コンサルティング

株式会社プラスアルファ・コンサルティングへの転職事情。面接対策や口コミを解説

プラスアルファ・コンサルティングは、「ビジネスにプラスアルファの価値を創造する」というコンセプトの基、マーケティングなどを手掛けているコンサルティング会社です。
自然言語処理とデータマイニングという2つの技術を柱に、データの見える化を行うサービスを展開しており、その結果、売上高は4年連続でアップしています。
また、日経新聞にて見える化エンジンのリアルタイム分析機能が掲載されるなど、今注目を集めている企業です。
そんなプラスアルファ・コンサルティングは、コンサルタントやエンジニアなどのポジションで中途採用によるキャリア募集を行っています。
技術職が中心の採用ですが、なかにはセールスやデザイナーなどの求人もあり、幅広く中途採用を行っているといえるでしょう。
プラスアルファ・コンサルティングに転職する前に必ず知っておきたい事業内容や面接の傾向、対策のポイントなどを解説します。

プラスアルファ・コンサルティングへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・プラスアルファ・コンサルティングの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、プラスアルファ・コンサルティングの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • プラスアルファ・コンサルティングの企業概要
  • プラスアルファ・コンサルティングの転職ポイント
  • プラスアルファ・コンサルティングの社風や企業文化

プラスアルファ・コンサルティングに転職するポイント

プラスアルファ・コンサルティングの特徴

POINT

  • ・複数のSaaS事業を展開するコンサルティング企業
  • ・売上高は4年連続で上昇し、2021年6月には東証マザーズへ上場を果たした
  • ・残業はやや多い反面、それ以上のやりがいと成長を感じる環境がある

プラスアルファ・コンサルティングへ転職するポイント

POINT

  • ・コンサルタントやエンジニア、デザイナーなどで求人募集
  • ・技術力の強化を目指しており、エンジニアの求人は特に豊富
  • ・面接は緊張感ある雰囲気であり、鋭い質問も多いため入念な対策が必須

プラスアルファ・コンサルティングの企業概要

会社名 株式会社プラスアルファ・コンサルティング
本社所在地 東京都港区浜松町1-18-16 住友浜松町ビル6F
社長 三室 克哉
設立 2006年12月25日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 三室克哉(37.80%)
野村キャピタル・パートナーズ第一号投資事業有限責任組合(36.80%)
鈴村賢治(22.70%)

プラスアルファ・コンサルティングの売上

プラスアルファ・コンサルティングの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 3,439百万円 4,726百万円 6,118百万円
経常利益 995百万円 1,445百万円 2,091百万円

プラスアルファ・コンサルティングの最新ニュース

プラスアルファ・コンサルティングの事業内容

プラスアルファ・コンサルティングは、複数のSaaS事業を主力にサービスを展開しているコンサルティング会社です。
主なサービスとして、「マーケティングソリューション」「CRMソリューション」「HRプラットフォーム」の3つが挙げられます。
マーケティングソリューションは、「見える化エンジン」と名付けられたビッグデータの処理技術を活用したサービスの運用が行われています。
その結果、機械学習に関する技術力には定評があり、最新の分析技術を生かしたコンサルティングが可能です。
また、CRMソリューションは、CRM・MAシステムである「カスタマーリングス」の運営を行ってい、顧客属性や行動履歴等のデータを処理し、最適なマーケティングを行っています。
そのほかにも、HRプラットフォームのタレントマネジメントシステムである「タレントパレット」の開発運営を行っており、日本の人材活用と働き方改革に貢献している企業です。
今後の展望として、高成長かつ高収益な新しいSaaSサービスを生み出して進化させ、高付加価値サブスクモデルの構築を目指していることを公言しています。

プラスアルファ・コンサルティングの募集要項

コンサルタント

プラスアルファ・コンサルティングの開発するツールの活用支援を行うポジションです。
具体的には、ツールを活用した分析や施策の実行支援、クライアントに最適なプランの紹介などを行います。
新機能開発に向け顧客の要望を汲み上げるなど、SaaS事業に包括的に携わることができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・通販業界での実務経験
  • ・カスタマーサクセス職の実務経験
  • ・システム開発や運用経験があり、マーケティングに関心がある

