ツールベンダー

ACCESS(アクセス)へ転職するには?転職難易度や求人情報をご紹介

▼下記は、ACCESSに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからACCESSに転職してくるのか
・転職先:ACCESSからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

ACCESSの主な転職元・転職先

学歴

ACCESSの学歴としては、大学や大学院卒が主で、出身大学は国立大学や有名私立大学(早慶・MARCH)、海外大学の出身者も多いです。

職歴

ACCESSへ転職する方の特徴として、ソニーおよびリコーなどのメーカーをはじめ、証券会社やマスコミ、IT企業などが挙げられます。

退職後の主な転職先

ACCESSからの転職先としては、グリーアマゾンなどのWeb系事業会社のほか、メーカーやIT企業、コンサルファームなどが挙げられます。

株式会社ACCESSは強みである先進技術の活かし、モバイルをはじめとする、クラウドやブラウザ、ビーコンなのどIoTに関する企画・開発・提供している企業です。
1979年に創業し、東京都千代田区に本社を構え、従業員数は単体で280名、連結で729名の従業員が在籍しています。
事業に関しては、IoTデバイス受託開発をはじめとしたIoT事業と、電子書籍サービスのソリューションを展開している電子出版事業が主軸となっています。
中途採用に関しては、主にエンジニア職がメインとなっており、随時募集が行われています。

初めての転職でACCESSを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

ACCESSの転職難易度や求人情報も気になるけど、とにかくどんな求人が出ているのか知っておきたい!
そんな人はまず、ビズリーチなどの転職サイトで掲載求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチはハイクラス求人が豊富に掲載されているため、転職先がまだ定まっていない方は、ここで比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントの活用を考えている方でも、事前の情報収集としてチェックしておくことが、転職活動を円滑に進めるためのポイントです。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ACCESSの企業概要
  • ACCESSの転職ポイント
  • ACCESSの社風や企業文化

ACCESSに転職するポイント

ACCESSの特徴

POINT

  • ・「すべての機器をネットにつなげる」を理念として掲げている
  • ・IoTデバイス受託開発やブラウザ、電子書籍プラットフォームが主軸の事業
  • ・世界初、携帯電話をインターネットにつなぐなど、高い技術力を有している

ACCESSへ転職するポイント

POINT

  • ・随時中途採用情報を掲載している
  • ・エンジニア職の募集がメイン
  • ・女性の比率は低いが、ライフワークバランスが取りやすい

ACCESSの企業概要

会社名 株式会社ACCESS
本社所在地 東京都千代田区神田練塀町3 大東ビル
社長 大石 清恭
設立 1996年11月1日
株式 東証1部
株主構成 NOMURAPBNOMINEESTK1LIMITED(24.84%)
GOLDMANSACHSINTERNATIONAL(13.94%)
NPBNSHOKOROLIMITED(4.92%)

ACCESSの売上(連結)


ACCESSの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 7,930百万円 8,140百万円 9,422百万円
経常利益 316百万円 508百万円 430百万円

ACCESSの最新ニュース

ACCESSの事業内容

ACCESSが展開している事業としては
○IoT事業
○電子出版事業
○ネットワーク事業
の3つが挙げられます。
以下ではそれぞれどのような事業を展開しているのか内容を解説していきます。

IoT事業

センサーが組み込まれたデバイスとクラウドとをネットワークで繋ぐことで、ビックデータの収集や解析、解析結果のフィードバックによるデバイスの動作決定などを行っているIoT関連の事業を行っています。
ACCESSでは、携帯電話を世界で初めてインターネットに繋いだことでも知られており、ブラウザをはじめとした高い組込技術とノウハウを活かしたIoTデバイス受託開発などの事業を展開しています。
具体例としては、
○自動車保険とセンサー技術
○スマートホームとWeb技術
○ロボットとチャット技術
などが挙げられます。

電子出版事業

大手出版社のコミックストアをメインターゲットとして、コンテンツ配信システムやビューワなど、電子書籍サービスの課題解決のための技術を一括して提供している事業です。
電子書籍をメインとした事業で、電子書籍ストアソリューション「PUBLUS」、およびEPUB3・マルチプラットフォーム対応のEPUB電子書籍ビューワ「 PUBLUS Reader」を提供しています。

ネットワーク事業

ネットワーク事業では、
○組み込み機器向けネットワークOS「ZebOS」(ゼボス)
○ホワイトボックス向けネットワークOS「OcNOS」(オクノス)
○NFV向け仮想ルーターネットワークOS「VirNOS」(ヴァーノス)
3つのサービスの提供を行っています。
ネットワークトラフィックの様々な要件に応える最先端の技術を大手キャリアや通信機器メーカー、データセンターなど300社以上に提供しています。

