金融

PayPayの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、PayPayに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからPayPayに転職してくるのか
・転職先:PayPayからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

PayPayの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴は幅広くなっています。

職歴

PayPay在籍者の主な職歴は、楽天グループ三井住友、住信SBIネットなどの銀行が挙げられます。

退職後の主な転職先

PayPayからの転職事例はほとんどありませんが、決済代行会社や金融機関へ転職しています。

PayPayは、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社として2018年に設立された企業です。
スマートフォンを利用して支払うQR・バーコード決済サービス「PayPay」を運営しており、インストールしたアプリに表示されるQRコードやバーコードを利用して決済ができるという特徴があります。
誰でも手軽に利用できるため、2021年6月の時点でユーザー数が4,000万人を超えており、日本国民の約3人に1人が利用しているサービスです。
そんなPayPayでは、エンジニアやデザイナーといった幅広いポジションで、やるべきことを迅速に把握し、プロフェッショナルとして行動できる人材を求めています。

PayPayへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・PayPayの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することが可能です。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開できるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • PayPayの企業概要
  • PayPayの転職ポイント
  • PayPayの社風や企業文化

PayPayに転職するポイント

PayPayの特徴

POINT

  • ・ソフトバンクとヤフーの合弁会社として設立された企業
  • ・スマートフォンを利用して支払うQR・バーコード決済サービス「PayPay」を運営
  • ・4,000万人以上のユーザー数を誇る

PayPayへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・エンジニアやデザイナーなどで求人募集
  • ・やるべきことを迅速に把握し、プロフェッショナルとして行動できることが重要

PayPayの企業概要

会社名 PayPay株式会社
本社所在地 東京都港区虎ノ門 4-1-1 神谷町トラストタワーWeWork内
社長 中山 一郎
設立 2018年6月15日
株式 非上場
株主構成 ソフトバンクグループ株式会社(50%)
ソフトバンク株式会社(25%)
Zホールディングス株式会社(25%)

PayPayの売上

PayPayは非上場のため、親会社であるソフトバンクグループ株式会社の売上高を掲載いたします。

ソフトバンクグループの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 6,093,548百万円 5,238,938百万円 5,628,167百万円
税引前利益 1,682,673百万円 50,038百万円 5,670,456百万円

PayPayの最新ニュース

PayPayの事業内容

PayPayは、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社として2018年に誕生した企業です。
主力として、スマートフォンを利用して支払うQR・バーコード決済サービス「PayPay」を運営しています。
2018年にサービス開始してからわずか2年7か月でユーザー数が4,000万人突破するなど、圧倒的利用率を誇っています。
さらなる価値の創出すべく、現在35か国以上の国と地域から多様なメンバーを集約し、拡大を続けている企業です。
今後も、困難な課題にも前向きに取り組み、圧倒的なスピード感をもってプロダクトを磨き上げ、日本のキャッシュレス決済とそれを使用した金融ライフプラットフォームの普及を一気に推進することを目指しています。

PayPayの募集要項

iOSエンジニア

日本の顧客に最高の支払い体験を提供するために、最高のプラットフォームを創出するポジションです。
具体的には、プロダクトチームと連携し、より便利で使いやすいPayPayモバイル(iOS)アプリの企画や設計、それらに関連するプロトタイプの新機能と再設計機能の考案と実装を行います。
また、UI/UXデザインを重視し、製品主導での開発の進行の牽引を行うなど、多様性の高いチームに加わり、自身の能力を十分に発揮できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・最新のモバイル開発知識
  • ・オブジェクト指向設計に詳しく、SwiftでiOSを開発された経験
  • ・REST APIの統合に精通している など

プロダクトデザイナー

エンジニアやプロダクトチーム、他部署と協力し、コンセプト設計からプロダクトのデザイン戦略の策定まで行うポジションです。
具体的には、支払いアプリにおけるプロダクト体験のトータルなUI/UX設計や、ユーザーのペルソナ設計、ストーリボードを使ってのリサーチ業務を行います。
それ以外にも、UIアーキテクチャーの定義やコンセプトダイヤグラムの設計、ワイヤーフレーム設計、仮想デザイン設計を行うなど、デザインに関わる幅広い業務に携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・5年以上のAndroidやiOSのUI/UXデザインの実務経験
  • ・非常に高い協調性
  • ・高いコミュニケーション能力と変化に対応できる柔軟性 など

エンタープライズシステム開発

さまざまなニーズに合わせた内製システムの開発に関わる業務やフロントからバックエンドのアプリケーション設計や開発を中心に、幅広い領域の業務を担うポジションです。
具体的には、Webアプリケーション構築や自動化、効率化などの改善施策推進を行います。
また、社内利用部門を中心とした業務要件や業務設計を基にしたシステム導入なども行う場合があります。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のオブジェクト指向言語を用いた開発経験
  • ・Webアプリケーションのアーキテクチャ設計の実務経験
  • ・3年以上のJavaを用いた開発業務に携わった経験

