グループ企業

PHCホールディングスへの転職。面接の突破難易度や質問内容などを調査

▼下記は、PHCに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからPHCに転職してくるのか
・転職先:PHCからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・医療機器メーカー
    ・電機メーカー
      

  • PHCホールディングス株式会社

  • 主な転職先

    JFE商事三井物産などの商社
    PwCなどのコンサル
    コニカミノルタなどの電機メーカー

PHCの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

職歴

医療機器メーカーや電機メーカーがあげられます。

退職後の主な転職先

JFE商事三井物産などの商社や、PwCなどのコンサル、コニカミノルタなどの電機メーカーがあげられます。

医療機器やヘルスケアIT、ライフサイエンスなどの分野で製造販売などを行っているPHC。パナソニックのヘルスケア事業を継承した独自の経営路線で成長を続け、2021年10月には東証1部に新規上場を果たしました。糖尿病を含めたライフサイエンス分野には特に強みを発揮しており、今後の動向が注目されています。

PHCは、プロダクトマネージャー、エンジニアなど幅広い職種でキャリア採用を行っています。この記事では、PHCへの転職を検討している人に向け、PHCへ転職を目指す上で必ず知っておきたい面接の傾向や社員の口コミなどを徹底的に紹介します。

PHCへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・PHCの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することが可能です。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開できるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • PHCの企業概要
  • PHCの転職ポイント
  • PHCの社風や企業文化

PHCに転職するポイント

PHCの特徴

POINT

  • ・パナソニックのヘルスケア事業を引き継いで発展した医療機器メーカー
  • ・2021年10月に東証1部へ上場し、動向が注目されている
  • ・パナソニックの風土が残っており、福利厚生が手厚いとの声多数

PHCへ転職するポイント

POINT

  • ・プロダクトマネージャーやエンジニアなど多彩な求人あり
  • ・面接は志望動機を深堀りされるとの情報多数
  • ・急成長中の注目企業であり、どの職種も人気は高め

PHCの企業概要

会社名 PHCホールディングス株式会社
本社所在地 東京都港区西新橋2丁目38番5号
社長 ジョン・マロッタ
設立 2013年
株式 上場(東証1部)
株主構成 KKR PHC Investment L.P. (45.77%)
三井物産株式会社 (20.17%)
株式会社生命科学インスティテュート (12.59%)
パナソニック株式会社 (10.79%)

PHCの売上

PHCの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 186,546百万円 272,637百万円 306,071百万円
経常利益 20,650百万円 5,611百万円 22,788百万円

PHCの最新ニュース

PHCの事業内容

PHCは、医療機器やヘルスケアIT、ライフサイエンスに関連した製品の製造販売、開発などを行っています。糖尿病マネジメントやヘルスケアなど、ニーズの高い分野には特に注力しており、世界125カ国以上に事業を展開中です。

糖尿病マネジメント分野では、子会社であるアセンシア・ダイアベティスケアと連携しながら、血糖自己測定システムや独自の糖尿病管理ソリューションの提供を行っています。1991年に発売された「電気化学式自動吸引型血糖センサ」は業界初の血糖値測定システムであり、同分野でのパイオニア的存在として有名です。

ヘルスケア分野では、覚醒剤検査や麻薬検査などの検査事業を行っています。また、創薬支援や開業支援も行っており、ライフサイエンスに関連する事業を包括的に扱っていることが特徴的です。

PHCの募集要項

プロダクトマネージャー

PHCの新規事業であるクラウドサービスの立ち上げや事業化などから携わり、あらゆる場面で企画、実行などを行います。プロダクトの意思決定を担う、重要なポジションです。市場や業界動向、顧客ニーズの徹底的な分析や、事業全体のマネジメント能力が求められます。

必須な経験・スキル

  • ・プロダクトマネージャーか、それに準じる2年以上の経験
  • ・SaaSビジネス経験
  • ・サービス戦略や開発、運営などに関する知見があること
  • ・大規模Webサービスの企画や開発、運用経験

