WEB・アプリサービス

サインドへの転職。事業内容や転職のメリット・面接の口コミを解説

「インターネットを通じて、心のつながりを提供する」というミッションのもと、理髪店や美容院のクラウド型予約管理システム「Beauty Merit」を運営しているサインド。単なる予約管理にとどまらず、顧客と店舗とのつながりをサポートするアフターサービスなどの様々な機能を搭載しているのが同サービスの強みで、IT化の進展に伴い近年急速に注目が集まっている企業です。

サインドでは、法人営業といった営業職や、システム開発などのエンジニアで中途採用を募集しています。業界未経験からでも応募が可能な求人が多いのがサインドの特徴です。この記事ではサインドへの転職を検討している人に向けて、同社に転職するメリットなどを徹底的に解説します。

サインドを目指す人におすすめの転職エージェント

・サインドの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • サインドの企業概要
  • サインドの転職ポイント
  • サインドの社風や企業文化

サインドに転職するポイント

サインドの特徴

POINT

  • ・クラウド型美容院予約サービス「Beauty Merit」を運営する企業
  • ・顧客管理システムが充実しており、LINEアプリも活用した商品展開が強み
  • ・社風はオープンで、様々な職種の経験も出来るとの声あり

サインドへ転職するポイント

POINT

  • ・法人営業など、ビジネス職での採用が中心
  • ・システム開発など、エンジニアを始めとした専門職でも採用あり
  • ・面接の雰囲気は和やかで、入社後のビジョンなどが重視される

サインドの企業概要

会社名 株式会社サインド
本社所在地 東京都品川区西五反田1丁目25番1号
社長 奥脇 隆司
設立 2011年
株式 上場(東証グロース)
株主構成 奥脇隆司(48.00%)
高橋直也(40.00%)
亀井信吾(9.00%)

サインドの売上

サインドの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 406,232千円 534,967千円 799,307千円
経常利益 84,154千円 66,537千円 188,260千円

サインドの最新ニュース

サインドの事業内容

サインドの主力事業は、理髪店や美容院の予約管理サービスである「Beauty Merit」の運営です。店舗と顧客のつながりをサポートすることを目的とした様々なソリューションを提供しており、店舗の集客や決済、施術や会計などを一貫して同サービスで扱うことが出来るのが強みとなっています。また、理髪店側のアフターサービスもBeauty Meritで行うことが出来るため、顧客の継続率上昇にも貢献することが可能です。

同サービスは、スマートフォンアプリを中心に展開されています。特にネット集客には力を入れており、アプリ内で収集した様々な顧客属性に基づいた最適な店舗の提案を行うことが出来るのが魅力です。マーケティング機能も充実しているため、業界特有の課題に対応した機能提供を行うことが出来ます。LINEのミニアプリへの展開も進めているなど、今後もますます成長が期待される事業です。

サインドの募集要項

法人営業

美容室や美容サロンを運営する顧客に対し、自社のサービスである「Beauty Merit」の提案を行うのが法人営業の役割です。美容院の運営者や企業の課題をヒアリングすることによって顧客それぞれに最適な提案を行うことが求められる、重要な職種です。

必須な経験・スキル

  • ・何らかの営業経験があること

システムエンジニア

自社サービスである「Beauty Merit」の新機能開発など、開発に関わる様々な案件を担当します。システムの運用や保守、トラブル対応、サーバー・ネットワークの設計保守など、経験に合わせて様々な業務を担当することが可能です。

必須な経験・スキル

  • ・オープン・Web系の開発経験があること

サインドの転職難易度

サインドの転職難易度は低めです。サインドでは、営業などを始めとしたビジネス職を中心に中途採用を行っています。また、エンジニアなど専門職ポジションでも募集があります。いずれの職種も何らかの実務経験が求められることがほとんどですが、そのハードルは決して高くありません。業界未経験からでも十分転職を狙うことができるのがサインドの魅力です。

