コラム

リクルートエグゼクティブエージェントの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較


国内最大手の人材派遣事業を展開するリクルートエージェントのグループ企業である、リクルートエグゼクティブエージェント。エグゼクティブ層など一定以上のポジションへ転職を希望する求職者・現職から支持を集めているようです。この記事ではそんなリクルートエグゼクティブエージェントの特徴や、利用するにあたって登録者の口コミや評判からメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。「転職エージェントとの相性が悪かった」「思ったような転職サポートが受けられなかった」そういった経験をしないためにも、利用する前にどのような転職エージェントか知ることが重要です。これからリクルートエグゼクティブエージェントの利用を検討している方はぜひ参考にしてみましょう。

転職サイトリクルートエグゼクティブエージェントとは


引用元:https://www.recruit-ex.co.jp/
日本最大級のエグゼクティブ人材ネットワークを活用し、経営者やハイクラス人材を外部から招待したい企業と、経験豊富な経営リーダーをつなぐことを目的として人材紹介事業を展開する転職エージェント「リクルートエグゼクティブエージェント」。成功報酬型で管理職の採用を検討する企業にハイキャリアを目指す優秀な人材を紹介し、設立から現在に至るまで5000件以上の実績を有しています。

リクルートエグゼクティブエージェントの特徴

リクルートエグゼクティブエージェントの基本情報を紹介しましたが、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。リクルートエグゼクティブエージェントの特徴は以下の2点です。

  • ・企業のステージ別課題と人材要件を類型することで、企業と転職者の高いマッチング率を実現
  • ・成功報酬型人材紹介事業を展開

下記にて、上記の特徴を詳しく解説します。

特徴① 企業のステージ別課題と人材要件を類型することで、企業と転職者の高いマッチング率を実現

企業における組織課題は事業のライフサイクルや業界によって異なるものであり、それを解決してくれる人材要件も異なります。リクルートエグゼクティブエージェントでは、事業のライフサイクルや企業ステージを「参入期」「参入成長期」「成長成熟期」「成長再生期」の4つに分類。業界を意識し、次の成長や発展に向けた経営改革を実現できるエグゼクティブ人材を紹介しています。

特徴②部長以上のクラス限定の求人を提供

リクルートエグゼクティブエージェントは、2001年の設立以来、経営層・エグゼクティブ層に特化した独自のデータベース構築と、エグゼクティブ人材をスピーディーに抽出するノウハウの蓄積を推進しています。各業界・職種を熟知したコンサルタントが、独自のデータベースとノウハウを最大限活用し、部長以上のクラス限定のハイキャリアを目指す方におすすめの転職エージェントとなっています。

リクルートエグゼクティブエージェントの良い評判・メリット

ここまでリクルートエグゼクティブエージェントの基本情報や特徴をご紹介しました。では具体的にいい評判やメリットはどのようなことがあるのでしょうか。ここからは実際の口コミをもとに、リクルートエグゼクティブエージェントのいい評判・メリットをご紹介します。リクルートエグゼクティブエージェントのメリットは主に以下の2つです。

  • ・コンサルタントのレベルが高い
  • ・エグゼクティブ層に特化した非公開求人を多数保有

それでは見ていきましょう。

メリット①:コンサルタントのレベルが高い

30代後半・男性
面談時にコンサルタントのレベルが非常に高いように感じました。こちら要望を把握し、能力に応じた最適な企業を紹介してくれます。

40代前半・男性
コンサルタントごとに専門の業界・職種があり、その分野に関する最新の情報をしっかり把握している印象を受けました。表面的な情報のみ知っているという感じではなかったので、信頼して転職サポートをお任せしました。

「信頼性が高い」「能力分析が得意な優秀なコンサルタントが多い」といった声が多いようです。企業と求職者の双方を担当する両面型コンサルティングを行い、表面的ではなく、企業を深く理解した情報を有するコンサルタントとの面談がこれらの評価につながっていることが考えられます。

