グループ企業

日本郵政に転職するには?面接での質問内容や社員のリアルな声などを解説

▼下記は、日本郵政に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから日本郵政に転職してくるのか
・転職先:日本郵政からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

日本郵政の主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

職歴

日本郵政の主な職歴は、住宅や自動車、衣料品などのメーカーのほか、電通などの広告代理店が挙げられます。

退職後の主な転職先

日本郵政からの転職先として、銀行や消費者金融、生保などの金融系のほか、IT系やメーカー、M&Aマネジメント会社などへ転職しています。

日本郵政は、日本の郵便を一手に引き受けており、主に郵便物の配達を行う企業です。
総務省所管の元で運営されている特殊会社であり、子会社として日本郵便やゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社をそれぞれ抱えていることでも知られています。
「葉書離れ」などが叫ばれている近年でも、2年連続経常利益をアップさせるなど、日本郵政の経営は安定しています。
国の所管する企業という安定性もあり、転職先としても高い人気を誇っている企業です。
この記事では、日本郵政への転職を検討している人に向けて、面接対策のポイントや社員の口コミなどを解説します。

日本郵政への転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・日本郵政の口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することが可能です。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開できるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • 日本郵政の企業概要
  • 日本郵政の転職ポイント
  • 日本郵政の社風や企業文化

日本郵政に転職するポイント

日本郵政の特徴

POINT

  • ・総務省が所管している特殊会社
  • ・「葉書離れ」などがいわれている現代でも2年連続で経常利益を向上している
  • ・3大子会社を抱える国内有数の大企業

日本郵政へ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・総合職などで求人募集
  • ・誠実さや情熱、高い志を持ち、果敢にチャレンジできることが重要

日本郵政の企業概要

会社名 日本郵政株式会社
本社所在地 東京都千代田区大手町二丁目3番1号
社長 増田 寬也
設立 2006年1月23日
株式 上場(東証1部)
株主構成 財務大臣(63.29%)
日本マスタートラスト信託銀行(3.18%)
日本カストディ銀行(3.01%)

日本郵政の売上

日本郵政の売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
経常収益 12,774,999百万円 11,950,185百万円 11,720,403百万円
経常利益 830,696百万円 864,457百万円 914,164百万円

日本郵政の最新ニュース

日本郵政の事業内容

日本郵政は、「郵便」「貯金」「保険」の3つを柱とした事業展開を行っている企業です。
「日本郵便」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険」という3つの子会社がそれぞれの主な役割を担っており、日本郵政はその取りまとめ役にあたります。
具体的な事業内容は以下にて解説します。

郵便事業

テレビやインターネットといった通信網が普及した現代においても、郵便物の配達はいまだ欠かすことができません。
若者を中心に「葉書離れ」が叫ばれていますが、年賀状をはじめとした日本の手紙文化は当分の間廃れることはないでしょう。
日本郵政の郵便事業は、子会社である日本郵便が担っています。
全国におよそ25,000件の郵便局が展開されており、スムーズな配達を実現しています。
また、近年は紙の郵便物よりも貨物の運送事業に力を入れているのが特徴です。

貯金事業

日々の生活で、銀行は今やなくてはならない存在です。
日本郵政では、貯金をはじめとする各種金融関連の事業を子会社であるゆうちょ銀行が担っています。
個人や法人を問わず、多様化するさまざまなニーズに合わせた金融商品を取り扱っていることが特徴です。
全国に存在するATMの台数は32000台を突破しており、現金離れの志向が浸透していくにつれ、需要が増していくことが見込まれている将来性の高い事業といえるでしょう。

保険事業

日本郵政の保険事業は、子会社であるかんぽ生命保険が担っています。
この保険事業も、世界のグローバル化に伴って多様化する保険へのニーズに合わせた商品展開を行っていることが特徴的です。
入院や手術、事故、結婚や離婚、子供の独立から引越しまで、人生のあらゆる場面で満足と安心を提供することをモットーとしています。
日本郵政の子会社であるため、日本全国の郵便局と連携しており、近くの郵便局で保険の相談ができることが強みです。
多くのテレビコマーシャルを積極的に打ち出しており、社会的な知名度のさらなる向上を目指しています。

日本郵政の募集要項

総合職

リスク管理に関する業務や資産運用に関する業務を行うポジションです。
具体的には、金融工学の知識を活用してリスクマネジメントを行うとともに、資産のリスクを管理するシステムの企画や調整などを行います。
また、多様化する資産運用の形態に合わせ、新たな資産運用計画の策定などを行うなど、財務の中枢を担う重要な役割です。

