グループ企業

ANAへの転職で年収アップ!社員の評判や面接内容を徹底調査

▼下記は、ANAに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからANAに転職してくるのか
・転職先:ANAからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・プロパー社員
    ・転職元の特徴は特になし

  • 全日本空輸株式会社

  • 主な転職先

    ・転職先の特徴は特になし

ANAの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、大学は国立大学、早慶やMARCHといった有名私立大学の割合が多くなっています。

職歴

ANA在籍者の主な職歴は特になく、プロパー社員がほとんどであり、転職者も一部いますが、転職元の特徴は特にありません。

退職後の主な転職先

ANAから転職したという事例はほとんどなく、ANAからの転職者は少数であり、転職先としての特徴などは特にありません。

ANAは国内線、国際線ともに日本国内最大規模を誇っている航空会社です。
イギリスのスカイトラックスによる航空会社の格付けにて、最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ」の認定を得ており、日本の航空会社では史上初の獲得となりました。
2012年に発足、東京都港区東新橋に本社を構えており、14,830名もの社員が在籍している大企業です。
そんなANAでは、専門職ポジションで専門性に特化したスキルや知識を持っている優秀な人材を求めています。

初めての転職でANAを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

ANAの年収や口コミも気になるけど、それよりも先にどんな求人が出てるのか知りたい!
そんな方はまず、ビズリーチなどの転職サイトで掲載されている求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチでは、ハイクラス求人を豊富に扱っているため、転職先がまだ定まっていないという方は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にビズリーチをチェックしておくことで、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ANAの企業概要
  • ANAの転職ポイント
  • ANAの社風や企業文化

ANAに転職するポイント

ANAの特徴

POINT

  • ・国内線、国際線ともに日本最大規模を誇る航空会社
  • ・日本航空会社では史上初となるザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズの認定を取得
  • ・充実した福利厚生により、男女ともに働きやすい環境が完備

ANAへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠が非常に少ない
  • ・事務系や技術系などの専門職ポジションで募集
  • ・専門性に特化した能力を持っていることが必須

ANAの企業概要

会社名 全日本空輸株式会社
本社所在地 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
社長 平子 裕志
設立 1952年12月27日
株式 非上場
株主構成 ANAホールディングス株式会社(100%)

ANAの売上

ANAは非上場なため、親会社であるANAグループの売上を掲載しております。

ANAグループの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 1,971,799百万円 2,058,312百万円 1,974,216百万円
経常利益 160,636百万円 156,681百万円 59,358百万円

ANAの最新ニュース

ANAの事業内容

ANA(全日本空輸株式会社)は、ANAホールディングス株式会社の子会社として、定期航空運送事業を管轄している企業です。
それ以外にも、不定期航空事業や航空機使用事業なども担っており、それらに附帯するさまざまなサービスを提供しています。
年間輸送旅行客5,440万人、94都市へ送り届けており、日本国内においてはマーケットシェア率は48.9%となっています。
世界中から高い評価を得ており、その結果、8年連続で「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ」の認定を受けている有名な企業です。
今後の展望として、航空需要の拡大や首都圏空港の発着枠拡大など、さらなる業績UPを目指すとともに、日本と世界の発展に寄与していくことを公言しています。

ANAの募集要項

2020年9月現在、ANAではキャリア採用による一般募集は行っておりません。
ただし、過去にキャリア採用を行っていたことがあるため、不定期でキャリア採用の一般募集を行う可能性があります。
そのときに募集されていたのが、グローバルスタッフ職の事務や技術、客室常務職の求人情報で、全体的に求められる能力が高く、即戦力となる人材であることが前提の募集でした。
ANAの求人情報は、どのタイミングで募集されるか不明なため、定期的に公式サイトをチェックすることをおすすめします。
また、転職サイトや転職エージェントによっては、非公開求人を持っている可能性があり、ハイクラス求人を扱っている転職サイトや転職エージェントに登録して、活用するのも一つの手といえます。

