金融

三井住友銀行への転職の評判は?面接内容や年収などを解説

▼下記は、三井住友銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから三井住友銀行に転職してくるのか
・転職先:三井住友銀行からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

三井住友銀行の主な転職元・転職先

学歴

学歴は、大学・大学院(博含む)卒が在籍、国立や早慶など高学歴者が多くいます。

職歴

三井住友銀行在籍者の主な職歴は、シンクタンクやコンサルティング会社、さらには、大手電機メーカーや大手自動車メーカーなどが挙げられます。

退職後の主な転職先

三井住友銀行からの転職先としては、銀行シンクタンク/コンサルティング会社などへ転職しています。

三井住友銀行は、三井住友フィナンシャルグループ傘下の都市銀行であり、3大メガバンクの一角を担っています。
売上約5.1兆円と銀行業界第2位のシェア率を誇り、国内447か所、海外では19か所に支店を展開しています。
1996年に設立され、本社は東京都千代田区丸の内に構えており、従業員数も27,957名が在籍している大企業です。
三井住友銀行では、優れた営業力と行動力を持っている人材を幅広いポジションで求めています。

初めての転職で三井住友銀行を目指すなら「ビズリーチ」を見るべし!

三井住友銀行の面接内容や年収も大切だけど、それよりもまずはどんな求人があるのか知りたいという方は、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチにはハイクラス求人が多くに掲載されているので、転職先がまだ決まってないという方は、一度ここで比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にチェックしておくことが、転職活動をスムーズに進めるためのポイントになります。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 三井住友銀行の企業概要
  • 三井住友銀行の転職ポイント
  • 三井住友銀行の社風や企業文化

三井住友銀行に転職するポイント

三井住友銀行の特徴

POINT

  • ・銀行業界第2位を誇り、国内外466か所に支店展開
  • ・銀行業界トップクラスの総資産利益率を誇る
  • ・充実した福利厚生と社内制度があり、安心して働ける環境を完備

三井住友銀行へ転職するポイント

POINT

  • ・顧客との信頼関係を構築できる営業力を持った人材を求めている
  • ・高い能力だけでなく、さまざまなバックグラウンドを持っていることが重要
  • ・立場や価値観の異なる企業と協力し、目標達成できる行動力がある

三井住友銀行の企業概要

会社名 株式会社三井住友銀行
本社所在地 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
社長 髙島 誠
設立 1996年6月6日
株式 非上場
株主構成 三井住友フィナンシャルグループ(100%)

三井住友銀行の売上


三井住友銀行は非上場のため、親会社の三井住友フィナンシャルグループの売上を掲載しています。

三井住友銀行の売上推移

年数 2016年 2017年 2018年
売上高 5,133,245百万円 5,764,172百万円 5,735,312百万円
経常利益 1,005,855百万円 1,164,113百万円 1,135,300百万円

三井住友銀行の最新ニュース

三井住友銀行の最新情報を一覧で掲載しております。

三井住友銀行の事業内容

リテール部門

個人や中堅・中小企業の法人の顧客に向けて、あらゆるサービスを展開している部門です。
「貯蓄から投資」への流れの加速やデジタル化の進展、ライフスタイルの変化など、多様化する金融ニーズに応えるため、地域密着型の営業組織を立ち上げ、地域ごとの特性に応じた提案活動を行っています。
その結果、シームレスに対応できる体制を整え、三井住友銀行ならではの価値あるサービスを提供できるようになりました。
リテール部門では、ストック収益を中心の収益構造を目指し、資産管理型ビジネスへの転換を推進、さらには人生100年時代の到来を見据え、長期運用ニーズや相続・承継ニーズへの対応力の強化を図っています。