必須な経験・スキル

  • ・リスク管理業務や株式、外国債権などに関わる運用業務の経験

日本郵政の転職難易度

日本郵政の転職難易度は比較的高いです。
日本郵政は基本的に中途採用を行うことがそれほど多くなく、日本郵便やかんぽ生命保険といった子会社での採用がメインとなります。
これらの子会社もそれぞれの業界で最大手に分類されるポジションを築いており、中途採用での倍率はかなり高くなっていることが予想されます。
優秀な応募者が集まるなかで頭ひとつ抜けるためには、徹底した面接対策を行う必要があるでしょう。
ただし、今後日本郵政が中途採用の求人を出す可能性が全くないわけではありません。
また、子会社での採用も募集人員が複数人となっていることが多く、実際に採用を勝ち取った方も数多くいます。
郵便事業という業界や、日本郵政グループに対する総合的な知識を身につけることが、転職成功への近道です。

日本郵政が転職者に求める人物像

日本郵政の公式サイトにあるQ&A上で、求める人物像として「『誠実』で、『情熱』と『高い志』を持った人材」「失敗を恐れず『チャレンジ』する人材」の2つを掲げています。
職種や携わる事業により異なりますが、日本郵政で扱っている事業は郵便や金融商品などどれもコンプライアンスの欠かすことのできないものばかりです。
新卒か中途採用かに関わらず、顧客に対する誠実さは最も重要といっても過言ではないでしょう。
また、顧客のニーズは日々多様化しており、時代に合わせた新しいスタイルを提案し、実行できるチャレンジ精神や情熱を持った人材が求められています。

日本郵政の転職までの流れ

日本郵政の選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接・WEBテスト

想定選考官:人事担当者
想定内容:志望動機や今後のキャリアプランなど、定型的な質問から進みます。

最終面接

想定選考官:人事責任者・部長
想定内容:これまでの質問に加え、郵便に関する質問をされます。

内定

日本郵政の面接形式

面接は応募者1人に対し、面接官複数人で行われます。
面接回数は基本的に2回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分程度と一般的な長さです。

日本郵政の面接内容

日本郵政の面接は、志望動機や今後のキャリアプランなどの定型的な質問から進みます。
それ以外にも、「若者を中心に衰退する葉書文化に対して、日本郵政ができることは何か?」や「現代のニーズに合わせ、どのような金融商品を展開すべきか?」といった郵便に関する質問をされる傾向があります。
また、「雨天の配達をどう思うか?」や「営業ノルマが達成できなそうな場合、どうするか?」といった適性を判断するような質問をされることがあるため、事前に回答を用意しておくことが肝心です。
面接の雰囲気は、比較的和やかであり、圧迫面接などはほとんどありません。
変に緊張せず、リラックスして自分らしく面接に臨むことができるでしょう。

日本郵政で働いている方の評判・口コミ

集配、在籍3~5年、男性
日本有数の歴史を誇る大企業ということもあり、典型的な日本企業らしさを感じる場面が多いです。良くいえば安定志向、悪くいえば古い体質が抜けきっていないというところです。経営や待遇の安定性は抜群な分、紙ベースでの仕事がいまだに多いことなどはもったいないように感じます。
事務、在籍7~10年、女性
政治の状況によって、会社の運営や経営陣が左右されるという特徴があります。しかし、全体的には保守的な文化があるため、それほど影響を受けることはありません。待遇は良く、福利厚生も充実しているため、非常に働きやすい会社だと思います。
総合職、在籍10年以上、男性
以前は男性がほとんどで、企業の中で多様性を感じる場面はありませんでしたが、最近では女性の社員も増えてきていると感じます。産休や育休などの制度も整ってきており、男性でも利用することができます。
口コミの要約

日本郵政の口コミを見てみると、典型的な日本企業らしさがある反面、待遇の良さや福利厚生が充実しているなど、働きやすい環境があるということが伝わってきます。また、男性でも育休が取得できるため、どのような方にとっても安心して働けるということが伺えます。

日本郵政の年収・給与

年収 798万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 財形貯蓄制度、保険払込団体、社員持株会制度、社宅制度など

日本郵政での転職者の出世難易度

日本郵政の出世難易度は比較的高いです。
日本郵政は近年、数字を意識した経営に力を入れつつありますが、出世するかどうかは依然として年功序列に依存している部分が大きいです。
そのため、基本的にはポストが空き次第順番に出世していくという形になります。
同期の社員のなかで1人だけずば抜けて出世するということはほとんどありません。
しかしながら、営業の部署を中心に業績で評価する動きも見られます。
給与も営業成績に大きく影響を受けるため、安定した実績を出し続けていれば、日本郵政で出世していくことは不可能ではないといえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 主任 600万円
30代中盤 主任 700万円
30代後半 課長 800万円
40代前半 課長 900万円
40代後半 課長 900万円

日本郵政はどんな人が働いている?

