WEB・アプリサービス

「マンガBANG!」などを展開するAmaziaの転職事情。転職難易度や口コミなどを解説

数多くの人気漫画を無料で読むことができるマンガアプリ「マンガBANG!」などを展開しているAmazia。
「デジタルの力でマンガの新しい価値を届ける」というキーフレーズのもと事業を行っている企業です。
マンガBANG!のほかにも、女性向けエンタメアプリ「マンガトート」など、いくつかのアプリやサービスを展開しています。
そんなAmaziaでは、企画運営マネージャーやオリジナル漫画編集担当者といった職種で中途採用を募集しています。
最近でもいくつかのアプリをリリースするなど、事業展開にも積極的な将来性の高い企業です。
この記事では、Amaziaへの転職を検討するうえで必ず知っておきたい事業内容や口コミ、転職の難易度などについて解説します。

Amaziaへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・Amaziaの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • Amaziaの企業概要
  • Amaziaの転職ポイント
  • Amaziaの社風や企業文化

Amaziaに転職するポイント

Amaziaの特徴

POINT

  • ・「マンガBANG!」などを展開する企業
  • ・女性向けエンタメアプリ「マンガトート」など、ユニークなアプリやサービも展開
  • ・リモートワークを積極的に導入しており、ワークライフバランスが良いとの声が多数

Amaziaへ転職するポイント

POINT

  • ・オリジナル漫画編集担当者やAndroidエンジニアなど、専門職の求人が中心
  • ・マネージャーや経営層候補など、責任あるポジションでの募集も多い
  • ・面接ではマンガに興味を持ったきっかけなどにも触れられる

Amaziaの企業概要

会社名 株式会社Amazia
本社所在地 東京都渋谷区南平台町2番17号
社長 佐久間 亮輔
設立 2009年10月
株式 上場(東証グロース)
株主構成 佐久間亮輔(35.61%)
江口元昭(23.74%)
メディアドゥ(2.08%)

Amaziaの売上

Amaziaの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 7,524百万円 7,507百万円 6,547百万円
経常利益 1,084百万円 290百万円 144百万円

Amaziaの最新ニュース

Amaziaの事業内容

Amaziaの主力事業は、フリーミアム型のマンガアプリ「マンガBANG!」を運営するマンガアプリ事業です。
Amaziaは、創業以来多彩なインターネットやアプリサービスを企画開発の段階から一括して自社内で完結してきました。
技術力や運営のノウハウが蓄積されていることが強みで、多数のユーザーに広告閲覧を促すことで広告収益を得るビジネスモデルを採用していることが特徴です。
そのなかでも、最もAmaziaが力を入れて開発しているのは「マンガBANG!」であり、出版社の漫画雑誌に掲載されている有名作品のほか、マンガBANG!オリジナル作品も多数配信しています。
また、女性向けにマンガやニュースをスキマ時間に楽しむことができるアプリ「マンガトート」も展開中です。
マンガを中心とした事業展開が見込まれており、今後はさらにエンタメ系のプラットフォームとしての立ち位置を強化できるかが注目されています。

Amaziaの募集要項

BizDev担当

Amaziaの経営層候補として、サービス成長のための戦略立案や実行、サービスの運用管理などを行います。
また、アライアンス構築やサービスのKPI管理、サービスの企画調査といったマネジメントを総合的に担当します。
新規サービスの企画立案からマネタイズまでを一貫して担当することができるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・大学卒業以上
  • ・金融や商社、コンサルティング、ITなどにおける実務経験

企画運営マネージャー

Amaziaの展開するサービスの新規企画や改善企画、ディレクション業務などを行います。
また、エンジニア開発チームとの連携や不具合対応、障害対応なども行います。
メンバーのマネジメントを行うとともに、制作パートナーや協力会社との折衝が求められるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・チームリーダー、またはメンバーマネジメントの経験

Amaziaの転職難易度

Amaziaの転職難易度は中程度です。
Amaziaは中途採用を幅広く行っており、経営層候補やマネージャーといった責任のあるポジションのほか、エンジニアなどの専門職で採用を行っています。
また、マンガ編集担当者やオリジナル漫画編集長候補といったAmaziaならではの職種が多いことも特徴です。
いずれの職種も特別応募へのハードルが高いというわけではありませんが、多くの求人でマネジメント経験が求められています。
Amaziaの幹部候補として活躍することが期待されるため、過去にリーダーを務めた経験などを中心にアピールしていくことが転職成功のためのポイントです。

Amaziaが転職者に求める人物像

Amaziaが転職者に求める人物像として、「激変するマンガ業界で柔軟に立ち回れること」が挙げられます。
マンガ業界は近年特に競争が激しく、毎日のように新しいサービスが登場しています。
Amaziaのサービスは数百万人規模のユーザーを抱えているといえど、今後も競争力を維持するためには現状に満足せず、常にプロダクトをブラッシュアップしていく姿勢が必要です。
新しい環境や技術を積極的に取り入れることができる変化に強い柔軟な人材が求められています。

Amaziaの転職までの流れ

Amaziaの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事担当者・部門長
想定内容:これまでの経歴に加え、どうしてマンガに興味を持ったのかなどについても触れられます。

