広告

ADKホールディングスへの転職は難しい?年収や選考フローなど解説

ADKホールディングス転職者の主なキャリアステップ

ADKホールディングスの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学・大学院卒業などが在籍しており、大学は国立大学や早慶MARCHといった有名私立大学の割合が高くなっています。

前職

ADKホールディングス在籍者の主な職歴は、PwCアクセンチュアなどのコンサル、テレビ朝日などのテレビ関連、東急エージェンシーなどの代理店、さらにはNTTドコモリクルートなどの大手事業会社が挙げられます。

次の転職先

ADKホールディングスからの転職先として、電通博報堂などの同業他社への転職事例が多く、そのほかにも事業会社のマーケ部門への転職事例もあります。

ADKホールディングスは、日本における広告代理店業務を行うADKグループを統括している純粋持株会社です。
1999年に旭通信社と第一企画が合併して発足した企業であり、国内広告業界において第3位の総合広告代理店となっています。
ADKホールディングスの最大の特徴は、アニメコンテンツ発信にあり、ドラえもんやクレヨンしんちゃん、ワンピースなど、有名作品の制作に携わっています。
また、実写特撮やアニメーションの制作にも取り組んでおり、単純に番組の広告枠を買切るだけでなく、企画制作から商品化、広告販促と一気通貫で取り組んでいる企業です。
東京都港区に本社を構えており、270名ほどの社員が在籍しています。
そんなADKホールディングスでは、プランナーやコンサルタントをはじめ、幅広いポジションで、戦略的洞察力と実現力を併せ持った人材を求めています。

ADKホールディングスへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ADKホールディングスの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ADKホールディングスの企業概要
  • ADKホールディングスの転職ポイント
  • ADKホールディングスの社風や企業文化

ADKホールディングスに転職するポイント

ADKホールディングスの特徴

POINT

  • ・広告代理店業務を行うADKグループを統括している純粋持株会社
  • ・日本国内の広告業界における総合広告代理店として第3位
  • ・企画制作からキャラクターの商品化、広告販促など、一気通貫で取り組んでいる

ADKホールディングスへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に多い
  • ・プランナーやコンサルタントをはじめ、幅広く求人募集
  • ・戦略的洞察力と実現力を併せ持っていることが重要

ADKホールディングスの企業概要

会社名 株式会社ADKホールディングス
本社所在地 東京都港区虎ノ門1丁目23番1号 虎ノ門ヒルズ森タワー
社長 植野 伸一
設立 1956年3月19日(前身の旭川通信社創業)
株式 非上場
株主構成 BCPE Madison Cayman, L.P.(ベインキャピタル)(87%)

ADKホールディングスの売上

ADKホールディングスの売上推移

事業年度 2014年 2015年 2016年
売上高 352,984百万円 351,956百万円 352,671百万円
経常利益 7,251百万円 8,590百万円 8,688百万円

ADKホールディングスの最新ニュース

ADKホールディングスの事業内容

ADKホールディングスは、日本において広告代理店業務を行っているADKグループを統括している純粋持株会社です。
旭通信社と第一企画が合併して誕生した企業であり、国内の広告業界で第3位の総合広告代理店と評されています。
主に、認知獲得や購買行動を中心とした消費者行動を考慮した広告代理業務や、「ドラえもん」をはじめ、数多くのアニメ番組や実写特撮番組の企画や制作を行うコンテンツビジネスに注力しています。
そのなかでもコンテンツビジネスは、企画や制作以外にもキャラクターの商品化や広告発足しよう、劇場公開映画でのタイアップなど、幅広く手掛けており、最初から最後まで一気通貫で取り組んでいる領域です。
また、アニメや漫画を原作としたミュージカルやコンサートなどのライブ事業を手掛けるなど、多様な展開を図っています。
さらに近年では、欧州からアジア、アメリカなどに現地法人や合併会社を配置し、海外市場へも広く展開するなど、グローバル推進を図っている企業です。
今後も、独自の3Dデータベースを活用してメディアビジネスの高付加価値なマーケティングサービスを展開し、コンシューマー・アクティベーション・カンパニーになることを目指しています。

ADKホールディングスの募集要項

デジタルメディアプランナー

インターネット広告や運用型広告を中心に、プランニングや運用、解析、改善といったPDCA運用全体のマネジメント業務を担当するポジションです。
案件責任者として、社内外問わずスタッフィングからプロフィット管理まで、プロデュース業務全体に携わります。
そのため、案件のダイナミズムを実感できる反面、責任感が必要になる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・広告関連企業におけるデジタルメディア営業またはメディアプランニング業務経験
  • ・インターネット広告における総合的な知識と経験
  • ・Excel、PowerPointのビジネスレベル

