グループ企業

小田急電鉄へ転職すべき?面接突破のポイントや社員の口コミなどを解説

▼下記は、小田急電鉄に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから小田急電鉄に転職してくるのか
・転職先:小田急電鉄からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

  • 主な転職元

    ・プロパー社員
    ・西武グループ
      

  • 小田急電鉄株式会社

  • 主な転職先

    ・不動産開発系の事業会社
    総合商社

小田急電鉄の主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

職歴

小田急電鉄在籍者は、プロパー社員がほとんどですが、西武グループからの転職事例も挙げられます。

退職後の主な転職先

小田急電鉄からの転職事例はほとんどありませんが、一部転職先として、不動産開発系の事業会社
総合商社などが挙げられます。

小田急電鉄は、小田原線や江ノ島線、多摩線の3つの路線を中心に、関東圏に欠かせない交通網を展開している企業です。
そのなかでも本線である小田原線の合計営業キロは82.5kmとなっており、神奈川県の小田原駅から新宿駅までを1時間半ほどで結んでいます。
また、近年は不動産事業や都市開発事業にも力を入れており、多角的な事業展開を図っている企業です。
そんな小田急電鉄は、駅の係員などをはじめとした職種の中途採用を募集しています。
今回は小田急電鉄への転職を検討している方に向けて、小田急電鉄へ転職を目指すうえで知っておきたい面接の傾向や対策のポイント、社員の口コミなどを解説します。

小田急電鉄への転職を目指すなら「iX転職」を見るべし

・小田急電鉄の口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
・大手やハイクラスの求人情報を知りたい。
・現職や、特定の企業にばれずに転職活動をしたい。
そんな方に最もおすすめしたいのが、大手やハイクラス求人を豊富に取り扱っていてる人材大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が手がける「iX転職」。
また、まだ転職するつもりはなくても、情報収集として、事前にiX転職をチェックしておくと、目指す業界・職種などの傾向を把握することが可能です。
現職や特定の企業に対し、自分の情報を非公開できるため、設定した企業にばれずに安心して転職を進めたい方にもマッチするサイトです。

この記事でわかること

  • 小田急電鉄の企業概要
  • 小田急電鉄の転職ポイント
  • 小田急電鉄の社風や企業文化

小田急電鉄に転職するポイント

小田急電鉄の特徴

POINT

  • ・関東を中心に展開している大手の私鉄会社
  • ・有給休暇取得率は75%を超えるワークライフバランスの良い企業
  • ・運輸業以外にも不動産や都市開発事業などにも注力

小田急電鉄へ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・駅員をはじめとしたポジションで求人募集
  • ・円滑にコミュニケーションを取り、スピーディーに業務をこなせることが肝心

小田急電鉄の企業概要

会社名 小田急電鉄株式会社
本社所在地 東京都渋谷区代々木2丁目28番12号
社長 星野 晃司
設立 1948年6月1日
株式 上場(東証1部)
株主構成 日本マスタートラスト信託銀行(13.38%)
日本カストディ銀行(5.80%)
第一生命保険株式会社(5.55%)

小田急電鉄の売上

小田急電鉄の売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
営業収益 526,675百万円 534,132百万円 385,978百万円
経常利益 49,687百万円 38,299百万円 -31,223百万円

小田急電鉄の最新ニュース

小田急電鉄の事業内容

小田急電鉄は、小田原線や江ノ島線、多摩線といった関東圏には欠かすことができない交通網を展開している大手私鉄会社です。
近年では、不動産や都市開発といった多角的な事業展開も図っています。
小田急電鉄の主な事業として、下記の2事業を主軸に運営しています。

鉄道部門

小田急線や江ノ島線、多摩線の3つの路線を運営している部門です。
総営業距離は120kmですが、そのうち82.5kmを小田原線が占めています。
管轄する路線内には合計70個の駅があり、平均乗降者数は1日144万人です。
また、多摩ニュータウンをはじめとした再開発の進んでいる都市にも注力しており、千代田線や常磐線、箱根登山線などと乗り入れを行っています。
その結果、神奈川県エリアを中心とした今後のさらなる路線拡充が期待されている部門です。

