グループ企業

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

三菱UFJリサーチ&コンサルティング転職者の主なキャリアステップ

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、国立大学卒業や有名私立大学卒業など、高学歴者が多く在籍しています。

前職三菱UFJリサーチ&コンサルティング在籍者に多い職歴として、メガバンクなどの銀行ソニー日立製作所などの大手電機メーカー、さらにはアクセンチュアなどのコンサルティング会社が挙げられます。

次の転職先三菱UFJリサーチ&コンサルティングからの転職先としては、メガバンクなどの金融機関大手メーカーアクセンチュアなどのコンサルティング会社などへ転職している傾向がありますが、国内の幅広い業種の企業への転職実績があります。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは三菱UFJフィナンシャル・グループに属している政策立案や政策提言(シンクタンク)を主な業務とする研究機関です。
著名な研究者やエコノミスト、政界人を多数輩出している企業としても有名で、政策研究をはじめ、マクロ経済調査やコンサルティングなど、国内外にわたる幅広い事業分野においてさまざまなサービスを展開しています。
1985年設立、東京都港区に本社を構え、約1,010名の社員をかかえています。
三菱UFJリサーチ&コンサルティングの中途採用では、コンサルタントとして自立ができ、対人感受性がある人材を幅広い職種で求めています。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングへの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

・三菱UFJリサーチ&コンサルティングの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの企業概要
  • 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職ポイント
  • 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの社風や企業文化

三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転職するポイント

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの特徴

POINT

  • ・シンクタンクに特化した企業
  • ・コンサルティング会社として非常に安定した収益基盤がある
  • ・売上170億円を超える日本最大級の陣容と業容を誇る

三菱UFJリサーチ&コンサルティングへ転職するポイント

POINT

  • ・対人感受性が高い人材を求めている
  • ・チームが最大限に力を発揮できるような協調性があることが肝心
  • ・コンサルタントとして自立できる人材か問われる

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの企業概要

会社名 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
本社所在地 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー
社長 村林 聡
設立 1985年10月
株式 非上場
株主構成 記載なし

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの売上

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは非上場のため、親会社の三菱UFJフィナンシャル・グループの売上を掲載しています。

三菱UFJフィナンシャル・グループの売上推移

年数 2018年度 2019年度 2020年度
経常収益 6,697,402百万円 7,229,078百万円 6,025,336百万円
経常利益 1,348,043百万円 1,235,770百万円 1,053,610百万円

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの最新ニュース

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの最新情報を掲載しております。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの事業内容

コンサルティング事業

コンサルティング事業では、総合コンサルティングファームとして、あらゆる経営課題の解決を支援しています。
コンサルティングサービスの専門性や特徴に応じて複数のビジネスユニットがあり、国内外問わずクライアントの支援を行います。
戦略策定から企業価値向上のための「戦略コンサルティング部」や、中小企業を対象とした「経営コンサルティング」、各種ツールやインタビューなどで現状分析をして課題解決をする「組織人事戦略部」など、さまざまなビジネスユニットがあります。
また、国際業務を展開する企業や政府関係機関などに対し、戦略企画から実務支援まで幅広いサポートを行うなど、非常に幅広くマルチに活躍している領域です。
今後の展望として、三菱UFGグループが有する知見を活用し、先進サービスの開発に力を入れることを目標としています。

政策研究事業

政策研究事業では、日本や世界が直面する医療や福祉、環境といった課題の解決に向けて、調査研究や政策決定、戦略構築などを支援します。
東京・名古屋・大阪に拠点を設けており、官公庁をはじめとした地方自治体や民間事業者など、あらゆる事業主体を対象に、きめ細かい対応ができる体制を整えています。
それぞれの地区には研修開発を行える体制を整えていますが、東京には、経済や財政などの調査研究や政策決定を支援する「経済政策部」、保健や医療を中心に調査研究や政策決定支援を行う「共生・社会政策部」など計5つの部署を設けており、万全な体制がある地区です。
今後もそれぞれの拠点を中心に地域展開を行い、クライアントのさまざまなニーズに応える支援を提供することを目標としています。

人事開発事業

人事開発事業では、「経営情報の提供」と「人材育成サポート」の2つを軸としている領域です。
三菱UFJビジネススクエア「SQUET」の会員などからの法務や人事などに関わる相談を受ける「総合相談部」、各種研修やセミナーといった教育事業の企画や営業を行う「人材開発営業部」など、研修や教育に特化した事業部が6つあります。

