WEB・アプリサービス

Shopifyへの転職は可能?採用情報や転職難易度を徹底調査


Shopifyは、Eコマースプラットフォーム「Shopify」を提供するカナダ発の企業です。
「Shopify」は中小企業をメインに設計されており、世界175か国において100万を超える加盟店に利用されています。
Amazonや楽天などのECサイトと比べ、出品者がサイトのデザインや機能などを柔軟にカスタマイズすることが特徴です。
また、実店舗や期間限定店舗などの店舗設計・開設や商品在庫や注文管理、支払いなどのソリューションを提供しています。
カナダの首都であるオタワに本社を構え、5,000人の従業員を抱えており、日本法人であるShopify Japanは東京都渋谷区に2017年に設立され、10名の従業員が在籍しています。
Shopifyへの転職に関しては、求人数が少ないため転職の戸口が狭く、高い英語スキルが求められるため、難易度が高い傾向にあります。

Shopifyへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・Shopifyの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Shopify Japan株式会社の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • Shopifyの企業概要
  • Shopifyの転職ポイント
  • Shopifyの社風や企業文化

Shopifyに転職するポイント

Shopifyの特徴

POINT

  • ・EC市場において急激な成長を続けている
  • ・175か国において利用者数100万以上Eコマースプラットフォーム「Shopify」を提供
  • ・リモートワークを推奨するなど自由度の高い環境

Shopifyへ転職するポイント

POINT

  • ・ビジネスにおける高いコミュニケーションスキルを求められる
  • ・求人自体少ないため転職への戸口は狭い
  • ・堪能な英語力スキルを求められる

Shopifyの企業概要

会社名 Shopify Japan株式会社
本社所在地 東京都渋谷区神宮前6-12-18
Iceberg
代表者 CEO:トバイアス・トビ・ルーク アジア圏代表:マーク・ワング
設立 (本社)2004年9月(日本支社)2017年11月
株式 NYSE(ニューヨーク証券取引所)
株主構成 フィデリティマネジメント&リサーチ株式会社(6.11%)
キャピタルリサーチ&マネジメント株式会社(5.29%)
ベイリーギフォード&カンパニー(5.13%)

Shopifyの売上

Shopifyの売上推移

事業年度 2018年度 2019年度 2020年度
売上高 1,073億ドル 1,578億ドル 2,929億ドル
営業利益 -91億ドル -141億ドル 90億ドル

Shopifyの最新ニュース

Shopifyの事業内容

Shopifyは、中小企業を対象にしたオンラインショップ作成ツール「Shopify」を提供しています。
通常のECサイトは、サーバーの用意およびパッケージの導入する必要がありますが、Shopifyの場合サブスクリプション型のサービスモデルにおいて簡単に開設可能です。
現在175か国100万以上の導入数を誇っており、簡単にECサイトの作成が可能で、公式ストアに公開されているテーマや機能を適用することで高品質なECサイトを作成できます。
収益に関しては、ベーシック・スタンダード・プレミアムプランのサブスクリプション費用やテーマ・アプリ(機能)、取引手数料が挙げられます。
また、サブスクリプション利用者に対するソリューションの強化も行っており、決算代行や配送、運転資金の確保など、ユーザーが必要とする機能を幅広い領域で展開しています。

Shopifyの募集要項

グロースマーケティングマネージャー

Shopifyのアジア戦略における国際的な戦略チームのグロースマーケティングマネージャーの専門家として、率先的なマーチャント獲得などによるShopifyの成長を促進させる役目を担います。
具体的な業務としては、予算計画やキャンペーン管理、パフォーマンストラッキングなどデジタルチャネル全体の計画や実行、管理を担当します。
また、国際成長マーケティングリーダーシップチームおよびShopify japanの代表者などと緊密に連携し、国レベルでの成長戦略を確立します。

必須な経験・スキル

  • ・ビジネスレベルの日本語および英語スキル
  • ・日本の主要チャネルにおける5年以上のパフォーマンスマーケティング経験。
  • ・マーケティング分析およびキャンペーンパフォーマンス測定に関する深い知識 など

コンテンツマネージャー

Shopifyにおいて、部門間の関係者に向けて、日本のコンテンツ戦略およびパイプラインの指揮をとるコンテンツマネージャーを担当します
日本やアジアにおいて、Shopifyを利用するユーザーの基盤を拡大することを軸に、優れたユーザーとビジネスパートナーの経験に貢献するプロジェクトとプロセスを提供します。
具体的には、コピーライティングの監督に加え、ローカルチームとの連携による多言語コンテンツの開発支援などが挙げられます。

必須な経験・スキル

  • ・5年以上のクリエイティブおよびマーケティングコンテンツの作成、コピーライティング経験。
  • ・複数のプラットフォーム間でテクノロジーを操作する機能。
  • ・利害関係者、コピーライター、ローカライザー、ベンダーパートナーとの連携による言語品質管理スキル

