金融

HSBCへの転職はおすすめ?年収や業績について調査

 
▼下記は、HSBCに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからHSBCに転職してくるのか
・転職先:HSBCからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

HSBCの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、大学・大学院卒が在籍。高学歴の比率が高く、海外大学の出身者も多い。

職歴

職歴は、三菱UFJ銀行などの大手銀行、外資系証券会社などが挙げられます。

退職後の主な転職先

外資系銀行、証券会社などが挙げられます。

HSBCはイギリスロンドンのカナリー・ワーフに本社があり、商業銀行を主体としている世界有数の金融グループです。
グローバル・マーケッツ事業、グローバル・バンキング事業など行っていて、外資系のなかでもワークライフバランスが優れているという特徴があります。

従業員数はグループ含め306,300人在籍していて、ロンドンのみならず日本の東京と大阪に支社を構えています。
東京支店は東京都中央区日本橋に支社を構えています。
HSBCは現在でも中途採用を行っていて、即戦力となる人材を求めています。

初めての転職でHSBCを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

HSBCの口コミや年収も大切だけど、とにかくどんな求人が出てるのか早く知りたい!
そんな人はまず、ビズリーチなどの転職サイトで掲載求人をチェックしてみましょう。

最終的にエージェントを活用する場合でも、一度はチェックしてみるのが良いでしょう。

この記事でわかること

  • HSBCの企業概要
  • HSBCの転職ポイント
  • HSBCの社風や企業文化

HSBC転職するポイント

HSBCの特徴

POINT

  • ・世界有数の金融グループ、企業のビジネス成功を支援し経済の発展を目指す
  • ・外資系、金融系の中でもワークライフバランスに優れている
  • ・HSBCグループ会社が東京と大阪に支店を構えている。香港上海銀行、HSBC証券などの事業を展開

HSBCへ転職するポイント

POINT

  • 中途採用はindeedで行っており、募集要項は全て英語で表記されている
  • ・面接では回答に対して「how?why?what?」と深堀されることが多い
  • ・職種によっては面接も全て英語で行われる

HSBCの企業概要

会社名 HSBCホールディングス
日本所在地 東京都中央区日本橋3丁目11番1号 HSBCビルディング(東京支店)
社長 ノエル・クイン
設立 1991年
株式 上場
株主構成 記載なし

HSBCの売上

HSBC

HSBCの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
収益(百万ドル) 51,445 53,780 56,098
税引後純利益(百万ドル) 11,879 15,025 8,708

HSBCの最新ニュース

HSBCの事業内容

HSBCは世界有数の金融グループです。イギリスやロンドン、カナリー・ワーフに本社があります。HSBCの目標は、世界をリードし各国から称賛される国際的な金融機関になることです。

成長市場で事業を展開しお客様を様々な機会と結びつけ、ビジネスの成功や経済の発展を目指します。
HSBCは大企業や機関投資家、金融機関、政府系機関向けに革新的な金融ソリューションの提供や金融商品の提供を行い、その規模は業界最大級を誇っています。
HSBCのグローバルネットワークは十分に統括していることにより、60以上の国や地域に展開しています。
グローバルネットワークを活用し、ソリューションの提供能力、各地域のマーケットについての知識を用いてお客様に最良のサービスを提供できるように心がけています。
また、金融世界の変化を把握できるように支援を行い、クライアントの法人や機関投資家の投資活動を支えます。

HSBCの転職の募集要項

LivePersonカスタマーサクセスディレクター

LivePersonカスタマーサクセスディレクターはLivePerson機能を用いて、ビジネス上の問題と戦略的目標を達成できる機会を特定、LivePersonソリューションをお客様の運用に組み込みます。
定期的に合意されたレビューポイントで関連するパフォーマンスレビューデータの調整、そのデータを解釈して、お客様のパフォーマンスを見極め、LivePerson製品のビジネス上の利点と使用を増やすための推奨事項サポートも行います。
また、クライアントの運用を継続的に最適化し、ベストプラクティスと学んだ教訓を開発・共有、提供します。
そのほかにもお客様のニーズに一致する戦略的アカウントプランの確立、組織開発を通じてビジネスを変革する活動の所有・推進・サポートなども行います。
求められるスキルは大きいですが、その分才能に見合った報酬が貰えるので、収入が安定する職種でしょう。

必須な経験・スキル

  • ・5年以上のカスタマーサクセス又はコンサルティング業務経験
  • ・テクノロジーの進歩と革新の最前線になりたいという気持ち
  • ・カスタマーエクスペリエンスの理解、デジタルの経験

