コラム

コトラの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!


転職をしようと考えたとき、転職サイトや転職エージェントを活用しようと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、転職するために活用できるのは転職サイトや転職エージェントだけでなく、派遣や人材紹介など、転職方法は幅広くあります。

そのようななかで、コトラを活用して転職しようかなと考える方もいるでしょう。

しかし、実際に活用しようと考えても、「コトラで良い転職ができるのか」や「他社とはどのような違いがあるのか」など、気になる方も少なくありません。

そこでここでは、コトラの特徴やメリット、デメリットなどを解説します。

転職サイト「コトラ」とは


※引用元:https://www.kotora.jp/job/

コトラは、圧倒的な登録者数を誇っており、厳選した人材をスピーディかつ的確に紹介している転職サイトです。

プロフェッショナル人材に関わる経営課題ソリューションをワンストップで提供しています。

また、自社でのDX実践を活かしたノウハウと、専門的な業界や業務の知識で、生産性向上と業務効率化を支援も行っています。

さらには、専門性の高い領域に特化した人材に必要な時に仕事を依頼できるクラウドソーシングサービスの提供を行うなど、幅広く手掛けている企業です。

コトラの特徴

コトラにはどのような特徴があるのか、気になる方も少なくないでしょう。

そこでコトラの主な特徴を3つ紹介します。

特徴① ハイクラスを含めた幅広いポジションの求人案件が豊富


※引用元:https://www.kotora.jp/job/

コトラは、金融系をはじめとしたハイクラス求人案件を豊富に持っており、特に投資銀行や投資ファンド、不動産金融などに強みを持っている転職サイトです。

そのほかにも、企業の経営幹部や管理部門、ITや戦略コンサルティングの求人なども取り扱っています。

そのため、サイト上で検索できる公開求人数は2,000件以上であり、年収は1,000万円以上の案件が多数あります。

特徴② 業界を熟知したアドバイザーからのサポートが充実

上記で解説した通り、金融系に対して強みを持っている転職サイトですが、金融業界は専門性の高い案件が多くあるため、業界への深い理解が必要不可欠です。

そのため、コトラに在籍しているアドバイザーは、各業界での実務経験を積んでいる方が多く、業界に対して深い理解を持っています。

公式サイトではアドバイザー一人一人を確認することができ、どのアドバイザーも専門職を経験しているということが分かります。

また、一般的な面接対策といった転職サポートだけでなく、各業界の市場動向や業界のリアルな内情を聞くことも可能です。

それらをふまえて、求人案件を提案してもらえるため、自分にマッチした求人が見つけやすいといえます。

特徴③ 転職後に価値観診断と面談がある


※引用元:https://www.kotora.jp/service/

転職支援サービスはもちろんのこと、転職後の新しい職場でのスタートを応援するアフターフォローサービスがあります。

アフターフォローサービスは、内定から入社3か月までの間に1度だけ無料で利用できます。

独自の価値観診断ツール「KOTORA25」を利用し、仕事における価値観を診断、その結果を見ながら面談を受けることで新しい職場との向き合い方や付き合い方に関するヒントを得ることが可能です。

このように、転職後のサポートもしっかりとしていることもあり、定着率は97%と高い水準を誇っています。

コトラの良い評判・メリット

ここまで良い評判やメリットなどを解説しました。

しかし、それは果たして本当のことなのかと気になる方もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、前述したコトラの3つのメリットを口コミとともに検証していきます。

  • ・金融系に対して幅広い職種に対応できる
  • ・経験豊富なベテランアドバイザーが揃っている
  • ・転職に関する情報が充実

メリット① 金融系に対して幅広い職種に対応できる

30代前半・男性

キャリアアップを目指して、転職を決意しました。その際、コトラを活用しましたが、金融系をはじめとしたさまざまな職種を紹介してもらえました。そのため、自分の可能性を広げることができ、非常に良い転職ができたと実感しています。

20代後半・男性

元々金融系で働いていましたが、転職したいと思い、コトラを活用しました。こちらの要望をしっかりと受け止めてくれて、金融系はもちろんのこと、ITやコンサルティングといったより良い求人を紹介してもらえました。

コトラは金融系に対して強みを誇っています。

そのため、金融系に関する求人案件は非常に多くなっています。

また、それ以外にも、経営企画やエンジニア、コンサルティングなど、幅広い求人案件を持っているため、転職者のスキルによっては紹介してもらうことが可能です。

そのため、自身では思わぬポジションを紹介されることもあり、自身の可能性を広げることも可能でしょう。

メリット② 経験豊富なベテランアドバイザーが揃っている

30代前半・女性

転職先のことだけでなく、自分のやりたいことや今後のキャリアパスについて、アドバイザーが親身になって相談に乗ってくれます。コトラに在籍しているアドバイザーはベテランな方が多いため、的確なアドバイスをもらうことができました。

