広告

電通テックの転職情報。難易度などについて解説

 
▼下記は、電通テックに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから電通テックに転職してくるのか
・転職先:電通テックからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

電通テックの主な転職元・転職先

学歴電通テック社員の学歴は、高卒〜大学・大学院卒など幅広いです。また芸術・美術系学校出身者も多く在籍しています。
職歴新卒のほか、大手~中堅の総合広告代理店、Web系広告代理店などが挙げられます。
退職後の主な転職先大手~中堅の総合広告代理店や国内事業会社(幅広な業種)、クリエイティブセクションなどが挙げられます。

電通テックは東京都千代田区に本社をおく電通グループの会社です。株式会社電通アクティス、株式会社電通コーテック、株式会社電通プロックスの4社が合併し、広告制作会社として1996年に創立されました。デジタルを起点としたプロモーション領域を行う会社としては国内でも最大規模をほこり、顧客の課題解決をサポートしています。

オリンピックやワールドカップ、万博などの大きなイベントの制作を手がけたこともある企業です。電通テックに転職するために必要な情報や求められる人材、社風などをチェックしてみましょう。

初めての転職で電通テックを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

電通テックへの転職難易度などの情報も大切ですが、とにかくどんな求人が出てるのか早く知りたい!
そんな人はまず、ビズリーチなどの転職サイトで掲載求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチは、ハイクラス案件を多数抱えているという特徴があり、転職先がまだ決まっていない方は、ここで比べておくのがおすすめです。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にチェックしておくことが、転職活動をスムーズに進めるためのポイントです。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 電通テックの企業概要や事業内容
  • 電通テックへ転職するときのポイント
  • 電通テックの給与や働き方など

電通テックに転職する際のポイント

電通テックの特徴

POINT

・電通のグループ会社が4社合併して作られた会社
・電通からの出向が多い

楽天へ転職するポイント

POINT

・試験に色覚検査が含まれている
・WEBの広告代理店出身者や総合広告代理店出身者が多い
・電通グループの会社のため、ある程度のスキルと経験がないと転職は難しい

電通テックの企業概要

会社名 株式会社電通テック
本社所在地 東京都千代田区内幸町1-5-3
社長 松原 靖広
設立 1996年4月1日
株式 非上場
株主構成 記載なし

電通テックの売上

電通テックは非上場企業のため、電通の売上を掲載しております。

電通の売上推移

年数 2016年 2017年 2019年
売上高 838,359百万円 928,841百万円 1,018,512百万円
経常利益 132,918百万円 149,662百万円 148,751百万円

電通テックの最新ニュース

電通テックの事業内容

プロモーションコンサルティング

オウンドメディアオプティマイザー:自社運用メディアで商品やサービスの魅力を最大化し、顧客の行動を促します。アクセス解析やサイト分析で課題を発見し、解決策を提案。具体的な施策実行から効果の検証までを一貫しておこない、オウンドメディアの最適化をはかります。

ECコンサルティング:リアル店舗のノウハウを踏まえ、ECサイトの顧客行動分析を行って全体的な戦略を立てます。SNS媒体などを利用して認知してもらう段階から広告の発信、実際に商品ページで買い物をしてもらうまでの流れを効率的に行い、チャンスを逃さない動線設計をめざします。

ウェザー&モーメントキャプチャー:顧客の心理や行動に影響を与える気象データを活用した新しいCRMソリューションです。過去の気象データから情報を解析し、そのときの気象予報でおこる心理変容のタイミングで最適な情報を届けます。

総合プロモーション

最新のデジタルテクノロジーを活用し、各領域の専門性を統合して最適なプロモーションのプランニングからエグゼキューション、その後のPDCA運用まで見据えた提案をします。

デジタルマーケティング

Webサイトのアクセスログや購買データ、キャンペーンデータまでユーザーの行動に基づいたデータ分析を行うアナリティクスマネージャが今まで見えなかったことを見える化。課題解決の企画まで行います。

ダイレクトプロモーション

新規顧客獲得を目指してCRとメディアを組み合わせ、購入動線を確立します。分析・政策・システムなどのCRM領域をワンストップで支援し、課題解決からKPI管理、試作実行までを一気に通貫させてデータを分析、考察しながらPDCAサイクルを回すのがミッションです。

ブランドエンゲージメント

最新のテクノロジーやコンテンツからブランドをコンサルし、生活者に高い体験価値を提供します。ARやVR、MRをはじめとした最先端テクノロジーを活用したプロモーションをリアルとデジタルで行い、自社に対する好感度を上げることが目標です。
また、ブランドが望むターゲットのインサイトを知り、キャラクターを設定することでブランドのファンをつくります。

