グループ企業

ベネッセの転職情報まとめ。中途採用のwebテスト難易度や社員の評判を調査

▼下記は、ベネッセに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからベネッセに転職してくるのか
・転職先:ベネッセからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

ベネッセの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、大学卒業や大学院卒業が在籍しており、大学は国立大学、早慶MARCHといった有名私立大学の割合が多いです。

職歴

ベネッセ在籍者の主な職歴として、楽天リクルートなどといったWEB系事業会社からの転職者が多く在籍しています。

退職後の主な転職先

ベネッセからの転職先として、業界問わず幅広い転職事例があり、主にアクセンチュアなどのコンサルのほか、リクルートグループNECKDDIの国内事業会社などが挙げられます。

ベネッセは、通信教育や出版などを行っている企業です。
教育関連の事業を行っている企業の中ではダントツの人気を誇っている有名な大企業であり、「進研ゼミ」や「こどもちゃれんじ」を提供しています。
1955年に設立、本社は岡山県岡山市に構えていますが、東京都多摩市に東京本部を構えており、20,673名の社員が在籍しています。
そんなベネッセは、中途採用枠が比較的多く、企画やIT職において高い専門スキルを持っている人材を求めています。

初めての転職でベネッセを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

ベネッセの難易度や年収も重要だけど、まずはどんな求人が出てるのか知りたい!という方は、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチはハイクラス求人を多く取り扱っており、転職先がまだ決まっていない場合は、ここで一度比較することをおすすめします。
転職エージェントの活用を考えている場合でも、情報収集として事前にビズリーチをチェックしておくことで、転職活動が円滑に進められるようになるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ベネッセの企業概要
  • ベネッセの転職ポイント
  • ベネッセの社風や企業文化

ベネッセに転職するポイント

ベネッセの特徴

POINT

  • ・教育関連の事業を手掛ける企業の中でダントツの人気を誇る大企業
  • ・海外事業にも注力しており、中国を中心に展開
  • ・福利厚生や諸制度などを含め高待遇

ベネッセへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠が比較的多い
  • ・企画やIT職など、専門職で求人募集
  • ・非常に高い専門スキルを持っていることが必須条件

ベネッセの企業概要

会社名 株式会社ベネッセコーポレーション
本社所在地 岡山県岡山市北区南方3-7-17
社長 小林 仁
設立 1955年1月28日
株式 非上場
株主構成 株式会社ベネッセホールディングス(100%)

ベネッセの売上

ベネッセは非上場のため、親会社であるベネッセホールディングスの売上を掲載しております。

ベネッセホールディングスの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 434,397百万円 439,431百万円 448,577百万円
経常利益 9,253百万円 12,150百万円 16,759百万円

ベネッセの最新ニュース

ベネッセの事業内容

株式会社ベネッセコーポレーションでは、通信教育や出版に注力している企業です。
教育関連の事業を行っている企業の中ではダントツの知名度を誇っており、主な事業としては、下記の3事業を主軸として運営しています。

国内教育

幼児から高校生、社会人などの幅広い世代に対して、学習スタイルやニーズに合わせた教材や教育サービスを提供している事業です。
一人一人の成長段階や個別ニーズに合わせて、デジタル教材と紙の教材をベストバランスで提供する「進研ゼミ」や、「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能を身につけることができる「英語教育」など、さまざまな教育を提供しています。
また、大学入試模擬試験「進研模試」による教育支援や、学習塾や予備校など子供向け英語教室なども運営を行っています。
グローバル化が進む現代において、英語力を身につけることは重要であると考えから、近年では特に英語学習に力を入れている事業です。

海外教育事業

日本国内のみならず、海外へも教育サービスを提供しています。
海外においても、教育における共通の価値があると認識しているため、アジアを中心に、子供の発達段階に合わせたベネッセ独自の教育サービスの提供を行っています。
2006年に本格進出した中国事業では、各国各地域に寄り添い適した教育サービスを提供した結果、会員数が100万人を突破し、海外でも多くの利用者がいる事業です。
また、幼児期に学んでおきたいテーマを網羅し、英語経験や習熟度に合わせた幅広い英語教材を展開している「こどもちゃれんじ」の提供するなど、さらなるグローバル展開と事業成長を図っています。

出版事業

毎日のくらしがより豊かで充実したものになることを目標として、くらしに関する幅広い情報の発信を行っている事業です。
片付け方法や節約術といった日々のお得な生活情報を提供する「サンキュ!」や、読者のコミュニケーションの場を提供する「ウィメンズパーク」など、毎日のくらしのサポートを行っています。
そのほかにも、雑誌やウェブを通じて、ペットと共に過ごす豊かなライフスタイルの支援や、妊娠中から育児までの役立つ情報や商品の提供なども行っています。
生活の身近でお得な情報を提供することで、幅広い世代のくらしを豊かにし、日々のサポートを行っている事業です。

