グループ企業

Fast Fitness Japanへの転職は難しい?難易度や面接内容などを解説

Fast Fitness Japan転職者の主なキャリアステップ

Fast Fitness Japanの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

Fast Fitness Japan在籍者の主な職歴は、小売や商業施設企画会社などが挙げられます。

次の転職先

Fast Fitness Japanからの転職先として、スポーツ用品メーカーや福祉事業者などへ転職しています。

「ヘルシアプレイスをすべての人々へ!」をモットーに、フィットネスクラブチェーンの運営を行っているFast Fitness Japan。
24時間営業でマシンジムに特化したフィットネスクラブ「エニタイムフィットネス」の日本におけるマスターフランチャイズを務めている企業です。
知名度の高いフィットネスクラブを運営していることで知られており、2022年に国内で1,000店舗出店を達成しました。
そんなFast Fitness Japanでは、店舗マネージャー職で主に中途採用を募集中です。
2022年度だけで新規出店数が100店舗と、今後も伸びが期待されている将来性の高い企業といえます。
この記事では、Fast Fitness Japanへの転職を検討している方に向けて、Fast Fitness Japanの転職難易度や面接のポイントなどを解説します。

Fast Fitness Japanへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・Fast Fitness Japanの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Fast Fitness Japanの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • Fast Fitness Japanの企業概要
  • Fast Fitness Japanの転職ポイント
  • Fast Fitness Japanの社風や企業文化

Fast Fitness Japanに転職するポイント

Fast Fitness Japanの特徴

POINT

  • ・エニタイムフィットネスの日本におけるマスターフランチャイズ企業
  • ・マシンに特化したトレーニングができるフィットネスクラブを展開
  • ・残業時間が月14時間と比較的少なく、ワークライフバランスが良好

Fast Fitness Japanへ転職するポイント

POINT

  • ・店舗マネージャー職やトレーナーなどで中途採用を募集中
  • ・経理や人事などバックオフィス系での求人募集される場合もあり
  • ・面接ではスポーツの経験や人柄について聞かれるなど、特徴的な質問も多い

Fast Fitness Japanの企業概要

会社名 株式会社Fast Fitness Japan
本社所在地 東京都新宿区西新宿6-12-1 パークウエスト6F
社長 土屋 敦之
設立 2010年5月21日
株式 上場(東証プライム)
株主構成 株式会社オーク(40.68%)
大熊章(10.65 %)
RM Japan,LLC(7.71%)

Fast Fitness Japanの売上

Fast Fitness Japanの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 11,333百万円 11,163百万円 13,097百万円
経常利益 2,828百万円 2,255百万円 2,943百万円

Fast Fitness Japanの最新ニュース

Fast Fitness Japanの事業内容

Fast Fitness Japanの主力事業は、日本全国に展開する「エニタイムフィットネス」の運営です。
「エニタイムフィットネス」は米国初の事業ですが、日本におけるマスターフランチャイズを務めているのがFast Fitness Japanとなっています。
「エニタイムフィットネス」では、24時間利用できるマシンが人気の理由となっており、2022年には累計店舗数が1,000店舗を突破しました。
現在も急速に事業規模を拡大しており、2022年の新規出店数は100店舗であり、さらにはゲートによる自動入場管理システムの特許を取得しているなど、高い競争力を裏打ちする独自の技術力もFast Fitness Japanの強みです。
今後も全国各地に新規店舗の出店を進めていくことが予想される将来性の高い企業だといえるでしょう。

Fast Fitness Japanの募集要項

店舗マネージャー職

Fast Fitness Japanの直営店における店舗のマネージャー職が募集されています。
担当する店舗の売上管理や工数の管理などが主な役割です。
また、人的リソースの管理など、教育に関連する業務も行います。

必須な経験・スキル

  • ・接客における実務経験
  • ・店舗での営業管理経験

Fast Fitness Japanの転職難易度

Fast Fitness Japanの転職難易度は中程度です。
Fast Fitness Japanでは、主に店舗マネージャー職で中途採用を募集しています。
マネージャー職に応募した場合は基本的に配属される店舗勤務となるため、勤務可能なエリアで求人があるかどうかがポイントです。
接客経験はもちろん必要ではありますが、それらに加えて運動経験やトレーニング経験もあると有利になるでしょう。
現在は店舗マネージャー以外の求人はありませんが、稀に人事や経理担当など、バックオフィス業務の求人募集がされることもあります。
自身のキャリアと相談しながら、応募する職種を多角的に検討すると良いでしょう。