最終面接

想定選考官:社長・役員
想定内容:Amaziaで働くことに対するモチベーションなどを最終評価されます。

内定

Amaziaの面接形式

Amaziaの面接回数は3回です。
1次面接と2次面接はWeb面接での実施が可能ですが、最終面接のみは対面となります。
対面形式かWeb形式かに関わらず、面接は基本的に1対1で行われます。
面接1回あたりの所要時間は30分〜45分程度と標準的な水準です。

Amaziaの面接内容

Amaziaの中途採用面接で最もよく聞かれる質問として、「どうしてマンガに興味を持ったのか」や「あなたとマンガとの接点は何か」といった「マンガ」に関するものがあります。
Amaziaは、マンガを中心としたサービス展開を行っているため、社内にはマンガが好きな社員が多く在籍しているのが特徴です。
マンガが特別好きではないという場合も、興味を持つことで業界への理解を深めることにも繋がります。
面接前にマンガについても理解を深め、業界の基本的な構造や競合他社について理解しておきましょう。
そのほかの質問としては、「Amaziaでどのように貢献できるか」や「新規事業創出に携わるつもりはあるか」といったものが挙げられます。
面接前に今一度Amaziaで働くイメージを膨らませておきましょう。

Amaziaの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は比較的少ない
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・マンガに関する質問が多い

編集、30代後半、男性
「どうしてマンガに興味を持ったのか」と聞かれました。また、Amaziaを知ったきっかけや、志望動機などについてかなり細かく聞かれました。
企画、20代後半、女性
とても明るい雰囲気の面接で話しやすかったです。内容としては一般的なものが多く、「どうしてAmaziaに興味を持ったのか」や「どうAmaziaに貢献できると考えているのか」と聞かれました。
広報、30代前半、女性
「あなたとマンガとの接点を一言で表すと何か」と聞かれたことが印象に残っています。そのほかはオーソドックスな質問が中心でした。
エンジニア、30代後半、男性
実力面というよりもモチベーションや、マンガへの興味を中心に聞かれたように思います。ただし、1次面接ではこれまでの経歴や携わったプロダクトについても細かく聞かれました。
管理、40代前半、女性
志望動機や転職経緯といった基本的な内容がメインでした。また、「Amazia以外にも検討している企業はあるか」や「Amaziaの志望順位はどれくらいか」と聞かれたことが印象的でした。

Amaziaで働いている方の評判・口コミ

広報、在籍1~3年、女性
社内には明るく気さくな人が多く、とても雰囲気が良い会社です。仕事も皆丁寧であり、疑問点にもすぐ答えてくれます。ワークライフバランスを極めて重視しており、残業したいといっても上限を超えるとそれ以上働くことはできなくなります。有給休暇の取得率も100%に近いのではないでしょうか。総じてとても働きやすい企業です。
エンジニア、在籍3~5年、男性
一人一人を尊重してくれる風土があり、楽しく働くことができています。エンジニアチームの実力も上々で、比較的レベルの高い環境で仕事ができているのではないでしょうか。一方で社内は中途採用の社員が中心のため、教育体制が整っておらず、社員それぞれの努力や自己研鑽に依存してしまっているという点は問題点かもしれません。
企画、在籍3~5年、女性
とても働きやすく、成長途中ということもあり働きがいのある企業です。社内には論理的で筋の通った考えをする方が多いのも特徴かもしれません。定時退社を推奨しており、残業をしていると注意されることがあります。新規事業の創出には積極的な一方で、新しい技術を取り入れたり環境をアップデートしたりすることにやや消極的な雰囲気があり、技術のキャッチアップに少し不安があります。
口コミの要約

社内の雰囲気が良く、働きやすい企業だという口コミが多く見られました。また、ワークライフバランスを重視しているため、残業時間は極めて短いようです。女性の働きやすさについても好意的な評価が多く見られました。一方で改善点として教育制度や技術のキャッチアップ体制などを挙げる社員も少なくありません。成長途中の企業ということもあり、社内体制にはまだまだ伸びしろがありそうです。

Amaziaの年収・給与

年収 646万円
ボーナスの有無 有り(期末賞与)
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 スキルアップ支援制度、書籍代補助、昼食代補助、部署内親睦飲食費補助など

Amaziaでの転職者の出世難易度

Amaziaでの転職者の出世難易度は中程度です。
Amaziaは実力主義を採用しており、実績を挙げるとそのまま出世に繋がりやすい体制となっています。
特に中途入社で採用された社員が前職での経験を生かして活躍するケースが多く、マンガ業界のみならずIT業界やコンサル業界など、幅広い分野の経験を武器に出世することができる傾向があります。
また、Amaziaは現在新規事業の立ち上げを模索しており、新しい事業展開を見据えて社員をリードできるような人材が活躍できる環境です。

Amaziaはどんな人が働いている?

