WEB・アプリサービス

「Buddycom」の運営を行うサイエンスアーツへの転職情報まとめ

「世界中の人々を美しくつなげます」というミッションのもと、オンライン上でのコミュニケーション支援プラットフォームである「Buddycom」を運営しているサイエンスアーツ。デジタルデバイスが普及するに伴って需要が拡大している音声データや画像データのやり取りもスムーズに行うことが出来るサービス展開が特徴の、東証グロース上場企業です。小売店舗や商業施設、工場や介護施設など様々な場面でシェアが拡大しています。

サイエンスアーツはBuddycomのさらなる拡大に向けた中途採用に積極的で、セールスやWebマーケティングといったポジションで求人を出しています。機械学習エンジニアやサーバーサイドエンジニアなどIT専門職の求人も豊富にあるため、エンジニアとしてのキャリアを積むことも出来るのが魅力です。この記事では、サイエンスアーツへの転職を検討する上で欠かすことのできない、同社の事業内容や将来性、想定年収といった情報をまとめて紹介します。

サイエンスアーツへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・サイエンスアーツの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、サイエンスアーツの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • サイエンスアーツの企業概要
  • サイエンスアーツの転職ポイント
  • サイエンスアーツの社風や企業文化

サイエンスアーツに転職するポイント

サイエンスアーツの特徴

POINT

  • ・「Buddycom」を運営する東証グロース上場企業
  • ・全国の小売店舗や商業施設などで導入されており、シェアも順調に拡大中
  • ・実力主義の風土があり、社内の風通しは良いとの声多数

サイエンスアーツへ転職するポイント

POINT

  • ・Webマーケティング、フィールドセールス、インサイドセールスといった職種で中途採用を積極的に募集中
  • ・機械学習エンジニアやサーバーサイドエンジニアなど、エンジニアの需要も高い
  • ・面接ではBuddycomのビジョンの共感を重視されるため、対策を進めておこう

サイエンスアーツの企業概要

会社名 株式会社サイエンスアーツ
本社所在地 東京都新宿区神楽坂4丁目1番地1オザワビル7階
社長 平岡 秀一
設立 2003年
株式 東証グロース
株主構成 合同会社平岡秀一合同事務所 (44.70%)
平岡秀一 (17.49%)
SBテクノロジー (6.70%)

サイエンスアーツの売上

サイエンスアーツの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 222,760千円 179,102千円 222,760千円
経常利益 -34,127千円 -95,238千円 -92,373千円

サイエンスアーツの最新ニュース

サイエンスアーツの事業内容

サイエンスアーツの主力事業は、オンライン上でのコミュニケーションを様々な形で支援するプラットフォーム「Buddycom」の運営です。サイエンスアーツでは、Buddycomを「ライブコミュニケーションプラットフォーム」と位置づけており、その名の通りリアルタイムで音声データや画像データなど様々な情報のやり取りを行うことが出来ます。サブスクリプション型のビジネスモデルを採用しているため、安定した収益を得ているのも特徴です。

Bundycomでは、独自の通信プロトコルを開発することで高品質な音声通信を行うことが出来ます。開発業務を外注すること無くプロダクト開発を行っているため製品の信頼性が高いのも特徴です。その結果、中途採用におけるエンジニアの求人も充実しています。現在は小売業や商業施設などを始め、全国の介護施設や工場など非常に幅広いシーンで導入が進んでおり、今後ますますそのシェアは拡大していくことが見込まれています。現在も事業規模の拡大を続けている、非常に将来性の高い企業です。

サイエンスアーツの募集要項

パートナーセールス

Buddycomをより多くの顧客へ展開していくため、パートナーとして提携している携帯キャリアや販売店などに対する営業活動や関係構築を行っていくことがパートナーセールスの役割です。販促施策の提案のみならず、営業戦略の立案に関わることが出来るなど、裁量の大きな職種です。

必須な経験・スキル

  • ・IT業界における法人営業経験3年以上

機械学習エンジニア

Buddycomを使用している企業に蓄積している音声データや画像データを分析することでよりBuddycomのサービス価値を高めることが機械学習エンジニアの役割です。機械学習に関する研究や、新機能の実装などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・機械学習エンジニアとしての実務経験