Fast Fitness Japanが転職者に求める人物像

Fast Fitness Japanは転職者に対して、「プロとしてのプライドを持って仕事に取り組めること」を求めています。
エニタイムフィットネスでは、利用者のために必要なサポートを行い、満足してもらうというプロフェッショナリズムを提唱しています。
いわれた業務をこなす代わりに代金をもらうといったマインドではなく、自らが率先してプロとしての自覚を磨いていけるようなプライドを持って働けることが重要です。
また、「変化に対して柔軟であること」も重要なポイントとして挙げられ、エニタイムフィットネスでは、「とにかく変わり続ける」という点を重要視しています。
フィットネス業界は競争も激しく、現在は好調に業績を伸ばしているエニタイムフィットネスも変化を重ねなければ市場競争に負けてしまう可能性があるため、変化を恐れない果敢な姿勢がある人材が重宝されます。

Fast Fitness Japanの転職までの流れ

Fast Fitness Japanの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事・配属予定先社員
想定内容:これまでの接客経験や店舗の運営経験など、自身のバックグラウンドについて聞かれます。

最終面接

想定選考官:役員・代表
想定内容:これまでの経験はもちろんのこと、運動が好きかやトレーニング経験はあるかなど、さまざまな面から熱意が確かめられます。

内定

Fast Fitness Japanの面接形式

Fast Fitness Japanの面接回数は2回です。
面接形式はいずれも1対1で行われ、一回あたりの面接にかかる時間は45分程度と標準的となっています。
選考期間は3週間前後が多いですが、入社日や面接日などは応募者側の都合に合わせて柔軟に対応してもらえる旨が公式サイト上に記載されています。

Fast Fitness Japanの面接内容

Fast Fitness Japanの面接で必ずといってもいいほど聞かれる質問内容に、「トレーニング経験はあるか」や「スポーツは好きか」というものが挙げられます。
場合によってはさらに深堀され、「どの部位のトレーニングが好きか」と聞かれたという応募者もいました。
Fast Fitness Japanでは、社員自身がトレーニングの楽しさを理解し、熱意を持っていることを重視しています。
未経験の場合は、事前にトレーニングについての知識をつけておくなど、エニタイムフィットネスに携わる準備を進めておきましょう。
そのほかの質問例としては、「友だちといるときはどのようなキャラクターか」といった人物面を問うようなものが目立ちます。
オーソドックスな内容を中心に、人物面に関する質問の対策を進めておきましょう。

Fast Fitness Japanの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は店舗マネージャーのみ
・求人情報はマイナビなどでも確認可能
・トレーニングに関する質問を多くされる

サービス、30代後半、男性
これまでのトレーニング経験について触れられ、また、エニタイムフィットネスを使ったことはあるかと聞かれました。使ったことがあると答えたところ、使い心地はどうだったかなどについて深堀されました。
接客、30代前半、女性
「友だちといるときはどのようなキャラクターなのか」と聞かれました。全体的に人物面に関する質問が多かった印象です。面接の雰囲気は終始和やかで、面接官の方も話しやすい印象でした。
店舗マネージャー、30代前半、女性
2回面接があり、1回目は人事部の方と配属予定先の部署の社員、2回目はマネージャーの方でした。これまでの挫折経験について触れられました。また、「トレーニングをするときは、どの部位のトレーニングが好きか」と聞かれたことが印象に残っています。
店舗管理、40代前半、男性
「これまでにスポーツ経験はあるか」や「体力に自信はあるか」など、体を動かすことに関する質問が目立ちました。また、エニタイムフィットネスに通ったことはあるかどうかを聞かれました。
マーケティング、20代後半、男性
志望動機や自己PRといった基本的な内容がほとんどでしたが、「エニタイムフィットネスとそのほかのジムの違いはなんだと思うか」といったマーケティングとしての素質を問うような質問が多くありました。

