コンサルティング

ソフトブレーンの転職事情・面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、ソフトブレーンに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからソフトブレーンに転職してくるのか
・転職先:ソフトブレーンからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

ソフトブレーンの主な転職元・転職先

学歴

主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広い学歴が在籍しています。

職歴

ソフトブレーン在籍者の主な職歴は、日本ユニシストランス・コスモスなどのIT系企業、船井総研などのコンサルティングファームなどが挙げられます。

退職後の主な転職先

ソフトブレーンからの転職先として主に、NTTデータIBM、三井情報などのSIerPwCなどのコンサルファーム、さらにはオプトなどの広告代理店へ転職しています。

ソフトブレーンは、CRMやSFAといった営業支援システムやコンサルティング、教育などのサービスを提供している企業です。
企業の生産性向上のため、自社開発した営業支援システム「eセールスマネージャー」の提供や、営業のコンサルティング・トレーニングといった型づくりまで、幅広く営業課題解決を支援しています。
業種や業界を問わず支援し、これまでに支援定着率95%を維持するなど、注目と人気のある企業です。
1992年設立、東京都中央区に本社を構えており、1,184名の社員が在籍しています。
ソフトブレーンでは、セールスやコンサルタントで企業が掲げる7つの行動指針に沿った経験がある人材を求めています。

初めての転職でソフトブレーンを目指すならまず「ビズリーチ」を見るべし!

ソフトブレーンの面接内容や口コミも気になるけど、まずどんなポジションで求人募集されているのか知りたいという方は、ビズリーチなどの転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。
ビズリーチはハイクラス求人をメインに扱っているので、転職先が未だ定まっていないという方は、ここで比較しておくことをおすすめします。
転職エージェントを活用する場合でも、情報収集源としてビズリーチをチェックしておくと、転職活動をよりスムーズに進められるようになるでしょう。
また、ビズリーチではレジュメを登録しておくことで、非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からスカウトを受けることもできます。
転職サイトの場合、登録直後に最も多くスカウトメールが届く傾向があります。より自分に合ったスカウトを受けたいならば、登録後すぐにレジュメ登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ソフトブレーンの企業概要
  • ソフトブレーンの転職ポイント
  • ソフトブレーンの社風や企業文化

ソフトブレーンに転職するポイント

ソフトブレーンの特徴

POINT

  • ・営業支援システムやコンサルティング、教育などを提供している企業
  • ・幅広く営業課題解決を支援
  • ・支援定着率95%を維持するなど、多くの支持を得ている

ソフトブレーンへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・セールスやコンサルタントで求人募集
  • ・企業が掲げる7つの行動指針に沿った経験があることが重要

ソフトブレーンの企業概要

会社名 ソフトブレーン株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋1-13-1 日鉄日本橋ビル 9階
社長 豊田 浩文
設立 1992年6月17日
株式 上場(東証1部)※2021年1月に上場廃止
株主構成(2019年12月期) 株式会社スカラ(50.23%)
日本マスタートラスト信託銀行(9.79%)
KBLEPBSA(3.69%)

ソフトブレーンの売上

ソフトブレーンの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上高 8,091,161千円 9,188,497千円 9,894,471千円
経常利益 952,590千円 1,240,395千円 1,172,193千円

ソフトブレーンの最新ニュース

ソフトブレーンの事業内容

ソフトブレーンは、CRMやSFAなどの営業支援システムやコンサルティング、教育などのサービスを提供している企業です。
社会の課題とされている組織の生産性を最大化させ、日本の働き方を革新させる営業イノベーションの提供を行っています。
また、企業が成長していくうえで大切な柱となるマーケティングや営業活動のプロセスに対して、独自のソリューションを提供し、営業プロセスを一気通貫してコンサルティングサポートして組織の生産性を最大化しています。
その結果、現在までに7,000社を超えるクライアントへ営業ソリューションを提供しており、支援定着率95%を維持している企業です。
今後の展望として、コンサルティングとシステムを活用することで、日本の働き方を革新するリーディングカンパニーを目指しています。