ACCESSの募集要項

データサイエンティスト・アナリスト

顧客からのデータサイエンスに関する案件定義をはじめ、分析や評価、人材育成の指導などデータサイエンスにまつわるポジションを担当します。
具体的な業務としては、顧客からの要望をビジネスサイエンスとして落とし込み、適切なデータセットを選定する業務が挙げられます。
加えて適切なアルゴリズムを科学的に考察し決定する業務や、評価法として適切な選択を行いフィードバック業務なども担います。

必須な経験・スキル
(iOSエンジニアの場合)

  • ・データマイニング
    ・機械学習
    ・自然言語処理
    ・統計的学習
    ・ビックデータ解析
    いずれかの経験

IoTフロントエンドエンジニア

センサーを用いた業務をメインに、顧客と直接契約した案件に携わります。
具体的な業務内容としては、顧客との案件定義をはじめ機器の策定やセンサーよる取得データの活用、またそれを操作するフロント側の開発を担います。
フロントエンドの開発に関しては、顧客の要望を汲み取ったデザインの選定やスマートフォン操作が出来るUI開発など細部にまで携わることとなります。

必須な経験・スキル

  • ・JavaScriptを利用した業務経験
  • ・オープン言語を利用した開発経験

開発SE(次世代コミュニケーションサービス)

コミュニケーションを中心としたACCESSのサービスをメインにサーバーアプリケーション開発を担当します。
ACCESSが提供しているチャットサービス「Linkit」や、コミュニケーションとIotを融合した次世代サービスに携わることとなります。
サービス要求の仕様策定をはじめ、アーキテクチャ設計やプログラム実装、オペレーションまでの業務を担当します。

必須な経験・スキル

  • ・1年以上のシステム開発経験

ACCESSの転職難易度

ACCESSの転職難易度は高いといえるでしょう。
日本アクセスに在籍している社員の多くが高い専門スキルを有しており、公式サイトに表示されているキャリア採用の募集要項からも、ある程度のスキルが必要となることがわかります。
また、平均年収に関しても業界内ではやや高い程度ですが、世間一般の水準で見てみると高い部類に入ります。
さらに、ライフワークバランスにも力を入れている為、採用倍率が高くなり転職難易度が高くなるといえるでしょう。
ですが、随時キャリア採用を募集しているのを見ると一部のポジションでは人材が不足しているともいえるでしょう。

ACCESSが転職者に求める人物像

株式会社ACCESSの公式サイト内で取締役の夏海氏は「自ら走り、推進し続ける姿勢」を求める人物像としていると語っています。
これは、ACCESSの技術を世界中に向けて届けるためには、自ら課題を見つけて次の技術を見いだす志向が必要という意味を持っています。
そのため、自ら考え実行していくことのできるチャレンジ精神を持っている人物が求められているといえます。

ACCESSの転職までの流れ

ACCESSの選考フロー

エントリー・書類面接

一~二次面接

想定選考官:役員、部長、管理部門
想定内容:転職の理由や前職で培ったスキルや経験などオーソドックスな内容を質問されます。

最終面接

想定選考官:役員、部長、管理部門
想定内容:基本的な質問内容に加え、仕事に対する意識今後のビジョンなどより掘り下げられた質問内容となります。

内定

ACCESSの面接形式

面接は職種や応募状況に応じて2~3回程度行います。
基本的に面接官複数人との面接となります。

ACCESSの面接内容

突飛な質問がされるというわけではなく、転職理由や職歴、スキル・経験などオーソドックスな内容がメインとなります。
圧迫面接なども無く和やかな雰囲気の中で面接が行われますが、基本的な質問に加え得意分野やエピソードなどを明確に回答しアピールできるよう準備しておくことが必要です。
実際に問われた質問内容としては
「なぜこの会社を選んだのか」
「自社製品について知っているか」
「自社製品になぜ興味があるのか」
「自社でやりたいことやビジョンはあるのか」
などが挙げられます。

ACCESSで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍1~3年、男性
組織改編の際には、IoTや4Kテレビ、機械学習などへ積極的に力を入れるようになったので、希望することで部署移動することも難しくありません。また、勤務時間中の学習や勉強大会の開催も推奨されているので、技術力の向上にも役立つシステムがあります。
営業、在籍3~5年、女性
ソフトウェア技術の深く広い知識や長く培ってきた社員を持った社員がいるので、困ったときは助けてくれたりするので、一緒に仕事をする機会があると非常に勉強になります。
また、ソフトウェア業界以外からの案件では、その業界特有課題を知ることができるので視野が広がると感じます。
エンジニア、在籍3~5年、男性
部署により多少違いはありますが、全体的に残業時間が減少している傾向があります。私が以前在籍していた部署では、10時30分勤務開始で18時30分には全員帰宅していました。
また休みも取りやすく当日の朝に休む旨を伝えても何の文句も言われません。