Fast Fitness Japanで働いている方の評判・口コミ

マーケティング、在籍3~5年、男性
新しい会社ということもあり、風通しの良い風土があります。本社は営業本部と管理本部の2つに分かれており、企業文化はそれぞれの部署によって異なる印象です。営業本部は体を動かすことが好きでトレーニングにも積極的な社員が多く、体育会系の風土があります。若くてもやる気があれば仕事を任せてもらえる風土があるため、チャレンジを後押しする風土が高評価です。
店舗マネージャー、在籍7~10年、男性
最近店舗を急速に拡大しているため、社内の各種制度が実態に追いついていない印象があります。残業時間は月14時間程度と極めて短く、ワークライフバランスを取りやすい企業です。店舗のマネージャークラスの年齢が全体的に若く、活気あふれる風土があります。また、店舗同士の横のつながりもかなり強いため、困ったときには近隣の店舗マネージャーにすぐに相談できる環境が整っています。
サービス、在籍5~7年、女性
直営店舗とフランチャイズ店舗の2種類に分かれており、待遇や文化などはそれぞれの店舗によって異なるようです。本人の意志次第で仕事の幅が広がる印象で、その際には上司からいかに信頼を得ているかが物をいいます。昇給や昇格の基準は不明瞭で、なかにはどのような評価によって出世が決定されているのかと不満を漏らす社員もいます。ただし、全体的にワークライフバランスが良く共通の理念を持っているため、満足度は高いです。
口コミの要約

トレーニングが好きな社員が多く、社員がそれぞれ共通の目標を持っているという口コミが目立っていました。店舗によって細かな待遇や雰囲気は異なるようですが、ワークライフバランスは全体的に良く、働きやすい環境だと感じている社員が多いです。店舗を急速に展開しているため制度の整備が追いついておらず、評価基準が不明瞭だという点を指摘する意見もありました。

Fast Fitness Japanの年収・給与

年収 474万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り(条件付き)
福利厚生 企業型確定拠出年金、永年勤続表彰、資格取得援助、従業員持株会など

Fast Fitness Japanでの転職者の出世難易度

Fast Fitness Japanでの転職者の出世難易度は中程度です。
Fast Fitness Japanでは、若手にも積極的にさまざまな仕事を任せようという考え方が浸透しています。
社内でさまざまな仕事に積極的に立候補することで幅広い仕事を担当することができますが、仕事に指名されるためには上司からの信頼が欠かせません。
上司との信頼関係を上手に築いていくことのできる対人能力の高い社員が出世しやすい傾向があります。
また、自分で積極的に仕事を見つけていくという姿勢も重要です。
上述したように、出世のためにはまずはさまざまな仕事に積極的に取り組めることが求められます。
業務におけるさまざまな場面で、チャレンジ精神のある人材が重宝されるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 600万円
30代後半 係長 700万円
40代前半 副部長 700万円
40代後半 主任 700万円
50代前半 本部長 1,100万円
50代前半 室長 1,100万円

Fast Fitness Japanはどんな人が働いている?

Fast Fitness Japanの従業員数

217名

Fast Fitness Japanの平均年齢

33.2歳

Fast Fitness Japanの平均勤続年数

3.1年

Fast Fitness Japanの社風

Fast Fitness Japanは、全体的にトレーニングや体を動かすことが好きな社員が多い活気のあふれる風土があります。
面接時に運動経験を聞いていることからも分かるように、Fast Fitness Japanでは運動が好きでフィットネスの楽しさを伝えたいという思いに溢れた人材を重視しているのが特徴です。
社内にもそのような風土が浸透しており、共通のビジョンに向かって仕事を頑張ろうという雰囲気があります。
また、Fast Fitness Japanは営業本部と管理本部に分かれており、営業本部は体育会系、管理本部はドライな人間関係と、それぞれ微妙に異なる風土があります。
ただし、両部署を通じて全体的に変化を重んじる社員も多く、活気のある風土は共通しています。

Fast Fitness Japanのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00〜19:00(職種による)
休日 年間休日120日
その他の休日・休暇 年末年始休暇、夏季休暇、年次有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月14.4時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

Fast Fitness Japanの社長

土屋 敦之

1967年生まれ。
1991年に野村不動産株式会社へ入社。
2010年に株式会社Fast Fitness Japanへ入社し、取締役に就任。
同年、株式会社AFJ Projectの取締役に就任。
2012年に株式会社Fast Fitness Japanの代表取締役副社長、2017年に代表取締役社長営業本部長に就任。
2018年より、代表取締役社長を務めている。

Fast Fitness Japan現職、OB/OGの有名人

大熊 章

1936年生まれ。
1955年に株式会社大熊製作所へ入社。
1986年に代表取締役に就任。
2010年に株式会社Fast Fitness Japanの取締役、2011年に代表取締役社長に就任。
その後、代表取締役会長を務め、2018年より、取締役会長を務めている。

