WEB・アプリサービス

ベクトルへの転職は難しい?年収や激務の噂についてを徹底調査

ベクトル転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    リクルートグループ
    業種を問わず幅広い企業

  • 株式会社ベクトルに転職
  • 次の転職先

    業種を問わず幅広い企業

ベクトルの主な転職元・転職先

学歴学歴は、大学・大学院卒が在籍。幅広い大学の在籍者が在籍しています。

前職ベクトルに在籍する人材は、リクルートグループ出身の方が比較的多い傾向がありますが、幅広い業種の出身者が在籍しています。

次の転職先ベクトル退職後の転職先に目立った傾向はありません。退職後は業種を問わず幅広い企業へ転職しています。

ベクトルは、PR事業を手掛けており、顧客の商品やサービスのプロモーションを行っている会社です。
創業は1993年と、PR企業のなかでも歴史は比較的長く、PR事業のリーディングカンパニーとして成長してきました。
主力として、モノを広めるときに必要な手法を成功事例から選べる新サービス「ヒロメル」や、セキュリティ意識向上トレーニングサービス「情報漏えい防ぐくん」が挙げられます。
また、近年ではWEBPR事業も盛んであり、SNSや動画配信サービスを使ったPR事業にも取り組んでおり、その結果として、2022年に京都FBS福岡放送などで取り上げられるなど、注目を集めている企業です。
そんなベクトルは、数多くの小会社を設立しており、ベクトルグループは今後更に発展を遂げていくことが推測されます。
売上も年々伸びてきており、リーディングカンパニーとしての実力を発揮、従来のPR戦略にとらわれず、常に新しい戦略を考え続ける意欲を持っているため、今後の成長にも期待が持てる企業の1つでしょう。

ベクトルへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・ベクトルの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ベクトルの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ベクトルの企業概要
  • ベクトルの転職ポイント
  • ベクトルの社風や企業文化

ベクトル転職するポイント

ベクトルの特徴

POINT

  • ・数多くの小会社を持っている大きなグループ会社
  • ・PR事業のリーディングカンパニーとして成長
  • ・社員の6割が女性であり、女性が活躍しやすい企業

ベクトルへ転職するポイント

POINT

  • ・個性的な質問を面接でされるのでそれに答えられるようにする
  • ・前職での営業経験などを具体的にアピールする
  • ・自分の信念を持ち、アイデアやセンスを積極的にアピールする

ベクトルの企業概要

会社名 株式会社ベクトル
本社所在地 東東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ18F
社長 西江 肇司
設立 1993年3月30日
株式 上場(東証1部)
株主構成 西江肇司(39.18%)
日本マスタートラスト信託銀行(7.95%)
日本カストディ銀行(7.11%)

ベクトルの売上

ベクトルの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 36,821百万円 37,273百万円 47,351百万円
経常利益 3,322百万円 2,797百万円 5,201百万円

ベクトルの最新ニュース

ベクトルの事業内容

ベクトルは、PR事業を手掛けており、顧客の商品やサービスのプロモーションを行っているリーディングカンパニーです。
ベクトルの主な事業としては、下記の3事業を主軸に運営しています。

戦略PR事業

ベクトルグループはPR企業のリーディングカンパニーとしての活躍が目覚ましく、代表する事業が戦略PRです。
主に企業広報部やマーケティング部、広告代理店をクライアントとして、PR戦略を行っていきます。
具体的にはメッセージ開発やメディアリストの作成、プレスリリースの作成、企業が不祥事をした場合に発生するクライシスマネジメントや、メディアトレーニングの実施やIRサービスを行います。
ベクトルが提供するPRサービスは、サービス及び商品が提供するベネフィットの定着を戦略的に図って実行している事業です。