テクニカルサポートエンジニア

メディコム事業部カスタマーサービス部に所属し、ハードウェアやネットワークに関連する技術的なカスタマーサポートなどが職務内容です。一次対応では解決できなかった問題に、技術的な側面からアプローチすることが求められます。主任級としての採用が想定されており、幹部への出世も狙える職種です。

必須な経験・スキル

  • ・ネットワーク関連機器、あるいはハードウェア関連のサポート経験が3年以上

PHCの転職難易度

PHCの転職難易度は中程度です。PHCは、非常に多彩な職種で募集を行っていることが特徴といえます。近年急速に業績が拡大していることもあり、プロダクトマネージャーなど主任級のポジションでの採用も多いです。エンジニアやマーケティングなどの募集もあり、職種にこだわりがある場合でも転職が狙いやすくなっています。

しかしながら、注目されている企業な分、採用の倍率が高めであることも事実です。また、面接でも志望動機を中心にかなり掘り下げた質問が多くなっています。求人が豊富にあるとはいえ、気を抜くことなく対策を進めていく必要があるでしょう。

PHCが転職者に求める人物像

PHCは、経営理念として「健康を願うすべての人々に新たな価値を想像し豊かな社会づくりに貢献します」という文言を掲げています。この理念を実現するために、行動規範としてPHCが転職者に求めているものは「多様性とチームワーク」「イノベーション志向」「チャレンジ精神」「高い倫理観」の4つです。

PHCは、パナソニックのライフサイエンス部門が発展して成長してきたという経緯があります。現在でもクラウドサービスなど新規事業の立ち上げが盛んであるため、イノベーション志向やチャレンジ精神など、新しいものに取り組んでいく意欲に富んだ人材が向いている企業です。

PHCの転職までの流れ

PHCの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事部・現場社員
想定内容:PHCの1次面接は、主に人事部と現場社員が担当します。面接官は常に3名以上いるようです。1次面接でかなりふるい落としているようだという情報があったため、入念な対策を行いましょう。

最終面接

想定選考官:人事部長・役員
想定内容:最終面接は、人事部長や役員などが担当します。1次面接での内容も踏まえながら、志望動機、入社後のビジョンなどについてさらに掘り下げた質問が多いです。

内定

PHCの面接形式

PHCの中途採用面接は、ポジションによって異なるものの書類選考と2回の面接がオーソドックスなパターンとなっています。面接官はいずれの面接でも3名以上いるようです。応募者は1人ずつ面接を行います。

面接1回あたりにかかる時間は40分程度と標準的な長さです。選考期間は1ヶ月弱となることが多く、やや選考までに時間を要することもあります。

PHCの面接内容

PHCの面接は、志望動機や入社後にやりたいことなどの基本的な内容と、それぞれの職種に応じた具体的な質問の2つで構成されています。

これといって答えにくいような質問はないものの、特に志望動機についてはかなり掘り下げられるという情報が複数ありました。少しでも矛盾しているような点があるとかなり詰められてしまうこともあるようなので、よく練っておく必要があります。

職種に応じた質問の例としては、「泥臭い仕事もあるがどうか?」といった質問をされた人や、研究職の面接で「アカデミアではなくビジネスマンとして働くことをどう思うか?」と聞かれた人がいました。答えにくいような質問があったとしても、ネガティブな回答は控えるのが無難です。

PHCの選考対策・口コミ

最新情報

・志望動機についてかなり掘り下げられるため、対策が必要
・求人情報はGreenやDODAなどでも確認できる
・経営理念については目を通しておくことが必須

PM、在籍1年、男性
志望動機について、かなり掘り下げられました。「どうしてそのように考えたのか?」を何回も繰り返すような質問方法が印象的で、内容に矛盾やごまかしているような点があるとすぐにバレてしまうと思います。
事務、在籍2年、女性
入社後にやりたいことや、どうしてPHCを志望したのかなど基本的な内容がメインでした。医療機器に興味があったため、それに携わりたい旨を具体的なエピソードも交えながら伝えるように心がけました。
エンジニア、在籍3年、男性
経営理念を知っているかを問われました。事前に確認しておいたため、その旨を答えたところ、それに共感できたかどうかなどを聞かれました。
研究開発、在籍9年、男性
志望動機についてはかなり掘り下げられた印象です。また、PHC以前は大学で働いていたため、アカデミアではなくビジネスマンとして働くことに抵抗はないのか、などを聞かれました。
マーケティング、在籍4年、女性
これまでの経験や志望動機など、オーソドックスな内容についてが中心でした。質問内容はそれほど多くない一方で、一つ一つについてかなり丁寧に聞かれた印象です。