次世代プロダクツ

豊かな経験と企画力を駆使して成果に直結するプロダクトを開発します。顧客のマーケティング課題をクリエーターならではのアイデア力と社内マーケティング部門がタッグを組んでサポート、PDCA運用をはかって最適なCRプランを生み出します。

デジタルBPO

Webサイトやアプリの制作・運用においてUIとデータ解析から有効なパフォーマンスを発揮する企画を提案。POI向上と高速PDCAに対応したスピードとコストパフォーマンスでWebサイトを制作します。

電通テックの転職の募集要項

デジタルマーケティングプランナー

プロモーションなどの運用業務やデジタル関連業務のプランニングなどを行うポジションです。クライアントの課題解決や事業成長を支えるパートナーとして働いてもらいます。

必須なスキル・経験

・KPIの設計やマーケティングの課題に対応した提案書や企画書作成のスキルがある方
・リスティング広告やディスプレイ広告、WEBサイト制作などにおける知識がある方
・デジタル広告の効果検証や効果測定用のタグやツールの導入経験がある方など

Webディレクター

クライアントのWEBサイト制作のディレクションを行うポジションです。エンジニアチームなどと連携をしながら、WEBサイトを完成まで導くことが仕事になります。

必須なスキル・経験

・WEBサイト構築における実務経験が3年以上ある方
・CMSや解析ツールなどを理解して活用した経験がある方
・クライアントの課題に対して要件設計ができる方など

コンテンツマーケティング・ディレクター

クライアントのコンテンツマーケティングやオウンドメディアの企画や開発、制作のディレクションやレポートなどさまざまなな業務に携わるポジションです。

必須なスキル・経験

・社内や協力会社と協業しデジタルコンテンツ制作のプロデュースやディレクションの経験がある方
・企画や制作プロデュース、編集、動画コンテンツ制作などいずれかの経験がある方など

データアナリスト

クライアントから提供されるアンケートデータやアクセスログ、購買データなどを集計し、レポート作成ののちマーケティングの課題を発見し解決の方向性を提示するポジションです。データから導き出される課題や改善策を提案する業務内容です。

必須なスキル・経験

・顧客データの分析レポート作成の実務経験がある方
・効果測定のレポート作成やマーケティング戦略やアクションプランの策定に必要となるデータの企画や作成業務ができる方など

電通テックへの転職難易度は?

各募集職種は、経験やスキルなどが求められており、業界を経験していた方や飛び抜けたスキルセットを持っている方であれば、さほど難しくはないと思います。しかし、広告業界の経験や職務に対する経験がない方などに関しては、ハードルが非常に高い会社でしょう。

電通テックが転職者に求める人物像

電通テックでは、チャレンジング精神旺盛なマインドを持っている方や社内外とのコミュニケーションが円滑に取れる人材を求めています。また、仕事などに対してスピーディに取り組むことができる人も求めています。

電通テックの転職までの流れ

電通テックの選考フロー

書類選考

一次面接

二次面接

適性検査・色覚検査

三次面接

内定

電通テックの面接形式

記載なし

電通テックの面接内容

記載なし

電通テックで働いている方の評判・口コミ

クリエイティブ、中途採用、在籍3年未満、女性
自分が仕事を望めば、基本的に任せてもらえる。そのため、色々な仕事に挑戦することができる。周りの人もレベルが高い人が多いため、わからないことはすぐ聞ける体制があるのも非常に良い。
企画、中途採用、在籍3年未満、男性
最近の流れもあり、残業はどんどん減ってきた。そのため、ワークライフバランスを保つことができるようになっている。有給休暇なども主張をすれば、取ることができる。
クリエイティブ系、新卒、在籍3年未満、女性
時短勤務やフレックスなどの制度が整っているため、働きやすい環境は整っていると思う。その他、育児休暇などもしっかり取ることができるため、育児あけで復活する人も何人かいた。
口コミの要約

フレックス制度や時短勤務などの制度が整っており、男性社員のみならず、女性社員の方からの満足度も高い会社です。また、育児あけからまた働き始める人も多い会社です。

電通テックの年収・給与は?

電通テックの平均年収は634万円と報告されています。

年収 770万円~880万円
ボーナスの有無 61.5時間
昇給制度 年1回(1月)
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 保健師常駐、生命保険団体割り
クラブ活動など

電通テックでの転職者の出世難易度

転職者は基本的に前職の給与や経験・経歴を参考にして給与が設定されます。また、どのような実績があるのかも考慮されることが多いです。
顧客が企業になるため、高いコミュニケーション能力が求められます。面接でどれだけアピールできるかがカギとなるでしょう。

電通テックの役職ごとの平均年収

20代前半 なし 500万円
20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 900万円
30代後半 なし 700万円
40代前半 なし 900万円
40代後半 次長 1,100万円
40代後半 部長 1.100万円
50代前半 次長 1,100万円

電通テックはどんな人が働いてる?

