WEB・アプリサービス

クラウドストライクの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

お客様のデータを保護する使命のもと、セキュリティ侵害からデバイスを守る環境を提供するクラウドストライク。テレワーク環境が普及している現代において、世界中の企業にエンドポイントセキュリティを提供しています。
2011年に設立されて以来、クラウドストライクのレポートは、セキュリティ保護はもちろん、各国企業に対するサイバースパイ活動の摘発にも貢献。
2017年のクラウドストライクの推定年間収益は1億ドルで、企業評価額は30億ドルに達しました。
従業員は3,163人(2020年時点)で、現在はエンジニアを中心にキャリア採用を行っていいます。

クラウドストライクへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・クラウドストライクの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、クラウドストライクの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • クラウドストライクの企業概要
  • クラウドストライクの転職ポイント
  • クラウドストライクの社風や企業文化

クラウドストライクに転職するポイント

クラウドストライクの特徴

POINT

  • ・自律性と信頼に基づいて構築された企業文化
  • ・ほとんどの業種でテレワークを実施
  • ・エンジニアやデザイナーなどの業種を募集

クラウドストライクへ転職するポイント

POINT

  • ・海外の会社なので語学力が必須
  • ・セキュリティ違反を防ぐ目的意識が重要
  • ・業種によって深い専門知識がそれぞれ必要

クラウドストライクの企業概要

会社名 クラウドストライク株式会社
所在地 150 Mathilda Place Suite 300 Sunnyvale, CA 94086 USA
社長 George Kurtz
設立 2011年11月
株式 上場(NASDAQ)
株主構成(2018年3月期) Warburg Pincus
Accel
T.Roue Prince

クラウドストライクの売上

記載なし

クラウドストライクの最新ニュース

クラウドストライクの事業内容

クラウドストライクは、エンドポイントセキュリティやサイバー攻撃対策セキュリティの提供をしている企業です。
クラウドストライクのサービスは、全てクラウドベースで提供されるので、簡易的かつ短時間でセキュリティ環境を実現できます。
そのため、世界中の企業がクラウドストライクのセキュリティサービスを導入しており、クラウドストライクの事業は、セキュリティ業界内で最も勢いがあるといえます。

クラウドストライクの募集要項

ソフトウェアエンジニア

世界レベルのサイバーセキュリティ製品を開発する業種です。製品開発チームは開発組織全体に関与しており、会社全体の多くのチームと協力します。サイバー攻撃を検出したら、自動的にデータベースを構築し、新規および既存の顧客のセキュリティを保護します。

必須な経験・スキル

  • ・コンピュータサイエンスの学位または相応の経験
  • ・ソフトウェアの開発とサポートにおける4年以上の経験
  • ・プログラム言語におけるGo、Scala、Python、Java、またはC#のいずれかを習得
  • ・組織全体で効果的にコミュニケーションできる能力

セールスエンジニアリング

お客様のニーズを把握しながら、クラウドストライクの製品の導入についてアドバイスする業種です。
複雑なアーキテクチャを理解し、クラウドストライクとお客様の間の技術的な架け橋にならなければなりません。
お客様のセキュリティ対策について改善案を説明するために、書面および口頭でのプレゼンテーションスキルが求められます。

必須な経験・スキル

  • ・セキュリティコンサルティング、セールスエンジニアリング、または同等の分野での5年以上の経験
  • ・コンピュータサイエンスまたは関連する実務経験の学士号
  • ・エンドポイントセキュリティテクノロジーに関する技術的理解
  • ・書面および口頭でのプレゼンテーション能力

テクニカルサポートエンジニア

セキュリティサービスについて、操作、導入方法のレクチャーをしたり、故障やトラブルなどの技術的な問題に対処したりする業種です。
問い合わせ内容は多種多様ですので、サービスやテクノロジーを深く理解していなければなりません。
また、問い合わせ内容を整理してまとめることで、今後の業務の効率化をはかります。
技術的および非技術的なサポートによってお客様との信頼関係を構築する業種ですので、専門知識に精通しているだけでなく、要点をわかりやすく伝える力が必要です。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上のカスタマーサポート、テクニカルサポート、システム管理、または関連するカスタマー対応の経験
  • ・Windowsサービスに精通しており、オペレーティングシステムやネットワーク問題のトラブルシューティングについて診断ができる
  • ・さまざまな形式(書面、ライブチャット、電話会議、口頭)での優れたカスタマーサービス、コミュニケーションスキル など