メディアプランニングディレクター

各ブランドのプランニング責任者を担うポジションです。
具体的には、広告ニーズの課題解決のため、デジタルメディアとマスメディアを融合した総合的なコミュニケーション設計からプロデュースまで行います。
また、経験の浅いメディアプランナーが作成した企画書やレビュー資料などをチェック、ディレクションを行うとともに、クライアント訪問や課題ヒアリングなども行います。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の総合広告会社での営業経験
  • ・3年以上の広告会社や事業会社でのメディアプランニング経験
  • ・3年以上のデジタル専業広告会社でのデジタルプランニング経験 など

社内DX推進プロジェクトマネージャー

アプリケーションの企画や導入、改修など、大証さまざまなプロジェクトを最上流から下流まで行うポジションです。
また、既存ベンダーやメンバーへのチェンジマネジメントの推進や、内製型組織からディレクション型組織への移行のプランニングと実行を行います。
さらには、全体最適の視点での企画や構築などを行い、より高品質なサービス提供を目指すなど、責任とやりがいを感じる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・IT知識や技術の向上に意欲を保有
  • ・付加価値の高いITソリューションの導入を推進できる能力
  • ・社内外のチームワークを重んじる精神 など

ADKホールディングスの転職難易度

ADKホールディングスの転職難易度は非常に高いです。
中途採用による求人は数多く存在し、比較的チャンスは多くありますが、どのポジションでも非常に高いスキルや経験が問われます。
そのため、未経験からの転職は難しいかもしれません。
また、業務で活用できるスキルや経験以外にも、人柄やコミュニケーション能力などが重要な要素なため、それらも兼ね備えていなければ、採用してもらえる可能性は低くなってしまします。
ADKホールディングスへの転職を目指すなら、簡単な転職ではないことを理解しておくことが肝心です。

ADKホールディングスが転職者に求める人物像

ADKホールディングスでは、戦略的洞察力と実現力を併せ持っている人材を求めています。
また、発想豊かな創造力を持っている人材も求めている傾向があります。
ADKホールディングスは、クライアントの本質的課題を捉え、魅力あるコンテンツを開発している企業なため、このような能力が非常に重要です。
これらを上手にアピールできるようなエピソードを準備してから、面接に臨むようにしましょう。

ADKホールディングスの転職までの流れ

ADKホールディングスの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・適性検査

想定選考官:人事・部門長
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、人間性を判断するような質問をされます。

内定

ADKホールディングスの面接形式

面接はこちらが1人なのに対し、面接官は複数で行われます。
面接回数は基本的に2~3回あります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

ADKホールディングスの面接内容

面接は、志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問から進みます。
それ以外にも、「学生時代の経験」や「ストレス解消方法」、「挫折した経験」など、人間性を判断するような質問を多くされる傾向があります。
変わった質問をされることはほぼありませんが、「なぜ広告業界を選んだか」や「競合他社との違いは?」といった部分を重要視しているため、この部分をしっかりと回答できなれば採用確率は低下してしまうかもしれません。
また、こちらが1人に対し、面接官は複数なため、圧迫面接に感じる方も多くいます。
変に緊張せず、自分らしく面接に臨むことが大切です。

ADKホールディングスで働いている方の評判・口コミ

人事、在籍7~10年、男性
やりがいを感じる仕事が多く、チャンスは平等にあります。また、評価制度が非常に細かいため、精度が上がっており、若手でもしっかりとした評価を得ることができます。そのため、モチベーションにも繋がるでしょう。
法人営業、在籍5~7年、男性
企業が提案するキャリアプランは多岐にわたっており、さまざまな選択肢のなかから自分の将来に見合ったものを選択することができます。キャリア相談も年に何回かあるため、目標に向かって真っ直ぐ突き進むことができます。
管理部、在籍3~5年、女性
業務のこなし方は個々での自由裁量が大きく、自分で時間配分を行いながら仕事することができます。また、有休は取りやすく、業務が溜まっていなければ、自由に取得することができるでしょう。
口コミの要約

ADKホールディングスの口コミを見てみると、チャンスが平等にあり、若手からでもしっかりとした評価を得ることができるため、やりがいを感じられるということが伝わってきます。また、個々の自由裁量が大きいため、自分のペースで仕事ができるということが伺えます。

ADKホールディングスの年収・給与

年収 792万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(20時間分)
通勤手当 有り(全額支給)
住宅手当 記載なし
福利厚生 住宅資金等各種社内融資、財形貯蓄制度、会員制スポーツ施設など

ADKホールディングスでの転職者の出世難易度

ADKホールディングスの出世難易度は比較的高いです。
出世するためには、非常に高度なスキルや経験が必要不可欠であり、それに伴った実績を多く残している必要があります。
また、上司や同僚など、周囲に認められていることも重要な要素です。
ADKホールディングスで出世を目指すなら、数多くの実績を残し、効率的に周囲にアピールすることで、出世への道は拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 800万円
30代中盤 マネージャー 1,000万円
30代後半 部長 1,800万円
30代後半 室長 1,400万円
40代前半 室長 1,200万円

ADKホールディングスはどんな人が働いている?

