ツールベンダー

ブレインズテクノロジーへの転職は難しい?事業内容や面接の口コミまで徹底解説

最先端の機会学習やシステム基盤技術を融合し、最速で汎用的な異常検知ソリューション「Impulse」、エンタープライズサーチ「Neuron」の開発・サービスの提供を行うブレインズテクノロジー株式会社。「明るい未来を創造する技術集団」を目指し、多くの顧客の役に立つ製品・サービスを開発・提供し続けることをミッションとし、会社や自己成長のために切磋琢磨できる仲間を求めているようです。ブレインズテクノロジーでは自分と仲間の成長を実感できる環境を魅力とし、エンジニア、データアナリストなど複数のポジションで中途採用の求人を掲載しています。この記事では、そんなブレインズテクノロジーへの転職を希望する方に向けて、実際に働く社員からの評判や口コミをもとに、転職難易度や内定につながる具体的な対策について詳しく解説していきます。

ブレインズテクノロジーへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ブレインズテクノロジーの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ブレインズテクノロジーの企業概要
  • ブレインズテクノロジーの転職ポイント
  • ブレインズテクノロジーの社風や企業文化

ブレインズテクノロジーに転職するポイント

ブレインズテクノロジーの特徴

POINT

  • ・米調査会社のGartnerの「Cool Vendor 2018(AIOps)」に選出
  • ・ILS(Innovation Leaders Summit)2018,2019で2年連続Top20ベンチャーに選出
  • ・提供サービス「Neuron」は5年連続ITトレンドランキング1位を獲得

ブレインズテクノロジーへ転職するポイント

POINT

  • ・想定外の事態にも柔軟に対応できる能力が求められる
  • ・常に挑戦する気持ちを持ち、貪欲に知識や技術を得ようとする姿勢は必須
  • ・最先端の技術を使って新たな価値を生み出したいという気持ちを持つことが求められる

ブレインズテクノロジーの企業概要

会社名 ブレインズテクノロジー株式会社
本社所在地 東京都港区高輪3-23-17 品川センタービルディング4F
社長 濱中佐和子
設立 2008年8月8日
株式 東証マザーズ
株主構成 齋藤佐和子(49.85%)
中澤宣貴(11.17%)
NVCC7号投資事業有限責任組合(5.59%)

ブレインズテクノロジーの売上

ブレインズテクノロジーの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 432,740千円 631,573千円 854,501千円
経常利益 11,744千円 65,142千円 142,541千円

ブレインズテクノロジーの最新ニュース

ブレインズテクノロジーの事業内容

機会学習やAIを内部に組み込み、日常業務に実装しデータ活動の機動性を獲得することをサポートするためのシステムを開発・提供しているブレインズテクノロジー。
異常検知ソリューション「Impulse」、エンタープライズリサーチ「Neuron」の2つのシステム開発・提供をメイン事業とし、デジタル変革の加速を目指しています。ここでは、ブレインズテクノロジーのメイン事業について詳しく見ていきましょう。

異常検知ソリューション「Impulse」

複雑で膨大なセンサーや動画像から、AI技術を用いた新たなアプローチで現場の課題を解決するシステムを開発・提供する事業です。機会学習技術の実用化を目的として2014年のリリース直後から数多くの顧客支持を集め、意見や要望の集約でシステム自体を鍛え上げることに成功しています。また、従来のベース管理では発見が困難とされていた障害や故障予兆の検知、不良品の検出、要因の追求などにも対応し機会学習を武器に多角的なアプローチを実践することで、顧客の競争力と生産性の向上を支援している事業です。AIや機会学習を活用した取り組みは実証実験で終わることも多い中、国内外問わず業界トップの稼働実績を誇る点もこの事業の大きな特徴です。

エンタープライズサーチ「Neuron」

社内に散在する膨大な文章を一括で横断的に高速検索、性能・コスト面で高いパフォーマンスを持つ企業内検索エンジンを開発・提供する事業です。複数のレポジトリ・ドキュメントに対応、大規模・大容量でも高い性能を保ったまま稼働可能な点がNeuronの大きな特徴です。また、管理者向けのレポートや設定が充実していることも多くの企業から支持を集める理由につながり、日々事業の拡大・展開を続けています。企業規模によって異なる課題にも柔軟に対応し、導入企業は250社以上。「ITトレンドランキング」では5年連続1位を獲得しているようです。