PayPayの転職難易度

PayPayの転職難易度は比較的高いです。
設立されてそれほど時間は経っていませんが、サービスの利用者数から分かるように知名度が非常に高くなっている企業です。
そのため、比較的人気があり、どのポジションでも競争率が激しくなることが想定できます。
ただし、中途採用によるキャリア募集は、非常に多くあるため、それだけチャンスがあるといえます。
PayPayへの転職を目指すなら、ほかの応募者に負けないスキルや経験を保有しており、面接官を関心させられるかどうかが肝心です。

PayPayが転職者に求める人物像

PayPayでは、やるべきことを迅速に把握し、プロフェッショナルとして行動できる人材を求めています。
また、物事を論理的かつ構造的に思考できる人材や、好奇心や探求心を忘れずに常に新しいことにチャレンジできる人材なども求めている傾向があります。
PayPayは、さらなる事業拡大を図っている企業なため、このような能力が必要不可欠といえるでしょう。
面接では、これらを保有していることをアピールできるエピソードを複数用意し、万全な状態で臨むことをおすすめします。

PayPayの転職までの流れ

PayPayの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や前職までの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、ストレス耐性などを確認するような質問をされます。

内定

PayPayの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は基本的に2~3回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

PayPayの面接内容

PayPayの面接は、志望動機や前職までの経験など、一般的な質問から進みます。
それ以外にも、「誹謗中傷に耐えられるか」や「体力には自信あるか」といったストレス耐性や仕事をこなせる体力があるかどうかを判断するような質問もされる傾向があります。
また、「あなたの人生について話して」や「休みの日はどんなことをしてる?」などの人柄や人間性を判断する質問もされるため、自己分析をしっかりと行っておくことが大切です。
面接の雰囲気は、全体的に和やかでありフランクな雰囲気なため、圧迫面接などはほぼありません。
自己分析はもちろんのこと、企業研究も入念に行い、リラックスして面接に臨みましょう。

PayPayで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍1~3年、男性
キャッシュレス決済の普及に一役買っている意識が非常にあります。また、アプリのサービスもどんどん新機能が追加されているので、取り扱い商材も増え、新しいことにチャレンジできるので、やりがいと面白味を感じながら働けます。
個人営業、在籍1~3年、女性
とにかく数をこなして覚えていくというスタイルなので、営業未経験の方でも営業スキルを身に付けることができます。また、飛び込み営業も行っており、基礎的なスキルも身に付けられ、さまざまな方と知り合うので刺激を受けながら業務をこなせるでしょう。
Webデザイナー、在籍1~3年、男性
基本的に土日祝日は休みであり、有給休暇も100%取得することが可能です。勤務時間も比較的遅いため朝に余裕があり、また、職種によってはリモートであるため、自分の都合に合わせて働くことができるでしょう。
口コミの要約

PayPayの口コミを見てみると、新しいことに積極的にチャレンジしているため、やりがいと面白味を感じながら働けるということが伝わってきます。また、業務をこなせばこなすほど基礎スキルや経験を積むことができるということが伺えます。

PayPayの年収・給与

年収 664万円
ボーナスの有無 年1回
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月45時間分)
通勤手当 有り(月15万円まで)
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、確定拠出年金制度、各種研修制度など

PayPayでの転職者の出世難易度

PayPayの出世難易度は比較的高いです。
さまざまなバックグラウンドを持つ優秀な社員が多く在籍しており、それぞれ実績を残しています。
そのようななかから自身が出世するというのは簡単ではありません。
また、実績以外にも、高いコミュニケーション能力やマネジメントスキルの保有なども、出世するためには必要不可欠な要素です。
これらを意識し、ほかの社員よりも多くの実績を残すことで、出世への道は拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 900万円
30代後半 なし 900万円
40代前半 部長 1,100万円
40代後半 なし 1,100万円
50代前半 部長 1,400万円

PayPayはどんな人が働いている?

PayPayの従業員数

約1,600名

PayPayの平均年齢

35.9歳

PayPayの平均勤続年数

記載なし

PayPayの社風

PayPayは、実力主義であり、良い意味で緊張感を持って働ける企業です。
そのため、成果を残せば残すほど、正当な評価を得ながら働けます。
また、困っている社員を助けるという風潮もあるため、何かあった場合でも安心して働くことが可能です。
在籍している社員の年齢層は比較的若く、和気あいあいとしながら業務を遂行しています。
積極的に行動し、社員同士で助け合いながら働きたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

PayPayのワークライフバランス

副業可否 可能(応相談)
勤務時間 10:00~18:45
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、恩人感謝の日、慶弔休暇、子の看護休暇、介護休暇など
平均残業時間 月10~20時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

PayPayの社長

中山 一郎

1969年生まれ、愛知県出身。
明治学院大学経済学部経済学科卒業後、国際デジタル通信株式会社(現・株式会社IDCフロンティア)に入社。
経理部を経て、1998年に営業部門に配属。
2002年にCEOアワード受賞し、翌年にはケーブル・アンド・ワイヤレスIDC法人営業部門CAN営業部第4グループグループリーダーに就任。
2011年に株式会社IDCフロンティアの取締役に就任、翌年に代表取締役社長に就任。
その後も、株式会社一休の代表取締役副社長執行役員やヤフー株式会社の執行役員コマースカンパニー予約統括本部長などを歴任。
2018年より、PayPay株式会社の代表取締役社長執行役員CEOを務めている。

