金融

みずほ銀行への転職について。年収や難易度などを解説

▼下記は、みずほ銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからみずほ銀行に転職してくるのか
・転職先:みずほ銀行からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

みずほ銀行の主な転職元・転職先

学歴

・主な学歴は、大学や大学院(博士を含む)卒業者が多く在籍しており、高学歴の比率が非常に多くなっています。

職歴

みずほ銀行に在籍している社員の主な職歴は、みずほ総研のほか、銀行、証券、クレジットなどの金融機関が挙げられます。

退職後の主な転職先

みずほ銀行からの転職先として主に、大手証券会社やコンサルティング会社、さらにはWEB系事業会社などへ転職しています。

みずほ銀行は、みずほフィナンシャルグループの傘下であり、都市銀行として3大メガバンクの一角を担っている企業です。
メガバンクでは唯一、全国47都道府県に支店を持ち、ここ数年では銀行や証券、信託の枠を超えた横断的なソリューションに注力しています。
現在の業績は横ばい状態が続いていますが、純利益は6,000億前後で推移しているため、安泰であるといえるでしょう。
1923年設立と歴史は長く、東京都千代田区に本社を構え、現在では28,909名の社員が在籍している大企業です。
そんなみずほ銀行では、コンサルタントなどの専門的なポジションで、非常に高いスキルを持った即戦力となるような人材を求めています。

初めての転職でみずほ銀行を目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

みずほ銀行の年収や難易度が気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい!という型は、ビズリーチなどの転職サイトをチェックしてみると良いでしょう。
ビズリーチはミドル~ハイクラス求人が豊富に掲載されているため、転職先がまだ定まってない場合は、一度ここで比較しておくと良いでしょう。
転職エージェントの活用を考えている場合でも、情報収集として事前にビズリーチをチェックしておくと、今後の転職活動を円滑に進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • みずほ銀行の企業概要
  • みずほ銀行の転職ポイント
  • みずほ銀行の社風や企業文化

みずほ銀行に転職するポイント

みずほ銀行の特徴

POINT

  • ・3大メガバンクの一つであり、唯一全国47都道府県に支店を持つ
  • ・銀行や証券、信託の枠を超えた横断的なソリューションに注力している
  • ・各種手当があり、福利厚生が充実している

みずほ銀行へ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に少ない
  • ・コンサルタントなど、専門職ポジションで求人募集
  • ・専門性に特化したスキルを持ち、即戦力となる人材を求めている

みずほ銀行の企業概要

会社名 株式会社みずほ銀行
日本所在地 東京都千代田区大手町一丁目5番5号 大手町タワー
社長 藤原 弘治
設立 1923年5月7日
株式 非上場
株主構成 みずほフィナンシャルグループ(100%)

みずほ銀行の売上

みずほ銀行の売上推移

事業年度 2016年 2017年 2018年
経常収益 2,580,331百万円 2,862,291百万円 3,149,026百万円
経常利益 583,565百万円 647,076百万円 426,726百万円

みずほ銀行の最新ニュース

みずほ銀行の事業内容

みずほ銀行は、今では3大メガバンクの一角とされていますが、2002年に第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行が合併し設立された銀行です。
その後、みずほコーポレート銀行がみずほ銀行を吸収合併し、今の形のみずほ銀行となりました。
その結果として、現在ではみずほフィナンシャルグループの中核銀行として、国内421支店、海外では25支店を展開しています。
主な事業内容は、預金や貸出、商品有価証券売買などで長年にわたり行っています。
しかし、近年ではグループの経営計画として掲げている「進化する”One MIZUHO” ~総合金融コンサルティンググループを目指して~」の実現を目指し、国内外や個人顧客・法人顧客についてさまざまな戦略を推進しています。
個人顧客に対して、サービスをシームレスに提供できる共同型店舗の推進を行い、法人顧客に対しては、資金供給機能やソリューション提供能力の強化や、海外展開支援などを行っています。
また、グローバル展開にも注力しており、その結果アジアにおけるシンジケートローン分野では邦銀1位を獲得しました。
今後も非日系企業との取引を拡大、グローバル事業展開をさらに加速させることを目標としている企業です。

みずほ銀行の募集要項

法人RM(法人営業)