ADKホールディングスの従業員数

約270名

ADKホールディングスの平均年齢

42.1歳

ADKホールディングスの平均勤続年数

13.9年

ADKホールディングスの社風

ADKホールディングスは、穏やかな社員が多く在籍しており、広告代理店ならではのガツガツしたイメージとは皆無です。
家庭を大事にしている方も多く、プライベートを可能な限り大切にするという雰囲気があります。
また、社員研修に力を入れており、若いうちからクリエイターを育てようという風土があるため、成長できる環境は多くあります。
プライベートも大切にしつつ、スキルアップしながら働きたいという方には、向いている企業でしょう。

ADKホールディングスのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~17:45
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇など
平均残業時間 月60~70時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ADKホールディングスの社長

植野 伸一

1954年生まれ、栃木県出身。
同志社大学商学部卒業後、旭通信社(現・ADKホールディングス)に入社。
第5営業局長や執行役員関西支社長、コーポレート本部長などを歴任し、2008年に取締役執行役員に就任。
さらに2012年に取締役常務執行役員に就任し、翌年には代表取締役社長に就任。

ADKホールディングス現職、OB/OGの有名人

木下 俊男

1949年生まれ、福岡県出身。
東北大学理学部化学科卒業後、公認会計士と米国公認会計士に登録。
その後、クーパースアンドライブランドジャパン(現・あらた監査法人)に入所。
1985年に渡米し、米国クーパースアンドライブランド(現・PricewaterhouseCoopers)のニューヨーク本部事務所全米統括パートナーに就任。
2005年に帰国し、中央青山監査法人国際担当理事や日本公認会計士協会専務理事を歴任。
現在は、ADKホールディングス社外取締役監査などを務めている。
若き公認会計士の育成に尽力している人物。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

ADKホールディングスの転職に関わるQ&A


結論からいうと、業務量は比較的多くあります。
そのため、人によっては激務と感じるかもしれません。
ただし、個人の裁量に任せてもらえるため、効率的に業務をこなすことができれば、それほど大変ではないでしょう。

男性社員のみならず、女性社員も大勢在籍しています。
そのため、産休や育休への理解はあるので、ライフイベントの際でも安心です。
また、家庭を大切にする社員が多いため、女性だけでなく、男性でも働きやすい企業といえるでしょう。

ADKホールディングスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ADKホールディングスの公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報は、カテゴリーごとに分かれているため、自身の希望するポジションを見つけやすくなっています。
ただし、公式サイトからの転職には、少なからず時間がかかってしまうので、できるだけ時間をかけずに転職したいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

できるだけ時間をかけずに転職するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してADKホールディングスに転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に確認することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空き時間を活用して転職活動できる手軽さ
  • ・非公開求人を含め、求人案件の豊富さ
  • ・求人確認から応募までがスピーディー

転職サイトは、空き時間を活用して、転職活動が行えるという手軽さがあります。
また、非公開求人を含め、求人案件が非常に多くあるため、自身の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。

競合他社の募集要項を比較したいなら「iX転職」

iX転職には、広告代理業務を行う競合他社の募集要項も一緒に確認することができます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの広告代理店の平均年収は800万円~1,000万円と、別サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職はほかの転職サイトと比べると、非公開求人を多く持っていることで有名な転職サイトです。
非公開求人を含め、さまざまな企業の募集要項を見たい方は、、iX転職に登録してスカウトメールを確認すると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムへ転職。評判や仕事内容を解説

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム転職者の主なキャリアステップ ...

リクルートコミュニケーションズの転職情報を紹介。口コミや難易度を解説

リクルートコミュニケーションズ転職者の主なキャリアステップ ...

サイバーコミュニケーションズの転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

サイバーコミュニケーションズの転職者の主なキャリアステップ ...

デジタルガレージに転職したい方必見。どんな会社なのかをご紹介

デジタルガレージ転職者の主なキャリアステップ ...

電通アイソバーの転職情報。面接などの選考フローや採用情報をご紹介

電通アイソバー転職者の主なキャリアステップ ...

セプテーニへの転職。転職難易度や評判などを解説

セプテーニ転職者の主なキャリアステップ ...

電通テックの転職情報。難易度などについて解説

電通テック転職者の主なキャリアステップ ...

電通デジタルの転職情報まとめ。転職難易度や年収を紹介

電通デジタル転職者の主なキャリアステップ ...

UUUMへの転職難易度は?年収や社員口コミを徹底解説

UUUM転職者の主なキャリアステップ 前職 大手WEB系事業会社 UUUM株式会社に転職 次の転職先 芸能事務所 UUUMの主な転職元・転職...

GMO NIKKOへの転職。年収、難易度を調べてみました。

GMO NIKKO転職者の主なキャリアステップ ...

TOP