コラム

エン転職の評判!転職希望者、求人企業の評判をまとめてみた!

エン転職

様々な理由で転職活動をする際に利用する『転職サイト』。“転職”というキーワードで検索すると多くの転職サイトが表示されます。

しかし、実際にエントリーして転職を決めるとなると、どこのサイトを利用すればいいか悩むのも事実です。今後の社会人生活において満足のいく転職をするには、転職サイトをどう選ぶかも大きな成功の秘訣です。

今回は、大手の転職サイト『エン転職』についてご紹介していきます。めての転職の成功を目指すなら『エン転職』を活用しない手はありません。ご紹介する内容を元に『エン転職』の特徴や自分に合っているかどうかの参考にしていきましょう。

エン転職とは

転職活動をする時には、転職サイトを利用しなければ転職活動は難しいのが実情です。人気のある転職サイト『エン転職』はどんな企業が運営しているのでしょうか。転職という大事なイベントを安心して任せられる企業なのかを確認しましょう。

エン転職の会社概要

社名 エン・ジャパン株式会社(en-japan inc.)
設立 2000年1月
資本金 11億9,499万円

※2020年3月末現在

上場市場 東京証券取引所 市場第一部証券コード:4849
従業員数 1,617名
事業内容 人材採用・入社後活躍サービスの提供
1) インターネットを活用した求人求職情報サービス
2) 人材紹介 (厚生労働大臣許可番号 13-ユ-080296)
3) 社員研修
4) 人事コンサルティング、適性テスト

エン転職は規模が大きく従業員も多い企業が運営していることが分かります。大きな規模を誇るのは、転職サイトとして多くの方や企業にサービスを提供している証拠だといえます。

エン転職の事業所(拠点)

サービスを展開する拠点も豊富にあります。主要都市を中心に事業所を構えており全国を網羅しています。

本社/東京オフィス 〒163-1335

東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー

TEL:0120-998-930

※受付/月~金(祝日除く)10:00~17:00

東京第2オフィス 〒160-0023

東京都新宿区西新宿6-18-1

住友不動産新宿セントラルパークタワー

埼玉オフィス 〒330-0845

埼玉県さいたま市大宮区仲町3-13-1

住友生命大宮第2ビル 3階

TEL:048-650-6556

千葉オフィス 〒274-0825

千葉県船橋市前原西2-11-5 松田第三ビル

TEL:047-471-8786

横浜オフィス 〒221-0835

横浜市神奈川区鶴屋町2-20-1 YTUビル

TEL:045-279-7700

名古屋オフィス 〒460-0002

愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル

(旧CRD丸の内ビル)

TEL:052-959-3101

大阪オフィス 〒530-0015

大阪府大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル

TEL:06-4802-5010

福岡オフィス 〒812-0027

福岡県福岡市博多区下川端町2-1 博多座・西銀再開発ビル

TEL:092-271-1321

福岡第2オフィス

(エンエージェント)

〒812-0013

福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-2 博多東ハニービル

TEL:092-686-1250

エン転職のビジネスモデル

では、今度はエン転職のビジネスモデルの概要についてご紹介していきましょう。

エン転職のビジネスモデルの図解

エン転職のビジネスモデルを図を用いて説明します。

エン転職のビジネスモデル

求人掲載企業が、エン転職に求人情報を掲載します。求人企業は、エン転職に対して求人掲載費用と、転職が決定した際に成功報酬を支払います。

転職希望者は、エン転職を無料で利用することができます。これは、上記で説明したように求人掲載企業がエン転職に対して料金を支払うことにより成り立っています。

求人情報サイト活用モデル

求人サイトや人材紹介を通じて、求職者に無料で求人情報を提供し、就職・転職活動をサポートしています。主なサポートとしては、求人情報サイトを利用して求職者の適職を探していきます。