サーバーサイドエンジニア

プラスアルファ・コンサルティングの展開しているSaaSツールの新機能開発や保守などを行うために必要な、サーバー構築や運用、監視などを担当するポジションです。
サーバーやネットワーク、データベースなどmさまざまな領域を担当します、
ほかのポジションと比べ、裁量の大きい職種です。

必須な経験・スキル

  • ・Windowsサーバーの運用経験
  • ・バッチファイルやpowershellスクリプトの作成経験
  • ・C#の開発経験

プラスアルファ・コンサルティングの転職難易度

プラスアルファ・コンサルティングの転職難易度は中程度です。
プラスアルファ・コンサルティングでは現在、事業規模の拡大に伴って中途採用を積極的に募集しています。
コンサルティングやマーケティング、セールスなど、幅広い職種で募集を行っており、特にエンジニアについては求人が豊富です。
技術職での転職を検討している方にとっては特に見逃せない企業といえるでしょう。
しかしながら、決して簡単に転職できるというわけではありません。
それぞれの職種では、一定程度の実務経験が求められているのに加え、面接では非常に踏み込んだ質問も多くされます。
プラスアルファ・コンサルティングへの転職を成功させるなら、徹底した面接対策が欠かせないといえます。

プラスアルファ・コンサルティングが転職者に求める人物像

プラスアルファ・コンサルティングでは、社員に求める人物像として「目指せ!プラスアルファの人材像50+α」と呼ばれる指標を設定しています。
これは、プラスアルファ・コンサルティングが求める人物像を51個の項目に渡って社員が列挙したものです。
公式サイトに抜粋が掲載されていますが、なかでも目を引くのは「挑戦を楽しめる人」や「失敗をチャンスと思える人」といったキーワードです。
プラスアルファ・コンサルティングは、現在も急成長をしている企業であり、新規事業の創出など、チャレンジを求められる場面も非常に多くあります。
転職者であれば尚のこと、即戦力として積極的に挑戦を行い、成長フェーズをさらに加速させることが求められているといえるでしょう。

プラスアルファ・コンサルティングの転職までの流れ

プラスアルファ・コンサルティングの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:現場社員・人事
想定内容:志望動機や前職の経験など、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:副社長・社長
想定内容:これまでの質問に加え、業務に関する質問をされます。

内定

プラスアルファ・コンサルティングの面接形式

面接は1対1で行われる場合や1対複数で行われる場合があるなど、さまざまです。
面接回数は基本的に2~3回あります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

プラスアルファ・コンサルティングの面接内容

プラスアスファ・コンサルティングの面接は、志望動機や前職の経験など、オーソドックスな内容を中心に面接が進みます。
ただし、最終面接を除いた面接は、比較的緊張感のある面接となっています。
受け答えによっては「座り仕事だから楽だと思って応募したのか?」などと、やや圧迫気味とも取れる質問をされることも少なくありません。
このような質問にもうろたえず、落ち着いて回答することが重要です。
そのほかにも、「HPの商品紹介を見てどう思ったか」や「どうして開発ではなくて営業をやりたいと思ったのか」なども聞かれる傾向にあります。
公式サイトなどをチェックして企業研究を進めるとともに、自身の志望動機について今一度整理をしておきましょう。

プラスアルファ・コンサルティングの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトにはさまざまなポジションで求人掲載
・求人情報はパソナキャリアなどでも確認できる
・面接は、全体的に緊張感のある雰囲気

コンサルタント、20代後半、男性
仕事をするうえで、このようなことがあったら嫌だなと思うことは何かを聞かれました。全体的にやや緊張感のある雰囲気でした。
セールス、30代前半、男性
同期のなかでうえから何番目になれると思うか?と質問されたことが印象に残っています。自身をアピールするために1番と答えたところ、そのように考える理由などを求められました。
デザイナー、20代後半、女性
どうしてプラスアルファ・コンサルティングを志望したのかについて掘り下げられました。また、仕事とするうえで大切だと思うことは何かも聞かれました。
エンジニア、30代後半、男性
座り仕事だから楽だと思って応募したのかなど、やや圧迫感のある質問が目立ちました。福岡で面接を受験しましたが、わざわざ東京本社から人事部の方が出向いてきてくれたようです。事務職の場合、エクセルやワードは使えるかも聞かれます。
マーケティング、30代前半、女性
今後のビジョンなどについて聞かれました。また、将来もしセミナーで説明を行う機会があったらやってみたいかについても聞かれました。最終面接は和やかな雰囲気で、社長や副社長が親身になって話を聞いてくれた印象です。

