グループ企業

日本通運への転職ってどう?面接の傾向や転職成功ためのポイントなどを解説

日本通運転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    プロパー社員
    佐川急便などの物流会社
    H.I.S.などの旅行会社

  • 日本通運株式会社に転職
  • 次の転職先

    DHL、マースク、近鉄エクスプレスなどの物流会社
    アクセンチュア、ビジョンコンサルティングなどのコンサルファーム
    千趣会などの通販会社

日本通運の主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、短大卒業や大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職日本通運在籍者は、ほとんどがプロパー社員ですが、一部転職者の職歴として、佐川急便などの物流会社やH.I.S.などの旅行会社などが挙げられます。

次の転職先日本通運からの転職先として、DHLやマースク、近鉄エクスプレスなどの物流会社、アクセンチュアやビジョンコンサルティングなどのコンサルファーム、さらには千趣会などの通販会社へ転職しています。

「引越しは日通」というキャッチフレーズで馴染みのある日本通運は、日本最大手の物流会社として、運輸事業や引越し事業などで業界を牽引する存在です。
また、近年では、駅業務の効率化や空港の地上業務なども行っています。
さらに2021年より、厳格な温度管理が可能な国際航空貨物の物流拠点として、温度管理施設「NEX-PHARMA Logistics Hub Kansai Airport」を新設や、CO2排出量を可視化するサービス「エコトランス・ナビ」を開始するなど、多様な事業展開を推進している企業です。
そんな日本通運は、知名度と安定性が抜群で、転職先としても人気の企業であり、どのポジションでも全体的に競争率が激しくなっている傾向があります。
今回は、日本通運への転職を目指す方に対して、面接の傾向や対策のポイントや社員の口コミなどを徹底的に解説します。

日本通運への転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・日本通運の口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、日本通運の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 日本通運の企業概要
  • 日本通運の転職ポイント
  • 日本通運の社風や企業文化

日本通運に転職するポイント

日本通運の特徴

POINT

  • ・国内運輸業界No.1の圧倒的な実績を誇る企業
  • ・陸海空という3領域で事業展開
  • ・日本だけでなく、世界中の視点を軸にグローバル展開も推進

日本通運へ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・ドライバーや海運技能職などで求人募集
  • ・自律して行動でき、コミュニケーションを取りながら業務を進められることが重要

日本通運の企業概要

会社名 日本通運株式会社
本社所在地 東京都港区東新橋1丁目9番3号
社長 齋藤 充
設立 1937年10月1日
株式 上場(東証1部)
株主構成 日本カストディ銀行(12.30%)
日本マスタートラスト信託銀行(11.00%)
朝日生命保険相互会社(6.10%)

日本通運の売上

日本通運の売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 2,138,501百万円 2,080,352百万円 2,079,195百万円
経常利益 85,802百万円 57,434百万円 81,276百万円

日本通運の最新ニュース

日本通運の事業内容

日本通運は、運輸業を軸足に非常に幅広い事業展開を行っていることが特徴として挙げられる企業です。
また、グローバル展開も積極的に行っており、現在では世界48か国に744拠点を構えています。
日本通運の主な事業としては、下記の3事業を主軸として運営しています。

運輸事業

主に法人向けの運送物を取り扱っている事業です。
個人向けの運送物は、日本通運では取り扱っていませんが、化学薬品や美術品といった通常では輸送しにくいようなものまで対応しているのが特徴として挙げられます。
また、輸送手段も豊富であり、一般的なトラック輸送に加え、大量の重い貨物を一気に運ぶことのできる船舶輸送、素早く遠隔地まで輸送できる航空輸送など、顧客のニーズに合わせた多くの輸送手段を提供しています。

移転・引越事業

運輸事業とは異なり、個人向けの運輸を行っている事業です。
個人向けの住宅や事業所の移転業務においては、シェアと売上高で業界第1位を誇っています。
また、テレビコマーシャルの展開も積極的に行っており、「引越しは日通」のキャッチコピーを武器に宣伝しています。
さらには、法人向けとして、病院や工場などの移転業務も行っており、アフターサービスの提供など、物を運ぶだけにとどまらないきめ細やかさが日本通運の強みです。

