WEB・アプリサービス

アマゾン(Amazon)への転職!評判や転職のポイントを解説

アマゾンジャパン転職者の主なキャリアステップ

アマゾンジャパンの主な転職元・転職先

学歴学歴は、高卒〜大学・大学院(博士含む)卒が在籍しており、高学歴者の比率が高く、海外大学出身者も多く在籍しています。

前職アマゾンジャパン在籍者の主な職歴は、楽天などのWEB系事業会社プロダクト・商品・サービスを持っている大手事業会社アクセンチュアなどのコンサルティングファーム、さらにはGoogleなどの外資系テクノロジー企業などが挙げられます。

次の転職先アマゾンジャパンからの転職先として、楽天などのWEB系事業会社プロダクト・商品・サービスを持っている大手事業会社アクセンチュアなどのコンサルティングファーム、さらにGoogleなどの外資系テクノロジー企業などが挙げられます。

アマゾンジャパンは2000年7月に設立した総合オンラインストアです。
書籍や生活用品、コスメ、時計、食品&飲料など、商品を2憶種以上取り扱っています。
本社は東京都目黒区構えていますが、2022年に西日本最大の物流拠点を尼崎市に開設するなど、順調に事業展開を図っている企業です。
そんなアマゾンジャパンでは、営業からマーケティング、エンジニアまで幅広い分野で求人募集中です。
常に高い改革意識を持っている方が求められる傾向にあります。

アマゾンジャパンへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・アマゾンジャパンの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、アマゾンジャパンの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

アマゾンジャパンに転職する際のポイント

アマゾンジャパンの特徴

POINT・世界No.1の時価総額を誇る企業が親会社
・高収入で1,000万を超える場合も
・リモートワークやフレックス制度などが充実

アマゾンジャパンへ転職するポイント

POINT・コンサルファームや外資系テクノロジー企業の転職者が多い
・幅広い職種と勤務地で募集
・勤務経験やスキルが求められる職種が多い
・TOEICの点数を求められる職種が多い

アマゾンジャパンの企業概要

会社名 アマゾンジャパン合同会社
本社所在地 東京都目黒区下目黒1丁目8番1号
社長 ジャスパー・チャン
設立 1998年9月
株式 非上場
株主構成 記載なし

アマゾンの売上

アマゾンの売上推移

年数 2018年度 2019年度 2020年度
売上高 232,887百万ドル 280,522百万ドル 386,064百万ドル
営業利益 12,421百万ドル 14,541百万ドル 22,899百万ドル

POINTアマゾンジャパンは年々売り上げを伸ばし続けています。売上の比率はEコマース事業がダントツです。

アマゾンジャパンの最新ニュース

アマゾンジャパンの事業内容

アマゾンジャパンは、世界最大手のEC通販プラットフォーム「Amazon」を運営しているAmazon.com, Inc.の日本法人です。
書籍やデジタル機器、日用品、オフィス関連用品など、2億種を超える商品を取り扱っています。
また、Amazonが提供する商品のほかにも、現在は一般事業主の方などが出品して商品を販売できるため、品揃えがより拡大しています。
アマゾンジャパンでは現状に満足することなく、常に上を目指しており、あらゆるものが流通する場へとチャレンジしている企業です。
今後も、ネット偉業の優位性を活かし、圧倒的なスピードで品揃えを拡充していくことを目指しています。

アマゾンジャパンの募集要項

ビジネスディベロップメント

アマゾンジャパンが行なっている小売ビジネスにおける新サービスの立ち上げやプライム・ビデオやプライム・ミュージックのサービスなどに関わります。
外部におけるパートナーの発掘やプロモーション、企画などが業務内容です。

必須なスキル・経験・Eコマースやアプリ、デジタルマーケティングなどのインターネットにおけるビジネスの豊富な経験
・交渉能力やプレゼンテーション能力
・データを分析し、的確にマーケットを捉える力
・ビジネスレベルの英語能力など

ビジネスインテリジェンス

アマゾンで日々集計される膨大なデータを元に、改善の提案などを行うことが仕事です。
また、部門によってはデータの収集だけではなく、蓄積や分析などにおいて以下に効率的に行えるようにシステムの構築や運用などにも携わります。

必須なスキル・経験・システムの構築経験またはデータ分析の経験が3年以上
・データ分析におけるKPIの設定やデータの予測が行える方
・ビジネスレベルの英語能力など

クリエイティブディレクター

配属先によって異なりますが、Amazonのブランドイメージを成長させる仕事です。
具体的には、クリエイティブの企画や制作、運用までを行います。
また、Eコマースに置いては、イベントや季節に合わせての特集ページの制作も行います。