ホールセール部門

「スピード」と「先進性」を持ち、顧客の満足を超えるソリューションを提供している部門です。
大企業や中堅企業の顧客とリレーションを保ちつつ、抱える経営課題をさまざまな金融ソリューションを提供することで解決し、顧客の企業拡大や企業価値の向上に貢献しています。
さらには、シンジケートローンやプロジェクトファイナンスなどの資金調達ソリューションの提供や、海外進出支援、企業再生や再編のアドバイザリーなど、あらゆるサービスを提供しています。
2018年の決算を見てみると、ホールセール部門では競争優位性を発揮、高水準のROEを維持することができました。
今後もデジタルを活用した新サービスの提供を行い、ソリューション提供力の強化を計っていきます。

国際部門

グローバルにおける商業銀行業務の拡大を図るため、海外ビジネスをリードしている部門です。
世界38か国の75拠点を展開し、国際戦略の企画立案や担っており、日系企業だけでなく、非日系事業とのビジネスの拡大を図っています。
その結果、各国との有力企業や公的機関との豊富な取引実績を築き上げ、海外収益比率は全体の4割を超えました。
今後は資産効率の向上、アジア・コアクライアントとのさらなる関係構築による収益拡大とマルチフランチャイズ戦略の加速を目指しています。

三井住友銀行の転職の募集要項

リテール向けIT戦略企画

リテール向けIT戦略企画は、新規事業やシステム化企画、デジタルマーケティングなどを担当します。
具体的な業務内容は、既存サービスの市場分析や競合調査、世の中のトレンドや技術進化・市場調査などです。
ほかにも、システムへの実装を行うためのシステム化企画の実務や、PDCAサイクルの企画や推進も行います。
金融ビジネスに関する実務経験がある方は優遇される可能性があります。

必須な経験・スキル

  • ・新規事業立ち上げの企画~実行までの実務経験
  • ・商品やサービスの要件定義などの実務経験
  • ・デジタルプロモーションやPRなどの企画・運用の実務経験 など

M&A関連ファイナンスの業務推進

M&A関連ファイナンスの業務推進は、日系や非日系大企業などに対する買収関連ファイナンスの業務推進を行うポジションです。
そのほかにも、プライベートエクイティファンドに対するLBOファイナンスなどの業務推進やポートフォリオマネジメント業務、本邦企業に対する再生ファイナンスなどの業務推進なども行います。
コーポレートファイナンスの基礎知識があり、TOEIC800点以上や証券アナリストの資格を持っている人は面接が有利に進むことがあります。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のM&A関連業務の実務経験
  • ・3年以上のコーポレート関連業務の実務経験

サイバーセキュリティ/システムリスク管理

サイバーセキュリティ/システムリスク管理に関する戦略企画やグループ・グローバル連携の強化推進を担います。
そのほかにも、サイバーセキュリティ/システム管理に関するポリシーやプロセス、手順などの整備管理、国内外セキュリティ機関との連携によるインテリジェンス調査や分析なども行います。
ベンダー資格や高度な情報処理技術者の資格を有していると好まれる傾向があります。

必須な経験・スキル

  • ・CSIRTやSOCアナリスト経験
  • ・コンサルやSIerなどにおけるセキュリティ企画経験
  • ・コンサルやSIerでのネットワーク構築やOA・ネット系システム開発経験 など

三井住友銀行の転職難易度

三井住友銀行の転職難易度は比較的高いです。
三井住友銀行では経験者のみの募集というのはしておらず、幅広いポジションから転職希望者を募っています。
しかし、三大メガバンクという知名度や安定性の高さがあることから、応募者が非常に多く、そのなかから面接を突破するというのは簡単ではありません。
前職までの経験や能力を重視しているので、これらをいかにアピールできるかがポイントになります。
また、ポジションによっては経験者のみが応募資格を得られることもあり、募集要項のこまめなチェックが必要です。
前職までに経験したことや培った能力を上手にアピールできるエピソードを準備し、面接に臨みましょう。

三井住友銀行が転職者に求める人物像

三井住友銀行では、ずば抜けた営業力を持っている人材を求めています。
顧客との信頼関係を構築するのが業務の要となっているため、優れた営業力が必要不可欠です。
また、そういった能力以外にも、さまざまなバックグラウンドを持ち、立場や価値観が異なる企業と協力し、目標達成できる行動力も必要となってきます。
面接の際は、これらをアピールできるエピソードがあると面接を有利に進めることができるでしょう。