その他事業

上記の2事業に当てはまらない領域を展開している事業です。
主に、航空会社の代理店として、空港での各種地上業務を行っており、全日本空輸や日本航空などとの取引実績を誇っています。
また、名古屋市営地下鉄や福岡市地下鉄、京都市営地下鉄などの駅管理事業も行っています。
運輸事業以外にも、多角的に事業展開を行うことで、経営の安定化を目指している事業です。

日本通運の募集要項

ドライバー

ドライバーは扱う貨物ごとに配属先が分かれていることが多く、ルート配送やセンター間配送を行うことがメインとなるポジションです。
ただし、スキルや経験によっては顧客への搬入を行うこともあります。
重い荷物を持ち運ぶ必要はなく、男女問わず活躍できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・大型自動車運転免許

海運技能職

日本通運の持つ海運支店で港湾のプロとして、さまざまな業務を行うポジションです。
具体的には、ドライバー業務や倉庫内作業、港湾荷役作業を行います。
ドライバーの場合、トレーラーによる港湾周辺での配送業務が多く、遠距離の配送はありません。
倉庫内作業では、コンテナ荷物の積み下ろしを行います。
港湾荷役作業は、船舶上でのコンテナ固定作業などが担当業務です。

必須な経験・スキル

  • ・けん引免許の保有
  • ・大型トラック運転の経験

総合職

将来のリーダーやマネージャー候補として、法人営業や営業企画、物流オペレーション、情報システムを担当するポジションです。
具体的には、顧客のニーズに沿った営業戦略の立案や策定および物流ソリューションのカスタマイズ、受注案件をスムーズに遂行するために関係各所との連携や調整を行います。
それ以外にも、顧客の商材に合わせた物流システムの開発や構築を行うなど、幅広い業務に携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・将来のリーダーやマネージャーを目指す志を持つ

日本通運の転職難易度

日本通運の転職難易度は中程度です。
時期にもよりますが、日本通運では学歴や経歴不問の中途採用を公開されている場合があります。
なかには必須事項が記載されている求人もありますが、その条件のほとんどは大型自動車運転免許など、業務を行ううえでは最低限必要なものです。
異業種からの転職も歓迎と書かれており、人物面を重視した選考を行うという記載もあるため、さまざまな方が応募しやすいといえるでしょう。
ただし、さまざまな方が応募可能だからといって簡単に採用されるというわけではありません。
実際に、応募したものの選考で落とされてしまったということもあるため、面接対策は手抜かりなく行っておくことが肝心です。

日本通運が転職者に求める人物像

日本通運は、「日通に運べないものはない」をキーワードに、日本を根幹から支えているさまざまな物流を担っている企業です。
日本通運では、社会から信頼される物流を日々強化していくために、自律して仕事を行うことのできる人物や、他者とコミュニケーションをとりながら協力して効率的に業務を進めていくことのできる人物を求めています。
特に転職者の場合は、即戦力として活躍していくことが期待されています。
日本通運は現在、物流の改革に力を入れており、自律した姿勢とともに、周りを巻き込んで変革を起こしていくことのできるような人物が理想です。

日本通運の転職までの流れ

日本通運の選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・適性検査

想定選考官:人事・部長
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、海外や英語に関する質問をされます。

内定

日本通運の面接形式

面接は応募者1人に対し、面接官が複数人で行われます。
面接回数は職種に応じて2~3回あります。
1回あたりの時間は30分程度です。

日本通運の面接内容

日本通運の面接は、志望動機やこれまでの経験といった一般的な質問から進みます。
また、近年では積極的にグローバル展開しているため、「英語で自己紹介をしてください」や「海外旅行は好きですか?」といった質問をされることもあります。
応募する職種によっては海外勤務の可能性があるため、面接前に意思を固めておくようにしましょう。
一方で、顧客とのやりとりがメインとなる職種では「今から面接官がいうクレームに対して対応してください」といったやや意表を突くような質問もあります。
事前に心の準備を整えてから面接に臨むと良いでしょう。

日本通運の選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトの求人はそれほど多くない
・求人情報はIndeedやスタンバイなどにも掲載
・入社後のキャリアプランを質問される可能性が高い

