金融

ソニー生命の転職情報。年収や評判を調査してみた

 
▼下記は、ソニー生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからソニー生命に転職してくるのか
・転職先:ソニー生命からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

ソニー生命の主な転職元・転職先

学歴

ソニー生命に在籍している社員の学歴は、高校や大学および大学院卒など幅広い大学の在籍者がいます。

職歴

ソニー生命在籍者の職歴として、生命保険会社や証券会社などの業界出身者が多く挙げられます。

退職後の主な転職先

ソニー生命からの転職先として、生命保険会社や証券会社に加えてコンサルティング会社などに多く転職している傾向があります。

ソニー生命は、生命保険や年金などの金融商品を販売する保険会社です。ライフプランナーの教育に力を入れ、一人、一人に合わせた生命保険商品を提供できるのが強みです。
従業員数は8000人以上で、本社は東京都千代田区大手町に構えています。
そんなソニー生命では、事業拡大のために、システム開発やアクチュアリーなど、専門職の即戦力となる中途採用を行っています。
保険会社への転職を考えている人には転職先の候補としてソニー生命を考える人も多いのではないでしょうか。

初めての転職でソニー生命を目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

ソニー生命の評判や転職情報も気になるけどとりあえずどのような求人が掲載されているのか知りたいという方は、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報に一通り目を通してみましょう。
ビズリーチはハイクラス求人を豊富に取り扱っているため高年収求人が豊富に掲載されているので、転職先がまだ決まっていない方は、ここで一度募集要項の閲覧や比較をしておくことをおすすめします。
転職エージェントの活用を考えている場合でも、情報収集源としてビズリーチを事前にチェックしておくと、転職活動をスムーズに進めることができます。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ソニー生命の企業概要
  • ソニー生命の転職ポイント
  • ソニー生命の社風や企業文化

ソニー生命に転職するポイント

ソニー生命の特徴

POINT

  • ・ソニー系列の生保険会社で、死亡保障商品を中心に順調に新契約高を伸ばしている。
  • ・業界未経験でもプロフェッショナルとしての知識と能力のスキルを磨くことができる。
  • ・オーダーメイドの保険プラン設計を行っている。

ソニー生命へ転職するポイント

POINT

  • ・営業経験が2年以上必要
  • ・保険の知識だけではなく問題解決力や判断状況力、人間力などが求められる
  • ・全国転勤が必須な場合がある

ソニー生命の企業概要

会社名 ソニ-生命保険株式会社
会社所在地 東京都千代田区大手町一丁目9番2号
社長 萩本 友男
設立 1979(昭和54)年8月
株式 非上場
株主構成 ソニーフィナンシャルホールディングス 100%

ソニー生命の売上


ソニー生命の売上推移

事業年度 2016年 2017年 2018年
売上高 1,243,739百万円 1,351,076百万円 1,464,218百万円
経常利益 60,180百万円 56,338百万円 56,338百万円

ソニー生命の最新ニュース

ソニー生命の事業内容

1981年の営業開始依頼、コンサルティングフォローを通じて業務拡大してきています。
2007年には、個人保険保有契約高30兆円を超えており、2017年度のソニー生命の売上は2016年も着実に増えています。

個人向け

ソニー生命は、個人向けの生命保険や年金などの金融商品を販売しています
保険会社の中でも一人、一人に合わせたオーダーメイドの生命保険商品を提供できることが強みです。
お客さんの希望によく耳を傾け、ライフステージに合わせた的確な保険を提案します。ソニー生命では、死亡に対する保障が一生涯継続する「有期払込終身保険」や、がんによる入院・死亡を一定期間保障する「がん保険」などを販売しています。

法人向け

個人だけでなく法人向けの保険商品も取り扱っています。具体的には、満期を迎えたときのための「養老保険」、死亡・高度障害状態になったときの「長期平準定期保険」などが挙げられます。
ソニー生命では、法人の経営実態を把握した上で合理的な生命保険を設計しています。
保険金がスムーズに支払われるよう、ソニー生命では保険金請求手続のサポートも行います。
また、生命保険がより価値を活かせるよう、契約後のコンサルティングフォローまで対応しており、ライフプランナーが保障内容の点検・アドバイスを行い、生命保険の中身を変えていき企業にマッチした状態に保ちます。
ソニー生命は、質の高いサービスを日々追求して、顧客の経済的保証や、安心を提供することを、目指しているのでこの先も、成長し続ける事業といえます。