生活サービス部門

生活サービス部門は「不動産分野」と「都市開発分野」の2つの分野があります。
不動産を経営する不動産分野は、小田急線の沿線などを中心に、さまざまな商業ビルやオフィスビル、ホテルなどの展開を行っています。
また、新百合ヶ丘など、近年リニューアルオープンされた施設も多数です。
一方、土地利用方針の策定などをはじめとする都市開発分野では、下北沢などで小田急電鉄による街作りが推進しています。
そのほかにも、駅構内や車内での広告掲載をはじめとする広告業、駅に併設された駐輪場などを管理する駐輪・駐車事業など幅広く展開している部門です。

小田急電鉄の募集要項

駅務スタッフ

駅における乗客の案内や乗車券の販売や精算などを行うポジションです。
また、担当によっては、ホームでの列車の監視なども行う場合もあります。
乗客と直接接する機会が非常に多いため、高いコミュニケーション能力が必要とされる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・社会人としての経験
  • ・サービス業の勤務経験

小田急電鉄の転職難易度

小田急電鉄の転職難易度は中程度です。
小田急電鉄は基本的に中途採用を募集しており、ポジションとしては駅務スタッフが多くなっています。
総合職などの求人は少ない傾向がありますが、小田急電鉄へ転職するということの難易度でいえば決して高いわけではありません。
しかし、総合職であれば募集枠も少なく、求められるスキルもその分高くなるでしょう。
駅務スタッフは一度に10〜15名程度の募集がかけられることが多く、転職のチャンスといえます。
近年の問題視されている新型コロナウィルス感染症の流行により、募集が少ない傾向がありますが、今後売上が回復するにつれて募集枠も増えることが予想されるので、求人をこまめにチェックしておきましょう。

小田急電鉄が転職者に求める人物像

小田急電鉄が転職者に求める人物像は2つです。
一つ目として、コミュニケーションを円滑にとり、スピーディに仕事をこなせることが必要不可欠です。
駅務スタッフなど、乗客の直接目につくような仕事の場合は、乗客からの案内を求められることも少なくありません。
笑顔で応対できるコミュニケーション力に富んだ人材が求められています。
二つ目として、創造力と情熱を持ち、主体性に富んだ人材を求めています。
小田急電鉄が策定した「長期ビジョン2020」の実現に向け、新たな事業領域を中心に主体性を持って仕事を進められることが必要です。
面接では、これらをアピールできるエピソードを複数用意し、効率的にアピールできるようにしましょう。

小田急電鉄の転職までの流れ

小田急電鉄の選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事担当・現場社員
想定内容:志望動機や前職の退職理由など、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:部長・役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、改めてマッチしている人材かを判断されます。

内定

小田急電鉄の面接形式

面接は応募者が1人に対し、面接官が複数人で行われるのがほとんどです。
面接回数は基本的に2回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

小田急電鉄の面接内容

小田急電鉄の面接は、志望動機や前職の退職理由などのオーソドックスな質問から進みます。
それ以外にも、「接客業の経験はどの程度あるか」や「クレーム対応で困ったことはあるか」といったコミュニケーションに関する質問をされる傾向があります。
基本的な質問が多く、特段変わった質問をされることはありませんが、「なぜ、他社ではなく、小田急電鉄なのか」という部分は重要視しているため、この部分をしっかりと回答できることが重要です。
単純に「電車が好きだから」というありきたりな理由ではなく、小田急電鉄ならではの志望動機をアピールできるように準備しておきましょう。

小田急電鉄で働いている方の評判・口コミ

エキスパート、在籍7~10年、男性
インフラを手掛けている大手なため、保守的な社風があります。また、鉄道というなかなかない仕事なため、新鮮な気持ちで業務を遂行することができます。さらには、人と接する機会があるため、自然とコミュニケーション能力が身につくでしょう。
事務関連、在籍10年以上、男性
残業が比較的少なく、有給休暇を取得しやすい雰囲気があるため、ワークライフバランスは良いです。仕事と家庭の両立もしやすく、ワークライフバランス重視の人には向いている企業といえるでしょう。
駅務、在籍3~5年、女性
仕事の時間が厳密に管理されていて、1日の始まりと終わりにそれぞれブザーが鳴ります。遅刻はできませんが、業務時間が終了したあとにすぐ帰れるという点ではメリットです。最近は男女関係なく、産休や育休を取得しようという動きもあり、ダイバーシティに対する理解は進んでいると感じます。
口コミの要約