ブレインズテクノロジーの募集要項

プロダクトマネージャー/エンジニア

メイン事業として開発・提供している2つのシステム「Impulse」と「Neuron」の基盤構成や検討を実施、エンジニアの視点から顧客に対して効果的な導入の提案交渉を行うことが主な役割です。海外大学卒業など専門性の高い優秀なメンバーで構築されたエンジニアチームの中で、彼らをまとめながらシステム開発の最前線で活躍できることがこのポジションの魅力です。

必須な経験・スキル

  • ・Java、C#、Python、Rいずれかの開発経験を有する者
  • ・課題発見、解決能力を有する者
  • ・過去の就業において顧客に対する提案や交渉経験を有する者

ストラテジックアカウントセールス(Impulse)

異常検知ソリューション「Impulse」の開発・提供事業において、新規および既存顧客に対してアカウントマネジメント・ソリューションを行うことが主な役割です。顧客の課題を発見し解決に向けた的確なアドバイスができる高い分析能力と、新規顧客開拓のために多角的な視点を持つことが求められるポジションです。顧客との信頼関係を築けるコミュニケーション能力や人当たりの良さも求められることが想定されます。

必須な経験・スキル

  • ・ITに関する基礎的な技術知識を有する者
  • ・過去の就業経験において顧客に対する提案や交渉経験を有する者
  • ・顧客との関係を開拓し、それを維持した経験を有する者

コンテンツマーケティング/メディアプランナー

新規顧客の獲得につながるウェブページ制作、サービスの広報活動におけるコピーライティングなどを行うことが主な役割です。加えてWeb解析ツールを活用して「Impulse」「Neuron」に興味を持つ顧客を見つけ、セールス担当者の新規顧客獲得に向けたアシストを行うことも役割の1つです。このポジションでは、社内で他のチームとつながりを持とうとするコミュニケーション能力、解析ツールを効果的に使いこなす多角的で広い視野を求められることが想定されるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・BtoBマーケティング経験を有する者
  • ・Webページの制作、コピーライティングの経験を有する者
  • ・コンテンツマーケティングのPDCAサイクルの構築や運用経験を有する者

ブレインズテクノロジーの転職難易度

ブレインズテクノロジーの転職難易度は比較的高いでしょう。現在在籍している社員の中には前職全く異なる業種についていた方もいますが、海外大学卒業や大手企業での実務経験を有する優秀な人材を採用する傾向が強いようです。また、常に中途採用の求人を掲載していますが具体的な採用人数は公開されておらず、各ポジション限定した人数の募集が想定されます。こういった背景から転職難易度は高いと言うことができるでしょう。しかし、常に貪欲に知識やスキルを得ようとしているか、カルチャーフィットしているかなど応募者の人間性を見て内定を出す場合もあるため、どのような人材を求めているか事前に把握し熱意をもって面接に臨むことで、内定の可能性が広がるかもしれません。

ブレインズテクノロジーが転職者に求める人物像

ブレインズテクノロジーでは前述したようにスキルや経験を貪欲に得ようとする人材を求めているようです。それに加えて、入社後のビジョンが明確で会社内で自分がどのような人材になりたいか考え積極的することが必要とされます。前職で全く違う職種に就いていたとしても、そこで経験したことをどのように今後活かしていくかアピールする、意見を柔軟に聞き入れ会社のニーズや思いを受け止めることが転職成功につながるでしょう。

ブレインズテクノロジーの転職までの流れ

ブレインズテクノロジーの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:応募ポジションの担当者
想定内容:転職を希望した具体的な理由や、なぜブレインズテクノロジーなのかなど基本的な質問に加え、応募ポジションで自分がどのような人材になりたいか明確なビジョンを問われることが想定されます。

最終面接

想定選考官:経営陣
想定内容:前職に関係なくカルチャーフィットした人材か、求める人物像とマッチしているかなど人柄を問う質問が想定されます。併せて入社後に挑戦したいことや意気込みを聞かれる可能性もあるでしょう。

内定

ブレインズテクノロジーの面接形式

ブレインズテクノロジーでは応募者に対して2~3回の面接をすべて対面で実施しています。緊張感のある雰囲気はなく、ベンチャー企業ならではのフラットな空気間で自然と会話が続くようです。最終面接では経営陣やそれに近いポジションの社員との面接が想定されます。事前の面接内容を踏まえて応募者の人間性を見る傾向が強いようです。これまでの面接で話した内容を振り返る、自己分析を行う、会社が求める人物像を把握することが良い面接対策になるでしょう。

ブレインズテクノロジーの面接内容

転職希望理由やブレインズテクノロジーを選んだ理由など基本的な内容に加え、カルチャーフィットした人材かを重視するため、人間性を問う面接内容が想定されます。特に業界未経験から転職を希望する場合は、今後新たに得たいスキルや知識、成長途中の事業にどのように貢献していきたいかなど積極的で熱意ある姿勢を見せることが、好印象につながるはずです。加えて、具体的な目的意識を持っていることを伝えると内定の可能性がより高くなるでしょう。