アカウントマネージャー

アカウントマネージャーは、東南アジアにおけるShopify Plusユーザーの戦略アドバイザー、および戦略に関わる業務を担当します。
主な業務としては、製品の採用や新しいShopify機能の実装、改善点の必要な領域を特定するなど、Shopifyのソリューションを最大限に活用する方法の提案します。
また、戦略的な利用者とのパートナーシップの開発サポートによる、Shopify利用者を促進させるための基盤構築を構築します。

必須な経験・スキル

  • ・プログラミング言語、カスタムアプリ、APIなどの経験
  • ・強力なビジネス洞察力およびアジア全域の顧客に戦略的アドバイスを提供した経験
  • ・堪能な英語力 など

Shopifyの転職難易度

Shopifyの転職難易度は非常に高いです。
基本的に日本語に加え日常会話~ビジネスレベルの英語スキルが求められ、求人募集もほとんどが英語なので、堪能な英語力を持っていない方には転職のハードルが高くなります。
求人募集に関しても、募集自体頻度が高いわけではないのに加え、スカウトのメッセージを受けて転職をしたという情報もあり、中途採用の戸口は狭いといえます。

Shopifyが転職者に求める人物像

Shopifyの使命として、「Anyone, anywhere, can impact everyone」を掲げおり、これは、誰でも、どこでも、誰にでも影響を与えることを意味しています。
そのため、ビジネス構築における課題解決により、多くのコミュニティが世界経済に貢献可能な活動ができるように取り組める人物を求めています。
また、Shopifyの使命を達成するためには、高度なコミュニケーション力に加えShopifyの日本代表として活躍できる、高いレベルでの能力が求められます。
さらに、職場のスタッフやサポートする事業主を大切にする考えが強いです。
なので、学習への関心や場所を問わない影響力、変化への対応力、優れた意思決定を迅速に行う能力も求められることになるでしょう。

Shopifyの転職までの流れ

Shopifyの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・現場マネージャー
想定内容:今までの経験やShopifyへの興味を持っているかといった内容に加え、会話形式のライフストーリーインタビューが行われます。

最終面接

想定選考官:志望先のチームメンバー
想定内容:これまでの質問に加え、実際にチームを組むメンバーとの面接となります。

内定

Shopifyの面接形式

面接回数は基本的に志望者1人に対して、選考官が1~5人程度です。
面接回数はポジションで異なりますが、おおよそ3回です。
1回あたりの時間は30分~1時間で終わります。

Shopifyの面接内容

面接の雰囲気としては、質疑応答形式の面接ではなく、雑談形式で行われるため自然体の自分で面接に望むことができるでしょう。
面接は、自己PRや志望動機といった一般的な質問から進みます。
二次面接で行われるライフストーリーインタビューは1時間程度の会話形式インタビューで、今までどのような経験をしてきたかを問われます。
インタビュー内容としては、
・影響:周りから受けた(与えた)影響
・信頼:他の人と信頼を築いた経験
・エンゲージメント:仕事や生活の中での心がけ
・自己認識:自分の強みに加えどういった影響を与えることができるか
・準備:仕事する上でのスキルや経験
の5つの要素に関したインタビューを受けます。

Shopifyで働いている方の評判・口コミ

コンテンツマネージャー、在籍7~10年、男性
オフィスの食べ物はあまりおいしくはないです。仕事のペースが早いためハラハラする時もありますが、同時にワクワクしながら業務を進めることができます。また、Shopifyのサービスやチームのメンバー、仕事と生活のバランスはとても良いと感じました。
アカウントマネージャー、在籍5~7年、女性
感染症の影響でリモートワークが主流になっているため、孤独を感じてしまいますがワークライフバランスは非常に取りやすいと思います。また、ラップトップやモニターなど業務に必要な機器など送ってくれたりと、さまざまな内容に対応してくれるので大変助かっています。
カスタマーサクセスリーダー、在籍3~5年、男性
社内では非常に優秀な社員が多く、自分達の取り組みに対する関心ややりがいを感じているため、その中で働けるのはスキルアップにもなるし楽しいです。また、経営における幹部レベルのチームとも非常に親しみやすく、良い会社だなと思います。

口コミの要約Shopifyの口コミを見てみると、仕事のペースが早いなど忙しい一面もありますが、優秀な社員が多くそのほとんどが自分の仕事に対して、関心ややりがいを強く持っています。また、上司や幹部レベルの社員とも気軽にコミュニケーションをとることが可能で、リモートワークの際には必要な機器を送付してくれるなどの手厚い対応が魅力だという声も見られました。