PHCで働いている方の評判・口コミ

研究開発、在籍5年、男性
全体的にパナソニックの風土を残した会社です。食事手当など福利厚生もかなり手厚く、制度面がかなり充実していることがこの会社の良さだと言えます。コンプライアンスにかなりうるさく、社員教育にも力を入れています。高齢化が進行しておりヘルスケア分野は今後も成長することが見込まれているため、将来性については心配ありません。
PM、在籍12年、女性
キャリア設計などについて人事が相談に残ってくれることがあり、社員を大切にしている文化があります。一方で社内の制度は縦割りで、事業部間の交流が少ないです。文化や制度も事業部によって異なるところが大きく、会社全体としての統一感に欠けます。今後はグローバル展開を計画していますが、どこまで事業の縦割りを改善できるかが課題です。
マーケティング、在籍10年、男性
残業が多い時期と少ない時期がありますが、総じてワークライフバランスはかなりよく、働きやすい会社だと思います。部署によっては完全フレックスタイムを導入しているところもあるようです。産休や育休の制度もあり、取得後もほとんどの社員が復帰します。
口コミの要約

パナソニックの風土を受け継いだ会社であり、人を大切にする文化があるという口コミが多数。年間およそ7万円の食事手当など、福利厚生が充実しているという声も多く聞かれました。

社内の制度については、縦割りであり非効率だと厳しく指摘する声も。今後のグローバル展開に向けて、事業部間の交流の活性化が求められているという意見が目立ちました。

PHCの年収・給与

年収 764.0万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(一部)
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 各種社会保険制度、育英補助、食事手当、子ども手当、出産祝い金、要介護者に対する一時金、財産形成積立、独身寮、社宅制度など

PHCでの転職者の出世難易度

PHCでの転職者の出世難易度は中程度です。PHCは実力主義と年功序列を併用した評価制度を敷いています。年々成果を重視する方向へ転換を進めていますが、まだまだ勤続年数も重要なファクターとなっているようです。転職者が出世するためには、年に2回ある評価で高評価を得る必要があります。

評価は相対評価となっているため、競争が促されていると感じている社員も多いです。勤続年数が同じであれば、中途採用と新卒採用の間で評価に差が生じるということはありません。出世を狙うためには、コツコツと実績を上げつつ、半年ごとに積極的なアピールを行うことが重要です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 主任 900万円
40代前半 なし 900万円
40代後半 課長 1,100万円
50代前半 課長 1,100万円

PHCはどんな人が働いている?

PHCの従業員数

9,753人(連結)

PHCの平均年齢

44.0歳

PHCの平均勤続年数

23.1年

PHCの社風

PHCの社風は、パナソニックの社風を色濃く反映しているようです。福利厚生などはかなり充実していて、名実ともに社員を大切にする文化があると感じている社員も多くいます。働きやすい企業を選出する「ホワイト500」に選出されたこともあり、全体的にワークライフバランスも保ちやすい優れた風土があると言えそうです。

一方、社内には至るところで縦割りの文化が根付いています。新規事業を立ち上げるときもこの縦割りが弊害となってしまうことが多いようです。事業部内での仲は良くても事業部間の交流がほとんどない、ということも珍しくありません。今後ますます成長を加速させていく上で、体制の改善が求められています。

PHCのワークライフバランス

副業可否 可能(要申請)
勤務時間 9:00-17:30(本社例)
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 有給休暇、休日日数126日、GW、夏期休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、長期節目休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月19.9時間(
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