PayPay現職、OB/OGの有名人

小澤 隆生

1972年生まれ。
早稲田大学法学部卒業後、株式会社CSK(現・SCSK株式会社)に入社。
1999年に株式会社ビズシークを設立、代表取締役に就任。
2003年に楽天株式会社に入社し、オークション事業担当執行役員に就任。
その後も、株式会社楽天野球団の取締役事業本部長や、YJキャピタル株式会社(現・Z Venture Capital株式会社)の取締役COO、執行役員ショッピングカンパニー長などを歴任。
2018年にPayPay株式会社の取締役に就任。
現在は、アスクル株式会社の社外取締役や、株式会社一休の取締役会長なども務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

PayPayの転職に関わるQ&A


結論からいうと、楽して働ける企業ではありません。
業務量は多い時期もあるため、その場合は残業する必要もあります。
ただし、それほど忙しくない時期であれば、残業することなく退社できるため、プライベートを大切にすることもできるでしょう。

男性社員だけでなく、女性社員も多く在籍しています。
仕事に対する評価制度は、男女差別などはなく平等なため、女性でも正当な評価を得ることが可能です。
また、産休や育休なども取得しやすく、そのほかの福利厚生も充実しているため、ライフイベントの際でも安心でしょう。

PayPayへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

PayPayの公式HPにある採用情報ページからエントリーができます。
採用情報ページには、「About」や「Workstyle」、「Event」などが掲載されているため、企業研究に役立てることができます。
ただし、公式HPからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいがちです。
できるだけ時間をかけずに転職したい場合や公式HPに載っていないような求人を見てみたい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

自分のペースで転職を進めたいなら「転職サイト」

求人情報の検索から応募まで、自分のペースで転職活動をするなら「iX転職」をはじめとした転職サイトの活用がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。

  • ・公開求人の件数が多い
  • ・自分のタイミングで転職活動が進められる
  • ・気になる求人に素早く応募することができる

転職サイトは、公開されている求人件数が多いため、希望するポジションが見つけやすいという特徴があります。
また、自分のペースで転職活動ができるため、忙しい方でも転職しやすくなっています。
豊富な企業や職種の中から自分が希望するポジションを探したい方や、自分の時間やペースを大切にしながら転職活動がしたい方には、転職サイトが向いているでしょう。

競合他社の募集要項も比較したいなら「iX転職」

iX転職では、競合他社の募集要項も一緒に確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの情報通信業界の平均年収は800万円〜1,200万円程度で、別サイトよりも比較的高めの水準となっています。
また、iX転職は一般的に掲載している公開求人に限らず、非公開求人が多い転職サイトでもあるため、アドバイザーに相談すると、自分にあった非公開求人を紹介してもらえる可能性が高いです。
「サービス運営を行う企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを自分で調べたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

あなたがPayPayに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

野村證券への転職難易度は?給料や口コミ評判も紹介

  ▼下記は、野村證券に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから野村證券に転職してくるのか ・転職先:野村證券からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

ソニー生命の転職情報。年収や評判を調査してみた

  ▼下記は、ソニー生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソニー生命に転職してくるのか ・転職先:ソニー生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

住友生命への転職はおすすめ?年収から社員の口コミ評判まで徹底解説

▼下記は、住友生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから住友生命に転職してくるのか ・転職先:住友生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

みずほ銀行への転職について。年収や難易度などを解説

▼下記は、みずほ銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからみずほ銀行に転職してくるのか ・転職先:みずほ銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

ジャパンインベストメントアドバイザーの転職事情。出世難易度や選考フローなどを解説

▼下記は、ジャパンインベストメントアドバイザーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからジャパンインベストメントアドバイザーに転職してくるのか ・転職先:ジャパンインベストメントアドバイザーからどこへ転職...

三菱UFJ銀行への転職は可能?年収や難易度などをまるっと紹介

▼下記は、三菱UFJ銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJ銀行に転職してくるのか ・転職先:三菱UFJ銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

新生銀行への転職って難しい?口コミや面接突破のポイントなどを解説

▼下記は、新生銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから新生銀行に転職してくるのか ・転職先:新生銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

三井住友海上の転職で採用されるには?年収は低い?口コミ評価も徹底調査

▼下記は、三井住友海上に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三井住友海上に転職してくるのか ・転職先:三井住友海上からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

GMOペイメントゲートウェイの転職情報。年収や難易度などを解説

▼下記は、GMOペイメントゲートウェイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからGMOペイメントゲートウェイに転職してくるのか ・転職先:GMOペイメントゲートウェイからどこへ転職するのか 一般的な...

モルガン・スタンレーの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

▼下記は、モルガン・スタンレーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからモルガン・スタンレーに転職してくるのか ・転職先:モルガン・スタンレーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

TOP