ブレインズテクノロジーの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトでは求める人物像が確認できる
・社員インタビューなども確認しておくと良い
・大手転職サイトには2022年1月現在募集はない

エンジニア、20代後半、女性
今後システムを改善していくうえで、どのような機能が顧客の満足度を高めるか問われました。
エンジニア、30代前半、男性
面接した社員の方は全員明るい雰囲気で、こちらからの質問にも丁寧に答えてくれました。そのため、面接を通して「この会社で働きたい」という気持ちがより強くなり、最終面接ではその気持ちが伝わるように最大限自己アピールし、内定をいただくことができました。
セールス、30代前半、男性
大手企業からの転職を希望していた私に対して、ベンチャー企業は大手企業とギャップが激しいことを事前に説明してくれました。具体的には、やりたいことだけできるわけではなく、時にやりたくないこともやらなければならない厳しい現実を突きつけ、それでも転職を希望するか問われました。
セールス、30代前半、女性
未経験からの転職希望で、入社後の具体的なビジョン、職場環境に適応するためにどんなことに取り組もうと考えているか問われました。福利厚生を活用し、積極的に学ぶ姿勢を見せることが重要だと思います。
エンジニア、30代後半、男性
圧迫面接のような雰囲気はなく、面接というより仕事内容のヒアリングに近かったように感じます。

ブレインズテクノロジーで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍4年目、女性
社員数が少ないため、やらなければならないことはたくさんありますが、そのすべてが事業の展開・拡大に貢献していると思うと、満足感を感じることができます。
エンジニア、在籍6年目、男性
多業種から転職してきたため、教育制度など心配していましたが学ぼうとする姿勢をサポートする制度が整っているため、それらを活用しながらキャリアを積むことができました。海外研修のように費用がかさむ場面でも、惜しみなく支援してくれる経営陣に感謝しています。
セールス、在籍2年目、女性
社員同士のコミュニケーションが盛んで、困ったことがあればすぐに助けを求められる環境が整っているように感じます。また、事業の進捗状況は常に全体で把握できるなど、横断的な関わりも密にとれています。
口コミの要約

多業種からの転職でも入社後の支援が手厚い、福利厚生が充実している、コミュニケーションが盛んなど、全体的にポジティブな口コミや評判が多いようです。また、仕事量が多いといった一見ネガティブな考えも、やりがいを感じるなどポジティブな言い回しで回答してくれる社員が多く見られました。

ブレインズテクノロジーの年収・給与

年収 652万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 産前産後・育児休暇、社会保険完備、技術書籍購入費全額支給、国内外への学会・カンファレンス・勉強会参加費全額支給、関東(ITソフトウェア健康保険、年金制度に加盟

ブレインズテクノロジーでの転職者の出世難易度

ブレインズテクノロジーの転職難易度は中程度でしょう。業界経験者の転職は前職からのスキルや経験に加え、積極的に事業貢献しようとすることで転職者でもどんどん新しい仕事を振ってくれるようです。やることが多い分忙しさを感じるかもしれませんが、そこに食らいつくことで自然とキャリアアップを期待できます。また、未経験からの転職でも、自ら学び挑戦することに恐れない姿勢を持つことで徐々にできることが増え、仕事を任せてもらえる機会が多くなるようです。このように、本人の努力次第で平等に出世できる環境が整っているため、出世難易度は中程度と判断できるでしょう。

ブレインズテクノロジーはどんな人が働いている?

ブレインズテクノロジーの従業員数

45名

ブレインズテクノロジーの平均年齢

32.8歳

ブレインズテクノロジーの平均勤続年数

3.2年

ブレインズテクノロジーの社風

業界トップクラスの実績を誇るとはいえ、まだまだ成長途中の会社で結果を出そうと最善の努力をしようとする社員が多く在籍しているようです。そんな社員たちに対して経営陣は挑戦を続けることができる環境を提供し、失敗や間違いが発生しても迅速にフォローできるよう、常にセーフティネットを張っています。社員と経営陣の間でこういった関係性を築くことで、ブレインズテクノロジーは風通しがよくフラットな社風になっています。

ブレインズテクノロジーのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 フレックス制(コアタイム10:00~15:00)
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 祝祭日、年末年始、年次有給休暇、慶弔休暇
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