エン転職のビジネスモデル

企業に対しては、求人広告の掲載(企画)と提案を行い数多くの求人を掲載します。エン転職は質の高い営業により企業に不足している人材を見極めます。

実際には、人事担当者だけではなく時には企業トップにヒヤリングをし企業成長に必要な人材の要素を整理していきます。この情報を元に専任のコピーライターが求人原稿の作成、掲載を行い募集を実施していきます。

エン転職の特徴

「入社後の活躍」を意識したサポート

エン転職の最大のポイントは、「入社後の活躍」を意識したサポートをすること。「入社後」に着目していることが、他の転職サイトとは大きな違いです。サービスの提供開始より、このコンセプトを崩さず徹底した結果がこちらです。

エン転職の特徴

・若手会員比率は業界No.1。
・高い「集客力」「決定力」「定着率」が強み
・オリコン顧客満足度ランキング(転職サイト)3年連続「総合1位」
※2018年、2019年、2020年

オリコン顧客満足度ランキング(転職サイト)3年連続「総合1位」

この評価は凄く、圧倒的な利用がある、選ばれる理由(サポート、サービス)があるという証明になります。これは、他社には真似できない『「入社後活躍」へのこだわり』を持ち続けていること。エン転職では、『人材の採用』がゴールではなく『採用された後の活躍と定着』を目指しているのです。

人が充実した社会人生を送ること。その結果として、企業や社会を前向きに変えていくことが出来て初めて「入社(転職)が成功」したことになると考え、“ミスマッチ”を起こさないことが最大のサポートとして考えてサービスを提供し続けています。

そのコンセプトは公式サイトでは、以下の様に明確に定義されています。

エン転職のサービスコンセプト

めざすのは「世界一、信頼できる求人情報」。後悔のない仕事選びのために──常識を変え続ける求人サイト。入社後のギャップを、後悔を、少しでも減らしたい──。『エン転職』の、変わらない想いです。業界の常識を打ち破り、これまで多くの「史上初」を作ってきました。

エン・ジャパンが提供する豊富なサービス

エン・ジャパンが提供するサービスは『エン転職』だけではありません。豊富なサービスがあるからこそ、エン転職にも求職者に選ばれるノウハウを蓄積できます。ただ、豊富と言ってもピンとはきませんのでここでサービスを一覧にしてご紹介しましょう。

エン転職 これが定番。総合満足度No.1の求人情報サイト
エン転職 WOMAN 女性歓迎の求人だけを集めた求人情報サイト
AMBI 若手ハイキャリアに特化した求人情報サイト
エンミドル転職 ミドル世代に特化した求人情報サイト
エンジニアHubキャリア Webエンジニア向け転職サイト
エンウィメンズワーク 正社員登用をめざす女性のための求人情報サイト
エンエージェント 入社後の活躍まで支援する人材紹介・転職エージェント
en world 外資系・グローバル求人に特化した人材紹介・転職エージェント
エン 社長候補 「CEO / COO候補求人」専門のオンライン転職エージェント
フリーランススタート フリーランスエンジニア向け案件検索エンジン
doocyjob 副業・フリーランスのエンジニア向け求人情報サイト

いかがでしょうか。社会人向けの転職サービスだけでも、これだけのサービスを提供しています。

エン転職を利用する転職希望者からの良い評判

続いてご紹介するのは、エン転職を利用して転職に成功した方々からの評判です。

求人数が豊富|中小企業やベンチャー企業の案件が多い

営業職 30代・男性

大学卒業後、大手企業営業に就職。

営業としてのノウハウを蓄積したが、自分の力を試したくベンチャー企業への転職を希望。

他転職サイトにも登録したが、自分のチャレンジ精神ではなく給料の現状維持や同じ業界の紹介が多く求める企業に巡り合うことが出来なかったが、エン転職に登録することで複数のベンチャー企業に出逢うことが出来た。