ソフトブレーンの募集要項

コンサルティング営業

大手企業向けの新規営業を行うポジションです。
数万件もの企業経営者や役員の名刺情報を活用し、自ら新規開拓を行います。
顧客接点を重ね、潜在ニーズを引き出すのが新規営業の役割であり、顧客内のリレーションを広げ、課題のヒアリングや提案なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・営業経験
  • ・新規開拓経験

パッケージ導入コンサルタント

エンタープライズ企業に向けて、「eセールスマネージャー」を新規導入するプロジェクトを担うポジションです。
具体的には、案件受注前の要件整理やプリセールス、コンペ時のプレゼンテーション、新規導入顧客のビジネスや業務理解、各種顧客養母の実現可否判断を行います。
それ以外にも、システム導入目的や顧客要望に沿った連携実装、プロジェクトを通したPLとメンバー育成なども行い、幅広い業務に携わります。

必須な経験・スキル

  • ・エンタープライズ企業特有の作法や意思決定構造、ドキュメント品質に対応できる
  • ・エンタープライズ企業の経営層や事業部トップに対する顧客折衝経験

製品開発エンジニア

高品質のサービスの実現と提供するポジションです。
具体的には、担当サービスの新規や既存機能の設定と開発、テストなどの実装、システム改善の実施などを行います。
経験によってはフロントエンド開発を担当する場合もあります。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のWeb系のシステム開発経験
  • ・1年以上のJavaを使用した開発経験

ソフトブレーンの転職難易度

ソフトブレーンの転職難易度は比較的高いです。
どのポジションでも一定以上のスキルや経験を求められる傾向があり、それらを持っていることが応募できる前提となります。
また、能力面以外にも、人柄を重視しているため、ソフトブレーンにマッチしているかどうか肝心といえます。
中途採用による求人は比較的多くありますが、ソフトブレーンへの転職を目指すなら簡単ではないことを理解しておきましょう。

ソフトブレーンが転職者に求める人物像

ソフトブレーンでは、「顧客基点で全てを始める」や「事実に基づき、本質を追求する」、「現状を疑い、変化を起こせ」などの7つの行動指針に沿った経験を持つ人材を求めています。
また、高い目標に向き合いひたすたチャレンジする人材や、理念に共感できる人材も求めています。
ソフトブレーンは、常に変化を追及している企業なため、こういった能力が求められるのです。
面接では、これらを効率的にアピールできるようにしておくと良いでしょう。

ソフトブレーンの転職までの流れ

ソフトブレーンの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や今後のキャリアプランなど、基本的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、人間性を確認するような質問をされます。

内定

ソフトブレーンの面接形式

面接は1対1で行われるのがほとんどです。
面接回数は2~3回ですが、職種によって異なります。
1回あたりの時間は1時間程度です。

ソフトブレーンの面接内容

面接は、志望動機や今後のキャリアプランなど、一般的な質問から進みます。
また、「こだわりを持っていることは?」や「学生時代はどんな人だった?」など、人間性を確認するような質問をされる傾向があります。
ソフトブレーンでは、スキルや経験などの能力以外にも、人柄も重要視しており、こういった質問をしてくるため、しっかりと自己分析を行っておくことが大切です。
さらには、企業研究も行い、他社との違いを理解してから臨むことをおすすめします。

ソフトブレーンで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍7~10年、女性
さまざまな業界を訪問するため、その都度調べたり勉強することが必要で大変ではありますが、その分、知見がどんどん広がっていきます。また、学べることが非常に多いため、やりがいと成長を感じながら働くことができるでしょう。
エンジニア、在籍5~7年、男性
自発的に行動できる方なら、学習やスキルアップ環境が整っているので、スキルアップに繋げることができると思います。また、書籍購入費用を出してくれたり、外部研修にも行くことができます。
OS開発、在籍3~5年、男性
部署や職種によって異なりますが、自分でスケジュール管理を行い、しっかりこなしていれば、午前休や午後休を取ることもできます。残業は長くても20時までと決まっているので、遅くまで働くことはほとんどありません。
口コミの要約

ソフトブレーンの口コミを見てみると、学べることが多く、やりがいと成長を感じながら働くことができるということが伝わってきます。また、比較的自由に働くことができるため、どんな方にとっても働きやすい環境があるといえるでしょう。

