ツールベンダー

シスコへの転職難易度は?年収や評判などを解説

 
▼下記は、シスコに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからシスコに転職してくるのか
・転職先:シスコからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

シスコで働いている人の学歴・職歴

学歴

学歴は、大学・大学院卒が在籍しており、高学歴者の比率が高く、海外の大学出身者もいます。

職歴

シスコ在籍者の職歴は、NTTグループKDDIなどの大手通信会社、さらには富士通NECといった大手電機メーカーなどが挙げられます。

退職後の主な転職先

シスコからの転職先として多いのは、大手コンサルティング会社SIerなどへ転職しています。

シスコは世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社です。
1984年に設立、アメリカのカリフォルニア州に本社を置き、従業員は79,790名が在籍している大企業です。
日本法人には1992年にアメリカ本社の100%子会社として設立され、ワークスタイル革新や働き方改革を率先する企業と名が知れ渡り、「テレワーク推進賞」や「輝くテレワーク賞」といった受賞実績があり、働きがいのある会社ランキングで第1位となりました。
そんなシスコでは、新しいアイデアを生み出すことができる提案力があり、それを実現できる実行力を持っている人材を求めています。

初めての転職でシスコを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

シスコの口コミや年収も大切だけど、とにかくどんな求人が出てるのか早く知りたい!
そんな人はまず、ビズリーチなどの転職サイトで掲載求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチはハイクラス求人が豊富に掲載されているため、転職先がまだ定まっていない方は、ここで比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にチェックしておくことが、転職活動をスムーズに進めるためのポイントです。
シスコでは、現在29件の求人が行われています。ビズリーチに登録をするとすべての求人を確認することができます。

ビズリーチではレジュメ登録をしておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合った案件を探すなら、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • シスコの企業概要
  • シスコの転職ポイント
  • シスコの社風や企業文化

シスコに転職するポイント

シスコの特徴

POINT

  • ・世界最大のコンピュータ機器開発している大企業の日本法人
  • ・さまざまな賞を受賞しており、働きたい会社ランキングで第1位を獲得
  • ・「ルーター」「スイッチ」が主力製品であり、全世界のシェア率6割以上を占めている

シスコへ転職するポイント

POINT

  • ・新しいアイデアを提案、それを実現した経験がある人材を求めている
  • ・適応力を持ち、どんな環境でも自分の考えて動けることが大切
  • ・情報収集能力に長けており、リーダーシップを持っていることが問われる

シスコの企業概要

会社名 シスコシステムズ合同会社
本社所在地 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー21階
社長 鈴木 みゆき
設立 1992年5月22日
株式 非上場
株主構成 シスコシステムズネザーランドホールディングスピーヴィー(100%)

シスコの売上


シスコシステムズ合同会社は非上場のため、親会社のシスコシステムIncの売上を掲載しています。

シスコの売上推移

年数 2017年 2018年 2019年
売上高 48,005,000千円 49,330,000千円 51,904,000千円
営業利益 11,973,000千円 12,309,000千円 14,219,000千円

シスコの最新ニュース

シスコのトレーニングやイベントを掲載しております。

シスコの事業内容

シスコは、アメリカのシリコンバレー発、ネットワークシステム、コラボレーションサービスの販売を行っている世界最大のコンピューターネットワーク機器開発会社です。
あらゆるネットワーク機器を、自ら研究・開発し、製造・販売まで行っています。
シスコは世界でも圧倒的なシェアを誇っており、近年のテレワークの普及により、テレワークの推進にも力を注いでいます。
最先端のITとネットワークをフルに活用、柔軟な働き方ができる環境と仕組みを整備し、サービスを展開中です。
今後の展望は、異なるプロバイダーを複数のクラウドを利用する新常識を業務に活かし、安全を確保することを目指し、業務効率化の改善と強化を図っていくでしょう。

シスコの転職の募集要項

システムズエンジニア

システムズエンジニアは、大手通信キャリアを中心に、シスコ製品の提案や検証、導入を通じて、サービスプロバイダーへ最適なソリューションを提供するポジションです。
具体的には、パートナー企業の技術者向けトレーニングの提供、アメリカ本社の開発部門への機能開発要望など、幅広く携わり支援を行います。
グローバルな領域での業務もあるため、ビジネスレベルの英語力があると、面接で有利になる可能性があります。

