ツールベンダー

SAPジャパンの転職事情。難易度や口コミなど紹介

▼下記は、SAPジャパンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからSAPジャパンに転職してくるのか
・転職先:SAPジャパンからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

SAPジャパンの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学・大学院卒業などが在籍しており、海外出身者も多く、国内では国立や私立出身など、高学歴者が多くいます。

職歴

SAPジャパン在籍者の主な職歴は、デロイトやAC、EYなどのIT系コンサルファームIBMなどのSIer、さらにはオラクルなどの外資系ベンダーが挙げられます。

退職後の主な転職先

SAPジャパンからの転職先として、セールスフォースやグーグルクラウドなどのクラウド系サービス、NRIやオラクル楽天デロイトIBMなどの大手IT関連企業へ転職しています。

SAPジャパンは、企業向け基盤システムであるERP(Enterprise Resource Planning)パッケージなどを提供している企業です。
ソフトウェア製品の販売や導入支援、テクニカルサポートなど、主にコンピュータ関連のサービスを提供しています。
親会社であるSAPは、ヨーロッパ最大級の大手ソフトウェア企業であり、ビジネスソフトウェアで売上高世界4位を誇っている大手企業です。
日本法人は1992年に設立され、東京都千代田区に本社を構えています。
そんなSAPジャパンでは、マネージャーやスペシャリストなどの責任があるポジションで、行動力や適応力があって即戦力として活躍できる人材を求めています。

初めての転職でSAPジャパンを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

SAPジャパンの難易度や口コミも重要だけど、それよりもまずはどんな求人があるのか知りたい!という方は、ビズリーチなどの転職サイトで掲載されている求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチでは、ミドルクラス~ハイクラスの求人が豊富に掲載されているため、転職先がまだ定まっていないという方は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントの活用を予定している場合でも、情報収集として事前にビズリーチをチェックしておくことで、転職活動をよりスムーズに進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • SAPジャパンの企業概要
  • SAPジャパンの転職ポイント
  • SAPジャパンの社風や企業文化

SAPジャパンに転職するポイント

SAPジャパンの特徴

POINT

  • ・企業向け基盤システムであるERPパッケージなどを提供している企業
  • ・ソフトウェア業界世界4位の売上高を誇り、国内外トップ企業の導入実績多数
  • ・外資系企業らしい自由な社風であり、プロセスと実績が重視される環境

SAPジャパンへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・マネージャーやスペシャリストなど、責任のあるポジションにて求人募集
  • ・行動力と適応力を備えており、即戦力して活躍できる人材を求めている

SAPジャパンの企業概要

会社名 SAPジャパン株式会社
本社所在地 東京都千代田区麹町1丁目6番4号 SAPジャパンビル
代表者 鈴木 洋史
設立 1992年10月16日
株式 未上場
株主構成 SAP SE(100%)

SAPジャパンの売上

SAPジャパンは未上場のため、親会社であるSAP SEの売上を掲載しています。

SAP SEの売上推移

事業年度 2016年 2017年 2018年
売上高 208億ユーロ 221億ユーロ 247億ユーロ
営業利益 43億ユーロ 51億ユーロ 57億ユーロ

SAPジャパンの最新ニュース

SAPジャパンの事業内容

SAPジャパンは、ドイツに本社を置くヨーロッパ最大のIT企業SAP SEの日本法人企業です。
エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる規模の企業のイノベーションを起こす支援しています。
SAPジャパンでは、常に最終消費者を意識した、デザインシンキングを用いたSAP独自の技術を駆使して、190か国43万社以上のクライアントを支援しています。
ERPのほかにも、SaaSやCRM分野なども手掛けている企業です。
さらには、金融ソリューションに注力しており、2004年よりSAP Core Bankingをリリース、国内銀行向けの勘定系システムにも参入を果たしました。
今後の展望として、ドイツの開発力と保守力を強みに、シェアの維持ができるように積極的に行動することを目指しています。

SAPジャパンの募集要項

顧客エンゲージメントエグゼクティブ

アカウント管理やエンゲージメント、拡張戦略などを含むキャンペーンをサポートし、カスタマーセグメント内で収益性の高い成長を確保するポジションです。
また、クラウドソリューションの採用と使用を促進し、クライアントの主要な連絡窓口となって支援とサポートを行います。