WEBPR事業

webを活用し、WebPRとWebマーケティング領域を担う事業です。
ブロガーネットワークを活用したクチコミマーケティングやサンプリング、YouTube、FacebookといったSNSを使ったコミュニケーション戦略のプランニングといったことを行い、Web上での情報拡散を実現するために必要な各種サービスを提供していきます。
国内No.1の配信本数のシェアを誇るプレスリリース配信、露出調査サービスなどの独自システムを有して、クリエイティブでシステマチックなPRサービスの実現を目指しています。
web上では情報が瞬く間に拡散され、ともすれば情報過多になることも多いため、いかに有益な情報を拡散できるのか、日々試行錯誤行い、今後の課題としている事業です。

海外事業

ベクトルでは2007年から海外進出を開始しました。
日本は将来的な少子高齢化に伴い、マーケット成長が鈍化すると推測されています。
そのため、ベクトルでは海外に市場を求めており、現在は日本以外に11か国13拠点でPR事業を展開しています。
海外でのマーケティング環境は日本とは大きく異ることが多いです。
マーケティングは政治や宗教などの影響を強く受けるため、国によって別々の環境が作られています。
ベクトルでは日本で培った経験と知識を融合させ、海外においても頼りになるPR・マーケティングパートナーとなることを目指しています。

ベクトルの転職の募集要項

PRコンサルタント

PRコンサルタントは、クライアントの商品やサービスを世の中に広める役割を担うポジションです。
世の中で広く認知されるよう、消費者心理や時代の流れを汲み取っていき、最適にPR戦略を行っていきます。
具体的にはTV局や編集者との打合せ、イベント実施や立ち合い、クライアントとの交渉や企画書作成、プレゼンテーション、プロジェクト管理などです。
他社への理解・共感・信頼な仕事であり、コミュニケーション能力や分析能力が求められます。
また、マネジメント業務の経験があると優遇される傾向があります。

必須な経験・スキル

  • ・PR代理店や広告代理店などの業務経験

公共政策コンサルタント

公共制作コンサルタントは、公益性と公正性を担保した新しいロビー活動のことです。
企画・実行を通して、社会課題の解決に貢献していきます。
具体的な業務内容は、公共政策についてのコンサルティングや制作に関連する調査な今後の動向の分析などです。
まずはコンサルタントとして上司の支援の下、基本業務の習得、上位者の支援を得つつ独り立ちして担当業務の遂行にあたります。
その後、一人前のコンサルタントとして自らクライアントを持ち、非常に幅広い業界の案件に携わることができるため、公共政策のスペシャリストとして活躍することができます。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上の法人営業経験
  • ・官公庁での就業経験
  • ・戦略コンサルティングファームのコンサルタント経験
  • ・広報マーケティング戦略領域のプランナー経験

労務担当

ベクトルの労務全般を担当します。
具体的な業務内容は給与計算や勤怠管理、社会保険加入手続、安全衛生管理などです。
まずは給与計算や社会保険加入手続などの労務業務を担当、その後、制度業務に携わっていきます。
残業時間が比較的少なく、福利厚生が充実していますが、労務のスキルや知識以外にも企画力や提案力を求められる責任感のあるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・給与計算や社会保険手続等の労務業務経験
  • ・給与計算を一人で完結できるスキルや知識がある

ベクトルの転職難易度

ベクトルの転職難易度は中程度です。
面接ではかなり特徴的な質問をさせることがあり、例えば「私にこのボールペンを100万円で売ってください」という質問をされることもあります。
その場合はボールペンに関するプレゼンを行わなくてはなりません。
また、プレゼン後も「なぜ100万円もするのか」と何度も追求されるので、的確に回答する必要があります。
ほかにも、前職での経験や転職理由や「なぜPR業界に行きたいのか」について、深く掘り下げて質問され、特に転職理由に関しては内容がありきたりなものであると、「なぜ?」と何度も聞かれる傾向があります。
こういった質問をされるため、高いコミュニケーション能力がないと採用されるのは容易ではないことがいえます。
それぞれの質問に関して念入りに考えを用意しておくことが重要です。

