金融

HSBCへの転職はおすすめ?年収や業績について調査

HSBCは世界有数の金融グループです。グローバル・マーケッツ事業、グローバル・バンキング事業を行っています。外資系の中でもワークライフバランスに優れているのが特徴。従業員数はグループ含め30,0000人以上です。イギリスやロンドン、カナリー・ワーフに本社があり、日本にも東京と大阪に支店を構えています。

東京支店は東京都中央区日本橋にあります。現在HSBCは中途採用を行っていません。今後行われる可能性はあるので、HSBCに興味がある人はぜひ読んでみてくださいね。

この記事でわかること

  • 三井物産の企業概要
  • 三井物産の転職ポイント
  • 三井物産の社風や企業文化

HSBC転職するポイント

HSBCの特徴

POINT

・世界有数の金融グループ、企業のビジネス成功を支援し経済の発展を目指す
・外資系、金融系の中でもワークライフバランスに優れている
・HSBCグループ会社が東京と大阪に支店を構えている。香港上海銀行、HSBC証券などの事業を展開

HSBCへ転職するポイント

POINT

・「なぜ?」と聞かれることが多いので、応えを深く考えておく
・周囲とのつながりを大切にし、信頼関係を構築できる人材が求められる
・責任感、決断力、判断力、常識を持ち、周囲をも力づけられる人材が求められる

HSBCの企業概要

会社名 HSBCホールディングス
日本所在地 東京都中央区日本橋3丁目11番1号 HSBCビルディング(東京支店)
社長 ノエル・クイン
設立 1991年
株式 上場
株主構成 記載なし

HSBCの売上

HSBCの売上推移

事業年度 2015年 2016年 2017年
売上高 82,012,000千ドル 77,683,000千ドル 91,617,000千ドル
経常利益 記載なし 記載なし 記載なし

HSBCの最新ニュース

HSBCの事業内容

HSBCは世界有数の金融グループです。イギリスやロンドン、カナリー・ワーフに本社があります。HSBCの目標は世界をリードし、各国から称賛される国際的な金融機関になることです。

成長市場で事業を展開しお客様を様々な機会と結びつけ、ビジネスの成功や経済の発展を目指します。

バンキング

グローバル・バンキング部門では、金融商品とソリューションを提供します。
たとえば、債券および株式による資本調達、アドバイザリーサービス、法人向け融資、レバレッジド・ファイナンス、など。

グローバル・マーケッツ

HSBCのグローバル・マーケッツ事業は、同業の中でも最大級です。60以上の国や地域で展開されています。法人および機関投資家のお客様が金融世界の変化を把握するための支援を行い、そしてアイデアも提供。お客様の投資活動を支えます。

アセット・マネジメント

アセット・マネジメント事業はHSBCの傘下である、HSBCグローバル・アセット・マネジメントが行います。HSBCグローバル・アセット・マネジメントは、顧客ベースにカスタマイズされたグローバルな投資ソリューションを提供。

革新的な商品やソリューション、一貫性のある投資パフォーマンスを投資家の人に届けます。

HSBCの転職の募集要項

現在HSBCでは中途採用を行っていません。

HSBCが転職者に求める人物像

HSBCは人材育成時に企業理念であるHSBCバリューを重視しています。あらゆるビジネスに関して、社員かバリューを守るのを求めているようです。採用時も、HSBCバリューを遵守することが期待される人材を採用すると推測されます。HSBCバリューとは以下のものです。

・正しい行いを貫き、約束を果たし、粘り強さを持って、信頼を維持する
・顧客、地域、規制機関、そして互いのつながりを大切にする
・責任感、決断力、判断力、常識を各自が備えるのみならず、周囲をも力づけることができる

HSBCの事業は投資家や企業との信頼関係が重要です。誠実な行いを徹底し、信頼を獲得できる人材を求めています。さらには周囲と良好な関係を築き、組織の枠を超えて協力できることが期待されます。

他社とコミュニケーションをはかり、周囲を巻き込みながら行動できる人材も必要です。

HSBCの転職までの流れ

HSBCの選考フロー

書類・エントリーシート提出

履歴書・職務経歴書の内容からHSBCとのマッチ度を判断されます。転職難易度の高い会社のため、書類選考で落とされることもあるかもしれません。職務経歴書にはこれまでの経験・成果を詳細に書くことが肝心です。

