コラム

msエージェントの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!


現在、転職を希望する人のほとんどがエージェントの在籍する転職サイトを活用して転職活動を行っています。「せっかく転職サイトに登録したのに求人がなかった」「エージェントが自分に合わなかった」そういった思いをしないためにも、まずは自分にぴったりの転職サイトを見つけることが重要です。それぞれの転職サイトには異なった特徴があります。掲載求人数や、登録方法、エージェントとの面談など有無など気になる方も多いようです。今回は、「msジャパン」が運営している転職サイト「msエージェント」についてご紹介します。ミドルの転職の特徴やメリット・デメリット、登録から面談までの流れを詳しく解説するので、これらを参考に転職成功につなげましょう。

転職サイト「msエージェント」とは


管理部門・士業特化型エージェントとして転職決定率No.1のmsエージェント。経理・人事・会計などのバックオフィス業務を中心とした求人に加え、会計士・税理士・弁護士の求人数が多くそれらに特化した転職エージェントのようです。取り扱っている求人は即戦力になる人材を求めているものが多く、経験者やスキルを活かして転職を考えている方には最適な転職エージェントです。

msエージェントの特徴

転職エージェントmsエージェントの基本的な情報を紹介しましたが、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。msエージェントの特徴は以下の3点です。

  • ・独自のサポート体制をとっているため、エージェントの対応が的確と好評判
  • ・取り扱い求人の50%以上が年収500万円以上の企業
  • ・国内上場企業の70%に当たる約2600社からの依頼実績を有す

下記にて、上記の特徴を詳しく解説します。

特徴①独自のサポート体制をとっているため、エージェントの対応が的確と好評判

msエージェントでは独自のサポート体制を整えています。通常の転職エージェントは企業担当と求人担当が分かれている(片面型)、又は1人のエージェントが企業も求人も担当する(両面型)場合がほとんどです。msエージェントでは企業担当と求人担当に分かれていますが、それぞれの担当が企業にも転職希望者にもどちらにもコンタクトをとっているようです。独自の体制をとることで企業には本当に求める人材を、転職者には希望条件にマッチした会社を紹介することができます。この体制は転職決定率が高いことにもつながっています。

特徴②取り扱い求人の50%以上が年収500万円以上の企業

バックオフィス業務、税理士、会計士、弁護士と幅広く求人掲載を行うmsエージェント。こういった職種は経験やスキルを持った即戦力になる人材を求める傾向が大きいです。やや高い応募条件を提示している求人がほとんどですがそういった会社は好条件での入社見込みがあり、入社時点での年収500万円以上を提示している求人が比較的多いようです。また、msエージェントが独占して取り扱う非公開求人も多数あるため、そういった求人に対する年収交渉も可能です。これも高収入な求人が多い理由につながっているようです。

特徴③国内上場企業の70%に当たる約2600社からの依頼実績あり


引用元:https://www.jmsc.co.jp/service/advantage/
バックオフィス業務、税理士、会計士、弁護士など幅広く求人掲載を行っていると前述しましたが、そのほとんどが上場企業や法人企業です。特にこういった優良企業はバックオフィス業務の求人に多いようです。非上場の企業でも注目度の高いスタートアップ・ベンチャー企業への求人が多く、そういった会社に対しても内定に向けた的確なアドバイスを受けることができます。

msエージェントの良い評判・メリット

上記では、msエージェントの転職の基本情報や特徴をご紹介しました。では具体的にいい評判やメリットはどのようなことがあるのでしょうか。ここからは実際の口コミをもとに、msエージェントのいい評判・メリットをご紹介します。ミドルの転職のメリットは、主に以下の2つです。

  • ・分野ごとのエージェントの専門性が非常に高い
  • ・希望条件とマッチした転職先を紹介してくれた

それでは、詳しく見ていきましょう。

メリット①:分野ごとにエージェントの専門性が非常に高い

30代後半・男性

バックオフィス業務の求人に強いということでmsエージェントに登録しました。前職である程度の経験とスキルがあったので、それらを活かして最適な転職先を提示していただき、結果的には最初の希望以上の好条件で新しい職場から内定をいただきました。エージェントの方は企業の内情や必要スキルなど細かいことまで教えてくださり、面接の際には大変役に立つ情報でした。