メリット②:応募プロセスが明確で安心して利用することができる

40代前半・女性
グループ企業のリクルートエージェントと比べて、好待遇・好条件で年収が高い企業が多いです。
30代後半・男性
求人は登録者のみに公開され、各業種・職種で厳選した求人が多いです。ほとんど求人が出ないような求人にも出会える良いチャンスだと思います。

エグゼクティブ層の求人は企業とエージェントとの信頼関係がなければ転職者への情報提供が難しいものです。国内最大級の人材紹介事業を展開するリクルートホールディングスのグループ企業であり、設立以来の実績を有するからこそ、エグゼクティブ層に特化した求人を国内トップレベルで保有できていると言えるでしょう。

リクルートエグゼクティブエージェントのいい評判は本当?口コミを徹底検証
実際のリクルートエグゼクティブエージェントのいい評判に関して、口コミをもとに紹介してきました。しかしこれらの評判は本当なのでしょうか。ここでは前述したリクルートエグゼクティブエージェントの2つのメリットを実際に検証していきます。

リクルートエグゼクティブエージェントの良い評判は本当?口コミを徹底検証

実際のリクルートエグゼクティブエージェントのいい評判に関して、口コミをもとに紹介してきました。しかしこれらの評判は本当なのでしょうか。ここでは前述したリクルートエグゼクティブエージェントの2つのメリットを実際に検証していきます。

メリットの検証①:コンサルタントのレベルが高い


引用元:https://www.recruit-ex.co.jp/consultants/
リクルートエグゼクティブエージェントでは、担当業界を熟知した経験豊富コンサルタントが45名以上在籍しています。リクルートグループの一員として豊富なグローバルネットワークを活用し、国内外問わず企業のニーズに応えうる経営幹部、エグゼクティブ人材の紹介に努めているようです。

メリットの検証②:エグゼクティブ層に特化した非公開求人を多数保有


引用元:https://www.recruit-ex.co.jp/
エグゼクティブ層とは企業における課長クラス以上のポジションを指し、経営責任者や事業統轄役員、事業部長などがこのポジションに当たります。企業はこういったポジションを募集している、又は新規事業の責任者を探しているといった情報は公開したくないものです。そのため、これらのポジションで求人を募集する場合は信頼する転職エージェントと提携を組むことで人材を確保する傾向が強いです。このような背景から、人材紹介実績が豊富で、優秀な人材が数多く登録するリクルートエグゼクティブエージェントに非公開求人が集まっているようです。

リクルートエグゼクティブエージェントの悪い評判・デメリット

ここまで良い評判やメリットを解説してきましたが、逆に悪い評判も気になるものです。ここでは実際の口コミを元にリクルートエグゼクティブエージェントの悪い評判・デメリットについてご紹介します。リクルートエグゼクティブエージェントのデメリットは主に以下の2つです。

リクルートエグゼクティブエージェントのデメリットは、主に以下の3点です。

  • ・日系企業の紹介割合が高く、外資系企業への転職はさほど期待できない
  • ・現職、又は過去の就業経験において一定以上のポジションに就いていないと紹介企業がほとんどない可能性が高い

それでは見ていきましょう。

デメリット①:外資系企業への転職はさほど期待できない

30代後半・男性
海外での転職も望めるとのことでしたが、求人数が少なく希望条件に合った企業とマッチすることができませんでした。

30代後半・女性
国内でハイキャリアを目指す転職希望者には最適だと思いますが、海外勤務を希望する場合はそれに特化した他の転職サイト・エージェントを利用したほうが効率的な転職活動になると感じました。

最近では外資系企業への転職需要が高まる傾向が強くなっていますが、リクルートエグゼクティブエージェントでは、まだ対応が難しいようです。ハイキャリアを目指す、又は一定ポジション以上の転職が希望できるのは国内のみに留まっていることを念頭に置いて利用を検討しましょう。

デメリット②:一定以上のポジションの経験がないと紹介企業がほとんどない可能性が高い

30代前半・女性
一般職から登録しましたが、面談時に経験やスキル的に紹介できる企業やポジションがないと言われました。

30代前半・女性
登録候補者の中には、現職で社長・CEO職や部長職以上のポジションに就いている方が多いため、経験の浅い若手ビジネスパーソンへの紹介企業が限定されるのは仕方ないことであり、一般職がこの転職エージェントで転職活動を進めるのは難しいと思いました。