ベクトルが転職者に求める人物像

ベクトルは転職者に高いコミュニケーション能力を求めていきます。
商品を良さを的確に説明するPR力は入社してから必ず必要な能力です。
ほかにも情報収集能力や、ブランディング能力も必要になってくるでしょう。
さらには経済や世の中の動向に敏感であり、アイディアやセンスに溢れている人も求めている傾向があります。
こういった能力をアピールするには、面接で質問に的確に応えることのみならず、前職での営業実績などを明確な数字を用いて話す必要があります。

ベクトルの転職までの流れ

ベクトルの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~二次面接

想定選考官:人事
基本的な質問から始まり、商品のPR能力を試すような質問がされることもあります。

最終選考

想定選考官:役員
これまでの質問をさらに深堀され、改めてベクトルにマッチしている人材か判断されます。

ベクトルの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は2~3回程度です。
1回につき30分程度となります。

ベクトルの面接内容

ベクトルの面接は志望動機やなぜ当社を選んだのかなど、基本的な質問から進められていきます。
前職での仕事内容や今持っているスキルについて、様々な角度から質問がされます。
また、上記で挙げた「ボールペンを売って下さい」という質問をされることがあり、ほかにも「自社が企画した内容について気になることはあるか?」といった質問がされた転職者もいました。
面接の雰囲気自体はフレンドリーの雰囲気で進められますが、質問に関しては深く掘り下げられるので、スキルや知識を具体的にアピールできるエピソードがあり、質問に臨機応変に回答できることが肝心です。

ベクトルの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには比較的多くのポジションで求人募集している
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・比較的話しやすい雰囲気がある

営業、20代前半、女性
なぜPR業界で働きたのかを聞かれました。PR業界で実現したいことがあって志望したということを軸にアピールしました。前職とは業界が異なったためか、非常に深堀されました。
コンサルタント、20代後半、女性
今持っているスキルや経験など、能力に関してさまざまな角度から質問されました。募集しているポジションにマッチしている人材かを判断されたように感じます。
広報、20代後半、男性
今までやってきた仕事のなかで大変だったことは?を質問されました。いくつか大変だったことがあるため、第三者にも伝わるように工夫しながら伝えるようにしました。
コンサルタント、30代後半、男性
一般的な質問が中心でした。面接の雰囲気は比較的和やかであり、フレンドリーに接してもらえたため、必要以上に緊張することなく臨めました。
営業、30代前半、男性
少し変わった自己紹介をしてくださいといわれました。普段通りだと面白みにかけるので、即席のアドリブを入れて自己紹介しました。非常にコミュニケーションがとりやすい環境がありました。

ベクトルで働いている方の評判・口コミ

マーティング、在籍5〜10年、女性
グループの1社の社長が女性社長であり、また、女性部長も数多く在籍しているので、女性にとって働きやすく、出世しやすい環境があると思います。また、産休や育休があり、取得しやすいので、安心して働くことができるでしょう。
営業、在籍3~5年、男性
国内外大手のクライアントが多く、コンサルタントとしては非常にやりがいがあります。企画段階から案件に関わることができるので、スキルアップにも繋がりやすい環境があると思います。自分の考えを形にして仕事をしたい意欲のある方におすすめの企業です。
販売 在籍3~5年 男性
販売は忙しい時期が結構あり、残業が発生することも多々あるので、個人でライフワークバランスを取るように配慮することが肝心です。土日休みを希望している方は、販売スタッフだと実現するのは厳しいかもしれません。

口コミの要約ベクトルの口コミを見てみると、女性で働きやすい環境であることが分かります。元々女性が多い業界ということもあるかもしれません。また、自分のアイデアを発揮していきたい人にはおすすめの企業です。たたし、忙しい時期もあるようなので、ある程度は覚悟しておく必要はあるでしょう。産休や育休もしっかり取れるので、安心して働くことができます。

ベクトルの年収・給与

年収 777万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月55時間分)
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 持株会、健康保険組合の保養所利用可、ベネフィットステーション、定期健康診断、福利厚生トラベルサイト、英会話教室割引、リノベる、賃貸物件契約割引など