顧客の事業戦略を踏まえ、フルラインの金融ソリューションを提供するポジションです。
事業資金の融資といった従来型の金融サービスにとどまらず、顧客の事業戦略の立案やM&Aのアドバイザリーなどを行います。
適性に応じて、業務内容が変わる場合があります。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の社会人経験
  • ・チャレンジ精神や行動力がある

建築・設備技師

投資予算計画策定やBCM企画、環境CSR対応などのFM企画業務を担当する職種です。
そのほかにも、営業店や本部施設などの新築・建替・営繕などを行う施設管理業務を担当します。
また、国内で積んだ経験を海外店舗で活かすこともできます。

必須な経験・スキル

  • ・建築や設備全般に関する専門知識を保有
  • ・ゼネコンやサブコンなどに勤務し、建築現場において施工管理経験

プロジェクトファイナンス業務

国内外における電力や資源、インフラ事業を対象としてプロジェクトファイナンスのアレンジ業とアドバイザリー業務を担うポジションです。
具体的には、各種デューディリジェンスやキャッシュフローモデリング、ドキュメンテーション、行内における審査部門との均衡などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・エネルギー事業や資源事業などのインフラ事業に関する業界知見
  • ・金融機関などにおいて、不動産ファイナンスや証券化などのストラクチャードファイナンス業務経験

みずほ銀行の転職難易度

みずほ銀行の転職難易度は非常に高いです。
日本を代表する3大メガバンクに一角であり、知名度が非常に高く、銀行業界の中でもダントツな人気を誇っています。
そのため、倍率が高くなり、転職難易度は高くなっているといえます。
また、スキルだけでなく学歴もみられる点も、転職難易度を上げている要因の一つでしょう。
みずほ銀行への転職を目指すなら、転職難易度は非常に高く、簡単ではないことをあらかじめ理解しておく必要があります。

みずほ銀行が転職者に求める人物像

みずほ銀行では、金融に携わる者としての責任を持ち、常に公平であり、公正な姿勢で業務に取り組めるような人材を求めています。
また、知的好奇心があり、考えるよりも先に行動できるような行動力をもった人材も求めている傾向があります。
みずほ銀行では、常にテクノロジーが進化し、変化し続ける金融業の中で働くため、公平でありながらも好奇心を持ち、どんなときでも行動できることが重要と考えています。
面接では、これらを上手にアピールできるようにすると良いでしょう。

みずほ銀行の転職までの流れ

みずほ銀行の選考フロー

エントリー

一次~ニ次面接

想定選考官:人事
想定内容:「なぜ金融業界を選んだのか」や「なぜみずほを選んだのか」などの志望動機など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:人事責任者・役員
想定内容:これまでにされた質問を深堀され、みずほ銀行に合う人材かを判断されます。

内定

みずほ銀行の面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回ですが、人や職種によっては最大10回まであります。
1回あたりの時間は30分程度です。

みずほ銀行の面接内容

質問内容は、「なぜ金融業界を選んだか」や「なぜみずほ銀行を選んだのか」といった志望動機など、一般的な質問から面接が進みます。
「なぜみずほ銀行を選んだのか」という部分は、非常に重要視しており、面接官を納得させられるような回答ができなければ、そこで落とされてしまう場合があります。
また、前職の実績やほかのメガバンクの印象など、こちらの思想を見るような質問もされます。
どんな質問をされても面接官を納得させられるような一貫性のある回答をできるようにしておきましょう。

みずほ銀行で働いている方の評判・口コミ

営業マネージャー、在籍7~10年、男性
顧客のために自分の知識やノウハウを磨いて役に立ち喜ばれる仕事なので、感謝されたりすると力になれて良かったなと感じることができます。また、営業は法人と個人を選ぶことができるので、自分が希望するほうの仕事に就くことができます。
個人営業、在籍3~5年、女性
研修は手厚く、さまざまなツールがあるので、スキルアップできる環境があります。資格取得も推進されていて、どんどん知識を蓄えることができるでしょう。また、勉強する時間が設けられているため、勉強しやすい環境があるでしょう。
法人営業、在籍3~5年、男性
それほど残業が多いわけではないので、比較的プライベートな時間を大切にできます。繁忙期でも20時には絶対退社となっているので、ワークライフバランスは取れているほうだと思います。また、前もって希望を出せば問題なく有給を使うことができます。
口コミの要約