エグゼクティブ層に特化した転職エージェントの場合、一般職が転職に対してハードルを感じがちです。リクルートエグゼクティブエージェントでも応募条件が非常に厳しいものが多いため、経験が少ない若手ビジネスパーソンは別の転職サイト・エージェントの活用をおすすめします。

リクルートエグゼクティブエージェントの悪い評判は本当?検証して分かった実情

上記にてリクルートエグゼクティブエージェントの悪い評判に関して実際の口コミをもとに紹介してきました。こちらもメリットと同様、事実なのか気になるところです。ここでは、前述したリクルートエグゼクティブエージェントの2つのデメリットを実際に検証していきます。

デメリットの検証①:外資系企業への転職はさほど期待できない


引用元:https://www.recruit-ex.co.jp/service/
リクルートエグゼクティブエージェントのHP上で公開されている求人依頼実績によると、日系企業との提携が89%、外資系企業との提携が11%となっています。確かに勤務地が海外の外資系企業への転職成功実績もあるようですが、国内企業と比較すると格段に少ない現状にあるようです

デメリットの検証②:一定以上のポジションの経験がないと紹介企業がほとんどない可能性が高い


引用元:https://www.recruit-ex.co.jp/service/
リクルートエグゼクティブエージェントに登録する候補者の現職ポジションを見てみると、約6割が部長職以上のポジションであり、一般職からの登録は4割程度に留まっているようです。一般職からの転職を希望する場合は、幅広いポジション・業種に対応する総合転職エージェント・サイトを活用したほうがスムーズな転職活動になるでしょう。

リクルートエグゼクティブエージェントの総評

エグゼクティブ層への転職実績が豊富であり、業界に精通したコンサルタントが多数在籍する、好待遇・好条件の非公開求人を多数保有しているなどのメリットがあるため、一定ポジション以上の転職希望者からは評価が高い転職エージェントということができるでしょう。しかし、一定ポジション以上でも外資系企業への転職を希望する、勤務地の条件を海外にしているといった場合は、紹介求人数が少なくなってしまう可能性があります。また、ある程度の経験がないと、希望条件とマッチした企業への紹介は難しいため、取り扱う求人やターゲットにしているキャリア層を把握したうえで利用を検討する必要があります。

リクルートエグゼクティブエージェントに向いている人と向いていない人の特徴

どんな転職エージェント・サイトにも共通していることですが、それぞれで取り扱っている職種や求人数が異なっているため、向いている人と向いていない人の特徴がはっきり分かれます。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

リクルートエグゼクティブエージェントに向いている人

下記のような人に向いているといえます。

  • ・中長期的な転職活動を考えている方
  • ・製造業でハイキャリアを目指す方

リクルートエグゼクティブエージェントでは無理な転職は行わず、登録者の希望条件に合った企業が見つかるまで応募を保留する場合があるようです。そのため中長期的な転職活動を考えている方は納得いくまで転職活動を続けることができるでしょう。また、求人依頼実績の中で製造業が全体の約3割と最多割合を占めているため、製造業でハイキャリアを目指す、又はこの業界でエグゼクティブ層に就く現職者には最適な転職エージェントです。

リクルートエグゼクティブエージェントに向いていない人

  • ・地方での転職を希望している方
  • ・未経験歓迎や学歴不問の応募条件で求人を探している方
  • ・キャリアがまだ浅い方
  • ・20代~30代までの一般職の方

リクルートエグゼクティブエージェントは拠点が東京・大阪・名古屋・福岡の4つしかないため、そのほかの地域で転職を希望する場合は使い勝手が悪いと感じる可能性があります。電話での面談も可能ですが、できれば対面でコンサルタントとやり取りしたいものです。また、エグゼクティブ層に特化した転職エージェントであるため、「未経験歓迎」「学歴不問」といった応募条件の求人はありません。そういった条件で転職を考えている場合は不向きな転職エージェントでしょう。