勤務時間が厳密に管理されていて有給休暇も取得しやすいなど、ワークライフバランスの良さが伝わってきます。また、福利厚生や給与面も満足できる水準で満足している社員が多いということが伺えます。

小田急電鉄の年収・給与

年収 759万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 共済組合、社内預金、社宅制度、独身寮、直営保養所など

小田急電鉄での転職者の出世難易度

小田急電鉄の出世難易度は中程度です。
小田急電鉄では、総合職コースとエキスパートコースの2つに分かれて出世していきます。総合職採用の場合は、10年前後勤務すれば管理職まで平等に出世できる傾向にあり、エキスパートコースの場合は、ポストが空き次第の出世となる傾向があります。
中途採用か新卒採用かは関係なく、定期的に行われる昇進試験に合格することで出世できる可能性があるでしょう。
小田急電鉄で出世を狙うのであれば、コツコツと業務経験を積み、昇進試験をパスできるように準備を進めておくことが大切です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 マネージャー 900万円
30代後半 課長 1,000万円
40代前半 課長 1,100万円
50代前半 課長 1,200万円

小田急電鉄はどんな人が働いている?

小田急電鉄の従業員数

3,760名(単独)
13,960名(連結)

小田急電鉄の平均年齢

40.3歳

小田急電鉄の平均勤続年数

19.2年

小田急電鉄の社風

小田急電鉄は、保守的で堅実な社風です。
基本的に、ほとんどの業務でマニュアルが作成されており、それに沿って進めていくことになります。
インフラ事業を担っているということもあり、大きな変革が起こることはほとんどありません。
また、平和主義で温厚な社員が多く在籍しており、激しい出世争いなどもなく、人間関係で悩むことは少ない傾向があります。
アットホームな雰囲気で居心地の良さを感じるという方も多く、地域に密着した穏やかな雰囲気が形成されています。
そのため、堅実に働き続けたいという方には向いている企業であるといえるでしょう。

小田急電鉄の年収・給与

年収 759万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 共済組合、社内預金、社宅制度、独身寮、直営保養所など

小田急電鉄での転職者の出世難易度

小田急電鉄の出世難易度は中程度です。
小田急電鉄では、総合職コースとエキスパートコースの2つに分かれて出世していきます。総合職採用の場合は、10年前後勤務すれば管理職まで平等に出世できる傾向にあり、エキスパートコースの場合は、ポストが空き次第の出世となる傾向があります。
中途採用か新卒採用かは関係なく、定期的に行われる昇進試験に合格することで出世できる可能性があるでしょう。
小田急電鉄で出世を狙うのであれば、コツコツと業務経験を積み、昇進試験をパスできるように準備を進めておくことが大切です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 マネージャー 900万円
30代後半 課長 1,000万円
40代前半 課長 1,100万円
50代前半 課長 1,200万円

小田急電鉄はどんな人が働いている?

小田急電鉄の従業員数

3,760名(単独)
13,960名(連結)

小田急電鉄の平均年齢

40.3歳

小田急電鉄の平均勤続年数

19.2年

小田急電鉄の社風

小田急電鉄は、保守的で堅実な社風です。
基本的に、ほとんどの業務でマニュアルが作成されており、それに沿って進めていくことになります。
インフラ事業を担っているということもあり、大きな変革が起こることはほとんどありません。
また、平和主義で温厚な社員が多く在籍しており、激しい出世争いなどもなく、人間関係で悩むことは少ない傾向があります。
アットホームな雰囲気で居心地の良さを感じるという方も多く、地域に密着した穏やかな雰囲気が形成されています。
そのため、堅実に働き続けたいという方には向いている企業であるといえるでしょう。

小田急電鉄のワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~17:45(職種による)
休日 週休二日制
その他の休日・休暇 年次有給休暇、結婚休暇、忌引休暇など
平均残業時間 月22.2時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り(職種による)
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

小田急電鉄の社長

星野 晃司

1955年生まれ。
早稲田大学政治経済学部卒業後、小田急電鉄株式会社に入社。
2001年に旅客サービス部長に就任。
2003年に執行役員に就任。
その後も、運転車両部長や経営企画担当部長、経営企画部長を歴任。
2017年より、代表取締役社長を務めている。