三井住友銀行の転職までの流れ

三井住友銀行の選考フロー

書類・エントリーシート提出

リクルーター面談(10回前後)

一次~二次面接

想定選考官:人事
前職までの経験や培ったスキルや知識など、定型的な質問をされます。

最終選考

想定選考官:役員
これまでに聞かれた質問を再度深堀し、改めて三井住友銀行にマッチしている人材か判断されます。

三井住友銀行の面接形式

面接の前にリクルーター面談が10回前後あります。
その後の面接は、人によりますが2~3回です。
面接はほとんどの場合1対1で行われますが、応募職種や応募人数によってはグループ面接になる場合もあります。
面接1回あたり30分~1時間です。

三井住友銀行の面接内容

三井住友銀行の面接は、前職までの経験や培ったスキルや知識など、定型的な質問から進みます。
「幼少期はどんな子だった?」や「学生時代に打ち込んだこと」など、オーソドックスな質問が多く、トリッキーな質問されることはほぼありません。
ただし、こちらの回答に対し、「それはなぜ?」と深堀されることがあるので、自己分析をしっかりと行い、どんな質問をされても問題なく回答できるようにしておきましょう。
また、「社員が持つ能力を思う存分に発揮できる職場づくり」を経営理念に掲げており、それに対してどれくらい理解できているかが鍵となります。
面接に臨む前に企業研究は入念に行うことが肝心です。

三井住友銀行で働いている方の評判・口コミ

法人営業 在籍1~3年 男性
法人営業は、総じて良い社会経験を得られるため、大きくステップアップできる環境があります。さまざまな考えやビジネスを学ぶことができ、人としての幅を広げることができるでしょう。また、研修制度も充実しており、さらには福利厚生も充実しているので、安心して働くことができます。
個人営業 在籍10年以上 男性
家賃補助や家族手当、昼食補助など、さまざまな福利厚生があり、非常に充実しています。また、遠方勤務者には赴任手当などもあり、有給休暇消化率も高いため、とても休みが取りやすいです。
営業アシスタント 在籍3~5年 女性
ワークライフバランスは職場で浸透していて上司からの理解もあるので、比較的良く働きやすいと思います。急な家庭の事情などで急遽休暇を申し出ても、取りづらいという雰囲気はなく、周囲のメンバーが理解してくれて、サポートしてくれます。
口コミの要約

三井住友銀行の口コミを見てみると、研修制度が充実しており、早いうちから社会経験を積むことができる環境があるということが分かります。また、福利厚生が充実しており、ワークライフバランスが良いので、働きやすい環境づくりがあるのも伝わってきます。

三井住友銀行の年収・給与

年収 814万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、退職金制度、財形貯蓄、旅行補助金制度など

三井住友銀行での転職者の出世難易度

三井住友銀行の出世難易度は非常に高いです。
三井住友銀行における出世は、基本的に年功序列という銀行特有の風潮があり、若いうちから出世するというのはなかなか難しいでしょう。
ただし、若いうちから出世が全くできないというわけでもありません。
非常に高い能力と多くの実績、それらに加えて運があれば、出世することも可能です。
多くの実績を残し続け、一定以上の評価を得られれば出世への道は拓かれます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 部長代理 900万円
30代前半 部長代理 1,100万円
30代中盤 部長代理 1,400万円
30代後半 課長 1,200万円
40代前半 室長代理 1,300万円
40代後半 なし 1,800万円
50代前半 次長 1,800万円

三井住友銀行はどんな人が働いている?