サービス業 20代後半・女性
高卒なので、なかなか正社員採用されなかった際にエン転職に登録。

正社員未経験でしたが、沢山の求人があり積極的に応募。

最終的には15社ほどに応募し4社と面接し最終的には正社員採用をしてもらえました。

転職には学歴や経験を問われることが多いと思いがちですが、エン転職は未経験採用を積極的に募集している企業を多く掲載しています。同時にベンチャー企業等、メンバーとなり会社自体を大きくする人材を募集している求人も多く新たなチャレンジをしたいと思う方には、うってつけの転職サイトといえます。

利便性の高いアプリ|エン転職オリジナルの仕組みを提供

不動産業 20代後半・男性

在職中での転職活動でしたので、他の転職サイトでは転職活動が思う通り進まず時間が掛かっていました。

その為、エン転職に登録しましたがLINEと連動している『LINEキャリア』を使う事で仕事の昼休みや通勤時間に求人を閲覧できるし応募もすることができました。同時に、面接日時の調整も携帯で出来る為、各段に転職活動が進み無事に転職を決める事ができました。

介護サービス 20代後半・女性

自宅にパソコンがないので、転職活動はハローワークや雑誌でしかできないと思っていました。エン転職は携帯でも出来る為、ハローワーク等では見つけれない求人があり転職先を探すことが出来ました。

パソコンが無くても転職活動が出来る仕組みには助けられました。

2020年3月末現在で8,400万人を超えるLINE利用者。このLINEと連携している転職サイトはエン転職だけです。自宅にパソコンがない方や在職中の方でも転職活動がスムーズにできる仕組みがエン転職にはあります。

インストールも簡単です。是非、一度利用してみたいサービスではないでしょうか。

職種も豊富|新たなチャレンジをしたい人にお勧め

事務 30代後半・女性
結婚後に専業主婦になった事で転職活動は初めて行う事になりました。

エン転職には、以前勤めていた業種、業界以外にも多くの求人があり、また登録後にはスカウトメールを複数頂く事で、ブランクがありながらも無事に正社員の内定を頂く事が出来きました。

企業内情報システム部門マネジメント職 30代前半・男性
新卒で採用された後、ITエンジニアとして勤務。

30代も後半となり、今後のキャリアアップを意識して転職活動を開始。

他の転職サイトでは、職種を変えてのチャレンジが難しいと言われることも多々ありましたが、エン転職では経験を活かして他の業種やポジションへの転職を応援してくれる仕組みがあります。エン転職のサイトは、求人検索の機能も充実しており興味が持てそうな求人を検索できました。新着の求人も分かり易くなっているので、常に最新の求人をチェックしてエントリーすることができました。

エン転職は、比較的年齢層の若い方や転職活動を始めて行う方にも安心できる仕組みや求人を保有しています。検索機能の充実や未経験歓迎の求人数の多さは、他転職サイトと比較できないほど充実しています。

求職者が転職サイトに求めるのは、求人数の多さや転職活動のしやすさです。

その点、エン転職は圧倒的に求人数が多く、未経験もチャレンジできる求人を多数保有しているので、これから転職活動をしたいという方にはピッタリの転職サイトなのです。

エン転職を利用する転職希望者からの悪い評判

エン転職を利用するとしても、全ての方にマッチしているとは言い切れません。これは、どんな転職サイトを利用していても同じことですが、エン転職を利用している方からの悪い評判もあります。

キャリアカウンセラーとの相性が合わない

営業・20代前半・男性
面談をするとの連絡があったが、終始威圧的な話し方をされた。

キャリアや経験がないから、未経験分野にチャレンジをと思ったが、転職意欲をそぐ担当者にあってしまった。

サービス・20代後半・女性

時間調整依頼がきたが、前日になり突然紹介できる求人はないといった連絡が届いた。

電話をしてきたキャリアカウンセラーも見下したような話方であり、嫌な気分しかしなかった。

キャリアカウンセラーとの相性は、転職活動をスムーズかつモチベーション高く進めるために重要なポイントです。しかし、エン転職に在籍しているキャリアカウンセラーが必ずしも自分にマッチした担当者であるとは限りません。

