WEB・アプリサービス

株式会社ペイロールへの転職は難しい?事業内容や年収、面接の傾向などを解説

ペイロール転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    ソフトウェア開発会社

  • 株式会社ペイロールに転職

  • 次の転職先

    BPOサービスベンダー
    電気通信事業者

ペイロールの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

職歴

ペイロール在籍者の主な職歴は、ソフトウェア開発会社などが挙げられます。

退職後の主な転職先

ペイロールからの転職先として、BPOサービスベンダーや電気通信事業者などへ転職しています。

ペイロールは、給与計算業務のアウトソーシングサービスである「ペイロール」を展開している企業です。
大手企業を始めとしたさまざまな企業に導入が進んでおり、2021年3月末時点で258社100万人の受託実績は業界No1を誇っています。
売上高も2018年から3年連続で拡大しており、現在も成長を続けている将来性のある企業です。
そんなペイロールでは、カスタマーサポートや人事など、幅広い職種で中途採用を募集しています。
BtoB業界からの転職を検討している方はもちろん、それ以外の業界からの転職を検討している方にとっても現在事業規模拡大中の見逃せない企業といえるでしょう。
この記事では、ペイロールへの転職を検討している方に向けて、ペイロールの事業内容や年収、中途採用面接の内容などを解説します。

ペイロールへの転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・ペイロールの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することが可能です。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開できるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • ペイロールの企業概要
  • ペイロールの転職ポイント
  • ペイロールの社風や企業文化

ペイロールに転職するポイント

ペイロールの特徴

POINT

  • ・給与計算サービスである「ペイロール」を展開するIT企業
  • ・2021年3月末時点での導入実績は258社を超え、大手企業への導入も拡大中
  • ・社内にはフレックス制度があり、柔軟な働き方が可能な環境がある

ペイロールへ転職するポイント

POINT

  • ・カスタマーサポートや人事など、多彩な職種で募集あり
  • ・新規事業所の開設に伴う採用も行われており、中途採用の求人も多い
  • ・オーソドックスな質問が多く、志望動機などを細かく聞かれる傾向がある

ペイロールの企業概要

会社名 株式会社ペイロール
本社所在地 東京都江東区有明3-5-7 TOC有明イーストタワー11階・12階
社長 湯浅 哲哉
設立 1989年4月1日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 Pacific戦略投資1号投資事業有限責任組合(21.29%)
Pacificグロース投資事業有限責任組合(7.63%)
Pacificグロース3号投資事業有限責任組合(7.14%)

ペイロールの売上

ペイロールの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 2,772百万円 6,589百万円 7,273百万円
経常利益 -17百万円 433百万円 420百万円

ペイロールの最新ニュース

ペイロールの事業内容

ペイロールの主力事業は、給与計算のアウトソーシングサービス「ペイロール」の運用です。
企業の基盤をソフトウェアの面から担う「ソフトインフラ」を理念に掲げており、顧客となる企業の人事や給与管理の管理サービスを開発しています。
定期給与の計算のみならず、賞与計算や年末調整補助などの機能も含まれていることが特徴です。
ペイロールの強みとして、政府の掲げる「働き方改革」の実現のために給与計算のアウトソーシングを活用する流れがあることが挙げられます。
実際社員のワークライフバランスの改善のためにペイロールを導入する企業も増えており、今後も事業拡大していくことが見込まれています。
さらには、近年の税務業務を管理するために必要なマイナンバーへ対応した機能を追加するなど、サービスの機能は拡充しています。
2021年の上場以降、サービスのシェアを拡大していくことができるかが注目されている企業といえるでしょう。

ペイロールの募集要項

カスタマーサポート

ペイロールのコールセンターにて、各種カスタマーサポート業務を行うとともに、チームのマネジメントを行うポジションです。
具体的には、チームリーダーとしてのセンター運営、パートタイマーの研修や業務運営計画の策定、申請書類の発送や受領などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・顧客折衝の経験
  • ・ExcelやWordの基本操作が可能

