グループ企業

Google(グーグル)への転職。年収は?英語力がないと採用されない?

 
▼下記は、GoogleJapanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからGoogleJapanに転職してくるのか
・転職先:GoogleJapanからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

GoogleJapanの主な転職元・転職先

学歴学歴は、大学・大学院卒が在籍しており、高学歴者の比率が高い傾向があります。また海外大学出身者多く在籍しています。

職歴Google Japan入社前に、デロイトアクセンチュアなどのコンサルファームアマゾンヤフーなどの・WEB系事業会社出身者が多い傾向があります。

退職後の主な転職先Google Jaspanを退職後GAFAなどのグローバル企業をはじめ、ヤフーDeNAなどのWEB系事業会社などへ転職するケースが多いです。

検検索エンジンでは圧倒的なシェアを持つのがGoogleは、インターネットにおけるWeb開発では世界の最先端を行くリーティングカンパニーです。
Outlookの代わりに使われるようになったGmail、リモートワークの敷居を下げ自宅での作業を可能にしたGoogleドキュメント、動画配信サイトYouTubeの運営、SNSであるGoogle+、今やブラウザではなくてはならなくなったchormeなど、誰でも一度は使ったことがあるようなサービスを幅広く展開しています。
現在、Google Japanでは非常に優秀な人材の募集を行っております。

GoogleJapanへの転職を目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

GoogleJapanへの転職難易度は非常に高く、即戦力となり得るスキルと経験、実績が求められます。そのため、自身のスキルや経歴にまだ自信がない場合は、大手広告代理店や外資系IT企業で、経験を積んでからチャレンジすることをおすすめします。
ビズリーチには、大手広告代理店や外資系企業の募集案件が多数掲載されています。ハイクラス専門の転職サイトということもあり、平均年収は800~1,000万円と高水準。
GoogleJapanへ転職する人が多い企業ではどのような役職を募集していて、どのような条件があるのか、1度目を通しておくこともGoogleJapanへの転職を成功させるポイントとなるでしょう。

この記事でわかること

  • Google Japanの企業概要
  • Google Japanの転職ポイント
  • Google Japanの社風や企業文化

GoogleJapanに転職するポイント

GoogleJapanの特徴

POINT

  • ・ワークライフバランスが充実している
  • ・世界を代表をするグローバルカンパニー
  • ・福利厚生など働く環境が完備されている

GoogleJapanへ転職するポイント

POINT

  • ・新しい状況やスキルを積極的に学ぶ姿勢を示す
  • ・エマージェントリーダーシップを持っていることをアピールする
  • ・積極的な行動力があることを示す

GoogleJapanの企業概要

会社名 Google Japan(現:Google合同会社)
本社所在地 東京都渋谷区渋谷3-21-3 渋谷ストリーム
代表者 平手 智行
設立 2001年8月1日
株式 未上場
株主構成 Google Inc(100%)

Alphabet inc.の売上

GoogleJapanは非上場のため、Google inc.の親会社であるAlphabet Inc.の売上を掲載いたします。

Alphabet inc.の売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 110,855百万ドル 136,819百万ドル 161,857百万ドル
経常利益 27,193百万ドル 34,913百万ドル 39,625百万ドル

GoogleJapanの最新ニュース

グーグルは新型コロナ拡大の影響を受け、「2020年度いっぱいは人員の採用を抑制する」としています(2020年4月現在)。
一部の戦略的重要分野では採用を続けるとも語っているため転職の可能性はゼロではありませんが、ハードルはかなり上がっていると言わざるを得ません。
また、現在グーグルは、採用の分野だけでなく、データセンターの新設や設備拡充などの分野でも投資を抑制する方針となっています。


Google のサービスや技術に関する最新情報が気になる方へ

GoogleJapanの事業内容

GoogleJapanはweb検索エンジンの開発からスタートし、豊富な資金を利用して数多くのM&Aを実施、事業を拡大してきました。それらの媒体での広告収入が全体の70%を占めていると言われます。ここでは主な事業についてご紹介します。

検索エンジンの開発

最初に出発したコアになるビジネスが、ウェブサイトや画像といったネットワーク上にある情報を検索することができるプログラム「検索エンジン」の開発です。
Googleの独創的な検索エンジンは、世界中のウェブサイトを回り情報を集め、検索用の索引を作り続けています。
現在では主要なサイトの検索はほぼgoogleの検索エンジンを使用(98%)と世界検索シェアトップにまで成長しました。
その検索エンジンによって示された広告によって大きな収入を得ています。

