グループ企業

住友不動産への転職は難しい?面接内容や年収などを解説

▼下記は、住友不動産に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこから住友不動産に転職してくるのか
・転職先:住友不動産からどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

住友不動産の主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学卒業や大学卒業など、幅広い学歴が在籍しています。

職歴

住友不動産在籍者の主な職歴は、ファーストリテイリングなどの店舗開発系や同業の東急不動産、エス・バイ・エルなどの住友メーカー、さらには大和ハウスや一条工務店などが挙げられます。

退職後の主な転職先

住友不動産からの転職先として、三井不動産や東京不動産などの不動産関連企業などへ転職しています。

住友不動産は、東京都心を中心に、大規模都市開発に従事する総合デベロッパーであり、分譲や賃貸などのリテール事業に強みを持っている企業です。
2014年にマンション供給戸数ランキングでは全国1位となり、現在は都内に200棟以上のビルを保有・運営しています。
また、住友直系グループの中でも、旧・住友本社を色濃く継承しているため、ほかの住友グループとは違った特別な存在意義を持っています。
そのため、厚い信頼を集めており、売上高1兆円超えを誇っている大企業です。
1949年に設立、東京都新宿区に本社を構えており、13,676名の社員が在籍しています。
住友不動産の転職では、不動産企画や不動産開発などで、独自の発想を持ち、最後までやり遂げられる人材が求められています。

初めての転職で住友不動産を目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

住友不動産の面接内容や年収も大切だけど、とにかくどんな求人が出てるのか早く知りたいという方はまず、ビズリーチなどの転職サイトで掲載求人をチェックしてみましょう。
ビズリーチはハイクラス求人が豊富に掲載されているため、転職先がまだ定まっていない方は、ここで比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集として事前にチェックしておくことで、転職活動をスムーズに進められるようになるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 住友不動産の企業概要
  • 住友不動産の転職ポイント
  • 住友不動産の社風や企業文化

住友不動産に転職するポイント

住友不動産の特徴

POINT

  • ・東京を中心に大規模都市開発に注力する総合デベロッパー
  • ・マンション供給戸数ランキング全国1位、都内に200棟以上のビルを保有・運営
  • ・旧・住友本社を色濃く継承、売上高は1兆円超え

住友不動産へ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・不動産企画や不動産開発などの募集は中心
  • ・独自の発想を持ち、最後までやり遂げられる人材を求めている

住友不動産の企業概要

会社名 住友不動産株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿二丁目4番1号 新宿NSビル
社長 仁島 浩順
設立 1949年12月1日
株式 上場(東証1部)
株主構成 日本マスタートラスト信託銀行(9.76%)
日本トラスティサービス信託銀行(9.75%)
三井住友銀行(2.53%)

住友不動産の売上

住友不動産の売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 948,402百万円 1,012,198百万円 1,013,512百万円
経常利益 186,870百万円 203,227百万円 220,520百万円

住友不動産の最新ニュース

住友不動産の事業内容

住友不動産株式会社は、400年の歴史を持っている住友グループの中核「旧・住友本社」を色濃く継承した会社として設立された総合デベロッパーです。
東京都心を中心に、大規模都市開発に積極投資しており、急成長を成しています。
住友不動産の主な事業としては、下記の3事業を主軸として運営しています。

オフィスビル事業

主にオフィスビルの企画や設計、開発を行っている事業です。
法人に対してオフィスビルの賃貸を中心にサポートを行っています。
泉ガーデンタワーや新宿グランドタワー、六本木グランドタワーなど、大規模ビルの企画や開発などを行ってあり、現在では、東京23区内だけでも200棟以上のビルを運営している事業です。
また、近年ではデザイナーズオフィスの開発も手掛けており、最適でオシャレな物件を提供しています。

分譲マンション事業

一方、こちらは分譲マンションの企画や設計、開発などを行っている事業です。
「住まう人にとってマンションがかけがえのないものとなり、人の記憶に残り続けるもの」と考え、街のシンボルとして品良く際立つ存在を目標に商品企画を行っています。
これらの提供に加え、マンション管理や賃貸と土地購入のサポートも行っており、住む人にとって快適であるようにさまざまな支援を行っている事業です。