みずほ銀行に口コミを見てみると、やりがいと責任感を感じながら充実した仕事ができることが伝わってきます。また、スキルアップできる環境があり、残業がそこまで多くないためワークライフバランスが良いということも伺えます。

みずほ銀行の年収・給与

年収 736万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 各種社会保険完備、持株会制度、事業所内保育所など

みずほ銀行での転職者の出世難易度

みずほ銀行の出世難易度は非常に高いです。
ただ単に実績を残せば出世できるというわけではなく、そのとき配属されている部署によって出世できるかどうかが変わってきます。
地方に支店で勤務していた場合、出世できる可能性は低く、いくら実績を残したとしても厳しいかもしれません。
一方で、本社で勤務している場合は、実績残し続けると出世できる可能性が高くなるのです。
地方勤務でも全く出世できないというわけではありませんが、本社勤務に比べると出世しにくい傾向があります。
出世を目指すなら、まずは本社で働けるようにすることが先決です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 調査役 1,000万円
30代中盤 調査役 1,200万円
30代後半 なし 1,200万円
40代前半 なし 1,200万円
40代後半 調査役 1,200万円
50代前半 参事役 1,200万円

みずほ銀行はどんな人が働いている?

みずほ銀行の従業員数

28,909名

みずほ銀行の平均年齢

41.1歳

みずほ銀行の平均勤続年数

16.9年

みずほ銀行の社風

みずほ銀行は、昔ながらの日本企業であるため、上下関係に厳しい傾向がありますが、穏やかな社員が多く在籍しているため、働きやすい環境があります。
全体的に人柄が良く、同じ部署や同じ職階内では、コミュニケーションを定期的に取り合っています。
また、真面目で優秀、かつ常識のある社員が多く在籍しているので、社内政治はしっかりしているといえるでしょう。
キッチリした雰囲気の中でも、社員同士コミュニケーション取りながら働きたいという方には向いている企業です。

みずほ銀行のワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 8:40~17:10
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、夏季休暇、年次有給休暇など
平均残業時間 月24時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

みずほ銀行の社長

藤原 弘治

1961年生まれ、広島県出身。
早稲田大学商学部卒業後、第一勧業銀行に入行。
2002年の富士銀行、第一勧業銀行、日本興業銀行の3行統合では、統合作業担当者に就き尽力、その後はみずほ銀行経営企画部参事役や全銀協会長行室長、みずほフィナンシャルグループIR部参事役などを歴任。
そして、2017年にみずほ銀行代表取締役頭取に就任。
一時的に全国銀行協会会長に就任したが、翌年退任した。
みずほフィナンシャルグループ関連会社内横断のカンパニー制導入に尽力し、非常に高い評価を得た。

みずほ銀行現職、OB/OGの有名人

林 信秀

1957年生まれ、岐阜県出身。
東京大学経済学部卒業後、富士銀行に入行。
みずほコーポレート銀行執行役員営業第十三部長やみずほフィナンシャルグループ常務執行役員営業担当役員などを歴任。
2014年にみずほ銀行頭取に就任、2017年には取締役会長に就任。
海外に10年以上駐在するなどで国際派として有名であり、非常に広い人脈を持っている。

みずほ銀行の転職に関わるQ&A


みずほ銀行は大企業であり、3大メガバンクなため、激務でブラックなのではないかと考える人も多いでしょう。
やはり有名な大企業なだけあり、仕事量は非常に多く大変な部分もありますが、残業時間はそれほど長くなく、遅くても20時には退社するようになっています。
また、残業代はしっかりと支給され、有給なども比較的取りやすいため、ブラック企業とはいえないでしょう。

みずほ銀行には、女性活躍推進を重要な経営戦略と位置付け、基本方針「4つのR」を制定しています。
その結果、女性でも部店長や課長への登用、各種キャリア教育など、女性社員のキャリア形成に力を入れているので、女性でも活躍できる環境が用意されています。