ただ、専門職の場合は担当する職務内容が多岐にわたるため、転職後に活躍するためにはある程度の実務経験が欠かせません。専門職以外でも、面接の場ではしっかりと熱意が見極められるため、手抜かりのない面接対策を行うことが重要です。

サインドが転職者に求める人物像

サインドが転職者に求める人物像としては、「柔軟性が高く、フレキシブルに行動できること」が挙げられます。サインドはまだまだ社員数の多くない企業で、新規事業の展開に伴ってこれまでとは異なる職務内容を担当しなければいけなくなる場面も十分に考えられます。そのような状況においてもきめ細やかな対応を取ることの出来る、柔軟性の高い人材が重宝されます。

加えて、「美容業界に対する熱意や興味があること」も重要です。求人にも、「サービスを通して美容業界を盛り上げたい方を歓迎する」旨が記載されており、それだけ美容業界に対する熱意を重視していることが伺えます。そのような企業風土にコミットすることの出来る、熱意を持った人材が求められています。

サインドの転職までの流れ

サインドの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・チーム社員
想定内容:1次面接と2次面接の想定面接官は、それぞれ人事部の社員とチーム社員です。WEB上で行われる面接で、内容は志望動機や前職での経験といったオーソドックスなものがメインです。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:最終面接の想定面接官は役員です。2次面接までとは異なり、原則対面で行われます。サインドで働くことに対する熱意など、2次面接までよりも掘り下げた内容が多いです。

内定

サインドの面接形式

サインドの面接回数は3回です。1次面接と2次面接はWEB上で行われますが、最終面接である役員面接は原則対面で行われます。一人の応募者に対して面接官一人が対応する一対一形式の面接です。面接1回あたりの所要時間は45分程度となっており、標準的と言えるでしょう。

サインドの面接内容

サインドの面接内容としては、「美容業界に対する想いを端的に」「どうしてこの業界でないといけないのか」といった、業界に対する熱意を問うような質問が目立ちます。難しい切り口で聞かれることは少なく、比較的ストレートに熱意を聞かれる傾向があるため、事前に自分なりの回答を準備しておくとよいでしょう。その際に、自身がこれまでに体験した美容院などでのエピソードを用意しておくと効果的です。

この他にはオーソドックスな質問が多く、職種に応じて過去の経験を問うような質問が重視されるようです。例えば営業職の場合は「営業をする上で大切にしていることはあるか」「今までで最も大変だった営業はなにか」と聞かれます。面接前に過去の経験を今一度整理して、その経験がサインドへどう活かせるのか考えておきましょう。

サインドの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで募集をしている
・求人情報は過去にエン転職などでも確認できる
・美容業界に関する質問も多い

営業、20代後半、男性
「どうしてサインドへ応募したのか」「前職を退職しようと考えた経緯は何か」といった基本的な内容がメインでした。これといった答えにくい内容はなく、和やかな雰囲気の面接でした。
法人営業、30代前半、女性
2次面接であるチーム面接で、「営業を行う上で大切にしていることはあるか」と聞かれたことが印象的でした。チームにコミットできる人材かどうかを判断していた印象です。
エンジニア、20代、男性
「これまでに携わったプロジェクトの概要と、担当した部分を教えて下さい」と言われました。過去の実績とサインドに対する熱意をバランスよく聞かれる、一般的な面接でした。

事務、20代、女性
「美容業界に興味はあるか」と聞かれたため、興味があると答えた所、「どうして他の業界ではなく美容業界なのか」「美容業界にも色々あると思うが、その中でも理髪店に関連する業界を選んだのはなぜか」などと深堀りされました。

管理、40代、男性
「美容業界を盛り上げたいという熱意はあるか」と聞かれたことを覚えています。それ以外には、これまでのマネジメント経験などオーソドックスなものが多めでした。

