金融

日本生命への転職。面接内容や口コミを解説

 
▼下記は、日本生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから日本生命に転職してくるのか
・転職先:日本生命からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・プロパー社員

  • 日本生命保険相互会社

  • 主な転職先

    ・生命保険会社

日本生命の主な転職元・転職先

学歴

学歴は、大学・大学院卒が在籍し、幅広い大学の在籍者がいます。

職歴

日本生命に在籍している社員の職歴に関しては、転職者自体が少ないためほとんどがプロパー社員となっています。

退職後の主な転職先

日本生命からの転職者自体は少ないですが、主な転職先として生命保険会社などに転職する方が多い傾向にあります。

日本生命は総資産で日本第1位に輝き、保有契約高・保険料収入では最大手の生命保険会社です。
設立は国内生命保険会社のなかで3番目に古い1889年。
1899年から現在まで、業界首位をキープし続けています。
本社は大阪府にあり、従業員数は71,871名です。
日本生命では、保険事業以外にも資産運用や海外事業なども展開しており、中途採用では即戦力となる転職者を求めています。

初めての転職で日本生命を目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

日本生命の面接内容や口コミも気になるけど、それよりも先にどんなポジションを募集しているのか知りたいという方は、ビズリーチなどの転職サイトをチェックしてみましょう。
ビズリーチには、ハイクラス求人が豊富に掲載されているので、高年収求人が多数掲載されているため、転職先がまだ決まっていない方は、ここで一度比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントの活用して日本生命への転職を考えている方も、事前の情報収集としてビズリーチをチェックしておくことで、転職活動をスムーズに進める手助けとなります。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 日本生命の企業概要
  • 日本生命の転職ポイント
  • 日本生命の社風や企業文化

日本生命に転職するポイント

日本生命の特徴

POINT

  • ・日本で3番目に古く、120年以上の歴史がある大企業
  • ・総資産第1位を獲得し、保有契約高・保険料収入では最大手
  • ・安定した収入があり、充実した福利厚生がある

日本生命へ転職するポイント

POINT

  • ・ハイクラスの転職は難易度が高いため、エージェントの利用がおすすめ
  • ・努力を怠らず、問題解決できる行動力が必要
  • ・「相互扶助」に共感、献身する気持ちがあることが重要

日本生命の企業概要

会社名 日本生命保険相互会社
本社所在地 大阪府大阪市中央区今橋三丁目5番12号
社長 清水 博
設立 1889年7月4日
株式 非上場
株主構成 記載なし

日本生命の売上

日本生命の売上推移

年数 2017年 2018年 2019年
売上高 76,098億円 82,271億円 80,506億円
経常利益 4,718億円 4,284億円 2,813億円

日本生命の最新ニュース

日本生命の最新情報を掲載しております。

日本生命の事業内容

国内保険事業(個人・企業)

顧客と社会両方に役立つ保険商品の開発に取り組んでいる事業です。
個人向け保険の顧客は1,000万人を超えるため、継続的に日本生命の販売チャネルの中核を担う営業部分の強化を行っています。
企業向け保険は、およそ25万の企業と取引を行っており、あらゆる企業の福利厚生ニーズや経営課題をふまえて各保険の提案を行います。
団体年金領域でも、年金制度のコンサルティングや各種情報提供をしており、その結果、2018年度末の団体保険は前年と比べて+1.7%、団体年金保険は前年と比べて+2.5%とそれぞれ増加しました。
今後も幅広いニーズに対応するため、ビジネスマッチングにも取り組んでいくでしょう。

資産運用事業

資産運用事業は、生命保険を契約している顧客に対し、より多くの還元を長期的かつ安定的に図ることを使命として投資に取り組んでいます。
厳しい環境下でも運用収益を確保し、契約者への保障責任を全うするため、リスク対応力の強化や強固な運用基盤の構築、さらには分散型ポートフォリオの構築、中長期的な相場循環を捉えた売買を通じ、収益力の向上を図っている領域です。
また、投資にあたっては安全性や収益性、流動性などに加え、公共性を勘案しています。

海外事業

日本生命は、中核となっている保険事業や、資産運用事業のグローバル進出を進めています。
アメリカやアジア、太平洋地域における保険やアセットマネジメント事業を通じ、グループ全体の成長を牽引する収益基盤の構築に取り組んでおり、現在では保険事業では6か国、アセットマネジメント事業では4か国に事業を展開しています。
また、海外事業の拡大を支える経営基盤の強化や充実にするために、グローバル人材の育成に力を入れ、駐在員事務所などを通じた海外の規制動向や先進取引などにかかる調査も積極的に行っているので、今後も海外事業の展開に注目を集めるでしょう。