今後の指標として、変化し続ける時代を乗り越えていくためのさまざまなコンテンツや企画をさらに充実させていくことを目指しています。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職の募集要項

マーケティングリサーチ

銀行や保険といった大手金融業や小売・サービス企業などに対し、定量分析を軸としたリサーチとコンサルティングサービスの提供を行います。
具体的な業務内容は、国内外のマーケティング調査や新規販売先と市場ニーズの定量調査、マーケティング課題の抽出などです。
ほかにも、データアナリティクスやマーケティング戦略提言なども行います。
金融業界の経験や事業会社などでのマーケティングもしくは企画業務経験がある方は優遇される傾向にあります。

必須な経験・スキル

  • ・大手金融や小売などに対する定量分析を軸としたリサーチ・コンサルティング業務経験

研究員(PPP・PFI分野)

公的事業の計画策定や事業分析を行うポジションです。
具体的には、PPP・PFI事業の導入可能性調査やアドバイザリー業務、モニタリング業務などを行います。
それ以外にも、公共セクターの経営改革や行政改革に関するコンサルティング、PPP/PFI事業に参画しようとする民間事業者へのコンサルティングなども担当します。
建築士や技術士、不動産鑑定士などの資格がある方は歓迎される可能性が高いです。

必須な経験・スキル

  • ・官公庁における行政改革、PPP・PFI事業の導入などの経験
  • ・コンサルティングファームまたはシンクタンクにおけうアドバイザリー業務経験
  • ・事業会社におけるPPP・PFI事業の企画と営業経験 など

人材育成コンサルタント

人材育成コンサルタントは、研修講師や人材育成コンサルティング業務を担当するポジションです。
具体的には、新入社員や中堅社員などを対象とした階層別研修の講師や営業力強化や江労務管理などの目的別研修講師などを担当します。
そのほかには、クライアントに対する営業やニーズ把握、企画提案なども行います。
教える側の立場なため、責任とやりがいを感じることができるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・管理者と対象とした講師経験

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は比較的高いです。
中途採用を多く行っており、採用人数は多い傾向がありますが、その一方で応募者が非常に多く、結果的に倍率が高くなっています。
また、ほかの応募者は全体的にレベルが高くなっているので、簡単に採用を勝ち取るということはできないでしょう。
ライバルと差をつけられるような特化したスキルや知識を具体的な実績を持ってアピールすることが重要です。
特化している能力を上手にアピールすることができれば、採用してもらえる可能性が高くなります。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングが転職者に求める人物像

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、対人関係において他者が行う行動や言動によって意味を読み取り、敏感に反応できる「対人感受性」を持っている人材を求めています。
相手に応じて説明方法やコミュニケーションの取り方を変えることができないとクライアントの意思決定を促すことができず、改革を浸透されることができないと考えているため、三菱UFJリサーチ&コンサルティングにとって対人感受性は非常に重要です。
また、チーム全体が最大限に力を発揮できるような影響力がある人も求めている傾向があります。
面接の際、これらを持っていることをアピールできるエピソードを用意すると良いでしょう。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職までの流れ

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~二次面接

想定選考官:人事
前職までの経験や志望動機など、ベーシックな質問をされます。

最終選考

想定選考官:役員
これまでにされた質問をさらに深堀し、改めてマッチしている人材を判断されます。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は基本的に2~3回です。
ただし、応募人数や部署によっては、グループ面接の可能性があり、面接回数も異なります。
面接時間は1回につき30分~1時間となります。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの面接内容

三菱UFJリサーチ&コンサルティングでは、前職までの経験や志望動機など、ベーシックな質問から進みます。
また、「将来どんな風になりたいか」や「どんな人材になりたいか」など、ベーシックな質問を多くされますが、そういった質問の回答などで、こちらの人間性を見ているようであり、多少一貫性がない回答でも、個性的な部分やオリジナリティがあれば、好まれる傾向があります。
面接の雰囲気は、終始温和な感じがあり比較的に雰囲気が良く、圧迫面接などはありません。
必要以上に緊張せず、リラックスしながら面接に臨むと良いでしょう。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングで働いている方の評判・口コミ