ブレインズテクノロジーの社長

濱中佐和子

東京大学大学院修了後、2000年フューチャーアーキテクト株式会社入社。2005年テクノロジーサービス事業部を立ち上げ、副事業部長に就任。同社でディレクター、技術部隊のリーダーとして部門マネジメントから案件支援まで幅広い実務経験をこなす。2008年同社を退社後ブレインズテクノロジー株式会社設立。コンシューマ技術を活用したサービス開発への従事を続けている。

ブレインズテクノロジー現職、OB/OGの有名人

中澤宣貴

ブレインズテクノロジー株式会社減取締役兼技術責任者。東京工業大学大学院修了後2003年フューチャーアーキテクト株式会社入社。テクノロジー本部R&Dグループにおいてミドルウェアの開発に従事し、多くの大規模データ連携プロジェクトを成功に導く。2009年ブレインズテクノロジー株式会社に入社後、研究開発部門の統括として大規模分散システムや機械学習などのオープンソース分野の研究開発に従事。コンシューマ技術をエンタープライズの世界に還元すべく、検索エンジン、類似画像検索、ログマイニングなどの製品群を輩出。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

ブレインズテクノロジーの転職に関わるQ&A


未経験から転職し、福利厚生を活用しながらスキルや経験を身に着け、キャリアを積む社員が多数在籍しています。

フレックス制を採用し、休日は完全週休2日制、その他にも特別休暇を多数設けているため、ライフワークバランスを保ちながら働くことが可能です。忙しい時期もありますが、それでも振り替え休日が取得できる体制を整えているようです。

ブレインズテクノロジーへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ブレインズテクノロジーの採用ページから応募が可能です。
ブレインズテクノロジーの仕事内容や、チームメンバーなどを確認することができます。
公式サイトでは現在募集されている職種や条件がざっくりと記載されているため、「まずは求人の状況を簡単に知りたい」という人はチェックしておきましょう。

ただ、採用のポイントや求めている経歴・スキルは詳細には記載されていないため、採用の確率を高めたい場合や非公開求人も見たい場合には転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してブレインズテクノロジーに転職するなら、他社の募集要項を比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・手軽さ
  • ・案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、案件が豊富であり、案件確認から応募までが非常にスピーディーです。
今すぐ転職をしたい方や、まずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の詳しい募集内容を比較するなら「iX転職」

iX転職では、幅広い企業の募集要項を確認することができます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの平均年収は600万円~1,300万円程度となっており、別サイトよりも比較的高く設定されています。
また、iX転職は、表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
同業企業がどれほどあるのか、それぞれ募集要項はどのように違うのかなどを自らの手で調べたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ラクスの転職への転職。口コミや面接内容を解説

ラクス転職者の主なキャリアステップ ...

ニフティの転職難易度は?年収や転職難易度などを解説

ニフティ転職者の主なキャリアステップ ...

ACCESS(アクセス)へ転職するには?転職難易度や求人情報をご紹介

▼下記は、ACCESSに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからACCESSに転職してくるのか ・転職先:ACCESSからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

Shippioへの転職は難しい?面接内容や年収など解説

Shippioとは、クラウド貿易業務ソフトと国際輸送サービスを提供している日本初のデジタルフォワーダー企業です。 デジタルフォワーダーとは、国際物流に関わるプラットフォームをクラウドベースで構築したもののことを指し、国際輸送を担う...

カオナビへ転職するには?社員の評判や採用情報を解説

カオナビ転職者の主なキャリアステップ ...

デジタルアーツへの転職。面接内容や志望動機に役立つ情報を解説

デジタルアーツ転職者の主なキャリアステップ ...

NTTコムウェアへ転職するべき?年収や福利厚生について解説

NTTコムウェア転職者の主なキャリアステップ 前職 ・新卒 NTTグループ企業 NTTコムウェア株式会社に転職 次の転職先 ソニー、富士通などの国内事業...

セールスフォースへの転職。福利厚生や年収はどう?

セールスフォース転職者の主なキャリアステップ 前職 オラクル、IBM、SAPなどのIT系事業会社 アクセンチュア、デロイトなどの戦略コンサル 株式会社セールスフォース・ドットコム ...

ABEJAへの転職は難しい?転職難易度や年収などを解説

ABEJA転職者の主なキャリアステップ ...

GAテクノロジーズへの転職は難しい?口コミや面接内容などを解説

GAテクノロジーズは、AIを活用した総合プラットフォームを開発・運営する企業です。 「テクノロジー×イノベーションで、人々に感動を。」を理念に掲げ、不動産売買や賃貸、マンション投資といった不動産ビジネスを中心に変革を推進しています。 ...

TOP