30代前半・男性

転職活動を行う際、サポートしてくれたアドバイザーの方がさまざまな詳しい情報を把握していたため、転職活動にて非常に助かりました。また、ベテラン目線による面接対策や経歴書の書き方などのアドバイスも教えてもらえ、その結果、無事転職することができした。

コトラに在籍しているアドバイザーは、業界経験を10年以上積んでいるベテランが多く在籍しています。

そのため、業界に関する知識は深く、転職活動に関して熟知しているため、一人一人に合ったアドバイスが可能です。

また、転職活動において手厚いフォローもあるため、応募から内定、さらには転職後も安心して利用できる転職サイトといえるでしょう。

メリット③ 転職に関する情報が充実

20代後半・女性

幅広い求人案件を紹介してもらえたのはもちろんのこと、それ以外の情報も教えてもらうことができました。各業界の市場動向や専門用語など、転職活動を行ううえで活かせる情報を教えてもらえて有利に転職を進めることができました。

30代前半・男性

継続的に求人案件を紹介してくれるため、さまざまな求人を目にすることができます。また、業界動向やリアルな内情を知ることもでき、改めて自分の価値を把握しやすくなり、非常に助かりました。

コトラは、Webサイト上に転職活動に役立つさまざまな情報を掲載しています。

また、そのような役立つ情報をアドバイザーから教えてもらえ、転職活動に役立てることができます。

さらには、各業界の専門用語や基礎知識なども学ぶことができ、それらに目を通しておくことでより有利に転職をすることができるといえるでしょう。

コトラの良い評判は本当?口コミを徹底検証

コトラの良い評判やメリットはどのようなものがあるのか気になる方も多いでしょう。

コトラのメリットは主に以下の3点です。

  • ・金融系に対して幅広い職種に対応できる
  • ・経験豊富なベテランアドバイザーが揃っている
  • ・転職に関する情報が充実

それぞれ具体的に解説します。

メリットの検証① 金融系に対して幅広い職種に対応できる


引用:https://www.kotora.jp/job/

上記でも説明した通り、コトラは金融系に対して強みを持っている転職サイトです。

そのため、コトラでは金融業界に関して、非常に幅広い職種の求人案件が用意されています。

金融系の花形ともいえる法人営業や、インベストメントバンキング業務、ファンドマネージャーなど、多岐にわたるポジションを保有しています。

また、そういった金融系以外にも、経営企画やSEといったITや戦略コンサルや財務コンサルといったコンサルティングなどにも強みを持つ転職サイトです。

メリットの検証② 経験豊富なベテランアドバイザーが揃っている


引用:https://www.kotora.jp/about/consultant.php

コトラに在籍しているアドバイザーは、業界経験が10年を超えるベテランが在籍しています。

主に金融業界出身などが多く、金融業界に対して深い理解を持ち、非常に詳しい情報を得ることが可能です。

また、柔軟な機動力と手厚いフォローがあるため、登録から内定までのフォローがあるほか、転職後も転職先とフィットできるアフターフォローも実施しています。

そのため、安心して転職活動を行えるという環境があるといえるでしょう。

メリットの検証③ 転職に関する情報が充実


引用:https://www.kotora.jp/

コトラのメリットは、上記2つだけではありません。

Webサイト上には、転職活動に役立つ豊富な情報を提供しています。

たとえば、金融業界の転職動向や個別業界の動向などがレポート化されています。

また、金融業界の用語集や主要企業一覧など、基礎知識を学ぶことも可能です。

さらには、幅広い転職成功者の転職事例なども一緒に読むことができるため、自身の転職活動に活かすことができるでしょう。

コトラの悪い評判・デメリット

では、コトラの悪い評判やデメリットは本当にそうなのだろうかと気になるところでしょう。

ここでは、前述したコトラの3つのデメリットを口コミとともに検証します。

  • ・金融・IT・コンサル業界以外の求人案件が少ない
  • ・良質な案件はある反面、数が多くない
  • ・勤務地が限定的

デメリット① 金融・IT・コンサル業界以外の求人案件が少ない

30代前半・男性

自身が希望している職種とコトラの特異業界に違いがあったため、仕方ないのかもしれませんが、希望とかけ離れた求人を紹介されました。特化している業界以外の求人以外は、少なく選べる選択肢はそれほどないと感じます。

