WEB・アプリサービス

ノートンへの転職は難しい?難易度や年収などを解説


ノートンは、コンピュータセキュリティソフト「ノートン」の開発や提供を行っているソフトウェア会社です。
主にインターネットセキュリティに特化した製品の開発と提供を行っており、これまでに約5,000万人のデバイスや個人情報、オンラインプライバシーの保護などを行った実績を誇っています。
また、さまざまなニーズへの対応を支援し、複雑化しているデジタル社会で信頼できる企業となれるよう注力している企業です。
本社はアメリカのアリゾナ州に構えており、日本法人として1994年に設立、現在では370名の社員が在籍しています。
そんなノートンでは、エンジニアやマーケティング、バックオフィスなど幅広いポジションで、高い英語力を持ち、積極的に行動できる人材を求めています。

初めての転職でノートンを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

ノートンの難易度や年収も気になるけど、まずはどんな求人募集が出てるのか知りたいという方は、ビズリーチなどの転職サイトで掲載されている求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチでは、主にハイクラス求人を掲載しているため、転職先が未だに定まっていないという場合は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントの活用を考えている場合でも、情報収集としてビズリーチをチェックしておくと、転職活動をよりスムーズに進めることができるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ノートンの企業概要
  • ノートンの転職ポイント
  • ノートンの社風や企業文化

ノートンに転職するポイント

ノートンの特徴

POINT

  • ・コンピュータセキュリティソフト「ノートン」の開発と提供しているソフトウェア企業
  • ・「ノートン」の提供以外にも、コンサルティングや教育にも注力
  • ・デバイスや個人情報の保護など、約5,000万人に行った実績を誇る

ノートンへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に少ない
  • ・マネージャーやデザイナーなどで求人募集
  • ・積極的に行動できることが重要

ノートンの企業概要

会社名 株式会社ノートンライフロック
日本所在地 東京都港区赤坂1丁目12番32号 アーク森ビル12階
日本代表者 正木 敏博
設立 1994年9月
株式 未上場
株主構成 記載なし

ノートンの売上


日本法人は未上場のため、アメリカにある本社の売上を掲載しています。

ノートンの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 4,834,000千USD 4,731,000千USD 2,490,000千USD
営業利益 49,000千USD 380,000千USD 355,000千USD

ノートンの最新ニュース

ノートンの事業内容

ノートンは、コンピュータセキュリティソフト「ノートン360」を手がけているソフトウェア会社です。
「ノートン360」は、日常の銀行取引やショッピング、ネット閲覧などによる個人情報の流出やサイバー犯罪防止を目的としたソフトであり、デバイスやWi-Fi通信の保護、パスワード管理などを提供しています。
また、デジタルセキュリティとプライバシーを実現するための新しいパラダイムを作成することで、オンライン世界での信頼性と安全性の推進にも注力しています。
さらには、複雑化するデジタル業界において信頼される製品の販売やサポート支援を行っており、その結果として、これまでに約5,000万人を保護した実績を持つ企業です。
また、ソフトウェアの提供以外にも、Webアプリケーションや関連システムの脆弱性診断に基づいたセキュリティ改善の提案や、教育コースの提供なども行っています。
今後の展望として、未だ危険にさらされている状態のデジタルプライバシーに対し、より安全で確実な保護できる方法を模索し、開発と提供することを目指しています。

ノートンの募集要項

オンラインマーケティングマネージャー

ノートン製品のインターネット販売における企画立案や実施、検証を行うポジションです。
具体的には、ノートンのキャンペーンの企画や実施、効果分析、最適化などを行います。
英語スキルに応じて、アメリカに在籍するチームとのコミュニケーションや、海外出張などがある場合があります。
また、スキルに応じて、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにおけるサーチマーケティングを任せてもらえる可能性があるため、キャリアアップが見込める職種です。

必須な経験・スキル

  • ・LinkShareやValue CommerceなどASPを利用したアフェリエイトマーケティング経験
  • ・楽天やYahoo!ショッピングなどオンライン店舗の運営経験や店長経験
  • ・ビジネスレベルの日本語力や英語力