日本生命の転職の募集要項

サービスコーディネーター

サービスコーディネーターは、顧客に対し、コンサルティングをはじめ、各種手続きや相談などを対応するポジションです。
顧客の適切なニーズは把握し、その顧客に合ったプランを提案します。
そのほかにも、電話による相談の対応や資料請求の対応、テレマーケティング、自宅訪問など、顧客のアフターサービスも担当します。
必須の資格がなく、応募のハードルは低い職種です。

必須な経験・スキル

  • ・高卒以上

資金証券部(債券運用開発、債券市場関連業務)

資金証券部は、国内債券投資や債券市場分析、債券運用開発などを行います。
具体的な業務内容は、資金配分を踏まえた再建運用方針の策定や債券市場における売買動向や価格変動性などの調査と分析、債券運用モデルの構築などです。
そのほかにも、地方債や財投機関債などへの選別投資、運用フロントシステムの開発や管理なども行います。
計量分析スキルやプログラミング能力、ビジネスレベルの英語力があると面接時に優遇される傾向があります。

必須な経験・スキル

  • ・内外債券投資(ポートフォリオマネージャー、ファンドマネージャー)の経験
  • ・債券ストラテジストの経験
  • ・運用モデルの開発・運用経験

エリア業務職(事務・販売サポート)

エリア業務職は、各部門での事務や販売のサポートを行います。
具体的な業務内容は、保険手続に関する事務処理や保険手続に伴う営業職員からの照会、顧客や取扱代理店からの相談や手続きなどの事務業務や電話対応などです。
そのほかにも、企業向け保険の新規契約書類の事務処理や契約後のアフターサービス、保険加入および加入後の契約の維持や管理などのサポート業務も行います。
新しいことにチャレンジしたい方や、顧客の立場になって物事を考えられる方には向いているポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・大卒・短大卒以上

日本生命の転職難易度

日本生命の転職難易度は、全体的に見て中程度です。
職種によって難易度が異なり、学歴や年齢に制限があるものがあれば、その一方で年齢や経験など関係なく応募できるポジションがあります。
もし、総合職や専門職で働きたいという場合は、法律や金融に関する知識が最低限必要なため、前もって知識を保有している必要があります。
また、信頼関係がものをいう業界なので、社会人としてのマナーや礼儀が必須です。
さらには、相手を思いやるような気持ちが重要であり、そういったものをアピールできれば採用してもらえる可能性が高くなるでしょう。

日本生命が転職者に求める人物像

日本生命では、今後の保険業界をともに切り拓いていけるような人材を求めています。
保険業界に限らず、どの業界でも日々変化をしていく現代のなかで、新しいことにチャレンジし、自主的に考え、行動できる能力があることが重要です。
また、社員同士信頼関係を築き上げ、チームで成果を達成できるような人や、自ら提案し解決に導けるような考え方ができる人なども求めている傾向があります。
面接の際、こういった能力があることをアピールできるエピソードを準備してから臨むと良いでしょう。

日本生命の転職までの流れ

日本生命の選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次面接

想定選考官:管理職
志望動機や前職でやっていたなど、定型的な質問をされます。

最終選考・WEBテスト

想定選考官:人事・役員
これまでの質問を再度深堀、さらにWEBテスト(SPI適正検査)を行います。

日本生命の面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は基本的に2回です。
面接時間は1回につき30分~1時間となります。

日本生命の面接内容

日本生命へエントリーするにあたって、特に難しい手続きなどはありません。
面接では、志望動機や前職やっていたことなど、定型的な質問から面接が進められます。
また、「この会社に入ってやりたいこと」や「5年後のビジョン」など、今後のビジョンがしっかり構築されているかが重要視されます。
特に日本生命を選んだ理由は、面接官が納得するような説明ができなければ、採用してもらうのは厳しくなってしまうでしょう。
どんなことを質問されても一貫性がある回答できることが肝心でしょう。
また、最終選考前にWEBテスト(SPI適正検査)がありますが、一般教養が問われる程度なので、SPI難易度は高くありません。

日本生命で働いている方の評判・口コミ

個人営業 在籍3~5年 女性
営業職はノルマがあり、それを毎月こなすというのは大変でストレスになることもあります。ですが、頑張れば頑張った分だけ成果として表れるので、やりがいは間違いなく感じられると思います。また、顧客から感謝されたときは、この仕事やってて良かったとも思えます。
企業営業 在籍3~5年 男性
教育体制はバッチリだと思います。入社直後はある程度の基礎知識を学び、その後、業務をこなしながらスキルアップしていけます。また、営業スキルは資格取得の斡旋や成績優秀者に対する招宴などもあるので、やる気がありスキルアップを目指している人には向いている企業でしょう。
一般事務 在籍5~7年 女性
部署によって異なると思いますが、月一回くらいは有給が取る義務が設けられています。また、残業には厳しく、20時以降の勤務は禁止とされているため、そこまで残業しないです。比較的ワークライフバランスが良いと思います。
口コミの要約

