金融

第一生命への転職はおすすめ?年収や難易度について調査

▼下記は、第一生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから第一生命に転職してくるのか
・転職先:第一生命からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

第一生命の主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や大学・大学院(修士含む)卒業者が在籍しており、幅広い大学出身者がいます。

職歴

第一生命に在籍している社員はほとんどが新卒入社であり、転職者はほぼ居ません。

退職後の主な転職先

第一生命からの転職先として、生命保険会社WEB系事業会社などへ転職しています。

第一生命は、生命保険や年金などの金融商品を販売する保険会社です。
これまでリーディングカンパニーとして業界を牽引してきました。
グローバル展開にも積極的で、海外でも金融業務を行っています。
2016年に設立、本社は東京都千代田区有楽町に構え、従業員数は連結含め55,725人と大企業です。
現在、第一生命ではアクチュアリーなどの職種の中途採用を行っており、即戦力となりうる人材を募集しています。

初めての転職で第一生命を目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

第一生命の年収や難易度も気になるけど、それよりもまずはどんな求人があるのか知りたいという方はまず、ビズリーチをはじめとした転職サイトで掲載求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチにはハイクラス求人が豊富に掲載されているため、転職先がまだ定まっていない場合は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集としてビズリーチをチェックしておくと、転職活動をスムーズに進められるようになるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 第一生命の企業概要
  • 第一生命の転職ポイント
  • 第一生命の社風や企業文化

第一生命転職するポイント

第一生命の特徴

POINT

  • ・生命保険など金融商品を販売する保険会社
  • ・グローバル保険会社として変革を続けている
  • ・お客様に合わせる必要があるため、休日出勤が発生する可能性あり

第一生命へ転職するポイント

POINT

  • ・研修が充実しているため、入社時に求められるスキルは少ない
  • ・コミュニケーション能力やチームワーク力が重視される
  • ・面接では基本的な質問が多いが、深堀されることがあるのでしっかりした回答を用意

第一生命の企業概要

会社名 第一生命保険株式会社
会社所在地 東京都千代田区有楽町1-13-1 DNタワー21
社長 稲垣 精二
設立 2016年4月1日
株式 非上場
株主構成 第一生命ホールディングス(100%)

第一生命の売上

第一生命保険は非上場のため、親会社である第一生命ホールディングスの売上を掲載しています。

第一生命の売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 6,456,796百万円 7,037,827百万円 7,184,093百万円
経常利益 425,320百万円 471,994百万円 432,945百万円

第一生命の最新ニュース


ニュースルーム|第一生命ホールディングス株式会社

第一生命ホールディングス株式会社の公式ホームページです。第一生命グループの最新ニュースや写真、CMなどを掲載しています。

第一生命の事業内容

個人向け保険商品事業

個人向け保険商品事業では個人に対し、さまざまな条件に沿った保険商品の販売を行っています。
数々の商品があるなかでも、「必要な保障を選べる」「健康を損なうリスクに対してワイドに備える」「健康診断結果提出で保険料割引」と、一人一人の条件にピッタリな保障してくれる『ジャスト保険』は非常に人気があり、販売件数は100万件を突破しています。
それ以外にも入院2週間から生活費をサポートしてくれる『就業不能保険』や、持病があっても入りやすい『認知症保険』、将来のための資金を準備できる『個人年金保険』、教育資金を準備するための『外資保険』、ペットと生活する人のための『ペット保険』など、さまざまな商品を販売しています。
生命保険制度を長期間にわたって健全に運営してきたリーディングカンパニーとして、これからも業界を牽引していく事業でしょう。

法人向け保険商品事業

個人向け保険商品だけではなく、法人向け保険商品も取り扱っています。
死亡退職金規程などの財源確保のための『総合福祉団体定期保険』や、従業員の遺族保障のための『団体定期保険』、がんなどに罹ったときの『3大疾病サポート保険』など、法人や従業員のいろんなニーズに応えるべく、さまざまな保険商品を展開しています。
法人のお客様に対し、真摯に対応してきた結果、今では市場シェア国内トップ水準、窓販の市場シェア・第三分野の市場シェア共に1位となりました。
さらにはグローバル展開も行っており、今後も発展し続ける事業です。

第一生命の転職の募集要項

アクチュアリー

アクチュアリーは、確率や統計的手法を用いてさまざまな事象を数値化し、保険商品開発に活かす業務です。
また、保険や年金の適正な掛け金や支払い金を決定なども行います。
そのほかにも、保険関連資料などの収集を行い、死亡率や事故率、災害確率などユーザーの将来に関わる不確定な事象を客観的な数値に変換したり、会社の収支状況をデータ分析、会社の財務実際を予測などを行います。
確率・統計論の知識がある人は活用できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・4年制大学卒業もしくは大学院修了
  • ・生命保険アクチュアリー経験
  • ・ビジネスレベルの英語力