Gmailメールサービス

2004年にWebメールサービスに参入し、誕生したのが「Gmail」です。
Web経由でアクセスできるという手軽さから、Outlookの代わりにGmailを使用する大企業も多くあります。
GmailはWebメール以外にもPOP3やSMTP、IMAPに対応しており、自動送信機能も可能です。
また、フリーメールでありながらも保存容量は無料で15GBまであり、ウィルススキャンサービスや多言語にも対応していることから、非常に人気があります。
現在では利用しているユーザー数は10億人を突破しているフリーメールサービスです。

モバイルオペレーティングシステムAndroidの開発

スマートフォンやタブレットに搭載されている。Appleのiphoneと並んでスマートフォンの市場を寡占。日本でのiphoneとAndroidの販売台数は横並びに近いが、世界的に見るとAndroidがシェア8割以上を支配し圧倒的に優勢。

Google マップ、Google Earthの開発

インターネットを経由する地図サービス「Googleマップ」は2005年2月に、「Google Earth」はその数か月後に開発されました。
「〇〇から〇〇へ行く」を助けるソリューションとして誕生したGoogleマップはルート検索機能やストリートビュー機能が搭載されており、リアルタイムで地図検索することが可能で、交通情報やイベント情報などと組み合わせることにより、利便性のさらに向上ができました。
Google Earthは9,300万㎢以上をカバーする高解像度映像で構築されており、デジタル空間を旅するということができるようになりました。
現在では毎月の利用者が10億人以上と、生活には欠かせないサービスです。

GoogleJapanの募集要項

コンテンツストラテジスト

コンテンツストラテジストは世界各地の株主や経営者といった顧客と協力して、コンテンツ戦略とプロダクトの要件を定義を行い、コンテンツに関するさまざまな事柄のエキスパート兼アドバイザーとして役割を担うポジションです。
ユーザーの調査を実施、ユーザーにとって最適なコンテンツの作成も行い、社内外のユーザーに効果的なコンテンツを提供します。
コンテンツの作成・管理やWeb開発に携わった経験、プレゼンテーションの作成・実施スキルがある方は重宝されます。

必須な経験・スキル

  • ・学士号を取得している、もしくは同等の実務経験
  • ・英語や日本語による文章作成、および口頭での優れたコミュニケーション能力

分析コンサルタント

分析コンサルタントは高度なデータ分析を通じて、ユーザーのビジネス拡大とマーケティングに関する課題解決のためのソリューションの開発や機会発掘を行うポジションです。
マーケティングやメディアの分析、データ統合などユーザーにアドバイスを行い、優れた測定sリューションを推進し、長期的な成長と顧客満足度の向上を目指しています。
そのほかにも、卓越した分析能力や測定能力を活用し、ユーザーが消費者に対してスムーズにアプローチできるよう全面的なサポートをします。
分析のプロフェッショナルとして、高度な分析力、高いコミュニケーション能力が必要です。

必須な経験・スキル

  • ・学士号を取得している、もしくは6年以上の同等の実務経験
  • ・データから行動に繋がるインサイトを導き出した経験
  • ・アトリビューションデータセットの分析とモデル化を行った経験

リードソフトウェアエンジニア

リードソフトウェアエンジニアはソフトウェアの設計や開発、導入、維持など、ソフトウェア全般に関わるポジションです。
機械学習や自然言語処理、コンピュータを用いた視覚の実現やその応用などの研究開発にも参加します。
Googleのサービスは大量の情報処理を行うために、Web検索にとどまらない広範な技術力とあらゆる分野から新しいアイデアを持ち込めるようなエンジニアを募集中です。
また、技術的課題を解決に導き、何万人ものユーザーに貢献したいと考えている方を求めています。

必須な経験・スキル

  • ・計算機科学もしくは関連する技術分野での学士号取得
  • ・8年以上の汎用プログラミング言語(Java、Pythonなど)の実務経験
  • ・2年以上の機械学習の分野における実務経験
  • ・英語による文章作成、口頭での優れたコミュニケーション能力

GoogleJapanの転職難易度

Google Japanの転職難易度は非常に高いです。
企業の知名度や福利厚生の充実さ、給与面での好待遇などの好条件が揃っていることから非常に多くの転職者から応募があります。
応募者はどの人もレベルが高く、そのなかから採用してもらうのは簡単ではありません。
しかし、Google自身の急成長もあり、ここ数年は積極的に人材を募集している傾向があります。
転職者に求められる専門的な知識や技術スキルは高いですが、前職までの経験やほかの応募者と格差を付けられる能力をしっかりアピールすることで、採用してもらえる可能性が高くなるでしょう。

