金融

モルガン・スタンレーの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

▼下記は、モルガン・スタンレーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからモルガン・スタンレーに転職してくるのか
・転職先:モルガン・スタンレーからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

モルガン・スタンレーの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院(博士含む)卒業の方が在籍しており、国立や早慶など、高学歴者が多くいます。

職歴

モルガン・スタンレー在籍者の主な職歴は、銀行証券会社コンサルティング会社などが挙げられます。

退職後の主な転職先

モルガン・スタンレーからの転職先として、コンサルティング会社への転職が多く、それ以外にも証券会社メーカーなどにも転職しています。

モルガン・スタンレーは、三菱UFJ証券ホールディングスの中核事業会社であり、日本における金融商品取引会社です。
「大切なものを、あなたと」をキャッチフレーズに、MUFGグループが誇る総合力を活用して、世界41か国以上の地域にもグローバル展開をしています。
2009年に設立、東京都千代田区に本社を構えており、5,436名の従業員が在籍しています。
モルガン・スタンレーでは個人として努力を怠らず、結果を残すことができる即戦力となる人材を求めています。

モルガン・スタンレーへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・モルガン・スタンレーの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。

そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。

また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することができます。

現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開にすることができるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • モルガン・スタンレーの企業概要
  • モルガン・スタンレーの転職ポイント
  • モルガン・スタンレーの社風や企業文化

モルガン・スタンレーに転職するポイント

モルガン・スタンレーの特徴

POINT

  • ・三菱UFJとモルガン・スタンレーの特徴を併せ持つ大企業
  • ・日本国内に51支店あり、世界では41か国以上に展開
  • ・多角的な視点と高クオリティを兼ね備えたソリューションを提供

モルガン・スタンレーへ転職するポイント

POINT

  • ・個人として努力し、実績を残すことができる人材を求めている
  • ・知識の質や量以外にも、一人一人の個性や強みが問われる
  • ・未来を切り拓いていく気概やチャレンジ精神が必要

モルガン・スタンレーの企業概要

会社名 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
本社所在地 東京都千代田区大手町一丁目9番2号 大手町フィナンシャルシティグランキューブ
社長 荒木 三郎
設立 2009年12月1日
株式 非上場
株主構成 三菱UFJフィナンシャル・グループ(60%)
モルガン・スタンレー(40%)

モルガン・スタンレーの売上

モルガン・スタンレーは非上場のため、親会社の三菱UFJ証券ホールディングスの売上を掲載しています。

三菱UFJ証券ホールディングスの売上推移

年数 2018年度 2019年度 2020年度
売上高 371,484百万円 455,781百万円 388,058百万円
経常利益 42,363百万円 48,502百万円 80,481百万円

モルガン・スタンレーの最新ニュース

モルガン・スタンレーの最新情報を掲載しております。

モルガン・スタンレーの事業内容

国内営業部門

国内営業部門では、個人や法人のクライアントに対し、それぞれニーズに合ったソリューションの提供を行う部門です。
個人と法人では、提供するソリューションが異なり、個人のクライアントには、将来のライフイベントを考慮した資金収支の試算から運用、事業継承など、幅広い提案を行います。
一方、法人のクライアントに対して、流動性や期待利回りの確保など、クライアントのニーズに合わせ、運用コンサルティングを提供します。
また、総合金融グループの強みを活かし、各種金融サービスをワンストップで提供できるようになりました。
精度が高く膨大な情報力の提供することにより、さらに精密で適したソリューションの提供ができるでしょう。

しかし、昨今問題になっているコロナウィルスの影響で、一部のサービスに問題が生じています。
今後しばらくはこの問題は続くことが推測されます。

投資銀行部門

投資銀行部門では、株式や債券の引受、企業の合併や買収などに関わるアドバイザリーなど、革新的な金融ソリューションの提供を行っています。
現在では、企業のグローバル化が進み経営課題は多様化し、クオリティとネットワークの両立でグローバル対応が求められている世の中です。
そんな世の中に対し、三菱UFJフィナンシャルグループとモルガン・スタンレーの持つ広大なネットワークを最大限に活用して、戦略的かつ質の高いアドバイスや資金調達方法を提案、クライアントを全面的にサポートします。
具体的には、事業戦略や資本戦略などの課題解決するためのサポート「カバレッジ業務」や資金調達に関わるソリューションを提供する「債券引受業務」など、戦略に特化したソリューションを数多く提供しています。