ライフプロフェッショナル職

ライフプロフェッショナルはユーザーの生涯の生活設計を考え、「大切なもの・大切な人生・大切な人」を守るため、心から安心できる保険商品の販売をします。
現代では社会環境が大きく変化、多様化するライフステージに応じて保険商品を提案します。
お客様からの信頼性を求められる職種で、お客様の視点に立ち、お客様一人一人に寄り添うパートナーとして「確かな安心」と「充実した健康サポート」を提供する業務です。
未来をポジティブに捉え、自ら課題に立ち向かっていける人や、過去の経験を自分の力に変えられる人は重宝されます。
また、研修プログラムが充実しているので、未経験者でも応募することが可能です。

必須な経験・スキル

  • ・4年制大学・短期大学卒業者もしくは同等以上の学力を有する

ファンドマネジャー

ファンドマネジャーは同社の株式部や証券部、外国証券部のいずれかで、有価証券の運用フロント業務を担います。
具体的にはファンドマネジメントやトレーディング、投資戦略の立案、マーケット調査などを担当します。
キャリアチャレンジ制度を導入しているので、自分の頑張り次第では将来的にさまざまなポジションで活躍することができる可能性があります。
TOEIC800点以上の人は採用されやすくなります。

必須な経験・スキル

  • ・4年制大学卒業もしくは大学院修了
  • ・3年以上の資産運用に関わる業務経験
  • ・証券アナリスト資格保持者

第一生命の転職難易度

第一生命の転職難易度はそこまで高くはありません。
研修が充実しており職種によりますが、採用時点で求められるスキルは少ない傾向があります。
ただし、第一生命は誰もが知っている大企業のため、保険会社に興味のある人から応募が殺到していると推測されます。
そのため、選考から漏れる可能性もありますので、油断はできません。
また、応募者の多くは優秀な人材である可能性があるため、そのなかで採用してもらうのは簡単なことではないでしょう。
「前職での経験から何ができるか」を明確にアピールすることが最も重要です。

第一生命が転職者に求める人物像

第一生命は以下に当てはまる人物像を求めています。

  • ・目的思考を持ち、セルフコントロールができる
  • ・発信力、コミュニケーション能力がある
  • ・状況対応能力がある
  • ・ユーザーの立場になって考えることができる
  • ・チームで一丸となり、ひとつの目標に向かって努力できる

自分自身で判断して動ける行動力や、どんな人とでも話すことができるコミュニケーション能力、個人プレーにならずチームワークを大切にできる協調性などを重視します。
お客様対応することから、ユーザーの立場になって考えられるかどうかは特に重要となっています。
面接のときはこういった能力があることを上手にアピールしましょう。

第一生命の転職までの流れ

第一生命の選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~二次面接

想定選考官:人事
「志望動機」や「将来のプラン」など基本的なことを中心に聞かれます。

最終選考

想定選考官:役員
これまでに聞かれたことを深堀され、再度第一生命に合っている人材かどうか見られます。

内定

第一生命の面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は2~3回程度です。
1回につき30分~1時間程度となります。

第一生命の面接内容

第一生命では「入社後どうなりたいか」や「どうして前職を辞めたのか」など定型的な質問を中心に進められます。
そこまで変わった質問をされることはありませんが、質問の回答に対し、「それはなぜ?」と突っ込まれることがあります。
自己分析を深く行い、追求されても応えられるようにするのが肝心です。
面接自体は穏やかな雰囲気で行われ、圧迫面接などはありません。
質問の回答だけでなく、喋り方や聞く姿勢も見らるので、明るく元気にハキハキと答えるのが基本です。
営業職の場合「営業は忙しいけど大丈夫?」と聞かれることもありますが、入社しない方が良いといっているわけではありません。
落ち着いて「忙しくても問題ございません」と熱意をアピールしましょう。

第一生命で働いている方の評判・口コミ

営業、在籍5~7年、男性
営業に憧れているような方にはピッタリの環境が整っています。お客様のところへの訪問や企業へ営業したりなど、さまざまな営業活動を経験できるので魅力的と思えるでしょう。また、頑張り次第でそれなりに報酬は貰えます。入社時は並程度ですが、昇格すれば高収入を得られるようになると思います。
アクチュアリー、在籍3~5年、男性
一つの業務自体が時間かかることもあり、残業時間や休日出勤は多いかもしれません。入社前にある程度覚悟をしておく必要があると思います。就業時間以外でお客様に提案をすることもあるため、どうしても休日出勤が発生します。ただし、忙しさ自体は部署によって違いはありますし、最近は残業時間の規制が厳しくなってきたので、昔ほど残業することは減りました。