40代前半・女性

司法・法律関係の事務所や企業への転職を希望していました。こういった業界は中途採用の求人掲載が少なく、難しい転職活動になるかなと思っていました。しかし、エージェントの方の知識が豊富で事務所や会社ではなく、企業の法務部まで視野を広げて転職活動を行ったことで内定までそこまで円滑に進みました。

数ある職種の中でも、バックオフィス業務や司法・法律関係などは専門性が高い職種です。そのため、その職種を紹介する転職エージェントにも高い専門性が必要とされます。msエージェントではこういった分野にも強いエージェントが複数在籍しているため、スムーズな転職活動が行えた、希望以上の転職式から内定をもらったなどの声が多く挙がっているようです。

メリット②:希望条件とマッチした転職先を紹介してくれた

30代後半・女性

年齢的に転職を希望するには最後のチャンスだと思い、msエージェントを活用した転職活動を始めました。これまである程度のキャリアを積んできたため、希望年収をやや高めに設定していました。他の転職エージェントでは、その条件に合った求人が見つかりませんでしたが、msエージェントでは非公開求人も数多く所有しているので、そこからマッチした会社への転職が決まりました。

30代前半・男性

これまでの転職活動で何度かミスマッチを経験し、複数転職を経験しました。職歴が増えるほど転職に不利な条件になり、好条件での転職も望めないと思っていましたが、msエージェントではマッチした会社を紹介していただきました。これまで気づけなかった自分の良さを新たに発見し、その分野まで視野を広げたところ、これまで働いてきた職場の中で最も良い条件で採用していただきました。履歴書の添削や面接対策まで丁寧にしていただき本当に感謝しています。

msエージェントでは独自のサポート体制をとっており、企業担当と求人担当が、企業側と転職希望者双方とやり取りをおこなっています。それによって企業が求める人材、転職者にマッチする会社を紹介することに成功しているようです。これまでミスマッチが続いていたという転職希望者もmsエージェントからの紹介で長く勤めている方が多く、ミスマッチ率が低くなっているようです。

msエージェントの良い評判は本当?口コミを徹底検証

ここまで実際のmsエージェントのいい評判に関して、口コミをもとに紹介してきました。しかし、これらの評判は本当なのでしょうか。ここでは前述したmsエージェントの2つのメリットを実際に検証していきます。

メリットの検証①:分野ごとにエージェントの専門性が非常に高い


引用元:https://www.jmsc.co.jp/
msエージェントでは職種ごとに求人を探すことが可能であり、所属する転職エージェントは専門分野を決め、それぞれの分野で転職希望者のサポートをしてきました。分野ごとにエージェントがいることでそれぞれの求人に適した履歴書の添削、面接対策などを行ってくれます。msエージェントでは独自のサポート体制を整えているため、その体制がエージェントの専門性の高さにつながり、転職希望者を転職成功へと導いてくれるはずです。

メリットの検証②:希望条件とマッチした転職先を紹介してくれた

引用元:https://www.jmsc.co.jp/service/outline/

msエージェントでは独自の転職サポート体制をとっていることに加え、数多くの非公開求人を所有しています。「自分とマッチした求人がなかなか見つからない」そういった場合は、非公開求人の中に自分とマッチした求人があるかもしれません。非公開求人には非公開になっている理由が存在します。考えられる理由として新事業で公開できない、人気求人で応募の殺到が予想されるなどが挙げられます。特に理由が後者の場合は好条件を提示している可能性が非常に高いです。多くの転職希望者はできるだけ好条件の求人を狙っているため、こういった求人は非公開になりやすい傾向があるようです。msエージェントではこういった求人の紹介もあるため、好条件の企業を希望する転職者にもマッチしやすくなっています。

msエージェントの悪い評判・デメリット

転職エージェントには異なる特徴があるため、実際に使ってみないと合う・合わないは判断できません。ここからはmsエージェントの実際の口コミをもとに、msエージェントの悪い評判・デメリットをご紹介します。msエージェントのデメリットは以下の2点です。