市場商品部門

市場商品部門では、個人や法人、機関投資家のクライアントに向けて、フィクストインカムやエクイティなど、さまざまなサービスや商品を幅広く提供している部門です。
フィクストインカムは、国債や地方債、社債などの商品から金利系やクレジット系のデリバティブまで幅広く商品を取り揃えており、全国の法人や富裕層まで、多岐ににわたるクライアントのニーズに合った商品を提供しています。
エクイティは、国内株式をはじめ、外国株式や株券貸借取引など、さまざまな商品を取り扱っており、業界屈指の分析力と各種アルゴリズム開発などの優れた執行力により、高度化・多様化するニーズに合った商品を提供しています。
それ以外にもソリューションの提供も行っており、クライアントのニーズや要望に迅速に対応し、現在では多くのクライアントから支持を得ている部門です。

モルガン・スタンレーの転職の募集要項

モルガン・スタンレーでは現在、キャリア採用の一般募集は行っておりません。
ただし、キャリア採用を全く行っていないというわけではなく、不定期ですがキャリア採用を行うことがあります。
過去に募集されていたのが、リテール営業や総合職、法人営業の求人情報で、全体的に求められるレベルが高く、即戦力となることが前提の内容でした。
モルガン・スタンレーの求人情報は、どのタイミングで募集がかかるのか不明なため、こまめにモルガン・スタンレーの公式サイトをチェックうすることをおすすめします。
また、転職エージェントによっては、非公開求人を持っている可能性があり、ハイクラス求人の案件を扱っている転職エージェントを登録するのも良いでしょう。

モルガン・スタンレーの転職難易度

モルガン・スタンレーの転職難易度は非常に高いです。
上記でも説明した通り、不定期で求人募集が行われ、募集枠はそれほど多くありません。
また、モルガン・スタンレーでは、即戦力となるような能力を持っている人材を求めている傾向があります。
応募枠が少ないにも関わらず、ほかの転職者のレベルは高く、競争率が非常に高くなり、面接を通過するのは簡単ではないでしょう。
求人募集が行われたらすばやく応募できるよう、求人情報はこまめにチェックし、前もってしっかり準備しておくことが肝心です。

モルガン・スタンレーが転職者に求める人物像

モルガン・スタンレーでは、個人として努力し、実績を残せるような人材を求めています。
営業や提案業務を行ううえで、どのような方法を取れば実績を残せるか自身で常に考えクライアントに対して働きかけることを重要視しています。
また、クライアントと信頼関係を構築し、解決のために提案から実行まで行うことができる人材も求めている傾向があり、面接の際は、そういったことを具体的にアピールできるエピソードを用意すると良いでしょう。

モルガン・スタンレーの転職までの流れ

モルガン・スタンレーの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~三次面接

想定選考官:若手社員・支店長・人事
前職までの経験や志望動機など、基本的な質問をされます。

最終選考

想定選考官:人事・役員
これまでにされた質問を軸に深堀した質問をされます。

モルガン・スタンレーの面接形式

面接は一次~二次はグループ面接、三次~最終は1対1で行われます。
面接回数は、部署によって若干異なりますが、3~4回です。
面接時間は1回につき1時間前後となります。

モルガン・スタンレーの面接内容

モルガン・スタンレーでは、前職までの経験や志望動機など、基本的な質問から面接が進みます。
そのほかにも、「これまでで一番辛かった経験」や「ストレスを感じたときの対処法」なども聞かれる場合があるので、自己分析はしっかりと行うほうが良いでしょう。
また、「なぜうちを選んだのか」と深く聞かれるので、あらかじめ下調べし、他社との違いを述べ、具体的な理由をいうと採用してもらいやすくなります。
面接の雰囲気は、和やかなムードで行われ、圧迫面接ではありません。
変に緊張せず、リラックスしながら面接に臨みましょう。

モルガン・スタンレーで働いている方の評判・口コミ

法人営業 在籍1~3年 男性
営業は基本的に自由で、自分で考えて新規開拓やフィナンシャルアドバイスをする必要があり、大変なことは多いですが、面白みを感じます。結果さえ残していれば、特に何もいわれないので、自分のペースで仕事することができます。
個人営業 在籍3~5年 男性
資格取得制度があるので、スキルアップできる環境が完備されています。また、資格を取得すると報奨金という形で、支給してくれます。さらには資格維持するための年会費なども負担してくれるので、至れり尽くせりです。
一般事務 在籍3~5年 女性
残業がほとんどなく、プライベートな時間を大切にすることができます。休暇もしっかり取得することができ、ワークライフバランスは良いと思います。働きやすい環境があるので、プライベートと両立して働きたいという方には良いのではないでしょうか。
口コミの要約