日本生命の口コミを見てみると、業務にはノルマがあることがあり大変ですが、その反面やりがいがあるということが分かります。また、スキルアップできる環境や、ワークライフバランスを保つ環境があるので、働きやすい環境があるということが伝わってきます。

日本生命の年収・給与

年収 652万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 育児休業制度、産前産後休暇制度、育児短時間勤務制度、保育所利用補助制度など

日本生命での転職者の出世難易度

日本生命の出世難易度は、比較的高いです。
役職に就ける枠が少なく、非常に狭き門となっています。
多く在籍している社員のなかから出世するというのは、並々ならぬ努力と少なからず運が必要になってくるでしょう。
ただし、全く出世できないというわけではなく、優れた営業力などの能力があり、実績を残す続けることができれば出世できる可能性が十分あります。
努力を惜しまず、小さなことからコツコツ実績を残し続ければ、出世への道は拓かれるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 800万円
30代中盤 課長補佐 1000万円
30代後半 課長代理 1100万円
40代前半 課長 1000万円
40代後半 なし 1200万円
50代前半 なし 1400万円

日本生命はどんな人が働いている?

日本生命の従業員数

71,871名

日本生命の平均年齢

44.9歳

日本生命の平均勤続年数

10.3年

日本生命の社風

日本生命は、操業120年以上の歴史があり、挨拶運動や朝礼など、昔から続けている習慣を大切にしている企業です。
歴史のある企業としての誇りや実績を持つ社員が多く在籍し、縦社会かつ体育会系なところもあり、服装など細かいところまで厳しい面もありますが、社員同士のコミュニケーションを大切にしている風土もあるので、オンオフをしっかりと切り替えて業務にあたることができます。
また、福利厚生や組織制度がしっかりしていることから働きやすい環境が完備されており、新入社員は研修や勉強会などで忙しいですが、その分スキルアップできる環境も整っています。
人材価値育成プロジェクトに取り組んでいるので、残業時間の削減や有給取得率向上に繋がっています。

日本生命のワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:00~17:00
休日 週休二日制
その他の休日・休暇 年末年始、有給休暇、夏季休暇、リフレッシュ休暇、ライフサポート休暇など
平均残業時間 30時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

日本生命の社長

清水 博

1961年生まれ、徳島県出身。
1983年に京都大学理学部卒業後、日本生命に入社。
商品開発部長などを経て、執行役員総合企画部長や取締役常務執行役員、取締役専務執行役員などを歴任し、2018年に代表取締役社長に就任。
国内に1,700人ほどしかいない、アクチュアリー(保険計理人)の資格を保有しています。

日本生命現職、OB/OGの有名人

筒井 義信

1954年生まれ、兵庫県出身。
1977年に京都大学経済学部卒業後、日本生命に入社。
長岡支店長や企画広報部長を歴任し、2004年に取締役総合企画部長に就任。
さらに常務や専務を経て、2011年に代表取締役社長に就任。
その後、社長としての役目を果たし、2018年から代表取締役会長に就任。

日本生命の転職に関わるQ&A


日本生命の福利厚生は、社会保険完備をはじめ、夏季休暇や年末年始休暇などがあります。
さらには産前産後休暇制度や育児短時間勤務制度、保育所利用補助制度など、育児に関係する福利厚生が多くあり、女性が働きやすい環境が用意されています。
また、そういったものが取得しやすい環境があるので、女性でも安心して働くことができるでしょう。


日本生命へ応募する際の志望動機には、3つのポイントがあります。
「ニーズを把握し、自らの提案で解決したい」「新たに事業や仕組みを生み出したい」「価値観やスキルなどが異なるメンバーと目標達成したい」と、この3つがとても重要です。
このポイントを軸に、志望動機を考えると採用される可能性が高まるでしょう。

日本生命へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

日本生命の採用情報採用ページから中途採用ページに移動し、希望する職種を選択してエントリーすることができます。
採用ページには、日本生命のグループ採用情報や会社情報、サステナビリティ情報などの情報を閲覧することが可能なので、日本生命への転職における情報収集などの利用しましょう。
ただし、面接におけるポイントや転職成功者の傾向などは知ることができないので、より具体的な情報を知りたい場合や一般公開されていない求人に応募したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

自分の希望にマッチした求人を探したい方には、求人掲載数が多い「転職サイト」

転職サイトを利用して日本生命への転職するなら、掲載企業数が豊富でミドル~ハイクラスのクオリティの高い求人を扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。
また、ビズリーチでは担当するアドバイザーのプロフィールや評価を見ることができるので、自分に合った担当者を探すことが可能です。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・求人掲載数が豊富
・自分のタイミング転職活動ができる
・気になった求人にすぐ応募可能

豊富な求人数から自分の希望にマッチした企業や職種を探したい人や、転職活動の時間がなかなか取れない中で転職活動を行いたい人には転職サイトがおすすめです。
また、転職サイトを利用する方の中には、転職エージェントを活用する前の下調べとして利用する方も多く、日本生命の募集内容などを知りたい人は、転職エージェントを利用する前にチェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチではマネージャーやファイナンス、マネジメントなどのハイクラス案件が多数!