ここでご紹介している評判はキャリアカウンセラーとして失格と言わざるを得ません。こうした担当にあたってしまった場合には、担当者の変更依頼を行いましょう。心配は不要です。自分の転職を成功させるために、相性が合わない担当者と転職活動をしていくことの方が問題です。

メールが多すぎる

エン転職に登録が完了すると、スカウトメールが届く場合があります。

これは、企業側が登録されたスキルを検索し自社の求人にマッチする可能性があるとスカウトメールを送り自社を知ってもらう動きをしているためです。このメールの多さがデメリットと言われています。

経理・30代前半・男性
登録後から、スカウトメールが届き始めるが、とにかく件数が多かった。

自分が希望していない業界も多く、断る事が大変。

自分が希望する所以外からは、メールが来ても煩わしいだけ。

営業・20代後半・男性
スカウトメールは沢山くる。

しかし、まったく意味の無いスカウトメールだと思います。

スキルや希望も全く違うし、なんでスカウトメールを送ってくるのか不明。

良い人材と思う場合には企業が積極的にメールを送っていきます。募集人数が複数人の場合や希望する人材の内定が長期間ない場合には、エン転職側でも積極的にスカウトメールを送ることを推奨しています。

しかし、同じ人にも何通も送ってしまう機能のため、求職者側はメールが多すぎるという印象を受けてしまいます。また、スカウトメールを受けたからと言っても必ずしも内定が出るという訳ではありません。こうした場合には、自分のスキルがスカウト企業から魅力的と思われたと判断し、どうして自分のスキルがヒットしたのかを理解することで今後の転職活動に活かしていきましょう。

大手企業が少ない

経営企画・30代後半・男性
中小企業の求人数は多い。

しかし、大手企業の求人は圧倒的に少ない。

中小企業では、現在の年収が維持できないため、転職先を見つけることは難しい。

営業・20代後半・男性

大手企業へのチャレンジをしたかったが、規模の大きな企業は少ないのでキャリアアップは難しいのではないかと感じる。

比較的、年齢層が若い求人が多いエン転職。企業規模としては中小企業を中心とした求人が多いため、大手企業への転職を希望する人向けではないという評判が複数あります。若手や未経験向けのチャレンジ向きと言えるため、大手企業へのキャリアアップ等には向かない傾向にあります。

転職サイトには様々な評判があります。全ての人が満足したと言える転職サイトは存在しません。メリット、デメリットは必ず存在していますので、両方の評判を比較して自分にとってどちらのウエイトが高いかを判断することが必要です。

転職希望者から見た他の転職サイト・エージェントとの比較

転職希望者視点でみたエン転職について他の転職サイトと比較していきましょう。

公開されている求人数

エン転職は、同じ初心者向けの中でも公開求人数は少なめです。しかし、冒頭でご紹介した通り圧倒的満足度ナンバー1のサポート力や、未経験者からの転職成功事例から判断すると、求人内容の精度も高いといえます。

それだけはなく、求人数の80%がエン転職だけに掲載されている求人ですので、ライバルが少ない求人も多く存在しています。新着求人も公開されており、自分に合う求人があるかどうかの最新情報のチェックができるため、求人数が少ないからNGという判断は不要です。

サービス名 求人数(公開) おすすめの方
エン転職 6,000件 転職初心者・全世代
マイナビ転職 8,000件 転職初心者・全世代
リクナビNEXT 1万件 転職初心者・全世代
キャリトレ 11万件 転職初心者・全世代
ビズリーチ 11万件 30代〜40代のハイキャリア・年収600万以上
doda 10万件 20代〜30代後半
ミイダス 4万件 20代〜30代前半、転職初心者