従業員数

807人(2018年7月1日現在)

平均年齢

記載なし

平均勤続年数

記載なし

電通テックの社風

トップダウンの社風で電通から出向の社員が多いため、電通の社風と似ています。
社員同士の結束やチームワークはよく、特に大型のイベントやプロモーションの際には高いモチベーションで取り組む社員が多いのが特徴です。いざという時はお互いに助け合い、支え合う社風といえるでしょう。

組織変更が頻繁にあるので優秀な人材が生き残り、全体的に高いモチベーションが維持されます。また、電通の知名度が高いため仕事がしやすいのも特長です。

電通テックのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30〜17:30
休日 土曜・日曜・祝日
休日 土曜・日曜・祝日
その他の休日・休暇 年末年始、リフレッシュ休暇、
TEC暦休暇、特別有給休暇、
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

電通テックの社長

松原靖広

京都大学工学部卒。1982年に電通に入社。マーケティング・プロモーション局、IMCプランニング・センターなどを経て2012年4月からビジネス・クリエーション局長。2013年4月からプロモーション事業局長。

電通テック現職、OB/OGの有名人

記載なし

電通テックの転職に関わるQ&A


平均残業時間は61時間を超えているため少ないとはいえませんが、残業手当はきちんともらえます。中には給与アップのために残業している社員もいるようですが、会社全体としては残業を減らす方向で指導しているとのことです。 部署によっては残業が規制されているものもあります。


きちんと申請すれば有給はとれますが、大型プロジェクトやイベントのタイミング次第では有給申請しづらい雰囲気があることも考えられます。


産前産後休暇や育児休暇、時短勤務などがあります。産休取得後も復帰しやすい環境が整っていることから、女性が働きやすい会社といえるでしょう。

電通テックへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

電通テックのホームページ内にあるキャリア採用ページから応募が可能です。
キャリア採用ページには、応募職種のほかにも募集要項や待遇、採用に関するFAQなどが掲載されています。
公式サイトでは現在募集されている募集要項や待遇がざっくりと記載されているため、「まずは求人の状況を簡単に知りたい」という人はチェックしておきましょう。

ただ、採用のポイントや求めている経歴・スキルは詳細には記載されていないため、採用の確率を高めたい場合や非公開求人も見たい場合には転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

公式サイトで見る

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用して電通テックへの転職を目指すなら、掲載企業数や求人が豊富でミドル~ハイクラスの案件が多いという特徴を持つ「ビズリーチ」がベスト。
ビズリーチでは担当するアドバイザーの評価がチェックできたり、2,900名以上のヘッドハンターからスカウトが届くなど自分に合った転職サポートを受けることができるのが魅力です。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。

・求人案件数が多いため希望の求人が見つかりやすい
・せかされることなく自分の状況に合わせたペースで転職を進められる
・応募してから面接までのスピードの速さ

多くの職種や希望条件の中から自分に合った求人を探したり、スケジュールの関係でなかなか転職活動ができていないという方にはおすすめです。
転職エージェントを活用するという方にも転職サイトの利用がおすすめで、事前情報の収集のために転職サイトを利用する人も多く、電通テックの募集要項や必須とされる経験・スキルなどをある程度知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチには電通グループや競合他社・同業他社の求人が多数!

現在ビズリーチには電通テックの求人は掲載されていない状態ですが、電通グループや電通テックの競合他社・同業他社の求人が多数掲載されています。

※画像はイメージです。

ビズリーチで募集されている求人の職種はディレクター、プロデューサー、マネージャー、コンサルタントなどと幅広く募集されており、ミドル~ハイクラスの求人案件をメイン層としているビズリーチだけあって提示されている年収も比較的高く、800~1500万円程度が平均となっています。

また、数ある転職サイトの中でもビズリーチは比較的非公開求人が多い傾向があり、アドバイザーに相談すれば公開されているもの以外の案件を紹介してもらえる可能性があります。

ただし、転職サイトから応募した場合、企業側のが具体的に分からなかったり、電通テックの社内事情に精通しているコンサルタントはつかないため、自分と企業側との条件のすり合わせがうまくいかず経歴やスキルで落とされる可能性も高くなります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職成功率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用して電通テックへの転職を目指すなら、「リクルートエージェント」と「マイナビクリエイター」がおすすめです。
転職エージェントは、専門業界に対する高い知識と情報を持ち合わせており、転職において幅広いサポートをしてくれるので、転職成功率を高めることが可能です。
リクルートエージェントは圧倒的案件数を抱えており、マイナビクリエイターはクリエイティブ系の転職に強いという特徴を持ち合わせているため、自分にあった転職エージェントを選ぶのがおすすめです。

