広告

博報堂への転職難易度は高い?年収や面接内容など解説

 
▼下記は、博報堂に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから博報堂に転職してくるのか
・転職先:博報堂からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

博報堂の主な転職元・転職先

学歴

博報堂に在籍している社員の学歴は、大学・大学院卒が主に在籍しており、幅広い大学出身者がいます。

退職後の主な転職先

博報堂からの転職先として主に、転職者は少ないですが、アクセンチュアなどの戦略コンサルDeNAなどのWeb系事業会社、さらには電通などの広告代理店が挙げられます。

博報堂は広告代理店業界にて国内2位、世界では7位の広告代理店です。
国内1位の広告代理店の電通と2位の博報堂で「電博(デンパク)」と呼ばれるほど知名度があり、現在の博報堂は博報堂DYホールディングスの傘下にあります。
1895年に瀬木博尚氏が自分の名前の1文字を企業名とし、「博く、華客に奉仕報酬する」という理念のもと教育雑誌の広告取次店としてスタートしました。
東京都港区赤坂に本社を構えており、3,870名もの従業員が在籍しています。

初めての転職で博報堂を目指すなら「ビズリーチ」を見るべし!

博報堂の年収や面接内容も気になるけど、それよりも先にどんな求人があるのか知りたい!という方は、まずはビズリーチなどの転職サイトで掲載されている求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチでは、ハイクラス求人を豊富に掲載しており、転職先がまだ定まっていない場合は、ここで比較することをおすすめします。
転職エージェントの利用を考えている方も、情報収集として転職サイトを事前にチェックしておくと、転職活動がよりスムーズに進めることができるでしょう。
現在、ビズリーチに掲載されている博報堂の求人募集は18件です。

また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 博報堂の企業概要
  • 博報堂の転職ポイント
  • 博報堂の社風や企業文化

博報堂に転職するポイント

博報堂の特徴

POINT

  • ・広告代理店業界の国内2位、海外では7位の大企業
  • ・経営哲学の一つが「生活者視点」
  • ・男性のみならず、女性でも働きやすい環境

博報堂へ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠が多い
  • ・専門職のポジションで積極的に採用を行っている
  • ・転職サイトと転職エージェントの併用で、確実な転職が可能

博報堂の企業概要

会社名 株式会社博報堂
本社所在地 東京都港区赤坂5丁目3番1号 赤坂Bizタワー
社長 水島 正幸
設立 1924年2月11日
株式 非上場
株主構成 博報堂DYホールディングス(100%)

博報堂の売上

博報堂は非上場のため、親会社の博報堂DYホールディングスの売上を掲載しています。

博報堂の売上推移

年数 2018年 2019年 2020年
売上高 1,334,638百万円 1,444,524百万円 1,466,249百万円
経常利益 54,439百万円 68,702百万円 58,100百万円

博報堂の最新ニュース


博報堂の最新情報を掲載しております。

博報堂の事業内容

マーケティング

デジタル化が加速し、あらゆるものがデータ化される現代において、マーケティング領域も劇的に変化をしています。
その変化に対し、最新テクノロジーや膨大なデータを扱うノウハウ、さらには長年培ってきた生活者洞察力とクリエイティビティを発揮し、クライアントのマーケティングの変革や実行などを支援する事業です。
マーケティング・マネジメント実行の支援や、生活者DMPとクリエイティビティによる最適のエグゼキューションを高速かつ継続的に提供、また、マーケティング活動に新しい突破口をもたらす支援など、マーケティングに関したさまざまな支援や提供などを行っています。

クリエイティブ

価値観が多様化し、さまざまなビジネスが次々生まれている現代において、総合コミュニケーション活動をはじめ、メディア表現、プロダクトデザイン、体験設計などの多彩なアウトプットなどを提供している事業です。
これらに加え、クライアントの経営課題を解決する今までにないクリエイティブを生み出しており、その結果、国内のみならず海外でも高い評価を得ています。
国内最大広告賞の「ACC CM FESTIVAL」や「JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」、「アジア太平洋広告際(ADFEST)」など、数々の権威のある賞を受賞しており、今後も注目を集めていく事業でしょう。

PR

メディアや有識者、インフルエンサー、生活者などに対し、多様な立場に対する深い理解とともにレビュレーションの維持や向上させるPRを提供している事業です。
そのほかにも、高度な専門性が必要なトップ対応やリスクマネジメント、合意形成などのPRも支援しています。
ファクトに基づくストーリー開発や具現化へのアクション、情報シナリオの設計などを提供する「マーケティングPR」、情報分析に基づいたプランニングとソリューションでサポートを行う「コーポレートPR」などを提供しています。