必須なスキル・経験・クリエイティブディレクターの経験やWEBプロデューサーの経験
・社内のおける調整能力
・訪問者数や転換率などを分析する力など

サーチエンジニア

Amazonユーザーの利便性の向上に対する業務を担うポジションです。
検索エンジン内の機能改善や運用などをデータと向き合いながら自然言語処理の性能や機械学習などの改善を行ないます。

必須なスキル・経験・大規模なLinuxやUNIX環境でのシステム管理経験が3年以上
・オンラインビジネスの経験がある方
・TOEIC800点以上など

サイトマーチャンダイザー

自分の配属カテゴリーのウェブサイトやEmail、SNSなどのコンテンツ制作や管理を行う業務です。
アマゾンユーザーの購買意思決定に役に立つ情報コンテンツを配信し、より多くのユーザーにアマゾンを利用してもらうことを目指しています。
チャネルや時間帯、転換率などを分析し、サイトやコンテンツなどを改善する職種です。

必須なスキル・経験・ウェブサイトの制作経験または運用の経験がある方
・アクセス解析による数値分析ができる方
・TOEIC700点以上など

アマゾンジャパンへの転職難易度は?

アマゾンジャパンは日本有数の大企業です。給与水準もやや高いため、転職希望者はとても多く、倍率が高い、つまり転職難易度は高いと言えるでしょう。

アマゾンジャパンが転職者に求める人物像

職種によって受かりやすい人のスキルは変わりますが、共通することとしては以下の3点が挙げられます。

・革新と創造を求め、常にシンプルな方法を模索する

アマゾンジャパンでは効率性を高めることが求められます。シンプルに物事を捉え、革新と創造を追求し続ける姿勢が求められます。

・リーダーシップを持っている

各々がリーダーシップを持って新しいアイディアを探し出していきます。短期的な結果のために、長期的な価値を創造していく人が好まれます。

・スピード感を持って仕事ができる

少ないリソースでも最大限のパフォーマンスを発揮しなければいけません。アマゾンジャパンにおいてはスピード感ある仕事ぶりが重要です。

アマゾンジャパンの転職までの流れ

アマゾンジャパンの転職までの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次面接

想定選考官:マネージャークラス
志望動機を中心に、基本的な質問をされます。場合によっては選考説明会を開催します。

ループ面接(最終面接)

想定選考官:マネージャークラス
面接官と1対1の面接を複数回に渡って行います。希望部署によっては論文を提出する課題が出される場合があります。

アマゾンジャパンの面接形式

上記が基本ですが、職種によってはPCを使ったウェブタイプのアセスメントテスト(タイピング・国語力)の実施など、選考プロセスが変わることもあります。
面接はほとんどの場合1対1で行われます。
1回につき40~45分程度行い、実施回数は最大で5回ほどです。
1日で終わらず、2~3日に分けて行うことが多いです。

アマゾンジャパンの面接内容

和やかな雰囲気ではありますが、質問内容は鋭く、厳しい傾向にあります。
面接のときに「アマゾンジャパンの精神とは何ですか?」と質問されることもあるほど企業理念に共感できるかが問われます。

アマゾンジャパンの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで募集をしている
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・人柄や人間性を判断する質問をされる

営業、30代後半、女性
今までの仕事の失敗談を教えてくださいと質問されました。実体験に基づいた失敗談や失敗の理由を述べ、そこから得られたものをアピールしました。
経営企画、30代前半、男性
今までの仕事でステークホルダーを説明してどのような課題を解決したかを聞かれました。前職ではプロジェクトマネージャーとして新商品の開発にあたり、関係部署を巻き込む際に説得して課題を解決したことを伝えました。
経営企画、20代前半、男性
異国籍との協力経験はあるかを聞かれました。学会で外国人の方とやり取りを通じ、自分のなかで学びを得た経験を伝えました。
物流関連、20代後半、女性
長所と短所を質問されました。思い浮かぶ限り伝えましたが、もっと具体的に答えられたら良かったなと感じました。
マネージャー、40代後半、男性
基本的な内容が中心の面接でした。特に回答しづらいような質問はされませんでしたが、人柄を判断されているように感じました。

アマゾンジャパンで働いている方の口コミ

サービス、在籍3年未満、中途入社、男性
給料は、同じ業界の企業と比べて高いです。また、パフォーマンス次第では、株をもらうことができます。株価の変動によって自分の資産が変わってくるため、非常にモチベーション高く働くことができます。
クリエイティブ、在籍3年未満、中途入社、女性
新しいことに常に挑戦し続けているため、自分の成長に繋がっていると思います。ジョブチェンジもしやすく、キャリア形成する上では、非常に良い環境だと思います。
物流、在籍5年未満、中途入社、男性
給与面に関して、非常に満足ができる会社だと思います。一定のモチベーションは給料の良さによって保たれていました。仕事では、チームが同じベクトルを向いて働く環境だったので、仕事もしやすかったです。