初めての転職への手厚いサポート

他の転職サイトでも転職が初めての方はいます。しかし、エン転職はこの対応が特に手厚くサポートします。

初めての転職で理解すべき重要なポイント

・転職とは何か
・転職の段階(ステップ)とは
・履歴書の書き方
・職務経歴書の書き方
・面接指導
・活かせる能力とは何か

こうしたポイントは、他の転職サイトよりもスキルの高いキャリアカウンセラーが対応します。転職が初めての人向けの指導力を専門の研修で学び集中して対応していくことで転職活動が未経験の人も転職に成功させています。

他の転職サイトでは、転職未経験者の指導者向けに研修等を行っている企業はないため他社との差別化ができています。

これを実現しているのが「アドバイザー1人あたりが担当する登録者が少ない」環境を構築していることです。他の転職サイトでは通常2~30名のサポートを1名のキャリアカウンセラーが行っています。しかし、エン転職ではその半数程度と言われており1名当たりにじっくりと向き合う時間を持つ環境が構築されています。結果的に通常よりもサポートを必要とする転職未経験者のサポートを手厚くすることが可能になります。

面談前の性格診断テストの実施

エン転職は、独自のシステムとして面接前に性格診断テスト(3Eテスト)を実施しています。

これがとても転職者に評判が良いのです。転職活動を開始する前に、自分の性格を客観的に把握することで転職活動における注意ポイントや戦略を立てやすくなります。

実際に、エン転職で実施された性格診断テストから自分が思っている以外の可能性を見出す方も多く、他社とは異なる方向性で転職を成功した方がいます。

この検査結果は、求職者が自分を知れるだけではなく、キャリアカウンセラーが紹介する企業の後押しにもなります。求職者は時として、自分が思っている評価、業種やポジションでなければ納得をしません。エン転職の場合には、これを客観的に見える形にすることで納得度を高め、時には方向チェンジを成功させます。

他サイトでは、こうした性格診断がありません。このようにエン転職は、独自の仕組みにより求職者の転職を後押しています。その結果が、『オリコン顧客満足度ランキング(転職サイト)3年連続「総合1位」』という評価なのです。

求人掲載企業からのエン転職の評判と他の転職サイトとの比較

エン転職が人気の理由は、企業に選ばれるからこそです。だからこそ、保有している求人の80%以上がエン転職のみで扱っている求人です。ではなぜ、企業はエン転職を選ぶのでしょうか。その理由を具体的に見ていきましょう。

エン転職が選ばれる理由①|年齢層

IT系 20代前半 男性
一度就職したが、IT企業への転職を強く希望し転職活動を開始。

年齢が若いことから、他転職サイトでは応募できる求人自体が少なく転職活動がうまくいっていなかった。

それに比べてエン転職は、年齢が若い自分でも応募できる求人が多数あり、未経験ながら転職先を見つけることができた。

若い世代からの評判が高いエン転職です。実際にどんな利用者層がいるかをみていくと、他の転職サイトと比較してみると圧倒的に主要年齢層が低いことを理解できます。企業側として、年齢層が若く長期的に育成できる人材を募集したいと思った際には、エン転職を利用したいと考えます。

特に、未経験者募集の求人は一から長期的に育成をしたいと考える企業が多いため、年齢層も若い方を望む傾向にあります。他の転職サイトでは、ある程度の経験を持っている人を想定している求人が多いため、対象となる年齢が25歳以上が主な求人となっています。

エン転職が選ばれる理由②|充実したサービス「採用担当者の負荷を軽減可能」

エン転職では、企業側の採用担当者の負荷軽減を意識したサービス(機能)も充実しています。採用活動は、求職者が思う以上に工数がかかる業務です。そのため、他転職サイトと比べて、業務負荷軽減を図る仕組みがあるエン転職は多くの採用担当者の強い味方となり企業に選ばれる理由となります。