Fast Fitness Japanの転職に関わるQ&A


Fast Fitness Japanでは、店舗勤務や本社勤務を問わず、多くの女性が活躍しています。
産休や育休を取得している女性社員も多く、男女問わず活躍できる環境が整っています。
ただし、部長クラスの管理職の女性はやや少ないという意見もあり、出世に関しては未だ改善の余地があるといえるでしょう。

Fast Fitness Japanの月平均残業時間は14.4時間であり、これは上場企業の平均と比較しても比較的短い水準です。
また、Fast Fitness Japanは社員による総合満足度ランキングでも上位5%に入るほどの優良企業であり、特に残業時間の削減についてはかなり意識されているポイントです。
そのため、ワークライフバランスは非常に良いといえるでしょう。

Fast Fitness Japanへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

Fast Fitness Japanの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、「社長副社長対談」や「現場からのメッセージ」、「女子会トーク」など、さまざまな情報が多数掲載されているため、一度を目を通しておくと良いでしょう。
ただし、募集内容はざっくりとしか掲載されておらず、不透明な部分も少なくありません。
より詳しい内容が知りたいという場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Fast Fitness Japanの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項も見比べたいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してFast Fitness Japanに転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に見比べることができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空き時間を活用できる手軽さ
  • ・求人件数の豊富さ
  • ・求人確認から応募までのスピード感

転職サイトは、空き時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすいでしょう。
また、求人件数が豊富なため、自分の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。
できるだけ早く転職したい方や希望ポジションを見つけたい方は、転職サイトの活用がおすすすめです。

競合他社を比較するなら「iX転職」

iX転職では、フィットネスジムを展開している競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのフィットネス業界は、800万円~1,200万円が平均年収となっており、ほかの転職サイトと比べると、比較的高くなっています。
また、iX転職は非公開求人を多く保有している転職サイトとしても有名であり、ヘッドハンターに相談することで、自分のスキルや経験に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「フィットネス事業を展開している企業はどれほどあるのか」や「競合他社では募集要項はどのように変わるのか」などが知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

人・夢・技術グループ株式会社の転職事情。年収や口コミなどを解説

人・夢・技術グループは、社会のニーズや果たすべき責務が多様化と複雑化する世の中に対し、大きな変化に柔軟に対応しながら、地域や社会の安全と安心の実現を目指したサービスを提供している企業です。 確かな技術を活かし、橋やトンネルなどの土...

ヒューリックの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

ヒューリック転職者の主なキャリアステップ 前職 三菱地所などの不動産会社 銀行 ヒューリック株式会社に転職 次の転職先 不動産 銀行 ヒ...

東京電力への転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

東京電力転職者の主なキャリアステップ 前職 NTT 東芝 リクルート 環境省 法律事務所 大学 東京電力ホールディングス株式会社に転職 次の転職先...

日本郵船への転職は難しい?年収や口コミなどを解説

日本郵船転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員 ホンダなどのメーカー 日本郵船株式会社に転職 次の転職先 ほかの郵船グループ 運輸...

NTT西日本への転職はおすすめ?年収や転職難易度について解説

NTT西日本転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 西日本電信電話株式会社に転職 次の転職先 リクルートグループ LINE コンサルティング...

NTT東日本へ転職するには?年収や面接難易度について調査

NTT東日本転職者の主なキャリアステップ ...

中部電力の転職難易度は?面接突破のポイントや採用難易度などを解説

中部電力転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 中部電力株式会社に転職 次の転職先 グループ会社 中部電力の主な転職元・転職先 ...

セブン&アイ・ネットメディアに転職するべき?口コミや面接内容を調査

セブン&アイ・ネットメディア転職者の主なキャリアステップ 前職 メーカー IT系企業 小売 株式会社セブン&アイ・ネットメディアに転職 次の転職先 W...

三井不動産への転職はおすすめ?転勤の噂や採用難易度を解説

三井不動産転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からの社員 三井不動産株式会社に転職 次の転職先 転職者はかなり少ない 住友商事の主な転職...

京王電鉄への転職。採用情報や社員の評判について解説

京王電鉄転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員がほとんど 京王電鉄株式会社に転職 次の転職先 JR東日本などの鉄道関連、不動産開発関連企業、JT...

TOP