ANAの転職難易度

ANAの転職難易度は非常に高いです。
募集自体が非常に少なく、募集されたとしても知名度の高い人気のある企業なため、応募者が殺到することが推測できます。
さらには、ほかの応募者は非常に優秀な人材である傾向があるため、一筋縄ではいかないでしょう。
また、ANA側からも語学力や海外経験の有無を問われ、それらが採用に大きく関わってきます。
面接では、自分がいかに優秀なスキルや経験を持ち、語学力に長けているかなどをしっかりとアピールできるかどうかが肝心です。

ANAが転職者に求める人物像

何事にも挑戦し続けることができる人材を求めています。
ANAでは、現代の激しいグローバル競争に打ち勝つため、挑戦し続けることを重要と考えています。
そのため、チャレンジ精神があることが求められるのです。
そのほかにも、さまざま文化や習慣、価値観を理解し、能力を発揮できる人材や、国や属性の枠を超えて、時代の変化を先取りできるような人材も求めています。
面接の際、これらをアピールできるエピソードを用意してから、臨むと良いでしょう。

ANAの転職までの流れ

ANAの選考フロー

WEB適性検査

エントリー

一次~三次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの面接でされた質問をさらに深堀したようなことを質問され、改めてANAにマッチしている人材かどうかを判断されます。

内定

ANAの面接形式

一次面接は大勢で行われ、二次面接以降は1対1で行われます。
面接回数はポジションによって異なり、おおよそ2~4回あります。
1回あたりの時間は30分程度です。

ANAの面接内容

ANAの面接は、志望動機やこれまでの経験など、定型的な質問から進みます。
そのほかにも「あったら良いと思うサービスは?」や「学生時代に頑張っていたこと」など、こちらの思想や忍耐力を確認するような質問をされます。
また、「企業研究で行ったことは?」という質問をされ、企業研究で何を行ったか、何を得たかという部分を重要視しています。
企業研究の関しての問いにしっかりと回答できることが重要なので、企業研究は抜かりないようにきっちりと行いましょう。

ANAで働いている方の評判・口コミ

生産技術・生産管理、在籍5~10年、男性
基本的に仕事を任せてもらえるなど、裁量は大きいと思います。上司は意見を聞いてくれる人が多いため、自分のペースで仕事することができます。また、新しいことに取り組むのが好きな文化であり、やりがいは大きいでしょう。
サービス関連職、在籍3~5年、女性
ステップアップに必要な研修や訓練、評価フライトは希望すれば上司によってどんどん受けることができます。学習するためのコンテンツが非常に多く用意されているので、活用して業務知識を深めることがいくらでもできると思います。
事業開発、在籍5~7年、男性
就業時間が細かく管理されており、サービス残業などはなく、ワークライフバランスの満足度は非常に高いと思います。バックオフィスは基本的にフレックス制度が導入されているので、働きやすい環境があるといえます。
口コミの要約

ANAの口コミを見てみると、裁量が大きく、仕事を任せてもらえる環境があるということが伝わってきます。また、スキルアップできる研修や訓練などがあるため、成長できる環境があるということが伺えます。

ANAの年収・給与

年収 811万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、ANAグループ福利搭乗制度、ANAファミリーツアーなど

ANAでの転職者の出世難易度

ANAの出世難易度は比較的高いです。
出世するためには、マーケティングや財務、人事などの主要組織で数年以上の経験を積んでいる必要があります。
一つの部署で長年務めるだけでは、出世することは難しいでしょう。
また、組合活動に積極的に取り組んでいる人も出世できる傾向があります。
さまざまな部署で経験を積み、実績を残し貢献することで出世への道は拓けるといえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 500万円
30代中盤 アシスタントマネージャー 900万円
30代後半 マネージャー 1,100万円
40代前半 マネージャー 1,200万円
40代後半 マネージャー 1,200万円

ANAはどんな人が働いている?