1次面接

想定選考官:人事
人事担当者と1次面接を行います。外資系企業のため面接は英語です。質問の応えに対し「なぜ?」と聞かれることも多いので、深く応えを考えておきましょう。

最終選考

想定選考官:役員
社長の最終面接を行います。社長の視点から改めてHSBCとマッチングしてるかを判断。ここまで来れれば優秀な人材ですので、後は落ち着いて自分の力を発揮ましょう。

内々定

HSBCの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は2~3回程度です。
1回につき30分程度となります。

HSBCの面接内容

過去の転職者は「なぜこの会社を選んだのか」、「なぜ転職しようと思ったのか」などを聞かれていました。面接は英語で行われるうえに、質問の応えに対し「なぜ?」とよく聞かれます。合格するには、英語で自分の気持ちを道筋立てて説明する能力が必要です。

また、技術職である場合、仕事に関して知識があるか問う質問もされます。知ったかぶりをしても「なぜ?」と聞かれるうちにバレてしまうので、正直に応えるのが肝心です。

HSBCで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3~5年、男性
外資系ですが日本の企業文化に近いと感じます。ガツガツ働くというよりはのんびりしています。残業も少なく、20~22時には帰宅する人が多いです。プレッシャーも少なく、ワークライフバランスを保ちたい人に向いています。また、e-learning中心ではありますが、研修には力を入れている企業です。
法人営業、在籍1~3年、男性
1年の最初に目標設定があり、細かく設定することも求められます。目標にもとづき上司と面談し、目標達成できたか判断されます。数字を上げればその分給与に反映されるので、モチベーションアップになりました。
為替、在籍3~5年、女性
キャリアアップに繋がる仕事が多いです。研修も多く用意されており、成長しやすい会社だと思います。年齢に関係なくチャレンジさせてくれる風土もあり。グローバルな会社のため、色々な国の経済状況など知ることができます。
口コミの要約・まとめ

HSBCは風土や文化は日本企業に近いと言っている人が多かったです。残業が少なく、チームワーク重視な所がそう感じるようでした。e-learning中心の研修制度はよくないという声もありました。ただ、主体的に業務を行っていけば成長できる機会は多いです。

HSBCの年収・給与

年収 当社規定による
ボーナスの有無 有り
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、退職金制度あり

HSBCでの転職者の出世難易度

HSBCの転職難易度は高めです。外資系は給与も高く志の高い人材が集うので、競争に打ち勝つのは難しいかもしれません。上司と自己評価を決める面談が毎年あり、自分の成果をアピールする必要があります。

やりたいことは挑戦させてくれる風土があるので、難しいことにも果敢にチャレンジしたいところ。上手く成果を出せれば上に上がれる可能性があります。

HSBCはどんな人が働いている?

HSBCの従業員数

30,6300人

HSBCの平均年齢

記載なし

HSBCの平均勤続年数

記載なし

HSBCの社風

他の外資系と比べて穏やかなのが特徴です。残業も多くなく、プライベートも充実させている人がいます。社員同士のコミュニケーションも活発で、チームワークを大切にする企業文化があります。

HSBCのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00-17:00(ビジネスエリア/業務により、変形労働時間制を導入しています。)
休日 完全週休2日制(土・日)、祝日
その他の休日・休暇 記載なし
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

HSBCの社長

ノエル・クイン

ノエル・クインはHSBCの社長を務めています。2015年にグローバル・コマーシャル・バンキング部門のCEOに、2016年にグループ・マネージング・ダイレクターに就任しました。その後2019年8月にジョン・フリントが辞任し、新たに社長に任命されました。

HSBC現職、OB/OGの有名人

スチュアート・ガリバー

スチュアート・ガリバー はHSBCの元社長です。チュアート・ガリバーは、HSBCを官僚的組織から規律ある商業銀行に変革しようとしていました。ブルームバーグマーケットで「最も影響力のあるランキング50」に選ばれたこともあります。2018年2月に社長はジョン・フリントに引き継がれました。