プリンシパルビジュアルデザイナー

WEBサイトのランディングページのビジュアルデザインやサイト全体のデザインの統一を行うポジションです。
具体的には、ノートンブランドとSurfEasyブランドに対するビジュアルデザインや、顧客と市場調査を行います。
そのほかにも、VoCフィードバックや競合分析、Web分析などを行い、幅広い仕事に携わる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・2年程度のeコマースに焦点を当てた企業でのUXデザイン経験
  • ・2年以上のレスポンシブWebアプリやモバイルアプリでのUX/UIデザイン経験
  • ・ビジネスレベルの英語力

プリンシパルプログラムマネージャー

プログラムの戦略と目的の明確化、評価、マネジメントを行うポジションです。
また、スケジュールの計画と指示や、製品のプログラム開始~出荷までの管理なども行います。
重要な業務なため、責任が問われる職種ですが、それと同時にやりがいと充実感を感じながら働くことができるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・プログラムやプロジェクト管理スキル
  • ・柔軟にマルチタスクをこなす能力
  • ・5~7年のプログラムまたはプロジェクトマネージャーとしての実績

ノートンの転職難易度

ノートンの転職難易度は非常に高いです。
中途採用による求人募集が非常に少なく、どのポジションでも比較的高いスキルや経験を求められる傾向があります。
また、どのポジションでも、堪能な日本語力や英語力が求められるため、全体的に難易度が高いといえます。
ノートンへの転職を目指すなら、難しい転職であることをあらかじめ理解しておくことが肝心です。

ノートンが転職者に求める人物像

ノートンでは、積極的にリスクをとって行動できる大胆さがある人材を求めています。
また、部門にこだわらず、率先して業務に取り組み、主体性を持った人材も求めている傾向があります。
さらには、グローバル企業なため、ビジネスレベル以上の英語力やコミュニケーションスキルが必須です。
面接では、これらの能力を持っていることをアピールできるエピソードを複数用意して臨むようにしましょう。

ノートンの転職までの流れ

ノートンの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事担当者
想定内容:志望動機や前職までの経験など、オーソドックスな質問から進みます。

最終面接

想定選考官:マネージャー・役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、ノートンとマッチしている人材かを判断されます。

内定

ノートンの面接形式

一面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は基本的に3回ですが、タイミングによって異なります。
1回あたりの時間は1時間程度です。

ノートンの面接内容

ノートンの面接は、志望動機や前職までの経験など、オーソドックスな質問から進みます。
それ以外にも、「前職までに貢献してきたない内容は?」や「プロジェクトにおいて、成功例と失敗例は?」など、実績について質問をされる傾向があります。
また、こちらの回答に対して、「それはなぜ?」と深堀されるので、一貫性のある回答ができることが大切です。
面接の雰囲気は、基本的に穏やかですが、面接官によっては若干圧迫なこともあり、ストレス耐性を確かめられる場合があります。
変に緊張せず、自分らしく面接に臨みましょう。

ノートンで働いている方の評判・口コミ

サーバ運用・保守、在籍7~10年、男性
特化したサービスのバックヤードのシステム運営や保守を少人数で効率的に業務を実行しています。責任があり大変なことも多いですが、個々の能力を活かしながら働けるため、やりがいを感じながら働いています。
マーケティング、在籍5~7年、女性
自発的に動くことができれば、さまざまなことが学べる環境があります。また、英語に関しては補助されているので、気軽に英語を学ぶことができます。ただし、自分から進んで学ぶ姿勢がなければ、スキルアップできる機会は極端に少なくなってしまうかもしれません。
秘書、在籍5~7年、女性
部署やポジションによって異なるかもしれませんが、外資系ということもあって比較的重要に働くことができます。休みなどは、自分でコントロールして休暇を取ることもでき、ワークライフバランスは良いほうだと思います。
口コミの要約

ノートンの口コミを見てみると、少数で業務を実行するため、大変なことが多くある反面、個々の能力を生かしながら働けるため、やりがいを感じながら働けるということが伝わってきます。また、自発的に行動することができれば、どんどんスキルアップできる環境があるということが伺えます。

ノートンの年収・給与

年収 867万円
ボーナスの有無 記載なし
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 社会保険完備、退職金制度、本社株式購入制度など

ノートンでの転職者の出世難易度

ノートンの出世難易度は比較的高いです。
優秀な社員が大勢在籍しており、それぞれ実績を残し、日々スキルアップしています。
また、スキルや経験といったもの以外にも、コミュニケーション能力の高さや堪能な日本語力や英語力が必要になります。
そのような中で、出世するというのは簡単ではありません。
ただし、評価は平等にされている傾向があるため、新卒や中途の出世のしやすさには違いはないでしょう。
さらには、業務に対するオーナーシップを持ち、常に自責で物事を考えられる方が出世しやすい傾向があります。
ノートンで出世を目指すなら、これらの能力を身に付け研鑽していくことで、出世への道が拓けるといえます。

ノートンはどんな人が働いている?