必須な経験・スキル

  • ・ネットワーク全般の知識
  • ・ネットワーク製品のコンフィグレーションスキル
  • ・3年以上のプリセールスやカスタマーサポートの経験

カスタマーサポートエンジニア

カスタマーサポートエンジニアは、シスコ製品に関するテクニカルサポートを行います。
具体的な業務内容は、パートナー企業やユーザーシステム部門のエンジニアでは解決できないような複雑なネットワーク上の問題解決や、高度な技術を駆使して、調査や解析のソリューションの提供などです。
顧客をビジネス成功へと導くのをミッションとし、ビジネスにおいて大切なプロセスを担うため、責任が問われるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・ラボを利用した障害のシミュレーションや原因調査を行った経験
  • ・アナライザを用いたフレーム・パケットレベルでのトラブルシューティング経験
  • ・3年以上のネットワーク開発設計業務経験

営業

国内のミッドマーケットに対して、シスコ製品を用いたネットワークソリューションを提供し、顧客のニーズに合わせて、シスコ製品の組み合わせや具体的に何を実現できるかなどの提供をして、ソリューション型営業を展開します。
また、直接イニシアティブをもってエンドユーザー企業にアプローチし、パートナー企業と協力しつつ提案活動を行います。
営業へのサポート体制は万全であり、世界中から集められた営業事例をフル活用することができ、頻繁に情報交換ができるので、スキルアップできる環境があります。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の営業経験

シスコの転職難易度

シスコの転職難易度は非常に高いです。
シスコは非常に有名な企業であり、応募者が多いことが推測されます。
その応募者は全体的にレベルが高く、また、シスコでも即戦力となるような人材を求めている傾向があります。
そのような状況のなかで、面接を通過し、採用してもらうというのは簡単なことではありません。
面接を通過するためには、ほかのライバルと格差つけられるような能力があることが必須になります。
面接の際は、特化しているスキルや知識をアピールできるエピソードを用意してから臨みましょう。

シスコが転職者に求める人物像

シスコでは、新しいアイデアを提案できる発想力と、それを実現できる実行力を持っている人材を求めています。
また、めまぐるしく変化する世の中に対し、どのように対応していくのか、その変化に対し、どのように考え動けるのかということも重要視しています。
さらには、シスコのあらゆるポジションにおいて、新たなビジネスモデルの構築がミッションと挙げられており、常にビジョンの実現に向けたアクションが求められるでしょう。
こういった能力を兼ね備えている方は、シスコに向いているといえます。

シスコの転職までの流れ

シスコの選考フロー

書類・エントリーシート提出

筆記試験・WEBテスト(SPI適性検査)

一次~三次面接

想定選考官:人事
前職までの経験や志望動機など、基礎的な質問をされます。

最終選考

想定選考官:役員
これまでに質問されたことを再度聞かれ、改めてマッチしている人材か判断されます。

シスコの面接形式

面接は3~4回です。
ほとんどの場合1対1で行われますが、応募職種や応募人数によってはグループ面接になる場合もあります。
面接1回あたり30分~1時間程度です。

シスコの面接内容

シスコの面接は、前職までの経験や志望動機など、基礎的な質問から進みます。
そのほかにも「10年後の自分」や「シスコに入ったらやりたいこと」など、特段変わった質問をされることはほぼありません。
ただし、英語による面接がある場合があるので、ビジネスレベルの英語力は必要でしょう。
面接の雰囲気は、とても和やかな雰囲気であり、圧迫面接はないです。
リラックスして自分らしく、面接に臨むと良いでしょう。

シスコで働いている方の評判・口コミ

エンジニア 在籍3~5年 男性
ネットワーク最大手なだけあり、常に新しい技術を学ぶことができます。グローバルミーティングも頻繁に行われるので、英語力向上に繋がります。何事も効率的に働くことができ、仕事ができれば比較的自由に働くことができますが、結果を出すことが求められます。
ITコンサルタント 在籍5~7年 女性
有給が取得しやすく、英会話の補助が最大で2年間出ます。そのほかにもマッサージルームがあり、格安で受けることができるなど、福利厚生がとても充実しています。また、職場が綺麗なので気分良く働くことができます。
広告・宣伝 在籍1~3年 男性
ワークライフバランスに力を入れており、家族のライフスタイルの合わせて業務を行うことができるので、比較的自由な働き方ができます。プライベートを大切にしたい人にはとてもありがたい環境だと思います。
口コミの要約