プラスアルファ・コンサルティングで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍3~5年、男性
社長と副社長に強いリーダーシップがあり、良くも悪くも2人の方針が全てというような雰囲気があります。全社員がワンフロアに集まっているため風通しは良く、社員同士の仲も良いと感じます。技術力には定評があり、他社と差別化できる明確なポイントがあるため、今後も成長を続けていくことのできる企業だと思います。
PM、在籍7~10年、女性
非常に風通しが良く、ベンチャー企業と大手企業の中間のような風土があります。野村出身の方が多く、残業はやや長めといった印象です。飲み会なども多いため、それらに働きがいを感じられる方には向いている会社かもしれません。社内には活躍している女性社員も多く、出世などに性別の差はほとんどないと思います。育休も問題なく取ることができます。
マーケティング、在籍3~5年、男性
全体的に技術力が高いため、安定した成長を続けることができています。特にテキストマイニングの領域においてはトップシェアです。福利厚生も充実しており、働きやすい会社だと思います。残業時間はやや多いですが成長フェーズにあるため、社員が一丸となって努力している雰囲気です。事業も複数あるため、安定性も高いと感じます。

口コミの要約技術力が高く、主力事業も複数あるため安定して成長することができるということが伝わってきます。社員同士の仲も比較的良く、働きやすいと感じている社員が多いということも伺えます。一方で労働時間について否定的な声が目立ちました。残業を良しとする風土が根付いており、決められた時間できっちりと終わりたい方には向いていないかもしれません。

プラスアルファ・コンサルティングの年収・給与

年収 598万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 各種社会保険完備、家賃補助制度、研修制度、書籍購入費支給など

プラスアルファ・コンサルティングでの転職者の出世難易度

プラスアルファ・コンサルティングの出世難易度は中程度です。
プラスアルファ・コンサルティングでは、年2回の評価によって年収や出世が決定します。
どの企業でも求められますが、出世をするためには上司へのアピールが必要不可欠です。
新卒か中途かで出世の有利不利が分かれることはありませんが、評価は相対的に行われます。
数字で評価する風土があるため、出世を目指すならコツコツと実績を積み上げることが肝心でしょう。

プラスアルファ・コンサルティングはどんな人が働いている?

プラスアルファ・コンサルティングの従業員数

186名

プラスアルファ・コンサルティングの平均年齢

32.1歳

プラスアルファ・コンサルティングの平均勤続年数

3.4年

プラスアルファ・コンサルティングの社風

プラスアルファ・コンサルティングの風土としては、社長や副社長の強いリーダーシップが挙げられます。
一般社員と役員との距離が非常に近く、ワンフロアで風通しの良いため、比較的意見がしやすい雰囲気があります。
また、社員同士のコミュニケーションを推進する取り組みも行われており、事業部や職種をまたいだ交流も活発です。
残業時間が長く、そのような長時間労働が評価される雰囲気がありますが、熱量のある社員が多く在籍しているため、仕事に積極的に取り組んでいきたいというキャリア志向の方には向いている企業といえるでしょう。

プラスアルファ・コンサルティングのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~18:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、有給休暇、夏季休暇、リフレッシュ休暇など
平均残業時間 月39.1時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り(一部)
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

プラスアルファ・コンサルティングの社長

三室 克哉

早稲田大学理工学研究科にて、ニューラルネットワークや画像認識、並列処理などの研究を経験。
その後、株式会社野村総合研究所に入社し、AIやデータマイニングを活用した各種プロジェクトを多数担当。
2007年、テキストマイニングの技術をさらに広めていくために株式会社プラスアルファ・コンサルティングの代表取締役へ就任。
CRMやタレントマネジメントなど、多角的な事業展開を行っている人物。

プラスアルファ・コンサルティング現職、OB/OGの有名人

鈴村 賢治

プラスアルファ・コンサルティングの副社長。
中央大学理工学部卒業後、株式会社野村総合研究所に入社。
システムエンジニアとして、CRMシステムや情報システムなどの開発に従事。
テキストマイニング事業へ参画したのち、2007年に株式会社プラスアルファ・コンサルティングに入社、取締役副社長へ就任。
社長の三室氏と二人三脚で、同社の経営を率いている人物。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声が分からない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。
よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。
それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。