口コミの要約

知識や経験のある社員からのアドバイスや勤務時間中の勉強会、ソフトウェア業界との案件など学習・実践ともにスキルアップ可能な環境が整えられています。
また、残業の少なさや休日の取りやすさ、勤務の柔軟さなどライフワークバランスに力を入れている企業といえます。

ACCESSの年収・給与

年収 700.5万円
ボーナスの有無 業績や評価に応じてインセンティブ支給
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 財形貯蓄制度、休憩室完備、有給積立制度、社内公募制度など

ACCESSでの転職者の出世難易度

ACCESSでの転職者の出世難易度は中程度です
ACCESSでは、一般企業同様に結果を出すことで出世できる可能性が高まります。
社内で頻繁に勉強会や発表の機会を設け、さまざまなプロジェクトに参加するのが出世への近道といえます。
また、技術力の高さとマネージメント力があるタイプの社員が出世していく傾向があります。
上司はもちろん開発メンバーともきちんと話し合いを促進することのできる、コミュニケーション力が必要とされるといった内容の口コミも見られます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 主任 700万円
30代中盤 係長 750万円
30代後半 課長 750万円
40代前半 課長 800万円
40代後半 課長 1000万円

ACCESSはどんな人が働いている?

ACCESSの従業員数

(単独)280名
(連結)729名

ACCESSの平均年齢

38.8歳

ACCESSの平均勤続年数

7.7年

ACCESSの社風

若手からベテランまで協力して仕事や相談ができたり、役員のスケジュールが空いていれば個別ミーティングに応じてくれるなど通しの良い雰囲気といえます。
自分がやりたいことや現状の問題および解決方を積極的に遂行していく社員が多く、最新技術に触れられる機会も多くあるため、仕事にのめり込んでいる社員も少なくありません。

ACCESSのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 所定労働時間:7時間30分
休日 土・日(完全週休2日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、夏季休暇、誕生日休暇、育児・産前産後休暇、介護休暇など
平均残業時間 月20時間程度
フレックス制度 有り(コアタイム:10:30~16:00)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

ACCESSの社長

大石 清恭

1964生まれ、東京都出身、株式会社ACCESS代表取締役社長執行役員。
1987年青山学院大学国際政治経済学部卒業後、ソニー株式会社入社経て1999年には、株式会社ACCESSの米会社へ入社。
2012年株式会社ACCESS取締役、2015年には取締役副社長執行役員兼最高執行責任者などを経て、2018年代表取締役社長執行役員に就任。

ACCESS現職、OB/OGの有名人

夏海 龍司

1968年生まれ、株式会社ACCESSにおいて国内・アジアを担当する取締役専務執行役員。
1990年株式会社エヌジェーケーへの入社を経て、1999年株式会社ACCESSに入社。
2012年執行役員兼ソフトウェアソリューション本部長、2014年には同社執行役員兼研究開発戦略副室長兼品質管理室長、執行役員兼クラウドサービス事業部長兼品質管理室長を務める。
2017年には同社専務取締役(国内担当)、2018年同社取締役専務執行役員(国内担当)を経て2019年取締役専務執行役員に就任。

ACCESSの転職に関わるQ&A


ACCESSはエンジニアが多い企業なので、女性の比率は少ないです。
ですが、フレックス制やリモートワーク制の導入、また産前産後休暇からも現場に戻れるなど、ライフワークバランスが取れているため女性でも働きやすい環境といえます。
業務においては、実力や結果を出せば男女関係なく評価され、実際に第一線で活躍する女性も少なくありません。

複数のメーカと協力して製品開発に関わることが可能で、多岐にわたるプロジェクトに短い間隔で関われることが多いので実践経験による成長が期待できます。
制度としては、業務時間内の勉強会などがあり、裁量に関してもやりたいと伝えることで大半のことは任せてくれるので、自発的な行動力が必要となるでしょう。

ACCESSへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ACCESSの公式サイト内にある「採用サイト」から申し込みが可能です。
その他にも社長や役員、社員のインタビューや社風の紹介、ワークライフバランスに関する取り組みなども見ることができるので一度目を通しておくのがおすすめです。
公式サイトからの直接の応募よりも、エージェントを利用した方が採用確率は上がる可能性があります。
ですが、まずは転職前の情報収集として、公式サイトを見ておくことが大切です。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用してACCESSへの転職を目指すなら、掲載企業数が豊富かつハイクラスの案件が多数掲載されている「ビズリーチ」がベスト。
ビズリーチでは担当するアドバイザーの評価や得意分野をチェックできるため、自分にマッチした担当者を探せることも魅力のひとつです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。

