WEB・アプリサービス

リビン・テクノロジーズへの転職情報。転職難易度や社員の口コミなどを解説

リビン・テクノロジーズ転職者の主なキャリアステップ

リビン・テクノロジーズの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や大学卒業などが在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

リビン・テクノロジーズ在籍者の主な職歴は、エンジャパンやネオキャリアなどの人材サービス業住友林業などの不動産事業者が挙げられます。

次の転職先

リビン・テクノロジーズからの転職先として、デジタルマーケティング事業者やアパレルメーカーなどへ転職しています。

リビン・テクノロジーズは、インターネットを利用した不動産取引を行う不動産・住宅業界に特化したマーケティングサービスを展開している企業です。
「売りたい」や「管理して欲しい」、「立てたい」といった不動産に関するさまざまなニーズをクライアント企業のニーズへマッチングする「不動産プラットフォーム事業」を中心に展開しています。
購入や賃貸が中心の大手不動産ポータルサイトとは異なるターゲットに絞ったニッチトップ戦略を採用しています。
また、2022年にコロナ禍における急速なDX化に対応した不動産専門ビジネスツール比較サイト「不動産ビジネスバンク」をリリースするなど、利便性の高いサービスを提供している企業です。
そんなリビン・テクノロジーズでは、企画営業職やフロントエンドエンジニアなどの職種で中途採用を行っています。
リーダー候補としての採用も多く、中途採用に積極的な姿勢が伺えることが特徴です。
この記事では、リビン・テクノロジーズへの転職を成功させるうえで必ず知っておきたい同社の事業内容や転職難易度、年収や将来性などを解説します。

リビン・テクノロジーズを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・リビン・テクノロジーズの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • リビン・テクノロジーズの企業概要
  • リビン・テクノロジーズの転職ポイント
  • リビン・テクノロジーズの社風や企業文化

リビン・テクノロジーズに転職するポイント

リビン・テクノロジーズの特徴

POINT

  • ・不動産の売却に焦点を絞ったプラットフォームを提供する企業
  • ・営業収益は右肩上がりで推移しており、シェアの拡大が続いている
  • ・事業が成長中で、やる気のある社員が多いという口コミあり

リビン・テクノロジーズへ転職するポイント

POINT

  • ・企画営業職やフロントエンドエンジニアなど、幅広い中途採用あり
  • ・リーダーなど、将来の幹部候補となる責任あるポジションでの求人もある
  • ・面接は社長が担当することが多く、社風とマッチするかを重点的に聞かれる

リビン・テクノロジーズの企業概要

会社名 リビン・テクノロジーズ株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋堀留町1-8-12 さくら堀留ビル8階
社長 川合 大無
設立 2004年1月
株式 上場(東証グロース)
株主構成 川合大無(40.77%)
川合商会株式会社(29.77%)
東京短資(2.90%)

リビン・テクノロジーズの売上

リビン・テクノロジーズの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
営業収益 2,444百万円 3,242百万円 3,029百万円
経常利益 9百万円 148百万円 380百万円

リビン・テクノロジーズの最新ニュース

リビン・テクノロジーズの事業内容

リビン・テクノロジーズの主力事業は、不動産に関するエンドユーザーとクライアント企業のマッチングを行う不動産プラットフォームの運営です。
「インターネットを利用して、人々の生活に密着した手放せないサービスを提供し、世の中に必要不可欠な企業になる」というミッションのもと、不動産の売却や管理、建設など、さまざまなニーズをクライアント企業にマッチングしています。
不動産比較のバーティカルメディア「リビンマッチ」では、無料でクライアント企業に問い合わせを行うことが可能であり、エンドユーザーからの問い合わせは年間で12万件を超えています。
エンドユーザーからの反響に応じた手数料である反響型課金と、毎月一定の額を課金する定額課金の2つがリビン・テクノロジーズの収益の柱です。
営業収益は2017年以降一貫して右肩上がりで推移しており、新型コロナウィルス流行の影響もほとんど受けていない安定した企業といえます。
ただし、周辺領域が広く将来性が高いものの、経常利益は横ばいが続いているため、利益率の改善が今後の課題となるでしょう。

リビン・テクノロジーズの募集要項

フロントエンドエンジニア

不動産メディアなどのWebサイト、アプリの新規開発や運用を行うのがフロントエンドエンジニアの主な役割です。
また、社内業務システムの構築も行います。
SEOやマーケティング能力も身につく裁量の大きな職種です。