※画像はイメージです。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞けるうえ、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

プラスアルファ・コンサルティングの転職に関わるQ&A


プラスアルファ・コンサルティングでは、産休や育休の制度が整っています。
また、女性であるから働きにくいというようなことはなく、男女問わず活躍できる環境があります。
女性の出世も推進しており、現在では役員のうち2名が女性です。
さらには、時短勤務も可能なため、女性の働きやすさについては問題ないといえるでしょう。

プラスアルファ・コンサルティングの平均残業時間は月40時間前後であり、これは比較的長い水準なため、ワークライフバランスは良いとはいえません。
賃金には固定残業代45時間が含まれていることからも、業務量はやや多い様子が伺えます。
職種にはよりますが、どちらかというとキャリア志向でバリバリ働きたいという方に向いた企業といえます。

プラスアルファ・コンサルティングへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

プラスアルファ・コンサルティングの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、「ニュース」や「プラスアルファの源泉」、「会社を知る」など、有益な情報が多数掲載されています。
ただし、公式サイトからの応募の場合、少なからず時間がかかってしまいがちです。
素早く転職したい方や公式サイトに載っていないような求人に応募したい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、プラスアルファ・コンサルティングの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してプラスアルファ・コンサルティングに転職するなら、コンサルティングを行っている他社の募集要項も比較できる「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「iX転職」

iX転職には、コンサルティング企業をはじめとした企業の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

iX転職から届くスカウトメールのコンサルティング企業の平均年収は、900万円~1,500万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、iX転職は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはiX転職に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

アクセンチュアへの転職。激務で大変って本当?

アクセンチュア転職者の主なキャリアステップ 前職 アビームコンサル、KPMGなどのコンサルティング会社 ワークスアプリケーションズやフューチャーなどのITコンサルティング会社 その他幅広い業種の国内事業会社 ...

識学の転職難易度は高い?面接内容や年収などを解説

識学転職者の主なキャリアステップ 前職 ビズリーチなどの転職エージェント PwCコンサルティング 株式会社識学に転職 次の転職先 転職事例はほとんどなし...

Slalom(スラローム)の転職事情。面接内容や選考フローなどを解説

Slalomは、アメリカのシアトルに本社を構えており、戦略や技術、ビジネス変革に焦点を当てた近代的なコンサルティングを提供するコンサルティングファームです。 2019年から日本への事業展開を目的とした市場参入計画をスタートさせ、2...

SHIFTへ転職するには?評判や面接のポイントなどを解説

SHIFT転職者の主なキャリアステップ 前職 NTTデータ、日本IBM、TISなどのSIer出身者 株式会社SHIFTに転職 次の転職先 グノシー、UUU...

日本ユニシスへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

日本ユニシス転職者の主なキャリアステップ 前職 ほとんどがプロパー社員 IBMなどのSIer出身者 日本ユニシス株式会社に転職 次の転職先 SIer ...

IMJの転職情報!年収や口コミ、転職難易度を解説

IMJ転職者の主なキャリアステップ 前職 トランスコスモスなどの制作会社 アイレップなどのネット専業代理店 マーケティングテクノロジーツールベンダー 株式会社IMJに転職 ...

GCAへの転職は難しい?口コミや面接内容を徹底調査

GCA転職者の主なキャリアステップ 前職 トーマツ、あずさ、新日本などの監査法人 アクセンチュア、マーサージャパンなどのコンサルファーム 三菱UFJモルガン・スタンレー、大和などの証券会社 ...

デジタリフトは転職しやすい?事業内容や面接内容などを解説

デジタリフトは、Web上の広告の配信設計や分析、レポートなどを一気通貫して手掛ける「トレーディングデスク」事業を展開している企業です。 ユーザーに最適な広告を配信するために必要な各種マーケティングサービスなどを提供しており、202...

野村総合研究所(NRI)への転職難易度は高い?年収や倍率などを解説

野村総合研究所(NRI)転職者の主なキャリアステップ 前職 IT系メーカー 株式会社野村総合研究所に転職 次の転職先 アクセンチュアなどのコンサルティング...

EYストラテジー・アンド・コンサルティングへの転職。難易度やポイントをご紹介

EY・ストラテジー・コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 ソニーなどの事業会社、デロイト、PWC、アクセンチュアなどのコンサルティングファームなど EY・ストラテジー・...

TOP