コンサルティング

シグマクシス・ホールディングス(旧・シグマクシス)の転職事情。転職難易度や口コミなどを解説

シグマクシスの面接内容って?評判や口コミなど転職情報をご紹介
▼下記は、シグマクシスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。

・転職元:どこからシグマクシスに転職してくるのか
・転職先:シグマクシスからどこへ転職するのか

一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きましょう。

シグマクシスの主な転職元・転職先

学歴シグマクシス在籍者の主な学歴として、大学や大学院卒が大部分を占め、国立大学や早慶およびMARCHなどの有名私立大学の割合が高いです。

職歴シグマクシス転職者の職歴としては、アクセンチュアデロイトトーマツクニエなどのコンサルファームに加えIBM日本ユニシスなどのIT企業が多いです。
また、博報堂などの広告代理店や日経BPなどの出版社、野村不動産などの不動産企業からの転職者も在籍しています。

退職後の主な転職先シグマクシスからの転職先としては、アーサーDリトルやRwC、プライスウォーターハウスクーパース、ATカーニーなどの外資系コンサルファームへの転職が多いです。

シグマクシス・ホールディングス(旧・シグマクシス)は、2008年に三菱商事株式会社とRHJインターナショナルの共同出資によって設立されたビジネスコンサルティングサービス企業です。
企業におけるデジタルトランスフォーメーションを支援するコンサルティングサービスをはじめ、新規事業開発や事業投資、運営を手掛けています。
また、2022年にApptio社とのパートナー契約を締結し、企業のデジタル・IT投資の可視化と最適化を加速させるなど、革新的なサービスを手掛けている企業です。
そんなシグマクシスでは、コンサルタントなどのポジションで、多様性を楽しみながら業務を進められる人材を求めています。

シグマクシスを目指す人におすすめの転職エージェント

・シグマクシスの口コミや年収も気になるけど、確実な人から適切な転職先を紹介されたい!

そんな方はまず転職エージェント「DX CAREER AGENT」をチェックしましょう。

DX CAREER AGENTの主な特徴は以下の通り。

・DXに精通した人材紹介に特化されたサービスならではの、求人・サポート

・サポートする少数精鋭のエージェントは全員、各業界の最大手出身者

・大手の採用代行を行なっているので、マーケットに出てこない優良求人を多数保有

DX CAREER AGENT
DX CAREER AGENT

この記事でわかること

  • シグマクシスの企業概要
  • シグマクシスの転職ポイント
  • シグマクシスの社風や企業文化

シグマクシスに転職するポイント

シグマクシスの特徴

POINT

  • ・IT戦略立案からシステム導入にわたる網羅的なシステム導入支援が強み
  • ・国内外や業種を問わず、あらゆる領域における課題解決に取り組んでいる
  • ・コンサルティング以外に事業開発および事業投資、運営業務も行う

シグマクシスへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・上場企業でも年収が高いため競争率が比較的高い
  • ・「社内外の多彩な能力を組み合わせ、チームを組成して自ら設定したゴールを達成するアグリゲーター人材」を求めている

シグマクシスの企業概要

会社名 株式会社シグマクシス・ホールディングス
本社所在地 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス9F
社長 富村 隆一
設立 2008年5月9日
株式 上場(東証プライム)
株主構成 日本カストディ銀行(11.99%)
日本マスタートラスト信託銀行(11.40%)
伊藤忠商事(8.85%)

シグマクシスの売上

シグマクシスの売上推移

事業年度 2019年度 2020年度 2021年度
売上高 16,003百万円 14,024百万円 15,654百万円
経常利益 2,164百万円 1,797百万円 2,764百万円

シグマクシスの最新ニュース

シグマクシスの事業内容

シグマクシスは、コンサルティングサービスをメインに提供しており、IT戦略立案からシステム導入までの広い領域を網羅するシステム導入支援に強みを持つ企業です。
国内外や各業界におけるあらゆる業域における課題解決および事業運営に取り組んでいます。

シグマクシスのスキル領域としては
・インダストリー
・ヒューリスティック
・PMO & SaaS
・デジタル
・M&Aアドバイザリーサービス
・アライアンス
の6つを持ち合わせています。

各スキル領域におけるプロフェッショナルを組み合わせたプロジェクトチームを組成し、企業の課題解決や価値創造に取り組みます。
また、人材や能力、資金を提供することで事業運営を手がけるリアルビジネスも展開しています。
さらには、クライアントやビジネスパートナーとの共同企業やサービスの設立や運営、ベンチャーキャピタルへの投資を通じた事業の創出・創業支援にも取り組むなど、非常に幅広く手掛けている企業です。