転職エージェントのメリットとしては

・キャリアプランに関する相談や企業側との給与交渉などを含む幅広いサポート
・自分と企業側とのすり合わせをしてくれるためマッチング率が高い
・非公開求人を多く扱っている

上記の3つが挙げられます。

電通というブランドはミドル・ハイクラス転職では人気の高い企業で、当然その競争率も高くなります。
自分が電通テックへ転職する確率はどのくらいなのか、電通テックの実情は自分が思っている通りなのか気になったことがあればキャリアコンサルタントに相談してみましょう。
電通テックへの転職確率を可能な限り上げたいのであれば、転職サイトではなく転職エージェントを活用するのが確実です。

「リクルートエージェント」には電通テックを含む電通グループ案件が多数

現在リクルートエージェントでは、電通テックの求人が11件掲載されており、電通に関する求人件数は480件と圧倒的案件数が掲載中です。

※画像はイメージです
リクルートエージェントの特徴として、各業界に精通した専門性の高いキャリアアドバイザーはもちろん、豊富な掲載案件数が特徴です。また、一般では見ることのできない非公開求人も20万件以上と業界トップクラスです。
また、登録不要で案件を閲覧できるのもリクルートエージェントの魅力のひとつで、ざっと案件を見てから興味を持てそうな案件が掲載されていた場合、実際にコンサルタントに相談をしてみて、キャリアプランや給与交渉なども含めて相談するのがおすすめです。
電通テックへの転職を少しでも上げたい場合は、リクルートエージェントとマイナビクリエイターの併用も転職成功率を上げるカギとなります。

電通関係のクリエイティブ系のポジションへの転職なら「マイナビクリエイター」がおすすめ!

現在マイナビクリエイターでは、電通関係の映像クリエイターやWebディレクター、システムエンジニアなどの求人が掲載されています。

※画像はイメージです
クリエイティブ系の職種への転職をお考えの方には、Web職やゲーム業界に強みを持っている転職エージェント「マイナビクリエイター」の活用もおすすめです。
マイナビクリエイターでは、クリエイティブ系に特化した専任のキャリアアドバイザーが対応してくれるため、業界や職種を理解しているからこそできる相談やキャリアプランなどより深い相談をすることが可能です。

あなたが電通テックに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

電通アイソバーの転職情報。面接などの選考フローや採用情報をご紹介

  ▼下記は、電通アイソバーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから電通アイソバーに転職してくるのか ・転職先:電通アイソバーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

電通への転職は厳しい?年収や評判など解説

  ▼下記は、電通に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから電通に転職してくるのか ・転職先:電通からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

アドウェイズに転職したい。年収や口コミ、面接内容を調査

▼下記は、アドウェイズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアドウェイズに転職してくるのか ・転職先:アドウェイズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

TBWA HAKUHODOへの転職は難しい?転職までのフローなどを調査してみた

  ▼下記は、TBWA HAKUHODOに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからTBWA HAKUHODOに転職してくるのか ・転職先:TBWA HAKUHODOからどこへ転職するのか ...

デルフィスへの転職。口コミや年収などをご紹介

  ▼下記は、デルフィスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからデルフィスに転職してくるのか ・転職先:デルフィスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

博報堂プロダクツへの転職難易度は?面接内容や仕事の評判などを徹底調査

  ▼下記は、博報堂プロダクツに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから博報堂プロダクツに転職してくるのか ・転職先:博報堂プロダクツからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

GMO NIKKOへの転職。年収、難易度を調べてみました。

  ▼下記は、GMO NIKKOに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからGMO NIKKOに転職してくるのか ・転職先:GMO NIKKOからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

博報堂マーケティングシステムズの転職事情とは?社風などを調査!

博報堂グループとして2017年10月に創業したのが博報堂マーケティングシステムズです。博報堂100%出資の子会社で、企業のマーケティング活動をサポートする基盤の情報システムの設計や開発および活用支援を手掛けています。 デジタルマー...

博報堂への転職難易度は高い?年収や面接内容など解説

  ▼下記は、博報堂に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから博報堂に転職してくるのか ・転職先:博報堂からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

GMOインターネットの転職難易度は?口コミや面接内容などを解説

▼下記は、GMOインターネットに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからGMOインターネットに転職してくるのか ・転職先:GMOインターネットからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

TOP