ビジネスコンサルタント 在籍3~5年 男性
部署や職種によりますが、若いうちから裁量を与えられ、主体性を発揮することができる環境があります。また、顧客に必要とされたときやアウトプットを評価してもらったときは非常にやりがいを感じ、モチベーションアップにも繋がります。
研究員 在籍5~7年 男性
各年次や役職ごとに研修があります。また、書籍やセミナー参加など、自己投資を支援する制度があります。しかし、どこまでスキルアップできるかというのは自分自身の裁量が大きいため、向上心がないとスキルアップは望めないと思います。
ビジネスコンサルタント 在籍3~5年 女性
メガバンクの子会社なだけあり、ワークライフバランスを含む働き方関連の整備は十分整っていると思います。時期によっては残業などがあり大変なときもありますが、基本的に土日はプライベートを楽しむことができ、しっかりリフレッシュすることができます。

口コミの要約三菱UFJリサーチ&コンサルティングの口コミを見ていると、早い段階から裁量を与えられ、主体性が発揮できる環境があることが分かります。スキルアップできる環境もありますが、自身の裁量次第でどれだけスキルアップできるかが変わるので、向上心があればどこまでも成長することができるでしょう。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの年収・給与

年収 750万~1,100万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、知見交流イベント、社内学会、クラブ活動など

三菱UFJリサーチ&コンサルティングでの転職者の出世難易度

三菱UFJリサーチ&コンサルティングでの出世難易度は比較的高いです。
出世できる人はシンプルに仕事が取れる人で、極めて定量化しやすい指標で出世が決まるので納得間が高いです。
出世方法はシンプルですが、三菱UFJリサーチ&コンサルティングには優秀な人材が多く在籍しており、そのなかから人目を惹くような実績を残すというのは簡単なことではありません。
努力し続けて、周りに格差をつけるような実績を残すことが重要です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 コンサルタント 700万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし
40代前半 チーフコンサルタント 1,400万円
40代後半 マネージャー 1,200万円

三菱UFJリサーチ&コンサルティングはどんな人が働いている?

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの従業員数

約1,010名(2021年6月1日現在)

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの平均年齢

43.0歳

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの平均勤続年数

記載なし

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの社風

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、比較的風通しが良い社風です。
ほかのシンクタンクに比べて落ち着いた雰囲気があり、のんびりとしている雰囲気があります。
また、部署によっては親睦会などがあるので、社員同士のコミュニケーションが取りやすい環境があります。
さらには若いうちから大きな仕事に携わることができる風土があるので、バリバリ仕事したいという方には向いている企業でしょう。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 有給休暇、積立休暇、看護・介護休暇、育児休暇など
平均残業時間 45~50時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの社長

村林 聡

1958年生まれ、三重県出身。
1981年に名古屋大学経済学部卒業後、三和銀行に入行。
2009年に三菱東京UFJ銀行執行役員システム部長兼UFJ日立システムズ出向、三菱UFJフィナンシャルグループ執行役員事務・システム企画部長に就任。
その後、三菱東京UFJ銀行常務執行役員システム部長や三菱東京UFJ銀行常務執行役員コーポレートサービス長を歴任し、2017年に三菱UFJリサーチ&コンサルティング代表取締役社長に就任。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング現職、OB/OGの有名人

<h3中谷 巌>

1942年生まれ、大阪府出身。
1965年に一橋大学経済学部卒業後、日産自動車に入社。
その後、ハーバード大学大学院に留学し、ハーバード大学経済学博士号授与。
講師となり大阪大学経済学部の教授や一橋大学商学部の教授を務めた。
2000年に三菱UFJリサーチ&コンサルティングの理事長に着任。
その後もスカパーJSATやアスクルの取締役、多摩大学の学長など務めている。

理想の転職実現のためにはOB/OG訪問もおすすめ

転職を本当の意味で成功させるためには、「自分が抱く企業のイメージ」と、「企業の実情」の間のミスマッチを可能な限り減らすことがなにより重要です。
企業の実情を知ることはなかなか難しく、
・転職サイトや転職エージェントではリアルな声がわからない
・口コミサイトでは偏った情報しか入手できない
上記のような悩みを持つ人も多いでしょう。

よりリアルな情報を得るためには、志望する企業や近い業界で働いたOB/OGから経験談を聞くことがベストです。

それをサービスとして実現しているのが、OB/OG訪問のマッチングサービスである「キャリーナ」。


※画像はイメージです。現在掲載中のものとは内容が異なる可能性があります。

登録までのステップは、職歴などのプロフィール入力のみ。
年齢や役職、業界などの情報をもとに、大量の経験談のなかからおすすめのものを提案してくれます。
リアルな経験談が1回0~500円程度で聞ける上、申し込みからはOBとの個別のやり取りになるため、時間帯の自由度も高くなります。