【主要エリア】リクルートエグゼクティブエージェントの求人数

東京のリクルートエグゼクティブエージェントの求人数

リクルートエグゼクティブエージェントでは登録者のみに求人を公開しているため、具体的な求人数は公開されていないようです。しかし、エグゼクティブ層などハイクラス求人に特化した転職エージェントであるため、グループ企業であり国内最大手の人材紹介事業を展開するリクルートエージェントと比較すると求人数は少ないことが想定されます。

大阪のリクルートエグゼクティブエージェントの求人数

東京同様、具体的な求人数は公開されていませんが、大阪にも拠点を置いているため勤務地が大阪の企業は比較的多いことが想定されます。首都圏近郊と比較すると少なくなってしまう可能性が高いですが、大阪でも転職者とマッチング率が高い企業紹介を期待できるでしょう。

愛知のリクルートエグゼクティブエージェントの求人数

リクルートエグゼクティブエージェントのような特化型の転職エージェントは地方に行くにつれて求人数が少なくなる傾向が強いです。しかし、リクルートエグゼクティブエージェントでは名古屋にも拠点を置いているため、愛知は名古屋を中心に企業紹介が期待できるでしょう。具体的な件数については登録後にコンサルタントに問い合わせてみましょう。

リクルートエグゼクティブエージェントの登録~面談の流れ

・登録
サービスの利用規約と個人情報の取扱いに同意のうえ、登録フォームからプロフィール記載、履歴書・職務経歴書の添付を行います。登録に際して料金の発生はないので安心して大丈夫です。

・コンサルタントとの面談
業界・地域ごとの担当コンサルタントが、登録情報をもとに求人情報に関する連絡を行います。その後面談になりますが、東京、大阪、名古屋、福岡オフィスへの来社が難しい場合は電話などで柔軟に面談対応してくれるようです。希望する条件の企業がなかった場合は、求人情報が入り次第の連絡になるため、転職先決定までやや時間がかかる場合があるでしょう。

リクルートエグゼクティブエージェントに関するQ&A

転職活動で転職エージェントを活用する場合、不安なことや気になる点がある人も多いのではないでしょうか。ここではリクルートエグゼクティブエージェントでよくある質問を5つまとめてご紹介していきます。

グループ企業のリクルートエージェントとの違いは何ですか?

リクルートエージェントでは年収やポジション問わず、オールマイティな求人を取り扱っています。一方リクルートエグゼクティブエージェントでは年収800万円以上のハイクラス求人を取り扱っているため、限定されたポジションへの転職を希望する方の登録が多くなっています。

どのような業界に対応していますか?

製造業、ライフサイエンス・ヘルスケア、IT・WEB、消費財・食品、サービスなど幅広い業界や職種に対応して転職支援を行っています。

国内の対応エリアを教えてください

首都圏を中心に日本全国に対応エリアを拡大しています。地方の求人はやや少ない可能性がありますが、0ではないので気軽に相談してみましょう。

海外企業への転職も期待できますか?

海外企業との提携もあるため、転職希望者の職歴やスキルに応じて、紹介可能な企業があります。

登録候補者の現職を教えてください

部長職以上が26%と最も多い割合を占めています。その他には社長・CEO職、COO・事業部長職、CXO職、非常勤取締役・監査職、課長職などのポジションが現職の転職希望者が登録しています。

リクルートエグゼクティブエージェントの運営会社「株式会社リクルートエグゼクティブエージェント」

転職エージェントリクルートエグゼクティブエージェントについて解説しましたが、運営している「株式会社リクルートエグゼクティブエージェント」はどのような会社なのでしょうか。ここではリクルートエグゼクティブエージェントの会社概要について紹介していきます。