三井住友銀行の従業員数

27,957名

三井住友銀行の平均年齢

36.3歳

三井住友銀行の平均勤続年数

13.1年

三井住友銀行の社風

三井住友銀行は、個を尊重し、社員それぞれの個性を重要視している社風があります。
チームワークよりも個性を大切にし、その人自身が何ができるかということを大切にしています。
また、実力主義であり、結果を出すことができれば、若いうちから大きな仕事に携わることができるので、裁量を持ちたいという方には良い環境でしょう。
社内的な努力を忘れずに業務に取り組めば、居心地の良い企業だといえます。

三井住友銀行のワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 8:40~17:10
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、連続休暇(1週間)、勤続休暇、スポット休暇など
平均残業時間 23.5時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

三井住友銀行の社長

髙島 誠

1958年生まれ、広島県出身。
1983年京都大学法学部卒業後、住友銀行に入行。
2003年に三井住友銀行米州統括部長に就任。
その後も、国際統括部長や執行役員国際統括部長などを歴任し、2017年に頭取CEOに就任。

三井住友銀行現職、OB/OGの有名人

宮田 孝一

1953年生まれ、徳島県出身。
東京大学法学部卒業後、1976年に三井銀行に入行。
市場資金部長などを歴任し、2009年に三井住友銀行取締役専務執行役員に就任。
2011年に三井住友FG社長・三井住友銀行取締役に就任、2017年に三井住友フィナンシャルグループ、三井住友銀行各会長に退いた。
2019年からは三井住友銀行会長を専任。

三井住友銀行の転職に関わるQ&A


三井住友銀行へ転職する際の志望動機にはポイントが3つあり、「三井住友銀行の志望理由」「銀行を選んだ理由(業界志望動機)」「三井住友銀行を選んだ理由(会社志望動機)」が重要になります。
特に、三井住友銀行を選んだ理由は、非常に見られるため、企業側が納得するような志望動機でないと面接を通過するのは厳しいです。
企業研究をしっかりと行い、三井住友銀行ならではの特徴を志望動機に組み込むと良いでしょう。


三井住友銀行を含めた3大メガバンクの将来性が気になる人も少なくありません。
近年ではマイナス金利による収益性の悪化や、Fintechによる銀行の必要性の低下などがあり、将来が心配になるでしょう。
そんな現代に対し、手数料重視のコンサルティング営業へ移行や店舗数と業務量の削減を行い対策を計っています。
さらには、携わりたい仕事に就くチャンスが増えたり、新しいことへ挑戦しやすくなり、また法人営業はなくなることはないので、心配する必要はないでしょう。

三井住友銀行へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

三井住友銀行の公式サイトにある採用ページから応募が可能です。
応募ページには、部門紹介や人事からのメッセージ、社員インタビューなどが掲載されています。
公式サイトには、現在募集されているポジションや募集条件などが掲載されているため、「まずは求人状況を軽く知りたい」という方はチェックすると良いでしょう。
ただし、採用のポイントや求めているスキルなどの情報量が少ないため、転職する確率を少しでも上げたい場合や非公開求人を見てみたいという場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

自分のペースで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用して三井住友銀行に転職するなら、掲載求人数がトップクラスであり、ハイクラス求人を豊富に取り扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。
ビズリーチでは、自分の市場価値を再確認することができ、より適したポジションへの転職がしやすくなるという利点を持っています。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ挙げられます。
・求人情報数の多さ
・自分のタイミングで転職活動を進められる
・応募から面接までのスピード感

希望するポジションを探している方や、自分のタイミングで転職活動を進めたいという方には転職サイトがおすすめです。
また、転職エージェントを利用する前に転職サイトを利用する方が多く、三井住友銀行の募集内容や求められる能力などを知りたい場合はチェックするのも良いでしょう。

ビズリーチには営業やコンサルタントの求人が多数掲載!