モルガン・スタンレーの口コミを見てみると、ワークライフバランスが良く、働きやすい環境があるということが分かります。また、スキルアップできる環境もあり、新入社員のうちからバリバリとスキルアップすることができるでしょう。ネガティブな口コミとしては、部署によって残業時間がかなり長いという口コミを度々見かけました。

モルガン・スタンレーの年収・給与

年収 984万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、健康推進室など

モルガン・スタンレーでの転職者の出世難易度

モルガン・スタンレーの出世難易度は非常に高いです。
MUFGの子会社ということもあり、社内の上層部は三菱UFJ銀行などのグループ上位企業からの出向者で占められています。
そのため、中途採用から入社して出世するというのは、非常に難しいでしょう。
ただし、全く出世のチャンスがないというわけではなく、タイミングによって出世できることもあります。
しかし、出世するには数々の実績を残していることが前提であるため、これまでにどれほどの実績を残してきているかが肝心です。
常に努力をし、実績を多く残し続ければ出世に近づくでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 課長代理 800万円
30代中盤 部長代理 900万円
30代後半 部長代理 1,200万円
40代前半 なし 1,000万円
40代後半 なし 1,400万円
50代前半 次長 1,300万円

モルガン・スタンレーはどんな人が働いている?

モルガン・スタンレーの従業員数

5,436名

モルガン・スタンレーの平均年齢

41.5歳

モルガン・スタンレーの平均勤続年数

16.1年

モルガン・スタンレーの社風

モルガン・スタンレーは、さまざまな会社が合わさってできた企業なだけあり、お互いにカルチャーを認め合う社風です。
また、柔軟性があり、合わさったことにより拡大したフィールドにおいて一人一人が活躍することができ、チャレンジや変革を求める風土もあります。
社員同士も比較的仲が良く、在籍している社員は向上心が強く、常にスキルアップをしようと行動しているため、お互いが刺激し合う環境があります。

モルガン・スタンレーのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 8:40~17:10
休日 土日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、リフレッシュ休暇、年次有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 28時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

モルガン・スタンレーの社長

荒木 三郎

1981年に株式会社三菱銀行に入行。
2007年に株式会社三菱東京UFJ銀行執行役員人事部長に就任。
その後、同行執行役員企画部長や当社執行役経営企画部部付部長など歴任し、2018年に三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社の取締役社長兼最高英英責任者に就任。

モルガン・スタンレー現職、OB/OGの有名人

田村 浩四郎

1966年生まれ、コロンビア出身。
1989年にシティコープ・ヴィッカーズ・ダ・コスタ証券会社に入社。
1996年にモルガン・スタンレー証券会社に入社。
2008年に取締役兼株式統括本部長に就任、2010年にはモルガン・スタンレー・ホールディングス株式会社の取締役に就任。
2019年に三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社の取締役会長に就任。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。


※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

キャリーナ公式サイトへ

モルガン・スタンレーの転職に関わるQ&A


モルガン・スタンレーは、残業が少ない場合が多く、比較的ワークライフバランスが良いです。
しかし、部署によっては仕事量が多く、残業が増えることもあります。
自身が希望する部署の仕事量はどうなのか、あらかじめ調べておくと良いでしょう。


男性のみならず、女性でも長く働くにあたり万全な体制が整っています。
育休や産休があることはもちろん、正社員でも時短勤務の融通が利きます。
また、制度が充実しており、その制度も利用しやすい環境があるので、安心して働くことができるでしょう。

モルガン・スタンレーへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

モルガン・スタンレーの公式サイトにある採用情報ページから応募することが可能ですが、現在はキャリア採用による一般募集は行っておりません。
ただし、キャリア採用を全く行っていないというわけではなく、不定期ですがキャリア採用を行うことがあります。
モルガン・スタンレーの求人募集は、どのタイミングで募集がかかるのか不明なため、こまめにモルガン・スタンレーの公式サイトをチェックしておきましょう。
自分で探して応募したい場合や、非公開求人に応募したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人から希望のポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを利用してモルガン・スタンレーへの転職を考えているなら、豊富な企業数があり、ミドルクラス~ハイクラスの案件を多く取り扱っている「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つあります。
・多くの求人案件がある
・忙しい方でも転職活動が行える
・気になった求人にすぐ応募できる気軽さ