ANAの従業員数

14,830名

ANAの平均年齢

45.5歳

ANAの平均勤続年数

3.35年

ANAの社風

ANAは、上下関係に厳しい部分がありますが、風通しは良く、比較的自由にやりたいことができるという社風があります。
また、企業理念にあるように安全を非常に重視しており、安心安全のサービスのため、チームワークを徹底する雰囲気もあります。
さらには、何事にもチャレンジしようという風土があり、キャリアアップに関して上からの手厚いサポートがあるため、スキルアップすることが可能です。
最近ではテレワークの導入や時短勤務などの働きやすい制度が導入されているので、男性女性関係なく、働きやすい環境があるといえるでしょう。

ANAのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、年次有給休暇、夏季休暇など
平均残業時間 月10時間以内
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ANAの社長

平子 裕志

1958年生まれ、大分県出身。
東京大学経済学部卒業後、全日本空輸株式会社へ入社。
営業本部東京支店を皮切りに、日本経済研究センター出向、経理部、めー家ティング業務部など、さまざまな職場を経験。
1999年から約2年間、当時の代表取締役社長の秘書を務め、その後は営業推進本部ネットワーク戦略部の担当や、東京空港支店旅客部長に就任。
そして、2017年に全日本空輸株式会社代表取締役社長、ANAホールディングス株式会社取締役に就任し、現在に至る。

ANA現職、OB/OGの有名人

伊東 信一郎

1950年生まれ、宮崎県出身。
九州大学経済学部卒業後、全日本空輸株式会社に入社。
人事部長や常務取締役などを歴任し、2009年に代表取締役社長就任。
その後も、日本経済団体連合会審議員会副議長や経済同友会副代表幹事などにも就任。
現在では、ANAホールディングス株式会社の取締役会長であり、日本を代表する経営者の一人として数えられている。

ANAの転職に関わるQ&A


ANAへ応募する際の志望動機は、「自らの提案で解決したい」や「新たな事業や仕組みをい生み出す仕事がしたい」、「一つの目標を実現したい」などを志望動機に軸にすると良いでしょう。
これらを軸に志望動機を深堀し、面接官を納得させることができれば、面接が有利に進む可能性が高くなります。

ANAのSPIの難易度は、比較的高いです。
特に英語力に長けている必要があり、英語力がなければ通過することは難しいでしょう。
ただし、TOEICスコアによっては試験が免除されることがあります。
どちらにしても、事前に対策をしてからSPI試験に臨みましょう。

ANAへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ANAの採用ページから応募することができます。
採用ページには、経営理念やビジョン、ANAについてなど、さまざまな情報が掲載されています。
企業分析のためにも、一通り読んでおくと良いでしょう。
しかし現在、ANAでは中途採用のキャリア募集は行われていません。
ANAへの転職を目指すなら、定期的に採用ページをチェックするか、転職サイトや転職エージェントを活用することをおすすめします。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用してANAへ転職したいなら、掲載されている企業数が豊富であり、ミドル~ハイクラスの案件が多い「ビズリーチ」がベストです。
ビズリーチでは、担当するキャリアアドバイザーの評判をチェックすることができるため、自分に合った担当者を探せることができます。

転職サイトを活用するメリットは主に3つあります。
・企業数が圧倒的に多い
・自分のペースで転職活動ができる
・スピード感がある

豊富なポジションや企業の中から自分に合ったものを探したい方や、エージェントとのスケジュール調整がなかなか難しい方には転職サイトがおすすめです。
また、最近では転職エージェントを活用する前の下調べとして転職サイトを利用する方も多く、ANAの募集要項や必須スキルなどをある程度でも知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチではグループのANAマーケティング案件がほとんど