必須な経験・スキル

  • ・書面や口頭での優れた英語力と日本語力
  • ・活動を整理し、優先順位を付け、期限を守る能力
  • ・誠実さや機密性を維持できる能力 など

シニアプロダクトスペシャリスト

採用に成長を促進し、ソリューションの価値を明確にするポジションです。
具体的には、SAPソリューションの提供に影響を与える市場動向と外部の影響を調査や監視、開発組織と協力してソリューション戦略とロードマップを作成します。
そのほかにも、地域のチームやソリューションマーケティングとともに、アセットコンテンツを提供し、ポジショニングの推進も行います。

必須な経験・スキル

  • ・非常に高いチームワーク力
  • ・文書や口頭での高いプレゼンテーション能力
  • ・優れた対人スキルがあり、信頼できる関係を構築した経験

技術品質マネージャー

クライアントのソリューションランドスケープとビジネスプロセスを理解し、クライアント組織内で信頼できるアドバイザーとなるポジションです。
具体的には、詳細エンゲージメントとサービス提供計画を作成、それらの実行と推進、組織のフレームワークに沿ったプロジェクトを概念化し、実行と追跡を行います。
また、経営陣と経営幹部レベルへの報告なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・SAPテクノロジーや基礎、アプリケーション開発経験
  • ・SAPコンサルタントもしくは開発経験
  • ・堪能な英語力 など

SAPジャパンの転職難易度

SAPジャパンの転職難易度は非常に高いです。
その理由としては、ほかの企業に比べて年収が高く、大手外資系としてのブランドを持っていることが挙げられます。
そのため、応募者が非常に多くなり、企業側も優秀な人材を求めている傾向があるため、転職難易度が高くなるのです。
SAPジャパンへの転職を目指すなら、険しい道のりになることを理解しておきましょう。

SAPジャパンが転職者に求める人物像

SAPジャパンでは、行動力と適応力を持っている人材を求めています。
また、協調性や独創性を持っている人材も求めている傾向があります。
SAPジャパンは、世界シェア率トップクラスの企業であるため、こういった資質が必要とされるのです。
面接では、これらをアピールできるエピソードをいくつか用意してから臨むと良いでしょう。

SAPジャパンの転職までの流れ

SAPジャパンの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・現場マネージャー
想定内容:自己PRや志望動機など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:ハイアリングマネージャー
想定内容:これまでの質問に加え、人間性を見るような質問をされます。

内定

SAPジャパンの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数はポジションで異なりますが、おおよそ2~3回です。
1回あたりの時間は30分~1時間で終わります。

SAPジャパンの面接内容

面接は、自己PRや志望動機といった一般的な質問から進みます。
そのほかにも、「どうしてほかの企業ではなく、SAPなのか」などを質問されることもあります。
また、質問の趣旨を誤りなく捉えた的確な回答できているか、説得力のある話し方など、コミュニケーション能力や対人折衝力などを見られるため、しっかりと理解し、回答できるかどうかが重要です。
自己分析するのはもちろんのこと、企業研究も抜かりなく行うことをおすすめします。

SAPジャパンで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍7~10年、男性
グローバルで先進的なERPを使って経営層にアプローチするので、営業的なスキルが身に付きます。また、経営層だけではなく、会社全体に対してアプローチする必要があるので、高度なスキル取得が望めるでしょう。
ITコンサルタント、在籍5~7年、女性
大企業に役員クラスに会うことができ、周りの社員も優秀な方が多いので、学べることは多くあります。海外出張も自分次第で作ることができるので、グローバルに活躍することができると思います。
セールスエンジニア、在籍3~5年、男性
社内全体的に見ると、ワークライフバランスは良いと思います。有給などは前もっていえば比較的取りやすい環境があります。長期で取得している人もたくさんいます。しかし、部署やチームによって異なるかもしれません。
口コミの要約

SAPジャパンの口コミを見てみると、優秀な社員と一緒に仕事できるため、やりがいとスキルアップできることが伺えます。また、部署やチームによっては、ワークライフバランスが良いということが伝わってきます。一方で、ネガティブな口コミとして目立ったのが、部署によっては仕事が忙しいということが多く見られました。

SAPジャパンの年収・給与

年収 1,028万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 記載なし
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、従業員持株制度、旅行保険など