ビズリーチには、三井住友銀行の求人件数が6件あります。

※画像はイメージです。

募集しているポジションは多くあり、営業やコンサルタント、ファンドマネージャーなどの求人が掲載されています。
また、ハイクラス求人を豊富に持っているビズリーチなだけあり、全体的に年収が高くなっています。
さらには、非公開求人を持っていることもあり、キャリアアドバイザーに相談すれば非公開求人を紹介してもらえるでしょう。
ただし、転職サイトからの応募は、自分が考えていることと企業側とのすり合わせが上手くいかないこともあり、経験やスキルなどで落とされてしまう可能性は全くないわけではありません。
確実な転職をしたいのであれば、転職エージェントの活用がおすすめです。

質の高い転職支援で転職成功率を上げるなら「転職エージェント」

三井住友銀行へ転職するために転職エージェントを利用するなら「リクルートエージェント」がおすすめです。
リクルートエージェントは、業界トップの求人案件数を誇っており、多くの転職実績がある信頼性の高い転職エージェントです。

転職エージェントを利用するメリットは主に3つ挙げられます。
・キャリア相談や給与交渉などを含む手厚いサポート
・自身と企業とのマッチング率が高い
・非公開求人案件の圧倒的な多さ

転職エージェントでは、応募書類の添削や模擬面接によるアドバイス、さらには自分の代わりに給与交渉まで行ってくれます。
また、あらかじめ三井住友銀行への転職実績があれば、太いパイプが構築されているため、内部情報などを聞くこともできます。
転職活動を行ううえで、不安や疑問が少しでもあるならリクルートエージェントの活用をおすすめします。

リクルートエージェントはWEB面接可能!

リクルートエージェントに掲載されている三井住友銀行の求人情報を見てみると、マーケティングやアナリストの求人が多く掲載されています。
三井住友銀行 リクルートエージェント
※画像はイメージです。

キャリアアドバイザーから客観的に判断してもらうことで、自分では大したことないと思っているスキルでも以外に重要なスキルということが判明する場合があり、その結果として、より自分に合ったポジションを探す手がかりとなります。
また、リクルートエージェントでは一般的に公開されていない非公開求人を多数持っているので、状況や持っているスキルなどによっては非公開求人を紹介してもらえる可能性があるでしょう。

あなたが三井住友銀行に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

日興コーディアル証券の転職事情とは?年収やノルマの有無などを調査!

  ▼下記は、日興コーディアル証券に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日興コーディアル証券に転職してくるのか ・転職先:日興コーディアル証券からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把...

三菱UFJ銀行への転職は可能?年収や難易度などをまるっと紹介

  ▼下記は、三菱UFJ銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJ銀行に転職してくるのか ・転職先:三菱UFJ銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

第一生命への転職はおすすめ?年収や難易度について調査

  ▼下記は、第一生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから第一生命に転職してくるのか ・転職先:第一生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

アフラックへの転職はおすすめ?評判や難易度、年収を解説

  ▼下記は、アフラックに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアフラックに転職してくるのか ・転職先:アフラックからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

野村證券への転職難易度は?給料や口コミ評判も紹介

  ▼下記は、野村證券に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから野村證券に転職してくるのか ・転職先:野村證券からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

明治安田生命への転職のポイントは?離職率や社員評判も徹底解説!

  ▼下記は、明治安田生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから明治安田生命に転職してくるのか ・転職先:明治安田生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

ゴールドマンサックスへの転職はおすすめ?仕事内容や年収について解説

ゴールドマンサックスは、投資銀行業務や証券業務を行っている企業です。 金融機関や機関投資家にアドバイスや有益な情報を提供し、成長を支援します。 1869年設立と歴史は長く、全世界の金融の中心となるグローバル企業です。 日本法人...

みずほ銀行への転職について。年収や難易度などを解説

▼下記は、みずほ銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからみずほ銀行に転職してくるのか ・転職先:みずほ銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

三井住友銀行への転職の評判は?面接内容や年収などを解説

▼下記は、三井住友銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三井住友銀行に転職してくるのか ・転職先:三井住友銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

モルガン・スタンレーの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

  ▼下記は、モルガン・スタンレーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからモルガン・スタンレーに転職してくるのか ・転職先:モルガン・スタンレーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把...

TOP