WEB・アプリサービス

クラウドワークスへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

▼下記は、クラウドワークスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからクラウドワークスに転職してくるのか
・転職先:クラウドワークスからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

クラウドワークスの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や短大卒業、大学や大学院卒業など、幅広い学歴を持つ社員が在籍しています。

職歴

クラウドワークス在籍者の職歴は、人材紹介会社広告制作会社、生命保険会社
、さらには観光業界など、幅広く挙げられます。

退職後の主な転職先

クラウドワークスからの転職先として、広告制作会社広告代理店WEB系事業会社、さらにはコンサルティング会社などへ転職しています。

クラウドワークスは、総合型クラウドソーシングサイトをはじめ、さまざまなさービスを運営している企業です。
オンライン上で、在宅ワーカーと仕事発注者のマッチングや業務の遂行、報酬の支払いを一環して行うサービスなどを提供しています。
その結果として、グループ累計の会員数が300万人を突破し、国内最大級のクラウドソーシング企業になりました。
2011年に設立、東京都渋谷区に本社を構えており、180名の社員が在籍しています。
クラウドワークスでは、エンジニア職の求人募集が多く、非常に高いスキルを持っていて即戦力となる人材を求めています。

初めての転職でクラウドワークスを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

クラウドワークスの年収や口コミも重要だけど、それよりも先にどんな求人が出てるのか知りたい!という方はまず、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチは、ミドルクラス~ハイクラスの求人を豊富に掲載しているため、希望ポジションがまだ定まっていない場合は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントの活用を考えている場合でも、情報収集源として事前にチェックしておくことで、転職活動を円滑に進められるようになるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • クラウドワークスの企業概要
  • クラウドワークスの転職ポイント
  • クラウドワークスの社風や企業文化

クラウドワークスに転職するポイント

クラウドワークスの特徴

POINT

  • ・国内最大級のクラウドソーシング企業
  • ・在宅ワーカーと仕事発注者のマッチング~報酬の支払いを一環して行うサービスを提供
  • ・ベンチャー企業なため、自己成長を実感できる環境がある

クラウドワークスへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠が比較的多い
  • ・エンジニア職での求人募集が多数
  • ・非常に高いスキルを持った即戦力となる人材を求めている

クラウドワークスの企業概要

会社名 株式会社クラウドワークス
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー6階
社長 吉田 浩一郎
設立 2011年11月11日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成(2018年3月期) 吉田浩一郎(27.31%)
株式会社サイバーエージェント(9.94%)
THE BANK OF NEW YORK MELLON(4.30%)

クラウドワークスの売上

クラウドワークス 売上推移

クラウドワークスの売上推移

事業年度 2016年 2017年 2018年
売上高 2,925,946千円 6,634,844千円 8,749,813千円
経常利益 -331,283千円 9,724千円 67,252千円

クラウドワークスの最新ニュース

クラウドワークスの事業内容

クラウドワークスは、「働き方革命~世界でもっともたくさんの人に報酬を届ける会社になる」というビジョンを掲げており、さまざまなサービスを運営している企業です。
その中でも、企業と個人がオンラインで繋がり、仕事の受発注ができる「クラウドワークス」は、非常に高い人気があり、60万社の企業が利用しています。
企業の業務プロセスや個人の働き方に革新を与え、その結果として国内No.1のクラウドソーシングサービスとなりました。
さらには、エンジニアやデザイナーを中心としたフリーランスとプロフェッショナル人材を求める企業とマッチングする「クラウドテック」を運営しており、355万人の登録者がいます。
そのほかにも、オンライン業務特化型マッチングサービス「ビズアシ」や、フリーランスに対し週3の案件を紹介する「3スタ」など、さまざまなサービスの運営と提供を行っており、どのサービスも多くの利用者がいます。
今後の展望として、アフターコロナによるリモート戦略の強化を推進、あらゆる人のさらなる働き方改革を目指すと公言しており、今後の活躍が期待できる企業といえるでしょう。

クラウドワークスの募集要項

エンジニア(全体)