Amaziaの従業員数

27名

Amaziaの平均年齢

34.7歳

Amaziaの平均勤続年数

2.67年

Amaziaの社風

Amaziaの社風として、ベンチャー企業らしい明るく風通しの良い風土が挙げられます。
社内にはお互いに困ったことは相談しようという雰囲気もあり、働きやすい企業だという口コミが多く寄せられていました。
部署内のコミュニケーションは会社としても大切にしており、部署内親睦飲食費補助制度といったユニークな社内制度が整備されていることも特徴です。
Amaziaのワークライフバランスは上場企業のなかでも比較的上位に位置する水準であり、長く残業をしていると注意されることもあります。
根を詰めて働くというよりも、決められた時間内で効率的に仕事をしようという社風がAmaziaの特徴といえるでしょう。

Amaziaのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30〜18:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月11.8時間
フレックス制度 有り(コアタイム 11:00~15:00)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

Amaziaの社長

佐久間 亮輔

1978年生まれ。
2001年に株式会社ジャフコへ入社。
2007年に株式会社シーエー・モバイルへ入社し、戦略投資室室長に就任。
同年、株式会社イデアコミュニケーションズの代表取締役社長を務める。
2009年に株式会社Amaziaを設立し、代表取締役社長に就任。

Amazia現職、OB/OGの有名人

江口 元昭

1978年生まれ。
2002年にフューチャーシステムコンサルティング株式会社へ入社。
2007年に株式会社イデアコミュニケーションズへ入社し、取締役に就任。
2009年に佐久間氏とともに株式会社Amaziaを設立し、取締役CTOに就任。

Amaziaの転職に関わるQ&A


Amaziaでは、女性社員が数多く活躍しています。
役職についている女性社員も多く、女性だからといって不利な待遇を受けるということは全くありません。
男女関係なくのびのびと働く社風があります。
一方、産休や育休といった制度面についてはあまり情報がありませんでした。
気になる場合は面接の場で確認するのも良いでしょう。

求人に記載されている情報によると、Amaziaの月平均残業時間は11.8時間であり、これは上場企業の平均と比較しても非常に短い水準で、ワークライフバランスは良いといえます。
実際、社員のなかにも「残業をしていると注意される」や「有給休暇の取得率はほとんど100%」といった声が多く、ワークライフバランスを重視するAmaziaの社風が伺えます。

Amaziaへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

Amaziaの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、企業メッセージや働く環境、先輩の声など、さまざまな情報が掲載されているため、企業研究に役立てることができます。
ただし、公式HPからの転職の場合、どうしても時間がかかってしまいがちです。
現職が忙しく、なかなか転職活動に時間が割けないという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Amaziaの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

通信業の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してAmaziaに転職するなら、競合他社の募集要項も比較することができる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までをスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)では、通信企業などの募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの通信企業の平均年収は、900万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはdoda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

コロプラへの転職難易度は?口コミや年収などを解説

▼下記は、コロプラに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからコロプラに転職してくるのか ・転職先:コロプラからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

クリーマへの転職は難しい?転職難易度や選考のコツなどを解説

創作活動に取り組む全国のクリエイターとそのファンをつなぐためのプラットフォーム「Creema」の運営を行うクリーマ。 ハンドメイドの商品を専門で販売しているCtoC独自のマーケットプレイスを運営している企業です。 また、クリ...

Mobility Technologiesの転職情報!気になる年収や評判をご紹介

Mobility Technologiesは、日本最大のグループ売上高を誇るタクシー・ハイヤー会社「日本交通株式会社」の関連会社です。 以前は「JapanTaxi株式会社」という社名でしたが、2020年4月から「株式会社Mobil...

and factoryへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

and factory転職者の主なキャリアステップ ...

ココナラへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

ココナラ転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートなどのWEBサービス事業者 マッキンゼーなどの戦略コンサル 株式会社ココナラに転職 次の転職先 ド...

キャディ(CADDi)株式会社の転職事情。面接内容や年収などを解説

キャディ転職者の主なキャリアステップ 前職 デロイトトーマツ、マッキンゼーなどのコンサルファーム Supership、マクロミルなどのマーケティング企業 キャディ株式会社に転職 ...

クラウドサービスを提供する勤次郎の転職事情。転職難易度や選考のポイントなどを解説

「想像から創造へ」というキャッチフレーズのもと、さまざまな事業効率化に向けたクラウドサービスの提供を行っている勤次郎。 顧客企業の満足度向上を目指すことを目的とした事業効率化のためのサービス「勤次郎」や「人事郎」などを多角的に...

Sansanへ転職するべき?転職の難易度や年収、評判について調べてみました

Sansan転職者の主なキャリアステップ 前職 コンサルや金融機関 国内事業会社、IT系ベンダーなど Sansan株式会社に転職 次の転職先 アマゾンや...

シノプスへの転職は難しい?事業内容や口コミなどを解説

在庫を抱える流通業の発展と活性化に向けたサービスを提供しているシノプス。 クラウドサービスである「sinops-CLOUD」を中心としたソフトウェアを提供している企業です。 また、小売業や卸売業などとの連携も支援することがで...

デジタルマーケティング業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

デジタルマーケティングとは、様々なものがデジタル化しデジタル関連のサービスが増えている中で注目されているデジタル化されているマーケティグのことです。 デジタルマーケティング業界への転職を検討するにあたって、まずはデジタルマーケ...

TOP