物流サービス、20代後半、男性
当社のグループに所属する会社はどれくらい知っているかを質問されました。企業研究の際にさまざまな情報を調べていたので、5~6社程度回答ができました。グループ会社について必要最低限知っておくと良いかもしれません。
総務、30代前半、女性
この会社に何が貢献できるかを聞かれました。自己アピールも兼ねて貢献できることを述べ、ハキハキとした口調で意思を持って伝えれば大丈夫だと思います。
海外営業、30代前半、男性
入社したら何がしたいかを聞かれました。グローバルに事業展開している企業であるため、自分が学生時代に学んだことを活かし、企業と自分自身を成長させたいと伝えたところ、良い反応をもらいました。
運搬関連、20代前半、男性
力仕事多いけど体力はあるかを聞かれました。私自身、7年ほど水泳をしていたので、体力には自信があり、日々トレーニングも行っているため、体力には問題ありませんと伝えました。
法人営業、30代前半、男性
営業で大切にしていることは何かを質問されました。顧客とコミュニケーションを取り、お互いのメリットを確保することですと回答し、比較的良い反応をしてもらえたと感じます。

日本通運で働いている方の評判・口コミ

総合職、在籍7~10年、男性
社内での人事制度の変更や、同一賃金同一労働制度の導入が行われるなど、社内改革に積極的な姿勢があります。そのため、組織として新しい方向へ進もうとしていることが受け取れます。
航空関連、在籍10年以上、男性
企業全体として残業時間の削減に力を入れており、ワークライフバランスは保ちやすいです。また、部署によりますが基本的に有給は取得しやすく、比較的働きやすい環境だといえるでしょう。
営業、在籍5~7年、女性
自分の努力したことを顧客から評価してもらえることがあり、働きがいに繋がっています。また、自己啓発の制度は充実しており、条件を満たせば各種資格試験を自己負担2割で受けることが可能です。

口コミの要約日本通運の口コミを見てみると、社内改革に積極的に取り組んでおり、働きやすい環境の整備をしているということが伺えます。また、残業時間の削減や有給取得のしやすさなどがあるため、ワークライフバランスの良さが伝わってきます。

日本通運の年収・給与

年収 567万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 日通互助会、日通貯蓄会、厚生資金貸付、確定拠出年金制度など

日本通運での転職者の出世難易度

日本通運の出世難易度は中程度です。
日本通運の中途採用では、1年間の契約社員としてスタートということがほとんどです。
1年程度経過したのちに正社員登用されるため、まずは正社員になることが出世への第一歩といえます。
その後は、コツコツと努力し、実績を残していくことで出世できる可能性が高まります。
日本通運での出世を目指すなら、これらを意識して上司をはじめとした周囲の社員にアピールすることで、出世への道が拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 主任 600万円
30代中盤 係長 700万円
30代後半 係長 700万円
40代前半 課長 800万円
40代後半 課長 900万円
50代前半 次長 1,000万円

日本通運はどんな人が働いている?

日本通運の従業員数

34,766名(単独)
72,366名(連結)

日本通運の平均年齢

43.7歳

日本通運の平均勤続年数

16.0年

日本通運の社風

日本通運の雰囲気は、東京などの大型拠点と地方支店で大きく異なるようです。
大型の拠点には落ち着いた人や真面目で実直な人が多く、着々と仕事をこなしていくような社風です。
一方で、地方支店の場合は、体育会系の雰囲気が濃くなっていく傾向にあります。
肉体労働も多い分、賑やかで社員同士の仲が良い風土があります。
また、社内全体にはトップダウン式で仕事をこなしていく雰囲気があり、与えられた業務を着々とこなすことが評価につながるため、職人気質の人には向いている職場であるといえるでしょう。

日本通運のワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 8:30~17:30(勤務地による)
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始、年次有給休暇、褒賞休暇、服喪休暇など
平均残業時間 月29.3時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

日本通運の社長

齋藤 充

1954年生まれ、山口県出身。
慶應義塾大学経済学部卒業後、日本通運株式会社に入社。
30年近くの現場経験を経て、2009年に執行役員 東北ブロック地域総括兼仙台支店長に就任。
その後、常務執行役員や取締役常務執行役員、代表取締役副社長副社長執行役員などを歴任し、2017年より代表取締役社長社長執行役員を務めている。