会社概要

リクルートエグゼクティブエージェントを運営している株式会社リクルートエグゼクティブエージェントの会社概要について掲載します。

社名 株式会社リクルートエグゼクティブエージェント
本社所在地 東京都中央区銀座8-4-17
リクルートGINZA8ビル
資本金 3000万円
設立 2001年4月2日
従業員数 62名
事業内容 成功報酬型人材紹介事業
リテーナーサーチ
非常勤顧問、アドバイザー紹介
社外取締役サーチ
拠点 東京、大阪、名古屋、福岡

リクルートホールディングスのグループ企業であり、業界特性を熟知した専門性を有するコンサルタントが多数在籍。独自のデータベースとノウハウを最大限に活用した完全成功報酬型の経営人材紹介サービスにより、経営幹部・管理職の採用を強力に推進しているようです。設立以来5000名を超える人材紹介実績を有するため、信頼性の高い特化型転職エージェントといえるでしょう。

ハイクラス転職なら「iX転職」もおすすめ

そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
そんな方に最もおすすめしたいのが、人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
・厳選された企業からのヘッドハンディング
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

関連記事

リクルートエグゼクティブエージェントの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較

国内最大手の人材派遣事業を展開するリクルートエージェントのグループ企業である、リクルートエグゼクティブエージェント。エグゼクティブ層など一定以上のポジションへ転職を希望する求職者・現職から支持を集めているようです。この記事ではそんなリク...

アイソリューションの評判は?利用者の口コミをもとに評判を徹底検証!

転職活動を行う上で、転職サイトや転職エージェントの利用を検討している方も多いでしょう。中でも転職エージェントは担当のコンサルタントがあなたにぴったりの職場を提案してくれるため、ぜひ利用したいサービスといえるでしょう。 しかし、自分...

AMBIの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

転職活動を行う上で、便利なのが転職サイト。サイトによって特性が異なるので、自分に合った転職サイト選びが重要です。 現在ではさまざまな転職サイトが存在しており、どのサイトを活用すればいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。 ...

msエージェントの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

現在、転職を希望する人のほとんどがエージェントの在籍する転職サイトを活用して転職活動を行っています。「せっかく転職サイトに登録したのに求人がなかった」「エージェントが自分に合わなかった」そういった思いをしないためにも、まずは自分にぴった...

よくある転職の失敗例。プロが教える後悔しない転職とは

給料に不満がある。そろそろキャリアアップがしたいなど、転職理由は一人ひとり異なりますが、転職に失敗する人には一定の共通点があることをご存知でしょうか? 転職は人生における大きなターニングポイントです。 大切なタイミングだ...

spring転職エージェントの評判は?実際の口コミから評判を徹底検証!

転職活動をする上で、転職エージェントの利用を検討している方も多いのではないでしょうか。業界に精通しているコンサルタントからサポートを受けられるため、一人で転職活動を行うよりもスムーズに進みます。 しかし、転職エージェントや転職...

有名CTO17選!エンジニアとして知っておきたい経歴を紹介

企業における技術的な分野で責任を担うCTO(最高技術責任者)。 エンジニアなら、一度は憧れた経験もあるのではないでしょうか。 今回は有名企業のCTOを17人ピックアップし、経歴やプロフィールをご紹介していきます。 1.KAIZ...

50代での転職はムリ?成功するためのポイント4つを解説します。

「50代で転職なんて無理なのかな…」 「50代から転職すると年収が下がるかも…」 あなたは今、そんなふうに考えていませんか? 50代からの転職は、確かにハードルが高いです。しっかりと知識を持っていないと、 転...

dodaエージェントの評判は良い?悪い?口コミや特徴をご紹介

「dodaエージェント」とは dodaエージェントは、人材企業大手のパーソナルキャリア株式会社が運営する、登録求人数10万件以上と業界トップクラスの転職エージェントサービスです。 その中でも、世の中にたくさんある業種、職種がある...

40代で転職するときに知るべき注意点3つと、成功を勝ち取る6ステップ

「40代で転職したいけど、失敗したくない。」と思っていませんか? 40代の方は、今までのキャリアを生かした転職がしやすいので、年収アップに大きく期待を持つことができます。 ただ、40代の求職者に企業が求めていることを理解...

TOP