クラウドストライクの転職難易度

クラウドストライクの転職難易度は比較的高いです。
理由としては、日本支社での求人がほとんどないことや、英語力が必要なこと、有名企業であり募集者が多いことなどが挙げられます。
また、さまざまな企業でセキュリティ対策は喫緊の課題となっていますので、即戦力も求められることもあるかもしれません。
自分のスキルや能力をしっかりと発揮できるかどうかが面接時のカギとなります。

クラウドストライクが転職者に求める人物像

クラウドストライクでは、どの業種においても、顧客のニーズに敏感でなければなりません。
ユーザーを満足させるためには、深い専門知識を持っていることはもちろん、新しい知識やスキルを獲得しようとする意欲が必要です。
リモートワークが中心ですが、ZOOMなどを使ったオンライン会議が行われるので、共同作業を円滑に進めるためのコミュニケーション能力も求められるでしょう。

クラウドストライクの転職までの流れ

クラウドストライクの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:所属部長・人事部長
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:人事部長・役員
想定内容:これまでの質問に加え、意識の高さを確認するような質問をされます。

内定

クラウドストライクの面接形式

面接形式は不明ですが、現在はテレワークになっていることから面接もWEBでの面接になることが予想されます。

クラウドストライクの面接内容

クラウドストライクは、外資系企業のため面接内容などの情報がほとんどありません。
クラウドストライクの面接内容を詳しく知りたいという場合には、クラウドストライクへの転職支援を行ったことのある転職エージェントに相談することをおすすめします。

クラウドストライクで働いている方の評判・口コミ

プロジェクトマネージャー、在籍3年、男性
休暇が取りやすく、年に2回ほど2週間ほどの長期休暇を取得できます。生活は規則的でプライベートの時間も多く取れるので、ワークライフバランスには満足しています。
テクニカルサポート、在籍1年、男性
まだまだ若い会社ではありますが、顧客数は右肩上がりです。ほとんどはリモートワークなのですが、他の会社でもリモートワークが増えたことから需要がうなぎ上り。
その他の事務関連、在籍2年、女性
急速に成長している企業なので、自ら成長しようという気概が無ければやっていけないと思います。日本の右に倣えの精神や年功序列とは全く逆で、スキルのある人がどんどん先に行く印象です。

口コミの要約クラウドストライクの口コミは少ないですが、ワークライフバランスがしっかりと保たれていることや、業績の良さへの口コミが多く見られました。昨今の状況下でも業績が上がっていることを見ると、将来性もある企業といえるでしょう。

クラウドストライクの年収・給与

年収 不明
ボーナスの有無 記載なし
昇給制度 記載なし
残業手当 記載なし
固定残業手当 記載なし
通勤手当 記載なし
住宅手当 記載なし
福利厚生 記載なし

クラウドストライクでの転職者の出世難易度

クラウドストライクの出世難易度は非常に高いです。
実績を多く残し、スキルや経験を身に付けることで、時間はかかっても部長クラスまでなら出世することができます。
しかし、それ以上の役職は空席が基本的に空くことはなく、部長以上に出世となると至難の業でしょう。
ただし、仕事に対する評価は新卒や中途など関係なく、平等に評価されるので、頑張ったら頑張った分だけ正当な評価をされるといえます。

クラウドストライクはどんな人が働いている?