サイト内のマッチング改善やSREなどの開発業務をチーム一員として担うポジションです。
具体的には、各種サービスのプロダクト開発や各事業部門とのMTG参加、ビジネスサイドを中心とした関係者と連携を取り、開発や改善業務にあたります。

必須な経験・スキル

  • ・Ruby on Railsもしくは類似のフレームワークを用いたWebアプリ開発
  • ・オブジェクト指向での設計スキルと経験
  • ・Webプロダクト開発業務経験

エンジニア(クラウドリンクス)

新規プロダクトの開発を担当するポジションです。
クラウドワークスの既存アセットを活かしつつ、ゼロからプロダクト開発を行うため、事業案の技術的な実現の可能性の調査や工数見積もり、方針提案など、エンジニアとして幅広い業務を行います。

必須な経験・スキル

  • ・Webアプリケーションフレームワークを用いたアプリケーション開発経験
  • ・オブジェクト指向での設計スキルや経験

カスタマーサクセス

稼働開始後のオンポーディング及び活用するための支援を行うポジションです。
具体的には、ヘルススコアの作成や課題に対してのプロセス作成、契約後の稼働開始クライアントとキックオフMTGなどを行います。
そのほかにも、コミュニケーションの活性化やより活用してもらうための提案なども行うため、非常に責任感ややりがいを感じるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・カスタマーサクセス経験
  • ・若いチームに抵抗がない
  • ・さまざまなことを自責で対応と改善できる

クラウドワークスの転職難易度

クラウドワークスの転職難易度は中程度です。
企業側は高いスキルを持ち、即戦力となる人材を求めており、応募者も比較的レベルが高い方が応募している傾向があります。
しかし、クラウドワークスでは、比較的多くの中途採用を行っているため、狭き門ということはありません。
即戦力となるスキルや知識を持っていることが大前提となりますが、そういった能力があれば採用してもらえる可能性が高くなるでしょう。
面接の際は、卓越したスキルや知識を持っていることをアピールすることが肝心です。

クラウドワークスが転職者に求める人物像

クラウドワークスでは、常にユーザー視点を持ち、ユーザーの笑顔のために熱意を持って働ける人材を求めています。
また、新しいサービスの展開に対してやりがいを感じ、どんな業務でも主体的に取り組んで問題解決できる人材も必要としています。
クラウドワークスでは、ユーザー第一に考えるという風土があるため、こういった能力が求められているのです。
面接では、上記をアピールできるエピソードをいくつか用意し、しっかりアピールできるかどうかがポイントとなります。

クラウドワークスの転職までの流れ

クラウドワークスの選考フロー

エントリー

一次~二次面接

想定選考官:人事・現場職員
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員・マネージャー
想定内容:これまでの質問に加え、主体性や協調性などがあるかなどを見られます。

内定

クラウドワークスの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回ですが、職種や応募者によって異なります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

クラウドワークスの面接内容

志望動機やこれまでの経験といった、オーソドックスな質問から面接が進みます。
そのほかにも、「学生時代の部活は何やっていたか」や「趣味は何か」など、その人の人間性を見るような質問をされます。
何気ない質問からでも、本音を聞くような傾向があるため、しっかりと自己分析を行っておくことが必要です。
また、企業研究も抜かりなく行い、どんな質問でも一貫性を持って回答できるようにしておくと良いでしょう。

クラウドワークスで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍7~10年、男性
日本一のインフラになるという大きな目標を掲げて推進しているため、やりたいことができ、非常にやりがいを感じることができます。また、若手でも一から仕事を任せてもらえるので、成長できる環境はあると思います。
内勤営業、在籍3~5年、男性
比較的フラットな空気で、社員同士は仲が良いと思います。ただし、仲が良すぎる故、プライベートと仕事をきっちり分けたい人には少し厳しいかもしれません。有給は事前にしっかりと伝えておけば、誰でも取得することができます。
法人営業、在籍3~5年、女性
ここ数年で、産休や育休の制度が整ってきたため、比較的休みやすくなったと思います。また、男性でも制度を利用して休んでいるので、男性女性共に働きやすい環境があるといえるでしょう。
口コミの要約