現在は、コロナウイルスの影響で人員を削減・採用を抑制している動きがあるため、2020年いっぱいは戦略分野に限定した採用を行っています。戦略分野以外に転職を考えている場合は、時期を検討した方が良いでしょう。

GoogleJapanが転職者に求める人物像

Google Japanは自分の殻を破って日々成長できるような人材や、チームワークを大切にし人と協調できる人はとても重視される傾向があります。
また、ネイティブレベルの英語力、英語によるビジネスレベルのコミュニケーション能力などは必須条件で求められます。
それ以外にもGoogleで能力を発揮できるかどうかを判断する物差しとして、「曖昧さを許容できる性格かどうか」や「積極的な行動力があるかどうか」にも注目されるでしょう。

GoogleJapanの転職までの流れ

GoogleJapanの選考フロー

書類・エントリーシート提出

書類選考期間についてはどれほど掛かるのかは採用HPには明記されていませんが、Q&Aによれば2か月経っても返信がない場合は諦めた方が良いようです。また応募書類はAIではなく1つ1つ人間が審査するようです。書類選考によって応募した職種の募集要項にあった必須条件と望ましい条件を満たしているかがチェックされます。

一次~三次面接

想定選考官:人事
書類選考を通過すると電話またはハングアウト(Googleのサービス、チャットと映像が送れるサービス)による面接が行われます。志望動機や前職までの経験など、一般的な質問をされます。エンジニア系の場合は、ここでコーティングテストが行われ思考プロセスがチェックされます。

最終面接

これまでの面接で聞かれたことをさらに深堀し、改めてGoogleに合っている人材かを判断します。

GoogleJapanの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
しかし、応募職種や応募人数によって、複数で面接する場合もあります。
面接回数は3~4回程度です。
1回につき30分~1時間程度となります。

GoogleJapanの面接内容

Google Japanでは志望動機や前職までの経験といった定型的な質問から始まります。
以前は難問奇問が多く出されていましたが、現在ではそういった出題はされず、ごく一般的な質問が多いようです。
面接の雰囲気はとても和やかに進められ、圧迫面接などはありません。
ただし、質問の回答に対して「それはなぜ?」と深く掘り下げられるので、自己分析をしっかりと行い、何でも回答できるようにしておく必要があります。
これまでの経験やスキルをアピールできるエピソードを用意して、面接に臨みましょう。

GoogleJapanで働いている方の評判・口コミ

広告審査、在籍3~5年、男性
大企業なだけあって社会に貢献できている感じを体感できます。給与面も高く、社会的信用もあるので、とても働きやすい企業だと思います。また、在籍している社員は全員がレベルが高く、毎日刺激を受けて仕事しているので、やりがいを感じられるでしょう。
エンジニア 在籍5~7年 男性
目標設定が高く、チャレンジングな環境で働きたい方にはおすすめの会社です。また、助け合い精神がある会社のため、個人で目標を達成しに行くというよりはチーム一体となって目標達成まで頑張るという風潮があります。逆に個人プレーが好きという人には向かない企業かもしれません。
営業、在籍1~3年、女性
ワークライフバランスが本当に良い会社です。ライフイベントに応じて、早朝にシフトを切り替えたり在宅勤務に変更して働くことができるため、自分の好きなように働くことができます。また、福利厚生も充実しているので、これから結婚や出産などが控えている方にも働きやすい会社です。
口コミの要約
Google Japanの口コミを見てみると、働く環境への定評がとても良いことが伝わってきます。また、給与が非常に高く、福利厚生などが充実しているため、全体的に社員の満足度が高い傾向があります。

GoogleJapanの年収・給与は?

年収 800万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 成果報酬型
残業手当 記載なし
固定残業手当 記載なし
通勤手当 全額支給
住宅手当 有り
福利厚生 ジム、社食無料、
年間100万円の自己学習支援など

GoogleJapanでの転職者の出世難易度

Google Japanの出世難易度は非常に高いです。
Google Japanには語学ができる、プログラミングに秀でている、リーダーシップを持ち合わせているなど、非常に優秀な社員が多く在籍しており、そのなかで出世するというのは一筋縄ではいきません。
ハイスペックすぎる社員のなかで、周りに押しつぶされることなく成果を出し続けて、結果を残し続けるのが重要です。
結果を残し続ければ出世へ近づくことができ、また、待遇が良くなって大幅な給料UPが望めます。結果を残し、高い報酬を得たい、出世をしたい、という人には向いている企業でしょう。

GoogleJapanの役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 1,100万円
30代前半 なし 1,400万円
30代中盤 なし 1,100万円
30代後半 なし 1,700万円
40代前半 なし 1,700万円
40代中盤 なし 1,700万円
40代後半 部長 2,500万円

GoogleJapanはどんな人が働いている?