プロセス・給与計算

ペイロールのクライアントの給与計算におけるデータチェックや給与の確定業務、顧客へのコンサルティング業務などを行うポジションです。
クライアントの課題を的確に絞り出して、それぞれに最適なソリューションを提供することが求められる営業に近い職種です。

必須な経験・スキル

  • ・交渉力やコミュニケーション力の保有
  • ・パソコンの基本操作が可能

ペイロールの転職難易度

ペイロールの転職難易度は中程度です。
ペイロールは現在、新規の事業所などを積極的に開設しています。
事業規模の拡大を背景とした中途求人も多く出されており、職種も多彩です。
特別な実務経験が求められている求人も少なく、応募へのハードルは低くなっています。BtoB業界以外からの転職も狙いやすいのがペイロールの特徴です。
求人は多くある一方で、面接は丁寧に行われています。
オーソドックスな質問内容ながら、入社後にできることや業界に対する想いなどを慎重に見極められる傾向にあります。
ペイロールへの転職を成功させるには、油断せずに面接対策を進めておくことが重要です。

ペイロールが転職者に求める人物像

公式サイトによると、ペイロールは求める人物像として「現状に挑戦できる人」を掲げています。
ペイロールは、前身の会社も含めると20年以上の歴史があります。
人事関連サービスのアウトソーシングは創業当初画期的なもので、いわばチャレンジ精神から成長した会社といっても過言ではありません。
現在もかつての挑戦を大切にする雰囲気が社内には受け継がれています。
競争の激しいIT業界で生き残っていくためには、絶えず現状に挑戦し、サービスをより便利にしていくことが欠かせません。
採用の際にも、世の中に対して疑問を発信して、変化をもたらすことのできる人材かどうかが重視されています。

ペイロールの転職までの流れ

ペイロールの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:課長
想定内容:志望動機や前職までの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、人物面を判断するような質問をされます。

内定

ペイロールの面接形式

面接は1対1で行われます。
面接回数は基本的に2回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30~45分程度と一般的な長さです。

ペイロールの面接内容

ペイロールの面接は、志望動機や前職までの経験など、一般的な質問から進みます。
これといって特別答えにくいような質問があるわけではなく、熱意を見極めようとしている傾向があります。
また、「入社後にどの役職までいきたいか」など、未来志向の質問も多いです。
さらには、「なぜほかのアウトソーサーではなく、ペイロールを選んだのか」や「給与計算にどうしてこだわるのか」といった志望動機を掘り下げるような質問が目立ちます。
BtoBであり、日常生活で社名を目にすることがない業界だけに、このような質問で応募者の熱意を見極めています。
基本的な内容については事前によく固めておくことが肝心といえるでしょう。

ペイロールの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには比較的多くの求人募集がある
・求人情報はDODAやエン転職などでも確認可能
・志望動機を細かく深堀される傾向あり

コンサルタント、30代前半、女性
コツコツと給与計算を行うことや、クライアントとコミュニケーションを取ることが両方求められるが、できるかどうかを聞かれました。自身のエピソードも交えながら、説得力のあるような回答を心がけました。
営業、30代前半、男性
知名度の低い企業だと思うがどうしてペイロールを選んだのか、という質問が印象的でした。志望動機はかなり細かく聞かれたため、よく用意しておくのがおすすめです。
管理、40代前半、男性
仕事を趣味にできると思うかどうかを聞かれました。また、ベンチャー企業と大手企業それぞれのメリットとデメリットを挙げてくださいといわれました。特定の企業や業界というよりも、社会一般に対する常識感覚を問われているような気がしました。
人事、30代後半、男性
自己PRや志望動機など、オーソドックスな内容がほとんどでした。また、人事経験はあるかどうかを聞かれました。
カスタマーサポート、20代後半、女性
未経験でも頑張れると思うか、と率直に聞かれました。面接官はこちらの話をしっかりと聞いてくれて、とても話しやすい雰囲気でした。

