いのみに留まらない幅広い提案が可能になります。

必須な経験・スキル

  • ・一種外務員資格
  • ・金融機関での勤務経験

野村證券の転職難易度

野村証券の転職難易度はとても高いです。
野村証券は国内最大手の証券会社であり、優秀な人材が多く集まるため、内定を獲得するのは非常に難しいと考えたほうが良いでしょう。
新卒採用の場合、倍率が100倍を超えることもあり、中途採用の倍率も同等かそれ以上であると考えられます。

野村證券が転職者に求める人物像

一つの物事に何年間も前向きに打ち込める人材が求められます。
金融は目に見えない商品を扱う業界で、自分自身の知識や人間性で勝負をしなければいけない職種です。
また、金融はとても複雑なもので、1年や2年ほどの知識や経験では野村證券で活躍できる人材になることは難しいのです。
金融という業界は「長期にわたって自分自身を成長させることができる人間」でないと決して活躍することができません。
よって常日頃から自己成長し続け、一つの物事を継続的に、一生懸命取り組めるマインドが求められるのです。

野村證券の転職までの流れ

野村證券の選考フロー

書類選考(オンラインエントリー)

履歴書や職務経歴書に加え、志望動機や志望コースを選択した理由からその人物が野村證券に合うかどうかを見られます。

適性テスト

主な科目は言語・計数・性格検査の3つです。
難易度はそこまで高くありませんが、なかにはややこしい問題が混ざっているので、入念な対策をしてから挑むと良いでしょう。

1~3次面接)

想定選考管:VP・ED・MD
志望動機や前職(現職)での実績など、基本的な質問をされるのはもちろんのこと、その経験で何を学んだのかを聞かれます。

人事面接(複数回)・適性検査

想定選考管:人事
上記に加えて、金融サービスに精通しているかどうかを確認されることが多いです。

内定

野村證券の面接形式

面接は書類選考、webテスト、1~3次、最終面接と複数回あり、選考期間は2週間~1か月となっています。
基本的には1対1で面接が行われます。
また、1回の面接は1時間~1時間半ほどかかります。

野村證券の面接内容

応募職種によって異なりますが、証券会社である以上最低限経済に関する知識が必要です。面接でも業界的なことも質問されます。また、一般的な価値観を聞くような内容も面接で聞かれるようです。

野村證券で働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3~5年、男性
良くも悪くも実力主義な会社なので、固定給よりもボーナスのほうが年収を占める割合が多い人もいます。実力がある人であれば20代半ばから後半にかけて年収1000万円は超えることが可能です。それなりの実力者でも年収700~900万円は超えるのでお金を稼ぐには最適な会社でしょう。その代わり、激務なことが多いので体力がないと厳しいかもしれません。
企画、在籍5~7年、女性
周りには女性が多くいますし、新入社員も女性が多く入社してくるので女性にも働きやすい環境であると思います。コミュニケーションを取る機会も多くありますので仕事がしやすいです。また、性別関係なく平等に扱ってくれるので、しっかりと評価してもらえます。育休や産休制度があるので嬉しいのですが、激務が多いので復帰後に働く主婦の人は少しキツく感じると思います。

営業、在籍15年以上、男性
毎年、人間ドックやインフルエンザ予防接種の費用負担、家賃補助、単身赴任手当、転勤旅費、など福利厚生はどれをとっても抜群の手厚さです。家賃補助は約8割を負担して自己負担は僅か2割程度です。単身赴任者に対しては5,000円の自己負担のみで上限約10万円までの物件が選べます。転勤旅費は実費支給ではなく、役職や移動人数などで決まり、大抵は家財道具まで買い揃えても余るぐらいです。保養所も日本各地に保有し、ハワイにもあります。また、契約フィットネスジムもあり、格安で利用することができます。その他、金銭に関する補助などは申請によりさまざまなケースで利用できます。

口コミの要約

社員の口コミでは、給与と福利厚生に対するポジティブな意見が多く見られます。評価次第では20代のうちに年収1,000万も目指せるという口コミも多く見られました。年齢や性別を問わず評価される制度となっているため、女性も働きやすい職場であるといえるでしょう。
ただし、仕事内容がハードな部署もあり、初めのうちは体力面で苦労する社員も少なくないようです。

野村證券の年収・給与

年収 約1,193万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り(54時間/月を超えた分が支払われる)
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り(8割)
福利厚生 従業員持株会、職場積立NISA
家賃補助など

野村證券での転職者の出世難易度

出世難易度はほかと比べると平均的です。
野村証券では実力主義な企業なので、新卒・中途関係なく結果を出し続ければ出世することも可能です。
性別やプロパー、転職などは関係なく、平等にチャンスが与えられています。
しかし、日本トップクラスの人材が多数揃っているなかで、突出した成果を出すのはそう簡単なことではありません。

野村證券はどんな人が働いている?