多くの求人案件があるため、自分に合ったポジションを探したいという方には、転職サイトがおすすめです。
また、現職などで忙しくなかなか転職活動ができないという方でも、比較的転職活動がしやすく、気になった求人があれば、すぐに応募ができるので、比較的時間をかけずに済むでしょう。

iX転職ではハイクラス求人が多いため、平均年収が高めになっている!

iX転職から届くスカウトメールです。

※画像はイメージであり、時期によって掲載内容が異なる場合があります。

ハイクラス求人を多く扱っているiX転職だけあり、提示されている年収は全体的に高く、また、求人によっては年収交渉をすることが可能となっています。
さらに、iX転職では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。自分の市場価値を客観的に知ることができるので、より自分に合ったポジションへの転職ができるという特徴があります。

モルガン・スタンレーに応募する前に一度相談!「転職エージェント」

モルガン・スタンレーへの転職に対して、不安や疑問な点が少しでもある場合は、外資系に特化している専門転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・キャリア相談や面接対策をはじめとした手厚いサポート
・今の自分を客観的に見てくれて、足りない部分を教えてくれる
・比較的多くに非公開求人を持っている

転職エージェントでは、キャリア相談や面接対策などといった手厚いサポートがあり、内定までしっかりと導いてくれます。
また、キャリアアドバイザーに客観的に見てもらうことで、自分の足りない部分を教えてもらえるのも特徴の一つといえます。
転職エージェントは、そのときの転職活動だけを支援するだけではなく、転職希望者のキャリア形成全体を見てくれるため、確実な転職をしたい方には活用がおすすめです。

外資系企業への転職を目指すならロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズ・ジャパンに掲載されている求人は、基本的に英語表記になっています。

※画像はイメージであり、時期によって掲載内容が異なる場合があります。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、1985年にロンドンで設立された歴史の長い転職エージェントであり、ハイクラスの非公開求人を豊富に持っているので、モルガン・スタンレーへ転職したいと伝えれば、目的にあったポジションを紹介してもらえる可能性があります。
また、国際的に展開する企業に対して強みを持っているため、モルガン・スタンレーへの転職に必要な経験を積める外資系企業へ転職するのであれば、ロバート・ウォルターズ・ジャパン一択といえるでしょう。
ただし、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、日常会話ができる英語力を持っていることが大前提であるため、スキルや実績が足りていないと希望する案件は紹介してもらえないので、あらかじめ理解しておく必要があります。

あなたがモルガン・スタンレーに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

ゴールドマンサックスへの転職はおすすめ?仕事内容や年収について解説

▼下記は、ゴールドマンサックスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからゴールドマンサックスに転職してくるのか ・転職先:ゴールドマンサックスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

モルガン・スタンレーの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

▼下記は、モルガン・スタンレーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからモルガン・スタンレーに転職してくるのか ・転職先:モルガン・スタンレーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

明治安田生命への転職のポイントは?離職率や社員評判も徹底解説!

▼下記は、明治安田生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから明治安田生命に転職してくるのか ・転職先:明治安田生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

第一生命への転職はおすすめ?年収や難易度について調査

▼下記は、第一生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから第一生命に転職してくるのか ・転職先:第一生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

三井住友海上の転職で採用されるには?年収は低い?口コミ評価も徹底調査

▼下記は、三井住友海上に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三井住友海上に転職してくるのか ・転職先:三井住友海上からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

みずほ銀行への転職について。年収や難易度などを解説

▼下記は、みずほ銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからみずほ銀行に転職してくるのか ・転職先:みずほ銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

ソニー生命の転職情報。年収や評判を調査してみた

  ▼下記は、ソニー生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソニー生命に転職してくるのか ・転職先:ソニー生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

GMOペイメントゲートウェイの転職情報。年収や難易度などを解説

▼下記は、GMOペイメントゲートウェイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからGMOペイメントゲートウェイに転職してくるのか ・転職先:GMOペイメントゲートウェイからどこへ転職するのか 一般的な...

日本生命への転職。面接内容や口コミを解説

  ▼下記は、日本生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本生命に転職してくるのか ・転職先:日本生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

大和証券への転職は可能?年収や評判などを紹介

▼下記は、大和証券に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから大和証券に転職してくるのか ・転職先:大和証券からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

TOP