ベクトルでの転職者の出世難易度

ベクトルの出世難易度は中程度です。
ベクトルでは男性も女性も正統に評価され、転職者の割合も大きいため、プロパーと比べて転職者の評価が低くなることもありません。
社員の平均年齢も29歳ととても若く、20代で役職についている人も多いです。
実力さえあればどんどん昇進を目指すことができる企業といえるでしょう。
ベクトルは成果主義である傾向があり、やった分だけ評価に加算されやすい環境があります。
ただし、リーダー職は忙しい時期も多いため、出世を目指すのであれば、プライベートをある程度犠牲にする覚悟は必要でしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 500万円
30代後半 なし 1,100万円
30代後半 シニアマネージャー 1,100万円
40代前半 部長 1,700万円
40代前半 なし 1,100万円
40代中盤 なし 900万円
40代後半 なし 900万円

ベクトルはどんな人が働いている?

ベクトルの従業員数

74名(単独)
1,303名(連結)

ベクトルの平均年齢

32.8歳

ベクトルの平均勤続年数

2.7年

ベクトルの社風

ベクトルはフラットな雰囲気で、若手が多く明るく元気な社風です。
仲間達と和気あいあいと頑張っている雰囲気があります。
毎月誰かの誕生日を祝うなどのさまざまなイベントが開催されており、風通しが良いのも特徴です。
社員は全体的にコミュニケーション能力が高く、お互いに助け合って仕事を進めている傾向があります。
また、常に前向きに考え、「成功するかは分からないが、まずはやってみよう」という姿勢があります。

ベクトルのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00(職種による)
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 GW休暇、夏期休暇、年末年始休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月50~60時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ベクトルの社長

西江 肇司

1968年生まれ、岡山県出身。
関西学院大学入学後、学生時代から起業家として活動。
1993年に株式会社ベクトルを立ち上げ、学生向けパーティーを会場を押さえるイベント事業など、多数のビジネスを手がける。
手がけたパーティーはなんと年鑑100本以上にものぼり、「戦略PR」という言葉を日本で広めた人物でもあります。

ベクトル現職、OB/OGの有名人

吉柳さおり

元々は弁護士を目指して慶應義塾大学法学部法律学科に入学。
その翌年から株式会社ベクトルでアルバイトを開始し、テレビ担当のPRとして活躍開始。
2002年には取締役に就任するスピート出世を果たす。
「遊びゴコロを持って何かを生み出せる人材がPR事業に向いている」と考えており、採用するときはそんな人材を求めています。

ベクトルの転職に関わるQ&A


ベクトルは数多くの小会社を持っていますが、有名なものが「PR TIMES」で、企業が作成した報道機関向けの発表資料・プレスリリースを広く配信するサービスを提供しています。
毎月1万本以上のプレリリースを配信しており、PR TIMESが運営しているサイトは、メディア関係者だけでなく一般人も自由に閲覧することが可能です。
PR TIMESのサイトですが、上場企業の約3割が利用しており、ページビューは1200万を超えています。


ベクトルは第一にクライアントファーストであることを企業理念としています。
ベクトルの役割は顧客の抱える課題をメディアコミュニケーションサービスを通じて解決することです。
常に顧客の希望に応えることを優先し、最高水準のサービスを提供することを目標にしています。

また、革新性と創造性も重視している傾向もあり、最新かつ最善のサービス開発を考えていき、常に成長していく企業を目指しています。

ベクトルへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ベクトルの公式HPにある採用情報ページから応募することができます。
採用情報ページには求人情報をはじめ、企業からのメッセージや、企業についてなど、さまざまな情報が掲載されています。
ただし、求人情報はそれほど具体的に掲載されておらず、ざっくりとしているので、イマイチ分からないということもあるかもしれません。
より細かい募集内容が知りたい場合や、サポートを受けながら転職したいという方は、転職サイトや転職エージェントを活用すると良いでしょう。