ソフトブレーンの年収・給与

年収 582万円
ボーナスの有無 年1回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り(月10万円まで)
住宅手当 記載なし
福利厚生 社会保険完備、資格取得奨励制度、永年勤続表彰制度など

ソフトブレーンでの転職者の出世難易度

ソフトブレーンの出世難易度は比較的高いです。
その理由として、優秀な社員が多く在籍していることが挙げられます。
それぞれ多くの実績を残しており、ソフトブレーンで出世するなら、それらを超える実績を残し続ける必要があるため、簡単ではないでしょう。
ただし、評価は平等に行われている傾向があるため、新卒や中途による出世のしやすさに違いはありません。
中途入社の場合でも出世することは可能です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 600万円
30代後半 主任 600万円
40代前半 係長 650万円
40代後半 部長 750万円

ソフトブレーンはどんな人が働いている?

ソフトブレーンの従業員数

202名(単独)
1,184名(連結)

ソフトブレーンの平均年齢

35.1歳

ソフトブレーンの平均勤続年数

5.2年

ソフトブレーンの社風

ソフトブレーンは、ベンチャー気質があり、チャレンジ精神旺盛な社風です。
体育会系なところや実力主義なところもありますが、社員同士は比較的仲が良く、頻繁にコミュニケーションを取り合っています。
また、助け合い精神もあるため、困っている社員がいれば、みんなで助けるという風土もあります。
チーム一丸となってさまざまな業務にチャレンジしたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

ソフトブレーンのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 8:30~17:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、夏季休暇、有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月20時間以内
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ソフトブレーンの社長

豊田 浩文

1967年生まれ。
早稲田大学法学部卒業後、株式会社三和銀行(現・株式会社三菱UFJ銀行)に入行。
1995年に四谷第一法律事務所に入所。
その後も、新東京総合法律事務所に入行し、1999年にソフトブレーン株式会社に入社。
2004年に執行役員に就任、2007年には株式会社ダイヤモンド・ビジネス企画代表取締役社長に就任。
さらに、上宇執行役員や専務取締役などを歴任し、2010年より代表取締役社長に就任、現在に至る。
上場準備にて、株式上場に貢献した人物。

ソフトブレーン現職、OB/OGの有名人

宋 文洲

1963年生まれ、中国山東省出身。
中国東北大学工学部卒業後、日本に来日し、北海道大学大学院に入学。
1990年に北海道大学大学院工学研究科博士課程修了、博士号取得。
その後は、土木解析ソフトの販売を始め、ゼネコンや建築コンサルタント中心に提供。
1992年にソフトブレーン株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。
2006年には取締役を退き、現在は中国に帰国している。
成人後に来日した外国人として上場を果たした最初の人物。

ソフトブレーンの転職に関わるQ&A


まずすべきことは、損益計算書で収益性を見ることです。
次点で貸借対照表から安全性を確認します。
さらに、キャッシュフロー計算書から資金事情を確認しましょう。
そうすることで、ソフトブレーンが今どんな状態かを知ることがき、知ったうえで面接対策を行いことができるようになります。

結論からいうと、楽して働ける企業ではありません。
残業時間などは比較的少なくなっていますが、一人が請け負う業務量は多くなることもあり、時期によっては仕事に追われるということもあります。
しかし、仕事に対する評価は平等であり、評価基準がはっきりとしているので、モチベーションにも繋がるでしょう。

ソフトブレーンへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ソフトブレーンの公式HPにある採用情報ページから応募することが可能です。
求人情報のほかにも、「会社を知る」や「仕事を知る」、「人を知る」などが掲載されているので、一度読んでおきましょう。
ただし、求人情報は不透明なところもあり、イマイチ分からないということも少なくありません。
より具体的な内容が知りたい場合や確実な転職をしたい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な企業情報の中から自分に合ったポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してソフトブレーンへ転職するなら、掲載されている企業数が豊富で、ハイクラス求人が多い「ビズリーチ」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・求人情報が豊富に掲載されている
・自分のペースで気軽に転職活動が進められる
・気になる求人があればすぐに応募できる

豊富な企業や職種の中から自分が希望するポジションを探したい方や、自分のペースで転職活動がしたい方は、転職サイトの活用がベストといえます。
また、ここ数年では、本格的に転職エージェントを活用する前の下調べとして、転職サイトを利用するという方も多く、まずはソフトブレーンの募集内容などを知りたいという場合は、事前に一度チェックしてみるのも一つの手でしょう。

ビズリーチでは平均年収が高くになっている!