必須な経験・スキル

  • ・iOS / Androidアプリ開発の経験
  • ・PLやPMの経験
  • ・要件定義や設計、開発、テスト、運用保守などの経験

企画営業リーダー候補

リビン・テクノロジーズが展開している自社メディア「リビンマッチ」の営業活動を担当します。
主な営業先は全国の不動産会社・住宅関連会社です。
既存顧客の対応のみならず、新規顧客に向けたWEB広告商品の提案なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・普通自動車免許
  • ・基本的なPCスキル

Webデザイナー

リビンマッチなどの自社サービスのランディングページやバナー作成、デザイン改善とコーディングを行うポジションです。
そのほかにも、不動産会社様向けの管理画面や社内向けの管理画面、新規サービスのデザインとコーディングも行います。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上のWebデザインの実務経験
  • ・WordPressでのサイト制作経験

リビン・テクノロジーズの転職難易度

リビン・テクノロジーズの転職難易度は中程度です。
リビン・テクノロジーズでは、企画営業やフロントエンドエンジニア、インフラエンジニアといった職種を中心に中途採用を行っています。
そのほかにも、採用担当や開発部長、各種エンジニアのリーダー候補など席Ⅱのあるポジションの中途採用も募集しており、中途入社の社員に積極的に企業をけん引してもらいたいという方針が伺えます。
応募のために設定されている必須要件も特別高いといったわけではなく、求人によってはそれほど高いスキルや経験が求められない傾向があります。
特に営業系の職種は営業経験がない場合でも応募できるものがほとんどで、異業種からの転職も積極的に狙うことができます。
油断せずに面接対策をしっかり行い、確実にリビン・テクノロジーズへの転職を成功させるようにしましょう。

リビン・テクノロジーズが転職者に求める人物像

リビン・テクノロジーズは、それぞれの求人で転職者に求める人物像をいくつか明記していますが、そのなかでも多くの職種に共通して書かれているポイントは2つです。
1つ目は、「具体的な支持がなくても全体像を理解し、自走できること」です。
リビン・テクノロジーズは創業から20年程が経過した企業ですが、まだまだ社員数の少ない成長途中の企業といえます。
仕事の裁量が大きいため、指示がなくても業務をこなすことができる主体性に富んだ人材が重宝されます。
2つ目は、「ベンチャー企業でコアメンバーとして働きたいこと」です。
1つ目のポイントとも共通しますが、リビン・テクノロジーズでは積極的に行動できるリーダーシップに溢れた人材を求めています。
面接の際にもこれら2点を意識しながら、積極席やリーダーシップをアピールすると良いでしょう。

リビン・テクノロジーズの転職までの流れ

リビン・テクノロジーズの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・WEB適性検査

想定選考官:現場社員・社長
想定内容:オンラインで行うことも可能で、主にオーソドックスな内容が中心となります。

最終面接

想定選考官:社長
想定内容:これまでの質問に加え、社風とマッチするかどうかを中心に聞かれます。

内定

リビン・テクノロジーズの面接形式

リビン・テクノロジーズの面接回数は職種や応募状況によって異なり、基本的に2~3回です。
面接はいずれも1対1で行われることがほとんどで、オンライン面接を選択することができます。
面接1回あたりの所要時間は45分前後と標準的かやや長い傾向にあります。

リビン・テクノロジーズの面接内容

リビン・テクノロジーズの面接内容は、「学生時代に力を入れたことは何か」や「これまでのキャリアでどのようなことを学んだか」といった過去の経験を重視する内容が中心です。
中途採用の面接ではありますが、学生時代の経験を聞かれることが多く、場合によっては学生時代の部活動などに触れられることもあります。
そのほかにも、「体育会系だが頑張れるか」や「お酒は好きか」といった質問をされる傾向があります。
全体的に人物を重視している雰囲気があるため、実力よりも人物面のアピールに力を入れたほうが良いでしょう。

リビン・テクノロジーズの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は比較的多い
・求人情報はリクナビNEXTなどでも確認できる
・オーソドックスな質問を多くされる傾向がある

営業、30代前半、男性
「学生時代に力を入れたことは何ですか」と聞かれたことが印象に残っています。10年以上前の記憶で曖昧な部分もありましたが、なるべく丁寧に分かりやすく伝えるように心がけました。
マーケティング、20代後半、男性
「体育会の風土だが頑張れるか」と聞かれました。また、お酒は好きかどうかも聞かれました。苦手と答えましたが、極端に選考が不利になったということもなかったため、素直に答えるのが良いと思います。
営業、20代後半、女性
「なぜ数ある職種のなかで営業を選んだのか」といわれました。企業の志望動機のみならず、職種に対する志望動機もよく練っておくことがおすすめです。
事務、40代前半、女性
「これまでのキャリアでどのようなことを学んだのか」と聞かれました。面接は全て社長が対応したことに驚きました。全体的にオーソドックスな切り口が多かったです。
営業、20代後半、男性
私の場合3回の面接がありましたが、どれも社長が対応しました。「なぜこの企業を選んだのか」や「転職の理由は何か」など、極めて一般的な内容が多く、これといって印象に残っている質問はありません。