HSBCの転職に関わるQ&A


実力があれば女性でも出世できますし、管理職にも就くことが可能です。男性社員の割合が高いものの、女性にも機会は平等に与えられます。また、子育てと両立させている女性社員もいます。ただ、部署によっては調整が難しい場合もあるかもしれません。


外資系の中では残業も少なく、ワークライフバランスは保ちやすいです。部署にもよりますが、比較的有給休暇取得しやすく、前持って予定を立てられます。また、1年に1度2週間の連続休暇が義務付けられており、ゆっくり旅行に行くことが可能です。自分が休んでいる間部内メンバーがカバーできるような体制も整っています。

HSBCへ転職する方法

方法①|HSBCの採用ページから申し込む

HSBCは、執筆時点において中途採用を行ってはおりません。

方法②|転職エージェント経由で申し込む

HSBCは、現在中途採用の募集はされてませんが、転職エージェントが非公開求人を持っている可能性が有ります。HSBCに転職を考えている方は転職エージェントに相談してみましょう。

関連記事

三菱UFJ銀行への転職は可能?年収や難易度などをまるっと紹介

1919年に三菱銀行が設立され、その後2006年に合併したことにより誕生した三菱UFJ銀行。 従業員数は33,000人を超えており、国内に750店舗、アジア、ヨーロッパをはじめとする海外に72店舗展開しており、現在では日本の3...

住友生命への転職はおすすめ?年収から社員の口コミ評判まで徹底解説

大阪府を拠点に日本を代表する生命保険会社として事業を展開している住友生命。 住友グループに所属しており、1907年に設立後、長年にわたって保険引受業務を軸として会社の基盤を固めています。 現在、グローバル展開も積極的に行っており...

三井住友海上の転職で採用されるには?年収は低い?口コミ評価も徹底調査

日本を代表する保険会社である三井住友海上。1918年の創業以来、100年以上の歴史を誇る伝統的な企業でもあります。 MS&ADインシュアランスグループ傘下の完全子会社で、損害保険業務をメインに、資産の運用や債務保証といった...

第一生命への転職はおすすめ?年収や難易度について調査

第一生命は、生命保険や年金などの金融商品を販売する保険会社です。これまでリーディングカンパニーとして業界を引っ張ってきました。グローバル展開にも積極的で、海外でも金融業務を行っています。 本社は東京都千代田区有楽町に構え、...

日興コーディアル証券の転職事情とは?年収やノルマの有無などを調査!

三井住友フィナンシャルグループの傘下にある総合証券会社として高い知名度を誇っている日興コーディアル証券。日本3大証券の1つともいわれており、顧客数もトップクラスの企業です。 「銀証融合」を掲げた独自のビジネスモデル展開が特徴で、リ...

ゴールドマンサックスへの転職はおすすめ?仕事内容や年収について解説

ゴールドマンサックスは、投資銀行業務や証券業務を行っている会社です。金融機関や機関投資家にアドバイスや情報を提供し、成長を支援します。全世界の金融と中心となるグローバル企業です。日本法人もあり、本社は東京都港区六本木に構え、従業員数...

野村證券への転職難易度は?給料や口コミ評判も紹介

野村證券は野村グループの中核企業として証券業務を行っており、その圧倒的な営業力を武器に証券業界で日本の三大証券の1ついわれている証券企業です。 証券会社で勤務されている方であれば、知らないという方はいないくらいのとても有名な企業で...

HSBCへの転職はおすすめ?年収や業績について調査

HSBCは世界有数の金融グループです。グローバル・マーケッツ事業、グローバル・バンキング事業を行っています。外資系の中でもワークライフバランスに優れているのが特徴。従業員数はグループ含め30,0000人以上です。イギリスやロ...

大和証券への転職は可能?年収や評判などを紹介

日本の5大証券会社の一角を担う「大和証券」。不祥事が目立った時期もありましたが、やはり大手企業としてのブランドを保っている企業だと思います。では、そんな大和証券に転職するためには、どのような強みやスキルが必要なのでしょうか?この...

アフラックへの転職はおすすめ?評判や難易度、年収を解説

アフラック生命保険株式会社は、アメリカのジョージア州に本社を持つ保険会社「アフラック・インコーポテッド(Aflac Incorporated)」の日本法人です。 がん保険のパイオニア的企業とも言われていて、日本では1974年より事...

TOP