ビズリーチに掲載されている求人を見てみると、エンジニアなどの専門職ポジションで募集されています。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているビズリーチだけあり、提示されている年収が比較的高く、平均年収は800~1,200万円となっています。
また、ビズリーチは職サイトの中でも比較的多くの非公開求人を持っている傾向があり、キャリアアドバイザーに相談することで、一般公開されていない非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、ビズリーチを含めた転職サイトからの応募は、自身と企業とのすり合わせが上手くいかないこともあり、その結果、書類選考が通らないということもあります。
より確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

手厚いサポートを受けながら確実な転職するなら「転職エージェント」

転職エージェント活用してソフトブレーンへ転職するなら、数多くの転職支援実績がある「JACリクルートメント」がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・応募書類の添削や模擬面接などをはじめとした手厚いサポート
・自分と企業のすり合わせをしてくれる
・非公開求人が比較的多い

履歴書などの応募書類の添削や模擬面接による指摘とアドバイスといった手厚いサポートを受けながら転職活動することができます。
また、自身の代わりに年収交渉も行ってくれるので、年収アップを目的とした転職や、初めての転職で不安という方は、転職エージェントの活用がおすすめです。

JACリクルートメントでは営業などの案件多数!

JACリクルートメントは基本的に企業名が伏せられている案件が多いですが、ハイクラス求人を豊富に掲載されています。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

JACリクルートメントは、さまざまな企業や業界を熟知している専門性に強みがあるキャリアコンサルタントが650名ほど在籍しています。
また、転職支援実績が43万人以上であり、利用者満足度は90%超えている転職エージェントなので、内定までしっかりサポートしてくれます。
手厚いサポートを受けながら確実な転職を目指すなら、JACリクルートメントがベストといえるでしょう。

あなたがソフトブレーンに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

日本ユニシスへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

▼下記は、日本ユニシスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから日本ユニシスに転職してくるのか ・転職先:日本ユニシスからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

ストライクへ転職するべき?年収や難易度について解説

▼下記は、ストライクに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからストライクに転職してくるのか ・転職先:ストライクからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

アクセンチュアへの転職。激務で大変って本当?

▼下記は、アクセンチュアに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからアクセンチュアに転職してくるのか ・転職先:アクセンチュアからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せる...

PwCコンサルティングの転職難易度は高い?年収や口コミを解説

  ▼下記は、PwCコンサルティングに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからPwCコンサルティングに転職してくるのか ・転職先:PwCコンサルティングからどこへ転職するのか 一般的な傾...

ATカーニーへ転職するには?難易度から面接内容を徹底調査

  ▼下記は、ATカーニーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからATカーニーに転職してくるのか ・転職先:ATカーニーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分...

SHIFTへ転職するには?評判や面接のポイントなどを解説

▼下記は、SHIFTに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからSHIFTに転職してくるのか ・転職先:SHIFTからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

フューチャーアーキテクトの転職を解説。難易度や採用情報を紹介

  ▼下記は、フューチャーアーキテクトに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからフューチャーアーキテクトに転職してくるのか ・転職先:フューチャーアーキテクトからどこへ転職するのか 一般...

シグマクシスの面接内容って?評判や口コミなど転職情報をご紹介

シグマクシスの面接内容って?評判や口コミなど転職情報をご紹介 ▼下記は、シグマクシスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシグマクシスに転職してくるのか ・転職先:シグマクシスからどこへ転職するのか...

AGSの転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、AGSに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからAGSに転職してくるのか ・転職先:AGSからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

マッキンゼーアンドカンパニーの転職難易度は?英語は必須?

▼下記は、マッキンゼーに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからマッキンゼーに転職してくるのか ・転職先:マッキンゼーからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

TOP