ノートンの従業員数

370名(単独)
17,500名(連結)

ノートンの平均年齢

43.1歳

ノートンの平均勤続年数

記載なし

ノートンの社風

ノートンは、お互いの専門分野を活かして助け合うという風潮があり、部門間の壁があまりなくフラットな環境です。
会議が活発に開かれるので、国内海外問わず社員同士がコミュニケーションを取る場面も多く、比較的風通しも良いでしょう。
また、四半期ごとに査定があり、個人のパフォーマンスがしっかり昇進に反映されます。
ただし、外資系ならではの実力主義な風土もあるので、成果を出せない場合は減俸など厳しい対応もあり、人の出入りは比較的激しいです。
フラットな環境で正当な評価を受けながらバリバリ働きたいという方には、向いている企業でしょう。

ノートンのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 有給休暇、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月27.2時間
フレックス制度 有り(コアタイム 10:30~15:00)
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ノートンの社長

正木 敏博

正木氏はコンシューマー事業部パートナー営業部の部長として株式会社シマンテック(現・株式会社ノートンライフロック)に入社。
シマンテック執行役員兼コンシューマー営業部 統括部長を就任するなど、約6年間シマンテックに在籍。
2014年より2要素認証のリーディングカンパニーである株式会社テレサインの日本及び韓国法人の立ち上げに代表取締役として携わり、2016年からは株式会社ノートンライフロックのコンシューマー事業部日本代表として再入社した。

ノートン現職、OB/OGの有名人

Gary Hendrix(ゲイリー・ヘンドリックス)

人工知能や自然言語の研究家。
自身の研究のために、株式会社シマンテック(現・株式会社ノートンライフロック)を設立。
当初は人工知能やそれに関連するデータベースソフトウェアの研究に注力し、1984年にC&Eソフトウェアと合併したことから本格的にコンピュータソフトウェアの事業に乗り出す。
翌年の1985年には最初の製品として、データベースソフトウェアにワープロソフトを兼ね備えたソフトウェア”Q&A”を発売。

Vincent Pilette(ヴィンセント・ピレット)

ベルギーのルーヴァン・カトリック大学でエンジニアリングおよびビジネスの理学修士号を、シカゴのノースウェスタン大学でMBAを取得。
その後、Imaging社(EFI)やLogitech International S.A.社、株式会社シマンテックで最高財務責任者を務める。
ピレット氏は、テクノロジー企業の財務上級役員として豊富な専門知識を持ち、米国およびEMEAで20年以上の財務管理分野における経験を持つ人物。

ノートンの転職に関わるQ&A


産休や育休の制度が充実しているほか、復帰後の子どもの突然の病欠による休暇にも理解があるので、女性にとって働きやすい企業です。
また、在宅やフレックス制度も比較的自由に選べます。
さらには女性管理職も多く在籍しているため、キャリアアップも望むことができるでしょう。

有給休暇消化を推奨しており、比較的自由に休暇が取れます。
ほかにも、病気休暇や冠婚葬祭休暇、スポーツジムや英会話スクールの補助など充実しているため、比較的働きやすい環境があるといえます。

ノートンへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ノートンの公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
求人情報のほかにも、ノートンについてや製品紹介、ノートンが大切にしているものなど、さまざまな情報が掲載されています。
ただし、求人情報は英語で記載されているため、イマイチ分からないという方も少なくないでしょう。
もっと分かりやすい求人を見たい方やさまざまなサポートを受けながら転職したい方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人の中から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してノートンへの転職を目指すなら、掲載企業数が多く、ハイクラス求人を豊富に扱っている「ビズリーチ」がベストです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・案件数の圧倒的に多い
・自分のペースで転職活動を進められる
・応募までのスピード感がある

転職サイトは、圧倒的案件数を誇り、空いている時間を活用して転職活動することができます。
そのため、「豊富な職種や企業の中から自分が希望するポジションを探したい」や、「転職エージェントだとスケジュール調整がなかなかできない」という方には、転職サイトがおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べとして、事前に転職サイトを利用する人も多く、ノートンの募集要項や必須スキルなどをざっくり知りたい人は一度チェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチでは比較的年収が高く、年収交渉も可能!