博報堂の転職の募集要項

アカウントプロデュース

アカウントプロデュースは、AdTechやMarTechといったデジタルマーケティングツールを活用し、戦略立案やデジタル施策立案・運用などを行うポジションです。
そのほかにも、データ分析なども行うため、ロジカルデザインシンキングや高度なプレゼンテーションスキルなどが必要になってきます。
新しい分野や困難な課題などに対し、自らチャンスと捉えて、前向きに取り組むことができる人材は優遇されます。

必須な経験・スキル

  • ・デジタルマーケティングツールを活用したマーケティング・営業・販売の業務経験
  • ・ツールの導入や運用支援の業務経験

CVC(ベンチャー企業投資要員)

CVC(ベンチャー企業投資要員)は、企業価値向上に資するベンチャー企業への投資を積極的に推進します。
具体的な業務内容として、投資先企業の発掘や投資エグゼキューション、投資先のハンズオン支援などです。
投資業務全般における情報収集や資料作成などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・ベンチャーキャピタルにおけるアソシエイト業務もしくはインターン経験
  • ・コンサルティングファームや事業会社でのビジネス開発・経営企画・M&A
  • ・未上場のベンチャー企業での事業開発やバックオフィスに関する実務経験

事業開発

事業開発は、グローバルビジネスにおけるM&Aの戦略立案や発掘・実行などを行うポジションです。
さらには、買収先企業とのシナジー実現やハンズオン支援など、投資・事業開発、企業財務全般を担当します。
責任のあるポジションのため、3年以上の社会人経験があり、ビジネス交渉ができるほどの英語力とコミュニケーション能力が必要です。

必須な経験・スキル

  • ・商社やメーカーなどの事業における投資案件の実務経験
  • ・協調性やチームプレー、コミュニケーション力

博報堂の転職難易度

博報堂の転職難易度は比較的高いです。
博報堂は電通に次ぐ大手の広告代理店であり、住友生命やソニーなどのCMを手掛けるなど、大企業と提携しています。
その結果、大規模な広告に携わることとなり、非常に高いスキルや知識が必要になってきます。
そういった高い能力を求めているため、ライバルである転職者は全体的に優秀な人材である場合がほとんどで、そのなかから採用してもらうということは難しいでしょう。
面接の際は、高いスキルや知識を持っていることを上手にアピールすることが肝心です。

博報堂が転職者に求める人物像

博報堂では、生活者発想であるため、価値観の異なる人物とも協力し成果を出せる人材を求めています。
広告代理店の業務は、基本的にさまざまな方と関わる業務であり、一人一人目指している方向性は異なります。
そのなかで、連携しつつ確実にプロモーションの成功に導くことができるかどうかは非常に重要なポイントです。
そのほかにも、既存の発想に捉われず、新たな取り組みを考えて提案できるような人材も求めている傾向があります。
面接の際は、これらをアピールできるエピソードを複数用意してから臨むと良いでしょう。

博報堂の転職までの流れ

博報堂の選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~二次面接

想定選考官:人事
今までの経験や志望動機など、基本的な質問をされます。

最終選考

想定選考官:役員
これまでに聞かれた質問を再度深堀し、改めてマッチしている人物かを見られます。

博報堂の面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回です。
ただし、職種やポジションによって面接人数や回数が変わる可能性があります。
面接は1回あたり30分~1時間です。

博報堂の面接内容

博報堂の面接は、今までの経験や志望動機など、基本的な質問から進みます。
そのほかにも「英語は得意か」や「困難に直面したときどうするか」など、社会人としての能力を見てくる傾向があります。
また、人柄を重視していることもあり、コミュニケーション能力の高さも見ています。
面接の雰囲気は、圧迫などではなく、穏やかな雰囲気です。
自分らしく、リラックスして面接に臨み、コミュニケーション能力が高いことをアピールすると好感を持ってもらえるでしょう。

博報堂で働いている方の評判・口コミ

営業 在籍10年以上 男性
仕事を好きで、楽しみながら働いている人が多いと思います。また、どんなに忙しくても、分からないことがあれば、親切に教えてくれる人が多く、会社自体が風通しが良いので、働きやすい環境があります。
宣伝・プロモーション 在籍3~5年 男性
いろんな社員が在籍しており、個性豊かだと思います。社員個人のの仕事の裁量は範囲が広く、優しい人が多い印象です。また、福利厚生もしっかりとしているので、万が一何かあって入院したときや休暇取るときでも安心です。
プロダクトマーケティング 在籍1~3年 女性
一昔前は体育会系だったようですが、今はそんな感じが全くありません。誠実に仕事に向き合っている人が多く、新入社員から見ても、女性の割合が多くなってきています。今では女性の管理職も増えたと思います。
口コミの要約