PHCの社長

ジョン・マロッタ

1985年生まれ。
米国オハイオ州出身。2002年デンバー大学ダニエルズ・カレッジ・オブ・ビジネスでMBAを取得。同年、ヤンセン・ファーマシューティカへ入社する。2010年、エマージ・メディカルの社長兼CEOへ就任後、2014年カーディナル・ヘルス・バイスプレジデント。2021年、マイケル・クロスの後を継いでPHCの社長へ就任した。

PHC現職、OB/OGの有名人

宮崎 正次

PHCの専務取締役。1990年、九州工業大学を卒業。同年松下寿電子工業(現・PHC)へ入社する。2014年、パナソニックヘルスケア(現・PHC)の取締役執行役員へ就任。翌年の2015年には同社の取締役常務執行役員へ就任した。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

PHCの転職に関わるQ&A


PHCは、「ホワイト500」に選出されたことがあるなど、働きやすい企業として知られています。福祉面もかなり手厚く整っているようです。年休も25前後とかなり多く確保されており、半日年休など柔軟な取得もできます。繁忙期などは残業が増えることもあるようですが、基本的には十分働きやすい環境だといえるでしょう。

PHCは、女性の働きやすさを選出する指標である「えるぼし」において、最高段階である「三つ星」を2017年に取得しています。この指標は採用比率や継続した就業、労働時間等の働き方や管理職の比率、キャリアコースなど幅広く女性活躍を評価するものです。社員からも「女性の活躍を積極的に推進している雰囲気があった」など好意的な意見が多く聞かれました。

PHCへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

PHCの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、企業メッセージやオフィスについて、制度・福利厚生についてなど、有益な情報が掲載されているため、応募する前に目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいがちです。
できるだけ時間をかけずに素早く転職したい方や公式サイトに載っていないような求人に応募してみたい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

IT企業の募集要項を一緒に確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してPHCに転職するなら、競合他社の募集要項を一緒に比較することが可能な「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・求人案件確認~応募までのスピード感

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行えるという手軽さがあるので、比較的時間をかけずに転職することが可能です。
また、求人案件が比較的豊富であり、求人案件の確認から応募までがスピーディーに進みます。
できるだけ時間をかけずに転職したい方やさまざまな企業を比較したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社他社の募集要項をまとめて比較するなら「iX転職」

iX転職には、競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの平均年収は、800万円~1,200万円となっており、別サイトと比べ、比較的高く設定されています。
また、iX転職では、一般的に掲載していない非公開求人を多く持っている転職サイトとして有名であり、ヘッドハンターに相談することで自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。
「自分の今の能力で活躍できる企業がどれほどあるのか」や「募集要項はどのような違いがあるのか」などを知りたい方は、iX転職にまずは登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

あなたがPHCに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

大林組への転職事情。年収や口コミなどを解説

▼下記は、大林組に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから大林組に転職してくるのか ・転職先:大林組からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

日本ロレアルへ転職するべき?評判や年収などについて解説

日本ロレアル転職者の主なキャリアステップ ...

三井不動産への転職はおすすめ?転勤の噂や採用難易度を解説

▼下記は、三井不動産に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三井不動産に転職してくるのか ・転職先:三井不動産からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

松竹の転職事情。難易度や口コミなどを解説

▼下記は、松竹に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから松竹に転職してくるのか ・転職先:松竹からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう...

テレビ朝日への転職。就職難易度や面接内容を徹底解説!

▼下記は、テレビ朝日に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからテレビ朝日に転職してくるのか ・転職先:テレビ朝日からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

NTT西日本への転職はおすすめ?年収や転職難易度について解説

NTT西日本転職者の主なキャリアステップ ...

伊藤忠商事の転職難易度は?面接内容や中途採用の年収も解説

伊藤忠商事転職者の主なキャリアステップ ...

東京建物の転職難易度は?年収や口コミなどを解説

▼下記は、東京建物に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから東京建物に転職してくるのか ・転職先:東京建物からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

ソニーへの転職難易度は?面接や年収について徹底調査

ソニー転職者の主なキャリアステップ ...

ニトリへの転職。難易度や中途採用者からの評判を紹介

▼下記は、ニトリに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからニトリに転職してくるのか ・転職先:ニトリからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

TOP