Shopifyの年収・給与

年収 $87,000 (本社勤務)
ボーナスの有無 記載なし
昇給制度 記載なし
残業手当 情報なし無し
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 社会保険完備、備品貸与、社員食堂など

Shopifyでの転職者の出世難易度

Shopifyの転職難易度は高いです。
優秀な社員が多く在籍しているのに加えて、多忙な業務スケジュールから実績を残しているケースも少なくないので、そういった環境から出世するのは容易ではありません。
出世する社員の傾向としては、経営者・幹部クラスへのアピール力があったり、社内やチームメンバーとのコミュニケーション力が柔軟な社員が多いといえます。
Shopifyで出世を目指したい場合、優秀な実績を残し続け、ポジションに空席ができるなどタイミングも重要といえます。

Shopifyはどんな人が働いている?

Shopifyの従業員数

(本社)5,000名
(日本法人)10名

Shopifyの平均年齢

記載なし

Shopifyの平均勤続年数

記載なし

Shopifyの社風

Shopifyは、風通しが良くリモートワークが推奨されるなど自由な労働環境を重視しており、個人の裁量が大きい傾向があります。
ですが、自分の仕事に対する関心や、やりがいを強く感じている社員が多く、難しいプロジェクトやトラブルが発生した場合には、お互いに助け合うといった考えが浸透しています。
そのため、社員同士の人間関係を築く取り組みにも力を入れており、年に一度全社員が集まるオフサイト会議などの取り組みにも力を入れています。

Shopifyのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 コアタイムなしフレックス制度
休日 記載なし
その他の休日・休暇 メンタルヘルス休暇、病欠休暇など
平均残業時間 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

Shopifyの社長

トビアス・リュトケ

1981年、ドイツ生まれ、Shopifyの創業者兼CEO。
6歳の時両親からPCをプレゼントされてから11歳~12歳までに自分がプレイしたゲームのコードを書き直すなど、趣味としてコンピューターのハードウェアを変更し始める。
その後学校を中退し「Koblenzer Carl-Benz学校」の見習いプログラムに参加したのち、10年後プログラマーとして成功。
2004年には、ダニエルワイナンドとスコットレイクとともにオンラインスノーボードショップを立ち上げ、新しくサイト用のeコマースプラットフォームを構築する。
その後すぐにスノーボードからeコマースに視点を変え2006年にshopifyを創業する。

Shopify現職、OB/OGの有名人

マーク・ワング

1978年生まれカナダの首都であるオタワ出身、Shopify Japan株式会社のカントリーマネージャー(代表者)。
2001年マギル大学卒業後、バンカーとしてJPモルガン・チェース、シティグループなど金融業界において、ファイナンスやグローバル戦略に携わる。
ニューヨークで約8年過ごした後、コロンビア大学大学院で、国際金融や国際経済を学び2010年に卒業。
東南アジアにおいて個人事業主や中小企業の開発サポートを続け、インドネシアにおいてスタートアップ企業の支援を行っているなかで、ショッピファイの支援に関わる。
グローバル戦略が認められ2013年Shopifyに入社し、2017年には日本法人Shopify Japanを設立する。

Shopifyの転職に関わるQ&A


Shopifyは、急激に成長している企業であるため、早い業務ペースで業務を担当することになり、実戦経験を培うことができます。
また、ShopifyJapanに関しても同じで、創立日が浅いこともあり従業員数も少なく、自発的な行動や高いモチベーションを持ち、仕事に臨むことでキャリアを積むことができます。

男性社員のみならず、女性社員も多く在籍しています。
また、リモートワークを導入しているのに加え、産休制度整備されているため、女性でも働きやすい環境といえます。
社内の雰囲気も一般的なビジネスパートナーではなく友人として接してくれるケースも多く、子育ての相談などの、情報共有の機会もあるでしょう。

Shopifyへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

Shopifyのキャリアページから求人を検索することで応募をすることができます。
求人情報をはじめ、企業メッセージや事業内容、社員の働き方に関する内容などを閲覧することが可能です。
ただし、求人の情報量に関しては十分とはいえず、知りたい情報が見つからないといった場合もあります。
より具体的な内容が知りたい場合や、公式HPに載っていないような求人にも応募したいという場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Shopify Japan株式会社の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

空いた時間に転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してShopifyへ転職したいとお考えの方には、掲載されている企業数が豊富かつハイクラス求人が多いという特徴を持つ「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・時間やスケジュールに縛られず転職活動が可能
・求人数が豊富なので希望に合った条件でマッチしやすい
・条件に合った求人にすぐ応募できる

転職エージェントと比べ、転職サイトは思い立ったらすぐに転職活動をすることができる特徴があります。
また、時間やスケジュールを気にせず、空いている時間に転職活動を行うことができます。
また、求人数が非常に多く、求人を詳細に検索できるため、自分に合った職種を探しやすい傾向があります。
時間をかけずに素早く転職したいという方は、転職サイトがおすすめです。

iX転職はハイクラス案件と求人数が豊富!