博報堂の口コミを見てみると、親切な社員が多く、福利厚生が充実していることから働きやすい環境があることが伝わってきます。また、女性の割合が多くなっていて、女性でも管理職に就きやすくなったことがうかがえます。

博報堂の年収・給与

年収 1,036万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、企業年金手当、介護休暇制度、定期健康診断など

博報堂での転職者の出世難易度

博報堂での出世難易度は中程度です。
博報堂では、7年目から自身の専門分野へ進んでいくというキャリアパスがあり、その後、独立するクリエイターや社内で出世していく人などに分かれていきます。
出世することは決して簡単なことではありませんが、キャリアパスのなかに組み込むことで、実現することができるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代前半 なし 400万円
20代後半 なし 600万円
20代後半 なし 800万円
30代前半 なし 800万円
30代前半 なし 1,200万円
30代後半 なし 1,400万円
40代前半 ディレクター 1,700万円
40代前半 ディレクター 1,400万円
50代前半 部長 1,500万円
50代後半 執行役員 1,800万円

博報堂はどんな人が働いている?

博報堂の従業員数

3,870名

博報堂の平均年齢

42.7歳

博報堂の平均勤続年数

15.6年

博報堂の社風

博報堂は、部署ごとに多少異なりますが、基本的に自由な社風です。
上下関係に厳しいということもなく、自由に仕事することができる雰囲気があります。
また、1年目から大きな業務に携わることができ、責任とやりがいを感じることができるでしょう。
ただし、所属するポジションにもよりますが、土日出勤や外部との付き合いが多くなるので、苦手な人には辛いと感じるかもしれません。

博報堂のワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 記載なし
休日 土日祝日
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 70時間
フレックス制度 なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

博報堂の社長

水島 正幸

1960年生まれ、東京都出身。
慶應義塾大学法学部卒業後、1982年に博報堂に入社。
2005年に第六営業局長、2012年に営業統括局長に就任。
その後も執行役員や取締役、常務を経て、2017年に代表取締役に就任。

博報堂現職、OB/OGの有名人

大貫 卓也

1958年生まれ、東京都出身。
1980年に多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、博報堂に入社。
新人にしてとしまえんの仕事で「東京ADC賞」を受賞、その後も次々と話題作を世に送り出し、「クリエイティブの博報堂」の象徴的な存在となる。
1993年に博報堂を退社し、大貫デザインを設立。
その後は、ペプシコーラのボトルキャップ・キャンペーンや新潮文庫の「Yonda?」といったプロモーション施策など、マルチに手掛けている。

博報堂の転職に関わるQ&A


博報堂へ応募する際に志望動機には主に3つのポイントがあります。
「結論を最初に伝える」「これまでの経験と志望動機を結びつける」「入社後はどんなことができるか」の3つに力を入れて志望動機を作成すると好感を持てる内容になるでしょう。


博報堂はほかの企業同様に、繁忙期と閑散期があります。
やはり、忙しい時期は残業があり、休日出勤しなければならないこともありますが、その一方で、そこまで忙しくなければ、何も気にせず定時で上がるということもできます。
また、有名企業なだけあり、年収の水準が高く、バリバリ働きたいという方にはやりがいを感じる企業でしょう。

博報堂へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

博報堂の公式サイトにある採用情報ページから応募することができますが、2020年8月現在、公式サイトには中途採用による求人情報がありません。
公式サイトに掲載される可能性はそこまで高くなく、掲載されたとしても不定期であることが推測されます。
どうしても博報堂へ転職したいなら、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人から応募したいなら「ビズリーチ」

転職サイトを活用して博報堂に転職したいなら、掲載数が多くハイクラス求人を多く取り扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。
ビズリーチでは、現状の市場価値を知ることができて、より自分に合ったポジションへ転職しやすくなるという特徴があります。
自分に合った職種やポジションに転職したい方や、空いている時間に転職活動を行いたいという方にはビズリーチが良いでしょう。
また、転職エージェントを利用する前にビズリーチを利用するという型も多く、博報堂の募集要項や求められている人材を知りたい場合はチェックするのも一つの手といえます。

ビズリーチはマーケティングや事業開発などのポジションを多数掲載

ビズリーチに掲載されている博報堂の求人は5件です。

※画像はイメージです。

募集している職種は多くあり、マーケティングや事業開発、コンサルタントなど、幅広く掲載されています。
さらには、非公開求人を持っている傾向があり、専任のキャリアアドバイザーに相談すれば非公開求人を紹介してもらうこともできます。
ただし、転職サイトからの応募は、自身と企業とのすり合わせが上手くいかない場合があり、経歴やスキルで落とされてしまう可能性も少なくありません。
より確実に転職したいなら転職エージェントの活用がおすすめです。