IT系 採用担当者
採用活動については、想定以上の工数が必要になります。

特に、面接日時の調整は通常、個別にメールのやり取りをしながら決めていきますので、在職中の方との面接日時調整には時間が掛かります。

こうしているうちにエントリーから数週間を必要とすることもあり、他企業の選考に出遅れてしまうことも多々あります。

また、年齢層が若いと面接日時を確認せず当日無断キャンセルという事もありました。

こうした採用業務の負荷軽減もエン転職で実現しています。

最初に面接候補日を複数提示される事で、面接日時調整の工数は格段にへり平均的に2~3日程度の短縮ができました。

そして、先日確認メールなどの機能も利用することで、無断キャンセルの割合も減り、採用工程の効率化が図れました。

このような意見も多数あるエン転職を企業が選ぶ理由としては、特に以下の機能が高く評価されています。

スカウトメール機能

エン転職では、契約しているサービス内容に応じてスカウトメールを送ることが可能です。

スカウトメールとは、企業側が考える希望条件にマッチした求職者を検索しダイレクトにメールを送る機能です。プランにより、毎日リコメンドできること、スカウト送信時に対象者に13種類のフラグを付ける機能などもあり他サイトのスカウトメールと比べ、操作性や機能の評判はトップクラスとなります。

エン転職のスカウトメール

採用活動で重要となる『面接』をサポートする機能も充実しています。

面接サポート機能①|履歴書フォーマット

「経歴の経験職種をキーワード化」「質問項目の設定」「スマホからも経歴書を確認可能」などにより、求職者の履歴書を見やすくすることで採用担当者の負荷を軽減しています。

エン転職の履歴書フォーマット

面接サポート機能②|スムーズな日程調整

面接日程調整が遅いことは、選考辞退の大きな理由になります。エン転職は、求職者が選考を希望する際に面接可能日をあらかじめ登録する機能を持ち、日程確認工程を短縮をはかっています。この機能も採用担当者の負荷軽減に大きく影響しています。

面接サポート機能③|うっかり防止カレンダー

面接者が面接日時を忘れない、遅刻等を予防する機能として面接前日に確認メールを自動で送る機能が備わっています。採用担当者は、スマホでも面接予定の確認が可能です。

エン転職登録の手順

最後にご紹介するのは、エン転職への登録手順です。ここまでの記事を元に、エン転職を利用したいと思って頂いた方は、以下の手順で登録をしていきましょう。

STEP1:公式サイトで必要事項を登録

まずは公式サイトで、氏名・メールアドレス・パスワードなどの必要事項を登録します。

STEP2:詳細登録案内がSTEP1で登録したメール宛に届きます。

詳細な情報として、以下の項目を登録します。

エン転職に登録する情報

・性別
・現住所
・生年月日
・語学について
・英語レベルを選択(ネイティブ・ビジネス会話・日常会話・基礎会話・なし)
・最終学歴について(学校種別/学校名/学部/学科/卒業年月)
・氏名
・連絡先(携帯番号)
・転職経験の有無
・転職希望時期を選択(3ヶ月以内・6ヶ月以内・1年以内・今は転職を考えていない)
・直近の在籍企業(会社名/役職/部署/在籍期間)
・直近の業種
・直近の職種
・直近の業務内容

これに加えて、情報を閲覧して欲しくない企業名の登録を行います。

注意

ここで、閲覧不可企業の登録を行っていないと現職、前職などの企業が登録内容を閲覧できます。転職活動を行っていることが、分かってしまう可能性があるので、ここは思いつく限りの企業名を登録しましょう。

補足として、エン転職に登録すると同時に、エン・ジャパンの人材紹介サービス「エンエージェント」、姉妹サイトの「ミドルの転職」「AMBI」に同時会員登録されます。これは、転職活動をよりスムーズに進めるために同時登録され、それぞれのサービスからもスカウトメールを送信するなど、転職活動をサポートしていく仕組みです。