口コミの要約給料に対しての満足度は非常に高いようです。また、仕事の環境に置いても満足度が高い声が多い会社です。

アマゾンジャパンの年収・給与

年収 316万円~1,415万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 月5万円まで支給
住宅手当 なし
福利厚生 確定拠出年金、社員割引制度
会員制福利厚生制度など

アマゾンジャパンでの転職者の出世難易度

非常に優秀な人材が集まっており、かつ、上が詰まっている部署だと能力主義とは言いつつも、ポジションの空きがないため、厳しい競争が起こります。そのため、出世難易度は高いといえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代前半 なし 500万円
20代中盤 なし 600万円
20代後半 なし 850万円
20代後半 マネージャー 1,050万円
30代前半 なし 600万円
30代前半 なし 1,300万円
30代中盤 なし 1,300万円
30代後半 マネージャー 1,400万円
40代前半 シニアマネージャー 1,600万円
40代中盤 マネージャー 1,300万円

アマゾンジャパンはどんな人が働いている?

アマゾンジャパンの従業員数

12,646名(単独)
341,400名(連結)

アマゾンジャパンの平均年齢

36.0歳

アマゾンジャパンの平均勤続年数

参考なし

アマゾンジャパンの社風

アマゾンジャパンはスピード感あるビジネスを展開するために、自分で提案して物事を進めていくことができる社風です。そのため、やる気のある人にとって好ましい環境だといえます。マネジメントに昇進するためには目立った功績を残すのが一番です。どちらかいうと挑戦的な社風でチャレンジできる環境が整っています。

アマゾンジャパンのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00 ※職種によりシフト制
休日 土曜・日曜・祝日 ※職種によりシフト制
その他の休日・休暇 パーソナル休暇(年間最大5日間)、特別有給休暇
平均残業時間 30~40時間
フレックス制度 職種や職位により活用可能
リモートワーク 職種や職位により活用可能
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

アマゾンジャパンの社長

ジャスパー・チャン

1986年に香港大学工業工学部を卒業して、キャセイパシフィック航空に入社。その後、2000年12月にアマゾンジャパンに入社して、2001年4月から社長を務めている。

アマゾンジャパン現職、OB/OGの有名人

原田 卓

2001年アマゾンジャパンに入社。一度、アップルに入社してアマゾンジャパンを離れることになるが、2006年に再入社。現在、Peatix Inc. CEO 兼 Peatix Japan株式会社の取締役を務める。

岩井 直文

2001年にネット業界への転身を目指し、渡米する。アマゾンジャパン.co.jpでは家電・家庭用品カテゴリの立ち上げ販売責任者に就任。現在、PeatixJapan株式会社代表取締役 兼 Peatix Inc. 取締役を務める。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

キャリーナ公式サイトへ

アマゾンジャパンの転職に関わるQ&A


2次面接の面接官は関係部署のマネージャーなど、入社後に深く関わる人が選ばれます。1次面接の面接官が、「この人に会って欲しい」と希望を出すことも多いです。上司になりうる相手だという視点で面接を受けましょう。


性別で差をつけない社風のため、バリバリ働きたいという女性にとっては良い環境でしょう。産休、育休、時短勤務などがあり、活躍している女性も多くいます。アマゾンジャパンは良くも悪くも男女平等の社風です。


鋭い質問がされます。具体的には、
・今までに上司などに指摘されたことと反省点を教えてください
・今までの成功事例のなかで何かひとつを、数値を用いて説明してください
・納得のいかない評価を上司からされたときにどうしますか
というものです。

アマゾンジャパンへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

アマゾンジャパンの公式サイトにの採用情報ページから応募することができます。
公式サイトでは、勤務地や部門、職種などで求人を探すことができます。
また、求人情報や求める条件などが軽く掲載されているので、どんな仕事なのか知りたいという方は一度チェックしておくと良いでしょう。
ただし、掲載されている求人情報はそこまで多くなく、より詳しい情報が知りたい場合は転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

自分のペースで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してアマゾンジャパンへ転職したいなら、案件数がトップクラスであり、ハイクラス求人を多く取り扱っている「iX転職」の利用がおすすめです。
iX転職では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。自分の市場価値を客観的に知ることができるので、より自分に合ったポジションへの転職ができるという特徴があります。