ビズリーチに掲載されている公開求人を見ると、デザイナーやマネージャーの求人が掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ハイクラスをメイン層としているビズリーチだけあって提示されている年収も比較的高く、求人によっては年収交渉が可能となっています。
また、ビズリーチは転職サイトの中でも比較的非公開求人が多い傾向があり、キャリアアドバイザーに相談することで非公開案件を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトから応募した場合、具体的な「求めているスキルや人物像」が不透明だったり、ノートンの社内事情に精通しているキャリアアドバイザーはつかないため、経歴やスキルで落とされる可能性もあります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを活用するのがおすすめです。

ノートンに応募する前に一度相談!「転職エージェント」

ノートンへの転職に対して、不安や疑問な点が少しでもある場合は、外資系に特化している専門転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・キャリア相談や面接対策をはじめとした手厚いサポート
・今の自分を客観的に見てくれて、足りない部分を教えてくれる
・比較的多くに非公開求人を持っている

転職エージェントでは、キャリア相談や面接対策などの手厚いサポートがあり、面接対策~内定までしっかりと導いてくれます。
また、キャリアコンサルタントに客観的に見てもらうことで、自分の足りない部分を教えてもらえるのも特徴の一つといえます。
転職エージェントは、そのときの転職活動だけを支援するだけではなく、転職希望者のキャリア形成全体を見てくれるため、確実な転職を希望してる方には特におすすめです。

外資系企業への転職を目指すならロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズ・ジャパンに掲載されている求人は、基本的に英語表記になっています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、1985年にロンドンで設立された歴史の長い転職エージェントです。
ハイクラス級の非公開求人を多く持っているので、ノートンへ転職したいと伝えれば、目的にあったポジションを紹介してもらえる可能性があります。
また、国際的に展開する企業に対して強みを持っているため、外資系企業への転職を目指しているなら、ロバート・ウォルターズ・ジャパン一択といえるでしょう。
ただし、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、日常会話ができる英語力を持っていることが大前提であるため、スキルや実績が足りていないと希望する案件は紹介してもらえないので、あらかじめ理解しておく必要があります。

あなたがノートンに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

リクルートライフスタイルへ転職。口コミや気になる年収をご紹介

エンジニア系プロジェクトマネージャー系ビジネスディベロップメント系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 ...

プルーフポイントの転職難易度は高い?面接内容や選考フローなど解説

プルーフポイントは、米国カリフォルニア州に拠点を置くエンタープライズセキュリティ企業です。 主に、インバウンド電子メールセキュリティやアウトバウンド情報漏えい対策、ソーシャルメディアなど、幅広い製品とサービスを提供しています。 世界...

バイトダンスへの転職するには?難易度や年収をご紹介

▼下記は、バイトダンスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからバイトダンスに転職してくるのか ・転職先:バイトダンスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

エムスリーへ転職するべき?福利厚生や難易度について調査

  ▼下記は、エムスリーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからエムスリーに転職してくるのか ・転職先:エムスリーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指...

ネットフリックスへ転職するべき?福利厚生や社風などをご紹介

▼下記は、ネットフリックスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからネットフリックスに転職してくるのか ・転職先:ネットフリックスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

エス・エム・エス(SMS)への転職は難しい?難易度や年収などを調査

▼下記は、エス・エム・エスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからエス・エム・エスに転職してくるのか ・転職先:エス・エム・エスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

ファイアアイの転職難易度は?口コミや年収などを解説

ファイアアイは、サイバーセキュリティ攻撃を調査し、悪意のあるソフトウェアから保護しているサイバーセキュリティ企業です。 主力として、ITセキュリティリスクを分析するためのハードウェアやソフトウェア、それらに通ずるサービスの提供をしてい...

デジタルマーケティング業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

デジタルマーケティングとは、様々なものがデジタル化しデジタル関連のサービスが増えている中で注目されているデジタル化されているマーケティグのことです。 デジタルマーケティング業界への転職を検討するにあたって、まずはデジタルマーケ...

delyへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、delyに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからdelyに転職してくるのか ・転職先:delyからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

はてなへの転職は難しい?難易度や社風について調査

  ▼下記は、はてなに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからはてなに転職してくるのか ・転職先:はてなからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

TOP