サインドで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍2年、男性
全体的に風通しの良い社風があり、至るところでオープンな企業だなと感じます。社内には若い人が多く、20代の社員が30名以上在籍しており最も多いです。ワークライフバランスについては、エンジニアは並程度ですが、その他の職種の場合は人によって様々だと思います。
総合職、在籍5年、女性
良くも悪くもベンチャー企業といった雰囲気の企業で、社員同士の仲は非常に良いです。研修制度などはまだまだ未整備な部分も多く、仕事をしながら覚えていくといった感じになると思います。女性の働きやすさについては非常に力を入れており、業界の性質上女性社員も数多く活躍中です。
法人営業、在籍3年、女性
営業が多く在籍している企業で、社員の半数以上が営業です。ただ、発展途上の企業ということもあり様々な職種を経験することが出来ます。組織変更もやや頻繁にあるため、良く言えば風通しの良い社風です。2021年には株式を上場しましたし、今後会社の業績が拡大するにつれて待遇も改善するのではないかと期待している社員が多いです。
口コミの要約

オープンな社風があり、社員同士の距離が近い働きやすい企業だという口コミが目立ちました。様々な職種を経験出来るため、キャリアアップにも繋がるという風土があるようです。研修制度や給与面に関してはまだまだ改善の余地があるという意見も目立っていました。

サインドの年収・給与

年収 487万円
ボーナスの有無 年1回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 社会保険完備、役職手当、美容手当、子ども手当、私服勤務可能、フリードリンクなど

サインドでの転職者の出世難易度

転職者のサインドでの出世難易度は中程度です。サインドでは、実力主義を基本とした評価が行われています。新規事業が多く、様々な職種へチャレンジすることが出来る環境のため、柔軟に物事をこなすことの出来るオールラウンドな人材が出世しやすいというのが特徴です。熱意さえあれば、効率的なキャリア開発を行うことが出来ます。現在は転職者が社員の多くを占めているため、転職者だからといって出世が不利になるということもありません。サインドで出世を狙うのであれば、様々な仕事に積極的に挑戦する、フレキシブルな姿勢が重要です。

サインドはどんな人が働いている?

サインドの従業員数

63人

サインドの平均年齢

31.9歳

サインドの平均勤続年数

2.5年

サインドの社風

サインドの社風の特徴は、ベンチャー企業らしいオープンな社風です。リモートワークなどの先進的な取り組みも積極的に行っています。また、業界の性質上女性社員も多く活躍しており、男女関係なく平等に働くことの出来る職場です。体制変更などもやや多めに行われるため、やる気次第では様々な仕事内容にチャレンジできる企業だという特徴もあります。

またIT系出身者が多く、技術力を持ったビジネス職が多いのもサインドの特徴です。公式サイトに記載されている内容によると、半数以上が前職でIT系の企業で働いていました。クラウド型のサービスを主力としている企業ならではの、ITに精通した技術力を重視する社風があるようです。

サインドのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00〜19:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 12.0時間(月)
フレックス制度 なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

サインドの社長

奥脇隆司

1988年生まれ。2011年、比較.com株式会社へ入社。2011年、サインドを設立し代表取締役社長へ就任。10年以上に渡り、同社の経営を牽引。

サインド現職、OB/OGの有名人

高橋直也

サインドの代表取締役副社長兼管理部長。1985年生まれ。2008年、比較.com株式会社へ入社。2011年、サインドを設立し取締役へ就任。2019年、代表取締役副社長へ就任。2019年より現職。

サインドの転職に関わるQ&A


サインドでは、美容業界ということもあり多くの女性が活躍しています。産休や育休、時短勤務といった子育てと仕事を両立させるための制度も多く用意されており、実際1年以上休職してから職場へ復帰する社員も多いようです。女性のキャリアパスも整備されており、男女問わず活躍出来る環境だと言えるでしょう。