クラウドストライクの従業員数

3,163人

クラウドストライクの平均年齢

記載なし

クラウドストライクの平均勤続年数

記載なし

クラウドストライクの社風

クラウドストライクは「リモートファースト」を理念に、自律性、柔軟性、信頼の原則に基づいた職場環境になっています。「リモートファースト」は名前の通り、業務は在宅勤務が中心です。一方で、オンライン会議ではオープンな意見交換が盛んで、従業員の全員がチームの一員として働く意識が高いです。
主体性が重んじられる社風ですので、自分の意思決定が尊重される社風といえます。

クラウドストライクのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 記載なし
休日 記載なし
その他の休日・休暇 有り
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

クラウドストライクの社長

George Kurtz(ジョージ・カーツ)

母校はシートンホール大学で、卒業後は公認会計士としてキャリアをスタート。
1999年には、ネットワーク管理者向けのサイバーセキュリティに関する本であるHacking Exposedを、執筆。同年、サイバーセキュリティ会社であるFoundstoneを設立した。
その後、2011年11月に同じくサイバーセキュリティ会社であるクラウドストライクをドミトリ・アルペロヴィッチと共同設立。現在もCEOを勤めている。2017年5月に、クラウドストライクの評価額は10億ドルを上回った。

クラウドストライク現職、OB/OGの有名人

Dmitri Alperovitch(ドミトリ・アルペロヴィッチ)

母校はジョージア工科大学で、2001年にコンピューターサイエンスの学士号を、2003年に情報セキュリティの修士号を取得している。
クラウドストライクの共同創設者であり、元最高技術責任者。
2011年8月、McAfeeの脅威調査に従事。防衛産業、世界中の企業、国連、国際オリンピック委員会など、少なくとも72の組織への中国の侵入の疑いに関するレポートである「Operation ShadyRAT」を公​​開した。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。


※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

キャリーナ公式サイトへ

クラウドストライクの転職に関わるQ&A


.クラウドストライクは、採用活動の機会均等を徹底しています。応募資格のある全ての人は、人種、肌の色、宗教、性的指向や性同一性を含む性別、出身国、障害に関係なく、雇用の機会が得られます。

まず、福利厚生には、有給休暇、育児休暇、包括的な健康保険が含まれます。
そして、社内開発プログラムなど、従業員間で多様なコミュニティを育む取り組みが行われています。

クラウドストライクへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

クラウドストライクの公式HPにある採用情報ページから応募することが可能です。
求人情報をはじめ、クラウドストライクについてや利点、文化などが掲載されているので、応募する前に目を通しておくと良いでしょう。
ただし、求人情報は不透明なところがあり、イマイチ分からないという方も少なくありません。
もっと詳しい内容が知りたい場合や確実な転職を目指すなら、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、クラウドストライクの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

豊富な企業情報の中から自分に合ったポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してクラウドストライクへ転職するなら、企業案件数が豊富で、ハイクラス求人を多く扱っている「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・求人情報が豊富に掲載されている
・自分のペースで気軽に転職活動が進められる
・気になる求人があればすぐに応募できる

豊富な企業や職種の中から自分が希望するポジションを探したい方や、自分のペースで転職活動がしたい方は、転職サイトの利用がおすすめです。
また、ここ数年では、本格的に転職エージェントを活用する前の下調べとして、転職サイトを利用するという方も多く、まずはクラウドストライクの募集内容などを知りたいという場合は、一度チェックしてみるのも一つの手といえるでしょう。

iX転職では平均年収が高く、年収交渉も可能!

iX転職から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているiX転職だけあり、提示されている年収が比較的高く、求人によっては年収交渉することができます。
また、iX転職は転職サイトの中でも比較的多くの非公開求人を持っている傾向があり、ヘッドハンターに相談することで、一般公開されていない非公開求人を紹介してもらえることがあります。
ただし、iX転職を含めた転職サイトからの応募は、自身と企業とのすり合わせが上手くいかないこともあり、その結果、書類選考が通らないということもあります。
より確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

クラウドストライクに応募する前に一度相談!「転職エージェント」

クラウドストライクへの転職に対して、不安や疑問な点が少しでもある場合は、外資系に特化している専門転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・キャリア相談や面接対策をはじめとした多角的なサポート
・今の自分を客観的に見てくれて、足りない部分を教えてくれる
・比較的多くに非公開求人を扱っている