シグマクシスの募集要項

社内情報システム部門スタッフ

会社グループにおけるPCやモバイルデバイスに関わる業務を担うポジションです。
具体的には、セキュリティ施策の策定やソフトウェア評価と選定、調達と配布などを行います。
そのほかにも、エンドユーザーに対する電話やメール、チャットなどによるサポート、テクノロジーマネジメントに関わる業務を行うなど、幅広い業務を担当する職種です。

必須な経験・スキル

  • ・2年以上の企業の情報システム関連部門におけるヘルプデスクなどの経験
  • ・OSに関わるIT基本スキル
  • ・説明資料用図表作成能力の保有 など

シグマクシスの転職難易度

シグマクシスの転職難易度は比較的高いです。
上場企業のなかでも比較的年収が高く、競争率が激しくなることが予想されます。
そのため、転職志望者が多くなり、転職難易度は高くなるといえるでしょう。
ただし、シグマクシス側の採用人数が多いため、タイミングによっては転職難易度が下がる場合もあります。
事前にしっかりと準備しておき、ケース問題や理論的な考え方によるアピール力があれば転職につなげられるでしょう。

シグマクシスが転職者に求める人物像

シグマクシスは、「社内外の多彩な能力を組み合わせ、チームを組成して自ら設定したゴールを達成する」いわゆる「アグリゲーター」人材を求めていると公表しています。
また、人間性に関しては、多様性を楽しむことができて、知らないことを恐れない、コラボレーションで価値を想像することに喜びを感じることのできる人材も募集しています。
そのため、シグマクシスの経営層やクライアント企業、グループ企業とのネットワークによるキャリアパスの開拓や拡がりを促進できるような人材を求めているといえます。

シグマクシスの転職までの流れ

シグマクシスの選考フロー

エントリー

一次~二次面接

想定選考官:人事・配属先の社員
想定内容:志望動機やこれまでの経験に加え、ケース問題や逆質問が行われます。

最終面接

想定選考官:人事部長・配属先の社員
想定内容:業界や企業に関する志望動機に加え、入社意思や現在の選考状況などを聞かれます。

内定

シグマクシスの面接形式

面接は基本的に1対1の形式で行われます。
面接回数は基本的に3回程度ですが、ポジションなどによって異なります。
1回あたりの時間は1時間程度で終わります。

シグマクシスの面接内容

シグマクシスの面接は、志望動機やこれまでの経験といった基本的な質問から進みます。
シグマクシスには、個性的な社員が多いということもあり、面接を通じて人間性を確認するような傾向があります。
また、ほかのコンサルティングファーム同様にケース問題を行うことがあるため、対策をしっかり行うことが必要不可欠です。
面接の雰囲気は、全体的に穏やかな雰囲気はありますが、面接官によってはばらつきがあるため油断は禁物です。
自己分析や企業研究はしっかりと行い、どのような場合でも自分らしく臨めるようにしましょう。

シグマクシスの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトはは募集要項が載っていない
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・コンサルタントに関する質問が多い

コンサルタント、20代後半、男性
人生の失敗経験は?と質問されました。前職における失敗経験を話し、そこからどのようなことを学んだかを話しました。
戦略、40代前半、男性
なぜコンサルティング会社で働きたいのかを聞かれました。以前でもコンサルティング会社で働いており、そこで培ったスキルを活用したいと考えているということを軸にアピールしました。
コンサルタント、20代後半、男性
コンサルファームではよくあるケース問題を出題されました。論理性を確認するような内容が非常に多いため、あらかじめ準備しておいたほうが良いかもしれません。
コンサルタント、30代前半、女性
自分なりの要件定義のやり方は?と質問されました。現状を把握し、クライアントのやりたいこととやりたい背景を聞き、業務改善で対応できるかどうかを検討するといった流れを紹介しました。
コンサルタント、30代前半、女性
コンサルタントになるためにどんな努力をしているかを聞かれました。読書を通じてビジネスマンに求められる知識や姿勢を学び、業務に反映させるようにしているということを伝えました。