日本通運現職、OB/OGの有名人

渡邉 健二

日本通運の代表取締役会長。
1972年、日本通運株式会社に入社。
2005年に執行役員 第9ブロック地域総括兼大阪支店長に就任。
同年、取締役執行役員や取締役専務執行役員兼東京支店長に就任。
2011年に代表取締役社長に就任。
2017年より、代表取締役会長を務めている。
約6年にわたって経営を導いた人物。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

日本通運の転職に関わるQ&A


日本通運では、産休制度や育休制度、時短勤務制度をはじめとした各種支援制度が整っています。
男女問わず利用することが可能で、女性にとっても働きやすい環境づくりが進められているといえるでしょう。

日本通運では残業時間の制限がされており、月45時間を超える残業時間が発生した際は支店がペナルティを受けるような仕組みになっています。
そのため、慢性化していた残業は近年解消されてきています。
また、有給の取得率向上にも力を入れており、ワークライフバランスは改善してきているといえるでしょう。

日本通運へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

日本通運の公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、サービス・ソリューションやグローバルネットワーク、会社情報など、さまざまな情報が掲載されているため、企業研究に役立てられます。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいがちです。
できるだけ時間をかけずに転職したい方や公式サイトの載っていないような求人に応募したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、日本通運の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用して日本通運に転職するなら、競合他社の募集要項を比較することができる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・気軽に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が比較的豊富であり、案件確認から応募までにスピード感があります。
今すぐ転職をしたい方やまずはさまざまな企業を比較したいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

運送を行う企業の募集を比較するなら「iX転職」

iX転職には、運送業といった幅広い業界の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールの運送会社の平均年収は800万円~1,000万円程度となっており、別サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「競合他社の求人はどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを調べたい場合は、iX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめです。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

リニューアブル・ジャパンへの転職。事業内容や転職難易度などを徹底解説

リニューアブル・ジャパン転職者の主なキャリアステップ ...

一家ホールディングスの転職事情。転職難易度や選考フローなどを解説

一家ホールディングス転職者の主なキャリアステップ 前職 飲食業界 株式会社一家ホールディングスに転職 次の転職先 保険会社 物流業界 一家...

GMOインターネットの転職難易度は?口コミや面接内容などを解説

GMO転職者の主なキャリアステップ 前職 IBMなどのSIer HPなどのIT系ベンチャー企業 ミクシィなどのベンチャー企業 GMOインターネット株式会社に転職 ...

キリンビバレッジの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

キリンビバレッジ転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 キリングループからの出向・転籍 キリンビバレッジ株式会社に転職 次の転職先 P&...

セコムへの転職は難しい?面接や口コミなどを解説

セコム転職者の主なキャリアステップ 前職 関西電力、三菱重工などの大手企業 セコム株式会社に転職 次の転職先 CTC、NTTデータグループなどのSIer ...

人・夢・技術グループ株式会社の転職事情。年収や口コミなどを解説

人・夢・技術グループは、社会のニーズや果たすべき責務が多様化と複雑化する世の中に対し、大きな変化に柔軟に対応しながら、地域や社会の安全と安心の実現を目指したサービスを提供している企業です。 確かな技術を活かし、橋やトンネルなどの土...

日本ロレアルへ転職するべき?評判や年収などについて解説

日本ロレアル転職者の主なキャリアステップ ...

東京建物の転職難易度は?年収や口コミなどを解説

東京建物転職者の主なキャリアステップ 前職 三菱地所、UR、アセットアドバンスなどの不動産会社 清水建設、竹中工務店などの建設会社 日本生命、アイリック、野村證券などの金融系企業 ...

セブン&アイ・ネットメディアに転職するべき?口コミや面接内容を調査

セブン&アイ・ネットメディア転職者の主なキャリアステップ 前職 メーカー IT系企業 小売 株式会社セブン&アイ・ネットメディアに転職 次の転職先 W...

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションへの転職は難しい?年収や口コミなど解説

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション転職者の主なキャリアステップ 前職 IMJなどのデジタルマーケティング企業 Web系事業会社 NTTグループ NTTコム オ...

TOP