新都市開発事業

複数の小さな土地を大きく取りまとめる再開発に力を入れている事業です。
まとまった出来合いの土地にただ建物を建てるのではなく、地道な努力で地権者の方と合意形成、行政との協議を行い、誰にとっても損がないことを目指して企画などを提供しています。
また、これまでに培った「土地を創る力」を最大の強みとし、優良な土地を取得しにくい東京都心部において、大規模な開発用地を創り出しています。
さらには、再開発により、木造密集地の解消や狭い道路の拡張など、防災性向上や地域活性化に大きく貢献している事業です。

住友不動産の募集要項

戸建営業

リフォームプランの提案から工事~引き渡しまでを一貫して担当するポジションです。
具体的には、ホームページやチラシ、看板を見ての資料請求やイベント・相談会に来た顧客に対して、プランの提供や見積提示、契約など、一貫して担当し、顧客の事細かい要望に対しても適切なプランなどを紹介します。

必須な経験・スキル

  • ・一級~二級建築士の資格保有
  • ・宅地建物取引士を保持
  • ・営業や販売の実務経験 など

分譲マンション設計

新築分譲マンションの商品企画を行うポジションです。
具体的には、企画設計(ボリュームスタディ)や基本計画の作成、デザイン、実施設計図面の確認などを行います。
開発担当や市場調査担当ともデスクを近くに置き、日頃からディスカッションを行いながら基本計画を練り上げるため、やりがいと責任のある職種です。

必須な経験・スキル

  • ・一級~二級建築士の資格保有
  • ・RCやSRC、S造の建築物の設計経験
  • ・設計事務所やゼネコン、デベロッパーなどでの実務経験

マンションリフォーム品質管理

マンションのリフォームによる品質管理全般を担当するポジションです。
具体的には、施工中の住宅が図面に沿って工事されているかのチェックや、マニュアルに合った資材を使用しているかのチェックと各種検査を行います。
また、現場の棟梁の技術指導や研修、さらには技術営業職との技術的な質問や相談に応じます。

必須な経験・スキル

  • ・ハウスメーカーなどでの施工管理業務経験
  • ・一級~二級建築士の資格保有

住友不動産の転職難易度

住友不動産の転職難易度は比較的高いです。
企業自体は、高校卒業以上であれば、応募することは可能であり、学歴によるフィルターはなく、中途採用枠は比較的多くあります。
しかし、住友不動産は知名度が非常に高く、その結果として応募者が多くなり、求人倍率が高くなってしまします。
さらには、企業側からは即戦力となるような人材を求めている傾向があるため、一定以上のスキルが求められます。
実務経験がないなど、全く適性のない方には、住友不動産への転職は難しいでしょう。

住友不動産が転職者に求める人物像

住友不動産では、過去や常識に捉われない独自の発想を持ち、失敗を恐れずに最後までやり遂げる信念を持っている人材を求めています。
また、会社を引っ張っていける気概を持つ人材も求めています。
これらは、事業拡大を続けている住友不動産にとって必要不可欠なのです。
持っているスキルや経験も大切ですが、こういった能力があるかどうかも重要視されます。

住友不動産の転職までの流れ

住友不動産の選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接・筆記試験

想定選考官:人事
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、住友不動産にマッチしている人材かを判断されます。

内定

住友不動産の面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は職種に応じて2~3回です。
1回あたりの時間は1時間前後です。

住友不動産の面接内容

面接は、志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問から進みます。
これら以外にも、「この会社でやりたいことは?」や「ほかの営業所にも行ける?」などを質問されることがあります。
どんな質問をされても一貫性を持って回答できることが大切であり、企業研究や自己分析は抜かりなく行うことがおすすめです。
一次面接後に行う筆記試験では、建築知識とPC操作スキルを問うものであり、比較的難易度が高いので、事前に対策や準備をしっかりしておく必要があるでしょう。

住友不動産で働いている方の評判・口コミ

個人営業、在籍3~5年、男性
大きな会社であるため、顧客からの信頼はしっかりと掴むことができ、やったらやった分だけ給料に反映されるのでやりがいを感じることができます。また、社内試験に合格することで、設計もできるようになり、自分の思うようなリフォームが形になって顧客が喜んでくれるので、嬉しさを感じることができるでしょう。
法人営業、在籍5~7年、男性
部署によるかもしれませんが、営業では一通りやらなければならない環境なので、確実にスキルアップに繋がります。営業力や提案力、設計力など、建築リフォーム業界で必要な能力が全体的に上がるでしょう。
一般事務、在籍3~5年、女性
大企業だからか、しっかりと有給を取ることができます。有給取る際、特に理由を聞かれたり、その日はダメということはほぼありません。また、仕事が立て込んでいなければ残業もそれほどないので、ワークライフバランスは良いと思います。
口コミの要約