シグマクシスで働いている方の評判・口コミ

生産技術、在籍3~5年、男性
社内の環境に関しては、フリーデスクなので固定の席は無く、毎回違う社員や上司などと同じ机で業務をすることが多いため、さまざまなコミュニケーションを取ることが可能です。
また、モニターやホワイトボードがいたるところにあるため、気軽にディスカッションできる環境だと思います。
コンサルタント、在籍5~7年、男性
ライフワークバランスに関しては、客先で常駐することが多く、プロジェクトに依存するが、他のコンサルファームと比べてプライベート時間は取りやすいと思います。基本的に会社PCで作業できるので、プロジェクトの忙しさや生産性によっては、休日出勤や退社後に作業するケースもあります。
化成品関連、在籍3~5年、男性
業務プロセス系は堅く厳しい印象で他のコンサルティングファームと比べても大きく違いはない。部署にもよるが、部署間でのつながりはコンサル業界では活発な方だと思う。また、新卒にも大きな案件を任せるなど、社員一人を成長させようとする気概を感じられる。

口コミの要約社内環境に関しては、フリーデスクかついつでもディスカッションが行えるような環境です。業務プロセスは他のコンサルティングファームと大きな違いはなく、部署間での繋がりが活発で、社員一人を成長させようとする考えが強いです。ライフワークバランスに関しても、同業と比べプライベート時間を取りやすくプロジェクトに依存する傾向があります。

シグマクシスの年収・給与

年収 1,092万円
ボーナスの有無 有り(年俸制)
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 社員持株会、社宅制度、健保保養所、スポート・アスレチック施設など

シグマクシスでの転職者の出世難易度

シグマクシスの出世難易度は比較的高いです。
中途社員が多いため、新卒入社との出世や待遇といった違いはなく、むしろ中途社員が出世している傾向があります。
配属されるチームによっては年功序列の要素もあるようですが、基本的には実力主義といえます。
コンサルティングという職種であるため、実力に加え周囲とのコミュニケーションや昇格に向けた自発的な行動が必要です。
自身のプロジェクトにおける貢献度や出世への意欲を十分にアピールする能力を必要とされます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 コンサルタント 600万円
30代前半 マネージャー 1,000万円
30代中盤 マネージャー 1,000万円
30代後半 マネージャー 1,000万円
40代前半 マネージャー 1,100万円
40代後半 マネージャー 1,200万円
50代前半 プリンシパル 1,300万円

シグマクシスはどんな人が働いている?

シグマクシスの従業員数

73名(単独)
560名(連結)

シグマクシスの平均年齢

44.7歳

シグマクシスの平均勤続年数

7.7年

シグマクシスの社風

シグマクシスは、基本的にフラットかつ自由な社風であり、環境に関してはフリーデスク・アドレス制を採用している企業です。
そのため、人間関係では上司と気軽に会話ができる上下関係がそれほどない環境といえます。
また、シグマクシスに在籍している社員に関しては、個性的なメンバーが揃っており、自分自身のライフスタイルを非常に大事にしている傾向があります。
業務に関しても場所を問わずに仕事ができるように配慮されていますが実力主義なため、ある程度の結果を出し続ける能力が求められるでしょう。

シグマクシスのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、プロジェクト休暇、アニバーサリー休暇など
平均残業時間 月60時間程度
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

シグマクシスの社長

富村 隆一

1959年生まれ、東京都出身。
カリフォルニア大学ロサンゼルス校卒業後、日本アイビーエム株式会社へ入社し、金融第一営業本部営業課長を務める。
1991年に株式会社リクルートでネットワークインテグレーション事業企画、その3年後にはプライスウォーターハウスコンサルタント株式会社の常務取締役を務める。
2004年に日本テレコム株式会社(現・ソフトバンク株式会社)の代表執行役副社長に就任。
2018年より、株式会社シグマクシス・ホールディングスの代表取締役社長を務めている。

シグマクシス現職、OB/OGの有名人

倉重 英樹

1942年生まれ、山口県出身。
早稲田大学政治経済学部卒業後、日本アイビーエム株式会社へ入社。
取締役や取締役副社長を歴任し、サービス事業の立ち上げを経て、1993年にプライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社(PwC)の代表取締役に就任。
2004年に日本テレコム株式会社の社長やRHJインターナショナル・ジャパンの代表取締役会長などの役職を務め、2018年より株式会社シグマクシスの代表取締役会長を務めている。

シグマクシスの転職に関わるQ&A


新人研修やトレーニングプログラムが充実しており、人材育成に力を入れている企業です。
若いうちから責任ある仕事を任せられ、コラボレーションを大事にする考えも強いため、挑戦の機会が多く成長につながります。
良くも悪くも放任主義なので受け身で待つのではなく、自発的な行動やチャレンジ精神が必要とされます。


業務に関しては男女関係なく、高いレベルで働きたいと伝えることで希望に近いタスクを任され、結果を出せば評価もしっかり上がります。
反対に家庭や子供を優先したい場合には、要望通りのタスクを任されます。