自分の求めているテーマ・自分の理想の働き方をしているOBを探し、企業の内情を把握した上で転職活動を進めましょう。

キャリーナ公式サイトへ

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職に関わるQ&A


三菱UFJリサーチ&コンサルティングの残業が多い理由は、一人一人の請け負う業務量が多いことにあります。
業務上どうしても仕事量が多くなってしまうことがあり、残業が短くなるかどうかは、個々の裁量次第というところになってしまいます。
しかし、年々働き方改革が浸透してきていることにより、僅かではありますが残業が減ってきています。


メガバンクは基本的に男社会であることがあり、三菱UFJリサーチ&コンサルティングは男文化があります。
しかし、女性でも活躍している人が多く、一通りの産休や育休が用意されています。
また、女性向けの啓発研修などもあるので、女性でも活躍できる環境があるといえるでしょう。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの公式サイトにある採用情報ページからエントリーが可能です。
求人情報をはじめ、企業メッセージやお知らせなどが掲載されています。
非常に多くの求人情報が掲載されているため、自身が応募したい職種を間違えないように注意しましょう。
ただし、募集要項はそれほど具体的な内容ではないため、より細かい具体的な内容や転職成功率を上げたい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人から希望のポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを利用して三菱UFJリサーチ&コンサルティングへの転職を考えているなら、豊富な企業数があり、ミドルクラス~ハイクラスの案件を多く取り扱っている「iX転職」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つあります。
・多くの求人案件がある
・忙しい方でも転職活動が行える
・気になった求人にすぐ応募できる気軽さ

多くの求人案件があるため、自分に合ったポジションを探したいという方には、転職サイトがおすすめです。
また、現職などで忙しくなかなか転職活動ができないという方でも、比較的転職活動が行いやすく、気になった求人があれば、すぐに応募ができるので、比較的時間をかけずに済むでしょう。

iX転職ではハイクラスの求人が多いため、平均年収が高めになっている!

iX転職が扱っている求人です。

※画像はイメージであり、時期によって掲載内容が異なる場合があります。

ハイクラス求人を多く扱っているiX転職だけあり、提示されている年収は全体的に高く、平均年収は800万~1,000万となっています。
自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ヤマエグループホールディングスへの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

ヤマエグループホールディングス転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 ヤマエグループホールディングス株式会社に転職 次の転職先 飲食業界 小売...

サンリオの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

サンリオ転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 株式会社サンリオに転職 次の転職先 アイレップ、楽天、グリーなどのマーケ関連企業 ポケモン関連...

TREホールディングスへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

TREホールディングスは、建設系廃棄物処理大手の株式会社タケエイと金属リサイクル大手のリバーホールディングス株式会社が経営統合し、2021年10月に設立された企業です。 「地球環境保全に貢献する。」を企業理念として掲げ、社会的に問...

ソフトバンク・テクノロジーへの転職。評判や年収、残業は?

ソフトバンク転職者の主なキャリアステップ 前職 大手SIer 大手NIer ヤフー 楽天 ソフトバンク・テクノロジー株式会社に転職 次の転職先 大手...

NTT西日本への転職はおすすめ?年収や転職難易度について解説

NTT西日本転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 西日本電信電話株式会社に転職 次の転職先 リクルートグループ LINE コンサルティング...

いすゞ自動車への転職は難しい?事業内容や面接の傾向などを解説

▼下記は、いすゞ自動車に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからいすゞ自動車に転職してくるのか ・転職先:いすゞ自動車からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

日本通運への転職ってどう?面接の傾向や転職成功ためのポイントなどを解説

日本通運転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 佐川急便などの物流会社 H.I.S.などの旅行会社 日本通運株式会社に転職 次の転職先 DH...

CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)への転職。評判や年収などについて調査

カルチュア・コンビニエンス・クラブ転職者の主なキャリアステップ 前職 LINE、アマゾン、リクルートなどのWeb系事業会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社に転職 ...

ニトリへの転職。難易度や中途採用者からの評判を紹介

ニトリ転職者の主なキャリアステップ 前職 三菱電機、パイオニアなどの電機メーカーなどからの転職事例がある。 ニトリ株式会社に転職 次の転職先 アイリスオー...

イオンの転職難易度は高い?年収や口コミなどを解説

イオン転職者の主なキャリアステップ 前職 グループ会社は同業他社からの転職事例が多い イオン本体はグループ会社間での異動が多い ゲオホールディングス イオン株式会社に転職 ...

TOP