30代後半・男性

私はどのポジションに就きたい!というこだわりはなく、今よりもキャリアアップできればと考えてコトラを利用しました。しかし、紹介される求人案件は、どれも金融やITといった業界のものばかりであり、それ以外の業種の求人案件は紹介されませんでした。

コトラは金融系に特化しており、IT系やコンサル系にも強みを持っている転職サイトです。

しかし、それ以外の業界の求人案件は比較的少なく、それほど多くないといえます。

そのため、幅広い業界の求人案件を見たいという方には、満足のいく利用は難しいといえるでしょう。

デメリット② 良質な案件はある反面、数が多くない

20代後半・女性

自身が望む求人案件を紹介してもらえるのは非常に嬉しく感じました。しかし、多くの求人案件を紹介してもらえたというわけではなく、数件程度でした。そもそもそれほど求人案件を持っていないのではないかと感じます。

30代前半・男性

魅力的な求人案件があり、どれにしようかと悩むくらいでした。しかし、豊富にあるというわけではなく、紹介された求人案件は10件もいかない程度だと思います。ただし、良質な案件であることは間違いないので、どれも魅力に感じました。

コトラでは、良質な求人案件を取り扱っており、在籍しているアドバイザーはどの方も業界経験が10年以上とベテランが揃っています。

そのため、転職活動を行う際は安心してできるということがいえます。

ただし、大手企業に比べると案件数自体がそれほど多くはないため、人によってはマッチしにくい可能性があります。

デメリット③ 勤務地が限定的

30代前半・女性

紹介される求人案件は、高収入であったり福利厚生が充実していたりと非常に良い条件のものがありました。しかし、どの求人案件も東京や大阪といった都会での勤務になってしまい、通勤がしづらいなと感じました。

40代前半・男性

大手企業や外資系企業の案件は非常に魅力的な内容が多くあります。しかし、どの企業も大都会での勤務になってしまい、地方に住んでいて家も持っている私には、引っ越しはできないため、断念せざるを得ませんでした。

コトラが保有している求人案件は、大手企業や外資系といった案件を多く扱っています。

そのため、年収や待遇、福利厚生などが非常に良く、魅力的な内容な案件が多いといえます。

しかし、大手企業や外資系企業は都会に本社を構えていることが多く、人によっては通勤しづらいという方も少なくありません。

コトラの悪い評判は本当?検証して分かった実情

ここまでは良い評判やメリットについて解説しました。

しかしその一方で、悪い評判やデメリットはどんなものがあるのか、気になる方も少なくないのではないでしょうか。

コトラのデメリットは主に以下の3点です。

  • ・金融・IT・コンサル業界以外の求人案件が少ない
  • ・良質な案件はある反面、数が多くない
  • ・勤務地が限定的

それぞれ具体的に解説します。

デメリットの検証① 金融・IT・コンサル業界以外の求人案件が少ない

メリットの部分でも解説しましたが、コトラは金融系に特化しており、そのほかにもIT系やコンサル系にも強みを持つ転職サイトです。

しかし、それ以外にも業界の案件は少ない傾向があります。

デザイナーやディレクター、ライターなどの求人案件はありますが、数が非常に少なくなっています。

そのため、金融系やIT系など以外の業界への転職を検討している方には、利用は難しいかもしれません。

デメリットの検証② 良質な案件はある反面、数が多くない

コトラは業界経験が10年を超えるベテランアドバイザーが在籍しているいるため、紹介される案件の質は非常に良く、即戦力として働きたいと考える方にはおすすめの転職サイトです。

