グループ企業

KODANSHAtechへの転職は難しい?年収や口コミなどを調査

KODANSHAtechは、デジタル市場の発展に伴い、デジタルメディアの研究や開発に特化した講談社の子会社です。
継続的な開発と改善を行う研究開発チームであり、数々の取り組みを行ったその結果、「現代ビジネス」は月間1億PVを達成した実績を持っています。
そのほかにも、「FRaU」や「ViVi」などの女性誌系メディアでも成果を挙げており、ビジネスの地平を広げる活動を行っています。
東京都文京区音羽に本社を構えており、2020年設立と歴史はまだ浅いですが、今後の展開に一目置かれている企業です。
そんなKODANSHAtechでは、メディアに興味があり即戦力となる人材を求めています。

初めての転職でKODANSHAtechを目指すなら「ビズリーチ」を見るべし!

KODANSHAtechの年収や口コミも気になるけど、先にどんな求人があるのか知りたいという方は、ビズリーチなどの転職サイトで掲載されている求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチでは、ハイクラス求人を豊富に扱っているため、職種がまだ定まっていない場合は、ここで比較することをおすすめします。
転職エージェントの活用を考えている場合でも、情報収集として事前に転職サイトをチェックしておくことで、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • KODANSHAtechの企業概要
  • KODANSHAtechの転職ポイント
  • KODANSHAtechの社風や企業文化

KODANSHAtechに転職するポイント

KODANSHAtechの特徴

POINT

  • ・講談社のデジタルメディアの研究開発に特化した企業
  • ・数々の取り組みを行い、月間1億PV突破
  • ・充実した福利厚生があり、安定して働ける

KODANSHAtechへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に少ない
  • ・現在ではエンジニアのみの求人募集
  • ・非常に専門的な知識やスキルがあることが求められる

KODANSHAtechの企業概要

会社名 KODANSHAtech合同会社
本社所在地 東京都文京区音羽2丁目12番21号
代表者 長尾 洋一郎
設立 2020年2月2日
株式 非上場
株主構成 株式会社講談社(100%)

KODANSHAtechの売上

KODANSHAtechは非上場のため、親会社の講談社の売上を掲載いたします。


KODANSHAtechの売上推移

年数 2016年 2017年 2018年
売上高 117,200百万円 117,900百万円 120,400百万円
経常利益 5,100百万円 4,300百万円 4,700百万円

KODANSHAtechの最新ニュース


KODANSHAtechの最新情報を掲載しております。

KODANSHAtechの事業内容

KODANSHAtechはデジタルメディアの研究や開発に特化した企業です。
「コンテンツをより豊かな形で自在に届けるための技術」を磨き、継続的な買い奴・改善を行っており、数々のサービスを提供しています。
月間1億PVを達成した「現代ビジネス」や「FRIDAYデジタル」の提供や、「FRaU」や「ViVi」、「VOCE」などの女性誌系メディアも提供を行っています。
さらには科学者支援クラウドファンディングサイト「ブルーバックスアウトリーチ」を企画・開発を行うなど、ビジネスの幅を広げる活動も行っており、これらの取り組みをより加速させるため、中長期的な視点を保持しながらコンテンツを世界中に届けることを目指している企業です。
今後の展望として、総合コンテンツ企業ならではの個性を発揮し、講談社グループの新たなプレイヤーとして、コンテンツ提供のあり方を常に模索していくと発言しています。

KODANSHAtechの転職の募集要項

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアは、ウェブメディアの基盤開発やサブスクリプションシステムの開発などを行うポジションです。
そのほかにも、インタラクティブな機能追加などメディアのリッチ化や、オンラインでの書籍・コミック提供方法の研究と実装、クラウドファンディングなどの新規事業の提案と実装なども行います。
メディアやコンテンツに興味ある方やユーザーに近い場所で新しい技術的挑戦を行いたいと思っている方は優遇される可能性があります。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の社会人経験
  • ・コミュニケーション能力
  • ・創造力豊かであり、斬新なアイデアの創出

KODANSHAtechの転職難易度

KODANSHAtechの転職難易度は比較的高いです。
KODANSHAtechは2020年設立と歴史は浅いですが、大量に人材を募集しているというわけではなく、少数で尚且つ優秀な人材を求めている傾向があります。
その狭き門のKODANSHAtechには優秀な転職者が応募しているため、必然的に倍率が高くなり、その結果、転職難易度は高くなってしまうのです。
そのなかから、自分を採用してもらうには、ほかの人と差を付けられるスキルや経験があることが大切です。
面接の際はそれらを上手にアピールしましょう。

KODANSHAtechが転職者に求める人物像

KODANSHAtechでは、技術力はもちろんのこと、それと同等にコミュニケーション能力を持っている人材を求めています。
KODANSHAtechにとって、コミュニケーション能力は非常に重要であり、コミュニケーション能力がなければ、コンテンツを面白いものにできないという考えがあります。
また、外部のベンダーに入るときや現場から意思決定権者に案件を上げる場合などでは、技術を非技術の文脈で生活している人に伝える「通訳」としてコミュニケーション能力が必要です。
それほどコミュニケーション能力は必須であり、コミュニケーション能力がなければKODANSHAtechで働くことは難しいでしょう。