サイエンスアーツの転職難易度

サイエンスアーツへの転職難易度は中程度です。サイエンスアーツでは、現在事業規模の拡大に伴って人員拡充が積極的に進められています。フィールドセールスやインサイドセールスといったビジネス職はもちろん、Webマーケティングなどでの採用も行われています。また、サイエンスアーツではプロダクト開発を外注することなく自社エンジニアのみで行っているため、エンジニアの求人が多いのも特徴です。専門職としてのキャリアがある方も、転職を狙いやすい企業です。

ただし、求人は豊富にある一方で、それぞれの求人に求められている必須条件はやや高めとなっています。実務経験の豊富な実力者を求めていることが伺えるため、自身のキャリアをアピールする練習を積むなど、面接対策はしっかりと行っておきましょう。

サイエンスアーツが転職者に求める人物像

サイエンスアーツが転職者に求める人物像として、「今後成長する市場でキャリアを積んでいきたいこと」という点が挙げられます。サイエンスアーツが事業を行っているオンラインでのコミュニケーション市場は、新型コロナウィルス感染症流行の影響もあり、近年急速に需要が拡大している市場でもあります。今後はますます競争も激しくなる変化に富んだ環境の中でしっかりと結果を出すことを目指せる、キャリア志向の強い人材が重宝されます。

この他、「自身の力で企業を大きくしていきたいという意思があること」も求人には書かれています。一つ前のポイントとも関連しますが、サイエンスアーツは現在急速に事業規模が拡大している企業でもあり、2021年には株式を東証グロースへ上場しました。企業をリードしていく存在として、サイエンスアーツを大きくしていきたいという意欲に富んだ人材が求められています。

サイエンスアーツの転職までの流れ

サイエンスアーツの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:チーム社員
想定内容:1次面接の想定面接官は、配属予定先のチームのリーダークラスの社員です。サイエンスアーツを志望した理由など基本的な内容はもちろん、同社のビジョンやミッションに共感出来るかなども聞かれます。

最終面接

想定選考官:代表
想定内容:最終面接の想定面接官は、サイエンスアーツの代表です。1次面接までの内容よりもさらに踏み込んだ質問が多く、特にサイエンスアーツのビジョンに対する共感は重視されます。

内定

サイエンスアーツの面接形式

サイエンスアーツの面接回数は2回です。面接形式は応募者1人に対して面接官1人が対応する1対1形式となっています。面接1回あたりの所要時間は45分〜1時間ほどと、やや長めに感じる応募者が多いようです。標準的な選考期間は2週間ほどで、こちらは標準的な水準となっています。

サイエンスアーツの面接内容

サイエンスアーツの面接では、「サイエンスアーツのビジョンを知っているか」「サイエンスアーツの掲げているビジョンのどうして共感出来たのか」といった、ビジョンに関する質問が非常に多く聞かれます。サイエンスアーツは現在少数精鋭の企業であり、企業の掲げているミッションが社内に浸透しているのが特色です。面接の時点でも、ビジョンをよく理解しているかどうかが重視されるため、事前に受け答えを考えておくとよいでしょう。
この他には志望動機や転職理由といった基本的な内容が多いですが、応募する職種によっては「リーダーシップを取った経験はあるか」といった内容を聞かれた、という情報もありました。将来的なサイエンスアーツの幹部として活躍が期待されている場合は、メンバーをまとめる力も選考の中の重要な要素となります。事前にリーダーシップを発揮したエピソードなどをいくつか用意しておくと、落ち着いて答えることが出来るでしょう。

サイエンスアーツの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで募集をしている
・求人情報はAMBIなどでも確認できる
・WEB面接あり

営業、30代、男性
「サイエンスアーツの掲げているビジョンを知っているか」と聞かれたことを覚えています。事前に公式サイトで確認した旨を伝えると、「どの部分に共感できたか」などと聞かれました。
総合、30代、女性
志望動機などの基本的な内容がメインの面接でした。特にこれと言って答えにくいような内容はほとんどなく、書類に沿って進んでいた印象です。
エンジニア、30代、女性
「前職ではどのようなプロダクトを開発していたのか」と聞かれました。また、実際の仕事内容を提示されたあとで、「このような案件があるが、できそうか」と聞かれたことが印象的でした。
法人営業、40代、男性
「サイエンスアーツのビジョンになぜ共感出来たのか」と聞かれました。また、最終面接の際に「今後サイエンスアーツの幹部として活躍するつもりはあるか」と聞かれたことが印象的でした。
エンジニア、20代、男性
これまでのキャリアや業績といった内容が中心の面接でしたが、人物面に関する質問もいくつかありました。「周りからどのような人と言われるか」といった切り口から聞かれることが多かったです。

