WEB・アプリサービス

株式会社いつもの転職事情。選考フローや口コミなどを解説

いつも転職者の主なキャリアステップ

いつもの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職

いつも在籍者の主な職歴は、アパレルや運送、デジタルマーケティング業者などが挙げられます。

次の転職先

いつもからの転職先として、アパレル企業のほか、オプト電通デジタルなどのデジタルマーケティング企業、楽天などのWEB事業者へ転職しています。

株式会社いつもは、インターネット通販などをはじめとしたECマーケティングを専門的に扱っている企業です。
主に、新たにECマーケティングを始めたいと考えるブランドやメーカー、小売企業に対し、サイト構築やUXデザイン、広告運用など、トータルで支援しています。
ECが今ほど注目されていなかったときからパイオニアとして業界を牽引しており、これまでの契約案件数は11,000件以上と、非常に多くの実績を誇っています。
また、2022年よりインフルエンサーとEC事業者をマッチングできるサービスを提供開始するなど、革新的なサービスを手掛けている企業です。
そんないつもでは、コンサルタントやディレクターなどのポジションで、自己成長しながらチームで業務を遂行できる人材を求めています。

いつもへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・いつもの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、いつもの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • いつもの企業概要
  • いつもの転職ポイント
  • いつもの社風や企業文化

いつもに転職するポイント

いつもの特徴

POINT

  • ・ECマーケティングを専門的に扱う企業
  • ・ECマーケティングを始めたいと考える顧客に対し、トータルで支援を行う
  • ・契約案件数は11,000件以上と、圧倒的な実績を誇る

いつもへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・コンサルタントやディレクターなどで求人募集
  • ・自己成長しながらチームで業務を遂行できることが重要

いつもの企業概要

会社名 株式会社いつも
本社所在地 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル7階
社長 坂本 守
設立 2007年2月14日
株式 上場(東証グロース)
株主構成 株式会社つづく(42.17%)
望月智之事務所(21.09%)
坂本守(4.22%)

いつもの売上

いつもの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 5,261百万円 8,797百万円 11,652百万円
経常利益 198百万円 547百万円 583百万円

いつもの最新ニュース

いつもの事業内容

いつもは、独自性の高いECマーケティングを専門的に提供している企業です。
ECサイトの新規立ち上げやサイト分析と改善提案といったECコンサルティングをはじめ、楽天市場やアマゾン、ヤフーショッピングなどのプラットフォーム別でのサポートと支援も行っています。
そのほかにも、制作構成のサポートや業務迅速化の支援、人材相談など、非常に幅広く手掛けています。
その結果、これまでの契約案件数は11,000件以上を誇り、日本国内だけでなく、アジアや欧米などへも支援し、グローバル展開を図っている企業です。
今後も、集客から構築、制作、販売などをワンストップで提供し、さらなる発展と事業拡大を推進していくことを目指しています。

いつもの募集要項

ECコンサルタント候補

さまざまな悩みを持つ顧客を支援するコンサルティングを担当するポジションです。
具体的には、グローバルなコスメブランドの戦略立案や世界的に有名なスイーツブランドのWebマーケティング・デザインを担当します。
小規模の企業から世界的有名企業まで幅広い案件に携われるため、やりがいを感じられる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・ネットショップで買い物をするのが好き
  • ・成長する業界や会社で仕事がしたいという意欲
  • ・「顧客への貢献」を大切にできる思考

EC運用ディレクター

クライアントのパートナーとして、ヘアケア商品やコスメ、家電、雑貨などのEC運用を支援するポジションです。
具体的には、Webツールなどで顧客の要望確認や売上UPの施策などの提案やECサイトの更新、メルマガの配信、広告運用と簡単な広告デザインなどを行います。
クライアントを全般的に支援するため、責任感が問われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・何らかのECサイト運用経験

D2Cプロジェクトマネージャー

社内外のプロフェッショナルと一緒にプロジェクトを推進するポジションです。
具体的には、プロジェクトにおける販売戦略の企画と立案や、プロジェクト実行マネージメント、売上管理や分析、需要予測、社内全体統括などを行います。
販売からプロモーション、コミュニケーションなど、責任感は問われますが、非常に裁量が大きい職種です。

必須な経験・スキル

  • ・EC関係の事業会社で運用経験

いつもの転職難易度

いつもの転職難易度は中程度です。
中途採用によるキャリア募集数は比較的多く、さまざまなポジションで求人募集がされています。
また、ポジションによってはスキルや経験を問われないため、未経験からの転職でも比較的チャンスがあるといえます。
ただし、いつもは現在注目を集めている企業ということもあり、競争率が激しくなっていることが想定できるため、あらかじめ万全な準備を行っておくことが必要です。