クラウドワークスの口コミを見てみると、やりたいことをやらせてもらえる環境があるということが伝わってきます。また、フラットな雰囲気があり、社員同士が仲が良く、一丸となって業務にあたるのが好きという方には、向いている企業というのも伺えます。

クラウドワークスの年収・給与

年収 520万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 月25,000円まで
住宅手当 有り
福利厚生 各種社会保険、厚生年金、技術書購入補助、リモートワーク制度など

クラウドワークスでの転職者の出世難易度

クラウドワークスの出世難易度は比較的高いです。
在籍している社員は優秀であり、それぞれ実績を多く残しています。
そのような中で、より多くの実績を残して、出世するというのは簡単なことではありません。
また、上司や先輩などに認めてもらい、しっかりと評価してもらうことが出世へのポイントとなります。
出世を目指すなら、努力を怠らず実績を残し続け、上司や先輩などの周りに評価してもらうことが肝心でしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 マネージャー 800万円
30代後半 部長 1,000万円
40代前半 部長 1,000万円
40代後半 執行役員 1,300万円

クラウドワークスはどんな人が働いている?

クラウドワークスの従業員数

180名

クラウドワークスの平均年齢

31.3歳

クラウドワークスの平均勤続年数

1.61年

クラウドワークスの社風

クラウドワークスは、比較的フラットな雰囲気があり、働きやすい環境があります。
特に、産休に入る社員や時短勤務、コアタイムをずらして勤務など、一人一人に合った働き方ができます。
また、社員同士は仲が良く、定期的にコミュニケーションを取れる環境があるため、ベンチャー特有の風土があります。
必要以上にストレスを感じず、自分らしく働きたい方には、向いている企業といえるでしょう。

クラウドワークスのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 特に規定なし(実働8時間)
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月20〜30時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

クラウドワークスの社長

吉田 浩一郎

1974年生まれ、兵庫県出身。
東京学芸大学卒業後、パイオニア、リード エグジビジョン ジャパンを経て、株式会社鳥コムに入社。
執行役員として東証マザーズ上場を経験した後に独立、株式会社クラウドワークスを創業、代表取締役社長兼CEOに就任。
クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を立ち上げ、日本最大級のプラットフォームへと成長させた。

クラウドワークス現職、OB/OGの有名人

成田 修造

1989年生まれ、東京都出身。
慶應義塾大学経済学部在学中にアスタミューゼ株式会社に参画、オープンイノベーション支援サービスの事業企画を手掛ける。
その後、大手人材紹介会社との提携事業を立ち上げ、サイトディレクションやWebマーケティングなどを担当。
さらには、株式会社アトコレを設立、代表取締役社長に就任、2012年より株式会社クラウドワークスに参画し、取締役副社長兼COOに就任。

クラウドワークスの転職に関わるQ&A


一番大切といっても過言ではないのが、具体的な内容を分かりやすく簡潔に書くことです。
志望動機が分かりやすく明確だと、面接官が質問しやすくなり、コミュニケーションの糸口になります。
また、志望動機を明確に伝えることで、自分の考えをしっかり持っているというアピールにも繋がります。
ただし、絶対に嘘だけはついてはいけません。
嘘ついたら絶対に不採用というわけではありませんが、信頼関係が壊れてしまうため、採用してもらえる可能性がグッと減ってしまうので、注意が必要です。

アルバイトや契約社員でも正社員になることは可能です。
基本的に、正社員登用前提での採用になるので、実績を残して企業に貢献できれば、正社員になることも夢ではないでしょう。
中には、アルバイトから正社員になって、管理職に就いた社員もいます。

クラウドワークスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

クラウドワークスの公式HPにある採用情報ページから応募することができます。
クラウドワークスからのメッセージや人事ブログ、エンジニアブログ、デザイナーブログなどが掲載されているので、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人情報はそれほど細かく掲載されていないので、具体的な業務内容が知りたい場合や、転職の成功率を少しでも上げたいという方は、転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

豊富な求人から希望のポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを利用してクラウドワークスへの転職を考えているなら、掲載されている豊富な企業数があり、ミドルクラス~ハイクラスの案件を多く取り扱っている「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つあります。
・多くの求人案件がある
・忙しい方でも転職活動が行える
・気になった求人にすぐ応募できる気軽さ

多くの求人案件があるため、自分に合ったポジションを探したいという方には、転職サイトがおすすめです。
また、現職などで忙しくなかなか転職活動ができないという方でも、比較的転職活動がしやすく、気になった求人があれば、すぐに応募ができるので、比較的時間をかけずに済むでしょう。

ビズリーチではクラウドワークスの競合他社や同業他社の求人を多数掲載!