ソニー生命の募集要項

ライフプランナー

ライフプランナーの中心となる業務内容は、人生の設計図である『ライフプランニング』、『オーダーメイドの生命保険』、一生涯の『コンサルティングフォロー』といった質の高いサービスを提供することです。
ソニー生命は、独自のニードセールス、オーダーメイド商品のご提案、ライフデザインの変化に合わせ、アフターサービスを実践しています。

保険だけに限らず、金融全般の知識を持ち顧客のライフプランニングを手伝うコンサルティング型の営業職です。

ソニー生命保険では「ライフプランナーバリュー」をコーポレートスローガンとしていますので、ライフプランナーには、契約者の利益を目的に,プロフェッショナルスキルの提供が要求されます。
面接では、この価値観を基準として、スキル・経験に加え、人物面の見極めが重視されます。変革を促進し、「自らプロフェッショナルとしてこれまで培われた能力を発揮したい」
「新たな金融サービスのあり方を追及していきたい」といった強い意欲を持つ人材が優遇されます。
ライフプランナーは未経験からの転職も多く、必要な経験や、資格はありませんが、今後、更なる活躍をしたいのであれば、ファイナンシャルプランナーという資格は、押さえておくといいと思います。

必須な経験・スキル

  • ・未経験でも可能
  • ・ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)を持っていると、有利

パートナー(PA)

パートナーは全国各地にある保険の代理店に対して新規代理店の開拓や既存の代理店に対して自社商品の教育を行います。
全国各地で募集があり、採用要件も他の職種ほどは難しくはないので、そこまで難易度は高くありません。
実際に職員の8割は、保険業界未経験者なので、未経験からのチャレンジが多く、働きながら、生命保険のプロフェッショナルとして高度な、専門知識とコンサルティングに基づくニードセールスを実践し、活躍の場を広げていく役割です。

必須な経験・スキル

  • ・生命保険販売における知識を確認する筆記テスト(ナレッジアセスメント)
  • ・新契約・保全に関するPC操作スキルを確認する実技テスト(システムスキルアセスメント)
  • ・ライフプランニングとニードセールスの実践スキルを確認するロールプレイテスト(セールススキルアセスメント)
  • ・上記3つの試験に合格すること

数理(アクチュアリー)

確率論や統計学などの数学的手法を使い不確定な事象の予測を行います。ソニー生命では、保険契約に関する諸統計の把握、責任準備金や繰延べ新契約費等の算定を行います。
ソニー生命全ての契約から生じる将来の損益やリスク量の予測計算・分析と、それを踏まえた財務状況を経営に報告するための資料作成を行います。

アクチュアリーの仕事をするには、公益社団法人日本アクチュアリー会の、正会員資格取得しなくてはいけません。
、日本アクチュアリー会が毎年実施している資格試験の全科目合格とプロフェッショナリズム研修の受講が必須となります。
アクチュアリーは、数理的な知識や能力はもちろん、景気動向や経済指標の動きなど多くの要素が絡み合う数字を扱うため、社会の動きに敏感であることや、会計や法律、マーケティングセンス、コンピューターシステムなど幅広い知識も求められます。
また、自分が出した結論について、論理的にわかりやすく説明できる説明能力やコミュニケーション能力も必要です。

必須な経験・スキル

  • ・大卒以上
  • ・保険会社等金融機関での実務経験者
  • ・(社)日本アクチュアリー会の正会員・準会員・研究会員(アクチュアリー試験は卒業後1年1科目程度の合格状況であること)

システム(インフラ構築・運用管理)

ソニー生命のシステムインフラ企画、構築業務などを行います。インフラ運用の主な業務は障害対応から、キャパシティ管理、負荷分散などです。
開発サポートとユーザーのシステム利活用促進や、アプリ開発のための環境提供・基盤更改時のアプリケーションの改修、検証、非機能要件品質の確保など、インフラ設計に基づいた機材の調達、設置や配線といった物理セットアップから電源管理などを行います。
ITインフラの設計、構築、運用保守といった、ITインフラ全般の業務を行うためには、ネットワークとサーバーの深いスキルが必要です。

IS管理部は、情報システム戦略、投資計画の策定および実行管理、基盤システム統括部は、システム部門に係わる中長期的課題解決とリスクの管理や評価、保険システム開発部は、保険事務部門に関するシステムを効率的・効果的に構築・整備、営業システム開発部は、情報技術を活用した施策を企画、立案、実行、およびサポートなど、

ライフプランナーがライフプランニングや生命保険の提案に用いるシステムや、カスタマーセンターのシステム設計、開発、保守などのサポートを行っています。

必須な経験・スキル

  • ・大卒以上
  • ・金融機関におけるシステムインフラの企画・構築経験者
  • ・金融機関におけるシステム運用業務の経験者
  • ・金融機関におけるシステムアーキテクト