いつもが転職者に求める人物像

いつもでは、チームワークを大切にしながら業務を遂行できる人材を求めています。
また、ネットショッピングが好きで定期的に利用している人材や、積極的に新しい知識を吸収してスキルアップにつなげたいと考える人材なども求めている傾向にあります。
いつもは、独自性の高いサービスを手掛けているため、このような能力が必要不可欠な企業です。
面接では、これらをアピールできるエピソードを複数用意し、面接官を関心させられるようにしましょう。

いつもの転職までの流れ

いつもの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や入社後のキャリアプランなどを、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、人柄を判断するような質問をされます。

内定

いつもの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回ありますが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分~1時間程度です。

いつもの面接内容

いつもの面接は、志望動機や入社後のキャリアプランなど、オーソドックスな質問から進みます。
そのほかにも、「自身の強みは何か」や「学生時代に頑張ったことは?」など、人柄を判断するような質問もされます。
面接の雰囲気は比較的和やかではありますが、質問の一つ一つをしっかりと聞いているため、油断は禁物です。
自己分析や企業研究は非常に細かいところまで行い、どのような質問にも一貫性のある回答をできるようにしましょう。

いつもの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトでは比較的多くのポジションで求人募集
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・回答一つ一つをしっかりと見られる傾向がある

営業、20代後半、男性
志望動機について細かく質問されました。さまざまな質問をされましたが、特に志望動機を重要視しているように感じました。
コンサルタント、30代前半、男性
以前からうちのことを知っていたかを聞かれました。正直なところ、転職活動するまでは知りませんでしたが、転職活動を通じて魅力に感じたことを伝えました。
経理、20代後半、女性
一般的な質問が多くされました。面接の雰囲気は和やかでしたが、質問に対する回答をしっかり見ているように感じました。

いつもで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍3~5年、女性
個人の裁量が大きいので、主体的に行動することができます。業務のなかには誰もが知っているような企業案件もあるため、やりがいを感じることもでき、モチベーションにもつなげることができるでしょう。
法人営業、在籍5~7年、女性
早い段階から大手案件に携わるチャンスがあるため、成長につなげることが可能です。未経験からの入社の場合でも勉強会や研修会、資格取得支援も積極的なため、スキルアップしやすい環境があると思います。
プロモーション、在籍3~5年、男性
新型コロナウイルス感染症の影響により、リモートワークが導入され、在宅や週2で出社など、柔軟な対応をしてくれます。そのため、社員一人一人に合った働き方の実現ができていると感じます。
口コミの要約

いつもの口コミを見てみると、個人の裁量が大きいため、主体的に行動することができ、やりがいを感じながら働けるということが伝わってきます。また、若手でも大手案件に関われるチャンスがあるため、成長できる機会も多くあるということが伺えます。

いつもの年収・給与

年収 411万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月45時間分)
通勤手当 記載なし
住宅手当 記載なし
福利厚生 資格取得支援制度、社内勉強会、働くパパママ応援制度など

いつもでの転職者の出世難易度

いつもの出世難易度は比較的高いです。
いつもで出世するためには、多くの実績を残すことはもちろんのこと、チームワークを大切にできる協調性や、積極的にスキルアップできる成長意欲を保有していることも必要になります。
また、在籍している社員は優秀な方が多く、それぞれ実績を残しているため、効率的に実績をアピールできることが肝心です。
いつもでの出世を目指すなら、これらを意識し、日々努力していくことで出世への道が拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 400万円
30代中盤 なし 600万円
30代後半 マネージャー 700万円
40代前半 グループマネージャー 700万円
40代後半 グループマネージャー 700万円
50代前半 部長 900万円

いつもはどんな人が働いている?

いつもの従業員数

227名

いつもの平均年齢

31.8歳

いつもの平均勤続年数

2.11年

いつもの社風

いつもは、比較的フラットな雰囲気があり、発言がしやすい社風です。
上下関係がそれほど厳しくはなく、どのような方ともコミュニケーションがとりやすい雰囲気があります。
そのため、相談や質問などもしやすい環境があり、それらに対して上司や先輩が耳を傾けてくれる傾向にあります。
また、失敗しながら成功を作り上げていくカルチャーが定着しているため、さまざまなことにチャレンジしやすい雰囲気がある企業です。
フラットな環境のなかで、失敗を恐れずにチャレンジしていきたいと考える方には、非常にマッチしているといえるでしょう。

いつものワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~18:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇、出産立会い休暇など
平均残業時間 月25時間前後
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り(応相談)
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

いつもの社長

坂本 守

1970年生まれ。
1993年に株式会社コムソン社へ入社。
1996年にフジプレアム株式会社へ入社。
その3年後、株式会社船井総合研究所(現・株式会社船井総研ホールディングス)へ入社。
2007年に現副社長である望月氏とともに株式会社いつもを設立し、代表取締役社長に就任。
現在は、いつもキャピタル株式会社の代表取締役も兼任している。