しかしその反面、案件数は大手に比べると少ない傾向があります。

そのため、幅広くさまざまな業種の案件を紹介してほしいと考えている方には、物足りなく感じるかもしれません。

デメリットの検証③ 勤務地が限定的

コトラが保有している求人案件は、大手企業や外資系企業、優良企業などを多く扱っています。

どの求人案件もハイキャリアの好待遇であり、難易度は比較的高くなっています。

そのような場合は、勤務地が本社になる可能性があり、そういった場合は東京や大阪などの大都市になる傾向があるのです。

そのため、勤務地が限定的になってしまい、大都市以外の地方を検索してもそれほど多くの求人案件はないでしょう。

コトラの総評

コトラは、金融系に特化しており、IT系やコンサル系に対しても強みを持っている転職サイトです。

そのため、ハイクラス求人を扱っており、キャリアアップを目指した転職には向いているといえるでしょう。

ただし、金融系やIT系、コンサル系に強みを持つ反面、それ以外の業界にはそれほど強くありません。

幅広い業界の求人案件を紹介してもらいたいという方には、物足りなさを感じてしまう可能性があります。

コトラに向いている人と向いていない人の特徴

コトラを活用するうえで、どんな方に向いていてどんな方には向いていないのか、気になるのではないでしょう。

ここでは、向いている方と向いていない方の特徴について解説します。

コトラに向いている人

コトラに向いている方の特徴は以下の3つです。

  • ・金融系やIT、コンサルでの経験が豊富
  • ・即戦力と活躍できる能力の保有
  • ・サポートを受けながら自分のペースで転職活動したい

コトラは、金融系やIT、コンサルに対して強みを持っている転職サイトです。

そのため、それらに関連する豊富な経験を保有していることで、即戦力として活躍することがアピールでき、転職活動を有利に進めることができます。

また、転職支援サポートが充実していることはもちろんのこと、転職後のサポートも充実しているため、安心して転職活動を行うことができるでしょう。

コトラに向いていない人

コトラに向いていない方の特徴は以下の3つです。

  • ・幅広い業界の求人案件を求めている
  • ・未経験や経験年数が短い
  • ・都市から離れている

上記でも解説していますが、コトラは金融系やIT、コンサルに対して強みがある転職サイトですが、それ以外の業界の求人案件はそれほど多くはありません。

そのため、コトラが特化している業界以外の求人案件を見たいという方には、物足りなさを感じるでしょう。

また、ハイクラス求人を扱っているため、未経験や経験年数が短い場合は、良い求人案件を紹介してもらえない可能性があります。

さらには、大手企業や外資系企業の案件が多く、その場合は都市での勤務になるため、都市から離れている方は、通勤が大変になってしまうでしょう。

【主要エリア】コトラの求人数

コトラの求人数はエリアによって差があります。

東京エリア 10,212件
大阪エリア 447件
愛知エリア 150件

※2021年10月29日現在

大手企業や外資系企業を取り扱っているものの、ほかの転職サイトと比較すると、全体的に求人数は少ない傾向があります。

東京エリアの求人数は非常に多くありますが、大阪エリアと愛知エリアは非常に少ない状況です。

下記にて、エリア別で具体的に解説します。

東京のコトラの求人数

2021年10月29日現在、東京エリアの求人数は10,212件です。

ほかのエリアと比べても、圧倒的な求人数を誇っており、大手企業や外資系企業が集中しているということが伝わってきます。

大阪のコトラの求人数

2021年10月29日現在、大阪エリアの求人数は447件です。

東京都比べると非常に少なくなっていますが、大阪も大都市のため、一定以上の求人数を誇っています。

愛知のコトラの求人数

2021年10月29日現在、愛知エリアの求人数は150件です。

ほかの2エリアに比べると非常に少なく、大手企業や外資系企業はそれほど多くないといえます。

ただし、この傾向はコトラに限ったことではなく、ほかの転職サイトでも同様です。

そのため、愛知エリアで金融系やIT系、コンサル系の業界に転職することは難しいかもしれません。

コトラの登録~サービスインまでの流れ

1.会員登録をする

メールアドレスとパスワードを登録します。この際、Facebookアカウントで登録も可能です。

氏名・フリガナ・携帯番号を入力し、経歴がわかるレジュメを添付します。レジュメがない場合には、経歴を直接入力することで登録ができます。

2.コンサルタントとの面談

登録後、コンサルタントから連絡が来ますので、面談日の調整をし、面談をします。

3.求人紹介・応募

コンサルタントから求人を紹介してもらい、応募します。

4.面接対策・面接

コンサルタントに面接対策をしてもらいます。面接で重要視されるポイントや、面接官の特性、面接での想定質問などを事前にコンサルタントから聞くことができます。

面接後はコンサルタントから合否の連絡が来ます。入社後のアフターフォローもあるので、相談をしましょう。

コトラに関わるQ&A

面接に対するアドバイスはある?

面接で重要視されるポイント、面接官の特性、面接での想定質問、面接プロセスなどを聞くことができます。面接に対しての事前準備ができるので、自信をもって面接に臨むことができるでしょう。

退会するにはどうしたらいい?

info@kotora.jpまで退会希望の旨を連絡します。4営業日以内に退会処理を行い、連絡がきます。

転職情報が不要になった場合は、登録内容を残しつつ、以下ページから情報を送信すればメールやスカウトの配信を停止することができます。

https://www.kotora.jp/service/form_mail.php

転職活動を知られずに利用できますか?