ペイロールで働いている方の評判・口コミ

事務、在籍5~7年、男性
20代の社員が多く、社内には非常に活気のある風土がありますが、人の入れ替わりが激しく、あまり落ち着かない雰囲気です。求められるレベルは高いですが、合う方には合う楽しい会社だと思います。
カスタマーサポート、在籍5~7年、女性
手を挙げれば何でもやらせてもらえるような風土があります。大企業が顧客のことが多いため、社会を影で支えているというやりがいを感じる事が可能です。社長の強いリーダーシップで成り立っている会社なので、次世代の育成が課題となっています。部署にはよりますが、全体的に社内には女性が多く、男女問わず働きやすい環境です。
エンジニア、在籍3~5年、男性
ベンチャー企業のような雰囲気が残っています。フレックスタイム制度が導入されており、自由に勤務時間を調整できるのは良いポイントです。ワークライフバランスは基本的に良いほうだと思いますが、繁忙期はそれなりに残業も長くなる傾向があります。最近は男性の育休取得実績もあるようで、今後このような流れが広がっていけば良いと思います。
口コミの要約

ベンチャー企業のような風土があり、社内には若い世代を中心とする活気ある雰囲気が溢れているということが伝わってきます。また、フレックスタイム制があり、勤務時間が比較的自由に調整できるということも伺えます。

ペイロールの年収・給与

年収 450万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年4回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 従業員持株制度、財形貯蓄制度、確定拠出年金、福利厚生クラブ加入など

ペイロールでの転職者の出世難易度

ペイロールでの転職者の難易度は中程度です。
ペイロールでは、以前は年功序列が基本となっている制度だったようですが、近年成果に対する評価に変更され、今は年に4回と頻繁な評価が行われます。
その結果、評価を出さなければいつまでも出世できない状況になっています。
しかし、その反面、仕事で出した成果が素直に昇進につながるということがいえるでしょう。
社内には中途採用者も多く、採用形態によって出世に有利不利が出ることはありません。
定期的に行われる評価で高評価を獲得するためにコツコツと実績を築くとともに、上司へのアピールに力を入れることが出世への鍵といえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 課長代理 700万円
30代後半 課長 700万円
40代前半 チーフ 900万円
40代後半 上級課長 900万円
50代前半 部長 900万円

ペイロールはどんな人が働いている?

ペイロールの従業員数

566名

ペイロールの平均年齢

33.9歳

ペイロールの平均勤続年数

2.6年

ペイロールの社風

ペイロールの社風としては、若く活気に溢れているという特徴が挙げられます。
社員の平均年齢は33.9歳ですが、社内には20代の社員も多く、コミュニケーション能力が求められる業界ということもあり、会話の弾みやすい社員が多く在籍しています。
また、社長を中心としたトップダウン体制があることも特徴的です。
代表ありきの社内体制は10年前から指摘されていましたが、良くも悪くもそれが今まで引き継がれています。
手を挙げた社員にはチャレンジする機会が与えられる一方で、トップダウンの雰囲気は強いということも頭に入れておくと良いでしょう。

ペイロールのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 9:00〜18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、リフレッシュ休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月33.3時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ペイロールの社長

湯浅 哲哉

1958年生まれ。
東芝情報機器株式会社(現・Dynabook株式会社)に入社。
1989年に有限会社コンフィデンスサービスを設立、社長に就任。
2017年より、株式会社ペイロールの代表取締役社長に就任、現在に至る。
そのほかにも、HRテクノロジーソリューションズの取締役も務めている人物。