サインドの月平均残業時間は12.0時間。上場企業としてもかなり短めの水準で、ワークライフバランスの良さはサインドの特徴の一つと言えるでしょう。一方、職種によって残業時間は大きく左右される点には注意が必要です。特にビジネス系の職種の場合は、出世するにつれて徐々に業務量が多くなる傾向があります。

サインドへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

サインドの採用ページから応募が可能です。
サインドの詳しい福利厚生や、社員の声などを確認することが可能です。
ただ、採用のポイントや求めている経歴・スキルは詳細には記載されていないため、採用の確率を高めたい場合や非公開求人も見たい場合には転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、サインドの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

同業他社の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してサインドに転職するなら、他社の募集要項を比較することができる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・手軽さ
  • ・案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、案件が豊富であり、案件確認から応募までが非常にスピーディーです。
今すぐ転職をしたい方や、まずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

美容業界・Webアプリ関連の募集を比較するなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)では、幅広い企業の募集要項を確認することができます。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの平均年収は800万円~1,300万円程度となっており、別サイトよりも比較的高く設定されています。
また、doda X(旧:iX転職)は、表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントと言えるでしょう!
現在募集中の企業がどれほどあるのか、それぞれ募集要項はどのように違うのかなどを自らの手で調べたい方は、まずはdoda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

インバウンドテックへの転職事情。企業の基本情報や社員の口コミ、評判などを解説

インバウンドテックは、クライアント企業のエンドユーザーに対するカスタマーサポート業務の受託などを行っている企業です。 24時間365日で多言語対応のカスタマーサポートを提供していることが特色として挙げられます。 また、クライ...

LayerXへ転職するには?採用の基準や求人情報を徹底調査

LayerXはブロックチェーン技術を活用した、デジタルトランスフォーメーション(DX)事業を展開する企業です。 経理や金融取引、アセットマネジメントなどの分野で事業を展開し、2020年5月には30億円の資金調達に成功するなど、今非常に...

ENECHANGEへの転職は難しい?事業内容や面接内容などを解説

ENECHANGE転職者の主なキャリアステップ ...

ココナラへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

ココナラ転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートなどのWEBサービス事業者 マッキンゼーなどの戦略コンサル 株式会社ココナラに転職 次の転職先 ド...

アララ株式会社への転職は難しい?転職難易度や年収などを解説

「世界をもっとハッピーに」というフレーズのもと、キャッシュレスサービスやメッセージングサービスなどを展開しているアララ。 店舗や自治体をターゲットとした決済手段の提供を軸に多角的な事業を展開している企業です。 なかでも電子マ...

colyへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

colyは、女性向けエンターテイメント市場をリードし、スマートフォン向けゲームアプリを提供しているコンテンツメーカーです。 品質に重点を置き、ターゲット層を絞って特化しているため、大規模な広告投資なしでも安定的なリリースと運営...

株式会社アカツキへの転職。面接内容や口コミを調査

株式会社アカツキ転職者の主なキャリアステップ 前職 IT系 セガなどのゲームメーカー コロプラなどのWeb事業会社 株式会社アカツキに転職 次の転職先 ...

ジモティーへの転職は難しい?年収や面接の傾向などを解説

ジモティーは、地元での情報交換プラットフォーム「ジモティー」を運営している企業です。 個人での広告掲載が無料で行える点を特色としたサービス展開を行っており、今や月間利用者数は1000万人を超える一大プラットフォームへと成長していま...

セーフィーの転職難易度は高い?面接の傾向や社員の声などを解説

セーフィー転職者の主なキャリアステップ 前職 メルカリなどのWEB事業者 セーフティ株式会社に転職 次の転職先 転職事例はほとんどなし セー...

Indeed Japanへの転職難易度は?面接内容や給与を紹介

Indeed Japan転職者の主なキャリアステップ 前職 セールス職は幅広い業種出身者が多い 企画、管理職は大手、目がベンチャー出身者が多い Indeed Japan株式会社に転...

TOP