SAPジャパンでの転職者の出世難易度

SAPジャパンの転職難易度は比較的高いです。
優秀な社員が多く在籍しており、それぞれ実績を残しているため、その中から出世するというのは簡単ではないでしょう。
出世する社員の傾向としては、グローバルからの割り当てられた社員が多いため、平社員から出世というのは基本的に望めません。
SAPジャパンで出世を目指すなら、何年も継続して優秀な実績を残し続け、空席ができれば出世できる可能性があります。
ただし、それがいつというのはないため、何年も耐えることができる忍耐力が必要でしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 1,000万円
40代前半 なし 1,200万円
40代後半 なし 1,300万円
50代前半 なし 1,700万円

SAPジャパンはどんな人が働いている?

SAPジャパンの従業員数

1,569名

SAPジャパンの平均年齢

記載なし

SAPジャパンの平均勤続年数

記載なし

SAPジャパンの社風

SAPジャパンは、外資系企業なだけあり、風通しが良く自由な社風であり、実力主義な雰囲気があるため、個人の裁量が大きい傾向があります。
また、産休や育休などの休暇は充実しており、上司や先輩からの理解があり、協力してもらえる風土があります。
業務を遂行する上でも、周囲のサポート体制がしっかりとしているため、安心して働くことができる企業です。
社員同士でコミュニケーションを積極的に取っているので、協力し合える環境があるといえます。
ただし、自らコミュニケーションを取れない方には、向いていないかもしれません。

SAPジャパンのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 定めなし(実働8h)
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、創立記念休暇、特別休暇など
平均残業時間 月40〜50時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

SAPジャパンの社長

鈴木 洋史

創価大学卒業後、日本アイ・ビー・エム株式会社入社し、主に小売業や製造業向けSCM関連ソリューションの企画や販売、マーケティングを担当。
2000年にi2テクノロジーズ・ジャパン株式会社へ入社、アライアンスセーする・エグゼクティブやセールス・ディレクターなどを歴任。
その後、営業本部長やアジアアパシフィック地域副社長などを歴任し、2013年に日本アイ・ビー・エム株式会社へ復帰。
2015年よりSAPジャパン株式会社へバイスプレジデント・コンシューマー産業統括本部長として入社し、常務執行役員インダストリー事業担当も就任。
2020年から代表取締役社長に就任し、SAPジャパンのビジネス全体を統括している。

SAPジャパン現職、OB/OGの有名人

内田 士郎

早稲田大学政治経済学部卒業後、当時ビッグ8の一つといわれていたピートマーウィックミッチェル会計士事務所に入社。
その後、PwCコンサルティング株式会社取締役を経て、べリングポイント株式会社代表取締役社長に就任。
その後も、プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社の代表取締役社長に就任し、2015年にSAPジャパン株式会社の代表取締役会長に就任。
日本企業の海外進出を多面的に支援した実績を持ち、M&Aや新規事業立案、グローバル戦略など、約13年間支援を行ってきた。

SAPジャパンの転職に関わるQ&A


SAPジャパンは激務で大変と一度は聞いたことあるでしょう。
実際はそんなことはありません。
時期によって業務量が多く、大変な時期はありますが、激務というほどでもなく、また、残業代はしっかりと支給されます。
さらに、仕事しやすい環境が完備されているため、どんな方でも比較的働きやすいといえるでしょう。

男性社員のみならず、女性社員も多く在籍しています。
評価制度に差別はなく、平等に評価されるので、女性でも出世を目指すことは十分可能です。
また、産休や育休に理解ある社員が多く在籍しているため、ライフイベントがあっても安心して働くことができます。

SAPジャパンへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

SAPジャパンの公式HPにある採用情報ページから応募が可能です。
求人情報をはじめ、企業メッセージや女性の働きやすさについて、表彰実績などが掲載されています。
ただし、求人の情報量はそれほど多くなく、イマイチ分からないという部分もあるでしょう。
より具体的な内容が知りたい場合や、公式HPに載っていないような求人にも応募したいという場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

空いた時間に転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してSAPジャパンへ転職するなら、掲載されている企業数が豊富であり、ハイクラス求人が多い「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・すぐに転職活動が行えて、空いた時間に転職活動ができる
・非常に求人数が多い
・希望する求人が比較的見つけやすい

転職エージェントと比べ、転職サイトはすぐに転職活動をすることができ、また、空いている時間を転職活動を行うことができます。
また、求人数が非常に多く、求人検索が細かく設定できるため、自分に合った職種を探しやすい傾向があります。
時間をかけずに素早く転職したいという方は、転職サイトがおすすめです。

ビズリーチは比較的平均年収が高く、年収最高額は2,500万円以上!