また、育児休業制度や支援制度、妊娠休暇などの子育て支援制度も用意されているため女性でも働きやすいといえます。

シグマクシスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

シグマクシスの公式HP内の採用ページから応募することが可能です。
求人情報をはじめ、求める人材像やラーニングプログラムなどの情報も閲覧することができるので、企業研究に役立てることができるでしょう。
ただし、2023年3月現在は中途採用によるキャリア募集は行われていません。
今すぐシグマクシスへ転職したい場合や公式HPに載っていないような求人に応募してみたいという場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、シグマクシスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

豊富な企業情報の中から自分に合ったポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してシグマクシスへ転職するなら、企業案件数が豊富で、ハイクラス求人が多い「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・多数の求人情報が掲載
・自分の都合に合わせた転職活動が可能
・求人にすぐ応募することができる

豊富にある企業やポジションの中から自分の条件にマッチした求人を探したい場合や、自分のペースで転職活動がしたい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。
また、転職エージェントを活用する前の下調べとして、転職サイトを利用するという方も増えているため、事前に募集内容に目を通しておくのがおすすめです。

doda X(旧:iX転職)では年収が高いハイクラス案件が多数かつ年収相談も可能!

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。タイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているdoda X(旧:iX転職)では、掲載されている求人の年収が800万円からと高年収で、求人によっては年収相談が可能です。
また、doda X(旧:iX転職)は転職サイトの中でも多くの非公開求人を抱えているのが特徴の一つです。
非公開求人は、キャリアアドバイザーに相談することで、一般公開されていない非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

あなたがシグマクシスに転職できる確率を無料診断!

簡単な質問に答えるだけ!

気になる企業への「転職成功率」を専門アドバイザーが無料診断

1,000人以上のハイキャリア転職をサポートした実績から算出

チャットで気軽に相談!

\ 転 職 の 悩 み を 解 決 /

今いる会社から転職するならどの業種・企業が一番いい?

今のスキル・年齢でどこまで年収アップが目指せる?

この企業に転職できる可能性は何パーセント?

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

プロレド・パートナーズの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

プロレド・パートナーズは、多数の企業に対してコンサルティングサービスを提供し、厳しい経営状況にある企業を支援している経営コンサルティング会社です。 ベネッセコーポレーションや日本郵政など、数多くの大手企業をクライアントとし、創業以...

ストライクへ転職するべき?年収や難易度について解説

ストライク転職者の主なキャリアステップ 前職 証券会社 銀行 コンサルティング会社 株式会社ストライクに転職 次の転職先 証券会社 コンサルティング...

フロンティア・マネジメントの転職難易度は?口コミや面接内容などを解説

フロンティア・マネジメント転職者の主なキャリアステップ 前職 EY新日本、あずさなどの監査法人 アクセンチュア、PwC、デロイトトーマツなどのコンサルファーム 三菱東京UFJなどの銀行 ...

TDSEの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

TDSEは、AIを活用した総合型ソリューションを提供している企業です。 主にデータとAIを活用して顧客の変革のサポートをはじめ、「Tableau」や「NetBase」といったツールの提供を行っています。 また、2022年に株...

ベイカレント・コンサルティングへ転職するには?年収や難易度について解説

ベイカレント・コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 アクセンチュア、PwCなどのコンサルティングファーム 国内SIer 国内大手事業会社 株式会社ベイカレント・コン...

BCGデジタルベンチャーズへの転職はアリ?評判や激務なのかについて調査

BCGデジタルベンチャーズ転職者の主なキャリアステップ 前職 業種を問わず幅広い業種の企業 BCGデジタルベンチャーズに転職 次の転職先 業種を問わず幅広...

ガートナージャパンへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

ガートナージャパン転職者の主なキャリアステップ 前職 インテル、富士通などのIT系事業会社 アクセンチュア、SAPなどのITコンサル系会社 ガートナージャパン株式会社に転職 ...

識学の転職難易度は高い?面接内容や年収などを解説

識学転職者の主なキャリアステップ 前職 ビズリーチなどの転職エージェント PwCコンサルティング 株式会社識学に転職 次の転職先 転職事例はほとんどなし...

デロイト・トーマツ・コンサルティングの転職難易度は?年収や面接内容を調査

デロイト・トーマツ・コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 メガバンクなどの銀行 ソニー、パナソニック、ドコモなどの事業会社 コンサルティングファーム デロイト・トー...

シンプレクスの転職難易度は?年収や面接内容などを解説

シンプレクス転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒 IT 銀行 メーカー コンサルティングファーム シンプレクス株式会社に転職 次の転職先 アク...

TOP