シスコの口コミを見てみると、オフィスが綺麗で清潔感があり、福利厚生が充実していることから働きやすい環境があることが伺えます。また、スキルアップの環境もあり、成長できる環境があることが分かります。

シスコの年収・給与

年収 964万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、社員持株制度、遺族補償制度、退職金年金制度など

シスコでの転職者の出世難易度

シスコの出世難易度は非常に高いです。
実績を非常に多く残し、なおかつ運良く認められてた場合のみシスコで出世することができます。
闇雲に大きな実績を残したからといって出世できるとは限りません。
多少運が必要であり、社内へ上手にアピールできるかどうかが鍵となります。
出世するためには、大きな実績を残しつつ、タイミングを見ながら社内へ上手にアピールしましょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 マネージャー 1,000万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 1,200万円
40代前半 担当部長 2,500万円
40代中盤 なし 1,200万円

シスコはどんな人が働いている?

シスコの従業員数

79,790名

シスコの平均年齢

42歳

シスコの平均勤続年数

8年

シスコの社風

シスコは、外資系でありながらも社員に関して協力的で親和性に富んでいる風土があります。
どの社員も優秀であり、頭の回転が早く、話も迅速に理解できる方ばかりなので、何か合った場合でも気軽に相談することができます。
また、風通しが良く、上司や部下、ほかのチーム同士でも、気軽にコミュニケーションを取れる環境があります。
必要以上にストレスを感じることなく、いいたいことをいいやすい社風があります。

シスコのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 30~40時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

シスコの社長

鈴木 みゆき

1960年生まれ。
イギリスのオックスフォード大学卒業後、ロイターに入社。
1997年に東南アジア代表取締役に就任。
その後、eコマース会社の新規拠点の立ち上げや起業を経験し、2002年に日本テレコムに入社。
専務執行役員兼コンシューマー事業本部長やKVHのCEOを歴任し、2011年にはジェットスター・ジャパン株式会社の代表取締役社長に就任。
2015年にシスコシステムズ合同会社の代表取締役社長に就任。

シスコ現職、OB/OGの有名人

鈴木 和洋

1983年に慶応義塾大学経済学部を卒業後、日本IBMに入社。
通信事業者向けの営業部長などを歴任した後、日本チボリシステムズに出向、代表取締役社長に就任。
その後もダブルクリック代表取締役社長兼CEOや日本マイクロソフトの執行役などを務め、シスコシステムズ合同会社の代表執行役員会長に就任。

シスコの転職に関わるQ&A


シスコは、この先訪れる5G(超高速・大容量)のデータ通信を制御する技術や製品を製造している企業として注目を集めています。
ネット接続用のルーターやスイッチでは圧倒的なシェア率を誇り、サーバーやデータセンターなどの関連製品を手掛けています。
また、最近ではM&Aを駆使し、セキュリティーやソフトウェアなど関連する成長市場にも積極的に取り組んでおり、今後の発展が注目されている企業です。


シスコでは、性別によって何か差別されるということは全くありません。
女性でも働きやすい環境が用意されており、男女関係なく評価してもらうことができます。
また、産休や育休が取得しやすく、子育てに対して非常に理解があるので、仕事と家庭との両立も可能なので、安心して働けるでしょう。

シスコへ転職する方法

まずは公式HPの概要をチェック

シスコの公式サイトにある採用ページから応募することができます。
採用情報ページには、シスコで働くことについてや、企業の在り方、社長からのメッセージなどが掲載されています。
また、公式サイトには現在募集されているポジションや必須条件などが掲載されているので、どんな求人案件が載っているのかなど、求人情報のチェックするには良いでしょう。
ただし、細かい情報までは載っておらず、情報量が少ないため、転職成功率を確実に上げたい場合は、転職サイトや転職エージェントを活用することをおすすめします。

自分のペースで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してシスコへ転職したいなら、掲載企業数がトップクラスで、ハイクラス求人が多い「ビズリーチ」の利用がおすすめです。
ビズリーチは、自分の今の市場価値を把握することができ、適したポジションへ転職がしやすくなるというメリットがあります。
転職サイトを活用するメリットは大きく分けると3つです。