ペイロール現職、OB/OGの有名人

前田 有美

1988年に日本情報産業株式会社に入社。
2000年に有限会社コンフィデンスサービスに入社し、2011年にオペレーションセンター部長に就任。
2013年、プロダクトマネジメント部部長へ就任、その2年後には東京BPO部部長に就任。
2017年に株式会社ペイロールの取締役へ就任し、2021年より長崎セットアップ部ジェネラルマネージャーを務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

ペイロールの転職に関わるQ&A


ペイロールでは、新卒採用の半分程度が女性であり、社内には数多くの女性が活躍しています。
実際、2020年は男性12名、女性16名の採用を行いました。
それ以前の年も男女がほぼ同数の採用が行われており、女性の活躍を意識していることが伺えます。
女性のキャリアパス開拓とともに、産休や育休などの制度の整備にも力を入れている企業です。

有価証券報告書によると、ペイロールの平均年間給与は450万円となっています。
これは同業他社と比較すると同程度かやや低い水準です。
もともとそれほど年収に対する社員の評価は高くなく、上場後に改善することが期待されています。
また、基本給が高く賞与はあまり高くないという情報もありました。
会社の業績に左右されず、安定した給与を得ることができるというメリットはありますが、残業代がつかないと基本給もそれほど高くないといえます。

ペイロールへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ペイロールの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
募集要項以外にも、社長メッセージや会社について、ビジネスについてなど、さまざまな情報が掲載されているので、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人内容はそれほど詳しくは掲載されておらず、イマイチ分からないということも少なくありません。
より具体的な内容が知りたい方やできるだけ時間をかけずに転職したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集要項も見比べたいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してペイロールに転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に見比べることができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空き時間を活用できる手軽さ
  • ・求人件数の豊富さ
  • ・求人確認から応募までのスピード感

転職サイトは、空き時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすいでしょう。
また、求人件数が豊富なため、自分の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。
できるだけ早く転職したい方や希望ポジションを見つけたい方は、転職サイトの活用がおすすすめです。

競合他社を比較するなら「iX転職」

iX転職には、競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのサービス業界は、800万円~1,200万円が平均年収となっており、ほかの転職サイトと比べると、比較的高くなっています。
また、iX転職は非公開求人を多く保有している転職サイトとしても有名であり、ヘッドハンターに相談することで、自分のスキルや経験に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「サービス業を展開している企業はどれほどあるのか」や「競合他社では募集要項はどのように変わるのか」などが知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

関連記事

Dropboxの転職難易度は?年収や口コミなどを解説

Dropbox転職者の主なキャリアステップ ...

グッドパッチの転職事情。年収や面接内容などを解説

グッドパッチ転職者の主なキャリアステップ ...

ASIRO(アシロ)への転職。求める人物像や社風・年収などを徹底解説

「ASIROに関わる人を誰よりも深く幸せにすることで、よりよい社会の実現に貢献する」を企業理念とし、日常生活の基盤やインフラとなりえるリーガルメディア・リーガルHRに関連したサービスを開発・提供する株式会社アシロ。そんなアシロではエンジ...

チェックポイントの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

チェックポイントは、インターネットのファイアウォールやVPI製品で知られているセキュリティ製品の開発と提供をしている企業です。 主に、Microsoft WindowsやLinuxなどで動作するファイアウォールなどのネットワーク・セキ...

ランサーズへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

ランサーズ転職者の主なキャリアステップ ...

Speeeへの転職まとめ。面接内容や転職難易度などを解説

Speee転職者の主なキャリアステップ ...

弁護士ドットコムの転職難易度は?口コミや年収などを解説

▼下記は、弁護士ドットコムに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから弁護士ドットコムに転職してくるのか ・転職先:弁護士ドットコムからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

スマレジへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

スマレジ転職者の主なキャリアステップ ...

アマゾン(Amazon)への転職!評判や転職のポイントを解説

アマゾンジャパン転職者の主なキャリアステップ ...

AbemaTVの転職情報。転職難易度や口コミなどを解説

abema転職者の主なキャリアステップ ...

TOP