いつも現職、OB/OGの有名人

望月 智之

1977年生まれ。
1999年に株式会社船井総合研究所(現・株式会社船井総研ホールディングス)へ入社。
2007年に現社長である坂本氏とともに株式会社いつもを設立し、取締役副社長に就任。
現在は、いつもキャピタル株式会社やいつもコマース株式会社、株式会社ビーランの取締役などを兼任している人物。

いつもの転職に関わるQ&A


結論からいうと簡単に働ける企業ではありません。
月の平均残業時間は25時間程度と標準的な長さですが、一人一人が請け負う業務量は多い傾向にあります。
また、時期によっては忙しいときもあり、残業時間が増える可能性があります。
ただし、働いたら働いた分だけしっかりと支給されるため、ブラック企業ではないといえるでしょう。

男性社員だけでなく、女性社員も多く在籍しています。
また、産休や育休、時短勤務といった制度が充実しており、利用している方も多くいます。
そのため、女性にとって働きやすい環境が整っているといえるでしょう。

いつもへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

いつもの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、「”itsumo”を知る」をはじめとしたさまざまな情報が掲載されているため、応募する前に一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合は、どうしても時間がかかってしまう傾向があります。
できるだけ時間をかけずに転職したいと考えている方や公式サイトに載っていないような求人を見たい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、いつもの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを利用していつもへの転職を考えている方には、ハイクラス求人が豊富な「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つです。

  • ・非公開求人が比較的多い
  • ・求人案件が豊富
  • ・案件の確認から応募までスピーディー

転職サイトは、比較的非公開求人を多く持っている傾向があります。
また、非公開求人も含め、非常に多くの求人案件があるため、希望するポジションを見つけ出すことができるでしょう。
さらには、案件確認から応募までが素早く行えるので、できるだけ時間をかけずに転職したい方には、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集要項もまとめて比較したいなら「iX転職」

iX転職には豊富な求人が取り揃えらえており、サービスの提供などを行っている競合他社の募集要項も確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職はさまざまなハイクラス求人を取り揃えており、ほかの転職サイトでは扱っていないような非公開求人も持っている可能性があります。
そのため、iX転職では競合他社と比べながら検討することも可能です。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
ほかの競合他社の募集要項も含め、さまざまな情報が知りたいという方は、iX転職に登録し、届いたスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

コロプラへの転職難易度は?口コミや年収などを解説

▼下記は、コロプラに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからコロプラに転職してくるのか ・転職先:コロプラからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

ぐるなびへ転職するには?評判や口コミなどについて調査!

ぐるなび転職者の主なキャリアステップ 前職 WEB系事業会社 食品メーカー 外食産業など 株式会社ぐるなびに転職 次の転職先 WEB系事業会社 デジ...

スマートニュースへの転職。働きやすさや難易度についてご紹介

スマートニュース転職者の主なキャリアステップ 前職 ヤフー、楽天などのWEB系事業会社 サイバーエージェントなどのWEB代理店 博報堂などの総合代理店 スマートニュース株式会社に...

チェックポイントの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

チェックポイントは、インターネットのファイアウォールやVPI製品で知られているセキュリティ製品の開発と提供をしている企業です。 主に、Microsoft WindowsやLinuxなどで動作するファイアウォールなどのネットワーク・セキ...

トランスコスモスに転職するなら?面接内容や評判を解説

トランスコスモス転職者の主なキャリアステップ 前職 各種メーカー 商社 リクルートなどのWeb系事業会社 トランス・コスモス株式会社に転職 次の転職先 ...

ブシロードの転職事情。面接内容や口コミなどを解説

ブシロード転職者の主なキャリアステップ 前職 ソニーミュージック、KADOKAWAなどの音楽業界 株式会社ブシロードに転職 次の転職先 グリー、DMMなど...

株式会社タスキの転職難易度は高い?選考フローや年収などを解説

タスキは、新築投資用IoTレジデンスの企画や開発、販売をはじめ、不動産業を手掛けている企業です。 また、ライフプランプラットフォーマーとして、暮らしをより豊かにするサービスや顧客が抱える人材不足を解決する福利厚生サービスも展開...

イトクロへの転職はおすすめ?転職難易度や年収などをご紹介

イトクロ転職者の主なキャリアステップ ...

Sun Asteriskへの転職ってどう?事業内容や転職難易度、面接対策などを解説

Sun Asterisk転職者の主なキャリアステップ ...

SaaS業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

近年何かと話題に上ることの多いSaaS企業の躍進ですが、SaaSに興味を持っていても実際にどのような意味を持つのかはっきりと分からないという人も少なくありません。 SaaS業界への転職を検討するにあたって、まずはSaaSの言葉の意味を...

TOP