テクニカルアカウントマネージャー

テクニカルアカウントマネージャーはお客様の技術的なリクエストを支援、技術的な問題の対処を行う業務です。
顧客の期待を管理し顧客満足度を導いて、主要な顧客関係者やスポンサーとの強力な顧客関係の構築、優れたカスタマーエクスペリエンスを提供します。
そのほかにも主要アカウントサポート指標の追跡やSLAとエスカレーションによる確実な進歩を通じて、すべての顧客エンゲージメントを監督します。
クライアントとの関係を維持しつつ、クライアントの技術的なニーズに応えるだけではなく、クライアントデータベースを角地あする機会を見つける責任があります。
お客様との関係を構築し、緊密に連携して技術的な目標を達成と課題の克服を支援するポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・ビジネスレベルの英語スキル
  • ・プロジェクト管理経験
  • ・批判的思考力と問題解決能力

HSBCの転職難易度

HSBCの転職難易度は高いです。
さらに世界的に有名な金融グループということもあり、倍率は高いことが推定されます。
中途採用の場合、最初から高いスキルや知識を求められ、即戦力として活躍できるかどうかが問われます。
また、お客様と長く付き合い、サポートや提案、運用などを行って信頼関係を構築していき、責任が伴う場合があるので、スキルや知識以外にも人柄も見られます。
人と違った経験やスキル、知識があることが重要となり、そのうえでHSBCに入社したらどんなことができるかアピールすることで、採用してもらえる可能性は高まります。

HSBCが転職者に求める人物像

HSBCは人材育成時に企業理念であるHSBCバリューを重視しています。
あらゆるビジネスに関して、HSBCバリューを守るかどうかが重要になります。
HSBCバリューとは「正しい行いを貫き、約束を果たし、粘り強さを持って、信頼を維持する」「顧客、地域、規制機関、そして互いの繋がりを大切にする」「責任感、決断力、判断力、常識を各自が備えるのみならず、周囲をも力づけることができる」の3つで、採用する際もHSBCバリューを遵守することができるような人材を採用すると推測されます。
さらには他社とのコミュケーションが図れ、周囲と良好な関係を築き、組織の枠を超えて協力できる人材が期待されます。

HSBCの転職までの流れ

HSBCの選考フロー

書類・エントリーシート提出

履歴書・職務経歴書の内容からHSBCとのマッチ度を判断されます。職種によっては英語・日本語の2種類、提出が求められるケースもあります。

1次~2次面接

想定選考官:人事
志望動機や前職までの経験など、一般的な質問をされます。

最終選考

想定選考官:役員
これまでの面接で質問した内容を深堀しつつ、改めてHSBCとマッチングしてるかを判断されます。

内々定

HSBCの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は2~3回程度です。
1回につき30分程度となります。

HSBCの面接内容

「なぜこの会社を選んだのか」「なぜ転職しようと思ったのか」など定型的な質問から始まり、徐々に深堀されていきます。
こちらの回答に対して「それはなぜ?」と返してくるので、しっかりと考えをまとめておくと良いでしょう。
また、面接は英語で行われるので、ビジネスレベルの英語力が必要であり、英語でも自分の気持ちを道筋立てて説明する能力が必須です。
さらに技術職の場合は仕事に関しての知識がどの程度あるのかも問われます。
見栄を張らず、正直に回答しましょう。

HSBCで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3~5年、男性
外資系ですが日本の企業文化に近いと感じます。ガツガツ働くというよりはのんびりしています。残業も比較的少なく、20~22時には帰宅できる人が多いです。必要以上のプレッシャーも少なく、ワークライフバランスを保ちたい人に向いています。また、e-learning中心ではありますが、研修には力を入れている企業です。
法人営業、在籍1~3年、男性
1年の最初に目標設定があり、細かく設定することも求められます。目標に基づき上司と面談し、目標達成ができたか判断されます。数字が上げれば上がるだけその分が給与に反映されるので、仕事するうえでのモチベーションアップにも繋がります。
為替、在籍3~5年、女性
キャリアアップに繋がる業務がとても多いです。研修などのスキルアップ環境も多く用意されており、成長しやすい会社だと思います。年齢に関係なくチャレンジさせてくれる風土もあり、グローバルな会社のため、色々な国の経済状況など知ることができます。
口コミの要約・まとめ

HSBCの口コミでは、社内風土や文化は日本企業に近いと感じている社員が多く見られました。残業が少なく、チームワーク重視な社風であることが伝わってきます。しかし、その反面にe-learning中心の研修制度は良くないという声も見られます。ただ、主体的に業務を行っていけば成長できる機会は多い環境が用意されているようです。

HSBCの年収・給与

年収 1,410万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 年1~2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、退職金制度など

HSBCでの転職者の出世難易度

HSBCの出世難易度は高いです。
外資系は給与も高く、志の高い人や高度なスキルや知識を持っている人が多く在籍しているので、その競争に打ち勝つのは簡単なことではありません。

上司と自己評価を決める面談が毎年あり、そのときに自分の成果をアピールする必要があります。
企業全体ではやりたいことを挑戦させてくれる風土があるので、難しいことにも果敢にチャレンジし、実績を次々と残す努力が大切になってきます。
さまざまな成果を出し続ければ、出世できる可能性が高まるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 1,000万円
30代前半 なし 900万円
30代中盤 なし 1,600万円
30代後半 なし 1,800万円
40代前半 なし 1,500万円
40代後半 なし 1,800万円
50代後半 部長 2,500万円

HSBCはどんな人が働いている?