転職エージェントでは、キャリア相談や面接対策などといった多角的なサポートがあり、内定までしっかりと導いてくれます。
また、キャリアアドバイザーに客観的に見てもらうことで、自分の足りない部分を教えてもらえるのも特徴の一つといえます。
転職エージェントは、そのときの転職活動だけを支援するだけではなく、転職希望者のキャリア形成全体を見てくれるため、確実な転職をしたい方には活用がおすすめです。

外資系企業への転職を目指すならロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズ・ジャパンに掲載されている求人は、基本的に英語表記になっています。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、1985年にロンドンで設立された比較的歴史が長い転職エージェントであり、ハイクラスの非公開求人を豊富に持っているので、クラウドストライクへ転職したいと伝えれば、目的にあったポジションを紹介してもらえる可能性があります。
また、国際的に展開する企業に対して強みを持っているため、クラウドストライクのような外資系企業へ転職するのであれば、ロバート・ウォルターズ・ジャパン一択といえるでしょう。
ただし、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、日常会話ができる英語力を持っていることが大前提であるため、スキルや実績が足りていないと希望する案件は紹介してもらえないので、あらかじめ理解しておく必要があります。

関連記事

Sharing Innovationsへの転職は難しい?選考フローや社風などを解説

Sharing Innovationsは、クラウドやオープン系のプロダクトや技術を駆使し、幅広い業種のクライアントのDX化を支援している企業です。 AIをはじめとしたイノベーションからWebアプリの開発、基幹系システムの開発など、...

i-plugの転職事情。転職難易度や面接内容などを解説

i-plug転職者の主なキャリアステップ 前職 人材サービス業 マーケティング企業 株式会社i-plugに転職 次の転職先 トレンドマイクロなどのセキュ...

リクルートテクノロジーズの転職ノウハウ。難易度や残業時間などをご紹介

プロジェクトマネージャー系エンジニア系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 リクルートテクノロジーズ プロジェクトマネージャー系 プロジェクトマネージャー系に関するコメント Webサービス・アプ...

ベネフィットワンの転職難易度は高い?選考フローや口コミなどを解説

ベネフィットワンは、官公庁や企業の福利厚生業務「ベネフィット・ステーション」などの運営代行サービスを行っている企業です。 主に法人向けサービスを主軸に手掛けており、設立以来より、ユーザー定額課金型のサービスマッチングを展開することで、...

東和ハイシステムの転職難易度は?事業内容や将来性、転職するメリットなどを解説

東和ハイシステムは、歯科医院向けの電子カルテ管理システムである「Hi Dental Spirit XR-10i」の開発などを行っている企業です。 長年の運用により蓄積された数多くのノウハウが凝縮された高品質なカルテ管理システムを提...

ヤフーの転職情報まとめ。評判や難易度などを調査してみました

ヤフー転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWEB系事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム サイバーエージェントなどのネット専業広告代理店 ...

ユーザベースへ転職したい方必見。転職難易度や福利厚生についてご紹介

ユーザーベース転職者の主なキャリアステップ 前職 ヤフーなどのWEB系事業会社 商社 メーカー 代理店 エコノミストなど 株式会社ユーザーベースに転職 ...

はてなへの転職は難しい?難易度や社風について調査

はてな転職者の主なキャリアステップ 前職 web系事業会社 株式会社はてなに転職 次の転職先 web系事業会社 広告代理店 はてなの主な転...

アマゾン(Amazon)への転職!評判や転職のポイントを解説

アマゾンジャパン転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天などのWEB系事業会社 プロダクト・商品・サービスを持っている大手事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム Googleなどの外資系テク...

デジタルマーケティング業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

デジタルマーケティングとは、様々なものがデジタル化しデジタル関連のサービスが増えている中で注目されているデジタル化されているマーケティグのことです。 デジタルマーケティング業界への転職を検討するにあたって、まずはデジタルマーケ...

TOP