ビズリーチには日本生命株式会社の求人はもちろんマネージャーやマネジメント職などの求人が掲載しています。

※画像はイメージです、タイミングによって掲載内容は変わります。

ハイクラス案件が多数掲載されているビズリーチでは、最低年収800万円以上の求人も珍しくなく年収の相談も可能となっています。
またビズリーチでは、非公開求人を多く扱っているので、キャリアアドバイザーに相談することで紹介してもらえる場合があり、厳選された企業やヘッドハンターからスカウトが届く場合もあるので、自分に合った求人を紹介してもらえる機能も特徴です。
ただし、転職サイトからの応募は、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないことも少なくなく、その結果として、スキルや経験で落とされてしまうこともあるので、確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

幅広いサポートで通過率を限りなく高めたいなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用して本日本生命への転職を目指すなら、圧倒的求人案件数を誇っている「リクルートエージェント」がおすすめです。
各業界に精通した専門性の高いキャリアアドバイザーから支援を受けながら転職活動ができるので、転職活動の質が向上します。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・専門性の高い転職エージェントから多角的なサポートを受けることができる
・自分と企業の条件をすり合わせてくれるので転職成功率が向上する
・一般的には閲覧することできない非公開求人を紹介してもらえる

日本生命は保有契約高・保険料収入・総資産において日本トップクラスの企業であるため知名度も非常に高く、転職においても一部のポジションでは競争倍率が非常に高くなる傾向にあります。
日本生命へ転職する際に「今の自分でも日本生命の採用フローを通過できるのか」や「自分の思っている通りの職場なのか」など、そういった不安がある場合は、キャリアコンサルタントに相談すると良いでしょう。

リクルートエージェントでは日本生命はもちろん非公開求人数も業界最大級!

リクルートエージェントでは日本生命の求人はもちろん業界最大級の非公開求人件数という特徴があるためおすすめの転職エージェントといえます。

※画像はイメージです、タイミングによって掲載内容は変わります。
日本生命へ応募したいけどどのポジションに転職したいかまだ定まっていない方や、転職するのが初めてで何から始めたらいいかわからないという方には、豊富な案件数と実績豊富なキャリアアドバイザーからの支援を受けられるリクルートエージェントはベストといえます。
また、リクルートエージェントの場合、会員登録をしなくても一部の案件を閲覧することもできるので、一通り案件を見て興味が持てたら登録するという使い方もおすすめです。

あなたが日本生命に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

GMOペイメントゲートウェイの転職情報。年収や難易度などを解説

▼下記は、GMOペイメントゲートウェイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからGMOペイメントゲートウェイに転職してくるのか ・転職先:GMOペイメントゲートウェイからどこへ転職するのか 一般的な...

第一生命への転職はおすすめ?年収や難易度について調査

▼下記は、第一生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから第一生命に転職してくるのか ・転職先:第一生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

野村證券への転職難易度は?給料や口コミ評判も紹介

  ▼下記は、野村證券に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから野村證券に転職してくるのか ・転職先:野村證券からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

みずほ銀行への転職について。年収や難易度などを解説

▼下記は、みずほ銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからみずほ銀行に転職してくるのか ・転職先:みずほ銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

三井住友銀行への転職の評判は?面接内容や年収などを解説

▼下記は、三井住友銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三井住友銀行に転職してくるのか ・転職先:三井住友銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

三菱UFJ銀行への転職は可能?年収や難易度などをまるっと紹介

▼下記は、三菱UFJ銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJ銀行に転職してくるのか ・転職先:三菱UFJ銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

ソニー生命の転職情報。年収や評判を調査してみた

  ▼下記は、ソニー生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソニー生命に転職してくるのか ・転職先:ソニー生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

住友生命への転職はおすすめ?年収から社員の口コミ評判まで徹底解説

▼下記は、住友生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから住友生命に転職してくるのか ・転職先:住友生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

アフラックへの転職はおすすめ?評判や難易度、年収を解説

  ▼下記は、アフラックに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアフラックに転職してくるのか ・転職先:アフラックからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

日本生命への転職。面接内容や口コミを解説

  ▼下記は、日本生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本生命に転職してくるのか ・転職先:日本生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

TOP