法人営業、在籍7~10年、男性
お客様さまのお役に立てたときが1番やりがいを感じます。また、ほかの会社と比べ、結構自由にやらせてくれるので魅力的です。ノルマを達成できればしっかりと評価はされますし、頑張った分だけ報酬が上がる会社だと思います。しかし、逆に成績が悪いと稼げず、良くも悪くも自分次第です。
口コミの要約・まとめ

第一生命の口コミを見てみると、全体的に忙しい印象を受けました。特にアクチュアリーは忙しいようで、入社する前にはある程度の覚悟が必要でしょう。その反面、成果を出していければ報酬は多く貰えます。また、全体的に自由にやらせてくれる風土があるようです。

第一生命の年収・給与

年収 887万
ボーナスの有無 年2回(6月・12月)
昇給制度 年1回(4月)
残業手当 記載なし
通勤手当 月割額5万円限度
住宅手当 記載なし
福利厚生 雇用保険制度、厚生年金保険制度、健康保険制度など

第一生命での転職者の出世難易度

第一生命の出世難易度は少し高めです。
成果を出していき、上司と良い関係を築ければ順調に出世することができるでしょう。
しかし、優秀な人材も多いため、そのなかで出世するというのは簡単なことではありません。
また、第一生命はほかの保険会社に比べ、新しいことに挑戦していく傾向があります。
そのため言われたことをこなすより、積極的にチャレンジする人材が評価されます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 課長補佐 800万円
30代中盤 部長 1,000万円
30代後半 部長 1,100万円
40代前半 マネージャー 900万円
40代後半 部長 1,500万円
50代前半 次長 1,400万円

第一生命はどんな人が働いている?

第一生命の従業員数

55,725名(内勤職11,281名、営業職44,444名)

第一生命の平均年齢

45.3歳

第一生命の平均勤続年数

15.5年

第一生命の社風

第一生命は人柄が良い人が多く風通しの良い社風です。
男性のみならず女性が多く職場のため、明るく華やかな雰囲気もあります。
チームワークを大切にしており、チームメイトと一緒に食事を取る人も多いです。
また、先輩や上司には優しい人が多く、分からないことを親切に教えてもらえます。
ただし、あくまで「お客様のことを第一に考える」という精神が広まっており、休日出勤が発生したり、決められた時間に休憩が取れなかったりすることが多々発生します。

第一生命のワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00〜17:00
休日 週休2日制(土・日)、祝日 ※休日出勤をする場合あり
その他の休日・休暇 夏期連続休暇、年末年始休暇
平均残業時間 29.1時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

第一生命の社長

稲垣 精二

1963年生まれ、愛知県出身。
1986年に慶応義塾大学経済学部卒業後、第一生命保険相互会社に入社。
運用企画部長や経営企画部長などを歴任し、2010年に推進室長として指揮。
その後も第一生命保険株式会社会社執行役員や常務執行役員、取締役執行役員などに就任、2017年に社長に就任。
大手金融機関のなかでは最年少社長であり、過去の運用企画関連業務によって、生命保険事業に関する豊富な業務知識を持っています。

第一生命現職、OB/OGの有名人

渡邉 光一郎

1953年生まれ、静岡県出身。
1976年に東北大学経済学部卒業後、第一生命保険に入社。
調査部長や企画・調査部長兼企画第一部長などを経て、2010年に社長就任。
2017年に会長に就任。
豊富な経験と知見を活かし、事業戦略を積極的に推進してきました。

第一生命の転職に関わるQ&A


女性の多い職場であり、管理職も女性が多くいるので男性女性関係なく出世できるでしょう。
評価において、男女で差をつけられることはありません。
また、産休や育休が取得しやすい環境があり、安心して休暇を取ることができます。
復帰後もまたバリバリ働くということも可能です。
ただし、部署によっては忙しく、休日出勤も発生するので注意が必要です。


大手企業ということもあり、福利厚生はしっかり完備されています。
各種社会保険や退職金制度が用意されています。
また、勤続満10年以降5年ごとに「リフレッシュ休暇」が取得可能です。