リビン・テクノロジーズで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍5~7年、男性
部長と新卒がボリューム層で中間管理職が少ないため、良くも悪くも自由に働くことのできる風土です。出世も狙いやすいのではないかと思います。体育会系の風土と聞いて入社しましたが、実際はガチガチの上下関係があるというようなことはなかったです。実力は正当に評価してもらえる制度が整っており、公平感のある人事が行われています。
法人営業、在籍3~5年、女性
若い社員が多く、士気が高いのが特徴の企業です。成長途中の企業ということもあり、会社全体に勢いがあります。男性社員が多く、女性社員はほとんどいません。特段働きにくいということはありませんが、特別配慮されているということもないため、女性の働きやすさはまずまずといった印象です。有給休暇は申請すればしっかりと通るので、ワークライフバランスの良い企業だと思います。
SE、在籍7~10年、男性
以前は土日出勤が慢性化していましたが、最近は働き方改革が進められていることもあり、休日出勤はほとんどなくなりました。毎日定時で帰れるというわけではなく残業もほどほどにはありますが、自身の趣味を楽しむ時間はしっかりと取ることができます。単一商材でありながらクライアントの継続率が非常に悪いため、この点を改善することが業績拡大に繋がると思います。
口コミの要約

中間管理職が少ないため、自由に働くことのできる企業だという口コミが目立ちました。ワークライフバランスはまずまずで、残業時間も標準的かやや少ない水準となっています。社内ではクライアントの継続率の改善が喫緊の課題となっており、ここを克服することができるかどうかに社運がかかっているといえるでしょう。

リビン・テクノロジーズの年収・給与

年収 497万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月45時間分)
通勤手当 有り(全額支給)
住宅手当 有り
福利厚生 資格合格報奨金、結婚祝い金、出産祝い金、採用協力金など

リビン・テクノロジーズでの転職者の出世難易度

リビン・テクノロジーズの転職者の出世難易度は中程度です。
リビン・テクノロジーズには、新卒社員と部長が多く、中間管理職が少ないという現状があります。
結果的に自由に働くことができる風土が整っており、評価は公平に行われていると感じている社員が多く、実績がそのまま出世に繋がる企業です。
未だ規模の小さな企業ということもあり、人物面としてはリーダーシップと主体性のある人材が重宝される傾向にあります。
リビン・テクノロジーズで出世を狙うのであれば、周りを巻き込んだ積極的なチャレンジを行い、リーダーシップなどをアピールすることが効果的です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 500万円
30代中盤 リーダー 600万円
30代後半 なし 700万円
40代前半 部長 700万円
40代後半 部長 900万円
50代前半 なし 700万円

リビン・テクノロジーズはどんな人が働いている?

リビン・テクノロジーズの従業員数

86名

リビン・テクノロジーズの平均年齢

31.3歳

リビン・テクノロジーズの平均勤続年数

2.5年

リビン・テクノロジーズの社風

リビン・テクノロジーズの社風の特徴は、やや上下関係の厳しい体育会系の風土です。
営業所や配属先の部署によって程度の差はありますが、いずれの場合も他社よりは上下関係が厳格な傾向にあります。
特別上司と話しにくいというような隔たりがあるわけではありませんが、ある程度体育会系の風土があることを理解しておきましょう。
そのほかにも、自由に働くことのできるアットホームな風土があり、コミュニケーションが積極的に取られています。
営業職を中心に活気のある風土もあり、今後も収益改善に向かって社員が一丸となって進んでいくことが期待されています。

リビン・テクノロジーズのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 9:00〜18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 GW休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月21.1時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り(応相談)

リビン・テクノロジーズの社長

川合 大無

1975年生まれ。
1998年にニチモウ株式会社へ入社。
2000年にバリューコマース株式会社へ転職。
2003年に株式会社サイバーエージェントへ入社。
翌年、リビン・テクノロジーズ株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。

リビン・テクノロジーズ現職、OB/OGの有名人

小櫻 耕一

1974年生まれ。
1993年に日立マクセル株式会社へ入社。
2000年に株式会社イードへ入社。
その後、ネットマイルやウイングなどを経て、2014年にリビン・テクノロジーズ株式会社へ入社。
2019年より、取締役 不動産プラットフォーム事業本部長兼不動産メディア部長を務めている。