野村證券の従業員数

13,093人(2018年3月時点)

野村證券の平均年齢

40歳

野村證券の平均勤続年数

13年9ヵ月

野村證券の社風

野村証券は体育会系の完全実力主義の会社であり「野村証券で働けばどこでもやっていける」と言われるほどのレベルの高さがあります。
成果を出すことができなければ収入もほとんど上がりませんが、逆に一流の営業力をつけてバリバリ働きたい!という人にはおすすめです。
また、男女関係なく成果を出せば出世できるため、女性がキャリアを築くうえでは最適な企業でしょう。

野村證券のワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 8:40~17:10
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 リフレッシュ休暇、人間ドック休暇、年末年始
平均残業時間 20時間以内
フレックス制度 無し
リモートワーク 記載無し
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り※条件付き

野村證券の社長

森田 敏夫

野村証券の代表取締役社長である森田敏夫(もりた・としお)は、1985年に同志社大学商学部を卒業後、野村證券に入社。
池袋支店長、岡山支店長、福岡支店長、執行役中国・四国・九州担当を経て、2010年に常務に昇格。
その後、常務CEO/COOや常務執行役営業部門CEOなどに就任、2017年から野村證券取締役兼代表執行役社長兼野村ホールディングス執行役を務め、国内の営業力の強化にあたった。
2018年より野村ホールディングス執行役グループのCo-COOを兼務する。

野村證券現職OB/OGの有名人

菅野 陽平

株式会社ZUUM-A取締役。
日本最大級の金融webメディア「ZUU online」の副編集長にして、経営者向けメディア「THE OWNER」の編集長でもある。
学習院大学卒業後、新卒で野村證券に入社し、リテール営業で活躍後、ZUU株式会社に入社。
有価証券や不動産を所有する個人投資家でもある。

野村證券の転職に関わるQ&A


過酷な環境でも自らの成長を追い求め、成果を出し続けたい人に向いています。
また、産休や育休制度などの福利厚生がとても充実しているため、結婚・出産を経験しながらキャリアを築いていきたい!という方にもおすすめです。


IT系などの職種は3~5年の実務経験が必要になりますが、営業であれば必須のスキルは特にありません。
ただし、グローバルにビジネスを展開しているため、最低限の英語力は身に付けておいた方が良いでしょう。
また、金融業界なのである程度の専門知識があるとなお良いです。

野村證券へ転職する方法

野村證券の採用ページから申し込む

野村證券の公式サイトの採用ページから応募することが可能です。
採用ページには人事からのメッセージや社員インタビューが載っているので、一度チェックすることをおすすめします。

転職エージェント経由で申し込む

転職を初めてするという方は転職エージェント経由で申し込むことをおすすめします。
転職エージェントは、面接対策やエントリーシートの添削などをしてくれるほか、入社するためのアドバイス、キャリア相談などにも乗ってくれるため、転職を初めてするという方にはおすすめです。

関連記事

ソニー生命の転職情報。年収や評判を調査してみた

ソニー生命は、生命保険や年金などの金融商品を販売する保険会社です。ライフプランナーの教育に力を入れ、1人1人に合わせた生命保険商品を提供できるのが強みです。本社は東京都千代田区大手町に構え、従業員数は8000人以上です。 ...

日興コーディアル証券の転職事情とは?年収やノルマの有無などを調査!

三井住友フィナンシャルグループの傘下にある総合証券会社として高い知名度を誇っている日興コーディアル証券。日本3大証券の1つともいわれており、顧客数もトップクラスの企業です。 「銀証融合」を掲げた独自のビジネスモデル展開が特徴で、リ...

野村證券への転職難易度は?給料や口コミ評判も紹介

野村證券は野村グループの中核企業として証券業務を行っており、その圧倒的な営業力を武器に証券業界で日本の三大証券の1ついわれている証券企業です。 証券会社で勤務されている方であれば、知らないという方はいないくらいのとても有名な企業で...

三井住友海上の転職で採用されるには?年収は低い?口コミ評価も徹底調査

日本を代表する保険会社である三井住友海上。1918年の創業以来、100年以上の歴史を誇る伝統的な企業でもあります。 MS&ADインシュアランスグループ傘下の完全子会社で、損害保険業務をメインに、資産の運用や債務保証といった...

住友生命への転職はおすすめ?年収から社員の口コミ評判まで徹底解説

大阪府を拠点に日本を代表する生命保険会社として事業を展開している住友生命。 住友グループに所属しており、1907年に設立後、長年にわたって保険引受業務を軸として会社の基盤を固めています。 現在、グローバル展開も積極的に行っており...

アフラックへの転職はおすすめ?評判や難易度、年収を解説

アフラック生命保険株式会社は、アメリカのジョージア州に本社を持つ保険会社「アフラック・インコーポテッド(Aflac Incorporated)」の日本法人です。 がん保険のパイオニア的企業とも言われていて、日本では1974年より事...

HSBCへの転職はおすすめ?年収や業績について調査

HSBCは世界有数の金融グループです。グローバル・マーケッツ事業、グローバル・バンキング事業を行っています。外資系の中でもワークライフバランスが優れているという特徴があります。従業員数はグループ含め30,0000人以上です。イギリス...

明治安田生命への転職はおすすめ?評判が悪いのかを調べてみた

明治安田生命は、生命保険や年金などの金融商品を販売する保険会社です。お客さまに最適な保険を提案し、安心して保険を利用できる仕組みを整えます。本社は東京都千代田区丸の内に構え、従業員数は約600万人。誰もが知っている大企業です。 ...

第一生命への転職はおすすめ?年収や難易度について調査

第一生命は、生命保険や年金などの金融商品を販売する保険会社です。これまでリーディングカンパニーとして業界を引っ張ってきました。グローバル展開にも積極的で、海外でも金融業務を行っています。 本社は東京都千代田区有楽町に構え、...

三菱UFJ銀行への転職は可能?年収や難易度などをまるっと紹介

1919年に三菱銀行が設立され、その後2006年に合併したことにより誕生した三菱UFJ銀行。 従業員数は33,000人を超えており、国内に750店舗、アジア、ヨーロッパをはじめとする海外に72店舗展開しており、現在では日本の3...

TOP