ベネッセの募集要項

HRBP(デジタル・IT組織)

ベネッセのデジタルトランスフォーメーションの支援や推進を行います。
具体的な業務内容は、人材戦略策定と実行支援、部門の組織人事機能、デジタウrやIT体制構築の検討などです。
それ以外にも、同組織で推進しているデジタル人材育成やデジタル領域の企業・デジタル領域の戦略人事なども担当することがあります。

必須な経験・スキル

  • ・業界問わず、HRBPや組織開発いずれかの人事経験
  • ・ITデジタルの基本知識
  • ・業務上での課題解決経験

教具企画

「進研ゼミ小学講座」の教材の一つである教具の企画や開発を行うポジションです。
具体的には、教材企画担当と共に教具企画、出財会社と協業して機能面やデザイン面からのプロダクトへの具現化、試作品によるモニターの声からの改良と改善などを行います。
また、製造会社への設計や製造のディレクション、効果検証、次回企画への反映なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・ソフトウェアの企画、または要件定義の実務経験

デジタルサービス開発

「進研ゼミ」でのコンテンツや教材といったデジタルサービスの開発業務を行います。
内製プロジェクトの参画、いくつかの開発経験を経て、スクラムやXPを用いたアジャイルチームをリーディングします。
より良いサービスの実現のため、開発スピードや高い品質を実現できる能力を求められます。

必須な経験・スキル

  • ・1年以上のスマートフォンまたWebアプリケーション開発でのプログラミング経験
  • ・いずれかの言語でのプログラミング経験
  • ・AndroidやiOSアプリケーション開発経験 など

ベネッセの転職難易度

ベネッセの転職難易度は非常に高いです。
有名な大企業ということもあり、応募者が多く、倍率が高いことが推測できます。
また、書類選考やWebテストは難易度が高く、まずはそれらを通過しなければなりません。
面接後に即合格という簡単な選考フローではないので、ある程度の時間がかかってしまうことはあらかじめ認識しておきましょう。
自己分析と企業研究をしっかりと行い、ほかの応募者に負けないようなアピールできることが肝心です。

ベネッセが転職者に求める人物像

ベネッセでは、どんな困難にも立ち向かえるようなバイタリティがあり、教育に貢献する本気さを持ち、それらを実現するためにチャレンジできる人材を求めています。
有名な大企業なだけあり、求められる業務レベルは非常に高く、そんな厳しい状況下でも最後まで挑戦し続けられることが重要と考えています。
面接では、これらをアピールできるエピソードを用意してから臨むようにしましょう。

ベネッセの転職までの流れ

ベネッセの選考フロー

エントリー

書類選考

一次面接・Webテスト

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や自己PR、表彰歴など、一般的な質問をされます。Webテストでは、筆記試験や課題を与えられてのディスカッションなどがあります。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:一次面接で聞かれたことの再度深堀に加え、日本に教育についてどう思うかなど質問されることがあります。

内定

ベネッセの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2回です。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

ベネッセの面接内容

ベネッセの面接は、志望動機や自己PR、表彰歴などの一般的な質問から進みます。
そのほかにも、「日本の教育について」や「あなたならどのように日本の教育を解決していくか」など、教育関連についての質問を多くされる傾向があります。
また、仕事に対しての姿勢や仕事するうえで大切にしていることなど、自分と会社の雰囲気が合っているかという部分も見られるでしょう。
面接の雰囲気は、固くはありませんが、緩いというわけでもありません。
そんな中で、緊張せず自分らしく、質問に対して一貫性を持って回答できることが鍵となります。

ベネッセで働いている方の評判・口コミ

製品開発、在籍10年以上、男性
教育や福祉、語学など、世の中で役に立つ仕事に繋がっていることもあり、やりがいや達成感は感じやすいと思います。また、仕事で学んだ教育を自分の子供にも活かすことができるので、自分の身の回りにも良い変化が生まれるでしょう。
人事、在籍5~7年、女性
業務に繋がる社会研修などに使える手当があり、スキルアップできる環境は充分にあり、部門ごとに相談することが可能です。ただし、キャリアプランは自分で設計する必要があるので、自分で判断して時間を見つけてスキルアップを目指す必要があります。
事務、在籍3年、女性
残業超過に関して非常に厳しく管理しているため、瞬間的な業務量の多さはあっても、何か月も残業続きということはありません。限られた時間の中で業務を終わらせる必要があるため、上司やほかの人にヘルプを求めるスキルは必要でしょう。
口コミの要約