HSBCの従業員数

30,6300人

HSBCの平均年齢

記載なし

HSBCの平均勤続年数

記載なし

HSBCの社風

HSBCはほかの外資系企業に比べると穏やかな社風です。
残業が比較的少なく、充実したプライベートを得られるワークバランスとなっています。
また、研修などのスキルアップ環境も整っているので、キャリアアップを望むこともできます。
年齢など一切関係なくやりたいことにチャレンジさせてくれる風土もあるので、さまざまなことに挑戦することができます。
社員同士のコミュニケーションも活発で、チームワークを大切にする企業文化があります。

HSBCのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00-17:00(ビジネスエリア/業務により、変形労働時間制を導入しています。)
休日 完全週休2日制(土・日)、祝日
その他の休日・休暇 記載なし
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

HSBCの社長

ノエル・クイン

1961年生まれ。
2015年にグローバル・コマーシャル・バンキング部門CEO就任。
2016年にグループ・マネージング・ダイレクターに就任。
その後2019年8月にジョン・フリントが辞任し、新たに社長に任命。
現在ではロンドンに拠点を置き、アジアや太平洋、ヨーロッパ、中東まど役200万のHSBCの中小・大手法人顧客との関係構築を統括しています。

HSBC現職、OB/OGの有名人

スチュアート・ガリバー

1959年生まれ。
1980年代、トレジャリー部門とキャピタルマーケット部門で活躍し、数々の重要な役割を果たす。
1990年代半ば、香港からアジア及び財務省の資本市場のデスクを運営するように任命。
その後もさまざまな役職を経て、2006年に最高経営責任者に任命。
2018年に社長をジョン・フリント氏に引き継ぐ。
官僚的組織から規律ある商業銀行に変革しようとしていました。
ブルームバーグマーケットで「最も影響力のあるランキング50」に選ばれたこともあります。

HSBCの転職に関わるQ&A


性別に拘らず、実力があれば女性でも出世でき、管理職にも就くことも可能です。
男性社員の割合が高いものの、女性にも機会は平等に与えられます。
また、子育てと両立させている女性社員も数多くいます。
ただし、部署によっては調整が難しい場合もあるため、面接の際に確認しておきましょう。


外資系のなかでは残業も少なく、ワークライフバランスは良いです。
部署にもよりますが、比較的有給休暇取得しやすく、前もって予定が立てることができます。
また、年に1度、2週間の連続休暇が義務付けられており、ゆっくり旅行に行くことも可能です。
自分が休んでいる間部内メンバーがカバーできるような体制も整っています。

HSBCへ転職する方法

HSBCの採用ページから申し込む

HSBCの公式サイトにある採用ページから応募ができます。
採用ページには企業からのメッセージや方針などが載っているので、目を通しておくことをおすすめします。
また、求人情報は英語で書かれているので、翻訳する必要があります。

あなたがHSBCに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

三井住友銀行への転職の評判は?面接内容や年収などを解説

▼下記は、三井住友銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三井住友銀行に転職してくるのか ・転職先:三井住友銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

ソニー生命の転職情報。年収や評判を調査してみた

  ▼下記は、ソニー生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソニー生命に転職してくるのか ・転職先:ソニー生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

三菱UFJ銀行への転職は可能?年収や難易度などをまるっと紹介

  ▼下記は、三菱UFJ銀行に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJ銀行に転職してくるのか ・転職先:三菱UFJ銀行からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

大和証券への転職は可能?年収や評判などを紹介

  ▼下記は、大和証券に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから大和証券に転職してくるのか ・転職先:大和証券からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

ゴールドマンサックスへの転職はおすすめ?仕事内容や年収について解説

ゴールドマンサックスは、投資銀行業務や証券業務を行っている企業です。 金融機関や機関投資家にアドバイスや有益な情報を提供し、成長を支援します。 1869年設立と歴史は長く、全世界の金融の中心となるグローバル企業です。 日本法人...

HSBCへの転職はおすすめ?年収や業績について調査

  ▼下記は、HSBCに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからHSBCに転職してくるのか ・転職先:HSBCからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

日本生命への転職。面接内容や口コミを解説

  ▼下記は、日本生命に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本生命に転職してくるのか ・転職先:日本生命からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

モルガン・スタンレーの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

  ▼下記は、モルガン・スタンレーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからモルガン・スタンレーに転職してくるのか ・転職先:モルガン・スタンレーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把...

野村證券への転職難易度は?給料や口コミ評判も紹介

  ▼下記は、野村證券に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから野村證券に転職してくるのか ・転職先:野村證券からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

三井住友海上の転職で採用されるには?年収は低い?口コミ評価も徹底調査

  ▼下記は、三井住友海上に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三井住友海上に転職してくるのか ・転職先:三井住友海上からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

TOP