ソニー生命の転職難易度

ソニー生命保険への転職難易度は、比較的高く、募集している職種としては、圧倒的にライフプランナーが多いです。

ライフプランナーは、お客さまの信頼にお応えできるよう、高度な知識とスキルを身につけた、生命保険・金融のプロフェッショナルな仕事です。

本社に内勤職として務める人は、それほど難しくないですが、ライフプランナー職を勝ち取るのは非常に難しいです。

厳しい採用基準を満たし、ソニー生命独自のカリキュラムによって研修を受けた者だけがプロのライフプランナーになることが出来ます。

ソニー生命では、質の高いサービスによって、お客さまに安心を提供しています。
保険の知識だけではなく、状況を察知する力、問題を解決する力、未来を予測する力、そして、これまでの人生で培ってきた人間力などが求められます。
強い人間力のある人が選ばれる傾向にあります。
また、応募からの採用ではなく、スカウトで声をかけられる機会が多いため、仕事上のつながりが、多い人のほうが、採用されやすいといえます。ソニー生命は、大手企業でもあるため、応募人数も多いと考えられます。

どの職種も福利厚生が良く、ライフプランナー職の場合は、給料も完全歩合制の成果主義です。頑張れば頑張った分報酬として返ってくるので、競争率は非常に高いということを覚えておいてください。
ソニー生命の内勤の職種は商品開発からアクチュアリー職などがあります。
営業職と異なり専門的なスキルや経験が必要です。アクチュアリー職は生保アクチュアリー職の資格を有することが応募条件になっており、準会員・研究会員でも可とされていますが、保険数学の合格は必須です。

ソニー生命が転職者に求める人物像

ソニー生命が転職者に求める人物像は以下です。

ソニー生命では保険の知識だけでなく、状況を察して問題を解決する力を重視して採用に取り組んでいます。
ソニー生命は扱う商材が保険ということもあり、顧客からの信頼に重きを置いて事業を拡大してきた企業です。
そのため、顧客の目線に立って何をするべきか臨機応変に対応できる能力が重宝されるでしょう。
そのため面接では、前職(現職)でどのような実績を積んできたのかではなく、
そこまでのプロセスで、どのような課題に直面し解決してきたのかをアピールすることが、転職の鍵となります。

ソニー生命の転職までの流れ

ソニー生命の選考フロー

書類・エントリーシート提出

履歴書・職務経歴書の内容から、ソニー生命とのマッチング度を判断されます。ソニー生命が求める人物像を意識し、志望動機や今までの実績をまとめましょう。

1次面接

想定選考官:人事、部署長
部署長と1次面接を行います。緊張感のある面接なことが多いですが、萎縮せずありのままの姿を出すのが肝心です。

最終選考

想定選考官:役員

内々定

ソニー生命の面接形式

面接は基本基本1対1で行われますが、ますが、1対3で行われることもあります。面接回数は2~3回程度で、1回につき1時間程度となります。

ソニー生命の面接内容

過去の転職者は「ソニー生命への入社を希望している理由」「現職の年収は」「人脈」など質問されます。
ソニー生命の面接では珍しい質問はあまり出されず、「志望理由」や「過去の実績」など一般的なことを問われます。
ただし、完全歩合制の会社なのでプレッシャーに負けず成果を出し続けられるかを重要視されますので、しっかりとアピールできるよう事前に準備しておきましょう。

ソニー生命で働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍3~5年、男性
給料体系、時間の面では向いている人と向いていない人がはっきりする会社です。
部署にもよりますが、残業はあります。ただ最近は、会社側がワークライフバランスの実現を目指しています。休日出勤もありますが、振休は取らせてもらえていました。成果を出せれば認められる会社であり、自主的にたくさん働く人が多い。実力主義のため、結果を出せば昇給していけますし、出せない人は厳しくなります。
営業、在籍5~7年、女性
労働環境が良い企業だと思います。出産・育児・介護が発生したときの対応が特に良く、休暇も取りやすい雰囲気です。実際、女性社員の多くが出産・育児休暇を取得しており、休職後もしっかり戻ってきます。また、所定の有給休暇以外に介護休暇が設定されています。
ライフプランナー、在籍5~7年、男性
給料が個人の成果に基づいているので有給休暇も取得しやすい環境です。財形貯蓄や社員持ち株会などを通じ、資産形成をサポートしている他、会員制ホテルなど、グループ共有の施設の利用もできます。
ソニー健保加入で、月額二万円以上は健保が負担してくれるので助かります。