・多くの案件が掲載されている
・自分のペースで転職を進められる
・応募までスピード感がある

豊富な職種や企業のなかから自分の希望にマッチした案件を探したい人や、転職エージェントの日程調整がなかなかできない人にはおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、ACCESSの募集要項や必須スキルなどをざっくり知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチでは高収入かつ多様な職種が掲載中

ビズリーチには、エンジニア職をはじめとしたさまざまなポジションの求人が掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。
ハイクラスをメイン層としているビズリーチだけあって提示されている年収も比較的高く、年収の相談が可能であったり、最低年収800万円からの求人も珍しくありません。

また、ビズリーチは転職サイトのなかでも比較的非公開求人が多い傾向があり、アドバイザーに相談すれば公開されているもの以外の案件を紹介してもらえる可能性があります。

ただ、転職サイトから応募した場合、「企業が求めているスキルや人物像」が記載されていなかったり、ACCESSの社内事情に精通しているコンサルタントはつかないため、経歴やスキルで落とされる可能性も高くなります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめです。

通過率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してACCESSへの転職をお考えの方には、多くの転職支援実績を持つ「JACリクルートメント」がおすすめです。
コンサルタントのクオリティが高く、業界ごとの知識に定評があり、転職活動におけるさまざまなシーンにおいてサポートを受けることができます。

ACCESSへの転職成功率を高めたいのであれば案件数の多いリクルートエージェントを活用するのが良いでしょう。

転職エージェントのメリットとしては

・キャリアプランや給与交渉などを含む多角的な支援
・本人と企業の条件をすり合わせてくれるためマッチング率が高い
・転職サイトと比べて非公開求人が多い

上記の3つが挙げられます。

ACCESSはまだ新しい企業ですが、人気の高いので、当然その競争率も高くなります。
通過率がどのくらいあるのか。
自分の理想としている転職先と言えるのか。

など、キャリアコンサルタントに相談をしてみましょう。
ACCESSへの転職確率を可能な限り高めたいのであれば、転職サイトではなく転職エージェントを活用するのが確実です。

JACリクルートメントはIoT関連ポジションの案件が多数

JACリクルートメントは、企業名が伏せられている案件が多いですが、IoT関連のハイクラス求人が豊富に掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ACCESSで自分のスキルや経験がどのポジションで活かせるか分からないという方や、初めて転職をする方などは、幅広く案件を見られるJACリクルートメントは最適です。
転職支援実績は43万人以上で、満足度は90%を超える転職エージェントですので、内定までしっかりサポートしてくれるでしょう。

非公開求人も多いため、実際にコンサルタントに相談することで、キャリアプランや給与交渉なども含めて相談するのがおすすめです。

あなたがACCESSに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

HubSpot Japanの転職難易度は?年収や面接のポイントを徹底解説

▼下記は、HubSpot Japanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからHubSpot Japanに転職してくるのか ・転職先:HubSpot Japanからどこへ転職するのか 一般的な傾向を...

ALBERTへ転職したい方必見。選考フローや平均給与などについて調査

  ▼下記は、ALBERTに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからALBERTに転職してくるのか ・転職先:ALBERTからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

ウフルの転職はおすすめ?転職難易度や年収などを徹底調査!

▼下記は、ウフルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからウフルに転職してくるのか ・転職先:ウフルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

マカフィーの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

▼下記は、マカフィーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマカフィーに転職してくるのか ・転職先:マカフィーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

Shippioへの転職は難しい?面接内容や年収など解説

Shippioとは、クラウド貿易業務ソフトと国際輸送サービスを提供している日本初のデジタルフォワーダー企業です。 デジタルフォワーダーとは、国際物流に関わるプラットフォームをクラウドベースで構築したもののことを指し、国際輸送を担う...

シスコへの転職難易度は?年収や評判などを解説

  ▼下記は、シスコに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシスコに転職してくるのか ・転職先:シスコからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

ラクスの転職への転職。口コミや面接内容を解説

▼下記は、ラクスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからラクスに転職してくるのか ・転職先:ラクスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

ニフティの転職難易度は?年収や転職難易度などを解説

▼下記は、ニフティに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからニフティに転職してくるのか ・転職先:ニフティからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

SAPジャパンの転職事情。難易度や口コミなど紹介

▼下記は、SAPジャパンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからSAPジャパンに転職してくるのか ・転職先:SAPジャパンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

ACCESS(アクセス)へ転職するには?転職難易度や求人情報をご紹介

▼下記は、ACCESSに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからACCESSに転職してくるのか ・転職先:ACCESSからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

TOP