住友不動産の口コミを見てみると、やりがいを感じながら業務に当たることができることが伝わってきます。また、スキルアップできる環境があることも伺えます。一方、ネガティブな口コミとしては、休みは取れるが休み明けの業務量は非常に多く大変という口コミが目立ちました。

住友不動産の年収・給与

年収 679万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、従業員持株会、財形貯蓄、提携住宅ローンなど

住友不動産での転職者の出世難易度

住友不動産の出世難易度は非常に高いです。
一つの部署で実績を残しているだけでは出世することはできず、マルチに仕事ができて、数々の実績を残している人材が出世できる傾向があります。
また、新卒社員よりも中途社員のほうが出世しやすい傾向があるため、入社してから出世を目指すことは十分にできます。
さまざまなキャリアを積み、実績を残すことで出世への道が拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 900万円
30代後半 なし 900万円
40代前半 なし 1,000万円
40代後半 部長代理 1,000万円
50代前半 なし 1,100万円

住友不動産はどんな人が働いている?

住友不動産の従業員数

13,676名

住友不動産の平均年齢

43.1歳

住友不動産の平均勤続年数

7.6年

住友不動産の社風

住友不動産は、「地道で貪欲な営業スタイル」な社風があります。
東京都市再開発を何件も行っているため、昔から土地を所有している地主から土地の売買に関する交渉が必要であり、そのため、信頼を得るための営業スタイルが根付いているのです。
また、チームワークを大切にしている風土もあり、分からないことがあれば、一緒に解決する手助けをし合うという雰囲気があります。
根性や忍耐力が必要になりますが、バリバリ働いて社員同士高め合って仕事したいという方には、向いている企業といえるでしょう。

住友不動産のワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:40
休日 (完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始、年次有給休暇、忌引き休暇など
平均残業時間 月30.7時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

住友不動産の社長

仁島 浩順

1961年生まれ、島根県出身。
東京大学経済学部卒業後、住友不動産入社。
2004年に執行役員に就任し、その3年後に常務執行役員に就任。
その後も、マンション事業本部長や取締役、ビル事業本部長などを歴任し、2013年に代表取締役社長に就任。
さまざまな事業展開に貢献しており、住友不動産を支えてきた一人。

住友不動産現職、OB/OGの有名人

高島 準司

1930年生まれ。
東京大学法学部卒業後、住友石炭鉱業に入社。
しばらくした後、住友不動産に入社、取締役就任。
その後も、代表取締役社長や住友不動産販売取締役会長を歴任し、2007年から住友不動産代表取締役会長に就任。
2019年に死去、12年間会長を務めた。
オイルショックで悪化した会社の業績を立て直しや、ビル事業に注力して主力事業に成長させたという実績を持つ。

住友不動産の転職に関わるQ&A


不動産業界であるため、「不動産業界に志望する理由」と「その中でも住友不動産を志望する理由」が必ず求められます。
そのため、経営戦略に基づいた自己分析や、他者研究を踏まえた志望動機の整理が大切です。
住友不動産だけではなく、ほかの不動産企業の研究もしっかりと行い、住友不動産にしかない特徴を見つけ、それに沿った志望動機にすると良いでしょう。
また、自身の経験を織り交ぜることでより一層説得力を持たせることができるので、自己分析もしっかり行うことが重要です。

男性のみならず、女性でも活躍できるフィールドは多数あります。
ここ数年で女性社員も増えたため、働きやすい環境があるといえます。
また、結婚や出産といったライフイベントがあった場合でも、産休や育休の取得が可能なため、そういった面でも安心できるでしょう。

住友不動産へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

住友不動産の公式サイトにある採用情報ページから応募が可能です。
求人情報をはじめ、在籍している社員についてや事業について、環境についてなど、さまざまな情報が掲載されているので、企業研究に役立てることができます。
ただし、求人情報はそれほど具体的な内容ではないため、ざっくりとしか内容が分かりません。
より具体的な内容が知りたい場合や確実に転職したい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人の中から希望ポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用して住友不動産への転職を目指すなら、掲載企業数が豊富でミドル~ハイクラスの求人案件が多い「ビズリーチ」がベスト。
ビズリーチでは担当するアドバイザーの評判をチェックすることができるため、自分に合った担当者を探せるという魅力があります。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・案件数の圧倒的な多さ
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

豊富な職種や企業の中から自分が希望するポジションを探したい方や、エージェントとのスケジュール調整がなかなかできない方には、転職サイトの活用がおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、住友不動産の募集要項や必須スキルなどを知りたい人は、事前にチェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチでは比較的年収が高く、年収交渉も可能!