日本郵政の従業員数

194,842名

日本郵政の平均年齢

43.9歳

日本郵政の平均勤続年数

17.0年

日本郵政の社風

日本郵政の社風の特徴は、非常に安定志向であるということが挙げられます。
また、元が役所だったということもあり、役所気質が根強く残っています。
トップダウン式で、物事を着々とこなしていけるような真面目な人や、一つ一つの案件を丁寧にこなしていくことのできる人が向いている社風だといえるでしょう。
また、社員にはのんびりとした温厚な人が多い傾向があり、安定志向な社員が集まっている分、社員間の人間関係のトラブルなどはほとんどなく、落ち着いた雰囲気のなかで働くことが可能です。
社食などを利用する社員も多く、同僚や上司との仲が良いという社員も多く、役所的な雰囲気ということはなく、アットホームな雰囲気もある企業です。

日本郵政のワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 1日8時間、1週40時間
休日 4週8休制
その他の休日・休暇 夏季休暇、冬季休暇、結婚休暇、忌引休暇、ボランティア休暇など
平均残業時間 月14時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

日本郵政の社長

増田 寛也

1951年生まれ、東京都出身。
東京大学を卒業後建設省へ入省。
計画局建設振興課に配属され、現場経験を積む。
千葉県警察本部交通部交通指導課長などへの出向を経て、1986年に茨城県企画部鉄道交通課長に就任し、つくばエクスプレスの建設準備などに携わる。
第1次安倍改造内閣では総務大臣、郵政民営化担当大臣などを歴任。
2020年より日本郵政株式会社の社長を務めている。

日本郵政現職、OB/OGの有名人

西川 善文

1938年生まれ。
日本郵政の初代代表執行役社長。
大阪大学法学部卒業後、住友銀行へ入行。
1997年に頭取に就任。
2000年と2004年には全国銀行協会会長に就任。
2005年に郵政民営化に伴って発足した日本郵政の初代社長へ内定し、翌年に社長へ就任。2009年に退任の意向を表明するまで、3年間にわたって社長を務めた人物。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

日本郵政の転職に関わるQ&A


数年前までは日本郵政で働く女性は少ない傾向がありましたが、近年は女性を積極的に採用する働きがあります。
ほかの企業と比べるとその数はまだまだ少ないようですが、役員に女性を複数任命するなど、社風は変わりつつあります。

温厚な人が多く、基本的に職場の人間関係は良好な傾向があります。
営業はノルマが厳しく、達成のためにはある程度の体力が求められますが、それでも一般的な民間企業と比べると余裕のある雰囲気だという声も多くあります。
社員の仲も良いことが多く、働きやすい職場だといえるでしょう。

日本郵政へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

日本郵政の公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
求人情報以外にも、「日本郵政グループについて」や「グループ企業情報」、「サステナビリティ」などが掲載されているため、一度目を通した方が良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、時間がかかってしまう傾向があります。
できるだけ時間をかけずに転職したい場合や公式サイトにないような求人も見てみたいという場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集要項も見比べたいなら「転職サイト」

転職サイトを活用して日本郵政に転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に見比べられる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空き時間を活用できる手軽さ
  • ・求人件数の豊富さ
  • ・求人確認から応募までのスピード感

転職サイトは、空き時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすいでしょう。
また、求人件数が豊富なため、自分の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。
できるだけ早く転職したい方や希望ポジションを見つけたい方は、転職サイトの活用がおすすすめです。

競合他社を比較するなら「iX転職」

iX転職には、メーカー企業をはじめとした企業の募集要項もまとめて確認できます。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのメーカー業界は、800万円~1,200万円が平均年収となっており、ほかの転職サイトと比べると比較的高くなっています。
また、iX転職は非公開求人を多く保有している転職サイトとしても有名であり、ヘッドハンターに相談することで、自分のスキルや経験に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「時計を製造している企業はどれほどあるのか」や「競合他社では募集要項はどのように変わるのか」などが知りたい方は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

あなたが日本郵政に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

大林組への転職事情。年収や口コミなどを解説

▼下記は、大林組に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから大林組に転職してくるのか ・転職先:大林組からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

東映の転職難易度は高い?年収や選考フローなどを解説

▼下記は、東映に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから東映に転職してくるのか ・転職先:東映からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう...

松竹の転職事情。難易度や口コミなどを解説

▼下記は、松竹に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから松竹に転職してくるのか ・転職先:松竹からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう...

中部電力の転職難易度は?面接突破のポイントや採用難易度などを解説

▼下記は、中部電力に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから中部電力に転職してくるのか ・転職先:中部電力からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

GMOインターネットの転職難易度は?口コミや面接内容などを解説

▼下記は、GMOインターネットに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからGMOインターネットに転職してくるのか ・転職先:GMOインターネットからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なり...

セコムへの転職は難しい?面接や口コミなどを解説

▼下記は、セコムに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセコムに転職してくるのか ・転職先:セコムからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

JALの転職事情。転職難易度や面接突破のコツなどを解説

▼下記は、JALに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJALに転職してくるのか ・転職先:JALからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

住友不動産への転職は難しい?面接内容や年収などを解説

▼下記は、住友不動産に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから住友不動産に転職してくるのか ・転職先:住友不動産からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

三菱自動車工業の転職事情。口コミや年収などを解説

▼下記は、三菱自動車工業に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱自動車工業に転職してくるのか ・転職先:三菱自動車工業からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

三菱地所への転職難易度は?将来性や激務との噂も徹底解説

・転職元:どこから三菱地所転職してくるのか ・転職先:三菱地所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。 ...

TOP