  • ・キャリアの浅い若手ビジネスパーソンには不向き
  • ・営業や販売への転職を希望している人には不向き

それでは見ていきましょう。

デメリット①:年齢が20代~30代の若手ビジネスパーソン向け

20代後半・女性

バックオフィス業務への転職を希望して、この分野の求人に強いmsエージェントに登録しました。確かに、バックオフィス業務の求人は多数ありましたが、どの求人も応募者に求める必須条件の難易度が非常に高く、数年の実務経験やスキルを必要とされます。転職前も同じような職種についていた方には向いていますが、そうでない方には不向きです。未経験から応募可能な求人は限られると思います。

30代前半・女性
高い年収や充実した福利厚生を提示している求人が多いが、どれもある程度の経験とスキルがないと応募できない求人です。30代後半~40代のミドル層には最適な転職エージェントですが、若手ビジネスパーソンは他のサイトと併用して転職活動を行ったほうがスムーズな転職活動になるでしょう。

難易度の高い条件を提示している求人がほとんどで若手向けの求人は少ないようです。若いうちからキャリアを積み、転職前から年収がやや高い方はさらに好条件の企業を見つけることが可能ですが、未経験から応募可能な求人は数が限られているようです。20代~30代の若手ビジネスパーソンで高収入を狙う場合は、それに特化した別のエージェントを活用することをおすすめします。

デメリット②:都市部の求人がほとんどで地方での転職が難しい

40代前半・男性

求人掲載分野に偏りがあるように感じる。バックオフィス業務や士業の求人は多いが、営業や販売の求人はほとんどありませんでした。営業や販売への転職を希望知る場合は別の転職エージェントの活用をおすすめします。また、広い職種から転職先を探したいといった方にも不向きかもしれません。

30代前半・女性
他の大手転職エージェントと比較して、バックオフィス業務や士業の求人掲載は格段に多いです。掲載している求人は好条件のものがほとんどである程度の経験があり、今後さらにキャリアを積みたいと考えている転職希望者には最適だと思います。しかし、特化型の転職エージェントということもあり、非公開求人もバックオフィス業務や士業の求人がほとんどでそれ以外の求人はほとんどないようです。

バックオフィス業務や士業求人の転職先決定率は業界トップですが、その他の職種をほとんど取り扱っていない点がデメリットと感じる方は多いようです。特に営業販売の求人はほぼ0に近く、そういった職種への転職を希望する場合は別のエージェントを活用したほうが良いでしょう。また、士業の中でも税理士の求人がやや少ないという声も挙げられました。

msエージェントの悪い評判は本当?検証して分かった実情

msエージェントには多くの評判や口コミが寄せられていますが、バックオフィス業務や士業への転職を希望している転職者からは高い評価を得ているようです。また、ミドル層のようなある程度キャリアを積んでからの転職にも最適な転職エージェントで「好条件な求人とマッチすることができた」といった声が多数寄せられていました。その一方で、特化型転職エージェントならではのデメリットもいくつか上がっています。ここでは上記で解説した2つのデメリットについて詳しく解説していきます。

デメリットの検証①:キャリアの浅い若手ビジネスパーソンには不向き

msエージェントで取り扱っている求人はキャリア向けの求人が多く、社会人になって数年のキャリアをほとんど積んでいない若手ビジネスパーソンには不向きな転職エージェントのようです。求人記載の必須条件も、数年間の職務経験やその分野における高いスキルが求められることがほとんどです。20代~30代の方は、若手ビジネスパーソン向けの転職エージェントも存在するのでそちらの活用をおすすめします。

デメリットの検証②:営業や販売への転職を希望している人には不向き

特化型の求人で、バックオフィス業務や士業への転職先決定率は業界トップですが、それ以外の職種で転職を希望する際には不向きな転職エージェントです。営業や販売の求人はほとんどなく、それ以外にもエンジニアなど技術職の求人も少ないようです。特化型のエージェントは専門分野の求人数は大手転職エージェントと比較しても多い傾向にありますが、それ以外はほとんど求人掲載がないのがデメリットです。