現在、ビズリーチにはクラウドワークスの求人はありませんが、競合他社や同業他社の求人が多数掲載されています。


※画像はイメージです。

ミドルクラス~ハイクラスを扱っているビズリーチだけあり、提示されている年収は全体的に高く、求人によっては年収交渉が可能となっています。
また、ビズリーチでは、キャリアアドバイザーの評価をチェックすることができ、自分に合った担当者を見つけることができるという特徴があります。
ただし、転職サイトからの応募は、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないことも少なくありません。
その結果、面接で落とされてしまったり、書類選考が通らないということがあります。
確実な転職を望むなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

幅広いサポートを受けながら転職したいなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してクラウドワークスへの転職を目指すなら、高品質なキャリアコンサルタントが在籍していると定評がある「JACリクルートメント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つあります。
・キャリアプランや転職活動全般をサポート
・自分と企業とのすり合わせをしてくれる
・一般公開されていない非公開求人が比較的多い

転職エージェントは、今後のキャリアプランの相談や、転職活動におけるアドバイスなど、幅広いサポートを全面的に行ってくれます。
また、自分と企業とのすり合わせも行ってくれるので、初めての転職で不安がある人や、どうしても希望するポジションへ転職したいという方には、転職エージェントはおすすめといえます。

JACリクルートメントではミドル~ハイクラスの非公開案件が多数!

JACリクルートメントでは、基本的に企業名が伏せられていますが、ミドル~ハイクラス求人が多数掲載されています。


※画像はイメージです。

クラウドワークスやその関連企業へ転職したい方や、転職活動において幅広いサポート受けながら転職したいという方は、JACリクルートメントの活用が良いでしょう。
JACリクルートメントは、東証1部上場の企業であり、これまでに43万件以上の転職支援実績を持っています。
非公開求人も多く持っている傾向があるため、キャリアコンサルタントに相談することで、紹介してもらえる可能性もあります。

あなたがクラウドワークスに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

アイスタイルの転職情報。難易度や給与などをご紹介

  ▼下記は、アイスタイルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアイスタイルに転職してくるのか ・転職先:アイスタイルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

カカクコムの転職情報。学歴や転職難易度をご紹介

  ▼下記は、カカクコムに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからカカクコムに転職してくるのか ・転職先:カカクコムからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

Sansanへ転職するべき?転職の難易度や年収、評判について調べてみました

  ▼下記は、Sansanに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからSansanに転職してくるのか ・転職先:Sansanからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

ランサーズへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

▼下記は、ランサーズに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからランサーズに転職してくるのか ・転職先:ランサーズからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

クラウドワークスへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

▼下記は、クラウドワークスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからクラウドワークスに転職してくるのか ・転職先:クラウドワークスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

ヤフーの転職情報まとめ。評判や難易度などを調査してみました

  ▼下記は、ヤフーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからヤフーに転職してくるのか ・転職先:ヤフーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

AbemaTVの転職情報。転職難易度や口コミなどを解説

▼下記は、AbemaTVに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからAbemaTVに転職してくるのか ・転職先:AbemaTVからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

ゼンリンの転職情報を解説!難易度や口コミなどをご紹介!

▼下記は、ゼンリンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからゼンリンに転職してくるのか ・転職先:ゼンリンからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

ドワンゴへの転職は難しい?難易度や面接対策方法などを紹介

▼下記は、ドワンゴに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからドワンゴに転職してくるのか ・転職先:ドワンゴからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

FiNC Technologiesに転職するには?面接や福利厚生などを調査

  ▼下記は、FiNC Technologiesに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからFiNC Technologiesに転職してくるのか ・転職先:FiNC Technologiesから...

TOP