リビン・テクノロジーズの転職に関わるQ&A


リビン・テクノロジーズの月平均残業時間は21.1時間であり、これは同規模の企業と比較すると標準的かやや短い水準です。
実際の口コミにも「自分の趣味と仕事を両立できる」や「働きやすい」といったポジティブな意見が多く見られました。
以前は休日出勤なども常態化していたものの、最近は働き方改革や株式上場の影響もあり、ワークライフバランスが大幅に改善したといえます。

リビン・テクノロジーズの社員クチコミによると、女性の働きやすさはまずまずといった印象です。
産休や育休など、育児のための最低限の制度は整えられている一方で、社内にはまだまだ女性が少なくキャリアパスも整備されていないという声もありました。
営業部を中心に女性が活躍していますが、産休や育休を利用しやすい雰囲気作りなどはまだまだ取り組みの余地があるといえます。

リビン・テクノロジーズへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

リビン・テクノロジーズの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、企業に関するさまざまな情報が掲載されているので、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合は、転職活動に時間がかかってしまう傾向があります。
できるだけ時間をかけずに転職したいと考える方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

通信業の募集要項を一緒に確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してリビン・テクノロジーズに転職するなら、競合他社の募集要項を比較することが可能な「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・求人案件確認~応募までのスピード感

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行えるという手軽さがあるので、比較的時間をかけずに転職することが可能です。
また、求人案件が比較的豊富であり、求人案件の確認から応募までがスピーディーに進みます。
できるだけ時間をかけずに転職したい方やさまざまな企業を比較したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集を比較するなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)では、競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの通信業界の平均年収は、800万円~1,200万円となっており、別サイトと比べ、比較的高く設定されています。
また、doda X(旧:iX転職)では、一般的に掲載していない非公開求人を多く持っている転職サイトとして有名であり、ヘッドハンターに相談することで自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「自分の今の能力で活躍できる企業がどれほどあるのか」や「募集要項はどのような違いがあるのか」などを知りたい方は、doda X(旧:iX転職)にまずは登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

名南M&Aへの転職は難しい?口コミや転職難易度などを解説

名南M&Aは、事業承継目的のM&Aを通じて、地域企業の活性化に貢献している企業です。 地域密着にこだわっており、主に東海・近畿エリアの金融機関と提携し、中堅企業や中小企業のさらなる成長と発展に貢献するなど、地域に根付いたM&A...

and factoryへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

and factory転職者の主なキャリアステップ ...

BeeX(ビーエックス)への転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

BeeXは、企業の基幹システムの基盤環境をオンプレミスからクラウドへの移行サービスや保守・運用サービスを提供している企業です。 顧客のニーズに合わせて最適化したソリューションの提供やクラウド基盤構築を行っており、顧客の問題解決...

株式会社タスキの転職難易度は高い?選考フローや年収などを解説

タスキは、新築投資用IoTレジデンスの企画や開発、販売をはじめ、不動産業を手掛けている企業です。 また、ライフプランプラットフォーマーとして、暮らしをより豊かにするサービスや顧客が抱える人材不足を解決する福利厚生サービスも展開...

Speeeへの転職まとめ。面接内容や転職難易度などを解説

Speee転職者の主なキャリアステップ 前職 マーケティング事業 ゲーム開発事業 インターネット広告事業 株式会社Speeeに転職 次の転職先 フュー...

ラキールの転職事情。面接内容や選考フローなどを解説

ラキール転職者の主なキャリアステップ 前職 ITベンダー 製薬会社 株式会社ラキールに転職 次の転職先 ベンダー SIer ラキールの主...

KIYOラーニングへの転職情報まとめ。事業内容や転職難易度などを解説

個人向けの資格取得支援サービスである「STUDYing」など、社会人の学習に向けたサービスをリリースしているKIYOラーニング。スマートフォンやPC、タブレット端末などを用いた教育事業を展開している、東証グロース上場企業です。資格取...

エムスリーへ転職するべき?福利厚生や難易度について調査

エムスリー転職者の主なキャリアステップ 前職 アクセンチュアなどのIT系コンサル 楽天、ヤフーなどのWEB系事業会社 IBMなどのSIer 製薬会社など エムスリー株式会社に転...

サインドへの転職。事業内容や転職のメリット・面接の口コミを解説

「インターネットを通じて、心のつながりを提供する」というミッションのもと、理髪店や美容院のクラウド型予約管理システム「Beauty Merit」を運営しているサインド。単なる予約管理にとどまらず、顧客と店舗とのつながりをサポートする...

Twitter Japanへの転職。年収や仕事内容について解説

Twitter Japan転職者の主なキャリアステップ 前職 総合代理店 Web系代理店 外資系等の大手事業会社 Twitter Japan株式会社に転職 ...

TOP