コトラでは、個人情報の保護を行っています。職場や自宅への連絡の際は社名を名乗ることはありません。郵便物も社名入りのものは使用しないため、登録情報が第三者に漏れることはないでしょう。

コトラ運営会社「株式会社コトラ」

コトラを運営している株式会社コトラの会社概要を掲載します。

会社概要

社名 株式会社コトラ KOTORA Co., Ltd
本社所在地 東京都港区赤坂1-7-19 キャピタル赤坂ビル2階
資本金 1億円
設立 2003年10月24日
従業員数 (法人全体) 45人 (うち人材紹介部門) 29人
事業内容 人材コンサルティングファーム

拠点 東京のみ

株式会社コトラは、2002年に設立された企業です。創業事業である、金融・コンサル・IT・経営層のプロフェッショナル人材紹介事業を中心とし、DX(デジタルトランスフォーメーション)支援事業、「内部統制」「ISO30414」をはじめとした総合コンサルティング事業、理系新卒採用支援事業、アセスメント事業などを展開しています。

関連記事

ハイクラス向け!ビズリーチの使い方・注意点を3分で解説

ビズリーチとは、国内最大級の「ハイクラス向け」転職サービスです。 転職サイトは基本的に無料で使えるところが多いのですが、ビズリーチでは有料会員という枠が設けられています。 有料と聞くと「無料で使えるサイトとどう違うの?」...

ギークリー(Geekly)の評判は?大手エージェントとの比較や口コミを紹介!

転職活動を行う上で、転職サイトやエージェントを活用しようと考える方は多いのではないでしょうか。転職エージェントは、自分で情報を探す転職サイトとは異なり、経験豊富なコンサルタントが転職活動をサポートしてくれます。上手く活用してスムーズな転...

Greenの評判は?口コミを徹底検証し大手転職サイトと比較!

転職活動の方法のひとつとして、転職エージェント以外に転職サイトを使用する方も多いのではないでしょうか。気軽に転職情報を確認ができ、自分にあった業界や住まいの近くの企業を検索することも可能です。 しかし無数にある転職サイトのなか...

1分で完了!ビズリーチの退会方法を画像でわかりやすく解説

ビズリーチは、ハイクラス向けの転職サイトとして、多くの人に利用されています。 しかし「ハイクラス向け」というだけあって、条件や競争率の厳しい求人も多く、なかなか転職できない…という声がちらほらあるのも事実。 ビズリーチ以...

転職の入社日はいつがベスト?面接時から入社日の行動までまるっと解説!

転職活動の面接で、「いつ入社出来ますか?」という質問は、中途採用では必ずされる質問です。 最初の段階というよりは、選考がある程度進んだ段階で聞かれることが多い質問です。 「面接のとき、いつから入社できると言えばいい?...

パソナキャリアの評判は?断られるって本当?口コミを徹底調査!

「転職エージェントを利用したいけど、どこがいいか分からない」「実際に利用した人から評判を聞きたい」と気になっていませんか? 今回は、人材派遣領域で業界No.2の「パソナ」が運営している転職エージェント、パソナキャリアについてご...

「在職中」に転職を成功させる2つのコツと、知っておくべき全注意点

一般的には、「転職活動をするなら在職中にするべきだ。」と考えられています。 理由はシンプルで、退職をしてしまうと収入がなくなるから。なので、金銭的な余裕があるうちに転職活動はした方がいいと考えられています。 そうはいって...

気をつけて!絶対に知っておきたい転職活動の面接マナーを徹底解説

転職活動で面接に行くとき、何に気を付ければいいのか、マナーについて気になりますよね。 面接において、マナーや第一印象は採用にとても影響するため、何も気にせずに面接を受けてしまうと、「自分は良い感触だと思ったのに、不合格になって...

マイナビエージェントの評判まとめ|転職希望者の口コミから実態を調査

転職活動をする際に利用する『転職エージェント』。“転職”というキーワードで検索すると多くの転職エージェントが表示されます。 しかし、実際にエントリーして転職を決めるとなると、どこのエージェントを利用すれば良いのか悩むのも事実で...

有名CTO17選!エンジニアとして知っておきたい経歴を紹介

企業における技術的な分野で責任を担うCTO(最高技術責任者)。 エンジニアなら、一度は憧れた経験もあるのではないでしょうか。 今回は有名企業のCTOを17人ピックアップし、経歴やプロフィールをご紹介していきます。 1.KAIZ...

TOP