口コミの要約・まとめ

ソニー生命は報酬額も他業界に比べたら高く、実力主義のため、成果次第でどんどん昇給していけます。その分忙しくなることは多いですが、残業を強要されるというより、自主的にやっているという口コミが半分以上でした。

ソニー生命の年収・給与

年収 840万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 年1回(4月)
残業手当 有り
通勤手当 有り
地域手当 有り
福利厚生 各種社会保険完備、ソニー健保保養所、契約保養所、ソニーファミリーカード、ソニーフィナンシャルホールディングス社員持株会、ソニー健保提携フィットネスクラブ、財形貯蓄制度

ソニー生命での転職者の出世難易度

ソニー生命の出世難易度は高いです。実力主義のため、目に見える成果を出せないと出世はできません。
言われたことをこなすよりも、従来の考えにこだわらず新しいサービスを、考えつく人のほうが、評価されやすい傾向。数字を上げることができれば安定した役職に就くことも可能です。

ソニー生命はどんな人が働いている?

ソニー生命の従業員数

8,461名(うちライフプランナ-5,164名)

ソニー生命の平均年齢

38.63歳

ソニー生命の平均勤続年数

2.72年

ソニー生命の社風

比較的、挑戦的な社風であるが、営業所、支社によっては雰囲気が全く違います。エリートやトップ営業マンをスカウトする傾向にあるので、仕事のスキルや知識、勉強のコツなど、あらゆることを、共有してもらえ、職員の向上を重要視してくれます。
社会人としても業界のトップに相応しい人間としても、レベルアップできる会社です。
また、役職などを越えて、交流できる機会が多く、ファミリーパーティーというイベントもあるので、社員の家族もとても大事に考えてくれているのが伝わってきます。従業員だけでなくその人の家族も大切にする雰囲気がある会社です。

ソニー生命のワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:30
休日 完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始休暇、年次有給休暇(初年度12日)、 慶弔休暇、積立休暇(ボランティア・介護など)、産前産後休暇、看護休暇 他
平均残業時間 34.3.時間
フレックス制度
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

ソニー生命の社長

萩本 友男

日本大学芸術学部を卒業後、ミノルタカメラ販売に入社。その後1994年にライフプランナーとしてソニー生命保険に入社。
1997年にソニー生命保険新宿第7支の社長に。その後執行役員に昇格の経験を経て、2015年に、ソニー生命保険代表取締役社長に就任し、ライフプランナーの全国展開、女性ライフプランナーの増員などを進める。

ソニー生命現職、OB/OGの有名人

井原 勝美

東京工業大学工学部経営工学科およびスタンフォード大学経営大学院出身。2011年にソニー生命保険代表取締役社長、2016年にはソニーフィナンシャルホールディングス取締役会長に就任。2017年に退任し、現在ベネッセホールディングスの取締役を務めている。

ソニー生命の転職に関わるQ&A


女性管理職の数は多いです。女性も男性も待遇や評価面で差別されることはありません。大手企業のため、産休や育休制度などの福利厚生がとても充実しているため、女性社員の多くが休暇後現場に戻ってきています。
女性がイキイキとして働けるので結婚・出産を経験しながらキャリアを築いていきたい方にもおすすめです。


ライフプランナー職の場合、時間の使い方も全て自己管理なので、融通は効きやすく自由に働くことができます。
年に必ず5連休を取る必要があるため、きちんと自己管理ができていて、成果を上げられる人にとっては、海外旅行に行くことも可能です。繁忙期は毎日朝から20時、21時まで事務処理をすることもあるが、残業は強制的ではなく、自主的にやっている人が多い。

ソニー生命に転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ソニー生命の公式サイトにある採用情報ページからキャリア採用に移動しエントリーすることができます。
採用情報ページには、ソニー生命の各企業情報やソニー生命が取り扱う商品の一覧などが掲載されているので、どのような企業なのか、転職における情報収集のためにチェックしておくのがおすすめです。
ただし、選考の際のポイントやどのような転職者が受かりやすいかなどは記載されているわけではないので、転職の際に必要とされる条件や自分にマッチした求人を探したい方には、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人掲載数から希望する条件の求人を探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してソニー生命へ転職するなら、掲載されている企業件数が豊富で自分の希望条件に合った求人を探すことができ、ハイクラス求人を豊富に掲載している「ビズリーチ」が良いでしょう。
ビズリーチでは転職における自分の市場価値を客観的に把握することができるので、より自分に合ったポジションへ転職しやすくなるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つです。
・多くの求人が掲載されているため希望に合った求人を見つけやすい
・自分のペースで転職活動を進めることができる
・気になった求人を見つけたらすぐに応募することが可能

求人が豊富に掲載されているので、さまざまなポジションや企業の中から自分に合った条件を探したい方や、日々のスケジュールの空いた時間に転職活動したい場合は、転職サイトがおすすめです。
また、転職エージェントを活用する前に転職サイトを活用する方も多く、ソニー生命の募集要項や他社と求人を比較したいという方は、事前にチェックすると良いでしょう。

ビズリーチにはハイクラス求人が多数掲載されており商品開発や業務管理などさまざまな職種が掲載中!