現在、ビズリーチに掲載されているANAの求人はありませんが、同業他社の求人が多数掲載されています。

※画像はイメージです。

ハイクラスをメイン層としているビズリーチだけあって、提示されている年収も比較的高く、800~1000万円が平均年収となっています。
また、ビズリーチは転職サイトの中でも比較的非公開求人が多い傾向があり、キャリアアドバイザーに相談することで、公開されているもの以外の案件を紹介してもらえることがあります。
ただし、転職サイトから応募した場合、具体的な募集要項がイマイチ分からなかったり、ANAの社内事情に精通しているキャリアアドバイザーがいない可能性があるため、経歴やスキルで落とされる可能性も少なからずあります。
確実な転職活動を行いたいのであれば、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

通過率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してANAへの転職を目指すなら、圧倒的求人数を誇っている「リクルートエージェント」がおすすめです。
キャリアコンサルタントの質や業界知識に定評があり、業態やポジションごとに専門のキャリアコンサルタントが在籍しています。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つです。
・キャリアプランや給与交渉などを含む幅広いサポート
・企業との高いマッチング率
・圧倒的な非公開求人の多さ

ANAはミドル~ハイクラス転職では、非常に人気の高い企業であり、当然その競争率も高くなります。
「通過率がどのくらいあるのか」や「自分の理想としている転職先と言えるのか。」など、心配なことはキャリアコンサルタントに相談をしてみましょう。

リクルートエージェントでは専門ポジションの求人多数

現在、リクルートエージェントにはANAの求人は掲載されていませんが、同業他社の求人を見てみると専門的なポジションの募集が多いことがわかります。
ANA リクルートエージェント
※画像はイメージです。

どんなポジションに行きたいかまだ決めかねている場合や、初めて転職活動するという場合は、幅広く案件を見られるリクルートエージェントはベストでしょう。
また、登録不要である程度の案件を閲覧できるので、ざっと案件を見てから興味を持てそうであれば登録してみるのも良いでしょう。
非公開求人も多いため、実際にキャリアコンサルタントにキャリアプランや給与交渉なども含めて相談するのがおすすめです。

あなたがANAに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

トヨタ自動車への転職。難易度や年収、面接内容を調査!

  ▼下記は、トヨタ自動車に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからトヨタ自動車に転職してくるのか ・転職先:トヨタ自動車からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)への転職。評判や年収などについて調査

  ▼下記は、CCCに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからCCCに転職してくるのか ・転職先:CCCからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

ソフトバンク・テクノロジーへの転職。評判や年収、残業は?

  ▼下記は、ソフトバンク・テクノロジーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソフトバンク・テクノロジーに転職してくるのか ・転職先:ソフトバンク・テクノロジーからどこへ転職するのか ...

三井不動産への転職はおすすめ?転勤の噂や採用難易度を解説

国内最大手の総合不動産業者である三井不動産は、三井ショッピングパークアーバンや三井アウトレットパークなど、私生活の中でも馴染みのある企業です。 三井不動産は戦後から一貫して業界売上No.1の不動産業界のもっっとも安定した企業と...

JTBは未経験でも転職可能?評判や仕事内容を徹底解説

▼下記は、JTBに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJTBに転職してくるのか ・転職先:JTBからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょ...

ベネッセの転職情報まとめ。中途採用のwebテスト難易度や社員の評判を調査

▼下記は、ベネッセに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベネッセに転職してくるのか ・転職先:ベネッセからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

セガへの転職難易度は?口コミや年収など解説

  ▼下記は、セガに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセガに転職してくるのか ・転職先:セガからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

GMO NIKKOへの転職。年収、難易度を調べてみました。

  ▼下記は、GMO NIKKOに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからGMO NIKKOに転職してくるのか ・転職先:GMO NIKKOからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションへの転職は難しい?年収や口コミなど解説

  ▼下記は、NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューションに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTコムオンラインに転職してくるのか ・転職先:NTTコムオンラインからどこへ転職...

NTTデータに転職したい方必見。中途入社の難易度や年収を解説

  ▼下記は、NTTデータに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTデータに転職してくるのか ・転職先:NTTデータからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

TOP