基本的な登録手順や項目は、他転職サイトと比べても大差ありません。しかし、携帯等の端末を使い登録をしたい場合には、その操作画面はPCで登録するのと同じようにスムーズにできる工夫がされています。結果的にストレスを感じることなく登録できます。

まとめ

今回はエン転職についてご紹介しました。常に利用者の満足度が上位であるエン転職は、比較的年齢層が若い方向けの転職サイトです。これから転職活動をしたいと思っている方、未経験からチャレンジをしたい方は、是非、エン転職を活用し転職を成功させてください。

関連記事

転職で内定を辞退するのはマナー違反?知っておくべき注意点3つを解説

転職活動において、内定を辞退したい場合、どのように企業に伝えるべきでしょうか? 「内定を辞退したいと言ったら、マナー違反?」 「どのタイミングで辞退を伝えるのがいい?」 この記事では、こういった疑問を解決します...

40代で転職するときに知るべき注意点3つと、成功を勝ち取る6ステップ

「40代で転職したいけど、失敗したくない。」と思っていませんか? 40代の方は、今までのキャリアを生かした転職がしやすいので、年収アップに大きく期待を持つことができます。 ただ、40代の求職者に企業が求めていることを理解...

ビズリーチのスカウトから面談を受けるまでの流れについて解説!

ビズリーチは、国内最大級のハイクラス向けの転職サイトです。 登録されている3分の1以上の求人が年収1000万以上を提示しており、エリート人材が利用する場となっています。 このビズリーチでうまく転職活動を進めるにあたり、重...

転職時に源泉徴収票が必要ってほんと?年末調整で困らないためのポイントを解説

転職活動を行う上で、「前職の源泉徴収票がないと年末決算が行えない」と聞いたことはありませんか? 後ほど解説しますが、この年末調整は転職先の会社で行う必要があります。 そのため、前職の会社から源泉徴収票を前もってもらってお...

dodaエージェントの評判は良い?悪い?口コミや特徴をご紹介

転職を始める際に、転職エージェントを利用する方が、ほとんどだと思います。 今現在では、たくさんの転職があり、なかなか絞り切れないことで、悩まれる方が多いのでのではないでしょうか。 1人だとなにから転職を始めたらいいのか分から...

転職の入社日はいつがベスト?面接時から入社日の行動までまるっと解説!

転職活動の面接で、「いつ入社出来ますか?」という質問は、中途採用では必ずされる質問です。 最初の段階というよりは、選考がある程度進んだ段階で聞かれることが多い質問です。 「面接のとき、いつから入社できると言えばいい?...

ビズリーチの評判まとめ!転職者からの良い口コミ、悪い口コミから実態を徹底検証

あなたは転職活動を開始する際に、まず何をしますか?多くの方が、「転職」というキーワードで検索をされるのではないでしょうか。 検索をした結果、多くの転職サイトの紹介を閲覧できます。その中でも人気ランキングを見ると必ず上位に入っているのが...

リクルートエージェントの評判!転職希望者、エージェント、求人企業の評判をまとめてみた!

様々な理由で転職活動をする際に利用する『転職エージェント』。“転職”というキーワードで検索すると多くの転職エージェントが表示されます。 しかし、実際にエントリーして転職を決めるとなると、どこのエージェントを利用すればいいか悩む...

ハイクラス向け!ビズリーチの使い方・注意点を3分で解説

ビズリーチとは、国内最大級の「ハイクラス向け」転職サービスです。 転職サイトは基本的に無料で使えるところが多いのですが、ビズリーチでは有料会員という枠が設けられています。 有料と聞くと「無料で使えるサイトとどう違うの?」...

iX転職の評判は良い?悪い?ビジネスモデルや口コミを徹底調査!

「iX転職転職」は、ハイクラスの転職に特化した、年収800万円超えのエグゼクティブ向けのヘッドハンティングサービスです。最大の特徴はヘッドハンティング型を取っていること。 今回は、ハイクラス求人を多数取り扱っているiX転職転職...

TOP