豊富な求人の中から希望のポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してベクトルへ転職するなら、取扱い企業数がトップクラスで、ミドルクラス~ハイクラスの求人が豊富な「iX転職」が良いでしょう。

転職サイトを活用するメリットは以下の3つ。
・豊富な求人案件数
・気になる求人へ応募できる気軽さ
・応募~面接までのスピード感がある

豊富な求人案件数の中から、希望するポジションを探したい場合や、気軽に応募できてあまり時間をかけずに転職したいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。
また、最近では転職エージェントを活用する前に転職サイトを利用するという方も増えており、募集内容や必須スキルなどをいち早く知りたい場合はチェックしてみるのも良いでしょう。

iX転職にはweb事業会社のコンサルタント案件が多数

現在、iX転職から届くスカウトメールにはベクトルの求人はありませんが、同業他社の求人は多くあります。

※画像はイメージです。

ミドルクラス~ハイクラスを多く扱っているiX転職なだけあり、提示されている年収が非常に高く、最高年収は2,000万円超えとなっています。
また、自分の今の市場価値を知ることができ、より自分に合ったポジションへの転職がしやすくなるという特徴があります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

Sharing Innovationsへの転職は難しい?選考フローや社風などを解説

Sharing Innovationsは、クラウドやオープン系のプロダクトや技術を駆使し、幅広い業種のクライアントのDX化を支援している企業です。 AIをはじめとしたイノベーションからWebアプリの開発、基幹系システムの開発など、...

クラウドワークスへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

クラウドワークス転職者の主なキャリアステップ 前職 人材紹介会社 広告制作会社 生命保険会社 観光業界 株式会社クラウドワークスに転職 次の転職先 ...

東京通信の転職事情。事業内容や将来性、転職難易度などを解説

東京通信は、ミステリーゲームを中心としたアプリ開発を行っているアプリ開発会社です。 「美醜の大地-復讐ミステリー」や「3分間ミステリー」など、数々の人気タイトルを提供しています。 そのなかでも、「カジュアルゲーム」と呼ばれる無料...

クリーマへの転職は難しい?転職難易度や選考のコツなどを解説

創作活動に取り組む全国のクリエイターとそのファンをつなぐためのプラットフォーム「Creema」の運営を行うクリーマ。 ハンドメイドの商品を専門で販売しているCtoC独自のマーケットプレイスを運営している企業です。 また、クリ...

日商エレクトロニクスの転職事情。面接内容や口コミなどを解説

日商エレクトロニクス転職者の主なキャリアステップ 前職 IBM、大塚商会などのSIer 日商エレクトロニクス株式会社に転職 次の転職先 日本オラクル、デル...

SaaS業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

近年何かと話題に上ることの多いSaaS企業の躍進ですが、SaaSに興味を持っていても実際にどのような意味を持つのかはっきりと分からないという人も少なくありません。 SaaS業界への転職を検討するにあたって、まずはSaaSの言葉の意味を...

グノシーへ転職。福利厚生や年収などを解説

グノシー転職者の主なキャリアステップ 前職 グリー DeNA コンサルティングファーム 株式会社Gunosyに転職 次の転職先 WEB系事業会社 ...

トランスコスモスに転職するなら?面接内容や評判を解説

トランスコスモス転職者の主なキャリアステップ 前職 各種メーカー 商社 リクルートなどのWeb系事業会社 トランス・コスモス株式会社に転職 次の転職先 ...

トリプルアイズの転職事情。選考フローや転職難易度などを解説

トリプルアイズ転職者の主なキャリアステップ ...

リクルートテクノロジーズの転職ノウハウ。難易度や残業時間などをご紹介

プロジェクトマネージャー系エンジニア系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 リクルートテクノロジーズ プロジェクトマネージャー系 プロジェクトマネージャー系に関するコメント Webサービス・アプ...

TOP