msエージェントの総評

msエージェントはバックオフィス業務や士業への転職に特化した転職エージェントです。エージェントの専門性も高く、的確なアドバイスを受けることができるため、特化分野への転職先決定率は他大手転職エージェントよりも高く、求人数も格段に多いです。また、独自のサポート体制をとっているため転職者と企業のマッチ率が非常に高く、企業は欲しい人材を、転職者は条件に合った転職先を見つけることが実現可能となっています。

msエージェントに向いている人と向いていない人の特徴

アクシスは専門分野に特化した転職エージェントなので、向いている人と向いていない人の特徴がはっきり分かれます。自分に向いていない転職エージェント・サイトの活用は転職活動を長引かせる原因につながってしまいます。事前に確認し、自分には向いていないと思った際には、他のエージェント・サイトの活用をおすすめします。

msエージェントに向いている人

下記のような人に向いているといえます。

  • ・バックオフィス業務や士業分野での転職を希望する方
  • ・ある程度のキャリアはあるが、これまで希望転職先のミスマッチが続いていた方
  • ・30代~40代のミドル層の転職希望者

専門分野に特化した転職エージェントであり、その分野への転職を希望する方には向いているでしょう。また、独自のサポート体制により、企業が欲しい人材を熟知しています。これまでミスマッチが続いていた方でも、最適なアドバイスをうけることで企業とのマッチ率が上がるはずです。応募必須条件の難易度は上がってしまいますが好条件の求人が多く、キャリアを積んだミドル層の転職活動にはぴったりの転職エージェントです。

msエージェントに向いていない人

  • ・バックオフィス業務や士業分野以外で転職先を探している方
  • ・広い範囲の職種を検討し、転職先を決定したい方
  • ・キャリアの少ない若手ビジネスパーソン

広い範囲の職種から転職先を見つけたい、転職したい職種がほかにある方には不向きでしょう。また、ほとんどの求人が好条件で、非公開求人も多数所有していますが、応募条件のハードルが比較的高く設定されているため、キャリア向きの転職エージェントとなっています。若手ビジネスパーソンや、未経験での転職を目指す方は別の転職エージェントに登録したほうがスムーズな転職活動が進むはずです。

【主要エリア】msエージェントの求人数

東京のmsエージェントの求人数

2021年11月現在のmsエージェント掲載、勤務地東京の求人数は3632件です。現在取り扱っている求人の全体数は5721件なので、60%以上が東京の求人であることが分かります。

大阪のmsエージェントの求人数

2021年11月現在大阪での求人数は818件です。関西圏全体の求人数が1096件なので70%以上が大阪の求人であることが分かります。

愛知のmsエージェントの求人数

2021年現在愛知の求人数は589件です。msエージェントでは首都圏や主要都市での求人数は多いようですが地方に行くにつれて求人数が減っていく傾向にあるようです。地方での転職を希望する方は別の転職エージェント・サイトを活用したほうが良いでしょう。

msエージェントの登録~面談の流れ

・登録
会員登録を行います。必要事項の入力を行い、過去の職種や持っているスキルなど自己アピールにつながる内容は詳細に記入しましょう。

・キャリアカウンセリング相談
専任アドバイザーがキャリアプランを考え、今後の転職活動の参考にします。

・求人情報紹介
キャリアプランをもとに最適な求人を紹介してくれます。面談を行うエージェントは企業が欲しい人材を熟知した専門性の高いエージェントです。履歴書の添削や面接対策なども行ってくれます。

msエージェントに関するQ&A

登録後のキャリアカウンセリングのみ受けることはできますか?

特定の分野の求人が多いため、カウンセリングの時点で自分に合わないと感じた場合は、その後やめても構いません。ただ、エージェントから定期的な連絡が来る可能性があります。転職が決まった際には連絡したほうが良いでしょう。

新卒や第二新卒の依頼は可能ですか

可能ですが紹介できる求人数に限りがある可能性があります。何か特別なスキルを持っている場合はそれを活かして転職先企業の紹介が可能です。

料金体系・紹介手数料について教えてください

料金は完全成果報酬型なので、転職先が決定するまで料金が発生することはありません。紹介手数料は理論年収×35%を基本としています。

運営会社「株式会社msエージェント」

ここまで転職エージェントmsエージェントに関する細かい情報をご紹介してきました。専門分野に特化したアクシスではその分野を熟知したエージェントによる的確なアドバイスを受けることができるはずです。そんなmsエージェントを運営する株式会社msジャパンについて会社概要をご紹介します。