iX転職から届くスカウトメールを見ると、ECに関連したマネージャー職やエンジニア職が募集されています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

iX転職では、ハイクラス求人をメインに扱っているため、最低年収が800万円といった求人も多く、相談も可能となっています。
また、転職サイトの中でもiX転職は非公開求人がトップクラスなので、ヘッドハンターに相談することで、あなたに合った求人を紹介してもらえることもあります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

Shopifyに応募する前に一度相談!「転職エージェント」

Shopifyへ転職エージェントを活用する予定の方には、外資系に特化している専門転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・キャリア相談や面接対策をはじめとした多角的な支援

・転職市場において自分のキャリアを第三者目線で評価してくれる
・多くの非公開求人を抱えている

転職エージェントでは、キャリア相談や面接対策をはじめとした転職における転職支援を受けることができるので、内定までしっかりと導いてくれます。
また、キャリアアドバイザーに客観的に見てもらうことで、自分の足りない部分や強みなどを客観的に教えてもらえるためキャリア形成に役立ちます。
転職エージェントは、その場だけの転職支援ではなく、支援するだけではなく、転職者のキャリア形成全体を見てくれるため、確実な転職をしたい方には活用がおすすめです。

外資系企業への転職を目指すならロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、外資系企業に強みを持つ転職エージェントなので、掲載されている求人は、基本的に英語表記になっています。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。
ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、1985年ロンドンに設立された転職エージェントです。
ハイクラス非公開求人を多く抱えているため、Shopifyへ転職したいと伝えれば、キャリアと希望にあったポジションを紹介してもらえる可能性があります。
また、国際的に展開する企業に対して強みを持っているため、Shopifyへの転職に必要な経験を積める企業を紹介してもらうといった使い方もおすすめです。
ただし、ロバート・ウォルターズ・ジャパンを利用するにあたって、日常会話レベルの英語力が前提となります。
スキルや実績が足りていないと希望する案件は紹介してもらえないので、ある程度スキルアップしておく必要があります。

関連記事

オープンロジの転職難易度は?口コミや社風などを解説

オープンロジ転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルート、DeNA、ヤフー、デジタルガレージなどのWEB系事業会社 株式会社オープンロジに転職 次の転職先...

SaaS業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

近年何かと話題に上ることの多いSaaS企業の躍進ですが、SaaSに興味を持っていても実際にどのような意味を持つのかはっきりと分からないという人も少なくありません。 SaaS業界への転職を検討するにあたって、まずはSaaSの言葉の意味を...

ドワンゴへの転職は難しい?難易度や面接対策方法などを紹介

ドワンゴ転職者の主なキャリアステップ 前職 ゲーム、食品、アパレル、化粧品などのメーカー 学習塾 広告会社 通信事業会社 WEB系事業会社 株式会社ドワンゴに転職 ...

サーキュレーション株式会社の転職難易度は高い?年収や口コミなどを解説

サーキュレーション転職者の主なキャリアステップ 前職 SMBC日興証券などの金融 LIFULLなどの不動産 ビズリーチ、エン・ジャパンなどの人材サービス会社 株式会社サーキュレー...

メルペイへ転職を考えている方必見。社員数や年収を調査

メルペイ転職者の主なキャリアステップ 前職 GMO、PayPal等の電子決済業者 金融機関 事業会社のマーケ部門 株式会社メルペイに転職 次の転職先 ...

マーベラスの転職事情。口コミや難易度などを解説

マーベラス転職者の主なキャリアステップ 前職 グリー、コロプラ、セガなどのゲーム業界関連企業 株式会社マーベラスに転職 次の転職先 コロプラ、ガンホー、セ...

Aimingへの転職は難しい?年収や選考フローなどを解説

Aiming転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通などのシステム会社 GMOなどのインターネット関連企業 ゲーム関連企業 株式会社Aimingに転職 ...

トヨクモの転職事情。転職難易度や面接内容などを解説

トヨクモは、スマートフォンやタブレット用のビジネス向けクラウドサービスを開発し、提供しているSaaS企業です。 主に、「安否確認サービス2」や「Scheduler」などの提供を行っており、企業文化となるようなサービスの創出にチ...

ビートレンドの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

ビートレンドは、飲食店や小売店を展開する企業に対して、顧客管理ツールであるスマートCRMプラットフォーム「betrend」を提供している企業です。 顧客情報の一元管理や履歴ベースマーケティングなどを実現しており、顧客のニーズに...

クックパッドへの転職について。年収や働き方などを解説

クックパッド転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWeb系事業会社 サイバーエージェントなどのネット専業代理店 インテージなどのデジタルマーケティング調査会社 ...

TOP