みずほ銀行へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

みずほ銀行の公式サイトにある採用ページからエントリーすることが可能です。
採用ページには、求人情報をはじめ、みずほ銀行についてや商品・サービスについてなどが掲載されています。
しかし現在、採用ページにはキャリア採用による求人情報は掲載されていません。
みずほ銀行を目指すなら転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用してみずほ銀行への転職するなら、掲載企業件数が豊富であり、ミドル~ハイクラスの案件が多い「ビズリーチ」が良いでしょう。
ビズリーチは、今の自分の市場価値を確認することができ、より自分に適したポジションへの転職ができるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・求人案件数が比較的多い
・空いている時間に転職活動ができる
・スピード感がある

豊富な企業やポジションから自分に合った求人を探したい場合や、空いている時間に転職活動をしたい人には転職サイトがおすすめです。
また、最近では転職エージェントを活用する前の下調べとして転職サイトを利用する人も多くなっているため、みずほ銀行の募集要項などが知りたい方は転職サイトをチェックしてみるのも良いでしょう。

ビズリーチではみずほグループの求人が多数掲載!

ビズリーチに掲載されているみずほ銀行の求人は1件です。


※画像はイメージです。

募集されているポジションは少ないですがビズリーチでは非公開求人が非常に多い転職サイトです。そのためキャリアアドバイザーに相談することで紹介してもらえる可能性があります。
ハイクラス求人を扱っているビズリーチなだけあり、提示されている年収は比較的高くなっています。
ただし、転職サイトから応募した場合、自身と企業とのすり合わせが上手くいかないこともあるため、スキルや経験で落とされてしまうことも少なくありません。
より確実に転職するなら転職エージェントの活用がおすすめです。

幅広いサポートを受けながら確実な転職をしたいなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してみずほ銀行への転職を目指すなら、案件数が圧倒的に多い「リクルートエージェント」がおすすめです。
キャリアコンサルタントの質が高く、業界知識に定評があり、業種や業態ごとに専門のキャリアコンサルタントが在籍しています。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・給与交渉などをはじめとした幅広いサポート
・自身と企業との高いマッチング率
・非公開求人の多さ

みずほ銀行はハイクラス求人の中では非常に高い人気を誇る企業なため、当然その競争率も高くなってしまいます。
「今の自分でも通用するのか」や「自分の理想としている転職先なのか」など、不安や心配事がある場合は、キャリアコンサルタントに相談すると良いでしょう。

リクルートエージェントではWEB面接が可能!

リクルートエージェントの求人を見てみると、ファイナンス業務やアドバイザリー業務が多く掲載されています。


※画像はイメージです。

初めての転職で不安な方や確実に転職したいという方は、幅広く案件を見られるリクルートエージェントは最適といえます。
また、リクルートエージェントは登録しなくても案件を閲覧することができるので、パッと案件を見てから登録するという方法も一つの手でしょう。

あなたがみずほ銀行に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

第一生命への転職はおすすめ?年収や難易度について調査

  ▼下記は、第一生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから第一生命に転職してくるのか ・転職先:第一生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

住友生命への転職はおすすめ?年収から社員の口コミ評判まで徹底解説

  ▼下記は、住友生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから住友生命に転職してくるのか ・転職先:住友生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

アフラックへの転職はおすすめ?評判や難易度、年収を解説

  ▼下記は、アフラックに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアフラックに転職してくるのか ・転職先:アフラックからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

日本生命への転職。面接内容や口コミを解説

  ▼下記は、日本生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本生命に転職してくるのか ・転職先:日本生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

三井住友海上の転職で採用されるには?年収は低い?口コミ評価も徹底調査

  ▼下記は、三井住友海上に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三井住友海上に転職してくるのか ・転職先:三井住友海上からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

HSBCへの転職はおすすめ?年収や業績について調査

  ▼下記は、HSBCに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからHSBCに転職してくるのか ・転職先:HSBCからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

ソニー生命の転職情報。年収や評判を調査してみた

  ▼下記は、ソニー生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソニー生命に転職してくるのか ・転職先:ソニー生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

大和証券への転職は可能?年収や評判などを紹介

  ▼下記は、大和証券に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから大和証券に転職してくるのか ・転職先:大和証券からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

三井住友銀行への転職の評判は?面接内容や年収などを解説

▼下記は、三井住友銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三井住友銀行に転職してくるのか ・転職先:三井住友銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

三菱UFJ銀行への転職は可能?年収や難易度などをまるっと紹介

  ▼下記は、三菱UFJ銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJ銀行に転職してくるのか ・転職先:三菱UFJ銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

TOP