ビズリーチに掲載されている求人を見ると、エンジニアやコンサルタントが掲載されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているビズリーチなだけあり、提示されている年収が比較的高く、中には2,500万円以上となっています。
また、転職サイトの中でもビズリーチは非公開求人が多く持っている傾向があるため、キャリアアドバイザーに相談することで、紹介してもらえることもあります。
ただし、転職サイトからの応募の場合、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないことも少なくなく、書類選考が通過できなかったり、面接で落とされてしまうということも珍しくありません。
時間をかけてでも確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

SAPジャパンに応募する前に一度相談!「転職エージェント」

SAPジャパンへの転職に対して、不安や疑問な点が少しでもある場合は、外資系に特化している専門転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・キャリア相談や面接対策をはじめとした手厚いサポート
・今の自分を客観的に見てくれて、足りない部分を教えてくれる
・比較的多くに非公開求人を持っている

転職エージェントでは、キャリア相談や面接対策などといった手厚いサポートがあり、内定までしっかりと導いてくれます。
また、キャリアアドバイザーに客観的に見てもらうことで、自分の足りない部分を教えてもらえるのも特徴の一つといえます。
転職エージェントは、そのときの転職活動だけを支援するだけではなく、転職希望者のキャリア形成全体を見てくれるため、確実な転職をしたい方には活用がおすすめです。

外資系企業への転職を目指すならロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズ・ジャパンに掲載されている求人は、外資系企業がほとんどです。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、1985年にロンドンで設立された歴史の長い転職エージェントであり、ハイクラスの非公開求人を豊富に持っているので、SAPジャパンへ転職したいと伝えれば、目的にあったポジションを紹介してもらえる可能性があります。
また、国際的に展開する企業に対して強みを持っているため、SAPジャパンへの転職に必要な経験を積める外資系企業へ転職するのであれば、ロバート・ウォルターズ・ジャパン一択といえるでしょう。
ただし、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、日常会話ができる英語力を持っていることが大前提であるため、スキルや実績が足りていないと希望する案件は紹介してもらえないので、あらかじめ理解しておく必要があります。

あなたがSAPジャパンに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

NTTコムウェアへ転職するべき?年収や福利厚生について解説

  ▼下記は、NTTコムウェアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTコムウェアに転職してくるのか ・転職先:NTTコムウェアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来...

ラクスの転職への転職。口コミや面接内容を解説

▼下記は、ラクスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからラクスに転職してくるのか ・転職先:ラクスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

NTTレゾナントへの転職は難しい?難易度や年収などを解説

▼下記は、NTTレゾナントに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTレゾナントに転職してくるのか ・転職先:NTTレゾナントからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

ブレインパッドの転職難易度は?年収や面接内容などを解説

  ▼下記は、ブレインパッドに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからブレインパッドに転職してくるのか ・転職先:ブレインパッドからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりた...

日本オラクルに転職したい方必見。転職難易度や給料、口コミなどをご紹介

  ▼下記は、日本オラクルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本オラクルに転職してくるのか ・転職先:日本オラクルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

シスコへの転職難易度は?年収や評判などを解説

  ▼下記は、シスコに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシスコに転職してくるのか ・転職先:シスコからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

アカマイへの転職方法を解説!年収や評判もご紹介

▼下記は、アカマイに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアカマイに転職してくるのか ・転職先:アカマイからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

SAPジャパンの転職事情。難易度や口コミなど紹介

▼下記は、SAPジャパンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからSAPジャパンに転職してくるのか ・転職先:SAPジャパンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

Yext(イエクスト)に転職するには?事業内容や評判を紹介

Yext(イエクスト)はアメリカに本社を置くITデータシステム企業です。 自社ブランドサイトや検索エンジン、マップ、SNSや音声アシスタントなどの情報発信を助けるクラウドプラットフォーム「Yext」の開発・販売を行っています。...

カオナビへ転職するには?社員の評判や採用情報を解説

▼下記は、カオナビに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからカオナビに転職してくるのか ・転職先:カオナビからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

TOP