サイエンスアーツで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍4年、女性
オープンな社風があり、フラットな人間関係であることが特徴です。少数精鋭の企業ということもあり、社員それぞれがサイエンスアーツに対する熱い想いを持っています。ワークライフバランスもかなりよく、休日はしっかりと休むことが可能です。研修制度などはまだまだ未整備な部分があるため、今後は制度の拡充が課題となります。
管理、在籍7年、男性
人間関係がフラットで、風通しの良い社風がある企業です。新型コロナウィルスの流行を受けて急速に成長した企業でもあり、今後も波にのって事業規模を拡大していくことが見込まれています。パーソナルトレーニングやラグビー観戦といった、スポーツに関連する独自の福利厚生が多いことが特色です。
エンジニア、在籍2年、男性
技術本部は現在10数名程度が在籍しており、アットホームな雰囲気があります。ワークライフバランスは基本的には良く、休日はしっかりと休むことが出来ますが、時期によってはやや残業時間が長くなることもあります。女性社員の働きやすさに力を入れている企業で、様々な制度が導入されています。ただ、部署によって女性社員の人数に偏りがあるため、課題もあります。

口コミの要約

フラットでオープンな社風があり、互いに尊重し合う文化が浸透しているという口コミが目立っていました。独自の福利厚生が充実しており、社員同士の距離も近いアットホームな雰囲気があるようです。ワークライフバランスについては並程度といった印象で、教育制度や評価制度に対するさらなる充実を求める声が目立っていました。

サイエンスアーツの年収・給与

年収 484万円
ボーナスの有無 情報なし
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 情報なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 社会保険、引っ越し代一部負担、社内表彰制度、書籍購入補助制度、屋内全面禁煙、ラグビー観戦、個人トレーニングなど

サイエンスアーツでの転職者の出世難易度

サイエンスアーツでの転職者の出世難易度は低めです。サイエンスアーツは実力主義の風土があり、入社年次に関わらず実績を上げた社員が責任のあるポジションへ登用されやすい雰囲気があります。社員の人数が少ないこともありまだまだ評価制度は固まりきっていないため、常に周りを巻き込みながら積極的に仕事を姿勢が出生の上では重要です。社内には中途入社の社員がほとんどのため、中途採用だからといって出世が不利になることは全くありません。周りと協力しながら仕事に取り組める、チームワークのある社員が重宝される企業です。

サイエンスアーツはどんな人が働いている?

サイエンスアーツの従業員数

22人

サイエンスアーツの平均年齢

31.7歳

サイエンスアーツの平均勤続年数

3.0年

サイエンスアーツの社風

サイエンスアーツの社風として、社員同士の距離が近いアットホームな雰囲気が挙げられます。サイエンスアーツは2021年の株式上場時点で22名の社員が在籍していた、非常に少数精鋭の企業です。現在は人数拡充にも積極的ですが、フラットでアットホームな社風はまだまだ残っています。コミュニケーションを大切にする文化がサイエンスアーツの特徴です。

また、スポーツが好きな社員が多いのもサイエンスアーツならではの社風です。社内にはラグビー観戦制度やパーソナルトレーニング制度など、スポーツに関連する独自の福利厚生が導入されています。スポーツ好きでなければ活躍できない、というわけではないですが、体を動かす機会を積極的に確保しているのもサイエンスアーツの特徴的な社風と言えるでしょう。

サイエンスアーツのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 フレックスタイム制
(コアタイム:11:00〜15:00 現在、フルフレックス)
休日 土日祝日
その他の休日・休暇 年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、夏休み休暇、育児短時間措置、妊婦特別休暇、産前産後休暇など
平均残業時間 情報なし
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

サイエンスアーツの社長

平岡 秀一

1961年生まれ。1984年、日立西部ソフトウェアへ入社。1996年、マイクロソフト株式会社へ入社し、2001年よりインスパイアの取締役。Plan Do Seeの取締役などを経て、2003年にシアンス・アール(現サイエンスアーツ)を設立し、代表取締役社長へ就任。