・求人情報数の多さ
・自分のペースで転職活動が行える
・応募までのスピード感がある

自分の希望するポジションを探している方や、自分のペースで転職活動を行いたいという方にはおすすめです。
また、転職サイトは転職エージェントを利用する前に活用する方が多く、アマゾンジャパンの募集内容や求められるスキルなどが知りたい場合はチェックするのも良いでしょう。

iX転職では年収の相談が可能

iX転職から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。

募集しているポジションは多くあり、コンサルティングやマネージャー職など、幅広くあります。
ハイクラス求人を持っているiX転職なだけあり、全体的に年収が高く、また、年収の相談が可能となっています。
さらには、非公開求人を持っていることもあり、ヘッドハンターに相談すれば非公開求人を紹介してもらうということも可能です。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

アマゾンジャパンに挑戦する前にまずは相談!「転職エージェント」

アマゾンジャパンへの転職に対し、少なからず不安がある場合は、外資系専門転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」の活用をおすすめします。
アマゾンジャパンを含む外資系企業は、転職難易度が非常に高く、非公開のハイクラス求人が多い傾向があります。
また、転職エージェントのコンサルタントには、企業についてだけでなく、転職に関するふとした疑問でも相談することが可能です。
「自分の強みが上手にアピールできない」や「自分に合った業種は何か」、「この転職が本当に正解なのか」などの不安を抱えている方は、ぜひコンサルタントに相談してみてください。
ただし、ヒアリングや模擬面接など、本番の面接までに様々な打ち合わせを行うため、登録から採用までに数ヶ月の期間がかかります。
転職エージェントは時間をかけてでも、確実に成功させたいという方におすすめの転職方法です。

外資系企業への転職ならロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズは1985年にロンドンで設立された人材紹介会社の老舗であり、国際展開する企業への専門性が非常に高いため、アマゾンジャパンへの転職に必要な経験を積める外資系企業へ転職するのであれば、ロバート・ウォルターズ・ジャパン一択といえるでしょう。

※画像はイメージです。

2020年7月現在、ロバート・ウォルターズ・ジャパンで流通・小売事業を展開している企業の求人情報を検索すると、3件の募集要項を確認できます。
また、ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、ハイクラスの非公開求人を豊富に保有している転職エージェントなので、アマゾンジャパンへの転職を考えていると伝えれば、目的にあった企業を紹介してもらえる可能性があるでしょう。
ただし、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、基本的にビジネスレベルの英語スキルを持っていることが前提となるため、英語力が必須といえます。
英語力が足りない場合は、独自で勉強をするか、学習支援制度のある企業へ転職することをおすすめします。

関連記事

ASIRO(アシロ)への転職。求める人物像や社風・年収などを徹底解説

「ASIROに関わる人を誰よりも深く幸せにすることで、よりよい社会の実現に貢献する」を企業理念とし、日常生活の基盤やインフラとなりえるリーガルメディア・リーガルHRに関連したサービスを開発・提供する株式会社アシロ。そんなアシロではエンジ...

ゼンリンの転職情報を解説!難易度や口コミなどをご紹介!

ゼンリン転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員がほとんど 株式会社ゼンリンに転職 主な転職先 銀行 通信会社 建築会社 ...

ツクルバへの転職。面接内容や求人情報・年収・評判まで徹底解説

ツクルバ転職者の主なキャリアステップ 前職 不動産関連会社があげられる。 インターネット広告事業 株式会社ツクルバに転職 次の転職先 不動産関連会社やW...

ベストワンドットコムの転職事情。口コミや転職難易度などを解説

ベストワンドットコムは、旅行業法に基づいたクルーズ旅行を専門的に扱う旅行会社です。 「ベストワンクルーズ」や「HUNEOOM/フネムーン」など、クルーズ旅行の有益な情報や業界最大級のコース数を掲載しているWebサイトの企画や運...

グローバルインフォメーションへの転職は難しい?転職難易度や事業内容などを解説

グローバルインフォメーションは、海外市場調査を中心とした市場調査レポートの作成事業などを手掛けている新進気鋭の企業です。 特定の調査項目について専門のアナリストが市場や技術動向の分析を行い、体系的なレポートを提供する事業を展開して...

ライトワークスの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

ライトワークス転職者の主なキャリアステップ ...

チームラボに転職するのは良い?評判や給料などを解説

チームラボ転職者の主なキャリアステップ 前職 SIer、WEB系のエンジニア チームラボ株式会社に転職 次の転職先 LINEなどの国内メガベンチャー ヤ...

ENECHANGEへの転職は難しい?事業内容や面接内容などを解説

ENECHANGE転職者の主なキャリアステップ ...

Chatworkへの転職情報。採用傾向や口コミまとめ

Chatwork転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天、LINE、DeNAなどのWeb系事業会社 インフォマートなどのプラットフォーム運営会社 デジタルマーケティング IT系事業会社 メーカー ...

THECOO(ザクー)への転職情報。事業内容や口コミを徹底解説

THECOOの転職者の主なキャリアステップ ...

TOP