ベネッセの口コミを見てみると、教育や福祉などの世の中に関わっている業務に携わるということもあり、やりがいや達成感を感じながら仕事できるということが分かります。ただし、スキルアップするには自分で考えて動く必要があり、そのために時間を作らなければならないということが伺えます。

ベネッセの年収・給与

年収 925万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、カフェテリアポイント、従業員持ち株会、確定給付年金など

ベネッセでの転職者の出世難易度

ベネッセの出世難易度は中程度です。
年功序列なところもあり、基本的には長く在籍している社員が出世しやすい傾向があります。
しかし、評価は平等であり、実績を残せばしっかりと評価してもらえる環境があります。
仕事を頑張れば頑張るだけ評価してもらえるので、実績を残し続けることができれば若くても出世することが可能でしょう。
努力を怠らず、上司や周りの社員に評価してもらえることが重要です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 1,000万円
30代後半 なし 1,000万円
40代前半 なし 1,000万円
40代後半 課長 1,200万円
50代前半 部長 1,500万円

ベネッセはどんな人が働いている?

ベネッセの従業員数

20,673名

ベネッセの平均年齢

44.7歳

ベネッセの平均勤続年数

15年

ベネッセの社風

ベネッセは、意思決定の透明性があり、比較的風通しが良く、オープンな社風があります。
中途社員でも働きやすい環境があり、特に教育事業に携わりたいという強い思いがある方には良いでしょう。
また、年齢や性別関係なく活躍できる風土があるので、高い成果を出していくことは求められますが、チャレンジし続けたいという志がある方には、チャンスが多い企業といえます。
環境の変化が頻繁に起こるため、そういったことでストレスを感じてしまうという方には向かない企業かもしれませんが、バリバリ働いて活躍したいという方には向いている企業でしょう。

ベネッセのワークライフバランス

副業可否 可能(業種による)
勤務時間 9:30~17:30
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、夏季休暇、有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月20時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ベネッセの社長

小林 仁

1960年生まれ、岡山県出身。
立命館大学卒業後、株式会社福武書店(現・株式会社ベネッセホールディングス)に入社。
ベネッセケア取締役やベネッセエムシーエム代表取締役社長、ベネッセスタイルケア代表取締役社長などを歴任。
その後も数々の役職に就任し、2016年にベネッセホールディングスの代表取締役副社長兼海外事業開発カンパニー長に就任。
同年、ベネッセコーポレーションの代表取締役社長にも就任し、現在に至る。

ベネッセ現職、OB/OGの有名人

福武 總一郎

1945年生まれ、岡山県出身。
福武書店の創業者、福武哲彦氏の長男として生まれる。
早稲田大学理工学部卒業後、日本産業や日本生産性本部勤務を経て、1973年福武書店に入社。
しかし、1986年に社長であった父が急死したことにより、急遽代表取締役社長に就任。
その数年後、社名を「ベネッセ(よく生きるの意)」に変更し、毎日経済人賞や日経ベンチャーオブザイヤー大賞など、多くの賞を受賞。
2014年に代表取締役社長を退任し、現在では名誉顧問に就任している。

ベネッセの転職に関わるQ&A


ベネッセのWebテストは、主に筆記試験と課題を与えられてのディスカッションを行います。
筆記試験の難易度は比較的高いですが、あらかじめ対策しておくことで、対応することができるでしょう。
一方で、課題を与えられてのディスカッションは、具体的かつ一貫性を持ち、面接官を納得させられる内容であることが重要です。
総じて難易度はそこまで低くないといえます。

比較的女性の社員が多く、女性で管理職になっている方が多くいます。
女性でバリバリ働いて出世したいという方には向いている企業でしょう。
また、産前産後休暇や育児休暇などもあるため、結婚して出産、育児しながら働くということもできるので、安心して働ける環境があります。

ベネッセへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ベネッセの採用ページから応募できます。
ベネッセの求人情報をはじめ、よくある質問がまとめられているので、参考に一度読んでおくと良いでしょう。
また、現在募集されているポジションの条件などが軽く掲載されているので、一度チェックしてみることをおすすめします。
ただし、細かい情報までは掲載されていないため、具体的な募集内容や一般公開されていない非公開求人に応募してみたいという方は、転職サイトや転職エージェントを活用すると良いでしょう。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用してベネッセへの転職をしたいら、掲載されている企業案件数が豊富であり、ミドル~ハイクラスの案件を多く扱っている「ビズリーチ」がベストでしょう。
ビズリーチでは、担当するキャリアアドバイザーの評価を見ることができるため、自分にマッチした担当者を探すことができます。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・企業案件数の多さ
・自分のタイミングで気軽に転職活動が行える
・応募~面接までにスピード感がある