質の高い転職支援で転職成功率を上げるなら「リクルートエージェント」

博報堂に転職するにあたって転職エージェントを利用するなら「リクルートエージェント」がおすすめです。
リクルートエージェントは、業界トップクラスの案件数を誇っており、転職支援の実績が多数あるため、非常に多くの利用者がいます。
転職エージェントでは、応募書類の添削や模擬面接などによる指摘とアドバイスといった面接対策、さらには給与交渉まで自分の代わりに行ってもらえます。
また、希望する企業への転職実績があれば、転職先に太いパイプが構築されているため、入社前に企業の内部事情を聞くということもできます。
転職活動に不安を感じている場合やより高い年収を求めている場合は、リクルートエージェントを活用しましょう。

リクルートエージェントはWEB面接可能で、手軽に行える

現在、リクルートエージェントには博報堂の求人は掲載されていませんでしたが、同グループの求人が多数掲載されています。

※画像はイメージです。

博報堂関連のどの企業に行きたいかを完全に決めきれていない場合や、初めて転職活動で不安がある場合は、幅広く案件を見られるリクルートエージェントはベストと言えます。
また、リクルートエージェントでは登録不要でも案件を閲覧できるがあるので、パッと案件を見てみて興味を持てそうな求人があれば登録すると良いでしょう。
非公開求人も多く扱っているため、キャリアコンサルタントに相談すると、紹介してもらえることもあります。

クリエイティブ系のポジションを多く掲載している「マイナビクリエイター」

コンサルタントやエンジニアなどのポジションを希望する場合は「マイナビクリエイター」がおすすめです。
マイナビクリエイターは、WebやIT関連といったクリエイティブ系の転職に特化している転職エージェントであり、そういったポジションの非公開求人を多く保有しています。
また、面接対策や応募書類の添削などのサポートが手厚く、多くの利用者から高い評価を得ています。
「どういう風に自己アピールしたら良いか」や「どんな風にアピールすればより効果的なのか」など、そういった不安にも対応してもらえます。

マイナビクリエイターはデザイナーやディレクターの求人多数

マイナビクリエイターは、デザイナーやディレクターに関する求人案件を中心に掲載されています。

※画像はイメージです。

その中でもデザイナーが多く掲載されています。
博報堂に転職できる成功率を少しでも上げて、確実な転職をしたいならリクルートエージェントとマイナビクリエイターの2つを併用することをおすすめします。
スムーズかつ確実な転職活動が行えるでしょう。

あなたが博報堂に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

サイバーエージェントの転職事情。社員数や社風、残業などについて解説

  ▼下記は、サイバーエージェントに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからサイバーエージェントに転職してくるのか ・転職先:サイバーエージェントからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把...

デルフィスへの転職。口コミや年収などをご紹介

  ▼下記は、デルフィスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからデルフィスに転職してくるのか ・転職先:デルフィスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

電通への転職は厳しい?年収や評判など解説

  ▼下記は、電通に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから電通に転職してくるのか ・転職先:電通からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

デジタルガレージに転職したい方必見。どんな会社なのかをご紹介

▼下記は、デジタルガレージに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからデジタルガレージに転職してくるのか ・転職先:デジタルガレージからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

TBWA HAKUHODOへの転職は難しい?転職までのフローなどを調査してみた

  ▼下記は、TBWA HAKUHODOに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからTBWA HAKUHODOに転職してくるのか ・転職先:TBWA HAKUHODOからどこへ転職するのか ...

オプトの転職情報。賞与や住宅手当、年収などを調査

  ▼下記は、オプトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからオプトに転職してくるのか ・転職先:オプトからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

アドウェイズに転職したい。年収や口コミ、面接内容を調査

▼下記は、アドウェイズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアドウェイズに転職してくるのか ・転職先:アドウェイズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

GMO NIKKOへの転職。年収、難易度を調べてみました。

  ▼下記は、GMO NIKKOに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからGMO NIKKOに転職してくるのか ・転職先:GMO NIKKOからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

アイレップの転職情報を紹介。企業売上や中途面接のフローなどをご紹介

▼下記は、アイレップに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアイレップに転職してくるのか ・転職先:アイレップからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

Google(グーグル)への転職。年収は?英語力がないと採用されない?

  ▼下記は、GoogleJapanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからGoogleJapanに転職してくるのか ・転職先:GoogleJapanからどこへ転職するのか 一般的な傾...

TOP