ビズリーチに掲載されている公開求人を見ると、不動産企画や施工管理などの求人が掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

ミドル~ハイクラスをメイン層としているビズリーチだけあって提示されている年収も比較的高く、求人によっては年収交渉が可能となっています。
また、ビズリーチは転職サイトの中でも比較的非公開求人が多い傾向があり、キャリアアドバイザーに相談することで、公開されているもの以外の案件を紹介してもらえることもあります。
ただし、転職サイトから応募した場合、「企業が求めているスキルや人物像」が不透明だったり、住友不動産の社内事情に精通しているキャリアアドバイザーはつかないため、経歴やスキルで落とされる可能性も少なからずあります。
より確実性を重視するのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめ。

通過率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用して住友不動産への転職を目指すなら、圧倒的な案件数を誇っており、コンサルタントの質や業界知識に定評がある「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・キャリアプランや給与交渉などを含む多角的なサポート
・本人のスキルや希望条件との高いマッチング率
・非公開求人が比較的多い

住友不動産はハイクラス求人の中では人気の高い企業なため、当然その競争率も高くなります。
「通過率がどのくらいあるのか」や「自分の理想としている転職先といえるのか」など、疑問点や不安な点がある場合は、キャリアコンサルタントに相談することで解決できる可能性があります。
住友不動産への転職確率を可能な限り上げたいのであれば、転職サイトではなく転職エージェントを活用するのが確実です。

リクルートエージェントではWEB面接が可能!

リクルートエージェントの求人を見てみると、販促や推進担当などの案件が多数掲載されています。

※画像はイメージです。時期によって掲載内容が異なります。

初めての転職の方や確実な転職をしたい方などは、幅広く案件を見られるリクルートエージェントはベストといえます。
また、登録不要でも案件を閲覧することができるので、ざっと案件を見て興味を持てたら登録するということもできます。
非公開求人も多いため、実際にキャリアコンサルタントに相談をしてみて、キャリアプランや給与交渉なども含めて相談するのがおすすめです。

あなたが住友不動産に転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

日産自動車の転職難易度は?中途採用の年収や社員の口コミ評判を徹底調査!

▼下記は、日産自動車に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日産自動車に転職してくるのか ・転職先:日産自動車からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

セブン&アイ・ネットメディアに転職するべき?口コミや面接内容を調査

▼下記は、セブン&アイ・ネットメディアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセブン&アイ・ネットメディアに転職してくるのか ・転職先:セブン&アイ・ネットメディアからどこへ転職するのか 一般的な...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

▼下記は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:三菱UFJリサーチ&コンサルティングからどこへ転職...

セコムへの転職は難しい?面接や口コミなどを解説

▼下記は、セコムに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセコムに転職してくるのか ・転職先:セコムからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

NTT西日本への転職はおすすめ?年収や転職難易度について解説

  ▼下記は、NTT西日本に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTT西日本に転職してくるのか ・転職先:NTT西日本からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

リクルートキャリアへの転職。仕事内容や難易度、年収を解説

  ▼下記は、リクルートキャリアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルートキャリアに転職してくるのか ・転職先:リクルートキャリアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

日本ロレアルへ転職するべき?評判や年収などについて解説

  ▼下記は、日本ロレアルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本ロレアルに転職してくるのか ・転職先:日本ロレアルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

三菱地所への転職難易度は?将来性や激務との噂も徹底解説

国内大手デベロッパーである三菱地所。 東京屈指のオフィス街である丸の内エリアを中心とし、国内に止まらず海外の都市開発も行う、グローバルな総合デベロッパーです。 本社は大手町に位置し、従業員数は連結で9,439名です。 三菱地所は、...

NTT東日本へ転職するには?年収や面接難易度について調査

  ▼下記は、NTT東日本に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTT東日本に転職してくるのか ・転職先:NTT東日本からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

オリックスの転職事情。難易度や年収などを解説

▼下記は、オリックスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからオリックスに転職してくるのか ・転職先:オリックスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

TOP