GoogleJapanの従業員数

1,300人

GoogleJapanの平均年齢

33.2歳

GoogleJapanの勤続年数

3年

GoogleJapanの社風

Google Japanは比較的風通しの良い社風です。
在籍している社員は穏やかな人が多く、協調性があり同僚に協力的な人が多いです。
上司との関係もフラットで、和やかな雰囲気で仕事に取り組めます。
また、オフィスに食事や飲み物を完備、スポーツジムやマッサージが無料など、社員が働きやすいような環境づくりに工夫がされているので、居心地が良く自分らしく働くことができるでしょう。
ただし、営業の現場では日本企業的な上下関係や社内政治も目立ち、最近では良くも悪くも大企業的になっているようです。

GoogleJapanのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 夏期休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

GoogleJapanの代表者

1986年にアメリカにあるチャップマン大学卒業後、1987年に日本IBMに入社。
アジア・パシフィック地区経営企画、IBM本社の戦略部門を経て、2006年にIBM本社のバイスプレジデント兼日本IBM執行役員に就任。
その後も米国ベライゾンエリアバイスプレジデント兼ベライゾンジャパン合同会社の執行役員社長や、デル株式会社代表取締役社長に就任した。
2019年11月より、Google Japanの代表に就任。

GoogleJapan現職、OB/OGの有名人

村上憲郎

1947年生まれ、大分県出身。
京都大学工学部資源工学科を卒業後、日立電子やDECを経て、Northern Telecom Japan代表取締役に就任。
2001年にドーセントの日本法人を立ち上げる。
2003年にGoogle米国本社副社長兼Google日本法人代表取締役に就任し、2009年より名誉会長に就任。
現在は同社の経営から退き、村上憲郎事務所代表を務めている。

GoogleJapanの転職に関わるQ&A


一番に重要とされるのは結果です。
プロセスよりもとにかく結果が最重要とされる評価制度となっています。
実力主義なので途中入社であっても、評価され出世するチャンスは大いにあります。
良かったところは正当にしっかりと評価をしてもらえますが、逆に悪いところはあまり見られないので、フィードバックを行ったり反省する機会が失われやすいです。
また自分で何をやっていて、どのような結果になったのかをアピールしなければ、評価の機会を失ってしまいます。
自分でこんなことをしたという結果をしっかりアピールすることがとても大切です。


男性女性の差別はなく、仕事の評価は平等にしてもらえます。
女性でも成果を出し続ければ出世することも可能です。
また、産休や育休があり、取得しやすい環境があるので、気軽に休暇を取得することができます。
復帰後は時短勤務があるので、仕事と家庭の両立することができるでしょう。


マネージャー以上は本社との会議がありビジネスレベル以上は必須です。エンジニアや国内法人を担当するセールスには、それほどの英語力は求められないことがありますが、社内の資料は基本英語です。

GoogleJapanへ転職する方法

すぐに応募するなら公式サイト

現在googleへ転職する方法は、公式サイトからの応募。または社員の紹介(リファラル採用)の2種類です。
googleの人材募集サイトには、職種ごとの仕事内容や、福利厚生、面接のヒントなど、さまざまなコンテンツが用意されているため、必ず1度目を通してから応募することをおすすめします。
なお、エンジニア職の場合、一度不採用となるとそこから1年間、googleの面接を受けることはできませんのでご注意ください。

googleへ転職するために経験しておきたい企業を探すなら「転職サイト」

googlへ転職するためのスキルや経験を培うのに最適な企業を探すのであればビズリーチがおすすめ。
ビズリーチはハイクラス転職を専門とした転職サイトなので、googleへの転職実績が多い企業の情報も多数掲載されています。
転職サイトを利用する最大のメリットは案件数の多さです。
転職サイトでは、似た大量の案件を一括で確認することができるため、キャリア選択の幅は非常に広がります。
また、多くの募集要項を見比べることで、条件や年収の傾向も把握できます。自分がどれくらいの企業までなら通用するのかを測る手段としても、転職サイトは有効的なツールとなるでしょう。
また、募集要項を確認してすぐに応募できるのも転職サイトのメリットです。企業と転職者の間に仲介がほぼ入らないため、余計な時間をかけずスピーディーに転職活動を進められるでしょう。