・求人情報数の多さ
・手軽さ
・応募までのスピード感がある

転職エージェントを使う前の情報収集や、時間はないけれど転職活動を始めたいという方におすすめです。

ビズリーチでは年収の相談が可能

ビズリーチには、シスコの求人件数が29件あります。

※画像はイメージです。

ビズリーチに掲載されている平均年収は800万円~1300万円となっていますので、別サイトよりも比較的高いので、ハイクラスの方の転職におすすめです。
転職後に年収が下がってしまうことも少ないので、年収を上げたい方はまず確認をしておきましょう。
また、同業他社であるSCSKなどの大手IT企業の募集などと比較ができますので、幅広い情報収集が可能です。

ビズリーチに登録をすると、エージェントや企業からスカウトメールが届きますが、しっかりとしたレジュメ登録をしていないと自分に合った企業からのスカウトが来ませんので、登録したらすぐにレジュメ登録をしておきましょう。

質の高い転職支援で転職成功率を上げるなら「転職エージェント」

転職エージェントは、様々な職種に精通したエージェントが非公開求人の紹介、提出書類の添削、面接対策、給与交渉などをすべて無料で受けることができます。
シスコは転職難易度が高いため、社内事情を知っているエージェントやシスコへの転職事例があるエージェントに書類添削や面接対策をしてもらうことが、シスコへの転職の近道になります。

転職エージェントを利用するメリットとしては
・キャリア相談や給与交渉などを含む幅広いサポート
・自身と企業との高いマッチング率
・非公開求人案件の圧倒的な多さ
この3つが挙げられます。

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の添削や、模擬面接によるアドバイス、さらには給与交渉まで行ってくれます。
また、あらかじめシスコへの転職実績があれば、転職先の人事や現場職員との太いパイプがあるため、事前に内部情報などを聞くこともできます。
転職活動において、少しでも不安がある場合は、転職エージェントの利用をおすすめします。

海外で活躍したいなら「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、外資系に特化した転職エージェントです。世界28か国で人材事業を展開していて、30年以上の実績を持つ老舗外資系特化型エージェントです。
ロバート・ウォルターズ・ジャパンに掲載されているシスコの求人情報を見てみると、ITサポートテクニシャンやエンジニアの求人が多数掲載されています。


※画像はイメージです。

自分のスキルや経験をキャリアアドバイザーから客観的に見てもらうことで、自分に合ったポジションを紹介してもらえます。
また、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは公開されている求人のほかに非公開求人も多く持っているので、状況や持っている能力によっては非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

あなたがシスコに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

アカマイへの転職方法を解説!年収や評判もご紹介

▼下記は、アカマイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアカマイに転職してくるのか ・転職先:アカマイからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

NTTコムウェアへ転職するべき?年収や福利厚生について解説

  ▼下記は、NTTコムウェアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTコムウェアに転職してくるのか ・転職先:NTTコムウェアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

カオナビへ転職するには?社員の評判や採用情報を解説

▼下記は、カオナビに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからカオナビに転職してくるのか ・転職先:カオナビからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

ニフティの転職難易度は?年収や転職難易度などを解説

▼下記は、ニフティに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからニフティに転職してくるのか ・転職先:ニフティからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

マルケトへの転職はおすすめ?評判や年収などについてご紹介

  ▼下記は、マルケトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマルケトに転職してくるのか ・転職先:マルケトからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキ...

日本オラクルに転職したい方必見。転職難易度や給料、口コミなどをご紹介

  ▼下記は、日本オラクルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本オラクルに転職してくるのか ・転職先:日本オラクルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

NTTレゾナントへの転職は難しい?難易度や年収などを解説

▼下記は、NTTレゾナントに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTレゾナントに転職してくるのか ・転職先:NTTレゾナントからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

サイボウズへ転職はおすすめ?年収や働きやすさなどについて調査

  ▼下記は、サイボウズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからサイボウズに転職してくるのか ・転職先:サイボウズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

シスコへの転職難易度は?年収や評判などを解説

  ▼下記は、シスコに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシスコに転職してくるのか ・転職先:シスコからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

ラクスの転職への転職。口コミや面接内容を解説

▼下記は、ラクスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからラクスに転職してくるのか ・転職先:ラクスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

TOP