KODANSHAtechの転職までの流れ

KODANSHAtechの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~二次面接

想定選考官:人事
志望動機や前職までの経験など、定型的な質問をされます。

最終選考

想定選考官:役員
これまでにされた質問を再度確認し、改めてKODANSHAtechにマッチしているかを判断されます。

KODANSHAtechの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は基本的に2~3回です。
面接は1回あたり30分前後です。

KODANSHAtechの面接内容

KODANSHAtechの面接は、志望動機や前職までの経験など、定型的な質問から進みます。
そのほかにも、「どんな本が作りたいか」や「作家になろうと思ったことはある?」なども質問されます。
出版社なだけあり、本に関しての質問が多くされるので、しっかりと回答できるよう事前に準備しておく必要があります。
面接の雰囲気は和やかであり、圧迫面接などはほとんどありません。
企業研究と自己分析をしっかりと行い、リラックスして面接に臨むと良いでしょう。

KODANSHAtechで働いている方の評判・口コミ

経営企画 在籍3~5年 男性
デジタルメディアに特化している企業で大手企業の傘下なだけあり、通常関われないような大きいプロジェクトに参加することができます。関わるものが好きなものであれば非常にやりがいを感じながら働けるでしょう。
出版・印刷 在籍1~3年 男性
所属する部署によりますが、将来編集者を目指すのであれば、最前線の編集者が多く、関わることができるため、自然とスキルアップに繋がります。ただし、研修や勉強会などはほぼないので、積極的に行動しなければ成長はできないと思います。
編集者 在籍3~5年 女性
定時で上がれることが多く、プライベートな時間を大切にできます。時期によっては残業もほとんどないので、予定が入れやすいです。仕事とプライベートをメリハリつけたい人には向いている企業だと思います。
口コミの要約

KODANSHAtechの口コミを見てみると、大企業の傘下だけあって、普段では関わることができない業務にあたれるということが分かります。また、ワークライフバランスが良く、プライベートを大切にできるということも伺えます。

KODANSHAtechの年収・給与

年収 300万~1,000万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、各種保険、定期健康診断など

KODANSHAtechでの転職者の出世難易度

KODANSHAtechの出世難易度は中程度です。
KODANSHAtechには優秀な人材が多く在籍していますが、まだまだ発展途上の企業であり、実績を残すことで出世することができます。
努力を続け、ほかの人よりも多くの実績を残すことで、出世への道は拓けるでしょう。

KODANSHAtechはどんな人が働いている?

KODANSHAtechの従業員数

記載なし

KODANSHAtechの平均年齢

44.1歳

KODANSHAtechの平均勤続年数

記載なし

KODANSHAtechの社風

KODANSHAtechは比較的自由な社風です。
勤務時間が、手持ちの案件に応じて、有機的に変えることが可能であり、自身のペースで働くことができます。
また、さまざまな案件にコミットすることで、技術的・社会的なスキルを積むことができる環境があり、自分の「市場価値」や案件の「面白さ」のバランスを自身で取りつつ、納得して働くことができるでしょう。

KODANSHAtechのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 記載なし
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、年末年始休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 20時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

KODANSHAtechの代表者

長尾 洋一郎

1982年生まれ。
東京大学で数学を学んだのち講談社へ入社。
文芸局にて小説の単行本編集の経験を積み、2017年に「週刊現代」の編集部へ異動、ウェブメディアに関わる。
2018年に社内エンジニアリング集団である事業戦略チーム「techチーム」を発足、チーム長に就任し、2019年からはゼネラルマネージャーに就任。

KODANSHAtech現職、OB/OGの有名人

野間 省伸

1969年生まれ、東京都出身。
1991年に慶応義塾大学法学部政治学科卒業後、三菱銀行に入行。
1999年に講談社に入社し、取締役に就任。
その後も常務取締役や代表取締役社長を歴任し、2011年に講談社の代表取締役社長に就任。
現在は、日本電子書籍出版社協会の代表理事も務めている。

KODANSHAtechの転職に関わるQ&A


KODANSHAtechは自由な働き方ができるため、非常に働きやすい環境があるといえます。
自身の抱えている案件によって勤務時間の変更が可能であり、自分らしく働くことができるでしょう。
また、積極的にテレワークを導入しているため、一人一人に合った働き方が可能となりました。
プライベートタイムも大切にできるので、メリハリつけて働きたいという方には嬉しい企業です。


KODANSHAtechは男性のみならず、女性でも働きやすい環境が整っています。
充実している福利厚生や産休などがあるため、女性でも安心して働くことができるでしょう。
また、女性誌を扱っているため、より女性が活躍できるといえます。

KODANSHAtechへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

KODANSHAtechの公式サイトにある採用情報ページから応募ることができます。
公式サイトには現在応募している求人情報が掲載されているので、どんな仕事があるのか知りたいという方は、一度チェックしておくと良いでしょう。
ただし、掲載されている情報量はそれほど多くはなく、より詳しい情報が知りたい場合や公式サイトに載っていないような求人に応募したいという方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

「ビズリーチ」では年収800万円超え求人が多数

転職サイトを活用してKODANSHAtechに転職したいなら、掲載数がトップクラスで、ハイクラス求人を多く扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。
現在、ビズリーチに掲載されているKODANSHAtechの求人はありませんが、同業他社の求人が多く掲載されています。


※画像はイメージです。

ハイクラス求人を多く扱っているビズリーチなだけあり、年収は800万円以上と比較的高くなっています。
また、非公開求人を多く持っているビズリーチは、キャリアアドバイザーに相談することで非公開求人を紹介してもらうことができます。
ただし、ビズリーチを含め転職サイトは、自身と企業側とのすり合わせが上手くいかないこともあり、スキルや経験で面接を落とされてしまうことも珍しくありません。
より確実に転職したいのであれば、転職エージェントの利用がおすすめです。

通過率が高く、幅広いサポートをしてもらえる「JACリクルートメント」

KODANSHAtechへの転職で、転職エージェントを活用するなら「JACリクルートメント」がおすすめです。
専門性の高いキャリアアドバイザーが多数在籍しているため、KODANSHAtechへの転職成功率は上がるでしょう。
また、JACリクルートメントは両面エージェントであり、企業と直接的な繋がりを持っているキャリアアドバイザーへ相談することが可能なため、転職活動をより有利に進めることができます。
さらには、幅広いサポートをしてもらえるので、初めての転職活動や転職に対して不安や悩みがある方は、JACリクルートメントを活用したほうが良いでしょう。


※画像はイメージです。

JACリクルートメントの求人案件は、基本的に非公開求人となっています。
企業名は伏せられていますが、ミドルやハイクラス求人が多数掲載されています。
また、普段表に出ないような求人を紹介してもらえることもあるので、思いがけないポジションを紹介してもらえる可能性があります。

クリエイティブの職種に強い「マイナビクリエイター」

クリエイティブ職の募集が多いKODANSHAtechへ転職するなら、クリエイティブ職に強みを持っている「マイナビクリエイター」がおすすめです。


※画像はイメージです。

マイナビクリエイターはクリエイティブ職に精通している転職エージェントなので、自分のキャリアやスキル、経験などの話がしやすく、クリエイティブ職のことについてより深く会話ができるので、安心して転職活動を進めることができます。
現在、KODANSHAtechの求人はありませんが、同業他社の求人は多く掲載されているので、一度チェックしてみると良いでしょう。

あなたがKODANSHAtechに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

NTTデータに転職したい方必見。中途入社の難易度や年収を解説

  ▼下記は、NTTデータに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTデータに転職してくるのか ・転職先:NTTデータからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

日産自動車の転職難易度は?中途採用の年収や社員の口コミ評判を徹底調査!

▼下記は、日産自動車に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日産自動車に転職してくるのか ・転職先:日産自動車からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

NTT東日本へ転職するには?年収や面接難易度について調査

  ▼下記は、NTT東日本に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTT東日本に転職してくるのか ・転職先:NTT東日本からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

  ▼下記は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:三菱UFJリサーチ&コンサルティン...

KODANSHAtechへの転職は難しい?年収や口コミなどを調査

KODANSHAtechは、デジタル市場の発展に伴い、デジタルメディアの研究や開発に特化した講談社の子会社です。 継続的な開発と改善を行う研究開発チームであり、数々の取り組みを行ったその結果、「現代ビジネス」は月間1億PVを達成し...

エイベックスへの転職難易度は?現場の口コミや面接内容を調査!

  ▼下記は、エイベックスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからエイベックスに転職してくるのか ・転職先:エイベックスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

セブン&アイ・ネットメディアに転職するべき?口コミや面接内容を調査

  ▼下記は、セブン&アイ・ネットメディアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセブン&アイ・ネットメディアに転職してくるのか ・転職先:セブン&アイ・ネットメディアからどこへ転職するのか...

三菱地所への転職難易度は?将来性や激務との噂も徹底解説

国内大手デベロッパーである三菱地所。 東京屈指のオフィス街である丸の内エリアを中心とし、国内に止まらず海外の都市開発も行う、グローバルな総合デベロッパーです。 本社は大手町に位置し、従業員数は連結で9,439名です。 三菱地所は、...

JTBは未経験でも転職可能?評判や仕事内容を徹底解説

▼下記は、JTBに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJTBに転職してくるのか ・転職先:JTBからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょ...

ベネッセの転職情報まとめ。中途採用のwebテスト難易度や社員の評判を調査

▼下記は、ベネッセに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベネッセに転職してくるのか ・転職先:ベネッセからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

TOP