サイエンスアーツ現職、OB/OGの有名人

山田 芳春

サイエンスアーツの取締役営業本部長。1969年生まれ。1993年、大和銀行へ入行。2003年、りそなキャピタルへ出向。2020年、サイエンスアーツへ入社し、営業本部長へ就任。同年2月より現職。

サイエンスアーツの転職に関わるQ&A


サイエンスアーツでは、産前産後休暇といった基本的な制度に加え、休暇取得後の短時間措置など様々な制度が充実しています。また、フレックスタイム制を導入しているため、子育て中も柔軟に対応しやすいという情報もありました。女性社員を増やすための積極的な取り組みも多く進められており、女性社員の働きやすい企業だと言えるでしょう。


有価証券報告書に記載されているサイエンスアーツの平均年収は484万円。これは上場企業としては標準的かわずかに低い程度の水準です。社員の口コミには、「普通に生活する分には全く困らない」といった声が寄せられていました。また、平均的なワークライフバランスが良いため、残業時間を増やすとその分給与も高くなりやすいといった情報もありました。

サイエンスアーツへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

採用ページから応募が可能です。
サイエンスアーツの原動力についてのメッセージや、キャリア採用情報が掲載されています。
公式サイトでは現在募集されている職種や条件がざっくりと記載されているため、「まずは求人の状況を簡単に知りたい」という人はチェックしておきましょう。

ただ、採用のポイントや求めている経歴・スキルは詳細には記載されていないため、採用の確率を高めたい場合や非公開求人も見たい場合には転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、サイエンスアーツの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してサイエンスアーツに転職するなら、他社の募集要項を比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・手軽さ
  • ・案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、案件が豊富であり、案件確認から応募までが非常にスピーディーです。
今すぐ転職をしたい方や、まずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

同業他社の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職には、幅広い企業の募集要項を確認することができます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの平均年収は800万円~1,300万円程度となっており、別サイトよりも比較的高く設定されています。
また、iX転職は、表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントと言えるでしょう!
同業他社がどれほどあるのか、それぞれ募集要項はどのように違うのかなどを自らの手で調べたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

クラウド業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

クラウドサービスや、クラウドファウンディング…近年よく聞かれるようになったクラウドという言葉。生活の中であたり前に触れている方も多いでしょう。しかし、クラウドってそもそも何?と言われると曖昧な方も多いのではないでしょうか。 クラウド業...

LINEへの転職。福利厚生や年収について解説

LINE転職者の主なキャリアステップ 前職 アクセンチュアやワークスアプリなどのITコンサル ヤフーやクックパッドなどのWeb系事業会社 富士通などの電機メーカー ツールベンダー ゲームなどのWeb系コン...

Aimingへの転職は難しい?年収や選考フローなどを解説

Aiming転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通などのシステム会社 GMOなどのインターネット関連企業 ゲーム関連企業 株式会社Aimingに転職 ...

エキサイトへの転職は難しい?面接の傾向や採用を勝ち取るコツなどを解説

エキサイト転職者の主なキャリアステップ 前職 電子機器メーカー ソフトウェアメーカー 広告制作会社 IT系企業 エキサイト株式会社に転職 次の転職先 ...

SmartHRへ転職するには?売上から面接内容まで徹底解説

SmartHR転職者の主なキャリアステップ 前職 ヤフー、楽天などのWEB系事業会社 アクセンチュア、日立製作所、NTTデータなどの大手SIer ITコンサルなど SmartHR...

株式会社サイバーセキュリティクラウドへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

サイバーセキュリティクラウド転職者の主なキャリアステップ ...

カカクコムの転職情報。学歴や転職難易度をご紹介

カカクコム転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWeb系事業会社 サイバーエージェントなどのネット専業広告代理店 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム ベンチャー企業 ...

スマレジへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

スマレジ転職者の主なキャリアステップ 前職 LINEなどのWEB系事業会社 医療系メーカー IT企業 株式会社スマレジに転職 次の転職先 WEB系事業...

リクルート住まいカンパニーへの転職。難易度や年収などを公開

リクルート住まいカンパニー転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天などのWeb系事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム ワークスアプリケーションズなどのSIer、ツールベンダー ...

弁護士ドットコムの転職難易度は?口コミや年収などを解説

▼下記は、弁護士ドットコムに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから弁護士ドットコムに転職してくるのか ・転職先:弁護士ドットコムからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目...

TOP