豊富にある職種や企業の中から自分に合ったポジションを探したい人や、自分のタイミングで気軽に転職活動したい人には転職サイトがおすすめです。
また、本格的に転職エージェントを活用する前の下調べとして、転職サイトを利用する人も多く、ベネッセの募集要項や必須スキルなどを少しでも知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

ビズリーチではエンジニア職がほとんど

ビズリーチに掲載されているベネッセの求人は1件と少ないですが、エンジニア職で募集しており、同業他社でもエンジニア職を多く募集しています。

※画像はイメージです。

ハイクラスをメイン層としているビズリーチだけあって、提示されている年収も比較的高く、最低年収が800万~となっています。
また、ビズリーチは転職サイトの中でも比較的非公開求人が多い傾向があり、キャリアアドバイザーに相談することで紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトから応募した場合、自身と企業とのすり合わせが上手くいかないこともあり、経歴やスキルで落とされる可能性があります。
より確実性を重視した転職をするのであれば、転職エージェントを利用するのがおすすめ。

通過率を高め、幅広いサポートをしてもらうなら「転職エージェント」

転職エージェントを活用してベネッセへの転職を目指すなら、高い人気を誇っている「リクルートエージェント」がおすすめです。
キャリアコンサルタントの質の高さや転職実績に定評があり、専門性に強みを持つキャリアコンサルタントが多く在籍していることから、非常に高い人気があり、多くの利用者がいます。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・キャリアプランや給与交渉などを含む全面的なサポート
・本人のスキルや希望条件との高いマッチング率
・非公開求人の圧倒的多さ

ベネッセは人気のある企業で、その競争率も高くなることが予想できます。
「どれくらいの通過率なのか」や「理想の転職先といえるか」など、疑問点や不安がある場合は、キャリアコンサルタントに相談してみると良いでしょう。

リクルートエージェントではプロジェクトマネージャーやエンジニアが多数掲載

リクルートエージェントの求人を見てみると、プロジェクトマネージャーやエンジニアなどのポジションの求人募集が多数あります。
ベネッセ リクルートエージェント
※画像はイメージです。

ベネッセのどのポジションで働きたいかまだ迷っている方や、初めてする転職活動という方は、幅広く案件を見られるリクルートエージェントが良いでしょう。
また、登録不要でも案件を閲覧できるので、ざっと案件を見て興味が持てた求人があれば登録してみるのも良いでしょう。
非公開求人も比較的多いため、実際にキャリアコンサルタントに相談すると、紹介してもらえることがあります。

あなたがベネッセに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

日本ロレアルへ転職するべき?評判や年収などについて解説

  ▼下記は、日本ロレアルに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本ロレアルに転職してくるのか ・転職先:日本ロレアルからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

ソフトバンク・テクノロジーへの転職。評判や年収、残業は?

  ▼下記は、ソフトバンク・テクノロジーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからソフトバンク・テクノロジーに転職してくるのか ・転職先:ソフトバンク・テクノロジーからどこへ転職するのか ...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

  ▼下記は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職してくるのか ・転職先:三菱UFJリサーチ&コンサルティン...

セブン&アイ・ネットメディアに転職するべき?口コミや面接内容を調査

  ▼下記は、セブン&アイ・ネットメディアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセブン&アイ・ネットメディアに転職してくるのか ・転職先:セブン&アイ・ネットメディアからどこへ転職するのか...

セガへの転職難易度は?口コミや年収など解説

  ▼下記は、セガに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからセガに転職してくるのか ・転職先:セガからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン...

CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)への転職。評判や年収などについて調査

  ▼下記は、CCCに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからCCCに転職してくるのか ・転職先:CCCからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリア...

JTBは未経験でも転職可能?評判や仕事内容を徹底解説

▼下記は、JTBに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからJTBに転職してくるのか ・転職先:JTBからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょ...

ANAへの転職で年収アップ!社員の評判や面接内容を徹底調査

▼下記は、ANAに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからANAに転職してくるのか ・転職先:ANAからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

リクルートキャリアへの転職。仕事内容や難易度、年収を解説

  ▼下記は、リクルートキャリアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからリクルートキャリアに転職してくるのか ・転職先:リクルートキャリアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、...

NTTデータに転職したい方必見。中途入社の難易度や年収を解説

  ▼下記は、NTTデータに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからNTTデータに転職してくるのか ・転職先:NTTデータからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

TOP