第一生命へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

第一生命の公式HPにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報のほかに、企業からのメッセージが掲載されているので、企業研究に活用することができるでしょう。
ただし、求人情報量はそれほど多くないため、より具体的な情報が知りたい場合や確実な転職をしたい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人の中から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用して第一生命への転職を目指すなら、掲載企業数が豊富であり、ミドルクラス~ハイクラスの案件が多い「ビズリーチ」がベスト。
ビズリーチでは担当するアドバイザーの評価をチェックできるため、自分に合った担当者を探せるという魅力があります。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・案件数の圧倒的な多さ
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

豊富な職種や企業の中から自分が希望するポジションを探したい方や、エージェントとのスケジュール調整がなかなかできず、転職活動が進まない方には、転職サイトの活用がおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、第一生命の募集要項や必須スキルなどをざっくり知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチでは比較的年収が高くなっている!

ビズリーチに掲載されている公開求人を見ると、企画の求人が多数掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ミドルクラス~ハイクラスをメイン層としているビズリーチだけあって提示されている年収も比較的高く、800~1000万円程度が平均となっています。
また、ビズリーチは転職サイトの中でも比較的非公開求人が多い傾向があり、キャリアアドバイザーに相談すれば公開されているもの以外の案件を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトから応募した場合、「企業が求めているスキルや人物像」が具体的に分からなかったり、第一生命の社内事情に精通しているキャリアアドバイザーはつかないため、経歴やスキルで落とされる可能性も高くなります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめ。

通過率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用して第一生命への転職を目指すなら、圧倒的案件数を誇っており、コンサルタントの質や業界知識に定評がある「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・キャリアプランや給与交渉などを含む多角的なサポート
・本人のスキルや希望条件との高いマッチング率
・非公開求人が比較的多い

第一生命はミドル・ハイクラス転職では人気の高い企業で、当然その競争率も高くなります。
「通過率がどの程度あるのか」や「自分の理想としている転職先なのか」など、キャリアコンサルタントに相談してみることで解決への糸口が見つけられるでしょう。
転職成功率を可能な限り上げたいのであれば、転職サイトではなく転職エージェントを活用するのが確実です。

リクルートエージェントでは事務企画の求人案件が多数!

リクルートエージェントの求人を見てみると、事務企画など、専門職なポジションの案件が多数掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

初めて転職をする方や確実な転職をしたい方などは、幅広く案件を見られるリクルートエージェントはベストといえます。
また、登録不要で案件を閲覧できるのもリクルートエージェントの魅力のひとつで、ざっと案件を見てから興味を持てそうであれば登録してみるのも良いでしょう。
非公開求人も多いため、実際にキャリアコンサルタントに相談をしてみて、キャリアプランや給与交渉なども含めて相談するのがおすすめです。

あなたが第一生命に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

住友生命への転職はおすすめ?年収から社員の口コミ評判まで徹底解説

▼下記は、住友生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから住友生命に転職してくるのか ・転職先:住友生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

野村證券への転職難易度は?給料や口コミ評判も紹介

  ▼下記は、野村證券に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから野村證券に転職してくるのか ・転職先:野村證券からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

ゴールドマンサックスへの転職はおすすめ?仕事内容や年収について解説

▼下記は、ゴールドマンサックスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからゴールドマンサックスに転職してくるのか ・転職先:ゴールドマンサックスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

三井住友海上の転職で採用されるには?年収は低い?口コミ評価も徹底調査

▼下記は、三井住友海上に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三井住友海上に転職してくるのか ・転職先:三井住友海上からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

大和証券への転職は可能?年収や評判などを紹介

▼下記は、大和証券に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから大和証券に転職してくるのか ・転職先:大和証券からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

アフラックへの転職はおすすめ?評判や難易度、年収を解説

  ▼下記は、アフラックに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアフラックに転職してくるのか ・転職先:アフラックからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

GMOペイメントゲートウェイの転職情報。年収や難易度などを解説

▼下記は、GMOペイメントゲートウェイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからGMOペイメントゲートウェイに転職してくるのか ・転職先:GMOペイメントゲートウェイからどこへ転職するのか 一般的な...

三菱UFJ銀行への転職は可能?年収や難易度などをまるっと紹介

▼下記は、三菱UFJ銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJ銀行に転職してくるのか ・転職先:三菱UFJ銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

HSBCへの転職はおすすめ?年収や業績について調査

▼下記は、HSBCに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからHSBCに転職してくるのか ・転職先:HSBCからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

JPモルガンの中途採用難易度って?評判や転職情報まとめ

▼下記は、JPモルガンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJPモルガンに転職してくるのか ・転職先:JPモルガンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

TOP