ビズリーチには外資・大手企業の募集要項が多数掲載

ビズリーチには、外資系・国内企業問わず、大手の企業の求人情報が多数掲載されています。

※画像はイメージです。

googleへの転職者が多い、WEB系事業会社や、コンサルティングファームのハイクラス求人も多数掲載されているため、必要なスキルを積める企業を効率的に探すことができます。
ただし、募集要項と公式サイトの情報のみが頼りになるため、実際に転職先でどのような経験を積めるのか、具体的に把握することは難しいかもしれません。

googleに挑戦する前にまずは相談!「転職エージェント」

googleへの転職に対し少しでも不安を感じた場合は、まずは外資系専門転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」に相談することをおすすめします。
googleの求人募集は基本的に公式サイト一本。エージェントが非公開求人を持っている可能性も低いです。
ただし、エージェントのキャリアコンサルタントへ相談することで、googleへの転職に必要なスキルや実績、さらにそれらを習得することができる企業を紹介してもらうことは可能です。
転職エージェントは、その時の転職だけでなく、転職希望者のキャリア形成全体をサポートしてくれるサービスです。
公式サイトから応募する前に、まずは転職エージェントに相談し、自分の足りない部分を客観的に見てもらうことがgooleへ転職する一番の近道といえるでしょう。

外資系企業への転職ならロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズは1985年にロンドンで設立された人材紹介会社の老舗です。
国際展開する企業への専門性が非常に高いため、googleへの転職に必要な経験を積める外資系企業へ転職するのであれば、ロバート・ウォルターズ・ジャパン一択といえるでしょう。

※画像はイメージです。

2020年6月現在、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでインターネット事業を展開する企業の求人情報を検索すると、20件以上の募集要項を確認できます。
また、ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、ハイクラスの非公開求人を豊富に保有しているエージェントですので、googleへの転職を考えていえる旨を伝えれば、目的にあった企業を紹介してもらえるでしょう。
ただしロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、基本的にビジネスレベルの英語スキルを持っていることが前提となるため、スキルが足りないと期待したような案件は紹介してもらえません。
そもそもgoogleへ転職するには一定以上の英語スキルが必須となるため、スキルが足りないと感じたら独自で勉強をするか、学習支援制度のある企業へ転職することをおすすめします。

あなたがGoogleJapanに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)への転職。評判や年収などについて調査

  ▼下記は、CCCに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからCCCに転職してくるのか ・転職先:CCCからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

三菱地所への転職難易度は?将来性や激務との噂も徹底解説

国内大手デベロッパーである三菱地所。 東京屈指のオフィス街である丸の内エリアを中心とし、国内に止まらず海外の都市開発も行う、グローバルな総合デベロッパーです。 本社は大手町に位置し、従業員数は連結で9,439名です。 三菱地所は、...

日本ロレアルへ転職するべき?評判や年収などについて解説

  ▼下記は、日本ロレアルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本ロレアルに転職してくるのか ・転職先:日本ロレアルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

三井不動産への転職はおすすめ?転勤の噂や採用難易度を解説

国内最大手の総合不動産業者である三井不動産は、三井ショッピングパークアーバンや三井アウトレットパークなど、私生活の中でも馴染みのある企業です。 三井不動産は戦後から一貫して業界売上No.1の不動産業界のもっっとも安定した企業と...

KODANSHAtechへの転職は難しい?年収や口コミなどを調査

KODANSHAtechは、デジタル市場の発展に伴い、デジタルメディアの研究や開発に特化した講談社の子会社です。 継続的な開発と改善を行う研究開発チームであり、数々の取り組みを行ったその結果、「現代ビジネス」は月間1億PVを達成し...

エイベックスへの転職難易度は?現場の口コミや面接内容を調査!

  ▼下記は、エイベックスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからエイベックスに転職してくるのか ・転職先:エイベックスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

Google(グーグル)への転職。年収は?英語力がないと採用されない?

  ▼下記は、GoogleJapanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからGoogleJapanに転職してくるのか ・転職先:GoogleJapanからどこへ転職するのか 一般的な傾...

東宝への転職難易度は?年収や口コミなどを解説

▼下記は、東宝に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから東宝に転職してくるのか ・転職先:東宝からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう...

JTBは未経験でも転職可能?評判や仕事内容を徹底解説

▼下記は、JTBに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJTBに転職してくるのか ・転職先:JTBからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょ...

セブン&アイ・ネットメディアに転職するべき?口コミや面接内容を調査

▼下記は、セブン&アイ・ネットメディアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセブン&アイ・ネットメディアに転職してくるのか ・転職先:セブン&アイ・ネットメディアからどこへ転職するのか 一般的な...

TOP