小田急電鉄現職、OB/OGの有名人

利光 鶴松

1864年生まれ、小田急電鉄の創業者。
明治法律学校卒業後、代言人試験に合格。
東京市議会議員や衆議院議員を務めたのち、実業家に転身。
1923年に小田急電鉄の前身である小田原急行鉄道を創立。
4年後の1927年に新宿駅から小田原駅間を開業し、小田原線の営業を開始。
1940年に紺綬褒章を受賞した人物。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

小田急電鉄の転職に関わるQ&A


小田急電鉄の平均年収は760万円程度となっており、これは鉄道会社のなかでも高水準に分類されます。
一方で現場社員の給与はそれほど高くなく、一部の社員からは不満の声も少なからずあります。
残業をしなければ年収が上がらないということもあるため、現場社員に関しては待遇改善が今後の課題といえるでしょう。

最近では女性駅員の活躍も目立ってきています。
小田急電鉄も例外ではなく、女性社員の登用にも積極的に取り組んでいます。
女性専用スペースが設置されている駅は限られているのが現状ですが、産休や育休の制度も整ってきており、男女問わず活躍できる環境があるといえるでしょう。

小田急電鉄へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

小田急電鉄の公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、お知らせや安心・安全への取り組みなどが掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、2021年9月現在、中途採用によるキャリア募集は行われていません。
今すぐに小田急電鉄へ転職したい場合や公式HPに載っていない求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを利用して小田急電鉄への転職を考えている人には、ハイクラス求人が豊富な「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つです。

  • ・非公開求人が比較的多い
  • ・求人案件が豊富
  • ・案件の確認から応募までスピーディー

転職サイトは、比較的非公開求人を多く持っている傾向があります。
また、非公開求人も含め、非常に多くの求人案件があるため、希望するポジションを見つけ出すことができるでしょう。
さらには、案件確認から応募までが素早く行えるので、できるだけ時間をかけずに転職したい方には、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集要項もまとめて比較したいなら「iX転職」

iX転職には、豊富な求人が取り揃えらえており、競合他社の募集要項も確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職はさまざまなハイクラス求人を取り揃えており、ほかの転職サイトでは扱っていないような非公開求人も持っている可能性があります。
そのため、iX転職では、競合他社を比べながら検討することも可能です。
ほかの競合他社の募集要項も含め、さまざまな情報が知りたいという方は、iX転職に登録し、届いたスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

あなたが小田急電鉄に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

東京電力への転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、東京電力に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから東京電力に転職してくるのか ・転職先:東京電力からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

ベネッセの転職情報まとめ。中途採用のwebテスト難易度や社員の評判を調査

▼下記は、ベネッセに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからベネッセに転職してくるのか ・転職先:ベネッセからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションへの転職は難しい?年収や口コミなど解説

  ▼下記は、NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューションに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTコムオンラインに転職してくるのか ・転職先:NTTコムオンラインからどこへ転職...

住友不動産への転職は難しい?面接内容や年収などを解説

▼下記は、住友不動産に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから住友不動産に転職してくるのか ・転職先:住友不動産からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

JALの転職事情。転職難易度や面接突破のコツなどを解説

▼下記は、JALに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJALに転職してくるのか ・転職先:JALからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

清水建設の転職難易度は高い?面接回数や年収などを解説

▼下記は、清水建設に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから清水建設に転職してくるのか ・転職先:清水建設からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

中部電力の転職難易度は?面接突破のポイントや採用難易度などを解説

▼下記は、中部電力に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから中部電力に転職してくるのか ・転職先:中部電力からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を...

NTT西日本への転職はおすすめ?年収や転職難易度について解説

  ▼下記は、NTT西日本に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTT西日本に転職してくるのか ・転職先:NTT西日本からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

ソニーへの転職難易度は?面接や年収について徹底調査

  ▼下記は、ソニーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソニーに転職してくるのか ・転職先:ソニーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

三菱地所への転職難易度は?将来性や激務との噂も徹底解説

・転職元:どこから三菱地所転職してくるのか ・転職先:三菱地所からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。 ...

TOP