ビズリーチには、ソニー生命でも募集されている商品開発や業務管理といった職種が多く掲載されています。

※画像はイメージです、タイミングによって掲載内容は変わります。
ミドルクラス~ハイクラス求人をメインとしているビズリーチだけあって、最低年収が800万円からなどの求人も珍しくありません。
また、通常では知ることのできない非公開求人を比較的多い件数抱えているので、キャリアアドバイザーに相談することで、自分に合った求人を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトからの応募する場合企業が求めているスキルや人物像がイマイチ分からないため、経歴やスキルで落とされてしまうケースも少なくありません。
転職成功率をなるべく高めたいのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職活動におけるさまざまなサポートで転職成功率を上げるなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してソニー生命への転職を目指すなら、案件数はもちろん非公開案件が業界トップという特徴を持つ「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つです。
・書類の添削からキャリアプランの相談まで多角的なサポートを受けられる
・転職エージェントが企業と自身との条件をすり合わせてくれるためマッチング率が高い
・一般公開されてない非公開求人を多く抱えている

ソニー生命はソニーフィナンシャルホールディングの傘下で、知名度のある企業でもあるため、転職における採用倍率が高くなる可能性も考えられます。
「ソニー生命への通過率はどれくらいなのか」や「今の自分がソニー生命に転職することができるのか」など、疑問点や不安なことはキャリアアドバイザー相談してみると良いでしょう。

リクルートエージェントではソニー生命の求人はもちろん好条件の案件が多数掲載!

リクルートエージェントの求人を見てみると、業務管理や人事といった様々な職種が掲載されており、年収も比較的高い傾向にあります。

※画像はイメージです、タイミングによって掲載内容は変わります。

リクルートエージェントは、実績豊富なキャリアアドバイザーのクオリティに定評があり、各業種に精通した専門のキャリアコンサルタントからの転職サポートを受けながら転職活動を進めることができます。
また、リクルートエージェントの特徴として、会員登録しなくても一部の案件を閲覧することができるので、掲載されている案件に一通り目を通して気になる求人を見つけたら登録するという使い方もおすすめです。
非公開求人に関してはキャリアコンサルタントに相談することで紹介してもらえる可能性があるので、キャリア相談や転職における疑問と合わせて聞いてみるとよいでしょう。

あなたがソニー生命に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

日本生命への転職。面接内容や口コミを解説

  ▼下記は、日本生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本生命に転職してくるのか ・転職先:日本生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

アフラックへの転職はおすすめ?評判や難易度、年収を解説

  ▼下記は、アフラックに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアフラックに転職してくるのか ・転職先:アフラックからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

三菱UFJ銀行への転職は可能?年収や難易度などをまるっと紹介

▼下記は、三菱UFJ銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJ銀行に転職してくるのか ・転職先:三菱UFJ銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

みずほ銀行への転職について。年収や難易度などを解説

▼下記は、みずほ銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからみずほ銀行に転職してくるのか ・転職先:みずほ銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

明治安田生命への転職のポイントは?離職率や社員評判も徹底解説!

▼下記は、明治安田生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから明治安田生命に転職してくるのか ・転職先:明治安田生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

野村證券への転職難易度は?給料や口コミ評判も紹介

  ▼下記は、野村證券に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから野村證券に転職してくるのか ・転職先:野村證券からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

ゴールドマンサックスへの転職はおすすめ?仕事内容や年収について解説

▼下記は、ゴールドマンサックスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからゴールドマンサックスに転職してくるのか ・転職先:ゴールドマンサックスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

住友生命への転職はおすすめ?年収から社員の口コミ評判まで徹底解説

▼下記は、住友生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから住友生命に転職してくるのか ・転職先:住友生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

ソニー生命の転職情報。年収や評判を調査してみた

  ▼下記は、ソニー生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソニー生命に転職してくるのか ・転職先:ソニー生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

日興コーディアル証券の転職事情とは?年収やノルマの有無などを調査!

▼下記は、日興コーディアル証券に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日興コーディアル証券に転職してくるのか ・転職先:日興コーディアル証券からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

TOP