会社概要

msエージェントを運営しているエン・ジャパン株式会社の会社概要を掲載します。

社名 株式会社msジャパン
本社所在地 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム4F
資本金 586百万円
設立 1990年4月
従業員数 (法人全体) 153人 (うち人材紹介部門) 89人
事業内容 ・企業の管理部門職種と士業に特化した求人メディアの運営
・情報提供、マッチングビジネス

拠点 東京のみ

msエージェント株式会社は若手ビジネスパーソン向け転職エージェントですが、その他にも自社のインターネットメディアの企画・運営、WEBアプリ開発・受託・マーケティング支援なども行っています。社員数は少ないですが優秀な転職エージェントが数多く在籍し、転職者に対する手厚い支援を行っています。

関連記事

アンテロープの評判は?口コミを徹底兼用し大手転職サイトと比較

現在、転職を希望する人のほとんどがエージェントの在籍する転職サイトを活用して転職活動を行っています。「せっかく転職サイトに登録したのに求人がなかった」「エージェントが自分に合わなかった」そういった思いをしないためにも、まずは自分にぴった...

AMBIの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

転職活動を行う上で、便利なのが転職サイト。サイトによって特性が異なるので、自分に合った転職サイト選びが重要です。 現在ではさまざまな転職サイトが存在しており、どのサイトを活用すればいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。 ...

JACリクルートメントの評判!転職希望者、求人企業の評判をまとめてみた!

JACリクルートメントのビジネスモデル 最初にご紹介するのは内容は『JACリクルートメント』についての理解を深めるための内容です。どんなビジネスモデルなのか、どんな人に向いているのか。そして、何故、ランクアップの転職の為に選ばれるか。...

ロバート・ウォルターズの評判!転職希望者、エージェント、求人企業の評判をまとめてみた!

ロバート・ウォルターズとは 最初にロバート・ウォルターズがどんな企業かをご紹介します。企業の規模やサービスコンセプトを知っておくことは、転職活動を安心してできるかどうかの大きなポイントだからです。 ロバート・ウォルターズは「英語...

エン転職の評判!転職希望者、求人企業の評判をまとめてみた!

エン転職とは 転職活動をする時には、転職サイトを利用しなければ転職活動は難しいのが実情です。人気のある転職サイト『エン転職』はどんな企業が運営しているのでしょうか。転職という大事なイベントを安心して任せられる企業なのかを確認しましょう...

マスメディアンの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

転職活動を行う上で、転職サイトやエージェントを活用しようと考える方は多いのではないでしょうか。転職エージェントは、自分で情報を探す転職サイトとは異なり、経験豊富なコンサルタントが転職活動をサポートしてくれます。上手く活用してスムーズな転...

費用はいくら?ビズリーチの料金プランと、無料・有料会員の違いも解説

ビズリーチは、国内最大級のハイクラス向けとして、年収600万円以上の方に最も支持されている転職サイトです。 そんなビズリーチのの大きな特徴として、有料会員のプランが設けられていることがあります。 すでに他の転職サイトを利...

dodaの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

転職サイト「doda」とは 転職サイト「doda」は、パーソルキャリア株式会社が運営している転職サイトです。転職者満足度No.1を誇っており、求人件数は約10万件と業界トップクラスの求人を保有しているという特徴があります。 その...

新型コロナ拡大の転職への影響は?いま積極採用を行う企業33選

新型コロナウイルスの感染拡大により、健康面への不安だけでなく、経済への不安を抱える方も大勢いらっしゃるかと思います。 中でも、現在求職中の方にとっては、コロナウイルスが転職市場にどのような影響を与えているのか、転職活動は進めていく...

リクルートエージェントの評判!転職希望者、エージェント、求人企業の評判をまとめてみた!

リクルートエージェントとは 転職活動を行う上で、注目するのは転職エージェントの運営企業が安心できるかどうかではないでしょうか。安心して転職活動を行う上で必要不可欠なパートナーとなる転職エージェントです。安心できるパートナーかしっかりと...

TOP